yogurting ヨーグルティング

DMM

2018年04月28日

DMM.com、株式会社から合同会社へ 「上場予定はない」

DMM.com、株式会社から合同会社へ 「上場予定はない」
2018年04月24日 17時03分 ITmedia
DMM.comは4月24日、株式会社から合同会社へと組織変更すると発表した。同社広報部は「株式会社と比べてコストを軽減でき、会社運営を効率化できる」としている。合同会社は上場申請ができず、「現段階で上場予定はない」(広報部)という。
5月25日付で「株式会社DMM.com」から「合同会社DMM.com」に商号を変更する。株式会社と異なり、合同会社は出資者と経営者が同一のため、決算の公表義務がなく、利益配分の自由度を高められるなど、柔軟な経営を行える。また、6月1日付でDMM.comラボを吸収合併する。グループの企画・営業を担うDMM.comと、サービス開発・運営などを行うDMM.comラボを一体化させ、「意思決定の迅速化、事業推進の効率化を図る」としている。
近年、DMM.comグループは、動画配信に限らず、オンライン英会話、FXなど事業を多角化している。3月には成人向け(アダルト)事業を分社化し、上場に向けた動きとの見方もあったが、創業者の亀山敬司会長が「DMMはエロを卒業します。ただし、上場は考えてないよ」と否定していた。合同会社への変更、DMM.comラボの吸収合併は、そうした考えを裏付けた形だ。
0429










DMM.com、合同会社化及び吸収合併に関するお知らせ

DMM.comが株式会社をやめて合同会社に変更されたようですφ(.. )
もちろん10年後にどうなるのかはわかりませんが、少なくとも5年以内において
DMMが上場する可能性というのは完全に0%になったようですね

たしかにDMMはアダルト部門を分社化したと発表しましたが
アダルト部門が稼ぎ頭の筆頭であることは疑いもない事実ですΣ(゚д゚;)
分社化しようがしまいが上場の可能性が今のところないのは事実でそう。
さらに今回株式会社から合同会社に変更したことで可能性は完全に0%になりました。

DMMとしては上場よりも成長を選択したって言うことでしょう(`・ω・´)
決算の公表義務もないので、DMMの内部的な情報を抑えられるため
競合企業に情報を与えずに済むという大きなメリットがあります。
なにより無駄なコストもなくなるし成長させたい事業に集中投資しやすくなります
まあ上場の可能性があるとしたら10年後とかそういう頃じゃないでしょうか
現状ではアダルト部門がまだ最盛期でこういうゲームも大量に製作してる訳だし
上場するとかいってもそりゃ無理だろというのが実情だおね
http://www.dmm.co.jp/lp/game/otogir/index001_html/=/navi=none/


2018年03月18日
DMM.com証券が4/4から証券サービスを開始

2018年01月19日
DMMとヒロセ通商がビットコイン参入へ

2017年12月18日
DMM、沖縄に水族館を建設

2017年08月24日
DMM亀山会長の資産が3800億円を突破

アダルト業界の大物が9位の資産家に−DMM亀山会長の飽くなき起業精神
2017年8月24日 08:36 ブルームバーグ


ss2286234570 at 06:09|PermalinkComments(3)

2018年01月19日

DMMとヒロセ通商がビットコイン参入へ

DMM、仮想通貨取引サービス「DMM Bitcoin」をローンチ
2018年01月11日 16時25分
DMM.comは1月11日、同グループのDMM Bitcoin(旧商号:東京ビットコイン取引所)が、仮想通貨取引サイト「DMM Bitcoin」の取引サービスを開始したと発表した。
DMM Bitcoinでは、現物取引3通貨ペアおよび、レバレッジ取引14通貨ペアに対応しており、レバレッジ取引は5倍に固定されている。入出庫可能な仮想通貨は、当初ビットコインおよびイーサリアムをサポートする。また、DMM.com証券の「DMM FX」が提供する取引ツールと同様の視認性と機能性を有するツールを提供する。
0121








DMM傘下の仮想通貨取引所「cointap」事前登録スタート 初心者向け
2018年01月09日 13時28分
DMM.com傘下のネクストカレンシーは1月9日、来春からスタート予定の仮想通貨取引所「cointap」(コインタップ)の事前登録受け付けを始めた。スマートフォンから利用でき、初心者でも手軽に取引できるという。

ヒロセ通商が大幅続伸、仮想通貨取引事業を行う子会社を設立へ
2018年01月16日09時47分
ヒロセ通商<7185>が大幅続伸。15日の取引終了後、100%子会社「ライオンコイン」を2月上旬に設立し、仮想通貨取引事業を開始すると発表しており、業績への貢献を期待した買いが入っている。

DMMがついに仮想通貨サービス「DMM Bitcoin」が1月11日に取引を開始したようです
準備してからサービス開始までがかなり早いなという印象だおね
SBIのSBIバーチャルカレンシーなんて2017年サービス開始っていってたくせに
いまだに口座開設の受付すらやってないしかなり遅延しまくりのようです
https://www.sbivc.co.jp
SBIはなにかシステムに致命的な欠陥が見つかって作り直してんじゃないでそか
サービス開始までまだまだ時間がかかりそうな気がするお(´・ω・`)

DMMビットコインは参入発表からサービス開始までが異様に早かったので
どこかの外販システムをそのままパッケージで導入したのかもしれないですねφ(.. )
この手の競争はとにかく早いことが優位なので判断としては間違ってない気がするお
ただし、さっきチラッと見たけどスプレッドはガバガバでした

最近はFX業者がこぞって仮想通貨に新規参入してるようです
すでにサービス開始してるのはFXTFの子会社のビットトレードなどもあります。
https://lp.bittrade.co.jp
近い将来FXのレバレッジ規制強化が開始される観測が高いので
FX以外で稼ぐためにビットコインに力を入れてるってことなんでそねφ(.. )
FX業者であるヒロセ通商もようやく仮想通貨に参入を発表しました
100%子会社のライオンコインを2月に設立してサービス開始の準備中のようです
ただしこちらも会社設立したばかりのようなのでかなり時間がかかりそうだおね。


ss2286234570 at 12:45|PermalinkComments(0)

2018年01月10日

中国、ビットコインのマイニング停止命令か?

中国、ビットコインのマイニング停止命令か?
https://www.wsj.com/articles/china-quietly-orders-closing-of-bitcoin-mining-operations-1515594021

既出の情報だけど中国政府が国内のマイニングに対して規制強化してるように見えます。
まだ詳細までは見てないのでこれから読んでみるところだけど
中国国内のマイニング業者をすべて潰す勢いなのかもしれません
現在の仮想通貨ののマイニング業界のシェアは中国が圧倒的な50%占めてます。
ただし中国政府は仮想通貨に非常に強い警戒心をもっていて
中国国内のすべての仮想通貨取引所をすべて強制閉鎖に追い込んで潰しました

当然のことながらその次は中国国内のマイニング業者を営業停止に追い込む気でそ
もちろんそれをあまりに急激にやり過ぎるとマイナス影響が大きいのだけど
もし中国政府が中国国内の(安い電力代で大儲けしてる)マイニング業者を
ガンガン規制して国外に追放していくような流れになれば
これから日本でマイニング事業に参入湯していく企業にとって神風が吹きます
そもそもSBIは仮想通貨のマイニング事業に参入どころか取引所すら未開業です
後発のDMMもマイニング事業に参入準備の研究をやっと手がけてるところ。
じゃあ国内の企業で一番甘い汁を吸える位置にいるのかいうまでもないでそう

GMOインターネット(9449) 2085円 +63円 (+3.12%)
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9449.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額2399億円
何回も書いてるけど中国は国内の仮想通貨業者に露骨に圧力強めてんだおね
もしシェア50%を占めるその独占業者が国外追放または営業停止になったら
どこの会社がメリットを享受できるかなんて考えるまでもありませんφ(.. )
誰が規制強化されたら誰がメリットを受けるのかただそれだけの話でそ。
そう考えるとマイニング事業に参加を急いでる日の丸企業はいいポジションだおね


2018年01月05日
GMO、仮想通貨のマイニング事業を開始

2017年12月19日
SBI株に「60億リップル」の思惑 時価総額超えのねじれ

2017年12月09日
GMOインターネットとマイニング事業

2017年10月18日
GMOのビットコイン採掘 独自半導体に100億円投資

2017年09月09日
GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入


ss2286234570 at 16:58|PermalinkComments(0)

2018年01月05日

GMO、仮想通貨のマイニング事業を開始

GMO、仮想通貨のマイニング事業を開始
2017年12月20日 18:52
GMOインターネット株式会社は20日、欧州法人を通じて仮想通貨のマイニング事業を開始した。北欧に設置したマイニングセンターにて、既存のマイニング用機器を用いて行う。今後は段階的に機器を投入し、事業を拡大する予定。半導体設計技術を持つパートナー企業とともに、最先端の7nmプロセス技術を活用した半導体チップ(マイニングチップ)の研究・開発も行う。これを用いた次世代マイニングボードによるマイニングの稼働を2018年上半期に開始する予定。一定の稼働を経て、クラウドマイニングや、マイニングチップを搭載した「次世代マイニングボード」の販売などにも順次取り組む予定。
0105










DMMが仮想通貨マイニング研究のためのラボを新設
2018年1月4日
DMMが仮想通貨マイニングに利用する機械について研究するための「DMMマイニングラボ」を新設したことを発表した。この他、大手のメーカーとも協力体制の構築を進めており、まだ発売される前のマシンのサンプル試用も行う準備をしているとのことだ。
DMMは昨年にマイニング事業への参入を発表しており、2017年の9月8日に仮想通貨事業部を発足。 2018年度中にトップ10に入る規模のマイニングファームを目指す「DMM POOL」や一般ユーザーが資金を投じて参加できるクラウドサービスの展開などについての構想を発表していた。

9月8日にGMOとDMMが同日にビットコインのマイニング(採掘)事業に参入すると
発表してから4ヶ月が経ちましたが、両社の差は歴然と明らかになりました(´・ω・`)
GMOはすでにマイニング事業の半導体を設計・製造に着手までが完了していて
わずか3ヵ月後の12月20日には北欧でマイニング事業を開始したようですΣ(・ω・ノ)ノ
しかも2018年上半期には最先端の半導体チップを開発してこれを導入予定のようです
あまりにも早いので少し驚きました。
おそらくGMOは1年以上前からすでにマイニングの研究をやってたってことでそ
一方のDMMはようやくマイニングの研究所を作っただけのようですφ(.. )
実際に半導体を設計・開発してマイニング事業用の土地や建物を用意するとなると
DMMが実際にマイニング事業に参入して採掘を開始するのは1年以上先の話でそ。

仮想通貨はたった1年で10倍〜100倍に変動してしまう激しい世界なので
逆にいえば1年後に価格が半分に下がっていてもおかしくないともいえます
つまり先行者メリットがとにかく高くて、遅いほどめちゃくちゃ不利ってことだお。
DMMの参入が1年以上遅れるってのはかなり致命的なミスになるでそね
ぶっちゃけ両社の勝負はすでに着いたといっても過言じゃないでそう
(1年遅れるってことは10周以上遅れるってのと同じくらいの意味になるので)

日経の10/18記事ではシェア6%を確保できると年間250億円の売上げって書かれてたけど
その後仮想通貨全般が一気に高騰したんで数字がぜんぜん違ってるんだおね
日経の11/21の記事だとシェア10%を確保できたら売上高600億円、営業利益300億円
数字が上方修正されててまったく違う数字になってんだおねΣ(・ω・ノ)ノ
ちなみに11/21のビットコインの時価が90万円だったので
もし2018年のビットコインの価格が平均180万円以上で推移するようなことがあれば
シェア10%確保できると推定で売上高800〜1200億円営業利益450〜600億円という
とんでもなく驚異的な数字を算出できる可能性があるわけですφ(.. )

もちろんこの数字はしょせん机上の計算なんであくまでただの推定なんだけど
潜在的な成長力や爆発力が秘められてるってことはあるってことだお
GMOは先行投資で380億円投資したって日経の記事に書いてあるけど
計算上では1〜1.5年で回収できる可能性もあるわけだからそりゃ期待されるのも当然
一番の追い風は中国政府が仮想通貨に対して規制を強化していること
中国政府は国内の仮想通貨取引所をすべて規制して2017年内に全廃させました。
当然これからは仮想通貨のマイニング会社にも規制を強化する可能性があるってこと
中国の企業がマイニング業界のシェア50%をほぼ独占してるわけだけど
もし中国政府がこれを規制するとその他の会社にビッグチャンスがやってきます
しかも仮想通貨の価格自体はいまも上昇傾向なのでW追い風ってことだおね

SBI(8473) 2697円 −113円 (−4.0%)
時価総額6056億円
リップルが85円のころに含み益6000億円って記事に書かれてたので
現在の含み益は1兆8000億円〜2兆4000億円あたりで動いてる感じでそうφ(.. )
ただしSBIに限らず含み益ってあんまり株価に正しく反映されないことが多いんで
SBIの時価総額が2〜3兆円に上る可能性はほぼないとおもいます
ただしもうすぐSBIバーチャルカレンシーという仮想通貨事業も開始予定だし
リップルの提携や事業化のネタも追加投入される可能性が非常に高いので
今後もしばらくは株価が上昇基調で5000円になってもおかしくはないでそう

セレス(3696) 2760円 +25円 (+0.9%)
時価総額311億円
1500円で購入して2200〜2300円で全部売ってしまいました(´;ω;`)ブワッ
時価総額が小さいしなにより流通してる株数が少ないので上りやすいという特徴あり。
ちょっとした勢いさえあれば株価2倍くらい入ってもおかしくないだろうけど
決算が出たら折込済みで下がるだろってのがぼくちんの予想です

GMOインターネット(9449) 1997円 +26円 (+1.3%)
時価総額2298億円
本当の意味でのビットコインの本命銘柄はここでそう
上昇率でいったら小型株のセレスの方が明らかに勝ちそうな気がするけど
営業利益が+300億円くらいを期待してアホールドしてみるのはありでそうφ(.. )
もしマイニング事業が本当に金鉱を掘り当てたら株価が飛ぶでそね

2017年12月19日
SBI株に「60億リップル」の思惑 時価総額超えのねじれ

2017年12月09日
GMOインターネットとマイニング事業

2017年12月03日
サイバー、セレスに7億円出資 仮想通貨事業を拡大

2017年11月29日
「bitFlyer」がアメリカ進出、42州でサービス提供へ

2017年10月18日
GMOのビットコイン採掘 独自半導体に100億円投資

2017年09月09日
GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入


ss2286234570 at 15:51|PermalinkComments(0)

2017年12月21日

DMMグループが仮想通貨取引サービス「DMM Bitcoin」を2018年1月スタート

DMMグループが仮想通貨取引サービス「DMM Bitcoin」を2018年1月スタート。
1/11(木)から口座開設申込の受付をスタート
2017/12/20 15:48
「DMM Bitcoin」は、DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所を12月12日付けで株式会社DMM Bitcoinに商号変更し、新システムのサービスを提供するもの。
「DMM Bitcoin」で取引できる仮想通貨は7種類。現物取引は3通貨ペア、レバレッジ取引は14通貨ペアの取引が可能となります。レバレッジは5倍固定。レバレッジ取引とは、証拠金の何倍もの金額を取引できるしくみ。たとえば、5倍のレバレッジを効かせた取引では、儲けも損も5倍になります。儲かった場合は良いのですが、損をした場合は証拠金では不足額が出てしまうことも。不足額は即入金する必要があります。うまくいけばうまみが大きいものの、損をした時のダメージも大きい、ハイリスク・ハイリターンの取引となります。
「DMM Bitcoin」では、証拠金維持率が80%を下回った時点で、未約定注文を取消後、証拠金維持率が80%まで回復しない場合は全てのポジションが強制決済されます。
取引ツールは、DMM.com証券の「DMM FX」で提供している取引ツールと同様な視認性と機能を提供するとのこと。取引ツールはPC版とスマホアプリ版が用意されます。また、24時間365日での利用者サポートもあり、各種手数料が無料など充実したサービスを提供するとのこと。
1224













DMMも仮想通貨取引サービス「DMM Bitcoin」を1月から開始するようですφ(.. )
1月11日から口座開設の受付を開始するとあるのでけっこう早いですね
1から会社を作ったわけではなく。DMM系の東京ビットコイン取引所という会社を
「DMM Bitcoin」に商号変更して新システムを導入するということのようです

ただしサービスの内容を読んでみるとかなり微妙すぎる・・・(´・ω・`)
現物取引が出来るのはたったの3通貨ペアだけ
その他の通貨ペアはレバレッジ取引しか出来ないというとんでもない欠陥品
正直な感想をいうなら、頭がおかしいとしかいえないような商品ラインナップ(゚д゚)、ペッ
なんでこんなおかしな商品しかないのか理解に苦しむ内容だおね
現物で10通貨ペアくらい取引できるなら十分評価に値すると思うんだけど
ほとんどの通貨ペアでレバレッジの効いた取引しかさせませんってのはキチガイでそ
なんというかキチガイ専用ビットコイン業者って感じだおね(´・ω・`)
残念ながら、一般人がここに口座を作るメリットは一切ないと思います


ss2286234570 at 09:47|PermalinkComments(0)

2017年12月18日

DMM、沖縄に水族館を建設

DMM、沖縄に水族館を建設--最新映像技術を駆使、2020年上半期に開業予定
https://japan.cnet.com/article/35111800/
12/12(火) 12:26配信
DMM.comは12月12日、沖縄県豊見城市豊崎の「美らSUNビーチ」に隣接するショッピングセンタ敷地内にて「DMMかりゆし水族館(仮称)」を2020年上半期に開業すると発表した。
同水族館は、「“世界初”最新映像技術を駆使した新しいエンタテイメント水族館」をメインテーマとし、「沖縄の澄み切った海」「島々を覆う豊かな常緑の森」「亜熱帯気候が織りなす素晴らしい自然」を中心に、さまざまな海洋生物と最新映像技術を組み合わせ、テーマパークのような“ワクワク”と、水に包まれる“癒し・リラックス”が共存できる空間を目指すという。
1212











DMMが沖縄に大規模な水族館を作るようですにょ(σ´∀`)σ
思ってたよりなかなか面白い事業を手がける会社のようですねφ(.. )
沖縄は台風が直撃する時期はなかなかエンタテイメント施設に集客しにくいけど
それ以外の季節なら春でも秋でも冬でも暖かいので観光客が多い場所だおね
そう考えたら沖縄に大規模な施設を作るってのは正しい気がします。

なにより都内なんかに同じような施設を作ると地価がバカ高いおね(´・ω・`)
そんな本質とは関係ないとこにお金を投資してしまうより
土地が安くて広い場所を確保しやすいところに建てた方が明らかに利口でそ

沖縄は電車がないからかなり広めの駐車場を確保しないといけないので
バカでかい駐車場を安い価格で用意できるのも大きなメリット。たぶん。
なにより開放的な沖縄の立地というのは魅力的な気がするお(*´∀`*)ムフー
すでに沖縄には15年前から「沖縄美ら海水族館」があるみたいだけど
ある程度住み分けできるような立地にしたらよいのかもしれませんφ(.. )

沖縄って冬はさすがに泳げないけど、でも気温は20℃くらいあるんで
冬の観光地としてはものすごく魅力的な場所だと思います
真冬の12〜2月にわざわざ鴨川水族館に行くのはかなりの酔狂だけど
沖縄旅行もかねてなら水族館も楽しめそうと誰もが感じるところ
年間通じて考えると冬の稼働率を高めれるってのはなかなかいいかもしれませんね

ss2286234570 at 05:51|PermalinkComments(0)

2017年10月30日

2018年春にも、DMMグループも仮想通貨取引事業に参入

DMMグループのネクストカレンシー、仮想通貨取引事業に参入
2017年10月30日 09時00分
DMMグループのネクストカレンシーは2018年春、仮想通貨取引事業に参入する。同社は参入に向け、仮想通貨交換業の登録準備を進めるとともに、スマートフォンアプリなど独自のサービスを開発していく。DMMグループのネクストカレンシーは、2018年春、仮想通貨取引事業に参入すると発表し、日本仮想通貨事業者協会(JCBA)※の準会員になった。

DMM系の仮想通貨取引会社「ネクストカレンシー」が
2018年春にも取引サービスを開始予定と発表したようですにょ(σ´∀`)σ
GMOはすでにサービス開始してるし、SBIはもうすぐサービス開始のようですが
次参入する本命といえばDMMしかないでそうφ(.. )
しかしなぜかDMM系の仮想通貨会社なのに社名にDMMと入っていません
せっかくあれだけFX業界で成功してCMのおかげでDMMFXが有名になったのに
そのDMMという看板を利用しないというのはちょっと大失敗でそ
早めに社名変えてDMMカレンシーとかに変名した方がいいでしょう(`・ω・´) 

FXでアプリやツールの開発のノウハウをもってるところは有利だおね
だって通貨ペアが仮想通貨に変わるだけで実質的な中身はまったく同じだし
なにより既存のアプリやツールを改変するだけで低コストで開発できるからです
そして一番重要なのは豊富な資金力でしょうφ(.. )



現時点での国内仮想通貨取引の最大手はビットフライヤーだろうけど
会社の規模は小さいし何百億円と資金調達できるわけもないんで
最終的には仮想通貨もFXみたいにコモディティ化かして資金力勝負になるでそう
その中でもFXに強みがあって資金力のあるところだけが残るのは自明の理。
おそらくGMO、SBI、DMM、楽天あたりがシェアの上位を独占してしまって
マネパ系とかビットフライヤーみたいな独立系は衰退するでそね
結局のとこ金融業で顧客基盤をもってるとこが圧倒的に有利ですからね(´・ω・`)

2017年10月18日
GMOのビットコイン採掘 独自半導体に100億円投資

2017年10月11日
サイバーエージェントが仮想通貨取引事業に参入を発表

2017年09月09日
GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入

2017年05月10日
「仮想通貨FX」GMO子会社が参入 レバレッジ最大5倍


ss2286234570 at 12:24|PermalinkComments(1)

2017年10月18日

GMOのビットコイン採掘 独自半導体に100億円投資

GMOのビットコイン採掘 独自半導体で
2017/10/18 6:30 
仮想通貨ビットコインの世界では、インターネット上の通貨のやり取りの土台となるブロックチェーンに記帳する計算作業を担うと、コインを得られる。マイニング(採掘)と呼ぶこの作業は、膨大なコンピューター資源が必要だ。GMOインターネットは9月、マイナー(採掘者)になると宣言、まず100億円を投じるという。
熊谷社長によると、この半導体メーカーとは長期の取引になる。線幅がいまの半分の3.5ナノになると見込まれている5年後頃までは、常に最新の技術をマイニング用半導体に応用して製造してもらい、競争に挑む。
日本の企業でマイニングを事業として始める事例は同社が初めて。ただ、世界を見渡せば、民間企業のBTCチャイナなど中国の複数グループが強大なコンピューター資源を使い、中国勢だけで採掘能力の半分を持つと言われている市場で、勝算はあるのだろうか。
世界でビットコインを採掘しているコンピューター能力を合わせると、最近では1秒間に約800京回の計算能力になることがわかっている。GMOインターネットは50京回計算できる設備にする計画で、能力からみれば6%近くを占める。
このため、記帳の計算を一番速く終えられる力が少しはあると考えている。ビットコインは年間66万BTC生みだされる仕組みになっており、同社は6%にあたる金額を稼いでもおかしくないというわけだ。今の相場で約250億円になる。
少なくとも新開発の半導体そのものは中国勢よりも計算能力が高いとみている。
1019











GMOインターネット(9449)がビットコインの採掘に100億円投資するようです
ちなみに採掘(マイニング)と書いてありますが何かを掘ってるわけではありません。
膨大な計算をしてデータの記憶をしているだけですΣ(・ω・ノ)ノ
いくらビットコインの人気が過熱して可能性があるとはいえ
会社の規模としてはかなり思い切った金額の投資だおねφ(.. )
企業として成長するには思い切った投資をすることはさけて通れない道です
後はビットコインの市場拡大や価格がどうなるかで結果が大きく左右されそうだおね

期待出来そうな点
|羚餽馥發硫樵枋眠濟埔譴倭簡頂拭ビットコイン採掘にも規制強化の動きがある。
▲咼奪肇灰ぅ鵑硫然覆高いので少ないシェアを奪っただけで利益になりやすい。
ビットコインだけでなく仮想通貨そのものの将来的な可能性が高い。


はビットコインの採掘に参入するGMO、DMM、SBIなどの企業にとって
最も追い風になる可能性の高い好材料といえるでしょうΣ(・ω・ノ)ノ
マイニングの世界シェアの70%は中国国内企業がほぼ独占してるのが実情です
もしこれらの企業の活動が規制されたり禁止されたりするとビッグチャンスでそ

将来的なリスクになりやすい点
“焼蛎里粒発&投資競争になるので先行投資が常に生じ続ける。
▲咼奪肇灰ぅ鷁然覆低迷すると仮にシェアを奪えても利益率が低下する。
8緘参入企業間で猛烈な投資競争が発生してコストが高止まる懸念がある。


一番のリスクはでそね(´・ω・`)
東芝やシャープや日立が半導体事業で苦しんだのと同じようなもので
投資金額は100億円で終わりじゃなくて今後もずっと投資が必要になるからです
もし投資を怠ればシェアを失って利益を失って競争から脱落します
一般的には4〜6年に1回くらいの頻度で新規投資が必要になるでそうφ(.. )
つまりその期間内に前回の投資を回収し、かつ新規投資を迫られるってこと
もしビットコインの価格が大きく下落すると先行投資が回収できなくなるし
投資を渋ればシェアを失ってどんどん利益を失うって事になります。
もちろんビットコインの価格が高騰すれば少ないシェアで大きな利益を生むのも事実

一ついえることは市場の影響を受けやすいタイプの事業であるってこと。
良くも悪くも当たればでかいけど外すと痛い目に会いやすいってことだおね
体力勝負でもあるし、最終的には資金力勝負になる懸念が強いってこと(´・ω・`)
かなり博打要素の強い投資になりやすいといえるでしょう

GMOインターネット(9449) 1500円 −14円 (−0.92%)

https://kabutan.jp/stock/chart?code=9449
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9449.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2017年09月17日
新仮想通貨「Jコイン」 みずほ・ゆうちょ・地銀が連合

2017年09月16日
半導体からデータセンターまで、GMOがビットコイン採掘に100億円投資


ss2286234570 at 10:51|PermalinkComments(2)

2017年09月30日

仮想通貨、透明化へ一歩 金融庁が11社を取引所登録

仮想通貨、透明化へ一歩 金融庁が11社を取引所登録
2017/9/29 19:40 日本経済新聞 電子版
金融庁は29日、ビットコインなどの仮想通貨の取引所としてまず11社を登録したと発表した。すでに取引所を運営してきた業者のほか、証券系など異業種の参入も認めた。4月施行の改正資金決済法で取引所に登録制を導入したことを受けた措置だ。自己資本や経営管理体制など経営の透明化へ向けた最低限のルール整備がようやく緒に就いたが、課題も山積している。改正資金決済法で取引所は1千万円の最低資本金が義務付けられたほか顧客から預かった資金と仮想通貨を分別管理するといった条件を全て満たさないといけない。
定期的に金融庁の立ち入り検査を受け、運営状況に不備があれば業務改善命令の対象になる。ただ締め付けすぎると民主導の技術革新や市場の成長性を損なう恐れもあり、今回の登録要件も最低ラインの規制という位置づけだ。今回、登録を見送った業者でも「審査を進めていれば10月以降も取引所の運営は続けられる」(金融庁)。
一方で4月以降、登録条件をクリアできずに取引所を閉じた業者も12社に上った。手数料や取り扱う仮想通貨の種類、情報開示姿勢などを総合的に判断し、取引所を選別する動きが利用者間で加速するのは確実だ。
1002













仮想通貨の取引所がはやくも11社ほど登録開始されたようですにょ(σ´∀`)σ
今回登録が許可されたのはこちらの11社です。
でもSBIbitflyerGMO以外の3社はもうどうでもいいグループでそ
そのうちDMM楽天証券あたりも時間の問題で参入してくるだろうと予想してるお
おそらくこの5社が今後5年以内に激しいシェア争いを演じると予想してます
なぜなら仮想通貨取引や仮想通貨FXってFXの仕組みそのまんまだからです。

マネパはFXでも競争力ないしその他に比べるとかなり弱小な部類だし
カブドットコムはそもそも自前のFXやCFDの仕組みをもってないからアウト
競争に参加するもなにも仕組みもシステムももってないから参加以前の問題(´・ω・`)

今回の仮想通貨取引所としての登録条件として上げられている
資本条件や分別管理条件もほとんどというかすべて初期のFXの規制そのまんまφ(.. )
株みたいに持分や権利を売買してるわけでもないからFXやCFDとまったく同じ。
(正確にいうとCFDの1種がFXであり仮想通貨取引といえるでそう)
となれば、FX取引で実績ある上位会社がシェア争いするのは自明の理だおね

だって仕組みが同じだからFXのシステムそのまま持ち込んで開始できるし
配信するデータが為替から仮想通貨に変わるだけだからコストも浮くし
証券会社が仮想通貨やるよりFX会社から仮想通貨に行くほうがハードルが低いでそ
実際にGMOコインのスマホアプリなんてFXアプリの完全丸パクリ
なにが違うのかわからないくらいFXのアプリとそのまんまでした。
新規で1から開発しなくてもコピペでいけるなら参入しやすいのはあたり前の話でそね
1003









ビットコインやイーサリアムを扱う仮想通貨交換事業者登録企業が発表された
FX業界やネット証券は、どう変わる?
2017年09月30日05:03 

仮想通貨、運用しやすく SBIなど10社超が参入
2017/5/2 1:15 日本経済新聞 電子版
ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引事業にSBIホールディングスなど10社超が参入する。価格変動が大きいリスクはあるが、投資対象として一定の需要があると判断した。購入時の消費税が7月から不要になり、法改正で事業者の登録制が導入され取引の信頼性も向上する見通しだ。資産運用を通じて仮想通貨が普及すれば、買い物の決済や海外送金などに使う動きも徐々に広がりそうだ。
SBIは新会社「SBIバーチャル・カレンシーズ」を立ち上げ仮想通貨と日本円の取引を仲介する「取引所」になる。流通額が2番目に多い「イーサリアム」も取り扱う。GMOインターネットグループも新会社を設立し投資家の需要をみながら仮想通貨の種類を増やす。カブドットコム証券や外国為替証拠金取引(FX)が主力のマネーパートナーズグループも参入準備を進めている。
日本仮想通貨事業者協会によると現在、18社程度が登録準備中で、インターネット証券など10社超が新規参入する見通しだ。ビットフライヤー(東京・港)など既存事業者も登録を計画する。メガバンクなどは現時点で仮想通貨の取引事業には参入しない見込みだ。


ss2286234570 at 05:36|PermalinkComments(0)

2017年09月09日

GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入

GMO、34億円を投じてビットコインのマイニング事業参入、北欧に「次世代マイニングセンター」設置。2018年上期中に事業開始する予定
2017年9月8日 06:00
GMOインターネット株式会社は7日、仮想通貨のマイニング事業への参入を発表した。2018年上半期をめどに、北欧に「次世代マイニングセンター」を設置。その後、時期は未定だが、「クラウドマイニング事業」も展開する予定だ。クラウドマイニング事業では、個人・事業者が手軽にマイニングに参入できるサービスを提供。具体的には、次世代マイニングセンターの設備資金をユーザーから調達し、その収益を配分するもので、マイニングに成功して報酬のビットコインが得られた場合に参画ユーザーに分配する。また、マイニングされたビットコインをはじめとする仮想通貨を、グループ会社で仮想通貨交換業登録申請中であるGMOコイン株式会社に供給する予定だ。

GMOに続きDMMも仮想通貨マイニング事業に参入
「DMMマイニングファーム」を10月開始
2017年9月08日
昨日GMOが仮想通貨の採掘(マイニング)事業に参入すると発表し話題となったが、DMMもこのビジネスに取り組むようだ。DMMは9月7日、仮想通貨のマイニング事業「DMMマイニングファーム」の運営を10月より開始すると明らかにした。DMMは9月8日に仮想通貨事業部を発足。10月よりマイニングファームのトライアルを実施し、年内には「DMM POOL」を全世界に公開する予定だ。2018年度中にはトップ10に入る規模の、そして将来的には世界のトップ3に入る規模での運営を計画しているという。
0909







.

GMOがビットコインのマイニング事業に新規参入すると発表して話題になったのが一昨日。
そしてその翌日にはDMMも同じ事業に新規参入すると発表しました
この2社はFX事業でも世界シェア1位と2位の会社だおね
両社ともスプレッド競争でいつも火花を散らして争ってる企業グループですが
今度はビットコインのマイニング事業でも本格的に争うようですΣ(・ω・ノ)ノ
ここまで何でもかんでもぶつかり合って競合するのってかなり珍しいおね。
まるでSBIと楽天を彷彿させるような激しい戦いをいつも繰り広げています

さて、両社の発表した内容を読んでみましたがGMOのほうがかなり本格的な内容でした。
投資金額も明示してる手のもあるけど、どこの国で設立するだとかその詳細だけでなく
マイニングに関わる3つの事業を手がけるということが書いてありました

いずれは同規模の事業で争うことになるのかもしれないけど
どっちかと言えばDMMの方はお試し参入という程度にしか見えないし
GMOはガチ参入という規模感が最初からあるようなきがしますφ(.. )
(投資金額や事業内容もかなり細かく書いてあるしね)
ただ世界レベルで競争が非常に激しい事業であるだけに安易に考えるべきじゃないでそ
そもそもサーバー事業を営んでるGMOの方が有利であるのは事実だけど
投資金額が膨らめば損失金額も膨らみやすいとも言えるわけだし
電力を大量に使用する事業なんで金もかかるし、中国のライバルも強いですし。

ただ一ついえることはGMOにしろDMMにしろ投資に積極性があるのは評価できます
日本の企業って既存事業にはすごく真面目に投資するけど幅を広げる意識が弱い
アマゾンにしろGEにしろ10年経ったら10年前とは別会社に変身してるけど
激しい世の中の変化に対応するために変化を躊躇しない日本企業は非常に少ないおね
例えばトヨタだったら自動車製造と販売だけどそれ以外の可能性はほぼ0%
でももし自動車の自動運転が20年後に標準化されたらソフトを牛耳るGoogleの圧勝
世界中の自動車会社がただ箱を作るだけのGoogleの下請け会社に転落するわけです
今回のビットコインマイニング事業に関わらず
仮想通貨全般的にいえば将来の可能性はものすごく大きく期待値の多い産業です
その分野に先駆けて投資を惜しまないのは長い目で見れば間違ってはないでそ。
同様にRipple(リップル)に投資してるSBIも非常に良い判断だと考えます
どちらかというと国際送金としての価値があるRippleの方が実需がありそうですけど。

ss2286234570 at 04:25|PermalinkComments(0)