yogurting ヨーグルティング

IPO

2023年09月27日

嫉妬に狂ったホリエモンさん「楽天証券上場取り消しもありえる」と恥をさらす

「100億単位の利益がなくなる」ホリエモン
楽天証券の大方針転換に持論「上場承認取り消しもあり得る」 
ことの発端は、SBI証券が9月30日から国内株式取引の手数料を完全無料化すると発表したこと。堀江氏は「楽天のなかで重要な稼ぎ頭である金融事業・楽天証券に大激震が走りました」とし、その理由を「業界最大手のSBI証券が証券取引の手数料をゼロ円にすると発表しました。これだけで100億円以上の利益が吹っ飛んでしまうと」と話した。
手数料を無料にすることで、顧客を引き寄せるというSBI証券の方針に対して、他の証券会社が“お手上げ”状態であると堀江氏は指摘。そんななか、唯一SBI証券に追随したのが業界2位の楽天証券。「楽天証券はついてこざるを得なかった」という状況だったと堀江氏は説明した。
また、堀江氏は楽天証券が上場準備中であることを挙げ、「100億円単位の利益がなくなるっていう決断を上場審査中の終盤に」下したことを指摘。「上場承認の取り消しだってあり得る」と堀江氏は推測した。
さらに楽天グループの今後の利益のポイントとして、楽天モバイルが携帯電話業界のシェア約20パーセントを獲得するためには「今後約10年間持たせることができるかどうか」だと見られていると言う。そのためには「楽天カードを売るしかない」と堀江氏は説明。しかし、「カードの切り売りが始まると、楽天グループ間で齟齬が生まれる」という。これを堀江氏は「楽天カードの切り売りっていう最後の禁断の手に出ると、楽天グループの経済圏が狂ってしまう大きな原因になるのかなと思いました」と結論づけた。


0929












読切『落武者狩り落武者狩り』

逮捕される前のホリエモンはすごく面白かったし、よくも悪くも人気だったんですが
最近のホリエモンは哀れというか、負け犬というか嫉妬だらけの落ち武者っぽいですね

実際に自分を罠に嵌めたSBIの北尾を憎んだり批判するのならばまあわかりますけど
そもそも直接接点を持ってなかった楽天を叩くのはさすがにお門違いでしょφ(.. )
自分が失敗した一方で、事業に成功した楽天が妬ましくて最近ではなぜか必死になって楽天叩きと楽天に対する悪口や誹謗中傷を垂れ流してますよね(´・ω・`)

なんで何かわからないけど堀江のYouTubeがたまに表示されて「楽天はもうヤバいです」とか「楽天はもうすぐ倒産します」とモロに誹謗中傷してるし
あんな馬鹿の独りよがりの動画を見てるのは本物の情弱のバカだけでしょうね(´・ω・`)
さすがにあそこまでやったらそろそろ本気で訴訟起こされて訴えられても仕方がないんじゃないかと思うくらい必死になってやってますよね

ライブドアがやりたかった事業すべてを楽天に奪われて、プロ野球事業にも進出して成功している楽天が妬ましいんだろうってのはまあわかりますが、
あそこまで粘着して叩くのは大人として恥さらしというか素直にキチガイでしょう
ヤフー記事のコメント欄でも堀江のこと見苦しいボロクソに書かれているようですし。


※記事は書きかけです。


ss2286234570 at 16:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年09月13日

楽天モバイル、自社回線の利用者数500万人を回復

楽天モバイル、自社回線の利用者数500万人を回復…「月額ゼロ円」廃止前の22年4月以来
2023/08/28 19:15 読売新聞
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は28日、傘下の楽天モバイルについて「契約者数が500万回線に到達した」とX(旧ツイッター)で明らかにした。自社回線サービスの利用者数が500万人を超えたのは、昨年4月以来。今年6月からKDDIの回線を活用する新プランを導入し、通信環境を改善したのが奏功したとみられる。楽天は昨年5月に「月額ゼロ円」の料金プラン終了を発表し、22年末の利用者数は448万人に落ち込んだ。その後、新プラン導入で、今年7月末の利用者数(速報値)は491万人にまで回復していた。

楽天カード、直近12カ月における年間カードショッピング取扱高が20兆円に
2023/09/01 楽天カード
楽天カード株式会社は、直近12カ月(2022年8月〜2023年7月)の年間カードショッピング取扱高が20兆円を突破しました。
「楽天カード」のショッピング取扱高は、2枚目を含めた発行枚数が順調に増加し、「楽天市場」や「楽天ペイ(アプリ決済)」をはじめとする楽天グループサービスでの利用やグループ外での利用も増加しました。さらに、ポストコロナにおける旅行関連サービスや飲食店での消費回復、コロナ禍での行動様式の変化をきっかけとした非接触需要の高まりによるキャッシュレス化の流れが継続し、日常のお買い物にも多くご利用いただいています。その結果、直近12カ月(2022年8月〜2023年7月)の年間カードショッピング取扱高が20兆円を超え、前年同期比(2021年8月〜2022年7月比)で20%を超える成長を果たしました。
0811


















楽天グループ(4755) 609.1円 +13.5円 (+2.27%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart
さてここでも何度か取り上げている楽天が週足のテクニカルで上昇に好転しそうです
前からずっと監視銘柄に入れてたのでとりあえずお試しで仕込んでみました(´・ω・`)
ただ月足チャートでは615円あたりで上値抵抗線があるのでそこがやや気になりますよね。
週足チャートのテクニカルでいえば目先の上値余地は650円あたりになるでしょうか

【楽天のリスクとは?】
ヽ敕轡皀丱ぅ襪寮峪が何千億円と拡大しててグループの足を引っ張ってる。
➡  すでに投資費用の山を越えて足元では赤字減少傾向。今後は赤字が減少の見込み。
楽天グループの自己資本比率が低下してるので危険じゃないのか。
➡ 増資すればすぐ回復するし、なんならまた3,000億円増資すりゃいいんじゃね?
子会社をドンドン切り売りして資金に困ってる。会社ヤバいんじゃないのか!
➡ まだまだいくらでも換金できる優良子会社あるのにそのどこがリスクなの?
い泙世泙世海寮茲房匣弔僚還がやってきて資金繰りに苦しむじゃないか!
➡ 全額一括返済する必要ないし、子会社売った金で一部返還して残りは借り換えでよくね?


前にも何度か同じことをこのブログで書いてますけど、楽天はリスクが高いって騒いでる人って本当の意味でのリスクって何なのか理解できてない気がするんだおね(´・ω・`)

例えば、ビッグモーターは手元に数百億の資金あるらしいけど、銀行から借り換え拒否されてるから今後は苦しくなっても銀行から資金を借りることができません
しかも換金価値のある優良資産が大量にあるわけでもないのでとにかく店舗の中古車を売り捌いて凌ぐしかないし、さらに言えばその先で資金の入る見込みがありません。
売り上げ低迷してるし手元キャッシュは入ってこないし、おまけに保険代理店資格の停止取消リスクがかなり高いと予想されます
その上、上場してないので増資したり株券印刷で乗り切ることもできそうにありません
とてもじゃないけどビッグモーターに金貸したり出資しようとは思わないでしょう・・・。

ネクステージも第三者委員会の報告次第で詐欺・違法行為が暴露される可能性があります
(むしろ内部調査結果が全部虚偽で、ヤバい調査結果が出るリスクは非常に高めです)
もしそうなればビッグモーターのように銀行が借り換え拒否に出る可能性もあります
換金できそうな資産もあまりないのでとてもじゃないけど社債買いたいとは思わないし、最後の手段でMSCB連発という奥の手しそうなんで株価買うのもです
超短期ならともかく長期的に見てとてもじゃないけど投資対象にはならないでしょ・・・。

楽天グループのリスクって、もし再度増資したら株価が下がるリスクは確かにあるけど
それ以外の具体的なリスクが本当にあるのかって言われたら非常に低いと思うんだおね

負債が多くて売れるような優良子会社がもしなかったらリスクが高いってのはわかるけど、
上場無しでも高値で売り飛ばせそうな楽天トラベルもあるし、楽天銀行なんかよりはるかに時価総額が大きい値が付きそうな楽天カードもまだ手元に持ってます
換金できる資産や子会社持ってる楽天のリスクが高いってどういう意味?って思うのよ。

例えば、今の楽天を個人投資家に例えて考えてみた場合の話ですけど、
年収500万しかないけど、トヨタの株式10億円分持ってる人が4億円借金かかえてる投資家がいたとして、その投資家は本当にリスクの高い人なんでしょうか
トヨタ株を担保にして金借りれるし、なんなら株売って借金返済して終わりの話でしょ。
ネットの記事をそのまま鵜呑みにするのはすごいアホで、じゃあなんで楽天グループの株価が上がって評価が見直されてるのかを考えるべきじゃないでしょうか

2023年08月10日
楽天グループ1,399億円の赤字 社債返還のために楽天カード上場も?

2023年07月05日
三木谷「楽天証券はオレの財布!せや上場もして集金したろ」

2023年05月18日
6/18株式市況 〜楽天とサイバーエージェントの関係〜
https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2023-05-18.html

2023年05月16日
5/16株式市況 楽天グループ、最大3,000億円の増資発表

2023年02月16日
楽天G、モバイル不振で営業赤字が前期比9割増の3639億円に




ss2286234570 at 22:19|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年08月10日

楽天グループ1,399億円の赤字 社債返還のために楽天カード上場も?

楽天グループ最終赤字1399億円 1〜6月、携帯事業重荷
2023年8月10日 15:06 日本経済新聞
楽天グループが10日発表した2023年1〜6月期連結決算(国際会計基準)は、最終損益が1399億円の赤字(前年同期は1778億円の赤字)だった。赤字幅は縮小したが、携帯電話事業の設備建設費用などが重荷となり、同期間として4年連続の赤字となった。
携帯電話事業の営業赤字は1850億円(前年同期は2538億円の赤字)だった。売上高にあたる売上収益は前年同期比10%増の9728億円となった。旅行予約やネット通販「楽天市場」などの電子商取引(EC)サービスが好調だった。
同日、開かれた決算会見で三木谷浩史会長兼社長は「(携帯事業の契約数に占める)解約率は劇的に改善している。今後1〜2週間のうちに契約数500万回線を実現できる」と強調した。楽天モバイルは、22年5月に1ギガバイト(ギガは10億、GB)まで無料で使える目玉施策「0円プラン」の廃止を発表して以降、解約率は一時、高水準にあったが、23年4〜6月は2.4%まで下がった。契約数も481万件で前四半期に比べ24万件増えた。

楽天グループ、新プランも黒字遠く 最終赤字1399億円1〜6月
2023年8月10日 19:33 日本経済新聞
楽天は基地局などに充てるため発行した社債で、24年以降に大量の償還を控える。償還予定額は23年の780億円から24年に3000億円規模、25年に4000億円規模と苦しくなる。24年以降の償還に向けて、楽天証券HDの上場など資金の確保に追われる。
同日にはポイント事業と決済事業の再編を発表し、楽天カード(東京・港)傘下に同じく子会社の楽天ペイメント(同・同)を置き、一体運営をする方針を発表した。楽天カード上場の可能性を問われた三木谷氏は「現時点で予定はないが、今後の状況をみて柔軟に考えていく」と述べた。
楽天は今後の社債償還について「十分に対応できる」と説明。資金調達の見通しについては楽天証券HDの上場のほか、投資資産の資金化など「非負債性の調達をおこなっていく」という。楽天Gの社債の格付けは引き下げが続き、社債の借り換えコストが高まる中、携帯事業の止血をしなければ、資産の売却がさらに続くことになる。

楽天G、カード子会社で独自の資本調達も−株式上場検討の報道
2023年8月10日 12:18 ブルームバーグ
楽天グループは10日、オンライン決済の「楽天ペイ」事業とポイント事業をグループ中核のクレジットカード子会社「楽天カード」に集約させることを明らかにした。決済ビジネスの主体となる楽天カードを通じた他社との協業や必要に応じた独自の資本調達についても検討するとしている。
発表資料によると、楽天Gは同日の取締役会で同社が手掛けているオンライン決済とポイント事業を会社分割を通じて連結子会社の楽天ペイメントに承継させることを決議。その上で、楽天Gが保有する楽天ペイメント株すべてを連結子会社の楽天カードに移管することも決めた。
0811


楽天グループの第四半期決算が1,399億円赤字に着地したようですぬ(´・ω・`)
楽天モバイルの赤字額は前年の2,538億円の赤字から1,850億円の赤字に縮小してるんで、業績的には前年比で大きく改善してると言えますφ(.. )
ただ今後は社債の償還の山がやってくるのでこれを凌いで行くのかって話でしょう

楽天については正直なところ関係ない外野が騒ぎすぎだろって思うんですおね(´・ω・`)
社債なんてそもそも期限が来たからって全額返済しなきゃいけないなんてことはないんで、
それこそ償還期限がくる社債が3,000億円あっても実際に返済するのは1,500億円にしといて
残りは借り換えして少しずつ減らしていきゃいいだけなんじゃねっておもうし

そもそも負債なんてどこの企業でも大量に抱えてる訳で、楽天だけ全額返還しないといけないみたいな論調でやたら騒ぐのはさすがにおかしいだろって思うわけです
増えすぎた負債の一部を増資や保有有価証券売却や子会社上場・売却で返済してって
最終的には負債額を減らしていけば良い。ただそれだけのことだと思うんですおね

売却可能な資産がないビッグモーターみたいなのは銀行の判断一つであぼーんだけど
子会社以外で売却可能な保有有価証券が1,672億円すでに手元にある状態で、しかも上場ないし売却可能な子会社がこれだけあるのに騒ぐ意味がそもそも分からない・・・。
個人なら借金全額返済して身ぎれいにしなきゃとかいう論調はわからんでもないけど
企業なんて負債追ってるのが普通なんで、半分に減らせばそれで済む話でしょうφ(.. )

今回あらためて脚光を浴びはじめたのが楽天カードの上場に関する話です
今思えば1年ほど前に楽天はグループ内の構造改革をしてたんであれがヒントでしたね。
2022年10月以前は組織上、楽天カードの下に楽天証券がいたので、これだと楽天証券を上場した後で楽天カードを上場というのはさすがに筋が通らないので許されません
と言うことで、組織をフラットにして楽天カード・楽天銀行・楽天証券を楽天グループ直下に並列に並べていつでも上場に向かえるよう組織改編を済ませていたってこと
つまり、1年くらい前からこの3社は上場させる目論見がそもそもあったって事でそう

0811






















楽天グループ(4755) 561.3円 −4.2円 (−0.74%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart

2023年07月05日
三木谷「楽天証券はオレの財布!せや上場もして集金したろ」

2023年04月20日
楽天銀行、1株1400円でプライム市場上場へ…717億円の資金調達見込む

2023年02月16日
楽天G、モバイル不振で営業赤字が前期比9割増の3639億円に

2022年10月15日
楽天モバイル社員松崎竣太郎(27)さん「ストレスで放火しました」




ss2286234570 at 15:58|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年07月05日

三木谷「楽天証券はオレの財布!せや上場もして集金したろ」

楽天証券HDが上場申請 楽天G、資金調達で財務改善へ
2023年7月4日 21:36 日本経済新聞
楽天グループは4日、傘下のインターネット証券、楽天証券ホールディングス(HD)が東京証券取引所に新規上場を申請したと発表した。上場後も楽天Gの連結対象を維持する。上場に伴う新たな資金調達で、証券事業を強化するほか、携帯電話事業の不振で悪化する財務の改善も狙う。
楽天証券の総合口座数は900万口座を超え、ネット証券ではSBI証券に次ぐ規模となる。22年12月期の純営業収益は前の期比7%増の905億円、純利益は3%増の92億円だった。投資信託の積み立てなどで業績を伸ばしており、新規株式公開(IPO)で調達した資金を活用してさらなる事業拡大を目指す。
楽天証券HDを巡っては、楽天Gが22年5月に上場準備の開始を発表していたが、上場申請に先立つ同年10月、楽天証券HDが保有する楽天証券株の約2割をみずほフィナンシャルグループ(FG)に売却すると発表。11月には楽天証券HDから配当の形で775億円を吸い上げた。
上場を前に保有株の売却に踏み切った背景には、携帯事業の不振による楽天Gの財務悪化がある。携帯基地局の設備投資費などが重荷となり、楽天Gは2022年12月期まで4期連続で最終赤字となった。23年1〜3月期の携帯事業の赤字は1026億円(前年同期は1323億円の赤字)で、赤字の縮小も小幅にとどまる。
携帯事業の基地局建設などに充てる設備投資を社債や借り入れでまかなったことで、今後5年で償還を迎える社債残高は約1兆2000億円にのぼる。財務上の懸念が高まっているとして、22年12月に米格付け会社S&Pグローバルが「ダブルB」に格下げするなど、格付け会社の格下げも相次ぐ。




数年前からニュースに出ていた内容ですが、ようやく楽天証券ホールディングスの上場が本決まりとなり東証への新規上場申請を済ませたようですφ(.. )

勘違いしがちですが、今回上場するのは楽天証券単体ではなくあくまでホールディングス。
楽天証券ホールディングスの傘下に楽天証券・楽天投信投資顧問・暗号資産の楽天ウォレットがぶら下がっているという組織体系になっています(´・ω・`)
まあそれでもメインはやはり楽天証券なのでここがほとんどの収益を稼ぎ出してます

記事を読むとわかる通り、上場に先立って2022年11月に楽天グループ(4755)が楽天証券グループから配当として775億円を吸い上げたと書いてありますね

本来ならば楽天証券のサービス改善のために利用されるはずの原資を吸い上げてるわけで
楽天証券の利用者からしたら好ましくない資金の簒奪といえなくもないおね(´・ω・`)
まあ、住信SBIネット銀行も上場直前に親会社(SBIグループと三井住友信託銀行)が配当として数百億円吸い上げてたんで必ずしも楽天だけがやってるわけではないのですが、
三木谷がかなり高額のミカジメ料を子会社などから巻き上げてるなって感じですね

まあ楽天グループは子会社の株式を所有してるわけだから会社の所有者が配当金を吸い上げるのは普通の経済行為だし、それ自体は違法でも問題行為でも何でもないんですが、
楽天モバイルの赤字と社債返済のために現金が必要とはいえ、さすがに775億円ってのはかなり露骨に上納金を巻き上げているなという印象を免れません(´・ω・`)

本日ちょうど違法ネットカジノ店から住吉会系暴力団幹部が違法ネットカジノからミカジメ料を5,000万円受け取って逮捕されたというニュースが出ていましたφ(.. )
用心棒代といってますがようは違法営業業者にたかって金巻き上げていただけでしょう

未上場の子会社は親会社の格付けが下がると資金が借りにくくなったり、金利が高くなったりと資金調達に影響が出るので自社を上場させて格付けを上げるしかありません
楽天証券や楽天銀行は金融機関なので銀行などと非常に大きな資金のやり取りをしてるんで
何とかして自社の格付けを上げて資金調達しやすくしたいという願望が高いんでそう

最近は楽天モバイル事業の影響で楽天グループも格下げばかりで評価を落としています
楽天本体はさんざん格下げ喰らって傘下の会社にかなり迷惑をかけておきながら、一方では上納金やミカジメ料のような高額配当を要求してると考えるとかなり悪辣ですね
金がないからといっては高額配当を要求し、上場したといってはカネをせびりまくる。
やってることがまるでヤクザみてえだなと感じずにはいられません(((( ;゚д゚)))

ヤクザの世界でも高額な上納金をせびってくる親組織に反発して独立する組織は多いです。
もし三木谷がいなくなって社長交代したら、さんざん金せびられてた楽天傘下の子会社も謀反起こして独立してしまう会社が将来出てくるんじゃないかなと思いますね👹

楽天グループ(4755) 520円 +3.1円 (+0.60%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart




国内最大規模の違法ネットカジノ店 「みかじめ料」5000万円受領疑いで
暴力団幹部を逮捕 カジノは6.9億円の利益 東京・歌舞伎町
2023/07/05
きょう午前、警視庁の捜査員が家宅捜索に入ったのは、新宿区歌舞伎町の暴力団事務所です。指定暴力団・住吉会系幹部の金井忍容疑者は今年1月までの4年間にわたり、国内最大規模の歌舞伎町の違法ネットカジノ店「SEXY」などの売り上げおよそ5000万円を犯罪収益と知りながら、いわゆる「みかじめ料」として受け取った疑いがもたれています。
50代と60代の男2人も、用心棒代として受け取った疑いで逮捕されました。この店では、運営側の男4人が5月31日に逮捕され、今年1月までの5年間ほどでおよそ6億9000万円の利益があり、警視庁はその一部が暴力団の資金源になったとみています。




ss2286234570 at 16:25|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年04月21日

楽天銀行上場、初値1856円 公開価格3割上回る初値

楽天銀行上場、初値1856円 携帯不振の楽天Gが一部売却
2023年4月21日 12:30 日本経済新聞
楽天グループ子会社でインターネット専業銀行の楽天銀行が21日、東証プライムに上場した。初値は1856円と、公開価格(1400円)を33%上回った。上場に伴い親会社の楽天Gが一部株式を売却し717億円を調達する。楽天Gは携帯電話事業の投資で資金流出が続いており、子会社株式の売却で財務改善を急ぐ。
楽天銀株は午前9時の取引開始直後から買い注文が集まり、午前10時すぎに公開価格を456円(33%)上回る1856円で初値を付けた。終値は1930円で、時価総額は3281億円となった。
上場に合わせて楽天銀株を100%保有していた楽天Gが一部株式を手放した。上場後も6割強を保有し、連結子会社は維持する。
一部株式の売却で楽天Gは717億円を手にする。3月22日の上場承認時には想定仮条件の上限が1960円だった。4月5日には仮条件を想定より約3割安い1300〜1400円にすることが決まり、13日には公開価格が1400円に決まった。楽天Gの売却額は当初想定の最大額より約300億円減ったことになる。
楽天Gは24年12月期には投資額が1500億円規模と半減する見通しを示している。販売店や人員の削減も進め、つながりやすい周波数帯「プラチナバンド」の獲得で契約数を増やすことで楽天モバイルの23年単月黒字化を掲げる。

楽天銀行が東京証券取引所に株式上場 700億円余り調達
2023年4月21日 21時06分
楽天グループ傘下の「楽天銀行」が21日、東京証券取引所に株式を上場しました。楽天グループは携帯電話の事業で赤字がかさむ中、上場に伴う一部の株式の売却で700億円余りを調達します。
初日の終値は1930円で、売り出し価格に対して37%上昇しました。
0423





楽天銀行が公開価格1,400円33%上回る1,856円で初値を付けました(*´∀`*)ムフー
ネット上やSNSでは公募割れするんじゃないかとかアホな書き込みが多数ありましたが
そもそもその直前に上場していた住信SBIネット銀行の時価総額が2,500億円だったので
楽天銀行の2023年3月の想定最終利益が270億円で住信SBIネット銀行が200億円であることから推測すると、楽天銀行の時価総額がどこで着地するのかは簡単に予測できます

(270億円÷200億円)× 2,500億円=3,375億円

公開価格では時価総額2,380億円とか書いてあったけどそんな安いわけないだろと(´・ω・`)
利益で負けてる住信SBIネット銀行より安値に公開価格設定とか奇跡的な案件ですよね
なにをどう考えても時価総額2380億円で値が付く可能性なんてありえないので
正直、楽天銀行のIPOは当たれば99.98%儲かると鼻っからわかってたわけです

実際のところ楽天銀行はIPOの申込みが殺到してかなり人気が高かったようですねΣ(・ω・ノ)ノ
あちこちの証券口座で申し込んでみたはいいものの100株当たっただけでした・・・
仕方がないので指値注文を出して寄り付き1,856円で欲しいだけ買いましたφ(・ω・`)
1,900円が初値だとさすがに上値余地が小さくなるんで買わなかったと思いますが
朝の気配値が1,800円だったので指値を訂正しながらうまく寄り値で買い付けできました

そうは言っても、これからアメリカで地銀が破綻する可能性がない訳ではないですし、
短期的な欧米の金融機関の不安で初値より下がる可能性も決して0ではないでしょう
そういう局面がもしあれば、さらに楽天銀行の株の買い増しを検討しますφ(.. )

ちなみに住信SBIネット銀行は買値平均1,280円なんでさすがに割り込みはしないでそう。
もし株価が下がる局面があったらこちらも買い増しを検討していくつもりですにょ(σ´∀`)σ

楽天銀行は売上高や利益率の伸びが住信SBIネット銀行よりかなり高い特徴があります。
同じような時間軸でもより利益額が大きく増えやすく時価総額の伸び率が期待できます。
一方で、親会社が1社なので住信SBIネット銀行より親会社の売りが出やすい面もあります
このあたりは一長一短なので割り切って投資していくしかないでしょうねΣ(゚д゚;)

2020年コロナ過以降から対面からネットへと本格的に金融取引が移行してきてるので
ネット銀行の成長率が軒並み跳ね上がって二桁成長へとスピードアップしています。
ようやく本格的な成長期に入ったのでしばらくは業績加速ボーナスタイムってこと
最低でも5〜6年は高い成長期を期待できそうですが、株価はもっと早く織り込んでくので
早ければ3年後くらいに高値を付けてその後は成長が鈍化するんじゃないでしょうか
成長期がどの程度続くのかが今後の株価を大きく左右すると考えていますφ(.. )

◆楽天銀行の長所
.戰鵐船磧璽ャピタルとか株主に居ないんで売り浴びせてはこない。
楽天経済圏を抱えてるんで口座数や預かり残高が今後も非常に増加を期待できる
セブン銀行ですら過去に時価総額6,000億円達成してるんでわりとそのへん素直に狙えそう。

◆楽天銀行の短所
/堂饉劼了餠眥潅L榲のために10〜12%くらいは追加で売る可能性がある。
国内の金利が下がるような局面になるとどうしても業績的にマイナスの影響を受ける。


楽天グループ(4755) 665円 −22円 (−3.20%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart

楽天銀行(5838) 1,930円
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5838
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5838.T/chart
時価総額 3,281億円

住信SBIネット銀行(7163) 1,658円 +24円 (+1.47%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7163
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7163.T/chart
時価総額 2,500億円

2023年04月20日
楽天銀行、1株1400円でプライム市場上場へ…717億円の資金調達見込む

2023年04月05日
住信SBIネット銀行が上場! 〜将来の成長性と時価総額〜

2023年04月17日
住信SBIネット銀、「1年越し上場」の理想と現実 〜将来性について〜

2023年04月05日
住信SBIネット銀行が上場! 〜将来の成長性と時価総額〜



ss2286234570 at 15:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年04月20日

楽天銀行、1株1400円でプライム市場上場へ…717億円の資金調達見込む

楽天銀の公開価格1400円、楽天Gは株売却で717億円調達
2023年4月13日3:29 ロイター
楽天銀行は、新規株式公開(IPO)に伴う公募・売り出し価格を1株1400円に決定した。米銀破綻などで金融市場が不安定化する中、当初の仮条件の上限から560円引き下げた。楽天グループは、当初想定より300億円少ない755億円で保有株を売却し、717億円を調達する。
楽天銀行は21日に東証プライムへ上場する。時価総額は2380億円。追加売り出しも含めたオファリング総額は895億円となる。3月に東京証券取引所から上場承認を受けた当初の想定仮条件は1630―1960円だったが、4月5日に株式市場の状況などを踏まえて1300―1400円に引き下げていた。楽天Gは保有株約5395万株を755億円で売却する。当初は1057億円を想定していた。調達額は717億円。

楽天グループが6連騰、楽天銀行の公開価格は仮条件上限の1400円に
2023年04月14日11時14分 Kabutan
楽天グループ<4755>が6連騰。同グループの子会社で、新規株式公開(IPO)を予定する楽天銀行<5838>の公開価格が13日、仮条件の上限となる1400円に決まったことを受け、楽天グループに対しては、株式売却益を巡る過度な懸念が和らぐ格好となり、買いを集める要因となったようだ。
楽天銀行は21日に東証プライム市場に新規上場する予定。仮条件は1300〜1400円と、上場承認時の想定仮条件(1630〜1960円)から引き下げられていた。

楽天銀行の公開価格は1400円、時価総額は約2380億円見通し
2023/04/13 16:15 四季報
楽天グループが新規株式公開(IPO)する楽天銀行の公開価格は1400円と、仮条件1300−1400円の上限で決まった。3月時点の想定では最大で1960円としていたが、需要調査を経て3割安となった。楽天銀は13日、訂正有価証券届出書で公募・売り出し価格を開示した。上場日は4月21日で、時価総額は約2380億円となる見通し。
三木谷浩史社長は2月の決算説明会で、資金調達を確実にするため銀行、証券子会社のIPOを進め、外部資本の活用も検討していくことを明らかにした。楽天銀は3月、IPOの想定仮条件を1630−1960円と発表、時価総額は最大で約3330億円規模に達する可能性があった。

楽天銀のIPO、親会社の財務状況に質問相次ぐ 価格決定過程で=関係者
2023年4月20日1:38 午後 ロイター
21日に上場する楽天銀行が、公開価格の決定過程で海外の機関投資家から、親会社楽天グループの財務状況について相次ぎ説明を求められていたことが分かった。事情を知る関係者2人が明らかにした。楽天銀はグループ内取引の内容をリスク要因に追加し、最終的に価格を当初想定から約3割引き下げた。一方、割安感が出たことで海外投資家の申し込み倍率は15倍を超えた
同関係者らによると、主幹事証券団が仮条件の価格レンジを探るため機関投資家に意見を聞いていたところ、携帯電話事業の不振で赤字が続く楽天Gの財務状況への質問が特に海外勢から相次いだ。うち1人によると、米国のある機関投資家は、同行の事業は「楽天経済圏」と密接につながっていることから、グループ内の取引の詳細を英文目論見書に開示するよう求めた。
同関係者によると、楽天銀は主幹事団と協議。グループ会社との取引をリスク事項として英文の目論見書に追加し、臨時報告書の添付文書として今月4日に関東財務局へ提出した。楽天カードのクレジットカード債権、楽天モバイルの通信料などの債権を裏付け資産とする信託受益権の保有残高を明記した。カード所有者の信用が悪化したり、携帯事業の契約者が減れば投資利益が減少する恐れがあるとしている。
楽天銀が新規株式公開(IPO)を決めたタイミングは、米銀2行の破綻などで市場環境がもともと悪化していた。関係者の1人は、とりわけ慎重な姿勢を強めていた米国の機関投資家は楽天Gの財務状況にも敏感だったと説明。「大幅なディスカウントが必要ということになった」と話す。





世間では楽天グループが金欲しさに楽天銀行上場させたとやたら叩かれてるようですが、
冷静に考えたら、楽天証券は自社株を20%みずほに売っただけで800億円調達してるんで
本当に金が欲しいだけなら楽天銀行も20%みずほに株売ればいいだけですよね(´・ω・`)

楽天銀行はすでに地銀上位行を視野に入れて成長してる有望株なわけですから、
20%売れば1,200億円くらい、30%売ったら1,800億円くらい調達できそうですφ(.. )
(ネット銀行が欲しいメガバンク同士を競わせて入札して値段引き上げる戦略やれば)
それなのに楽天銀行が強引に上場を狙ってるということはもっと別の理由でしょう

働いてる人なら知ってると思うけど、楽天銀行みたいな未上場企業は親会社の格付けで評価されるわけで、その親会社の楽天グループの格付けが低いと楽天銀行は困ります。
銀行なので色んな金融機関と金のやり取りがあって貸し借りを行うのに、今の楽天グループの評価では取引を断られたり高い金利をとられたりと非常に苦労するでそ
それらの問題を解消するには楽天銀行が高い格付けを手に入れるしかありません(´・ω・`)
だからこそ安い公開価格でもぐっと我慢して上場を優先したのではないでしょうか
そもそも上場して資金調達が目的なら延期すりゃいい話だし、上場しなくてもメガバンに株を売却して換金すれば資金が手に入るので上場しなくても目的は達成できます。

このBlogでネット銀行の業績を比較してるので過去の記事を参考にすると
楽天銀行は2022年4月〜2022年12月までの第3四半期決算において非常に好調です
経常利益が285億円で最終利益が203億円もあって、前年同期比で約37%アップしてます
https://www.rakuten-bank.co.jp/company/disclosure/pdf/situation-230214-1.pdf
おそらく2023年3月末の通期では経常利益が380億円で最終純利益は270億円くらいでそ
これほど業績が伸びてしかも利益稼いでるのに時価評価は2,380億円低すぎだおね

2023年期末で経常利益が280億円で最終純利益が195億円しか見込んでないセブン銀行は
現在の時価総額が3,302億円もあって、楽天銀行の想定時価総額はたった2,380億円です
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8410
誰がどう考えてもこの評価は狂ってるし、楽天銀行の評価が不当に低すぎますよね
どう考えても楽天銀行の妥当な評価は時価総額4,000〜4,500億円くらいでしょうφ(.. )
仮に楽天銀行の想定時価総額を最低ラインの4,000億円と仮定すると、
(4,000億円÷2,380億円)×1,400円=2,352円が妥当な楽天銀行の株価ってことです。

2023年3月度の経常利益が380億円で、連結純利益が270億円程度だったとして
もし今のような年間で+30%程度に利益が順調に増えていくようであれば
5年後には経常利益が1,410億円で、連結純利益は1,002億円の計算になりますφ(.. )
(まあ実際には成長が加速しているのでもっと伸びてる可能性があると予想しますが)
もしさらに低い年間で+20%程度に利益が増えていくと仮定して計算したとしても
5年後には経常利益が945億円で、連結純利益は671億円に達する計算になります

銀行業の当期純利益(最新第3四半期)ランキング
ちなみに5年後の連結純利益が671億円なら千葉銀行よりはるかに格上ってことになるので
想定時価総額9,000億円〜1兆円に達してもおかしくはないってことですΣ(・ω・ノ)ノ
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8331
もし5年後の連結純利益が1,002億円になったら、りそなホールディングスの少し下ってことになるので想定時価総額は1兆3,000億円という途方もない数字になります(つд⊂)ゴシゴシ
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8308
ちなみに個人的な予想としては楽天銀行のMAX時価総額は1兆円超えると予想してます

楽天グループ(4755) 687円 +11円 (+1.63%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart

2023年04月05日
住信SBIネット銀行が上場! 〜将来の成長性と時価総額〜

2023年04月17日
住信SBIネット銀、「1年越し上場」の理想と現実 〜将来性について〜




ss2286234570 at 07:47|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年04月17日

住信SBIネット銀、「1年越し上場」の理想と現実 〜将来性について〜

住信SBIネット銀、「1年越し上場」の理想と現実
2023/04/07 6:00 東洋経済
3月29日、住信SBIネット銀行は東証スタンダード市場に上場した。上場時の時価総額は約1800億円と、群馬銀行や広島地盤のひろぎんホールディングスといった上位地銀に肩を並べる水準に躍り出た。
華々しいはずの株式上場。だが同日開いた記者会見で、円山法昭社長は言葉の端々に戸惑いをにじませた。「われわれが求めていた株価ではないが、現在のマーケットではやむを得ない」。同社の評価をめぐって、会社と投資家の間にはすれ違いも見られる。
住信SBIネット銀が上場を目論んだのは「2度目」だ。元々は2022年2月15日に東証から承認を受け、同年3月24日に上場を果たす予定だった。青天の霹靂だったのは、2月下旬に勃発したロシアによるウクライナ侵攻だ。株式相場の下落を受け、上場中止の決断を余儀なくされた。
1年越しの再挑戦は、またしても不運に見舞われた。ロードショー(機関投資家向け説明会)の最中だった3月、欧米の金融機関が相次いで信用不安に陥ったためだ。
結局、投資家からの評価は1年前と様変わりした。ハイテク株に対する風当たりが強まり、時価総額は2022年に申請した際に想定された3000億円規模から3分の2に縮小した。
キャプチャ



例のアメリカ地銀の連鎖破綻で一番被害を被ったのはたぶん住信SBIネット銀行でしょう。
まったく関係も影響もないのに、いきなり公開価格を当初の1,920円から30%引き下げて
1,200円とかいうキチガイみたいな安値で上場させられるハメになったからですΣ(゚д゚;)

1,200円で上場してしまったばかりに時価総額が当初1,800億円になってしまいました・・・
セブン銀行は今期は経常利益280億円で最終利益は195億なのに時価総額は3,000億円
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8410
住信SBIネット銀行は今季経常利益290億円194億円の見込みなのに時価総額1,800億円
https://kabutan.jp/stock/finance?code=7163
前回もblogで指摘した通り、これでは住信SBIネット銀行がとんでもなく割安になります
明らかに時価総額が40%割安という異常な状態になってしまいました(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

このあまりの割安さのため、だからこそ上場後は株価が急激に上がりました
正確にいえば上がったというか本来あるべき株価に戻っているだけの話ですが。
しかし、今現在でもセブン銀行は時価総額3,300億円で住信SBIネット銀行は時価総額2,600億円しかないので今なお22%も割安な状態が続いています
セブン銀行はほとんど業績が伸びていませんが、住信SBIネット銀行は順調に業績が伸びている銀行なのでこの時価総額は必ずひっくり返るべき値といえます。

というわけで住信SBIネット銀行はまだまだ上値余地が大きいと言えるでそう(´・ω・`)
次回5月15日に決算が発表予定なので、この場で業績予測がさらに引き上げられるならば
住信SBIネット銀行の時価総額はいずれ時間の問題で3,300億円を上回っていくでしょう
そもそも住信SBIネット銀行は1,920円の公開価格で3,000億円の時価総額を予定していた銘柄なわけで、この値にサヤ寄せして上がっていくのは当然といえば当然のことです。

大株主のSBIと住友信託銀行が50%持ってるんで実際にはありえない話なんですが、
もし仮にこの両大株主が株式をすべて手放してメガバンクに売却したとしたら
どう考えても4,000億円くらいで売却できる、それくらい有望な銀行なんですよねφ(.. )
(メガバンク同士に入札価格を競わせるとより高い値段で売却できるから)

このBlogではネット銀行の業績や口座数なんかを定期的に比較して書いてるんで
よく読んでくれてる人は絶対気がついてるはずですが、ネット銀行はコロナ過が開始した2020年春から本当の意味で大ブレイクして驚異的な成長力を示しています
2020年以前は店頭やATMで預金を振り込んだり引き出したりという行為が主流でしたが、
2020年以降からは非対面で、なおかつ非接触での決済や振り込みが主流になったからです。
ちょうどその頃からPayPayやAUPayやd払いが一気に伸びたのもご存じでしょう

特に預かり資産なんかはコロナ過になってから異常値を更新してますよね(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
例えばコロナ前の2019年1月〜2019年3月までの四半期の実績を見返してみると
3か月間で預かり資産が楽天銀行は+1,300億円で住信SBIネット銀行は+1,100億円でした
ところが直近の数字を見ると桁違いに預かり資産が毎四半期増えてますよねΣ(・ω・ノ)ノ
2022年10月〜2022年12月までの3か月間の四半期の実績を見て見ると、驚くべきことに
3か月間で預かり資産は楽天銀行が+4,500億円、住信SBIネット銀行は+4,200億円です
これ2019年の頃と2022年とを比べると3〜4倍の速さでに預かり資産が増えてますねΣ(゚д゚;)

2023年02月26日
ネット銀行 2023年3月期3Q(2022年4月〜2022年12月) 通期業績比較

2022年03月18日
ネット銀行 2022年3月期3Q(2021年4月〜2021年12月) 四半期業績比較

2019年05月23日
ネット銀行 4Q(2018年4月〜2019年3月) 四半期業績比較
https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2019-05-23.html

楽天銀行や住信SBIネット銀行に限らずネット銀行の成長が非常に加速してきています
住信SBIネット銀行を5年も持てば5,000〜6,000億円行くだろうと前回書いてますが
当然ながら株価の上昇も実際よりは前倒しに上がる可能性が高いと考えています。
成長期待を前倒しで織り込んで2〜3年以内に達成してもおかしくはないでそうφ(.. )

セブン銀行はアベノミクスがはじまった2012年末から株価が上がり始めており
2012年の時価総額1,897億円から2015年にはMAXで7,790億円まで上がっています
このような前例を考えると、成長盛りの楽天銀行や住信SBIネット銀行が時価総額6,000億円を超えるのはむしろ当然のことで、その上まで上がておかしくはないでしょ

楽天銀行にとって時価総額6,000億円むしろ当然達成すべき値で、その先は7500億円あたり、うまく行けば9,000億円〜1兆円の可能性も普通にありえる思っています。
同じく住信SBIネット銀行も時価総額6,000億円は必達で、なつ総研ではいずれは7,000〜8,000億円あたりまで上がてもおかしくはないと予想していますφ(.. )

2023年04月05日
住信SBIネット銀行が上場! 〜将来の成長性と時価総額〜


ss2286234570 at 08:36|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年04月05日

住信SBIネット銀行が上場! 〜将来の成長性と時価総額〜

ネット銀行初のIPO、住信SBI銀行の初値は1222円
2023/03/29 09:18 会社四季報
本日、スタンダード市場に新規上場した住信SBIネット銀行(7163)が取引開始早々に売買成立。初値は公開価格1200円を1.8%上回る1222円となった。その後は初値近辺での一進一退となっている。三井住友信託銀行とSBIホールディングス(8473)が50%ずつ出資するネット専業銀行。ネット銀行で国内初のIPOとして市場の注目度が高い一方、海外の金融システム不安などを背景に銀行株が軟調な局面での船出となり、積極的な買いが手控えられる面もあるとみられる。
デジタルバンク事業と、企業に銀行機能などを提供するBaaS(バンキング・アズ・ア・サービス)事業を展開。今2023年3月期は経常利益290億円(前期比24.6%増)を見込む。現時点での2024年3月期経常利益予想は約340億円としている。

住信SBI銀が4日続伸で新高値、金融不安の後退も追い風に
2023年04月05日13時33分 Kabutan
住信SBIネット銀行<7163>が4日続伸し新高値。同社は3月29日に東証スタンダード市場に新規上場した直近IPO銘柄。インターネット専業銀行である同社の初値は公開価格1200円を1.8%上回る1222円だった。翌30日は終値が1185円と公開価格を下回ったが、その後は急速に値を上げ、きょうは一時1400円台まで買われた。23年3月期の連結純利益は前の期比13.4%増の194億円と最高益を更新の見込み。株式上場した3月下旬は金融システム不安が警戒され、銀行株に対しては積極的な買いは手控える動きも出ていた。しかし、足もとで金融不安が後退し、直近IPO銘柄への物色機運も強まるなか、同社株には見直し買いが流入している。


住信SBIは29位相当、銀行「最新第3四半期」純利益TOP30
楽天銀行は22位相当でランクイン
キャプチャ














今回、アメリカで地銀がバタバタと連鎖倒産したり、クレディ・スイスが破綻しそうになったりと、極めて悪い地合いにもかかわらず住信SBIネット銀行が上場しました
本来なら上場を延期したかったんでしょうけど、すでに前回一度延期したばかりなので
今回はなんとしてでも上場を再優先したせいで、極めて安い価格しかつきませんでした

住信SBIネット銀行はネット銀行最大手の楽天銀行には業績でまだ劣っていますが
安定した成長力となにより対面からネットへの銀行預金の移動が起きているので
長期投資の視点からしたら悪くない銘柄だと思うんですよねφ(.. )

2023年3月期の経常利益が290億円で、最終の連結純利益が194億円の見込みですが
https://kabutan.jp/stock/finance?code=7163
現在のところ時価総額が2,095億円なのでかなり割安だなって思うんですよねφ(.. )
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7163

ちなみに、ライバルでもあるATM専業のセブン銀行の業績はあまり芳しくなくて
業績はだいたい最終利益が260〜200億円をウロウロしてるだけで業績は伸びてません
2023年3月期の経常利益は280億円で、最終の連結純利益は195億円の着地予想です。
業績のみで比べたらセブン銀行と住信SBIネット銀行はまったく同順位ってこと。
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8410
しかし、それでもセブン銀行の時価総額は3,113億円もあってかなり割高ですおね
住信SBIネット銀行と業績が同程度なのに1.5倍割高な株価ということになります・・・。
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8410

正直なとこ、今すぐ住信SBIネット銀行の株価が上がって時価総額が4,000〜5,000億円
あるいはそれ以上になるとは思ってないし、業績面でもまだ大きく不足でしょう
ただ、メガバンや地銀は基本的に成長が止まってるけどネット銀行だけは成長してます
今のようなハイペースで預かり残高を増やしていけば、いずれ大手ネット銀行の預かり資産は20〜30兆円まで5〜10年後くらいには達するだろうし、いずれそうなるでしょう
ネット銀行はまだまだこれから伸びしろがあって成長余地の大きい会社ってことです

2023年3月度の経常利益が290億円で、連結純利益が200〜210億円程度だったとして
今のような年間で+12〜13%程度に利益が順調に増えていくようであれば
5年後には経常利益が511〜534億円で、連結純利益は352億〜386億円といった感じ。
(まあ実際には成長が加速しているのでもっと伸びてる可能性があると予想しますが)

ちなみにふくおかFGの2023年3月期の経常利益450億円で連結純利益は305億円ですが
業績的にはやや上げたり下げたりですが、基本的に成長性はまったく感じられません
業績ショボいのに時価総額は4,916億円もあるけど大したことない感じですよねφ(.. )
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8354
おそらく5〜6年後には業績面で追い抜いている可能性が極めて高いと予測してます。
そう考えると、住信SBIネット銀行を5〜6年くらい長期で持つ覚悟があるのであれば
5年も待てば住信SBIネット銀行の時価総額は5,000〜6,000億円は行ってると思います。

めぶきFGの2023年3月期の経常利益は430億円で連結純利益は300億円のようですが、
こちらも業績は大したことないのに時価総額は3561億円もありやがります
https://kabutan.jp/stock/finance?code=7167
おそらく5〜6年後にはめぶきFGもとっくに業績面で追い抜いてるだろうと予測します。
預かり資産でも経常利益でも連結純利益においても住信SBIネット銀行が勝つでしょう。

目先の短期的な株価の値動きはわからないけど、長期的には非常に上げやすいでそう。
ネット銀行そのものがまだこれから大きく成長するセクターなので成長期待値が高め
いずれは上位地銀と肩を並べる規模まで成長しうると思うので、目先の株価の値動きは気にせずに、第一目標は時価総額6,000億円、第二目標は8,000億円でいいんじゃないそか

◆住信SBIネット銀行の長所
.戰鵐船磧璽ャピタルとか株主に居ないんで売り浴びせてはこない。
大株主の二社がお互いに持ち株比率を下げたくない関係にあるから売ってこない。
(住友信託とSBIどちらか一方が金欲しさに売ってしまうともう一方に乗っ取られるから)
セブン銀行ですら過去に時価総額6,000億円達成してるんで割りとそのへんは狙えそう。

◆住信SBIネット銀行の短所
\長率ではやはり楽天銀行に劣る。楽天経済圏みたいな強いバックがない。
国内の金利が下がるような局面になるとどうしても業績的にマイナスの影響を受ける。

住信SBIネット銀行(7163) 1,389円 +58円 (+4.36%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7163
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7163.T/chart
欧米の金融不安な真っただ中で上場したのは株価的には失敗といえるでしょう(´・ω・`)
しかし長い目で見れば、早く上場しといて損はないと思いますけどね。
すでに1回上場を延期したので、さらに延期すると上場そのものができなくなるとか色々考えて、今回はしぶしぶ上場に踏み切ったんじゃないかなというタイミングでしたけど。



2023年02月26日
ネット銀行 2023年3月期3Q(2022年4月〜2022年12月) 通期業績比較


ss2286234570 at 16:45|PermalinkComments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年03月29日

VTuber本命銘柄のカバー(5253)、VCの浴びせ売りで悲惨な結果に

「ホロライブ」運営のカバー上場 公募価格2.3倍の初値つけるも一転、売り気配
2023年03月27日 16時15分 ITmedia
バーチャルYouTuber(VTuber)事務所「ホロライブプロダクション」を手掛けるカバーは3月27日、東京証券取引所グロース市場に上場した。初日の始値は公募価格750円の約2.3倍にあたる1750円をつけた。その後は売り気配が続き、終値は1400円となった。
同日、カバーは2023年3月期(22年4月1日から23年3月31日)の業績予想を発表した。売上高は180億5600万円(前期比32.1%増)、営業利益は21億6900万円(同16.9%増)、純利益は14億2700万円(同14.7%増)を見込む。
同社は27日時点で71人のVTuberを抱え、うち31人がYouTubeのチャンネル登録者数が100万人を超えるほか、北米、日本、東南アジアでそれぞれ登録者数1位の活動中VTuberが在籍しており、国内外で存在感を示す。在籍VTuber1人あたりの年間収益は2億円に達するという。

「ホロライブ」運営のカバー、
上場で時価総額1000億円超えの可能性も? “UUUM化”回避がカギ
2023年02月24日 05時00分 ITmedia
VTuberグループ“にじさんじ”を運営するANYCOLOR(エニーカラー)の上場から、半年超が経過した。ついにVTuber業界でにじさんじと双璧をなす“ホロライブプロダクション”を運営するカバーが、2023年の3月27日に東京証券取引所グロース市場へ上場する見込みとなった。
カバーの収益源は、主にVTuberのグッズやボイスコンテンツといった「物販(マーチャンダイシング)」と、広告主の企業とタイアップして商品PRを行う「企業案件」、そして投げ銭などの「配信コンテンツ・ライブイベント興行」に分類される。
カバーの公募時における想定時価総額は約434億円とされている。すでに上場しているエニーカラーの時価総額は現時点で1400億円を超えており、比較するとかなり小粒にも見える。しかし、エニーカラーもIPO募集時点の想定時価総額は約447億円であったことを踏まえると、主幹事証券等の評価ベースではどちらも同じ水準での公募となりそうだ。今後、最終的な企業価値は、市場参加者の値付けに委ねられることになる。
VTuberの動画とか一切見ないんでサービスや商品についてはまったく知りませんが
この度バーチャルYouTuber(VTuber)の事務所「ホロライブプロダクション」を運営してるカバーが上場して初値1,750円を付け、高値2,000円を付けたようですφ(.. )
最近は「DX支援」「VTuber」「人工知能(AI)」とかとりあえず流行りのキーワードの銘柄なら初値はだいたい2倍以上を付ける相場なのでその流れに乗ったようです
公募価格750円で当たった株主はホクホク顔でバカに全株売りつけて逃げたことでしょう

カバー(5253) 1,326円 −142円 (−9.67%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5253
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5253.T/chart

大株主
https://kabutan.jp/stock/holder?code=5253
0328











カバーはやたらとベンチャーキャピタルが大株主に並んでいるのが特徴的な銘柄です
このベンチャーキャピタルには公募価格750円1.5倍、つまり1,125円を超えるとロックアップが解除されるやつらが多いので思いっきり売り浴びせてきます
業績が悪いわけではないけど株価的にはPERもPBRもかなり割高な水準の株価なのに
しかも大口のベンチャーキャピタルがここぞとばかりに株券を売り逃げているわけです
成長性はともかく、需給面ではほぼ最悪なので、買うやつはただのバカでしょう(´・ω・`)

ベンチャーキャピタル側は今の株価で持ち株を売りさばければウハウハの大儲けです
ロックアップが解除されてるVCは容赦なく1株残らず売り浴びせて逃げていくでそう。
そんなタイミングでわざわざ買ってるやつは新生マゾかバカくらいのもんですΣ(・ω・ノ)ノ

確かに成長性はありますが、株価的には十分織り込んでてもおかしくはない株価ですし
何よりも需給が最悪の土砂降りなのでここで買うのは最悪の悪手ですよね
せめてVCの売りが止んで、株価が下げ止めてから買うべきであって今は危険でそ
VCの売り抜けをサポートするためだけに株価を買い支えるなんてアホのすること。

個人的な経験では、SBI系やみずほ系のファンドやベンチャーキャピタルはろくでもないんでありったけ情け容赦なく売り浴びせて株主からいなくなるという傾向があります
投資事業組合なんてのも上場させたら売って逃げることが目的の組織でしかないので
わりとしばらくは売り需要が先行で企業の成長性なんて関係なく厳しいでそ

っていうか、ロックアップが解除される価格の初値1,750円なんて値段でカバー買ってた人はちょっと頭おかしいか、ただのボランティアか、新生マゾのバカーですよね・・・



ss2286234570 at 17:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年09月07日

楽天証券、楽天証券ホールディングスを設立して上場準備に入る

楽天証券ホールディングス設立及び証券事業再編に関するお知らせ
2022年8月10日
本日開催の取締役会において、連結子会社である楽天カード株式会社(以下「楽天カード」)が同連結子会社である楽天証券株式会社(以下「楽天証券」)及び楽天投信投資顧問株式会社(以下「楽天投信投資顧問」)の全株式を当社に現物配当等を行った後、楽天証券及び楽天投信投資顧問が共同株式移転の方法により当社の完全子会社として楽天証券ホールディングス株式会社(以下「楽天証券HD」)を設立し、楽天証券等の親会社を本年10月3日付で当社から楽天証券HDに変更すること、楽天証券HDが株式上場の準備を行うことについて各決議しましたので、お知らせします。
当社連結子会社の楽天証券は、2022年5月24日付開示「楽天証券株式会社の株式上場準備の開始に関するお知らせ」において公表したとおり、より自律的な経営視点による成長戦略の遂行、独自の資金調達を含めた様々な成長及び財務戦略実行等を可能とするため、現在上場の準備を進めております。

楽天グループ、楽天証券の上場準備開始
2022年5月24日 10:20 日本経済新聞
楽天グループは24日、傘下のインターネット証券、楽天証券の上場準備を始めると発表した。上場後も楽天の連結子会社とし、上場時期は未定としている。楽天証券は投資信託の積み立てや米国株式の売買の増加で業績を伸ばしている。新規株式公開(IPO)で資金調達の手段を広げ、グループ全体の競争力を高める。


ニュースでは盛んに楽天グループのモバイル事業の赤字と負債の返済のために
楽天証券と楽天銀行を上場すると書いてあるけど、正直どう見ても嘘っぽい気がします
そもそも証券と銀行上場したくらいじゃ大して借金返済できないですからね
どう考えても金融事業会社を上場させて資本厚くして経営を安定させるためでしょφ(.. )
本当に借金返済するのが目的なら金融事業のトップの楽天カード上場させるのが筋です。

楽天証券はここにきて急激に規模が拡大して口座数も取引も増加しています
証券会社の場合は信用建玉とかFXの建玉が増えていくと自己資本規制比率が下がります
楽天証券のお知らせ見てるとこれまでにもちょいちょい増資を繰り返してるようなので、
自己資本を厚くして自己資本規制比率を改善したいだけなんじゃないのかなとφ(.. )
あともう一つはやっぱり金融収益の底上げで業績を伸ばしたいからでそう

楽天証券を上場させる理由
ー己資本を厚くして格付けを上げて資金調達をしやすくるため。
⊆莪が増えてるんで自己資本を厚くして自己資本規制比率を改善させるため。
D潅した資金を信用取引の貸し付けに回して金融収益をさらに伸ばすため。


はやっぱり楽天グループの格付けが下がってきてるという背景もあるでしょう。
証券や銀行は金融機関なんで外部から資金調達をすることがもちろん多いし
楽天証券は日証金や色んなとこから信用取引にかかわる資金を調達する必要があるんで
親会社の格付けで資金調達するより上場して自分の格付け上げた方が有利だおね

はコロナショック以降に楽天証券の成長速度が上がったという背景もあるでそ。
2018年末には5,000億円だった信用建玉残高2022年現在は7,500億円まで増えてます
信用建玉が増えるともちろん金融収支は改善するけど会社リスクも増えます
そうなると自己資本規制比率が下がるのでとにかく資本を増やす必要があります。
親会社から毎年あるいは数年に1回増資して資本を増やすのでは足りなくなってくるんで
この際上場して一気に資本を厚くして会社の財務基盤を固めるのは当然のことでしょう
https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/disc_PDF/kessann_20220802_01.pdf
キャプチャ













SBI証券の決算資料を見るとSBI証券の信用建玉残高はこの数年ずっと横ばいのままです。
1兆1,000〜1兆2,000億円の間をウロウロしてるだけで数字的にはもう伸びていません。
一方、楽天証券の信用建玉残高は2022年3月末に6,720億円だったのに、2022年6月末には6,980億円に増えていて、2022年8月末時点ではなんと7,500億円にまで増えています

そもそも楽天証券は口座数でも圧倒的にSBI証券より速いペースで増えてるわけだし
数年後には預かり資産でもSBI証券を抜くんじゃないかとすら予想されていますΣ(・ω・ノ)ノ
当然ながら信用建玉残高でも数年後にはSBI証券を抜いてしまう可能性があるわけです
それならば尚更急いで上場して自己資本を厚くしておかないといけないでしょうφ(.. )

は楽天証券自身が信用取引による金融収益をより稼げるというメリットがあります
楽天証券は他のネット証券より金融収益で稼いでる収益の比率が相対的に低いです。
上場して資金調達ができれば信用取引の金利でより効率的に稼げるようになるでしょう。
かつて、上場前までは非常に稼げてなかったマネックスやカブドットコムも、上場して手元資金を厚くすることで信用取引の金融収益で稼ぐことで業績が大幅に改善しました

2022年内にはSBI証券が株式手数料をすべて無料化にすることを発表してますφ(.. )
もし楽天証券がそれに対抗して手数料を無料化すればそれなりにダメージを受けますが
楽天証券自身が上場することで信用取引の金融収益が改善すれば、株式手数料無料化で失うであろう収益の穴を金利収入で補うことが期待できるでしょう

そう考えると楽天証券にとって自身が上場することは極めて大きなメリットがあります。


楽天グループ(4755) 627円 −27円 (−4.13%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart


ss2286234570 at 06:50|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加