yogurting ヨーグルティング

ATM銀行

2018年10月18日

ローソン銀が10/15開業 全国1万3000カ所にATM

ローソン銀が開業 全国1万3000カ所にATM
2018/10/15 19:00 日経電子版
ローソン子会社のローソン銀行が15日、開業した。新たな銀行の誕生は、大和ネクスト銀行の2011年以来7年ぶり。ローソンの店舗のほか、北海道の新千歳空港など全国1万3千カ所にATMを設置。キャッシュレス化でATMの利用が減少している中で、店舗網を活用して地域の金融の受け皿をめざす。
個人向けの預金口座のほか、ネットバンキングのサービスも提供する。将来的にはクレジットカードも発行する。ローソン銀のATMは90以上の金融機関と提携しており、他の金融機関のキャッシュカードでも振り込みや出金などが可能だ。

ローソン銀行が発足、キャッシュレス決済にも注力
2018年9月10日 Engadget 日本版
事業面では、ローソンから引き継ぐATMビジネスを稼ぎ頭に、そこで得た利益を新たな事業部に投資する方針です。そのほか、開業から1・2年でコンビニで買える投資信託などの資産形成サービスを提供するほか、電子マネーをATMで現金化するサービス、釣り銭の自動積立サービスなどを提供。地域金融機関と連携した機能の開発にも取り組み、消費者と提携金融機関・ローソン実店舗がつながる新しい金融コミュニティを構築するプラットフォーム・ビジネス展開を目指すとしています。


ローソン銀行が11月15日に開業したようですにょ(σ´∀`)σ
設立準備をはじめたのが2015年11月頃だからちょうど準備に3年ってとこだおね
ネット銀行なら本部さえあれば後はネット上でサービス提供やればいいだけど
ATM銀行のローソンはそもそもATMを大量に製造するのにまず時間がかかるし
そのATMに入れておく資金を調達したり、店舗にATMを配置したりで大変ですΣ(・ω・ノ)ノ
それを3年で準備するってのはかなり大変だと思います。素直にすごい

そして開業にこぎつけたローソン銀行ですが成功はほぼ決定でしょう(●´ω`●)
業績的な意味で失敗する可能性はほぼゼロだし大きく利益を稼げるはず
一方で、ローソンは日販や店舗あたりの来客数がセブンイレブンほど多くないので
セブン銀行の60〜70%程度の売上高と利益になるんじゃないでそか

ただしローソン銀行がいくら預金額を増やしたところで
利用者がローソン銀行で投資信託を購入したりなんてことは期待できないでそ。
ATM銀行にお客が入金してるお金はどこでも好きに引き出して使うためのお金です
決して投資信託や株を買うために預けてるお金ではないんだおね(´・ω・`)
お客(ATMの利用者)ってのはその利用用途と目的のために資金を分けてるので
少なくとも金融商品を購入するための資金をATM銀行にはいれないでそ。

そもそもATM銀行ってのは口座数や預かり残高を増やすとむしろ不利です
セブン銀行に口座を持ってない、それ以外の銀行に口座を持ってる利用者を
コンビニに呼び込んでATMを利用させて稼ぐのがビジネスの根幹ですからφ(.. )
本質的な意味では口座数なんてむしろ少ない方が自行の利益になるんだおね。
そのあたりの原則を踏み外すようだとローソン銀行も収益を失いやすいでそ


2018年08月12日
「ローソン銀行」10月に営業開始

2018年07月29日
これからネット銀行業に参入しそうな会社はどこか?

2018年04月01日
ローソン銀行が2018年秋にも開業する、らしい

2016年12月20日
ローソンがATM銀行に参入したワケは?

2016年10月24日
ローソン 銀行参入の準備会社11月設立。開業は2018年

2016年10月07日
ローソン 2018年にも銀行業に参入か


ss2286234570 at 10:21|PermalinkComments(3)

2016年12月20日

ローソンがATM銀行に参入したワケは?

ローソンが今さらながら銀行に参入するワケ。圧倒的に強いセブン銀行を追撃できる?
2016年12月19日 東洋経済
コンビニエンスストア国内店舗数3位のローソンは11月下旬、銀行業参入に向けて準備会社を設立した。流通業による銀行業参入はセブン&アイ・ホールディングス、イオンに次いで3社目。金融庁の許認可取得を前提に、数年でサービスを開始する見通しだ。
セブン&アイにおいて金融部門は存在感を増している。同社傘下のセブン銀行の2015年度経常利益は371億円。一方、ローソンのATMを運営するローソン・エイティエム・ネットワークス(LANs)は同60億円、ファミリーマートのATMを管理するイーネットは同5.5億円にとどまる。
セブン銀行は自前で銀行を運営している。ATM利用に応じて提携銀行から受け取る手数料収入の多くが自社の利益となり、提携行の拡大や、法人向け決済、海外送金、個人ローンなど独自サービスの展開も自らの判断で行える。
これに対し、LANsはローソンと銀行42社による共同出資会社。手数料収入の利益貢献が限定的であるほか、ローソンが独自の判断で金融サービスを展開することはできない。こうした縛りをなくしたいというのが、ローソンが銀行業参入を決めた理由だ。
1220









そもそもローソンの店舗内にはずっと前からATMが設置済みなのに
どうしてわざわざローソン銀行を自前で作りたいのか謎に思っていたんですが
こちらの記事を読んで理由がよくわかりましたφ(.. )

ローソンやファミマの場合は自前で銀行も所有も運用もしてないので
地銀なんかといっしょに出資している1社でしかないので株をあまり持ってない様子。
だから上手くコントロールもできないし収益もほとんど入らない仕組みのようです。
ローソンの場合は銀行42社といっしょに株を持ち合ってると書いてあるので
ほんと〜〜〜にごく一部しか株をもってないってことなんでそう(´・ω・`)
そりゃ、1社で独占して銀行設立したいという気持ちもわかります

セブン銀行が年間371億円も経常利益を叩きだしてるのを知ったら
「いっちょ銀行設立しるかって考えるのは当然だし、むしろ誰でもそう思うでそ。
「船頭多くして船山に登る」という諺があります
あれってやっぱり正しくて、大株主がやたら多くて株主関係が複雑すぎて
利害調整がしにくい会社や意見調整時間がかかる会社って伸びないんだおね
典型的な例としてはネット銀行のジャパンネット銀行なんてまさにそうでそ(´・ω・`)
逆に株主が楽天しかない楽天銀行は生まれ変わったようにスピード感が出ています

42の銀行が出資しあって作ったローソン・エイティエム・ネットワークス(LANs)よりも
大株主がほぼローソンしかないローソン銀行作った方がいいに決まってるにょ(σ´∀`)σ
もちろん色んな障害や交渉ごとも山積みかもしれないけど
ローソンにとっては自前で銀行作るのが最善の手であることは間違いありません
あーだ、こーだ言うだけ時間の無駄なんでもう腹決めてやるしかないでそう(`・ω・´)


コンビニ業界2番手、ローソンが銀行をつくる理由とそのビジネスモデル

2016年10月24日
ローソン 銀行参入の準備会社11月設立。開業は2018年

2016年10月07日
ローソン 2018年にも銀行業に参入か


ss2286234570 at 04:41|PermalinkComments(3)

2015年11月20日

ローソン:銀行業務参入を検討 16年にも新銀行を設立

ローソンが銀行参入の可能性を探っている。20日、「企業としてのさらなる成長のため、様々な経営上の選択肢を模索している」とのコメントを発表し、検討を進めていることを認めた。コンビニエンスストア業界では最大手のセブン&アイ・ホールディングスが傘下にセブン銀行を持ち、ファミリーマートはジャパンネット銀行と資本・業務提携に向けた協議を重ねている。
コンビニ2位のローソンは全国に1万2千店を展開する。みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行と共同出資で設立したローソン・エイティエム・ネッ トワークス(東京・品川)を通じ、1万1千台のATMを設置。提携する金融機関の預金の引き出しや預け入れ、振り込みなどのサービスを提供している。 
ここ数年はセブン―イレブン・ジャパンが年間1500店規模の出店を継続し、セブン銀行にとってはATMの設置台数の伸びが手数料収入の拡大につながる好循環がある。セブン&アイは16年2月期に見込む金融事業の営業利益は前期比6%増の500億円。グループの連結営業利益の13%を金融事業で稼ぐ。コンビニではローソンも、3位のファミリーマートも1万店を超す店舗を持ち、ATMの設置を進めてきた。にもかかわらず、収益力でセブン&アイとの格差が開いた背景には自前の銀行がないこともある。
ローソンが傘下に銀行を設ける最大の狙いも店頭のATMから上がる手数料収入の取り分を増やすことだ。さらに全国に広がる店舗網を生かし、自前の銀行の預金口座を獲得できれば、その口座の手数料は全額ローソンに入る。ファミマの中山勇社長は「金融とインターネット事業を組み合わせた新たなサービスが必要」とセブン&アイの戦略の追随も示唆する。
※メールアドレスを登録すれば月10本まで無料で記事が読めるようです。
1120









セブン銀行、今期最終を1%上方修正・最高益予想を上乗せ
セブン銀 <8410> が11月6日後場(13:00)に決算を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益は前年同期比2.7%増の127億円となった。併せて、通期の同利益を従来予想の248億円→251億円(前期は232億円)に1.2%上方修正し、増益率が6.8%増→8.1%増に拡大し、従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

セブンイレブンに続いてローソンも銀行業に参入するようですにょ(σ´∀`)σ
今回の場合はいわゆるネット銀行ではなくセブン銀行と同じ「ATM専業銀行」だおね

でもすでにローソンには専用のATM自体は存在しています。
それを一旦は終了させて一から自前のATM銀行を作りますってことなんでそうφ(.. )
記事を読む限り、ローソンが自前のATM銀行を作りたい理由は「収益力」にあるようです
ローソンにもファミリーマートにもすでに自分が出資してるATMは存在しています。
しかし、そのATMで利用者が入出金してる先の口座はすべて国内の大手銀行の口座だおね。
つまりいくらローソンやファミリーマートにやってきたよいお客(稼働率のよいお客)がいても
そのお客が使ってる口座から発生する手数料はすべて大手銀行の懐に入ります
これではローソンやファミリーマートはお客を紹介するだけになってるのであまり儲かりません
そこで自前の銀行を設立して利益をすべて自分の財布に入れてしまおうという考えのようです。

セブン銀行は年間で370億円の営業利益を稼ぐ超優秀な子会社だおね
しかもセブン銀行を上場させたことによって株を売却ししたことで実際にはもっと儲けてます
ローソンも今のままだと一生セブン&アイグループに追いつけないと考えて
自前の銀行設立というセブンをそのまんまパクる戦略に出たいようですにょ(σ´∀`)σ

おそらく将来的にセブン銀行にはそれなりのマイナス影響が出てくるかもしれません
ローソンがほぼセブン銀行をそのままパクったような事業を展開するってことは
おそらくセブン銀行が現在やっているようなサービスや事業をそのままマネされるってことでそ
ローソン銀行がほとんど似たようなサービスをしかも安く提供してくる可能性があるので
そうなるとどうしてもセブン銀行も値下げに応じなければいけない可能性があるからです
少なくとも単独で値上げ(ATM利用料の引き上げ)を非常にやりにくくなるってことだおね(´・ω・`)

セブン銀行(8410) 563円 −4円 (−0.71%)
http://kabutan.jp/stock/?code=8410
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8410.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
2011年10月の安値140円から2015年4月の高値661円まで4.72倍まで上がっています
これまではライバルのいない独壇場で稼いでたわけですが
2016年にもローソン銀行が参入してきたらおもいっきりマイナス材料視されやすくなりるでそΣ(゚д゚;)
24時間稼動するATM専業銀行のローソン銀行の存在はゆくゆくライバルになるでそう。


2015年07月01日
あおぞら・GMO、ネット銀共同設立検討を発表
2013年09月25日
銀行のコンビニATM有料化の流れが強まる


ss2286234570 at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)