yogurting ヨーグルティング

銀行株

2023年09月23日

9/22株式市況 〜FRB、年内1回の追加利上げを匂わす〜

日経平均続落、終値168円安の3万2402円
2023年9月22日 9:09 日本経済新聞
22日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落し、前日比168円62銭(0.52%)安の3万2402円41銭で終えた。前日の米株式相場の下落を受け、投資家心理が悪化。東京市場では値がさ株を中心に売りが優勢だった。ただ日銀が22日の金融政策決定会合で大規模な金融緩和策の維持を決定したことで金融政策への不透明感が和らぎ、日経平均は下げ幅を縮める展開だった。
21日の米株式市場では米金融引き締めが長期化するとの見方が引き続き強く、主要3指数が軒並み下落した。米長期金利が約16年ぶりの高水準まで上昇したこともハイテク株の重荷として意識され、寄り付き直後に日経平均は下げ幅を400円強まで広げる場面があった。
午後に入り、日経平均は下げ幅を縮小した。日銀は22日に開いた金融政策決定会合で金融緩和策の現状維持を決めた。想定外のサプライズへの警戒感が後退し、短期筋を中心に日本株を買い戻す動きが優勢となった。もっとも22日の取引終了後に植田和男総裁の記者会見を控え、様子見ムードは強かった。

FRB当局者、追加利上げの可能性を警告 「インフレ高すぎる」
2023年9月23日午前 6:23 ロイター
米連邦準備理事会(FRB)当局者は22日、FRBが今週の会合で金利据え置きを決定した後も、一段の利上げの可能性について警告した。当局者らの発言は「忍耐」などといった言葉で和らげられていたものの、金利がなお引き上げられる可能性のほか、これまでの予想よりも長期にわたり金融政策が引き締まった状態にとどまる可能性が高いとの考えを強調するものだった。
0920




 ※動画あり



FRBは9月の利上げを想定通りに見送りましたが年内もう1回の利上げ可能性を示唆
微妙なのが「年内にもう1回利上げする」とも言ってないし、しないとも言ってません。
ある程度のバッファを持ちつつとりあえずもう1回するかもと示唆はした様子φ(.. )

足元で原油価格が上がってるんでFRBはこれを警戒してるんだろうとも言われてます。
たしかに原油先物のチャート見てると週足だと1バレル100ドル行きそうな感じはします
日足だとそこまで感じませんが、週足チャートだとかなりの強さを感じさせます。

WTI原油先物チャート
https://fu.minkabu.jp/chart/wti
0910













NASDAQチャート
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart
0910











足元ではFRBの金利政策がタカ派であることを警戒してかNASDAQもダウも下げてます
NASDAQの月足チャートを見てると、13,000あたりまで押しそうに感じますねφ(.. )
来週もしばらくは底値探しみたいな弱気の展開になりそうなチャートです

東証では「日銀が22日の会合でいきなり金融緩和を終了するんでは」「マイナス金利終了するかもなどと警戒感が強かったようで一時はマイナス400円の下げ
しかし日銀の政策になんの変更もなく金融緩和継続と発表されたことで買い直しが入り、大引けではマイナス168円と下げ幅を縮めての終了となったようですね(´・ω・`)
何か悪い材料が出るんじゃないかとあまりにも身構えすぎたことで下げたのでしょうか

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 1,331円 +13円 (+0.99%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8306
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8306.T/chart
9月22日の相場で個人的にはメガバンや地銀の株価が強かった点が驚きでしたΣ(・ω・ノ)ノ
てっきりマイナス金利終了を期待してずっと上げてきてるのかと思っていたので。
その材料が見送りでむしろ出そうな気配すらなかったんで期待外れで下げるのかなと思っていたら、後場からも盛り返して株価は強いままで引けたからです

みずほフィナンシャルグループ(8411) 2,710.5円 +36円 (+1.35%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8411.T/chart
PER11.3倍、PBR0.72倍とメガバンの中では一番割安感あります。いままでずっと叩かれやすいポジションでしたたが、マイナス金利が終了したらまだ上がるんでしょうか
年足チャート見てると4,000円くらい行くのかなって思ったりもしますけど(´・ω・`)

楽天銀行(5838) 2,458円 +61円 (+2.54%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5838
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5838.T/chart
マイナス金利終了ネタでもほとんど上がらなかった楽天銀行が前触れもなく上げました
さすがに今回9月22日にマイナス金利終了はないだろうと思っていたので、少し加速しすぎだった楽天銀行の持ち株を一部売って一旦換金しました
1,800円あたりで購入してる分はホールドですが、もう少し高めで保有してる分は売却
それでも保有分の70%はそのまま残してるので、押し目でまた買い直しときます(´・ω・`)




ss2286234570 at 07:18|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年09月11日

9/11株式市況 〜YCC撤廃&マイナス金利終了で高級ヒー〜

マイナス金利解除「物価上昇に確信持てれば選択肢」…植田日銀総裁インタビュー 
2023/09/09 05:00 読売新聞
日本銀行の植田和男総裁は、読売新聞の単独インタビューに応じた。賃金上昇を伴う持続的な物価上昇に確信が持てた段階になれば、大規模な金融緩和策の柱である「マイナス金利政策」の解除を含め「いろいろなオプション(選択肢)がある」と語った。現状は緩和的な金融環境を維持しつつも、年内にも判断できる材料が出そろう可能性があることも示唆した。
植田氏は、短期金利をマイナス0・1%とするマイナス金利政策の解除のタイミングについて、「経済・物価情勢が上振れした場合、いろいろな手段について選択肢はある」と回答。さらに、「マイナス金利の解除後も物価目標の達成が可能と判断すれば、(解除を)やる」と述べた。
具体的な時期は、現状では「到底決め打ちできる段階ではない」とした。来春の賃上げ動向を含め、「年末までに十分な情報やデータがそろう可能性はゼロではない」とした。
日銀は7月の金融政策決定会合で、長期金利を0%程度に操作する金融緩和策「イールドカーブ・コントロール(YCC)」の上限を事実上1・0%にした。植田氏は長期金利が当面は届かないだろう水準に設定したことを「リスクマネジメント(危機管理)」と表現。「経済・物価見通しが上振れした時に、日銀がYCCを意図しない形で放棄するようなことに追い込まれるリスクもゼロではなかった」と説明した。

金融緩和「静かな出口」探る、賃上げ見極めは「年末」…日銀・植田総裁インタビュー 
2023/09/10 02:39 読売新聞
日本銀行は、金融緩和を縮小する段階に入った。植田和男総裁はインタビューで、7月の金融政策修正を金融緩和策の「効果と副作用のバランスを変える仕組み」と表現した。今後の焦点は、日銀が模索する、市場に大きな影響を与えない静かな「出口」だ。
「(来春の賃上げが)十分だと思える情報やデータが年末までにそろうことも可能性としてはゼロでない」
物価上昇の定着においてカギを握る賃上げの動きを見極める時期として、年末の可能性を挙げた。植田氏は、海外経済も含め「見えない部分がある」とも語り、慎重に考える姿勢を示した。
日銀は13年以来、世界でも前例のない大規模な金融緩和を続けてきた。市場に出回るお金の量(マネタリーベース)は約5倍に膨らみ、日銀の総資産も当時から約5倍に達した。金利を抑えるため、流通国債の約半分を日銀が抱える。
日経平均株価は今夏、3万3700円台と、バブル後の最高値を更新し、不動産価格なども上昇している。植田氏は「バブルのような不均衡はいまのところない」とする一方、緩和を続けつつも「(金融政策が後れをとる)ビハインド・ザ・カーブは、積極的に許容するというわけではない」とも語った。
0910


週末にいきなり出てきた読売新聞での植田日銀総裁の謎のインタビュー記事Σ(・ω・ノ)ノ
ふつうは日経新聞が日銀関係者にインタビューして記事書くのが圧倒的に多いのですが
今回はなぜか読売新聞の突発的なインタビュー記事で相場が大きく動きましたΣ(゚д゚;)

記事の内容としては必ずしもYCCの撤退といった表現やそれに触れたヵ所は見当たらないように思われえますが、マイナス金利の解消というか終了については触れています。
年内にも判断材料がそろえば2024年にもマイナス金利を終了させるというふいんきです。
ドイツ証券の予想では年内にもYCC撤廃2024年1月にマイナス金利終了だそうです。

現状において世界各国はインフレ対策として金融引き締めと利上げを実施している一方で、
日本だけは金融緩和とマイナス金利を実施してるので物価が上がりやすく円は売られやすい状況なので、あまり悠長に待ってからYCC解除やマイナス金利終了はしないでそ
あまり先延ばしにしてダラダラやれば円安に歯止めが効かなくなる懸念もあるからです。
ドイツ証券の予測が正しいかどうかはさておき、マイナス金利の解消については年内に材料を揃えて来年2024年の前半にも判断てのが妥当ではないでしょうか

マイナス金利を導入したのは前日銀総裁の黒田総裁時代に遡る話ですがφ(.. )
たしかマイナス金利導入時はメガバンや地銀の株価が下落したのをうっすら覚えてます。
このブログでもネット銀行の業績を四半期ごとに比較しているので、マイナス金利導入時には特に大和ネクスト銀行や住信SBIネット銀行の業績が落ち込んでたのも覚えています
たしか大和ネクスト銀行は営業利益が40〜50%減少し、住信SBIネット銀行は15〜20%くらい営業利益がいきなり減少していたはずですΣ(・ω・ノ)ノ
一方で楽天銀行は資金運用による収益依存が低かったのでダメージはあんまり無しでした。
(逆にいえばマイナス金利解消による業績回復は銀行によって差異が大きいってこと)

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306) 1,317円 +40円 (+3.13%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8306
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8306.T/chart
時価総額:16兆7,097億円

三井住友フィナンシャル・グループ(8316) 7,419円 +50円 (+0.68%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8316
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8316.T/chart
時価総額:9,231億円

みずほフィナンシャル・グループ(8411) 2,624円 +24.5円 (+0.94%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8411.T/chart
6兆6,643億円

楽天銀行(5838) 2,024円 +63円 (+3.21%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5838
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5838.T/chart

住信SBIネット銀行(7163) 1,549円 −6円 (−0.39%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7163
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7163.T/chart

あらためてメガバンクのPERとかPBR見てると少し前の商社みたいに非常に割安ですよね
実際そうなるかどうかはわからないけど、わりと1年後くらいに2倍くらいに上がってる可能性も実は結構あるんじゃないかなって感じる部分があります(´・ω・`)
割安割安って言われてた大手商社とかもあっという間に上がっちゃいましたからねΣ(゚д゚;)
※記事書き始めたのは9/11ですが株価についてはわかりやすいよう最新の値にしてます。

資金運用を大きく手掛けているメガバンクや大手地銀にとっては、マイナス金利の終了は利ザヤ回復に貢献するので業績には大きく寄与しそうです
ただ資金運用なんてあまりやってなそうな小さめの地銀なんかについてはそれほど業績が大きく回復するかって言われたら疑問も残るところです(´・ω・`)


ss2286234570 at 20:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年03月31日

3/31株式市況 〜PBR1倍割れ対策で株価上昇?〜

東証大引け 反発し2万8000円台回復、金融システム不安後退 東証要請も意識
2023年3月31日 15:28 日本経済新聞
31日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比258円55銭(0.93%)高の2万8041円48銭で終えた。2万8000円台を回復するのは10日以来、3週間ぶり。米銀破綻に端を発する金融システム不安が後退するなか、欧米株が上昇した流れを受けて堅調に推移した。
米シリコンバレーバンク(SVB)が10日に経営破綻して以降、米金融当局の対応もあり市場が懸念したような銀行の連鎖破綻は起きなかった。欧米の株式相場の戻り基調に合わせ日本株も上昇した。リスク回避の円買いが一巡するなか、円相場が一時1ドル=133円台半ばまで下落し、トヨタなどの輸出関連株を中心に上昇した。
朝方に経済産業省が発表した2月の鉱工業生産指数(速報値)は市場予想を上回る伸びとなり、製造業の生産回復への期待が高まった。東証がPBR(株価純資産倍率)1倍を下回る企業を中心に経営改善を要請する案を示したこともあり、日本製鉄などのバリュー(割安)株の上げが目立った。
東証株価指数(TOPIX)も反発し、前日比20.18ポイント(1.02%)高の2003.50で終えた。2000を上回るのは13日以来、約2週間半ぶり。東証プライムの売買代金は概算で3兆7422億円、売買高は14億2527万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1279銘柄と約7割を占めた。値下がりは477、変わらずは78銘柄だった。
三井物、太陽誘電、HOYAが上昇。三菱UFJ、鹿島、信越化も高かった。半面、郵船、シャープ、JTは下落した。

東証、低迷日本株に警鐘 PBR1倍割れで改善策要請
2023年3月31日 15:27 日本経済新聞
東京証券取引所は31日、PBR(株価純資産倍率)が1倍を下回る上場企業などに、株価水準を引き上げるための具体策を開示・実行するよう要請した。取引所としては世界的にも異例の取り組みで、低迷する日本株をテコ入れする狙いだ。
東証はプライムとスタンダードの2市場に上場する約3300社に対し、資本コストや株価を意識した経営に取り組むよう求める通知文を出した。PBR1倍割れは「成長性が投資者(株主)から十分に評価されていないことが示唆される1つの目安」と問題視した。
2市場でPBRが1倍未満の企業は直近の終値ベースで約1800社と全体の5割強を占める。時価総額上位の銘柄ではトヨタ自動車や三菱UFJフィナンシャル・グループ、ソフトバンクグループなどが該当する。世界と比べて日本市場の魅力は低い。日本では大型株に限ってもPBR1倍割れが4割を占める。欧州は約2割、米国は1割未満にとどまる。
0331















キャプチャ


東証がPBRが1倍を下回る既存の上場企業に対して、株価水準を引き上げるための
具体策を開示・実行するように要請したことが最近話題になってますねφ(.. )
PBRが低い大手銘柄として有名なのは銀行とか商社とか鉄鋼銘柄になりますが、
このあたりの企業がこれからどれほど本気で対策を打ってくるのかが注目されるでしょう

今回の要請内容は、単純に配当を増やすとか自社株買いのような短期的施策ではなく
長期的に企業が方針を示して株価を上げる対策をとるようにと記載されてます(´・ω・`)
とはいえ、増配や自社株買いをやるなとは書いてないので期待はあるでしょう

ぶっちゃけ、銀行株が安いのは一概に企業の責任ではなく金融庁の責任もあるでしょう
20%とか30%買うには金融庁に申請して許可が下りないと買えないので手間がかかります。
銀行は公的な面を持つ機関なので、第三者が急に大株主になると銀行の経営が混乱するので、
預金者にも大きな影響が出るということでこういった規制が今でも存在しています
日本では、特定の第三者が銀行株を大量に買おうとしたら都度金融庁の許可が必要なので
手間がかかって面倒なのでファンドや機関投資家も銀行株を買うのに乗り気ではないです

SBIが新生銀行の株を買う時もこの規制があったので結構時間がかかってました。
買う理由や目的など細かく申請し、許可が下りないと大口で買い付けできない仕組みなので
下手したら半年とか1年以上あるいはもっと待たされる可能性があるわけです

正直なところいくら何でもこの規制は現在においてはやり過ぎではないかと思います
せめて1ヶ月以内とか2週間以内に申請内容を審査して判断して通達するとか
そういった期間を明示するくらいの内容は盛り込んでスピードアップすべきでそね

まずは前回3/31に狙っていた銘柄の振り返りをここでしてみますφ(.. )

牧野フライス(6135) 4,855円 +70円 (+1.46%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6135
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6135.T/chart
牧野フライスは日経が上がると機械的に買いが入ってきて上がる傾向が強い銘柄です。
これは牧野フライスに限らず、機械銘柄セクター全般に言える部分もありますが、
特に牧野フライスはその傾向が強いので、自分でもよく売買して儲かりやすい銘柄だお
ちょうど4,600円前後の支持線が支えたところで買い放題だったので仕込みました。
実際は5,000円まで待つという考えもあるけど、4,900円前後でほぼほぼ利益確定しました

丸紅(8002) 1795.5円 +45.5円 (+2.60)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8002
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8002.T/chart
丸紅は伊藤忠は前から狙ってたけど今回指値を出していたのは丸紅のみでしたφ(.. )
結論からいうと、1,660円前後に出してた指値が約定せずにスルーされてお終いでした
すこし前は地合いも不安定だったし不透明感もあったので指値が積極的ではなかったので
今になってみればもっと指値を高くしてたくさん買っておけばよかったと後悔してます

JFEホールディングス(5411) 1,679円 +62円 (+3.83%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5411.T/chart
丸紅の代わりに購入したのはJFEです。
商社銘柄はテクニカル的に買いにくい銘柄が多かったので鉄鋼銘柄を配当狙いで購入。
新日鉄はテクニカル的に「ウーン」って感じだったのでJFEを選択しただけですφ(.. )
JFEは週足や月足チャートで見ると支持線が支えており1,540〜1,560円あたりの支持線が非常に固そうだったし、配当もいいので狙ってた銘柄です。
今回の東証のPBR1%割れ銘柄への要請という情報が出たからなのか株価が急上昇してあっさり売り指値が約定して売却したので現在はすでに保有してませんφ(.. )
今になって思えば、もう一発上げそうなので来週まで保有しとけばよかったなと後悔中


ss2286234570 at 16:49|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年01月21日

1/20株式市況 〜どうなる銀行、メガバン株〜

東証大引け 反発、高値引け 中国景気回復とコロナ5類移行に期待
2023年1月20日 15:26 日本経済新聞
20日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比148円30銭(0.56%)高の2万6553円53銭の高値引けで終えた。中国が新型コロナウイルスを抑え込む「ゼロコロナ」政策の終了により景気が上向くとの期待感が支えとなった。同日のアジア株が総じて上昇したことも投資家心理を上向かせた。
業種別では、中国経済の回復期待を背景に鉄鋼や空運、海運など景気敏感株の上昇が目立った。岸田文雄首相が20日、新型コロナウイルスの感染症法上の扱いを巡り季節性インフルエンザと同じ「5類」へ今春に移すよう指示したことも国内経済の支援材料になるとの見方につながった。
東証プライムの売買代金は概算で2兆2935億円。売買高は9億5227万株だった。東証プライム市場の値上がり銘柄数は1320と、全体の約7割を占めた。値下がりは429、変わらずは88だった。

三井住友FGなど金融株が売られる、日銀YCC現状維持で利ザヤ改善期待しぼむ
2023年01月18日12時43分 Kabutan
三井住友フィナンシャルグループ<8316>が後場一段安となった。日銀はこの日まで開いた金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決めた。イールドカーブ・コントロール(YCC)の運用に関しては、長期金利の変動許容幅の上限を0.50%程度で据え置いた。市場の一部では変動幅の拡大に対する思惑があった。

三菱UFJ、三井住友FGなどメガバンクに強弱観対立、決定会合通過後も注目度高い
2023年01月19日09時06分 Kabutan
三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>三井住友フィナンシャルグループ<8316>みずほフィナンシャルグループ<8411>は売り優勢。ただ、メガバンクに対する投資家の注目度が急速に高まるなか強弱観が対立、下値では押し目買いも観測される。前日の日銀金融政策決定会合の結果はイールドカーブ・コントロールの許容変動幅拡大など政策修正の動きはみられず、メガバンクにとってはネガティブ材料となり失望売りを誘発した。しかし、売り一巡後は下げ幅を急速に縮小させる動きをみせた。


すこし前は日経が弱くても強くても銀行株だけは上がってる状態だったわけですが
日経がそこそこ底堅い値動きだったんで銀行株も折り返してきてはいますがφ(.. )
まあ明らかに以前のような力強さはなくなってきてジワジワ売られる日が多いですね。

以前のような強い利上げ傾向が薄れてきたからなのか、それとも利益確定売りを浴びてるのか原因は様々ですがおそらくそれら要因すべてが影響してるでしょう。
そもそも株価上がってくると利回り下がってくるんで旨みも減ってきますしね(´・ω・`)
これほど短期かつ急激に上げたら利益確定の売りが嵩んでくるのは当然のことです
個人的にも最近はあまり銀行株は監視しなくなったし、引け後に見るくらいです
(自分が持ってたみずほ銀行の株をすべて売っぱらったんで当然といえば当然ですが)

最近は明らかに鉄鋼セクターがバブルで資金が流れ込んでるんで監視はもっぱら鉄鋼
市場全体でも機関投資家も個人投資家も鉄鋼セクターばかり注目してる地合いなので
銀行セクター自体があまり注目を得てないんで資金が入りにくいのかもしれません

日銀の人事や日銀の動向も銀行株の今後の動きに大きく影響するのは間違いないですが
直近においては黒田総裁が「緩和を継続」と発言してしまっているのでΣ(・ω・ノ)ノ
銀行セクターとしてはやや向かい風で、材料がなければ単独で上がりそうにありません。

また、1/20(金)はドル円の為替が一時130円50銭あたりまで急激に円安に動いたものの
FRBメンバーが次回の利上げ幅を「0.25%を希望」と発言したことで円高に振れました
130円50銭からあっというまに129銭50銭付近まで押し戻されたようです(´・ω・`)
黒田総裁の金融緩和の継続発言でドル円は円安に振れて動いてきましたが、
このままアメリカで0.25%の利上げに縮小となればまた円高圧力が増してきます

このままアメリカの利上げ幅の縮小が続けば、いずれ利下げの話が出てくるのは必定。
特に今回はタカ派のウォラー理事が利下げ縮小発言したことで影響が大きかった様子
タカ派の理事が利上げを容認するってことは利上げは0.25%ってことなんでしょう。

ウォラー理事の発言を受けてダウに比べてハイテク系企業の株価とNASDAQが急騰
タカ派が0.25%の利上げを希望したことでおそらく次回の利上げも0.25に着地でそ。
ここまで激しいインフレと利上げで売られてきたアメリカのIT企業の株価も底入れ
日本のハイテク株も来週は強めに上がっていくんじゃないかと予想してますφ(.. )
アメリカでは大手IT・ハイテク企業の株価が軒並み非常に大きく上がってますね

新日鉄(5401) 2,628円 +73円 (+2.86%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5401
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5401.T/chart

Amazon 97.25 +3.57 (+3.81%)
https://finance.yahoo.co.jp/quote/AMZN/chart

Google 99.28 +5.37 (+5.72%)
https://finance.yahoo.co.jp/quote/GOOG/chart

Microsoft 240.22 +8.29 (+3.57%)
https://finance.yahoo.co.jp/quote/MSFT/chart

FRB理事「0.25%利上げを希望」 FOMCの次回会合で
2023年1月21日 3:06 日本経済新聞
米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事は20日の講演で「(2月の)次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)では0.25%の利上げを希望する」と明言した。利上げを減速して金融引き締めの効果を見極める局面だという従来の見方について「この先も波乱はなさそうだ」と説明した。

米国株15時、ダウ反発 ハイテク株に買い
2023年1月21日 5:02 日本経済新聞
20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発している。15時現在は前日比239ドル61セント高の3万3284ドル17セントで推移している。前日夕に発表した四半期決算を受けて動画配信のネットフリックスが急伸し、ハイテク株を中心に買いが優勢となった。
米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事が20日午後の講演で「次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)では0.25%の利上げを望む」と述べた。前回の0.5%からの利上げ幅縮小を明言し、株買いを促したとの指摘があった。
キャプチャ



ss2286234570 at 08:09|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年01月16日

1/16株式市況 〜さよならメガバン、さよならみずほ銀行〜

東証大引け 6日ぶりに反落 円高重荷 ファストリが急落
2023年1月13日 15:27 日本経済新聞
13日の東京株式市場で日経平均株価は6営業日ぶりに反落し、前日比330円30銭(1.25%)安の2万6119円52銭で終えた。米国のインフレ減速や日銀が一段の政策修正を実施するとの思惑から、外国為替市場で円高・ドル安が進み、投資家心理の重荷となった。前日発表の四半期決算が嫌気されたファストリが8%下落し、1銘柄で日経平均を200円あまり押し下げた。
前年同月比でも上昇率は鈍化した。米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが鈍化するとの見方から、外国為替市場で一時、1ドル=128円台まで円高・ドル安が進んだ。業績の改善期待が後退しトヨタなど自動車株への売りが目立った。
13日の国内債券市場では、長期金利が日銀の許容する変動幅の上限(0.5%程度)を大きく超える場面があった。日銀が来週17〜18日に開く金融政策決定会合で追加の政策修正に動くとの思惑が強まった。金利の先高観が強まり、利ざやの改善を意識した買いが銀行株に集まった。三菱UFJなどメガバンクが連日で昨年来高値を更新。コンコルディふくおかFGなど地銀株も軒並み大きく上昇した。

日本株ADR13日 買いが優勢 みずほFGなど金融高い
2023年1月14日 6:16 日本経済新聞
13日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)には買いが優勢だった。同日に四半期決算を発表したJPモルガン・チェースなどの米銀行株が上昇し、みずほFG三菱UFJ三井住友FGなどに買いが波及した。一方、足元の円高基調が嫌気され、ホンダトヨタソニーGは売られた。
1/14(金)の引けから土曜にかけて、メガバンと地銀の話でネットで盛り上がりまくり(*・ω・)ノ
Twitterでもヤフーファイナンスでもこれでもかという含み益のアップ画像が氾濫
金曜の晩に銀行株のADRが高かったことでこの世の春みたいな楽観論が横行しました🌸

こういうのってまさに典型的な天井フラグと言えるでしょうねφ(.. )

ちなみに今回は銀行株はみずほ銀行しか持ってなかったけど予想外に上がったので
2,000円手前からどんどん売って木曜〜月曜で全部売却し終わりました
その前にもちょこちょこ売ってたんでド天井で売りさばけたわけではないんですが
期待してた以上の高値でみずほ株を売りさばけたのでこれはこれでよしとしましょう

三井住友フィナンシャルグループ(8316) 5,561円 −159円 (−2.78%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8316
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8316.T/chart
0119











みずほ銀行(8411) 2,009円 −34円 (−1.66%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8411.T/chart
0118










まあ個人的には天井フラグがどうとかなんて後付けの話なんでどうでもいいですが
一番気になってるのは昨年2022年1〜2月の銀行株の値動きを思い出すことですよね

2022年1〜2月のみずほ銀行なんてものすごく極端な動きしてるのがわかります(((( ;゚д゚)))
あの時も2021年11月くらいから内外の利上げニュースに牽引されて銀行株が上がって
2月2日の四半期決算日までは強かったのに決算後から少ししてキツイ暴落してます

三菱UFJ銀行や三井住友銀行もほぼ同じような動きをしていますφ(.. )
この時期はアメリカが利上げし始めて日経も激しく急落した時期でもあったんわけで
四半期決算だけで銀行株が総暴落したわけではないだろうけど超エグイ下げでした
直前まで利上げ期待で上げてた銀行株は悲惨なくらい下げて、その後反発してます

2022年1〜2月は内外の利上げや利上げ期待による業績期待で上げてましたが
実際に出てきた四半期決算は期待外れでその後ものすごく叩き売られて下げてます
利上げは確かに銀行の業績を改善させるけど、一朝一夕でいきなり改善するわけじゃないんで、結局時間がかかるから投資家の期待には応えなかったんでしょう

2023年の今回も国内の利上げで銀行株の業績回復で急激に買われてはいますが
だからと言っていきなり足元の業績が回復して決算も良いとは限りません
もしかしたら利上げそのものの効果が出るのはかなり先にズレ込むってことになれば
ここまで買い上げられた株価は、期待を裏切らていきなり大きく下げるかもしれません

そう考えると銀行株は一旦は四半期決算の開示前に売っとくべきと考えますφ(.. )
少なくとも2月の頭くらいまでには一旦売って様子見かなというのが今回の読みです。
(だからって絶対当たるってわけではないけど、過去を参考にしたの予想ってことです)


ss2286234570 at 19:29|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年12月24日

12/23株式市況 〜国策銘柄で高級ヒー〜

電力株がしっかり、東電HD6%高 政府が原発活用の方針決定
2022年12月23日9:36 ロイター
電力株が堅調に推移している。東京電力ホールディングスが6.6%高、東北電力が4.1%高、関西電力が3.1%高、九州電力が2.4%高となっている。午前9時25分現在、東証33業種で電気・ガス業は値上がり率トップ。
政府は22日に開催したGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議で、廃止原子炉の建て替えや運転期間の延長など原発活用の方針をまとめ、これが手掛かり材料となっている。

電力株が軟調相場のなか上昇、原発新増設など盛り込んだ政府方針決定で
2022年12月23日09時53分 Kabutan
東京電力ホールディングス<9501>関西電力<9503>東北電力<9506>中国電力<9504>など電力株が全体軟調相場のなか上昇。電力株を含む業種別株価指数「電気・ガス」は33業種中で値上がり率トップとなっている。政府は22日に開いたGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議で、原発の新増設や建て替え、運転期間の延長などを盛り込んだ基本方針を正式に決定した。これを受け、原発の活用が進むことによる発電コスト低減への期待から、電力株全般に思惑的な買いが広がっている。

電気料金 大手電力10社で来年1月請求分も最高水準に
2022年11月29日 17時30分 NHKニュース
大手電力10社が国の認可を受けた電気料金は、燃料価格の上昇分が料金に反映できる上限に達しているため、来年1月の請求分も12月分と変わらず最も高い水準となっています。
10社すべてで火力発電の燃料価格の上昇分が料金に転嫁できる上限に達しているため、「規制料金」はいずれも12月分と変わらず、現在のプランでは最も高い水準となっています。
1223







1224




 ※動画へのリンクあり






ここ最近は毎年1月になると寒波が来て電力株が上がるというパターンがあるので
2023年1月は例年より寒くなるとか長期天気予報を調べた上で買ったわけですが
実際のところ株価的には今のところほとんど効果はありませんでした(´・ω・`)
ただ年末〜年始に寒波が波状的にきてまたぞろ電力需要逼迫ニュースが流れれば
来年以降もさらに株価をプラスに刺激する可能性はありえるでそう

これまで政府は「原発の建て替えは認めない」「原発の新設は認めない」としましたが、
今回政府は政策を180℃転換して「原発の再稼働」「原発の建替え・新設許可」というかなり踏み込んだ具体的方針に変更したことが注目をされていますφ(.. )
これは政府の政策変更なので仮に岸田が年明けに辞任したとしてもその後継続されます。

これまでは東北大震災のこともあって原発建て替えや新設は全面不許可でしたが
最近のエネルギー価格の高騰とウクライナ紛争以降の資源競争が激しくなってることで
資源の乏しい日本としては原発抜きにはエネルギー問題解決の方法がないと判断にいたり
今回このような大きな政策転換がなされたものと考えられますΣ(・ω・ノ)ノ
燃料のコスト高に苦しんでいた電力会社としては非常に大きな材料になるでそう。
投資の格言にある「国策銘柄を買え」というのはまさにこのことを指しますね
以前から(夏頃?)からニュースにもなってたけど今回のタイミングはラッキーでした

\府が原発再稼働および原発の建て替え・新規建設許可の判断をした国策銘柄
∪府が電力価格引き上げに対して許可を出しており収支が今後も改善しやすい。

1月以降も寒波襲来で電力重要逼迫となれば株価をさらに刺激する。

↓はともかく,箸砲く大きな株価材料になると予想されます(´∀`*)
なんせ国策の大転換ですから長期的に電力会社にプラス寄与が期待できますから。

東京電力(9501) 514円 +15円 (+3.01%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9501
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9501.T/chart
株価的には544円まで上げて超絶上髭なので上値はしばらく重いかもしれません(´・ω・`)
別に来週上げてほしいとかそんな短期目線ではないのでそこはどうでもいいでそ。
7月から4カ月以上ずっとダラダラ下げてたので売りたい人も多かったのでしょう。
ただし最近は材料がそろってきたので長期スタンスで持っていく予定です。
今年の2〜3月は110円ちょっと上げて12月の安値から+40%の上げだったので
11月の安値450円から+40%と計算したら目標価格は630円という数字が出てきます
春になって電力需要の逼迫が薄れたら一旦は再調整して下げる気がしてます。
ということで今回は12月〜1月に600円以上で売る予定で指値を出してあります。
まあ春に少し下げて、その後でまた7月に向かって上げていくと思いますけどね

みずほフィナンシャルグループ(8411) 1,842.5円 68.5円 (+4.0%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8411.T/chart
いつもだったら1,800円でさっさと利確してサヨナラと判断してるところですが
月足チャートが上昇に好転していることから少し長めに持つ予定ですφ(.. )
銀行株は大体いつも春先に上がって3月上旬あたりに天井みたいなパターンですので
遅くとも3月には売ります。銀行は為替の変動で外債で損してる可能性もあるんで
2/2あたりの四半期決算前までに売るのがベストかなと考えています(´・ω・`)
もし2023年に日銀がさらに利上げを容認したら再度上げることもありえるでしょう。








ss2286234570 at 08:24|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年11月30日

11/30株式市況 著名投資家の井村俊哉氏参入、富山第一銀が鉄火場へ

来週の株式相場に向けて= 銀行株“高値圏飛躍”の意味するもの
2022年11月25日17時46分 Kabutan
TOPIX上昇の牽引役ともみられているのが銀行株だ。三井住友フィナンシャルグループ<8316>やみずほフィナンシャルグループ<8411>といったメガバンク、りそなホールディングス<8308>、それに東京海上ホールディングス<8766>など大手損保も含め年初来高値に飛躍している。急騰した富山第一銀行<7184>は別格として、七十七銀行<8341>など地銀株も上昇している。
銀行株は金利上昇時に買われることが多い。それだけに、米長期金利の低下に向けた期待が高まるこの時期になぜ買われるのか。その要因には、さまざまな見方があるが、そのひとつは「来年4月の黒田日銀総裁の退任を意識し、日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策の変更を視野に入れた外国人投資家の買いが流入しているのではないか」(市場関係者)というものだ。いずれにせよ、年末相場に向け銀行株などバリュー株からは目が離せなくなってきた。

富山第一銀がS高カイ気配、著名投資家の井村俊哉氏が大株主入りで関心が向かう
2022年11月25日13時46分  2022年11月25日13時46分
富山第一銀行<7184>がストップ高の水準となる前日比80円高の504円でカイ気配となっている。25日に関東財務局に提出した四半期報告書において、「大株主の状況」の項目に、著名個人投資家の井村俊哉氏が入ったことへの関心が広がり、買い注文が集まったようだ。井村氏による富山第一銀の保有割合(自己株式を除く発行済み株式総数に対する所有割合)は2.22%となっている。
キャプチャ

三井松島の大相場で名を上げた井村さんが今度は富山第一に参入しましたφ(.. )

井村銘柄の実績を見たイナゴ界のイナゴが全集結して買い上げてるようですねΣ(゚д゚;)
最終的な保有割合としてどの程度の数字が示されるのかは今のとこ不明ですけど
決算期待を交えて上がっていた三井松島とは明らかに様相が異なる銘柄なので
今回は三井松島のような相場を作りながら売ってくってのは難易度高いですよね
ぶっちゃけイナゴの塔が天まで届くほど伸びたら売り逃げして終わりなんじゃないでそか

今回は明らかに流動性の低い、時価総額が300億円以下の地銀株を銘柄を買い集めて、
大量保有報告で匂わせてイナゴ集めて株価を釣り上げていく作戦のようです(´・ω・`)
上がったとこでひっそり売りさばいていつの間にか消えていく・・・そんな感じでしょうか。
風説にもならないし、仕手株ってことにもならいので手法としてはよくあるやつです。
批判するつもりはないけどでもちょっと仕手臭い仕掛け方であるのは否定できません

富山第一銀行大株主リスト
https://kabutan.jp/stock/holder?code=7184
1129











富山第一銀行(7184) 568円 −8円 (−1.38%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7184
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7184.T/chart
比較的売り残が多い銘柄なんでできるだけ売りを増やしたうえで玉締めでもして
上がったところで売りさばくとかそんな作戦で仕掛けていくつもりなんですかね
まあ銀行セクターやカード系が強いんで資金は入ってきやすいでしょうφ(.. )

東京電力(9501) 499円 −17円 (−3.29%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9501
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9501.T/chart
夏と冬になると電力がひっ迫して電力消費ネタが騒がれ始めると上がる傾向にあります。
今回は電気料金を大幅値上げというネタもあるので自然と材料視されやすいですね
例年年末までは寒くないけど年が明けてから寒くなって雪が降るようになるので
電力も1月頃から逼迫してきてニュースに釣られて株価も上げる傾向にあるようです
目先は少し押しそうなんで、もし買うんなら480円とかそのへんでしょうか?

Jパワー(9513) 2,118円 −1円 (−0.05%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9513
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9513.T/chart
電力会社だけでなく電力卸の会社もほぼ同時期に動意づいて動く傾向にあります
前回の冬は2一番電気がひっ迫していた2022年2月に株価が急騰していたようです
ちょっと遅れて動いてるんでメイン銘柄からは外れてる気もしますけど(´・ω・`)

みずほ銀行(8411) 1,717円 −6.5円 (−0.38%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8411.T/chart
大手銀行系では月足チャートで一目均衡表の雲を上抜けしてるみずほがいいおね
2022年3月下旬くらいまでは人気化しそうなセクターの気配があります(´∀`*)
銀行とかカード系は資金が流入しやすいセクターですけどテクニカルではみずほかな

スマレジ(4431) 1,574円 −1円 (−0.06%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4431
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4431.T/chart
目先は押しそうですけど月足チャートではかなりいい感じの気配ですね🌸
1,400〜1,460円あたりまで押してきたらかいをけんとうしたいですね。
これからアメリカの利上げ幅が縮小されていくとグロース株が買われてくでしょう。
マザーズ指数が非常にいい感じで強く上げてるので春先までは強気っぽいですおね
まだ物色中なんで銘柄は絞ってないけど新興株は再度買い直しておきたいですφ(.. )
メルカリ3,000円前後で売り抜けたんでもうさわりたくないしどうでもいいけど
新興バブルくささがあるので何かは購入して備えておきたいところです(´・ω・`)

フリー(4478) 3,255円 −80円 (−2.40%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4478
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4478.T/chart
時価総額がそれなりに大きいんでそんなバカバカ上がると思ってはいませんけれど
週足チャートを見てると鍋底型で反転しそうな気配もあって、新興の地合いもよいです。
お金が入ってきたらそこそこ上がる局面があるんじゃないのかなと予想
その他では伸び盛りのアクリートなんかもすごくいいですけどね、押し目じゃないけど。

マザーズ指数を見てると来年の春ころまでに上げの気配売を強く感じますおね
アメリカの利上げ幅縮小ネタでNASDAQが回復し始めたらさらに加速しそうですし。
月足チャートではすでに上抜けしてるんで700〜800回復はかなり固いでしょう
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2516
1128











電力株が高い、東電HDなど6社が月内にも値上げ申請と報じられる
2022年11月22日10時48分 kabutan
電力株が高い。複数のメディアで、東京電力ホールディングス<9501>など電力大手6社が月内にも経済産業省に家庭向け電気料金の値上げを申請する方針にあることが報じられた。これを受け、収益改善への期待感から電力株全般に思惑的な物色が広がっている。報道によると、申請を行うのは東電HDのほかに東北電力<9506>北陸電力<9505>中国電力<9504>四国電力<9507>沖縄電力<9511>。来年4月以降の値上げ実施を目指しているという。

来春の電気代値上げ、沖縄電力、四国電力も申請 政府の想定上回るレベルに
2022年11月29日 17時49分  ITmedia
沖縄電力四国電力は11月28日、家庭向けを含む電気料金(規制料金)の値上げを経済産業省に申請した。2023年4月からの適用を目指す。
沖縄電力は各プランの平均で約39%値上げする考え。一般的な「従量電灯」プランの場合、平均的な家庭(月間260kWh、以下同じ)で現在の月額8847円から1万2320円になる見通しという。
四国電力は平均で約28%の値上げを申請した。利用者の多い「従量電灯A」プランの平均的な家庭は現在の月額7915円から1万120円に上がる見込みだ。



ss2286234570 at 16:48|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加