yogurting ヨーグルティング

iPhone

2013年09月11日

手遅れのドコモが5年越しでやっとiPhone販売にこぎつける

両社が交渉に要した期間は5年。苦境に立つアップルとドコモの2強が手を携え、事業の巻き返しをはかる。だがここまでの交渉は長引いた。「NTTの研究所が持つ特許をすべて使わせてほしい」。交渉が始まった08年当時の事情を知るNTTグループ幹部は、アップルから耳を疑うような要求があったと打ち明ける。交渉は当然のように物別れに終わったが、その後も両社は水面下で交渉を続けた。だが依然、溝は埋まらない。12年4月にはドコモの山田隆持社長(当時)がその一端を明かした。「販売台数の半分以上をiPhoneにと言われると、当社の戦略に合致しない」
ドコモがスマホ利用者向けに、有料コンテンツを販売する独自サービスを収入増の柱に据えようとしていたことも足かせになった。iPhoneを導入すれば、アップルの同様のサービス「iTunes(アイチューンズ)ストア」に顧客が流れる可能性がある。
風向きが変わったのは12年後半だ。ドコモの顧客が番号持ち運び制(MNP)を使って、iPhoneを販売するKDDI(au)やソフトバンクに流出する動きは深刻になるばかり。4〜9月期連結決算発表の直前、ドコモの加藤薫社長はNTT持ち株会社の鵜浦博夫社長に頭を下げた。「下期の販促費を800億円増やしたい。勝負させてほしい」。グループ連結の通期利益予想の下方修正を意味していた。利益計画を犠牲にしてまでグループ総帥といえる鵜浦社長の了承を取り付けたドコモだったが、結果は芳しくなく、流出は止まらなかった。
夏商戦の「ツートップ戦略」が期待ほどには振るわなかったこともドコモの背中を押した。韓国サムスン電子とソニーのスマホを二枚看板として販促費を重点的に投入。ドコモの従来型携帯電話からスマホへの買い替え促進には成功したが、他社から契約を奪い取るには至らなかった。
ある携帯メーカーの幹部がドコモとアップルが「販売ノルマは新規契約の4割」で大筋合意したと聞いたのはこの頃だ。「iPhone導入で3社が横並びとなったとき、中長期でどんな戦略を採るのか考えよ」。持ち株会社からドコモに内々でこんな指示も飛んだ。新型iPhoneが登場するのは今月20日。これまでドコモから顧客を奪う側だったKDDIやソフトバンクが、今後は顧客流出を防ぐ側に立場が変わる。携帯大手3社の競争環境は大きく様変わりする。
※メルアドを登録すれば月間10本まで記事を読めるみたいです。
09090910










かなりストーリーは長いですがなかなか面白い記事でしたにょ(σ´∀`)σ
なんて言うか、NTTドコモってどこまでいっても公家体質が抜けてない三流会社ですおね
ソフトバンクの孫さんが1週間で(もしかしたら1日で)判断して行動したことを、
同じようにドコモがやろうとしただけでなんと5年間もかかってしまったというわけです

生物でも企業でも、生き残るのに一番必要なのは力でもお金でもありません。
一番大切なのは激しく変化する環境にに対応していく力、まさに「適応能力」というやつです。
ソフトバンクには有り余るほどこの適応能力がありますが、
残念ながらNTTドコモには適応能力の欠片もないというのが実情ですにょ(σ´∀`)σ
まあ、ドコモはお金も持ってるし財務も強いのですが、時間の問題で消えるだろなと思います。
もちろん「消える」ってのは「潰れる」という意味ではありません。
おそらくこの先いずれ、競争に徹底的に負けて買収されて子会社化されるだろうって意味です。

ビジネス競争において一番大切なのはやはり判断行動力の早さです
はっきり言ってしまえばコレがすべてだと思いますφ(.. )
いくら資金力が劣っても、財務基盤が弱くても、開発力に大きく劣っていたとしても
判断と行動のスピードさえあれば意外と何とかなって生き残っちゃうもんです
一方、いくら資金力があっても、財務基盤が強力でも、高度な研究開発施設をもっていても、
ビジネス展開のスピードがなければすべて宝の持ち腐れとなってその企業は消えるでそう
昔ドコモにいた夏野さんも「談合体質と合議制」というドコモの欠点を散々指摘していました。
なんでもかんでもダラダラと議論するだけで誰も責任を負わず、判断しない会社だと。
まさに消えるべくして消える会社なんだろうなと強く感じずにはいられません(((( ;゚д゚)))

NTTドコモ
時価総額 7兆0756億円

KDDI
時価総額 4兆6731億円

ソフトバンク
時価総額 8兆0084億円

NTTドコモ(9437) +1000 (+0.62%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=9437
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9437.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
今のところドコモのチャートは悪くない感じですにょ(σ´∀`)σ
しばらくは17万円くらいを目指してジリ上げしていきそうなイメージです
前回携帯キャリアの記事を書いた7/21に比べて時価総額が増えてるのは
ソフトバンクとNTTドコモ。KDDIはほぼ横ばいで増えてませんでした。
この時価総額の変動が足元の各社の勢いの差ってことなんでしょうか 


ss2286234570 at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年05月30日

岡三オンライン証券がiPhone専用の株アプリをリリース

岡三オンライン証券がiPhone専用の株アプリをリリースしたようです。
http://www.okasan-online.co.jp/ont/smt/smart_ont/
2-1















▼岡三ネットトレーダースマホの長所
.螢▲襯織ぅ爐波直霾鵑更新される
▲蹈ぅ拭爾篁事通信などのニュースが読める
8鎚面段舛離薀鵐ング機能が充実している
と槌注機能がある


▼岡三ネットトレーダースマホの短所
ゝ媚愧傭輅犬利用できない
画面遷移の導線がわかり辛いので目的画面にたどり着きにくい


クローズアップ株式さんの記事を引用してるままなので詳しくはそちらを参照ください。

画像を見た感じではかなりハイスペックな機能がしっかりそろってる気がします。
それはそれで評価できるのですが、パッと見で一番気になるのが画面遷移の方法です。
一つ一つの機能はしっかり盛り込まれてよくできてると思うのですが、
目的の場所にたどり着くまでの「導線」部分がかなりなおざりです(´・ω・`)
スマートフォンってのは画面がかなり小さいのでアイコンやリンクをたくさん配置できません。
すると操作する上で一番重要になるのが画面遷移の方法とわかり易さです。

つまり、チャート画面からどうやって注文画面に移動したらいいのか?
注文画面からどうやって建玉一覧画面に移動したらいいのか?という
導線(=案内)的な機能が犠牲になってるんですおね
チャートを画面いっぱいにより大きく表示したいという意図もわかるし、
板画面の株価情報をより多く表示したいという作り手の気持ちもよくわかりますφ(.. )
しかし、ビジュアルや機能に凝りすぎて操作性が犠牲になっては元も子もありません
見た目部分をすこし気にしすぎるあまりに「案内機能」が犠牲にされてます。

これだとユーザーがどうやって目的画面にたどり着いたらいいのかがわかり辛いでそう。
結果的に迷子になりやすいし、短時間で目的画面に遷移することが困難です(´Д⊂)
iPhoneの産みの親であるスティーブ・ジョブスの精神をもっと大切にすべきでそう。
彼は複雑なマニュアルや説明書がなくても直感で機能を理解できることを重視しました。
あるいは説明を受けなくても直感だけで操作できてしまう操作性を徹底的にこだわりました。
せっかくiPhoneでアプリを作るならジョブスの精神をもっと重視すべきですおね
個々の機能がよくできてるだけにその点は何とか改善すべきだと思いますにょ(σ´∀`)σ

見た目がきれいで派手だけど操作性が悪いのはウィンドウズ8だけで十分です(`・ω・´)
ビルゲイツの腐った精神ではなく、ジョブズの精神にもっと素直にあるべきだと思います

ss2286234570 at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月26日

アップルの凋落が止まらない

成長神話揺らぐ米アップル、今後のカギは中国市場との声強まる
2013年1月25日16:37 ロイター
米アップルが23日発表した第1・四半期(10─12月)決算は、売上高が3期連続で市場予想を下回り、失望を伴う内容だった。新たな収入源を見出す必要性が指摘されているが、中国がこの答えになるかもしれない。ただアナリストからは、安価版iPhone(アイフォーン)の誘惑に負けるべきではないとの警告が聞かれる。以前からうわさのある低コスト版iPhoneの販売は、最も付加価値の高い資産の一つであるアップルのプレミアムブランドの価値を低下させてしまう可能性がある。投資家が懸念するのは、アップルがサムスンや中国の華為技術(ファーウェイ)、中興通訊(ZTE)の安価なスマートフォンに市場シェアを奪われ、長期的に価格設定を誤ることだ。

米エクソンが時価総額でアップル抜く、約1年ぶり首位奪還
2013年1月26日03:47 ロイター
25日の米国株式市場で、石油大手エクソンモービルの時価総額がアップルを抜き、2012年1月以来およそ1年ぶりに首位を奪還した。午後の取引でアップル株は2.7%安の約438ドル、エクソン株は0.3%高の91.59ドルをつけた。この時点の時価総額はアップルが約4114億ドル、エクソンが4176億ドルとなり、首位が逆転した。

サムスン電子、全部門が増益に 10〜12月
2013/1/25 日本経済新聞
韓国のサムスン電子が25日発表した2012年10〜12月期連結決算は営業利益が8兆8400億ウォン(約7500億円)となり、前年同期比89%増えた。スマートフォン(スマホ)が収益源となったほか、半導体、ディスプレー、家電の全部門が前年同期比で増益。ウォン安の修正による業績への悪影響を販売拡大とコスト削減で吸収した。12年12月期通期の連結決算は営業利益が前の期比86%増の29兆500億ウォン。日本円換算では約2兆4500億円とトヨタ自動車の過去最高益(08年3月期の連結営業利益が2兆2703億円)と肩を並べる水準。

ここのところアップルの冴えないニュースがやたら目にするようになりました(((( ;゚д゚)))
アップルという会社はとんでもなく唯我独尊でエゴイストな会社でよく知られています
この背景には、良い意味と悪い意味での両方が存在すると思います。
(ここで言うエゴイストとは、金銭欲とかそういう意味ではなく、商品の完成度に対する偏執的なまでの強い欲求と細部までのこだわりや独り善がりってくらいの意味です)

良い意味でいえばかつてのスティーブジョブスの物造りに対するあくなき欲求でした。
スティーブジョブスは究極のエゴイストと表現された人です。
自分が完璧に納得するまでは、何百回でも商品の作り直しと改善を強く要求しました。
納得できる機能を実現させるまでは部品選びや素材選定から徹底的にやり直させました。
それを批判する人もいましたが、一方でそれがアップルに商品に対する信頼の高さを実現し
ビジネス面で言えば、他社の商品との完全な差別化と完璧な品質を実現しました。
それが商品の品質の高さにつながりお客の高い満足度と高い利益率を実現させました

現在のアップルにはそのエゴイストさがすでに失われたと表現されています
結果的に、商品への信頼性が失われ、他社との差別化にも失敗しつつあります。
これまでは「iPadはiPadという商品でタブレットの1種類ではない」と主張できましたが、
いまではタブレットの1種類にしか過ぎないと消費者に受け止められるようになり、
結果的に価格競争に巻き込まれやすくなって、いずれ利益率の悪化につながるでしょう
「品質へのこだわり」がほんのちょっと失われたと消費者に受け止められてしまった事で
商品への信頼と、他社商品との差別化と、高い利益率のすべてを失わせつつあるのです。
将に、スティーブジョブスが創造したビジネスモデルが崩壊したというべきですね
(単純に売上げが落ちたとか利益率が悪化したとか、そういう数字の問題ではないでそ)
株価はそういうアップルの質的な変化を敏感に感じ取ってるんだと思います

アップルのエゴイストさは取引先の企業への強い要望と我が侭の裏返しでもあります。
良くも悪くも、アップルに部品を納めてる企業はその我が侭の負担を強いられました。
ただ、これまではその我が侭が消費者に好意的に受け取られていたことが追い風でした
アップルの要求に応じるために例え製造ラインや工場に莫大な投資を強いられたとしても
アップルの新商品が売れさえすれば投資を上回るだけの利益をもたらしたからです
だからこそサプライヤーはアップルのエゴに付き合って忠誠を尽くしてきた訳でそ。
これはアップルが「絶対に結果を出し続けた」からこそ許されたエゴです。

ところが、アップルの新商品が売れなくなればこの魔法はあっという間に解けます。
今回のようにまさかの減産を突きつけられれば、サプライヤーの忠誠は地に堕ちるでそ
従属を強いられてきたサプライヤーは従来のようにアップルの過大な要求に応じなくなり
これがいずれはアップルの商品の完成度の低下に直結するはずです
場合によっては、サプライヤーの反乱にあい、契約打ち切りも十分ありえる話です。
最悪の場合、アップルがアップルらしい高品質の商品を作ることさえ出来なくなります

今のアップルに対して、一時的に数字の伸びが低下しただけだとか、
競合の追い上げで利益率がすこし落ちただけだと理解するのは誤りだとおもいます。
手許現金をいっぱい持ってるから大丈夫だとか、そういうレベルの問題ではないでそう
ビジネスモデルがすでに崩壊した会社がこれからどうなるか?と理解すべきです。
ぼくちんは10年以内にアップルの赤字転落もありえると予想していますφ(.. )
Heidelberg2


ss2286234570 at 18:43|PermalinkComments(0)