yogurting ヨーグルティング

CFD

2016年12月23日

FXと株の証拠金、相互融通可能に?

FXと株の証拠金、相互融通可能に 金融庁
2016/12/23 1:19 日経電子版
金融庁は外国為替証拠金(FX)取引と株のデリバティブ(金融派生商品)取引で、それぞれ積んでいる証拠金を融通できるようにする。FX取引で証拠金が不足しても、株のデリバティブ取引で積んでいる証拠金が余っていれば充当できるようにする。証拠金の合算管理を認め、利用者の利便性向上につなげる。
金融商品取引業に関する内閣府令を改正する。対象は東京金融取引所が運営するFX取引の「くりっく365」と株価指数を対象とした証拠金取引「くりっく株365」。取引ごとに証拠金を積む方法は変わらないが、全体で必要な証拠金を満たしていれば、追加で入金しなくても取引を続けられるようになる。同取引所が詳細なルールを定めたうえで、2016年度末にも実現する見通しだ。
1223





記事を読んでおやっとおもったけどちょっと勘違いしやすい記事だおね
タイトルだけ読んじゃうと「FXと日経225先物の証拠金が合算管理できるの?」
って勘違いしちゃいそうだけど、よくよく読むとまったく意味が違います(´・ω・`)

たぶん日経新聞の記者がアホだからそもそも商品を理解できてないんでしょう
そもそも「くりっく株365」は株じゃなくてあれは上場CFDだおね。
それなら最初から「FXとCFDの証拠金」とか「上場FXと上場CFD」と書くべきでそ
だいたい「株のデリバティブ」ってなんだよって話で「指数先物のデリバティブ」とか書けよと。
商品を完璧に間違ってるし、ほとんど理解できてないんじゃないかと思われます

記事をちゃんと最後まで読めばなんとなくわかると思うけど
今回のルール変更はあくまでもくりっく365くりっく株365(CFD)だけが対象なので
通常の店頭FXや日経225先物やTOPIX先物は対象外なのでなんの関係もありません
おそらくくりっく365が最近赤字で業績が悪化してきて困ってるので
金融庁が天下り先確保のためにくりっく365を支援するためにルール改正したんでそ
このままいけば金融庁は有力な天下り候補先を失うので痛手だおね(´・ω・`)
そこでくりっく365を支援するためにこんな露骨な限定的ルール改正したってことでそ

実は過去にも金融庁は「くりっく365だけ」に有利なルール改正を何回もやってるんだおね。
それでもくりっく365の業績が改善しないのでまたもやったってとこでそう
かなり露骨な利益誘導なのであまり褒められたもんじゃないと思うにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 04:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2016年11月04日

SBI証券、2017年1月にも上場CFDの取り扱いを開始予定

SBI証券(は、2017年1月下旬を目途に、取引所CFD※1「くりっく株365」の取扱いを開始※2することとなりましたのでお知らせいたします。取引所CFD(くりっく株365)は、東京金融取引所に上場する株価指数証拠金取引です。国内外の主要な株価指数に円建てで少額から投資できることから、個人を中心とする幅広い投資家の皆さまのニーズにお応えする商品といえます。現在、日経225をはじめとして、NYダウ(アメリカ)、DAXR(ドイツ)、FTSE100(イギリス)を取引対象とする合計4商品が上場しており、FXと同様にほぼ24時間の取引が可能で、日本の祝日でも取引できることが特徴です。

SBI証券が2017年1月から「くりっく株365」の取り扱いを開始するようです
スマホアプリやPC用専用取引ツールまで用意するという周到っぷり。
かなり力とお金をかけて準備してきたのが分かるおね。

おそらくくりっく株365って聞いてもピンとこない人が大半じゃないでそうか
ちょっと詳しく説明すると、「くりっく365」というのは上場FXのことです。
通常なら店頭FXが普通ですが、取引所であるくりっく365に上場されてるので上場FXってだけ。
この商品を扱ってるのはクリック証券、カブドットコム、岡三オンライン証券などの17社。
http://www.click365.jp/

そしてくりっく365が扱ってる上場CFDのことを「くりっく株365」といいます
http://www.click365.jp/cfd/
1106







ぶっちゃけ商品名がごちゃごちゃしててこの点はすごくわかりにくいおね(´・ω・`)
書くのもめんどくさいのでストレートに上場CFDでよかったんじゃないでそか。
この上場CFDを扱ってるのは現在11社で、SBI証券をふくむと12社になります
主な証券会社だとマネックス、カブドットコム、岡三オンライン証券が扱ってるお。

例えば大証の日経225先物や日経225ミニもある意味ではCFDの一種でそう。
TOPIX先物やTOPIXミニ先物もふくめて上場CFDだとおもっとけばいいでそ
ただ上場されてる先物・CFD商品は取引所であるがゆえのめんどくささがあります。
その一番最たるものとしては商品の少なさ取引時間の短さだおね
特に日経225先物やミニ先物は朝方の取引時間がかなり短いし
なにより一番重要な祝日に取引できないという決定的な欠点があります(゚д゚)、ペッ
(上場してるので参加証券も多いので利害調整が大変ってことです)

一方の店頭CFDは先物のように利害調整の必要がないので自由度が高いのが魅力
株価指数モノだけでなく、商品先物や株価先物など多種多様です。
祝日も取引できるし取引時間も長いのでそのあたりが人気の秘密でそうφ(.. )
https://www.click-sec.com/corp/guide/cfd/lineup/
国内で店頭CFDの最大手がクリック証券でシェアが70〜80%だと昔書いてありますた。
その他では、IG証券、DMMFXなどしかないのでかなり少ない(´・ω・`)
店頭CFD業者の中ではかなりぶっちぎりで人気が高いのがクリック証券でそ
スマホアプリもあるしPC用取引ツールもあって銘柄数が多いので当たり前といえば当たり前

覚えてる人もいるかもしれませんが、実はその昔、SBI証券・楽天証券・マネックスも
店頭CFDを扱っていたんだけど今はすでに廃止しちゃっています
CFDの規制が強化されたり、取次ぎ先のGFT(海外業者)が日本から撤退したので
かなり以前に大手ネット証券は店頭CFDから手を引きました(´;ω;`)
最近は収益の柱を増やすためにSBI証券や楽天証券が店頭FXを強化してるので
いずれやるならてっきり店頭CFDを再開するのかな〜とおもっていたけど
どうやらSBI証券は店頭CFDは止めて、上場CFDに切りかえたようだおね
サービス開始にあわせてSBI証券は手数料をぐっと引き下げてくるはずなので
手数料競争に巻き込まれてマネックスやカブドットコムがダメージを受けそう

ライバル意識が高い楽天証券も負けてられないのですぐにマネするでそね。
自前でシステムを一から作って店頭CFDやるのかSBI証券とおなじ上場CFDやるのか
そのあたりはまだ不明だけど、おそらく2017〜2018年には開始すると読んでます



2014年02月21日
ひまわり証券がCFDサービスの廃止を発表

2013年03月26日
CFDの取り扱い業者が次々と撤退へ

2012年12月09日
いよいよGFT爆弾が日本国内でも炸裂か?

2012年12月07日
ついにSBI証券までもがCFDの廃止を発表(((( ;゚д゚)))

2012年10月24日
国内業者が次々とCFDから撤退、ついに楽天証券も。。。


ss2286234570 at 16:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2016年07月18日

大証、明日7/19から取引時間の延長を開始

大阪取引所 時間拡大で投資家呼び込み
2016.7.17 20:46 産経ネット
取引時間の延長をめぐっては、投資を呼び込もうと世界各国の取引所間で競争が進んでおり、大阪取引所も対抗する。日中の取引開始は従来の午前9時から同8時45分に早める。日銀短観など国内の主要経済指標は通常、8時50分に発表されるため、発表をにらんで取引ができるようになる。
また、夜間取引の終了時刻は従来の午前3時から同5時半に延長する。ニューヨーク証券取引所では日本時間午前5時(現地夏時間)まで取引されるが、大阪ではその後も取引を継続できるようになる。
0718










 今週末の3連休はどこのネット証券も長時間のメンテナンスやってるとこばかり
取引画面を見れない時間が多くて使いづらくて仕方がありません(´・ω・`)
原因は、明日からスタートする大証取引時間延長対応の週末メンテナンスでそう。
仕方がないといえば仕方がないけど、さすがにここまで長時間だと困るお

日経225先物などの先物系の取引時間が明日7/19の朝から延長されるようですφ(.. )
午前3時までだった取引終了時間を2.5hのばして午前5時半にするようです。
取引時間を延長するのは悪いことじゃないんだけどもうちょっとなんとかならんもんでそか
週末金曜日なら午前5時半でいいけど、平日ならどうせなら午前7時にすればいいのに。
なにより一刻も早く祝日取引を実現させてほしいおね(`・ω・´)
どうせシステムの稼働時間延長するだけなんだからすぐできるはずなのにね

銀行はすでに振り込み時間延長の対応準備に取りかかってる様で
2年後の2018年後半から土日祝日を含め
いきなり24時間365日いつでも他行向けの振込みが可能になるようですΣ(・ω・ノ)ノ
じゃあ今までの不便はなんだったのかと突っ込みたくなるような大改編ですが
ここまで徹底してやるという姿勢だけは評価してもいいでそう(´∀`*)
むしろ銀行業界にまでおいていかれてる証券業界は一体どうなんだって話だおね

株の場合は機関投資家とか投信とか複雑に業務が絡んでるからまだわかるけど
先物なんてCFDと同じように24時間、祝日取引も早く対応してほしいお(゚д゚)、ペッ
でも最近のレバレッジETFは先物でヘッジとかやってる商品がやたら増えてきてるんで
祝日に先物取引をやっちゃうとけっこう大変なことになる可能性はあるのは事実・・・
(出来高が少なかったらヘッジとかできなくなる可能性が高いので)
そう考えると、先物の祝日取引対応はもうムリなのかもしれないおね(´;ω;`)


振込時間延長、加盟行の8割が参加希望 全銀協調査
全国銀行協会は15日、加盟行の8割にあたる112行が現金の振込時間の延長について参加を希望したと発表した。全銀協のシステムを更新し、2018年後半から時間外や土日祝日でも他行向けに振り込めるようにする。現行は平日の午前8時30分〜午後3時30分まで他行向けに振り込めるが、全銀協の全銀システムを更新して土日祝日を含め24時間365日振り込みができるようにする。午後3時30分〜6時までは参加を希望した全行が振込時間を延長する。午後6時以降は各行が顧客の需要を踏まえて何時まで延長するかを判断する。


ss2286234570 at 05:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年05月01日

ゴールデンウィークに日経225先物をやる方法

ゴールデンウィークに日経225先物は取引できません(´;ω;`)
取引所が閉まってるので取引できないからです。
でも代替方法は2つほどあります。CFDくりっく株365のふたつですにょ(σ´∀`)σ
0430











CFDやってる国内証券会社はいまのところクリック証券だけでそ
https://www.click-sec.com/corp/guide/cfd/lineup/
DMMFXとかIG証券もごく一部やってるけど銘柄数がほとんどなかったり
そもそもIG証券は名前が証券だけど証券取引やってないおね(´・ω・`)
DMMFXもCFDやってるけど銘柄数は7しかないんで魅力はゼロ。
(ツールとかアプリも一切ないのであえて選ぶ意味がまったくない)

★クリック証券の長所
〆からでもすぐに口座開設ができるのでゴールデンウィークに間にあう
CFDの銘柄数が100銘柄くらいある(たぶん)
CFD専用のスマホアプリやCFD専用のチャートもそろってる


国内でもCFDの最大手なので取り扱い銘柄数がずば抜けて多いおね(●´ω`●)
あと外出してるときにつかえるスマホアプリ(iPhone、Android対応)もある
すでに口座もってる人なら、ログインして【CFD口座を開設する】をクリックすれば即開設できる
仮にまだ口座をもってなかったとしても今日か明日ならまだ間にあうでそ
基本的にFX口座は最短1日〜2日で開設することができるはずなので
今日か明日中にFX口座開設を申し込んでおけば5/2(月)までには
FX口座を開設を完了させることができる(はず)でそうφ(.. )
あとはログインして【CFD口座を開設する】のボタンを押せばいいだけだおね

※ただし証券口座開設から申し込んでしまうと5日くらいかかってしまうので注意!


「くりっく株365」は名前見ると勘違いされそうですが要は上場CFDのことです。
http://www.click365.jp/cfd/index.shtml
(一方、クリック証券がやってるのは店頭CFDというやつです)
おそらくどちらもCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とSGX(シンガポール取引所)
の両方に注文を流してカバーしてるだけなので仕組みは大差ないはず

★くりっく株365の長所
ー茲螳靴辰討訃攘会社が多いので自分で好きなところを選べる

くりっく株365の最大の魅力は証券会社を選べるところです
すでにマネックス証券やカブドットコム証券に口座をもってる人なら
ログインしてから【CFD口座を開設する】のボタンをクリックすれば即口座開設できます
マネックス、カブドットコム、岡三オンラインにすでに口座をもってるなら手っ取り早い

★くりっく株365の短所
ー茲螳靴辰討CFDの銘柄数が3つしかない
CFD専用のツールやスマホアプリやCFD対応のチャートがなにもないΣ(゚д゚;)
0譴ら口座開設するには5日くらい(5営業日)かかってしまう


取り扱ってる証券会社がおおいのは魅力だけど短所もはっきりあります
まずCFDの銘柄数がたった3つしかないってのはかなりアレでそ。。。
ツールやスマホアプリもないのでGWのような外出する時期には確実に不便だおね。
(もしかしたらチャートはあるかもしれないけど探したら見つからなかったです)
そして一から口座開設する場合はもうゴールデンウィークに間にあわないんだおね

マネックス、カブドットコム、岡三オンライン証券で一から口座開設するには
最初に証券口座を開設してから、【CFD口座を開設する】のボタンを押す必要があります。
しかし証券口座を一から開設するには往復でそれなりの時間がかかってしまいます。
5日くらい(5営業日)かかるはずなので今からだとゴールデンウィークに間にあいません
ゴールデンウィークに間にあうのは、すでにマネックス、カブドットコム、岡三オンライン証券で
口座開設を済ませてる人だけなのでその点は注意すべきでそうφ(.. ) 

ss2286234570 at 06:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2016年04月30日

東証、頼むから早く祝日に先物取引やってくれ!!!

大証の次期デリバティブ売買システム、7月19日から稼働開始 
2016/1/29 16:11 日本経済新聞 電子版
日本取引所グループ(8697)傘下の大阪取引所は29日、次期のデリバティブ(金融派生商品)売買システム「J―GATE」を7月19日から稼働させると発表した。処理速度が従来の20倍程度高まるのが特徴。これに伴い午前3時で終了する夜間取引を午前5時30分まで延長する。また午前9時から始まる株価指数先物取引の取引開始時間を午前8時45分に前倒しする。


 
祝日になっていつも困るのが「祝日に日経先物取引をやってない」こと
GWや秋の9月の大型連休になるとこの気持ちが特に高ぶります
東証バカかよはやく祝日に225先物やれよと(゚Д゚)ゴルァ!!

株の場合は影響の範囲が国内外の機関投資家だったり投信運用会社だったり
対面証券や地方の地場証券もからんでくるので夜間取引はむつかしいでそう
関係者が多いってのはそういうことだからまあわかる。
株のスイング取引してる人にとっては迷惑だったりする事もあるだろうし(´・ω・`)

だけど225先物の場合は参加者はほとんど短期狙いだろうし
半年や何年もポジションもって取引するトレーダー層ってのがそもそも居ないおね。
ていうか、明け方5:30まで夜間取引の時間を延長するのって
実質的には祝日の一部に取引してるようなもんだからヤル気になればすぐできると思う

明け方と早朝の先物取引を数時間延長するだけというしょうもないことやるだけで
何年もかけて議論して調整して云々ってほんまアホかバカかと小一時間説教したい(゚皿゚メ)
そんな小手先の改良やるだけに金や時間をつぎ込むくらいなら
さっさと祝日の先物取引対応を即座にやってほしいマジで

どうせ先物なんて対面営業や電話でやってる人なんてほとんど居ないだろうし
個人投資家の99.9%はネットで先物取引やってるんだから
東証(大証)とネット取引やってる証券会社と大手証券だけが対応すれば済む話でそ。
そもそもFXはすでに祝日も取引してるんだし、証券会社のほとんども
FXサービスすでにやってるんだからこんなの簡単に対応できちゃうと思うんだけどね
ヤル気がないだけなのかもっと本気でサービス改善を考えてほしい

日本が祝日でもシカゴのCME日経225先物もシンガポールのSGX日経225先物も
ごくあたり前に動いてるわけで、日本だけが市場閉めてるのってむしろアホだと思う。
とにかく急いで、今年が無理でも来年にも早く対応してほしいにょ(σ´∀`)σ


2016年03月14日
7/19から大証の先物取引時間が延長、朝5:30まで取引可能に

2015年06月17日
夜間取引終了のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2015-06-17.html 

ss2286234570 at 04:32|PermalinkComments(2)

2016年03月14日

7/19から大証の先物取引時間が延長、朝5:30まで取引可能に

大証の次期デリバティブ売買システム、7月19日から稼働開始
2016/1/29 16:11 日本経済新聞
日本取引所グループ(8697)傘下の大阪取引所は29日、次期のデリバティブ(金融派生商品)売買システム「J―GATE」を7月19日から稼働させると発表した。処理速度が従来の20倍程度高まるのが特徴。
これに伴い午前3時で終了する夜間取引を午前5時30分まで延長する。また午前9時から始まる株価指数先物取引の取引開始時間を午前8時45分に前倒しする。一部商品に関しては注文の訂正や取り消しを認めない時間も設ける。
0315







2016年7月19日から大証の取引時間が午前5時半まで延長されるようです(*・ω・)ノ

しかしなんていうんですかね。この適当さといい加減な延長時間の設定は。
どうせ延長するならおもいきって24時間稼動させて最強の先物市場にすればいいのに
それよりまず祝日に取引やれって100時間くらいどついて説教したいお(゚Д゚)ゴルァ!!
大証ってほんとにやる気の欠片もないクソみたい会社だおね

大証がまだ夜間取引を開始してなかったかなり昔の話だけど
その頃の大証は夜間先物取引をやたらどうかと打診・意見されたときに
「夜間業務は労組が反対してるから無理」と回答してたクソ無能です
まさかそんな池沼みたいな回答するとは思ってなかったのでビックリだっだお
そもそも夜間の監視や運用なんて居残って無理やり残業やれって話じゃないんだから
8時間ごとに3交代する24時間体勢にすればいいだけのことだし(´・ω・`)
それでも労組が反対するなら深夜運用だけ外部委託すればいいだけのことだおね

夜間取引市場がない株式を24時間やる意味があるのかは謎だけど
そもそもCMEみたいなものがすでにあってに24時間常に動いてる市場が存在する
先物取引を24時間取引しないのってむしろそっちの方がおかしいんだおね
国内で最近人気のCFDなんてあたりまえのようにほぼ24時間稼動だし
(まあ正確にいえば22時間くらいだけど)
祝日だってあたり前のようにシステム稼動させて取引できるんだおね(ノ`Д´)ノ

大証の腰が重くてあまりにクソなので最近はCFDの方が優勢だおね(´・ω・`)
くりっく365がやってる「くりっく株365」は取引参加証券がどんどん増えてるし
店頭CFDだとクリック証券が銘柄数をどんどん増やしてほぼ市場を独占状態
ライバルが国内にいない状態なんでうなぎ上りに出来高が増えてる様子。

0316











明らかに市場とパイが目の前に転がってるにもかかわらず
指くわえてなにもしないで見てるだけなんてどんだけ無能なんだって話でそ


ss2286234570 at 06:21|PermalinkComments(0)

2015年09月21日

連休がヒマすぎたらCFDかくりっく株365をしようφ(.. )

アメリカのFOMC=連邦公開市場委員会が利上げの是非を決めた後、日本はシルバーウィークの連休に入るため多くの投資家が株取引を一切できなくなります。そんな中、大勢の個人投資家が詰めかけたのが東京金融取引所が扱う「くりっく株365」のセミナーです。約7万円から購入可能で、日経平均株価や日経平均先物とほぼ同じ値動きをする商品です。専門スタッフが休日も取引を監視するため、東京市場が休みでも欧米市場が開いていれば売買が可能です。
0920











今年のシルバーウィークは土日をつなげて5日間もありますφ(.. )
おそらくゴールデンウィークより長いお休みなんじゃないでしょうか?
天気もよいし行楽日和ですが、すでにヒマすぎて死にそうになってる諸兄も多いでそう
そこでおすすめなのがCFDくりっく株365ですにょ(σ´∀`)σ

昔はSBI証券や楽天証券もCFDを扱っていましたが
国内の取引規制が変更されてしまったことでいつのまにかサービスを終了させました
いま国内でCFDをお客向けに提供してるのはクリック証券とIG証券くらいのもの。
ただ国内シェアはクリック証券が70〜80%くらいあると思われるので
実質的にはほぼ1社独占の市場みたいになってますにょ(σ´∀`)σ
CFD向けのスマホアプリをiPhoneAndroidで提供してるのなんてクリック証券しか
ないので、そりゃここしか選ばれなくなるのも仕方がない話かもしれません(´・ω・`)
日経225だけでなく海外先物も8種類ほど取引できるようです
その他では、原油のCFDも扱ってるので原油をやりたい人には向いてるでそう。

クリック証券は、すでに口座をもってる人なら祝日でもCFD口座を開設することができます。
連休中に今すぐCFDをやりたいという人にとってはこれはけっこうなメリットでそう
おそらく半日か翌日までにはCFD口座を開設することができるはずだお。

取扱い銘柄一覧
https://www.click-sec.com/corp/guide/cfd/lineup/
0921












くりっく株365の詳細
http://www.click365.jp/cfd/beginners/03.shtml

くりっく株365とはわかりやすくいうと上場型CFDのことですにょ(σ´∀`)σ
ただこちらは少し欠点があって、取扱い銘柄数がまだ3つしかありません(´・ω・`)
日経225先物はありますが、商品系や株系の銘柄はなにも扱っていないようです
あと、スマホアプリとかいったそういうものも一切ありません
サービスとしてはまだまだ発展途上といったところですが、これからなんとか
銘柄数を10倍くらいに増やしてせててスマホアプリくらいは対応してほしいところ
連休中は何かと外出する用事が多いおね。家族でお墓参りに行く人も多いでそう
家でしか取引ができず、外では取引も株価監視もできないってのはけっこう欠点でそう。

唯一の長所としては取り扱ってる証券会社数が多いところですにょ(σ´∀`)σ
http://www.click365.jp/cfd/materials/list.shtml
・インヴァスト証券
・岡三オンライン証券
・カブドットコム証券
・マネックス証券


メジャーなネット証券でもそこそこ取り扱いがあるのはいいおね(*´∀`*)ムフー
おそらくこの4社くらいならすでに口座をもってる人がそれなりにいるはずだお
まずは口座にログインして「くりっく株365」口座開設ボタンを探してみてください。
ただしこちらはすぐにくりっく株365口座を開設できるかどうかはやや不明です(´・ω・`)
おそらく1日くらいですぐに口座開設できるところも探せばあると思いますが
細かい仕様各社によってかなり異なるのでログインして自分で調べてみてください

ss2286234570 at 10:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年06月06日

クリック証券、CFD取引専用iPhoneアプリ『iClickCFD』をリリース

GMOクリック証券株式会社は、2015年6月3日(水)より、CFD取引専用iPhoneアプリ『iClickCFD』の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。当社は、この度、先日リリースいたしましたCFD取引専用Androidアプリ『CFDroid』に続き、お客様からのご要望が多かったiPhone専用CFD取引アプリ『iClickCFD』の提供を開始いたしました。
0606













■iClickCFDの特長
1)直観的に操作できるCFD取引専用のiPhoneアプリ
ひとめでトレンドを把握できるウォッチリストをはじめ、直観的に心地よくお取引いただけます。ウォッチリストからトレード画面、注文一覧から注文変更など、関連ある操作が簡単に行えます。

2) ひとめでトレンドを把握できるウォッチリスト
ウォッチリストを活用すれば、気になる銘柄の変化をひとめで把握することができます。単なる値動きのある数値ではなくチャートとして表示できるためトレンドも同時につかめます。

3) 人気のスピード注文をはじめ、さまざまな注文方法もスムーズ
PCと同じ注文方法をiPhoneからも行えます。スピード注文もPCと同じ注文パネルの内容を再現。外出先など、どこにいてもいつもと同じ取引ができます。
0607




4月にCFDのAndroidアプリをリリースしたばかりのクリック証券ですが
今度はiPhone版でもスマートフォンアプリを出してきましたΣ(゚д゚;)
ふつう一番最初に出したスマホアプリってのは「取引できりゃいいや」程度の廉価品ですが
機能面をみるともう改良の余地がほとんどないところまでいきなり作りこまれてるおね
クリックだけで注文できるスピード注文やアプリからの振替入金機能とか
去年の12月にもいきなり中国や米国株を70銘柄ほど追加してアプリまで投入とか
そーとーなハイペースで先行投資してるのがわかります

しかし一方で、クリック証券は日経225先物(ミニ先物もふくむ)専用のスマホアプリは
これまでに一度もリリースしてないという不思議なことをやっています
本来なら開業当初からあつかってる日経225先物のアプリを出す方が先だおね。
今では国内のネット証券ではSBI証券楽天証券松井証券岡三オンライン証券
(マネックス、カブドットコムはよく知らない)
あたりは数年前から先物専用のスマートフォンアプリを出してきていますφ(.. )
なんでCFDのスマートフォンアプリはだすのに先物アプリはださないのかって話だおね。

その理由はたぶん市場シェアにあるんじゃないかと思うんだおね
CFD市場では2012年にはすでにクリック証券が市場シェア60%をもってます
その後さらにCFDから手を引いた証券会社が大量にいたので
今はそれがさらに寡占化されて80〜90%のシェアをもってる可能性が高いでそφ(.. )
ビジネスをやってる人ならわかると思うけど、このシェアって収益に密接に絡んでるんだおね。
参入業者が多くてシェア争いが非常に激しい業界では知名度の高い上位企業が有利です。
例えば、吉野家と松屋とすき屋が並んでる立地に、知名度の低いそば屋がやってきて
試しに牛丼屋をやってみてもまず99.9%の確率で商売は失敗するでそう
(ネット部門が苦手なジョインベスト証券がやったのがまさにこれでそう)
反対に、ライバルがどこにもいない立地に国内NO1シェアのそば屋やセブンイレブンが
やってきて出店すれば、その地域の需要を独占できるので成功しやすくなります

さらにいうと、シェアを独占してると競争原理が働かないんで値下げ競争にも無縁だおね
小型モーター製造で世界シェアが圧倒的の日本電産利益率がすごく高い
そんな大きな市場でなくても市場を独占しちゃうと大きな旨味があるってことでそ。
工作機械製造大手のファナックなんてシェアが高くて利益率高いし大儲けしてるおね

クリック証券のツールをみると明らかに二極化やってるのがわかります
(ライバルに価格コントロール、市場コントロールを握られてない市場では)
市場シェアが高いFXやCFDはPCツールやスマートフォンアプリを徹底的に作り込むけど
その他の市場シェアが低い株式や先物ではあまり先行投資をしていません。
株式だとまだ貸し株もないし信用取引の種類も多くなくて、むしろ最小限に抑えてるおね
利益もそれなりに稼いで資金もあるはずなのに戦線の拡大は明らかに抑えてます。
要は、大手のSBI証券や楽天証券と正面衝突することを意図的に避けてんだおね。
一方の岡三オンライン証券やジョインベスト証券は真正面から大手と衝突してます。
岡三オンライン証券は商品ラインナップは年々増えていく一方ですにょ(σ´∀`)σ
株式やFXだけでなく日経225先物や投資信託でもどんどんツールや機能を増やしてます
もちろんお客目線だけでいえばそれが決して悪いことではないんだけど
商品ラインナップを無闇に増やせば運用コストが増えて損益分岐点も跳ね上がります
しかもそれぞれの商品でのシェアが低いので厳しい値下げ競争に晒されています
強者と真正面から戦ってるわけですから累積損失100億円の原因はまさにこれでそう

同じ後発のネット証券ですが、クリック証券と岡三オンライン証券は
まったく異なった戦略でSBI証券や楽天証券と対峙してるってことでそうφ(.. )
クリック証券はアメリカとゲリラ戦やったベトナム。岡三オンラインは日本帝国軍でそ。


2015年04月25日
GMOクリック証券がCFD専用のアンドロイドアプリをリリース

2012年11月25日
クリック証券の店頭CFDシェアが60%を超える


ss2286234570 at 08:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年04月25日

GMOクリック証券がCFD専用のアンドロイドアプリをリリース

GMOクリック証券株式会社は、2015年4月23日(木)より、CFD取引専用Androidアプリ『CFDroid』の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。

0430














■CFDroidの特長
1)スピード注文をはじめ、さまざまな注文方法に対応
PCでの取引環境と同様にすべての注文方法がアプリで行えます。人気のスピード注文もPCと同じ注文パネルの内容を再現。外出先や移動中でも、いつもと同じ取引ができます。
2) ひとめでトレンドを把握できるウォッチリスト
ウォッチリストを活用すれば、気になる銘柄の変化をいつでも、どこでも簡単に把握することができます。単なる値動きのある数値ではなくチャートとして表示できるためトレンドも同時につかめます。
3)少ないタッチでチャートをチェック
チャート表示はピンチイン・アウトを活用し、見たい部分をより細かく確認する事ができます。テクニカルを重ねて表示しながら、細かな変化を見逃さずに分析が行えます。


クリック証券がCFD専用のアンドロイドアプリを4/23(木)にリリースしたようです。
少しおどろいたのが機能性の部分ですΣ(゚д゚;)
細かい機能や操作性も読んでみたんですがそうとう作り込んであるみたいだおね
たかがCFDでここまでやるか?っていうくらいのオーバースペック。

ふつう一番最初に出したスマホアプリってのは「取引できりゃいいや」程度の機能
だったりするんですが、このアプリはPCで出来る機能をほぼ完全に最初から備えてます
スピード注文くらいならどこのネット証券やFX会社のアプリでも最近はありますが、
スマホアプリ側からの即時入金機能ってのはまだかなり珍しい機能だおね
特にCFDの場合は海外市場が活発な時間に値動きが激しくなるので
夜10時すぎとか深夜2時の指標発表明け方や早朝にもよく動きます。
原油や金やなんて夜中に動くのがほとんどだおね
だからこそ24時間いつでも即時入金できる機能ってのは最重要ってことですにょ(σ´∀`)σ
事実上、PCなんてなくてもスマホアプリさえあればCFD取引が
すべて完結できるので働いてるリーマンからしたら垂涎の品でそうφ(.. )
(原油先物が大好きのかわべりさんなら大喜びしてそう)
今回はアンドロイド版だけですが、まあiPhone版が待ち遠しいところ。

0427



0428



今回おどろいたのが機能性の充実っぷりだおね(((( ;゚д゚)))
そもそもCFDなんてSBI証券や楽天証券やマネックスが撤退してからは
国内では人気が下火になって、すでにサービスが残ってる会社もわずかだからです
残ってるのはせいぜいDMMFX、IG証券、ひまわり証券、サクソ証券とか10社もない
そんな市場の小さい商品でなぜここまでガチ本気なのかなと思うわけですφ(.. )

国内ではかなり狭い市場しか残ってないのにクリック証券だけはなぜかやる気満々
去年の12月にもいきなり中国や米国株を70銘柄ほど追加してますΣ(゚д゚;)
本来なら国内市場がどんどん先細りになってたら普通は投資はしないおね。
なぜなら投資をしても回収しにくくなる可能性が高くなるからです
じゃなんでこんなことやるかっていうとたぶん市場シェアが絡んでるんでそう

一般的にいうと市場占有率が低いと市場コントロールができないので苦しいです
わかりやすい例でいうと、ネット証券に事業に参入したジョインベスト証券だおね。
市場シェアを獲得できないまま最大手のSBI証券や楽天証券と
真正面から衝突して激しい手数料競争に晒されたんで巨額の損失を出しました
わずか3年間で200億円近い損失を出してあっというまに撤退に追い込まれたおね
(MBAの教科書に載ってもいいくらいやってはいけないことを野村證券はやったわけです)

一方、CFD市場では2012年にはすでにクリック証券が市場シェア60%をもってます。
それ以降もどんどん参加業者が撤退してるのでむしろ市場シェアは上がってるでそ
数値が一切開示されてないので詳細はわかりませんが
国内CFD市場の80〜90%以上のシェアを寡占しててもおかしくないおね(`・ω・´)
ちなみに市場シェアが80%を超えると市場競争力(いわゆる値下げ圧力)が
一切機能しなくなるので圧倒的なブルーオーシャンに変化します
わかりやすい例でいうと、1990年までの任天堂がまさにそうでしょう。
セガサターンやプレイステーション登場前の国内家庭ゲーム機市場を
完全に独占して圧倒的な収益と利益を叩き出してたのを思い出せばいいおねφ(.. )

クリック証券って他の市場でもほとんど同じことやってんだおね。
SBI証券と楽天証券が二強を誇ってる証券事業では明らかに先行投資を控えてます
貸し株もないし、投信もないし、特殊注文も少ないままだおね(´;ω;`)
一方でFX、CFD、バイナリーオプションみたいなSBI証券や楽天証券の力が弱い
(つまりライバルに価格コントロール、市場コントロールを握られてない市場では)
過剰なくらいに先行投資をして市場シェアを拡大しようと躍起になってます
そういう経営姿勢だからこそ早い段階で黒字転換できたんだろうし
ほぼ同時にネット証券を立ち上げたジョインベスト証券との生死を分けたんでそ。



2014年02月21日
ひまわり証券がCFDサービスの廃止を発表

2012年12月07日
ついにSBI証券までもがCFDの廃止を発表(((( ;゚д゚)))

2013年03月26日
CFDの取り扱い業者が次々と撤退へ

2012年11月25日
クリック証券の店頭CFDシェアが60%を超える


ss2286234570 at 07:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年11月19日

GMOクリック証券、米国株・中国株CFDに参入

2014年12月1日より、当社CFD取扱銘柄に米国株式市場上場の個別株52銘柄、中国株式市場上場の個別株20銘柄を新たに追加いたします。これにより、AppleやGoogle、Amazon、Facebook、スターバックスなど身近な企業の銘柄や、世界第2位の経済大国である中国の有名企業の銘柄も取引ができるようになります。
1111






手数料が0円
GMOクリック証券のCFD取引では、取引手数料はいただきません。
売りからの取引が可能
現物取引とは異なり、外国株CFD取引では空売り注文が可能なため、株価の下落局面からでも利益を狙えます。
レバレッジ最大5倍
レバレッジ(最大5倍)を効かせた取引が可能であるため、少額からの取引が可能です。


数日前、日経でクリック証券が米国株CFDをはじめるというニュースが載ってました。
てっきり米国株だけかと思ってたら中国株のCFDも同時にやるようですΣ(・ω・ノ)ノ
まあ個人的には中国株のCFDなんて何の興味もないですにょ(σ´∀`)σ
中国株は情報開示もいい加減だし、市場自体のかんりもけっこう適当なんで触りたくないおね
こんな市場の銘柄にレバレッジ掛けて取引とかまじで勘弁してくれってとこでそ。

最近はマネックス、楽天証券あたりが米国株の取引に力を入れています
でも、買いしかできない現物取引なんて正直いってかなりつまらんでそう。
なんつーか収益の機会をあんまりイメージできないんだおね
米国株の面白くないところはレバレッジが効いてないことと売りから入れないこと。
どうせ米国株CFDもスプレッドでかなり抜かれそうな嫌な気がしますが、
レバレッジが5倍なのと、売りから入れるってところだけはまあ多少は評価に値するでそ

とはいっても米国株の情報は国内だとどうしても入手しにくいし、入手までに時間もかかります。
そんな不利な状況でわざわざレバレッジ聞かせて取引するのはちょっとリスクが高いおね
CFDをもしやるなら日経225先物くらいで十分じゃないかと思います。
手数料が0円とかあるけど結局はスプレッドでコスト掛かるから低コストではありません
CFDの唯一いいところは日経225先物より取引時間が長いこと。
平日の明け方も取引できるし、なにより日本市場が閉まっている祝祭日でも
CFDは取引できるのでこの点だけはまあ評価できるかなってところでそφ(.. )

個人的には株の夜間取引や夕場取引なんてどうでもいいし、やる意味もないと思いますが
日経225先物だけは深夜・明け方・祝祭日もすべてやってほしいです
これ絶対に需要あるはずなんで、なんでやらないのかさっぱり理解できません(´・ω・`)
株なんてボラティリティ低いから動かない夜間や明け方にやってもあんまり意味ないおね。
やるんならダウや為替に激しく連動してくれる日経225先物TOPIX先物でそ
この取引時間だけはなんとか延ばしてくれないものかといつも思います


ss2286234570 at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)