yogurting ヨーグルティング

SBI証券

2020年10月02日

SBI証券と楽天証券 手数料値下げ競争がさらに過熱

楽天証券も1日100万円まで手数料無料 SBI証券に追随
2020年09月29日 21時35分 ITmedia
楽天証券は9月29日、これまで1日50万円までだった株式売買手数料の無料枠を拡大し、100万円にすると発表した。12月からの取引が対象。SBI証券は10月1日から、1日あたり100万円の売買まで無料にすると発表しており(関連記事)、こちらに追随した形だ。
対象となる料金プランは「いちにち定額コース」。SBI証券とは違い、現物取引と信用取引を合算して計算する。前回、楽天やSBIが無料枠を50万円に拡大した際は、松井証券や岡三オンライン証券も同様のプランを用意した。今回、他の証券会社が追随するかが注目される。
1003









SBI証券が手数料無料化加速 1日100万円まで無料に
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2009/23/news146.html
2020年09月23日 18時50分 ITmedia
SBI証券は9月23日、10月1日から株式売買手数料を、1日あたり100万円まで無料にすると発表した。これまでは50万円となっており、楽天証券、松井証券などと同額だった。100万円は、現物株式、制度信用取引、一般信用取引のそれぞれで計算するため、総額で300万円まで無料で売買できることになる。
ネット証券各社は、いずれか1社が新料金体系を打ち出すと追随する傾向にある。
SBI証券は取引手数料以外の収益源が増加しており、多角化が進んでいる。一方でネット証券の中には、取引手数料に収益の多くを依存しているところもある。「チキンゲーム」ともいわれるなか、SBI証券の発表を受けて他社が追随するかが注目される。


ここにきてネット証券大手が手数料の値下げを加速させてきました
SBI証券は現物制度信用一般信用の3つの枠でそれぞれ1日あたり100万円まで無料
つまり3つ合わせると総額300万円まで無料という大盤振る舞いです(´∀`)

一方の楽天証券も1日あたり100万円まで手数料を無料化しましたが
こちらは現物と信用の枠を合算して100万円なのでかなりショボい感じですね
そもそも楽天証券は自社からは率先して手数料を下げないと宣言していて
他社が下げるようなら一定は応じるという方針だったので仕方のないとことでそう
これからさらにSBI証券が値下げを加速させていくとすぐに置いて行かれそうです。
最初からわかってたことですけど、SBI証券の1強勝ちがほぼ確定しつつあります

これまではSBI証券が手数料を値下げするともっと多くが追随して値下げしてましたが
ついに楽天証券以外はどこも値下げで対抗してこなくなりましたΣ(・ω・ノ)ノ
信用金利を上げまくって信用手数料無料化したカブコムはすでに無料化してますが
松井証券やマネックスはこの先対抗して値下げするのは苦しいってことなんでしょう
実質的には、楽天証券以外は白旗で降参したと確定したってこと

問題はこの先もずっとSBI証券が手数料を値下げしていくということですΣ(゚д゚;)
楽天証券以外が脱落して白旗上げたからと言って攻勢が止むわけではありません。
さらにこの先2年間、SBI証券の攻勢が続いてサンドバックにされるということです。
一時だけサンドバックにされるわけではなく2年間サンドバックにされ続けるということ
はっきり言ってしまえば死ぬまで殴られるってことです(((( ;゚д゚)))

SBI証券に比べて他社は現実への危機感があまりにも薄すぎたと思います
アベノミクスで大儲けしてた時期になぜ戦略的投資をしなかったのかってこと。
その危機感にかけてたからこそ今まで手を打ってこなかったわけだし、
株以外の収益源を伸ばすことをサボって痛恨のしっぺ返しを受けてるということ。
SBI証券に対抗して手数料の値下げをしなければありったけ客を奪い続けられます。
対抗して手数料を下げれば2年後に赤字に転落して廃業身売りの2択でそ

なつさんの予想では5年後に確実に残ってそうなネット証券は3社ですφ(.. )
SBI証券は1強、楽天証券はライバルとして。GMOクリック証券も残るでしょう。
クリック証券は株手数料値下げ競争には戦略的に参加しないという選択をしてますが、
その一方で仮想通貨とCFDに先行投資して増収増益なのでふつうに残るでそ

カブコムは親会社の支援があるので目先は廃業はしないでしょう
ギリ黒字を維持できたら子会社ポジションで生き残れるけど先も厳しいおね。
このままいけば万年赤字会社に転落して利益をまったく産めない死んだ鶏になります。
金の卵どころか卵すら産まないので屠殺されるか身売りされるでしょう(´・ω・`)

マネックスはアメリカ事業と仮想通貨があるけどそれでもなかなか厳しい
なんだかんだで手数料収益への依存度も高いから業績悪化は待ったなし。
廃業や身売りは回避できるかもしれないけど競争力を維持できないでそ。
(収益を失うと先行投資ができなくなるんでいずれじり貧になるから)

松井証券は手数料収益への依存度が高すぎるんでほぼドツボ
株手数料と金利収入に依存しすぎだし、手数料無料化したら即赤字転落でそ
アベノミクスで稼ぎだした収益も松井一族がほとんど吸い上げてしまってます。
普通に考えたら残った資産も配当にして松井家が残らず吸い上げて
5年待たずにSBIか楽天に身売りするってのが既定路線ではないでしょうかφ(.. )
(そもそもSBI証券に対抗して事業を維持し続けるメリットが一切ない)

LINE証券は万年赤字なんでジョインベスト証券コースまっしぐらだおね
親会社が増資に応じ続ける間は何年でも残るでしょうけど
そもそも存在価値がないんで出資引き上げられて廃業か野村に吸収されます。
これはもう予想というよりほぼ100%確定路線なので疑いの余地がありません
※ちなみにぼくちんはLINE証券が撤退したらSBI証券は手数料を一部値上げすると思います
 ジョインベストの時もそうだったんでそこで方針転換するんじゃないのかなと(´・ω・`)


.
10.03


ss2286234570 at 16:55|PermalinkComments(0)

2020年09月24日

SBI証券の自称被害者、ほぼ自業自得と判明したもよう

客の使い回しパスワード悪用か SBI証券の1億円流出
2020年9月24日 朝日新聞
ネット証券最大手のSBI証券の顧客6人の口座から約9800万円が不正に引き出された問題で、同社は他の大手証券と異なり、口座にログインするIDを顧客が自由に決められるようにしていたため、狙われた可能性があることが分かった。顧客がIDやパスワードを使い回していれば、他のサイトから情報が漏れた場合でも、被害に遭う可能性がある。
SBI証券の口座で取引をするには、IDのほか、ログイン用と取引用の二つのパスワードが必要。IDは「ユーザーネーム」として、利用者が自由に設定できた。被害にあった6人は、ログインと取引で同じパスワードを使っていたという。
ただ、楽天証券など主な同業者は、IDは会社側が割り当てた固有のもので変更はできない。このため、こうしたハッキングに遭いにくいという。
専門家はIDやパスワードの使い回しの危険性を指摘する。立命館大学の上原哲太郎教授(情報セキュリティー)は「過去に流出したIDやパスワードはデータベース化され、闇で流通している」と指摘。IDやパスワードをサイトごとに変えるのがネット犯罪への自衛策だという。ただ、「そもそもパスワードを守り切るのは難しい。指紋などの生体認証や登録した端末以外でログインできないようにするといった対策も必要だ」と話している。

SBI証券で総額9,864万円が流出した例の事件ですが
ぶっちゃけほとんど自業自得みたいな結果になってしまいました(´・ω・`)
パスワードを複数用意するのは不正アクセスから自分の資産を守るためなのに
わざわざ自分で同じパスワードを設定して使い回すってアホなんですかねえ・・・
自分から進んでパスワードの意味を全否定するってちょっとどうかしてるレベル。

しかも今回の被害者6名全員がログイン用と取引用とパスワード使い回してたようですね。
アクセス情報の漏洩の原因はほぼほぼ断定されてきた感じ
フリーメールのログイン用パスワードを多と使い回すとかならまだわかるけど
金が入ってる口座のパスワードを使い回すとかちょっと異常なまでの甘さだおね
セキュリティ意識が低いとかっていうよりもはやゼロといった方が正しいでそ。

ぼくちんの天才的な推理によるとパスワードの使い回しが根本的な原因でしょう。
おそらく楽天とかAmazonとかYahoo!とかGoogleとかのサービスと
同じパスワードをSBI証券のパスワードと使い回してた可能性が極めて高いですね
さらに言うとSBI証券はログインID=ユーザーネームも自分で設定して変更できるから
このログインIDも他のネットサービスと使い回してた可能性が非常に高い

おそらくセキュリティ的にはいつ金盗まれてもおかしくないレベル。
ただ証券口座は同姓同名の銀行口座に紐付けないと出金できないんで
たまたま運よくこれまで助かってただけとしか思えませんねφ(.. )
そして今回たまたま犯人が偽の本人確認書類で銀行口座開設をすることができたんで
一気にまとめてセキュリティがばがばの口座から金が一斉に出金されただけでそ

いっちゃなんですが被害者側のセキュリティ状況があまりにいい加減すぎ
どう考えたって被害がSBI証券だけだったとはちょっと考えにくいでそう。
おそらく他の証券口座や銀行口座でも同じようにパスワードを使い回してて
ありとあらゆる金融機関から全金融資産を盗み出されてる可能性もあると思います

0924











おそらくこの被害者はおそらくこういう人物像だと思いますφ(.. )
.好泪曚筌僖愁灰鵑苦手。半角英数字を打ち込むのが苦手な高齢者
▲蹈哀ぅIDをYahoo!IDかなにかと同じIDで使い回してた。
ログイン・取引用のPasswordもYahoo!のPasswordかなにかと使い回してた。
ぬ姪櫃さいのでPasswordの変更はこれまでまったくやっていなかった。


前も少し書いたけどSBI証券はYahoo!とID連携してるんですよねΣ(・ω・ノ)ノ
もちろんユーザーがちゃんとPasswordを管理出来てたら問題ないけど
あきらかにPasswordを使い回してるユーザーが多数いるわけですから
あのID連携はセキュリティの穴になると思うしこれからも地雷原だと思います
おそらくこれからも同じような事件が必ずSBI証券で起きると予想しています



SBIホールディングス(8473) 2,678円 +6円 (+0.22%)

2020年09月16日
【悲報】SBI証券さん、顧客資産9,864万円が偽口座に流出!


ss2286234570 at 16:25|PermalinkComments(1)

2020年09月22日

SBIHD会長北尾氏「コインチェックはカス中のカス!」

SBI証券の不正出金、各社に衝撃 ネット手続き一部停止
2020年9月18日 19時54分 毎日新聞
インターネット証券のSBI証券で顧客資産約9864万円が不正に出金された問題は、証券業界に衝撃を与えた。証券会社の顧客口座と出金先の銀行口座はいずれも本人確認を必要としており、不正の難易度が高いからだ。金融庁は各社にネット取引の管理態勢を点検するよう要請し、野村証券などの大手もネット上の手続きの一部停止に追い込まれた。 
証券会社の顧客口座は株式などの金融資産を管理し、それを売買するための資金も蓄える。顧客口座と銀行口座をひも付けすれば資金を出し入れできる。SBI証券では7月から9月初旬にかけて、顧客口座にあった金融資産が何者かに売却され、ゆうちょ銀行と三菱UFJ銀行に不正に開設した銀行口座に資金が移されていた。顧客口座にログインするためのユーザーネームや2種類のパスワードは何らかの方法で入手され、銀行口座は偽造された本人確認書類に基づき開設されていた。 



この動画については何度も見たから覚えています(´∀`*)
心に染み渡るようなとてもいいセリフですよね
ライバルをこの隙に叩き潰してやろう的な野心を見え隠れさせながら
決算説明会の場で「カスと罵ってディスりまくるとこがステキだお。
大方の予想通りに、巨大ブーメラン自社に直撃するあたりも最高に好きです

本来なら情報漏洩させたのはSBI証券自身じゃないわけだし
どっちかっていえば偽の本人確認書類で口座開設した銀行が悪いんだから
本来なら重過失がないSBI証券が損失を補填する義務はまったくないんですよね
でも調子にのって公衆の面前でコインチェックをディスりまくった手前
SBI証券は引くに引けなくなって損失補填に応じざるを得なかったってとこでそ
カス!と罵った費用が結果的に1億円近くかかってしまったわけですにょ(σ´∀`)σ

こういうのをまさに諺でいうとこの「身から出た錆」っていうのかもしれません。
北尾氏は中国の古典にものすごく詳しいらしいので
「身から出た錆」みたいな諺について書かれた古典を探してみたいですね。
いっそのことSBIの株主優待をその古典の書籍にしてみたらどうでしょうか(´∀`*)
(「身から出た錆」って言葉自体がそもそも中国の諺かもしれませんが)

自分の犯した悪行の結果として自分自身が苦しむこと。自業自得。

SBIホールディングス(8473) 2,741円 +25円 (+0.92%)


ss2286234570 at 16:45|PermalinkComments(1)

2020年09月19日

ネット証券で不正アクセス相次ぎ確認 岡三オンライン証券も

ネット証券で不正アクセス相次ぎ確認 岡三オンライン証券も
2020年9月18日 23時17分
ネット証券で外部からの不正アクセスが相次いで確認されています。「岡三オンライン証券」は、17日までの3日間で合わせて200人余りの顧客の証券口座のアカウントが、不正にログインされたと発表しました。
発表によりますと「岡三オンライン証券」では、今月15日から17日までに合わせて208人に上る顧客の証券口座のアカウントに外部からの不正なログインが確認されました。パスワードを繰り返し間違えて入力ができなくなる「パスワードロック」の状態になっていたことを不審に思った顧客からの連絡で、不正アクセスが分かったということです。顧客の現金などが外部に流出する被害はなかったということですが、会社は証券口座と連携させている預金口座を変更する場合、ウェブではできないようにする対応を取りました。

SBI証券の不正出金、各社に衝撃 ネット手続き一部停止 金融庁は自主点検要請
2020年9月18日 19時54分 毎日新聞
SBI証券では7月から9月初旬にかけて、顧客口座にあった金融資産が何者かに売却され、ゆうちょ銀行と三菱UFJ銀行に不正に開設した銀行口座に資金が移されていた。顧客口座にログインするためのユーザーネームや2種類のパスワードは何らかの方法で入手され、銀行口座は偽造された本人確認書類に基づき開設されていた。 





記事を読む限り、SBI証券はユーザーネーム(顧客ID)とパスワードが2つとも
つまりすべてのログイン情報ががっつり漏れていたようですね
今のところSBI証券からログイン情報が直接漏れたというわけではなく
偽サイトに誘導されて自分で入力しちゃった可能性が高いみたいな感じですけど。

一方で、岡三オンライン証券でも不正アクセス208人発生したようです
現金などの外部流出は今のところ見当たらなかったとか言ってるけど
明らかに不正アクセスされた後でパスワードの変更をされてるってことは
ガチで不正アクセスされた後で犯罪者がパスワード変更までしてたってことです
つまり不正アクセスされた顧客の個人情報もすべて外部に漏れてしまってるってこと。
これは将来的にかなり危険なことにつながりそうだから怖いおね(((( ;゚д゚)))

SBI証券の時と同じようにログインIDやパスワードもすべて漏れてて
さらに資産を持ってることや、名前・生年月日・住所といった個人情報も漏れてたら
あっという間に偽の本人確認書類偽造されて銀行で口座作られる可能性あります
岡三オンライン証券では口座を強制ロックしてパスワード変更を案内してるらしいけど
もしセキュリティ意識の甘い顧客がいて、他のネット証券やネット銀行でも
パスワードを使い回ししていたらあっという間に他の口座も不正アクセスされるでそ
最終的には他の証券会社で資金流出につながる可能性があり得るってことです

今回の件も、岡三オンライン証券からログインIDやパスワードが漏れたわけではなく
その前にすでにログイン情報が洩れて不正アクセスが発生したようです(´・ω・`)
つまり偽サイトに誘導されてすでに本人が漏らしてしまっていたってこと

この手の偽サイトにすぐ騙されて自分の情報を漏らしちゃう人って
インターネットに関する知識が少なくてさらにセキュリティ意識が非常に低い
高齢者主婦個人事業主あるいは地方公務員が多いといわれています
(職場での勤務経験がない、またはきちんと教育を受けてないとかいった理由で)
特に高齢者はパソコンやスマートフォンの操作が苦手なために
パスワードを打ち込むのが面倒でパスワードを使い回す傾向がありますφ(.. )

ぶっちゃけた話、65歳以上の高齢者はパスワードを使い回すことが
なぜ悪いのかとかどこに問題があるのかさえ理解してない人が大量にいるんですよね。
おそらくそういった人たちがこれからも偽の銀行口座をどんどん作られて
不正アクセスされて資金流出という事態が起きる可能性は極めて高いでそう

証券会社側は顧客がパスワードが漏らしたのかは判別できないわけですし
なにより、出金先の銀行口座が偽物かどうかの判別は出来ません(´・ω・`)
(正しくログインして正しく出金操作をしただけでしかないので)
指紋認証情報のような究極の個人情報を銀行側と証券会社側とで別々に保管して
出金依頼時にそれを電子的に照合させるような処理でもしない限りは
偽の銀行口座を作られたらあっという間に出金されるのは避けられないでしょう

SBIホールディングス(8473) 2,716円 +51円 (+1.91%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8473
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8473.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v

2020年09月16日
【悲報】SBI証券さん、顧客資産9,864万円が偽口座に流出!


ss2286234570 at 06:37|PermalinkComments(2)

2020年09月16日

【悲報】SBI証券さん、顧客資産9,864万円が偽口座に流出!

SBI証券、顧客資金9864万円が流出 偽口座に送金
2020/9/16 15:05 日本経済新聞
インターネット証券のSBI証券は16日、顧客の6口座から約9864万円が流出したと発表した。第三者が証券口座に不正にログインし、ゆうちょ銀行と三菱UFJ銀行に作った偽の銀行口座に送金・出金したという。SBI証券は全額を補償する方針。複数の電子決済サービスで銀行預金の流出が相次ぐなか、改めてセキュリティー体制が問われることになりそうだ。出金先はゆうちょ銀の偽口座あてに5口座、三菱UFJ銀が1口座だった。7〜9月初旬の間に証券口座の中の金融資産を売却するなどして換金し、偽口座に送金。SBI証券は偽口座に流出した資金がさらに出金されていることを確認しているという。同社は警察に被害届を提出している。
今回の不正流出では主に2つのセキュリティーが突破された。まずSBI証券の口座が不正にログインされ、第三者が株取引や出金などができる状態になり、口座名義などの個人情報も流出した。同社は不正ログインの原因について、自社システムに不正にアクセスされた形跡はないとしており、他のネットサービスで流出したIDやパスワードと同じものを使っていた口座が狙われたとみられる。次にゆうちょ銀と三菱UFJ銀で同名義の銀行口座が偽造された。本人確認書類が偽造されるなどして口座が開設された可能性がある。
証券口座から銀行口座に送金するには、両口座の名義が同姓同名であることが条件だ。銀行・証券いずれの口座でも本人確認を徹底しているとの前提があるためだという。逆にいえば、証券口座と同姓同名の銀行口座さえ作れば送金できるという仕組みが悪用されたようだ。

SBI証券、不正アクセスで顧客口座から約1億円流出 偽口座に送金
2020年09月16日 20時07分 ITmedia NEWS
第三者は顧客のユーザーネーム、ログインパスワード、取引パスワードなどの個人情報を悪用し、出金先の銀行口座を偽のものに変更。資金を不正に送金していた。SBI証券の担当者は「本人確認が担保されているはずの銀行口座が偽造されており、業界としても前代未聞のことだ」と話す。システムの欠陥による流出ではないという。
攻撃方法について、SBI証券は「捜査中なので詳細は答えられない」としたが、外部に流出したECサイトなどのパスワードやログインIDをリスト化し、その情報を基にログインを試みる「リスト型攻撃」の可能性を示唆した。

最近話題のドコモ口座の不正出金について記事を書いていたら
それよりはるかにすごい資金流出事件がなんとSBI証券で起きてしまいました
正直なとこ証券口座からは同じ名義の銀行口座にしか出金できない仕組みなので
不正出金なんてちょっとやそっとじゃ起きないんですけど(´・ω・`)
ものすごい手の込んだ詐欺をやってついに突破されたようです

_燭蕕の方法でSBI証券の口座ログインIDやパスワードを特定
△修IDとパスワードを利用して口座にアクセスして個人情報を確認
8朕余霾鵑魍稜Г靴晋紂偽造した本人確認書類で同じ名義の銀行口座を開設
SBI証券の証券口座から不正に作成した銀行口座に出金する


SBI証券は自社からはIDやパスワードなどは流出していないと説明しています
ただ「リスト型攻撃」などを駆使してアクセスを試みたのではないかとのこと。
ただ一番重要なこの部分が不明なのでかなり困りますよね(´・ω・`)
偽サイトにアクセスして自分でログインID・パスワードを流出させたのなら
それはあくまで個人責任だし、自分でも注意すれば避けることはできます。
でも自分の知らないところで勝手にSBI証券の口座がハッキングされて
個人情報が漏れたとかになったら自分で対策するのはかなり困難でそφ(.. )

さらに驚いたのがゆうちょ銀行や三菱UFJ銀行で偽の本人確認書類で
あっさり銀行口座を開設されていたってこと。これは衝撃的でしたΣ(・ω・ノ)ノ
地方の三流地銀ならともかくメガバンクでこれが起きちゃうとわね。。。
っていうかこの部分がこんなあっさり突破されてたらなんでもありでしょう
SBI証券以外でさらに大きな資金流出事件が起きそうな気配があります

一つの可能性としてなつさんが疑ってるのがYahoo!とのID連携かな
Yahoo!はかなり以前からセキュリティがガバガバで個人情報流出が絶えません。
今のところYahoo!とID連携してる金融機関はYJFXとSBI証券くらいかな
Yahoo!って昔っからセキュリティが甘くて情報流出事故をしょっちゅう起こしてるんで
今回じゃなくてもいずれどこかで流出事件の要因になりうると睨んでます(´・ω・`)






ss2286234570 at 21:56|PermalinkComments(0)

2020年08月15日

3月 ネット証券比較

楽天証券、3月の新規口座開設16万超 初心者が7割
2020年04月07日11時30分 ITmedia ビジネスオンライン
楽天証券は3月の新規口座開設数が、過去最高の16万4011口座になったと発表した。同社によると業界でも最多。2月も10万口座超となっており、口座開設数が加速している。同社の証券口座数は3月16日に400万口座を突破している口座を開設したのは主に若年層、女性、初心者だ。3月の新規口座開設者は、年齢別では30代以下が6割を超え、性別では女性が約4割に達した。また、投資初心者比率も7割を超えた。このタイミングで新規口座開設が活発化している点について、「19年から続いている老後資金への興味関心に加え、 大きな相場変動が影響してか、 これまで以上に多くの方が資産形成を始められている」(楽天証券)としている。

三木谷浩史社長の「決断」から始まった。楽天グループ金融事業「創世記」
Apr. 22, 2019
4月1日、次なる発展段階へと向かって、グループ間シナジーを最大化するための大きな組織改編を行った楽天グループ。その中核となる金融事業は、実は銀行でもカードでもなく、証券への進出から始まった。舞台裏をよく知る楽天証券の楠雄治社長が、楽天グループ金融事業の「創世記」を隅から隅まで語ってくれた。
0816





3月株式口座増加数
松井証券        13,499口座7940+142.8%
カブコム        7,053口座(3268)+86.3%
クリック証券   6,679口座(3106+86.9
マネックス    4,913口座( 725+17.3%
岡三オンライン  2,430口座( 211)+  5.3%
※SBI証券、楽天証券は口座増加数を非開示にしてます。

3月信用口座増加数

松井証券      2289口座(912
マネックス   1331口座(
526

3月 月間株式売買代金(増減率)

楽天証券         9兆0034億円(前月比35457億円)+64.9%
松井証券         3兆3,173億円(前月比1兆1130億円)+50.4%
カブコム      3兆2,366億円(前月比1兆1785億円)+57.2%
マネックス        2兆0245億円(前月比7862億円)+63.4%
クリック証券       1兆5618億円(前月比5096億円)+48.4%
岡三オンライン       3195億円(前月比  895億円)+38.9%

一日あたり株式売買代金(増減率)

楽天証券          4287億円(前月比1255億円)+41.3%
松井証券          1579億円(前月比355億円)29.0
カブコム          1541億円(前月比398億円)+34.8%
マネックス           964億円(前月比276億円)+40.1%
クリック証券          743億円(前月比159億円)+27.2%
岡三オンライン       152億円(前月比  25億円)+19.6%

信用残高
 
楽天証券      3359億円(前月比1238億円)26.9%
松井証券      1916億円(前月比−456億円)−19.2%
カブコム      2300億円(前月比−105億円)−  8.1%
マネックス     1268億円(前月比340億円)−21.1%
クリック証券      711億円(前月比288億円)28.8%

各社の証券口座数
マネックス     185万6376口座(+4913)
松井証券      123万7989口座(+13499)
カブコム      115万1544口座(+7053)
クリック証券    42万9910口座(+6679)
岡三オンライン      23万6060口座(+2430)

各社の信用口座数
松井証券       20万1521口座(+2289)
マネックス   13万5213口座(+1331)

各社のFX口座数
クリック証券  66万6827口座(+7780)
マネックス   25万5170口座(+780)
カブコム
        6万5392口座(−3万2776)
松井証券        8万7876口座(+1939)

各社のFX売買代金
クリック証券   189兆3330億円 251.5
マネックス   17兆0942億円 217.7
カブコム                5兆1040億円 55.2
松井証券        1兆6386億円 303.2

3月後半から投資にかかりっきりでずっと怠けていましたがΣ(゚д゚;)
8月に入ってからはロットを落としてポジションもかなり抑えて投資してる
8月のお盆休みでずっと休みだしで時間ができたので調べものに時間を割いています
余裕時間が増えたので3月の各ネット証券の開示データを調べみたにょ(σ´∀`)σ

3月の東証営業日は21日だったので前月2月に比べて3日も多い月でした
ということで相場動向に関係なく売買代金は+16%上乗せされるってことですφ(.. )
さらにコロナショックによるダウの乱高下で日経も激しく乱高下しました
2/20の日経22,800円から3/19には16,400円ですから1ヶ月で6000円暴落したわけです
たった20営業日でほどで28%下がるとなかなか体験できないでした(((( ;゚д゚)))
ドル円が110円の時に28%円高になったらなんと30円円高ですよ
普通に考えて4週間で30円も円高になったらビビるどころじゃないですよね
先物とダウ先物が大荒れと表現されてるのもむしろ当然のことでしょう。

各ネット証券の株式売買代金も異常なくらい増加しているのがわかります
さらに24時間取引できるFXなんてもっと異常なくらいに取引増えてますけどね。
夜中にダウ先物が狂ったように暴落したり、サーキットブレーカー発動したりで
各社の先物の出来高も2.5〜3倍くらい増えていましたまあ当然といえば当然でそう。

今回の数字だけを見るとネット証券は絶好調じゃないかと思ってしまいますが、
実際には手数料を値下げしすぎてカブコムみたいに悪いところもあります
3月に株式売買代金がこれほど増えていたのにむしろカブコムは減収でした
信用手数料を他社に先駆けて無料化したことと信用残高が激減したことで
信用手数料と金利収入がまるごと吹っ飛んだってってことでしょう(´・ω・`)
さらに2020年度第1Qでカブコムは赤字に転落してるんですよね

SBI証券はあと2年以内に株式手数料を無料化にすると宣言しちゃってるので
特に株式手数料収入に依存してる松井とカブコムはここからが真の地獄でそ
SBIに対抗して手数料無料化まで踏み込めば毎年赤字に転落します
だからと言って他に収入減がないので無料化に踏み切らないとお客を失うだけ
お客がどんどんSBI証券に移動してしまえば結局赤字に転落するしかありません
わりとこの2社についていえばまったく未来がない瀬戸際まで追い詰められています。

10年ほど前にSBI証券や楽天証券が投資信託やFXを強化していたころ
松井とカブコムはあいかわらず株式サービスばかり先行投資をしていました
先行する大手2社よりビジネスモデルの転換が10年分遅れてるわけで
ここからいくら努力したところで現実的には挽回する手はもはや残っていませんφ(.. )
真正面から手数料無料化に挑んで討ち死にするか、全滅して降伏するか。
かなりリアルな話としてこの2つの選択肢しか残ってないんですおね( ・Д・)


2020年08月01日
【悲報】カブドットコム証券早くも赤字転落、負け組筆頭へ!

2020年05月23日
2020年第1Q(1月〜3月) のネット証券の決算を比較
2月 ネット証券比較

2020年01月10日
11月 ネット証券比較

参照ページ


ss2286234570 at 07:41|PermalinkComments(0)

2020年08月01日

【悲報】カブドットコム証券早くも赤字転落、負け組筆頭へ!

ネット証券の“総合病院化”へ カブドットコム証券が見据える金融体験の未来
2019年10月10日 10時00分
先進的なデジタル戦略によって、多様な投資体験を提供してきたカブドットコム証券。証券業界の激しい競争の中で生き残ってきた同社が、さらなる成長を目指して取り組んでいるのが、“新たな顧客体験”による顧客層の拡大だ。約110万の証券口座にひもづくユーザーはもとより、投資になじみのなかった人たちにも、快適で活発な金融体験を提供する――。そのために同社が2019年に導入したのが、SalesforceのCRM(顧客関係管理)だ。
Salesforceを選んだ決め手は何だったのか。そして、KDDIの出資を受け、19年の冬に「auカブコム証券」として新たなスタートを切る同社は、どのように変革しようとしているのか。カブドットコム証券の齋藤正勝社長と、セールスフォース・ドットコムでエンタープライズ金融営業本部長を務める田村英則氏に聞いた。
yk_sfdc20190904












.
auカブコム証券 2021年第1四半期(2020/4〜2020/6)決算
営業収益   49億4,300万円(+  1.4%)
営業利益          5,500万円(−93.1%)
経常利益          6,100万円(−92.7%)
当期利益  −2億7,400万円

2019年第4四半期(2020/1〜2020/3)や2020年第1四半期(2020/3〜2020/6)は
コロナショックのおかげで先物や為替相場が大荒れだったおかげもあってか
どこのネット証券も売上高(営業収益)、営業利益が飛躍的に伸びています
カブドットコム証券の1社を除いては。。。

そしてついにカブドットコム証券は赤字転落という悲惨な現実を突き付けられました
まだ手数料無料化がまともに実現してない時期にこれほど業績悪化していたら
SBI証券が本気で手数料無料化したころにはどれだけ業績が悪化するんでしょうか
他社がどこも伸びてるのに1社だけ赤字転落とかシャレになっていません(´・ω・`)
こんな赤字会社を900億円も出資してTOBしたauって本物のアホなんじゃ。。

決算資料
https://kabu.com/company/disclosure/accounting_line.html
2021年第1四半期(2020/4〜2020/6)決算資料
https://kabu.com/pdf/Gykpdf/accountingline/setsumei2020_06.pdf

今回のカブコムの赤字転落の主要因は貸倒引当金繰入が6.8億円発生したことです
カブコムって昔から怪しい信用銘柄の新規止めないとか信用規制が緩いこともあって
過去に何度も数億円単位の貸し倒れの引き当てを決算で計上しています
(要は信用で貸し付けた金が焦げ付いたってことです
さらに投信を担保に信用取引できるとか、株や投信を担保にFXできるとか
かなりレバレッジの高い取引を客にさせてるという点が目立つネット証券です。
おそらく今回のコロナショックでは与信管理が甘くて一気に損失計上したんでしょう

それ以外でも信用手数料を無料化したことが業績を直撃してますね
営業収益(売上高)の内訳を見ていくとかなり壊滅的な内容でだおね(´・ω・`)
前年同期比では、市場が荒れたおかげで現物手数料は+4.8億円増収だけど
信用手数料を無料化したことで−5.4億円減収でした
あれだけ信用金利引き上げたのに信用の金融収益は+2.2億円しか増えていません
ってことは相場があまり荒れなかったらごく当然のように赤字じゃないのけ?

一方で取引が活発化したことで取引関係費は+1.7億円とコストが大きく増加
さらに言うと、最近になってカブコムはやたらガンダムとかジオン軍とか
わりと意味不明な広告や宣伝を派手に展開してきてますけど
その費用がまったくカブドットコム証券の決算に計上されてないんですよね
ってことはおそらくあの派手な広告はauが主導してauが費用持ちなんでしょうね。
もしあの費用をそのままカブコムが被ったらさらに赤字額が5億以上増えてるでそね

じぶん銀行経由でカブコムに口座作ると5000円もらえるキャンペーンやってるせいで
直近のカブコムの口座数がものすごい増えてましたけどφ(.. )
でもその費用もカブコムの決算にまったく計上されてないように見えますね
ってことはじぶん銀行かauフィナンシャルが全額費用を被ってるってことでそかね
このままだとauフィナンシャルHD傘下の金融事業全体的に壊滅的なんじゃないでそか

率直にいうと、SBI証券が手数料無料化をさらに押し進めてきた時に
もしカブドットコムが現物手数料の無料化に踏み切ったら会社が吹っ飛びます
株式手数料への依存度が高い会社が手数料無料化したら当たり前のことですけど
そりゃ親会社の三菱UFJ証券やauフィナンシャルが出資してくれるから
大赤字に転落しても潰れはしないだろうけどかなりシャレにならない状況ですね
auはとんでもないクソ会社の株を掴まされたといっても過言ではないでそ(´・ω・`)

カブドットコムはネット証券の“総合病院”を目指すだとか記事に書いてあるけど
その前にまず自分が集中治療室に入院した方がいいんじゃないでそうか?

2020年06月06日
じぶん銀行、5,000円ばら撒きキャンペーン始める!
2020年05月23日
2020年第4Q(1月〜3月) のネット証券の決算を比較

2020年05月01日
ネット証券 3Q(2019年4月〜2019年12月) 四半期業績比較

2019年11月04日
ネット証券 2Q(2019年4月〜2019年9月) 四半期業績比較


ss2286234570 at 05:41|PermalinkComments(4)

2020年05月23日

2020年第4Q(1月〜3月) のネット証券の決算を比較

証券、コロナで明暗 対面は苦戦/ネット系追い風
2020/5/8 22:31 日本経済新聞
新型コロナウイルスの感染拡大で対面営業の自粛が広がり金融商品の販売が難しくなっている。野村ホールディングス(HD)と大和証券グループ本社は、4月の個人向け証券部門の収益が1〜3月平均比で2割減っていることを明らかにした。外出自粛は証券営業の足かせで、不透明感は強い。証券業界全体で売買手数料からの脱却が急務となっている。
一方でもともと店舗や営業員を持たないネット証券には、投資に興味を持っていた層が相場下落を機に集まった。ネット5社合計の3月の新規口座開設数はコロナウイルスの感染拡大前の1月に比べ2.2倍の31万口座に上った。

SBIの「宣言」で曲がり角を迎えたネット証券、手数料の無料化でこれからどう生き残るのか
2020/02/12 東洋経済
10年前との比較で、各社は委託手数料への依存度を引き下げている。が、手数料依存度がいちばん低い楽天でも依然2割を占めており、今すぐに手数料収入を失えば、赤字に転落する可能性が高い。こうした収益影響の大きさが楠氏の危機感につながっている。
手数料依存度が高いほど、無料化による影響は大きい。収益の47%を株式の委託手数料に依存する松井証券は、他社以上に構造改革が必要だ。和里田聰・松井証券専務は、「手数料の引き下げは、やるしかないという状況。手数料に依存する収益構造を変える」と、現状を分析する。
マネックス同様に、顧客資産の増加への寄与を強く意識するのが、auカブコム証券だ。同社の齋藤正勝社長は、「手数料がゼロになれば、パフォーマンス(顧客資産の増加)の競争になる。むしろそのほうが望ましい」と語る。厳しい競争環境を見据えてKDDIから資本を受け入れ、経営の自由度を上げるためにあえて非上場化するなど準備を進めてきた。手数料に代わる今後の収益源として、「カテゴリープラットフォーマー」としての地位確立も構想する。地場証券や地方銀行傘下の証券会社などに、自社で使っているシステムを大手より格段に安い価格で提供し、利用料収入を得たい考えだ。
0425












SBI証券 2020年第4四半期(2020/1〜2020/3)決算
営業収益 367億0,700万円(+22.8%)
営業利益 146億1,500万円(+54.7%)
経常利益 147億8,400万円(+54.9%)
当期利益 100億6,600万円(+63.0%)

GMOフィナンシャルHD  2020年第4四半期(2020/1〜2020/3)決算
営業収益 103億6,500万円(+36.7%)
営業利益   40億4,800万円(+89.8%)
経常利益   38億2,000万円(+68.5%)
当期利益   38億2,300万円(+70.6%)

楽天証券 2020年第4四半期(2020/1〜2020/3)決算
営業収益 172億6,200万円(+20.7%)
営業利益   38億9,300万円(+44.5%)
経常利益   38億8,400万円(+62.1%)
当期利益   26億8,000万円(+201.6%)

松井証券 2020年第4四半期(2020/1〜2020/3)決算
営業収益   67億9,000万円(+11.4%)
営業利益   26億6,000万円(+17.5%)
経常利益   26億4,600万円(+14.7%)
当期利益   17億3,600万円(+  8.9%)

マネックス証券 2020年第4四半期(2020/1〜2020/3)決算
営業収益 146億5,100万円(+16.8%)
営業利益   21億0,400万円(+237.4%)
経常利益   10億6,700万円(+22.7%)
当期利益     7億5,900万円(+32.4%)

カブドットコム 2020年第4四半期(2020/1〜2020/3)決算
営業収益   48億2,900万円(−  3.0%)
営業利益     6億9,400万円(+76.5%)
経常利益     6億5,400万円(+68.0%)
当期利益     1億7,000万円(−33.8%)

注)今回の増減率は前年同期比ではなく前四半期比(2019/10〜2019/12)です

まず説明すると各ネット証券は2019年11月あたりから手数料の値下げを開始しています。
つまりごく最近から手数料の無料化が急激に進んで利益率が悪化してるということ。
したがって、前年同期比(2019/1〜2019/3)と比較しても無意味なんですよね(´・ω・`)
そこで足元の2019/11〜2020/3で手数料値下げがどれほど各社の業績に影響したのかのを
詳細を明らかにするために前四半期比(2019/10〜2019/12)で増減率を算出してます

マネックスはコインチェックを買収して会社の形が大きく変動したので
以前からマネックス証券単体ではなくマネックスグループの決算で比較しています。
同様に、クリック証券は単体決算を開示してないので
金融部門だけのGMOフィナンシャルホールディングスの連結決算で比べています。
なので子会社のGMOコインの数字も含んだ決算内容になっていますφ(.. )

-------------------------------------------------------------------------------

ネット証券の2020年度4Qの決算がすべて出そろってたんで比べてみたにょ(σ´∀`)σ
今回はかなり気になる部分が多かったので特別編として書いています。
したがって4Q(2020/1〜2020/3)だけの業績の数字で比較しています(´・ω・`)
ご存じの通り4Qは新型コロナとダウの大暴落&円高大荒れの相場でした
夜中の22時にダウがサーキットブレーカー発動させて何度取引停止になったことか

そんな大荒れの相場ですから株も先物もFXも驚異的な取引高を記録してました
そのことは前回すでに4月12日に書いてるんですが、それ以上に驚いたことがありました。
取引が驚異的なまでに増えれば本来ならネット証券の業績は急回復するわけですが
急回復どころかむしろ売上高が減少してしまってるネット証券がありました
その名はカブドットコム証券です。(正式名称はauカブコム証券)

カブドットコムは2019年12月16日から信用手数料を無料化しました。
一方で、現引き/現渡し手数料という高額な費用を設定したというあの事件です。
たしかに信用手数料無料化したことで取引は増えてますが収益は散々のようです。
なんとカブドットコムだけが前四半期比で売上高が減少してしまったんですね

これは非常に大きな意味があって、結局のとこ手数料を無料化してしまうと
金利を引き上げてもまったくコストをペイできてないということです(((( ;゚д゚)))
取引が増えると約定の処理コストや東証への場口銭などの費用が鰻登りに増えます
従来であれば取引が増えても手数料も増えるからコストを吸収出来てたわけですが
手数料を無料化してしまうとむしろ原価割れというか損失が膨らむってことでそ

そもそも3月は過去に例がないくらい先物と為替が大荒れの大相場でした(´・ω・`)
なのにその時期にまったく稼げてないってのは痛いどころじゃ済まないでそ。
それってつまり、相場が落ち着いて停滞したら大幅に業績が悪化するってことなんで
相場のボラが低下したらカブコムは赤字に転落する可能性すらあるってこと

特にカブコムは先行して信用手数料の無料化に踏み込んだ影響が非常に大きいですが、
SBI証券が信用手数料無料化に踏み込めば松井証券も応じざるをえませんφ(.. )
っていうか東洋経済の記事の中ではっきりと応じると認めています
実際にSBI証券が50万円以下の手数料無料化したら即座に応じてますからね
さらに言えば、もしSBI証券に対抗して手数料の無料化に踏み切ったら
カブドットコムも松井証券も赤字に転落しますよと言ってるようなもの

SBI証券は2年半後に株の手数料を現物も信用も無料化にすると宣言しています。
手数料を無料化にするとむしろ取引は活発化するので取引コストは増えるのに
そのコストを補う収入がないからネット証券は大幅に業績が悪化してしまいます
その事実をはっきりと証明してしまったのがカブドットコムというわけだおね。

カブコムと松井証券の決定的な敗因はビジネスモデルの変更に遅れたことです
株以外で稼げてないから株で勝負するしかないし、シェアを失うわけにもいきません。
だから勝ち目がなくてもSBI証券と最後まで対決するしか選択肢がないんだおね
マネックスも株手数料に依存度が高いじゃないかと思うかもしれませんが
下記の図はあくまでマネックス証券単体なので、マネックスグループ全体で考えたら
米国事業や仮想通貨で稼げてるので株部門への依存度ははるかに低くなります
.
0523














.
現実的な話、楽天証券やマネックスは株の手数料引き下げには極めて消極的です
競争なので最低限度は対応するけど積極的な値下げには踏み切らないと宣言してます。
なぜなら近年はビジネスモデルを変えて株以外でも稼いできてるからです。
極端な話、株のお客をSBI証券に奪われてもある程度のお客が残ってさえいれば
FXや仮想通貨あるいは海外事業で稼げるから生き残れる算段があるからです(´・ω・`)

一方で、カブドットコムと松井証券は積極的に値下げに応じると宣言してます。
この2社は株手数料への業績損度が高くビジネスモデルの変化が遅い会社です
株のお客をSBI証券に根こそぎ奪われてしまうと金利収入すら失うので大ピンチです
ピンチとかそういう生やさしい状態じゃなく、会社消滅の危機に瀕してるってこと。
座して死を待つくらいならハチマキと白襷を着てマシンガンに突っ込んで死のうってこと。
あるいは、戦略に敗れて一発逆転を狙って突撃して全滅した武田騎馬隊と大差ないですよね
(ちなみに旅順攻略戦において正面から突撃した白襷隊は壊滅しました)

一番問題なのは証券事業に依存しすぎてしまってるから選択肢が残ってないんだおね。
戦略を立ててこなかったからもはや正面衝突で玉砕しか選択肢がないんだお(´・ω・`)



2020年04月09日
3月は株式1.5倍、先物1.5倍、FXは2.5倍に増加

2020年03月12日
リーマンショック→コロナショックへ本格突入!


ss2286234570 at 07:51|PermalinkComments(7)

2020年05月03日

2月 ネット証券比較

SBI証券、ネット証券1位の証券総合口座500万を達成、野村證券に迫る勢い
https://moneyzine.jp/article/detail/216853
2020/02/27 08:00 MONEYZINE
SBI証券は2月26日、ネット証券トップの証券総合口座500万口座を達成した。同社は1999年にインターネット取引のサービスをスタート。2001年に実施した手数料の大幅引き下げをきっかけとして個人投資家から支持を獲得。同社がまとめた以下のグラフにあるように、対面証券大手の野村證券の口座数に迫る勢いとなっている。

SBI証券の口座数、500万超え 野村に迫る
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56078530W0A220C2EE9000/
2020/2/26 20:00 日本経済新聞
SBI証券は26日、口座数が500万を超えたと発表した。業界首位の野村証券(531万口座、1月末時点)に次ぐ規模となる。低コストのネット取引を武器に現役世代や投資未経験者を取り込んだ。
直近に新規開設した100万人の内訳では20〜40代が7割強で、未成年者まで含めると8割強と若年層が目立った。女性比率は4割に上った。8割が投資未経験者だった。
ネット証券2位の楽天証券の口座数は376万(19年12月末時点)。SBI証券の預かり資産残高は14兆円強と野村証券の1割強にとどまる。
.
216853_01










2月株式口座増加数
松井証券        5,559口座 378−  6.3
マネックス    4,188口座(
 588−12.3
クリック証券   3,573口座( 105−  2.8
カブコム        3,785口座( 537)+16.5%
岡三オンライン  2219口座( 112)+  5.3%
※SBI証券、楽天証券は口座増加数を非開示にしてます。

2月信用口座増加数

マネックス      805口座(178
松井証券      1377口座( 52

2月 月間株式売買代金(増減率)

楽天証券         5兆4577億円(前月比3965億円)+  7.8%
松井証券         2兆2043億円(前月比2125億円)+10.6%
カブコム      2兆0581億円(前月比1978億円)+10.6%
マネックス        1兆2383億円(前月比  663億円)+  8.3%
クリック証券       1兆0522億円(前月比1305億円)+14.1%
岡三オンライン       2300億円(前月比  237億円)+11.4%

一日あたり株式売買代金(増減率)

楽天証券          3032億円(前月比368億円)+13.8%
松井証券          1224億円(前月比176億円)16.8
カブコム          1143億円(前月比164億円)+16.7%
マネックス           688億円(前月比  86億円)+14.3%
クリック証券          584億円(前月比  46億円)+20.4%
岡三オンライン       127億円(前月比  16億円)+17.6%

信用残高
 
楽天証券      4597億円(前月比+326億円)+  0.6%
松井証券      2372億円(前月比−129億円)−  5.1%
カブコム      2504億円(前月比233億円)+ 10.2%
マネックス     1608億円(前月比  70億円)−  4.1%
クリック証券      999億円(前月比  56億円)+  5.9%

各社の証券口座数
マネックス     185万1463口座(+4188)
松井証券      122万4490口座(+5559)
カブコム      114万5024口座(+3785)
クリック証券    42万3231口座(+3573)
岡三オンライン      22万3630口座(+2219)

各社の信用口座数
松井証券       19万9232口座(+1377)
マネックス   13万3882口座(+805)

各社のFX口座数
クリック証券  65万9047口座(+4422)
マネックス   25万4390口座(+328)
カブコム
        9万8168口座(+120)
松井証券        8万5937口座(+821)

各社のFX売買代金
クリック証券  75兆2805億円 27.0
マネックス     7兆8490億円 −  9.0
カブコム                3兆2871億円 −  3.2
松井証券              5404億円 26.7

1〜2月はふだんは予約が取れない人気の旅館の予約が空いてたんで
北陸や東北の温泉に遠出してて週末ずっと遊んでたんで更新するのが遅れていました。
2月のネット証券各社の各社の開示情報が出そろってるので並べてみたにょ(σ´∀`)σ

今回の2月は東証営業日が18日と1月の19日より1日少なかった(−5.3%)ので
1日あたりの株の売買代金は急増してたけど、月間で比較するとそうでもない感じ。
2月は2/21以降からアメリカ市場が荒れはじめて日経も大きく下落して引けました
2月の前半は謎の円安に向かっていたドル円も2月の最後で一気に崩れて円高
序盤は荒れてなかったけど、終盤で荒れ相場に突入したこともあってか
個人投資家の株式売買代金は1月比で、平均15%くらいは増加したようですね

2月の各ネット証券の口座数は全体的には減少が目立ちました(´・ω・`)
なぜかというと年末〜年始の口座申し込みはすべて1月にまとめて口座開設されることと
2月はそもそも28日しかないので口座開設する日数が少ないことによるものでしょう。
これはほぼ毎年発生してる事象で、1月が多めで2月は減少するという傾向があります

マネックスはIPO絡みで口座申込数を増やしてるんで
今みたいにコロナでIPO延期が増えると途端に口座開設数が鈍化してるようだおね
はっきり増加してるのは、約定代金50万円以下の手数料を無料化にした
松井証券と楽天銀行・SBI証券あたりでしょうφ(.. )
楽天証券は3月だけで新規口座開設数が16万もあったとニュースになってたし

口座開設そのものも2週間以上かかるとかかなり遅延してるようですねΣ(・ω・ノ)ノ
ていうか、4/24までに口座申込して開設完了が5/15までってさすがに遅すぎでしょう
GWを挟んでいるとはいえ実質的に口座開設までに3週間かかってるってことだし
4/25〜5/1に口座申込しても、開設完了してパスワードが郵送されるのは5/25までって
それってぶっちゃけ口座にログインできるまでに1カ月以上かかるってことだしね
いくらコロナ感染だの騒いでるご時世とはいえ、もうちょっとなんとかしろよと。
GW返上して人員集めて口座開設業務最優先くらいやりゃいいとおもうんだが(´・ω・`)

2020年01月10日
11月 ネット証券比較

2019年11月15日
10月 ネット証券比較



ss2286234570 at 05:49|PermalinkComments(3)

2020年05月01日

ネット証券 3Q(2019年4月〜2019年12月) 四半期業績比較

SBIの「宣言」で曲がり角を迎えたネット証券
手数料の無料化でこれからどう生き残るのか
2020/02/12 東洋経済
ネット証券の誕生から約20年。業界トップを走るのはSBI証券だ。東京証券取引所の個人売買代金のうち、3割以上を占めるSBI証券は、対面証券を含めても売買代金で最大。口座数もネット証券最多で「あと半年で野村を追い抜く」(北尾氏)。収益に占める委託手数料の比率は25%(2018年度)。ホールセール(法人)部門の強化や他業種のM&A(合併・買収)を通じてこれを5%まで下げ、完全無料化に踏み切る構えだ。ホールセールについて、SBI証券の眤疾疑夕卍垢蓮IPO(新規株式公開)の主幹事など株式・債券の引き受け業務が、伸びしろもあり大きな収益源になる」と話す。同業務では後発だが、「後発の優位を生かし、効率的にキャッチアップしている」と手応えを示す。
0425














.
SBI証券 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
営業収益 877億5,900万円(−  6.3%)
営業利益 275億1,500万円(−35.8%)
経常利益 278億3,700万円(−35.0%)
当期利益 179億1,000万円(−39.0%)

GMOフィナンシャルHD 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/pdf
営業収益 255億9,600万円(−  3.0%)
営業利益   84億1,400万円(−  8.8%)
経常利益   83億7,200万円(−  9.7%)
当期利益   54億5,600万円(−  8.1%)

楽天証券 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/disc_PDF/kessann_20200206_02.pdf
営業収益 416億6,900万円(−  7.6%)
営業利益   79億6,300万円(−48.5%)
経常利益   71億8,500万円(−51.8%)
当期利益   43億9,000万円(−56.7%)

松井証券 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
営業収益 173億6,000万円(−19.3%)
営業利益   62億4,900万円(−44.4%)
経常利益   63億7,000万円(−44.0%)
当期利益   44億0,000万円(−44.2%)

マネックス証券 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
営業収益 385億7,500万円(−  3.8%)
営業利益   30億5,100万円(+  1.7%)
経常利益   30億6,400万円(−  4.9%)
当期利益   22億5,200万円(−16.5%)

カブドットコム 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
営業収益 145億2,000万円(−12.7%)
営業利益   17億2,000万円(−69.5%)
経常利益   18億1,100万円(−68.2%)
当期利益   13億5,800万円(−65.9%)

ネット証券の2020年度3Q決算がすべて出そろってたんで比べてみたにょ(σ´∀`)σ
マネックスはコインチェックを買収して会社の形が大きく変動したので
今回からマネックス証券単体ではなくマネックスグループの決算で比較しています。
同様に、クリック証券は単体決算を開示してないので
金融部門だけのGMOフィナンシャルホールディングスの連結決算で比べています。
なので子会社のGMOコインの数字も含んだ決算内容になっていますφ(.. )
また3月決算から12月決算に変更されてたので2019年4〜9月部分のみ抜粋しています
(文字数喰うし長くてめんどくさいので以下GMOFHDに省略)
楽天証券も3月決算から12月決算に変更されたので2019年4〜9月部分のみ抜粋しています
2019年1月〜12月の第3四半期から2019年1月〜3月まで第1四半期決算を抜いて計算)

SBI証券が「3年以内に手数料無料化を宣言したのが2019年10月末でした。
それからネット証券各社がこぞって手数料値下げを始めたのが2019年11月中旬あたり。
手数料値下げそのものの影響が出てくるのは2020年1月以降になるわけですが、
実際には各ネット証券の格差がさらに拡大してるといった状況でしょう(´・ω・`)

手数料値下げではなく、現在のところは相場が盛り上がらなくなったことで
2019年に入ったあたりからズルズルとネット証券各社の業績は悪化しています
2018年4月〜2018年12月に営業利益が営業利益が154億円あったはずの楽天証券は
すでに足元の2019年4月〜12月において営業利益が約半分の78億円しかありません
カブドットコム証券なんてもう笑うしかないくらいの酷い決算になっています

でもここまではまだ序曲で、むしろネット証券の苦難はまさにこれから
ここから先は本当に「進むも地獄、退くも地獄」になると思うんだおねΣ(゚д゚;)
そもそもSBI証券はまだ本格的な手数料無料化に着手していないので
これから3年かけて手数料を無料化し、しかも信用金利は引き上げないでしょう

そもそもSBIは北尾さん自身が法人部門の出身で実績と経験が厚い分野です。
これから地銀連合グループを設立してくためにものすごい人材募集かけてます
野村とか大和あたりから若くて意欲的な法人部門の人材を引き抜きまくってるし
他のネット証券にないホールセール(法人)部門で稼げる強みがあります
(北尾さんは元野村證券社長を目されてた人材だから野村から引き抜きしやすい)

逆に楽天証券や松井証券にあってはこれがマネできないんですよね(´・ω・`)
そもそもホールセール(法人)部門に精通した人材が自社にいないから
まず優秀な人材を呼ぶツテがないし、それを管理・評価できる部署も経験もない。
なにより野村證券で超優秀な法人部門担当者だった北尾さんみたいな人材がいないから
わざわざ今さら大手証券の法人部門からネット証券に転職したい人材なんていません。
このあたりの他社にない武器を持ってるのがSBI証券の決定的な強みでしょう

ここに書いてありますけどSBI証券が手数料無料化をやる目的は2つ。
/卦参入してきたスマホ証券を潰すため
⊆蠖料への依存度が高い他のネット証券を干して業界再編を進めるため
となると、手数料無料化をする一方で信用金利を引き上げる可能性はほぼゼロでしょう。
なぜならSBI証券が手数料無料化して信用金利引き上げたら目的が達成できなくなるから。
他のスマホ証券やネット証券を潰すか淘汰していくことが目的なら絶対にやらないはず

現在のSBI証券が今後3年間に打ち出してくる方針ではっきりしているのは2つ。
仝淑や信用だけでなく投資信託など含めて手数料をすべて無料化する
⊃用金利を引き下げ、もしくは据え置きもありうる。金利の引き上げはない。
そう考えると迂闊に信用金利を値上げしたブコムは最悪の悪手を打ったことになります
もしこのままSBI証券が信用金利据え置きで手数料無料化したらカブコム壊滅でそ・・・

今後も手数料や信用金利に依存していくビジネスをこのまま引き摺ってるとこは
3年後に手数料が無料化されると取引が増えるので経費や固定費が増えます
しかし手数料収入はほぼゼロに近づいて、信用金利もあまり増えにくいとなると
販管費が増えるのに手数料収入という売上高が減るのでガチでやばいわけです

松井証券がこの先かなりヤバくなりそうだとなつさんがなぜ書くのかというと
それは決算資料の7ページ目を読んだら一目瞭然なんだおね(((( ;゚д゚)))
純営業収益(=売上高)の約140億円を手数料収入でまかなってるから
3年後にSBI証券と争って手数料を完全無料化したら通期で50億円の赤字に転落します
https://www.matsui.co.jp/parts/pdf-view/web/ir/pdf/2020_4_abs.pdf
純営業収益 223億4,500万円 内訳みると手数料が139億4,900万円を占めてる
販売管理費 134億3,600万円
営業利益は   89億0,900万円



1105















2019年12月25日
ネット証券、手数料無料化で「体力勝負」突入へ 業界再編の可能性も

2019年12月07日
【超改悪】バカドットコム証券 信用の現引き・現渡手数料を設定

2019年12月03日
マネックスも信用や投信の手数料ゼロに、カブコム・松井も発表

2019年11月16日
SBI証券が3年以内に株式手数料の無料化を宣言!!

2019年11月04日
ネット証券 2Q(2019年4月〜2019年9月) 四半期業績比較

2019年09月07日
ネット証券 1Q(2019年4月〜2019年6月) 四半期業績比較


ss2286234570 at 16:02|PermalinkComments(2)