yogurting ヨーグルティング

郵政上場

2017年01月16日

郵政株、今夏にも追加売却 ゆうちょ・かんぽ株未定

郵政株、今夏にも追加売却 ゆうちょ・かんぽ株未定
2017/1/16 20:17 日本経済新聞 電子版
財務省は今夏にも日本郵政の株式を追加売却する。16日、主幹事証券を募集すると発表した。
トランプ相場を追い風に、株式相場が好転したことが背景にある。
ただ、株式市場では需給が緩むとの懸念が強まり、日本郵政株は16日に5%下落した。株価の動向によっては、追加売却の時期が後ろにずれる可能性もある。
財務省の財政制度等審議会の国有財産分科会で主幹事証券の選定基準を決めた。3月をめどに国内約4社、海外約2社の合計約6社の証券会社を選ぶ。財務省は2015年の日本郵政の上場を受けて、保有株100%のうち20%分を1.4兆円で売却した。今回の追加売却について、財務省は「時期と規模は株式市場などの動向を十分に見て検討する」としている。政府保有株の処分は決算発表や夏季休暇などの時期を避けるため、郵政株の売り出しは最も早くて7月中下旬になる。それ以降であれば9月、10月も候補だ。その時点の株価が低迷していればさらに先送りする可能性もある。
財務省は17年度の特別会計の予算案で最大1.4兆円の売却収入を見込んでいる。
22年度までにさらにもう一回程度売却して、財務省の持ち株比率を3分の1強まで下げる。
初回も含めて合計4兆円の売却収入を確保して、東日本大震災の復興財源にあてることがすでに決まっている。もうひとつの焦点は日本郵政傘下のゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の金融2社株の追加売り出しだ。15年11月の郵政グループ3社の上場の際には日本郵政は金融2社株の11%分を同時に売り出した。
ただ今回の郵政株の追加売却に合わせて金融2社株を売るかどうかは、「現時点で予定はない」(日本郵政広報部)としている。日本郵政の大株主である財務省も「金融2社株をいつ売るかは日本郵政の判断。3社それぞれの事情に応じて適切に対応することが重要だ」(幹部)として同時売却にはこだわらない考えを示唆した。日本郵政はなお利益の9割をゆうちょ銀・かんぽ生命に頼っており、「ゆうちょ・かんぽに代わる収益源が見つからないと積極的には売りにくい」(同社幹部)というのが実情だ。
※メルアドを登録すれば全文読めるようです
0116













当然こうなることはわかりきってたのでもう諦めるしかないでそう(´;ω;`)
郵政3社が上場されるずっと前から同じこと繰り返しでここで書いていますが
この3銘柄は上場そのものが株主の嵌め込みなんだおね
まずそのことを絶対に理解してほしいし、手を出すことはおすすめしません

どうしてもお金をドブに捨てたいとか、政府の債務返済に協力したいという
自己犠牲精神の強いマゾ投資家の人を止める気はありませんが
もし株を買って損をたくないと思うならまず絶対に手を出すべきではないおね

郵政3社のIPOは、東北大震災の莫大な費用を穴埋めするために
政府が換金目的だけのために強引に上場させて売り抜けてるというだけのことです
残念ながら成長性を期待することはものすごく難しいし、値上がりも期待しにくいでそう
すごく長期的に売り浴びせられてズルズルとゆっくり値を下げるとおもいます。
その前例としてはNTTドコモなんてまさにその典型みたいなチャートですお
このドコモの年足チャートをまずゆっくり見ることをお奨めするにょ(σ´∀`)σ

厳しいことをいうと、郵政3社の株を買うというのは投資ですらありません(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
大株主(政府)が換金して債務返済するのを手伝うだけのボランティアだにょ(σ´∀`)σ
その自己犠牲の精神の尊さは決して否定はしませんが
売り抜けてる政府の側から見たら「財布、乙と思われてることを理解すべきでそ

郵政3社の中で一番中身が空っぽで中身がないのが日本郵政です
本業で稼げる仕組みになってないので持ち株を売却すると業績も悪化します
 だいたいいつ見てもこの3社の中で一番下げてるのが日本郵政だったりします。
比較的マシで実業があってそこそこ利益稼げてるのがかんぽ生命だおね。
規模はゆうちょ銀行ほど大きくないけど下げ足はいつも一番遅いですφ(.. )
ゆうちょ銀行は収益力はまあまああるけど、いつ見ても株価は強くありません。

日本郵政(6178) 1,408円 −72円 (−4.68%)

ゆうちょ銀行(7182) 1,344円 −72円 (−5.08%)

2016年02月16日
株主という名の肥やし  〜日本郵政株編〜

2015年11月24日
かんぽ生命(7181)を高値で買ったあほるだー早くも資産が25%溶ける

2015年08月20日
日本郵政株なんて“絶対に”買ってはいけない


ss2286234570 at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月17日

日本郵政3社、はやくも目標株価を引き下げられる

かんぽ生命保険、資産運用環境が悪化で国内証券が目標株価を大幅引き下げ
国内証券の岩井コスモ証券では、かんぽ生命保険の目標株価を大幅に引き下げた事が確認されている。同証券では投資評価は「B」継続しながらも、目標株価については3500円から2350円まで大幅に引き下げている。同証券のアナリストは、「保有契約数の減少が続く可能性があること、金利低下を背景に資産運用環境が悪化している事」を指摘している。市場では、日銀のマイナス金利導入策の影響で、かんぽ生命、ゆうちょ銀行、メガバンクなども資産運用に悪影響が出ることを警戒する動きとなっているようだ。

日本郵政、国内証券が「現在の株価水準には割安感がある」とリポートをリリース
国内証券の岩井コスモ証券が日本郵政のアナリストリポートをリリース。「現在の株価水準は割安感がある。中期的に安定配当が期待できる銘柄との見方に変わりない」とポジティブな見解を示す一方で、投資判断を「B+」を継続、目標株価に関しては2250円から1400円に大幅に引き下げている。

ゆうちょ銀行のレーティング格下げ、金利低下で事業環境は厳しさを増す
ゆうちょ銀行<7182>の株価が低迷している。2月12日には1105円まで下落して上場来安値を記録した。新規上場直後の2015年11月5日につけた1823円が上場来高値で約40%も株価が下落した。今日は、岩井コスモ証券がゆうちょ銀行のレーティングと目標株価を引き下げた事が確認された。2月15日付けで発行されたリポートでは、ゆうちょ銀行の投資判断を「B+」から「B」へ格下げ、目標株価を2050円から1250円へ大幅に引き下げている。

 
あれだけ新聞、テレビ、雑誌ありとあらゆるマスコミで買い煽っておきながら
上場してからわずか3ヶ月ちょっとで3社ともレーティング引き下げとかお腹が痛いおw
(おそらく)嵌め込み上場だから注意した方がいいと何度も何度もここで警告してきましたが
むしろ清々しささえ感じるほどの芸術的な嵌め込み上場だったというべきでそ(*´∀`*)ムフー
こんな非道な上場は世界遺産に登録しておくべきだおね

なつさんがこれまで一番驚いたのはこのクソ株3社が配当株と推奨されてたことです
テレビや雑誌で郵政3社の株が「安定配当株」でお奨めだって紹介されてるの
見たときはあまりに驚いてイスから転げ落ちそうになりました
短期的にも下方修正と減配リスク高そうな銘柄を安定配当株とか、バカかと。アホかと。

まず先に書いておくとこの3銘柄にはかなりの長期的リスクが伴いますφ(.. )
ゞ叛咾硫縞修正の可能性
減配あるいは無配転落の可能性
政府や親会社による持ち株処分売りに伴う売り圧力

まずはすでに各社のレポートの中でも書かれてるのでご存知の人は多いはず
ゆうちょ銀行は個人や企業への貸し付け業務が禁止されてるようなので
運用資産205兆円のうち4割を国債で運用してるようですφ(.. )
国債の保有額が非常に大きいのでメガバンの4倍くらいダメージがあるとどこかで読みました
運用資産が膨大なだけに金利低下の影響は業績をもろに直撃します
このままなら下方修正どころが利益が丸ごと吹っ飛ぶ可能性だって否定できなくなるでそ(((( ;゚д゚)))
こんなマイナス金利の地雷ど真ん中の銘柄を長期投資とかちょっとどうかしてるおね。
そんなに銀行買いたいならソフトバンクでも買っとけばいいんじゃないでそか?
0217














マイナス金利と金利低下の影響でゆうちょ銀行とかんぽ生命の運用収益にひびが入れば
この2社におんぶに抱っこの日本郵政も業績悪化を避けれなくなります
ただでさえゆうちょ銀行の業績とそこから入ってくる手数料に依存してる体質なので
これからゆうちょ銀行とかんぽ生命の持ち株を50%まで売却していけば
仮にこの2社の業績が悪化しなかったとしても日本郵政だけは業績が悪化します
もちろんこの2社の業績が悪化すればさらに加速度的に業績悪化の懸念が出るでそ(´;ω;`)

業績悪化はほぼ避けがたいのでその次には減配の可能性が出てきます。
配当原資となる利益が減るならそりゃそうだって話になるおね(´・ω・`)
そもそも郵政3社は上場に合わせてかなり無理して業績を盛った印象をもってます
マイナス金利導入に関係なく、業績悪化は避けがたかったと考えてるお。

そして長期的にも株価の上値を押さえそうな要因が親会社や政府の売り需要でそ
「換金したくて仕方がない政府筋」「50%まで売却しないといけない親会社」
この絶対的な大口の売り需要の存在はなかなか大きな障壁となる気がするお(´・ω・`)
どこかの機関投資家や法人が持ち合いで郵政3社の株なんて買うわけないし
買うとしたら投信か個人投資家が政府の売りの受け皿になるわけで
そういう意味ではけっこう罪の深い銘柄だお思うんだおね(´;ω;`)
もし配当期待で買われてるとしたら、減配や無配に転落してしまったときに
加速度的に個人の売りが嵩んでしまう可能性があるので長期投資では手出し無用でそ 


ss2286234570 at 02:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月16日

株主という名の肥やし  〜日本郵政株編〜

昨年11月4日の上場直後は堅調な値動きで推移していたが、年明け以降は下落基調にある。稼ぎ頭であるゆうちょ銀行の株価は、主な運用先の国債の利回りが低下したことが投資家の懸念を招き、売り出し価格を大きく下回る事態になった。3社の株価が低迷を続ける場合、政府が想定する日本郵政株の追加売り出しも遅れかねない。持ち株会社の日本郵政が12日発表した2015年4〜12月期連結決算は、税引き後利益が前年同期比5・3%減の3831億円だった。傘下のゆうちょ銀で、貯金などの運用で生じる利益(利ざや)が超低金利の影響により悪化したことが響いた。
ゆうちょ銀の貯金残高は15年12月末で178兆円と、メガバンクの預金残高をはるかにしのぐ。だが、政府が間接的に出資していることから個人・企業向けの貸し出し業務は原則として認められず、有価証券の運用が主な収益源となっている。運用資産205兆円のうち、国債が4割を占めるため、国債の利回りが収益に直結する構造にある。

2月1日の東京株式市場は日経平均株価が大幅続伸した半面、銀行株が大きく下落した。1月29日に日本銀行がマイナス金利の導入を決めたことにより、収益の悪化が懸念されたためだ。
2月1日の終値で見た下落率は、3メガバンクの三菱UFJフィナンシャル・グループが5.46%安、三井住友フィナンシャルグループが7.61%安、みずほフィナンシャルグループが5.88%安となった。さらに日本郵政グループのゆうちょ銀行は8.02%安ともっとも大きく値を下げた。ゆうちょ銀行はその後も下げ続け、2月3日には一時1296円と上場来の安値をつけ、売り出し価格の1450円を大きく下回った。ちなみに、上場して初めてついた株価(初値)は1680円である。

0216









日本郵政(6178) 1,400円 +19円 (+1.38%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6178
ゆうちょ銀行(7182) 1,295円 ±0円 (+0.00%)
かんぽ生命(7181) 2,458円 +15円 (+0.61%)
絶対に買ってはいけない銘柄と名指しで批判した日本郵政3社の株

もちろんIPOした株なんて高値で寄り付いてその後下げるのが大半のパターンなので
「下がったというだけなら他の株とそんなに差はありません
しかし散々に雑誌やテレビやニュースであそこまでとことん買い煽っといて
ここまで悲惨なまでに下げて大量の犠牲者を生んだという意味では圧倒的な存在でしょう。
なぜなら売買された出来高と失われた時価総額の桁がまったく違うからです(´・ω・`)
時価総額100億円の株が1/10に下落しても失った資産評価額はたった90億円ですが
今回の郵政3社が失った資産評価額の合計は尋常ではありませんΣ(゚д゚;)
正直ここまで巨額だと日本国内の個人消費や景気にまで影響しちゃうレベルだおね

失われた時価総額
日本郵政 2兆2,597億円 −26%
ゆうちょ銀 2兆2,730億円 −28%
かんぽ生命 7,452億円 −33%


投資家が失った資産は合計で5兆2,779億円まじかよって金額だおね

まずここで、もう一度大事なことを書いておきます
一般的に新規上場株というのは「これから伸びそうな会社がやるもんだおね
しかし今回の日本郵政3社はこれからの成長が期待できるから上場したわけではなく
政府が持ち株を東北大震災で政府がかかえた巨額債務を支払うために計画したものです。
当然政府からしたらさっさと処分して売り抜けることだけが目的だお。
高値で掴んだ投資家は肥やしでこそあれ、政府にはもう関係ないってことですΣ(゚д゚;)

さらに厳しいことをいうと、郵政3社の株を買うというのは投資ですらありません(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
大株主(政府)が換金して債務返済するのを手伝うだけのボランティアだにょ(σ´∀`)σ
その自己犠牲の精神の尊さは決して否定はしませんが
売り抜けてる政府の側から見たら「財布、乙と思われてることを理解すべきでそ

この手の「政府が売り抜けるために企画したIPO」というのはたまにあります
もちろんすべてがすべて最悪なIPO案件だとはいいませんが、
80%くらいの確率でクソ株であると覚悟しておく必要があると思います(´・ω・`)
典型的なわかりやすい例としては悪名高きジャパンディスプレイ(6740)上げられます
IPO当時からあまりに不人気で野村ですら裁くのに苦労したといういわく付き。
上場一発目の決算で下方修正を発表して、窓あけて暴落した悲惨な銘柄だおね

ジャパンディスプレイ(6740)
 224円 +6円 (+2.75%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6740
上場当時は株価800円だったのが今は200円。株価はろくなりバウンドもなく下落しっ放し
時価総額5,000億円もあったのが今では時価総額1,500億円割れだお(´;ω;`)
ぶっちゃけ郵政3社の株価もこんなもんじゃないのかなって考えてます。
おそらく業績下方修正と持ち株放出の売りで需給が悪化し続けそうなので
何年も何年もかけてずっと下がり続けるんじゃないかなあ、と思うわけです


2015年11月24日
かんぽ生命(7181)を高値で買ったあほるだー早くも資産が25%溶ける

2015年10月15日
投信「日本郵政株式/グループ株式ファンド」という詐欺商品

2015年08月20日
日本郵政株なんて“絶対に”買ってはいけない
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2015-08-20.html 

ss2286234570 at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月24日

かんぽ生命(7181)を高値で買ったあほるだー早くも資産が25%溶ける

最高に情弱向け、日本郵政とゆうちょ銀行とかんぽ生命を買うだけの投信
「日本郵政株式/グループ株式ファンド」
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65839889.html

こんなクソ株やクソファンドを買った人を悪くいうつもりはありませんにょ(σ´∀`)σ
東北大震災で政府がかかえた巨額債務を支払うために
なけなしの貯金をはたいて必死になって買い向かった肥やしの人がいたとしても
「日本復興のために資産をドブに捨てて犠牲になるなんて素晴らしい心がけだなぁ」と
心の底から賛辞を贈りたいと思いますにょ(σ´∀`)σ

ただし郵政株やそのファンドを買うのは「投資ではない」ということです。
資産をはたいて他人の借金を支払ってあげるという、いわば贈与とか返済って行為だお
間違っても自分が「投資をしてる」なんていう勘違いだけはしていけません(`・ω・´)シャキーン
救済するために自己犠牲の精神お金をドブに捨ててるんだと強く自覚してください
そこだけわかってくれたらもうかける言葉は他にありません(*´∀`*)ムフー
好きなだけお金をドブに捨てて、好きなようにお金を溶かして楽しんでください

郵政3社の株についていえば、今はまだハネムーン期間ですにょ(σ´∀`)σ
上場して2ヶ月くらいは幸せなハネムーン期間なので今はまだ喜ぶべきでそう
下がったらそれなりにリバウンドする可能性もなくはないし
ちょっとしたきっかけで株価が急騰する可能性のある天国みたいな時期だおね
政府も散々買い煽ったあげくに露骨に売りぬけて腹抱えて笑うようなことをすると
さすがに騙された(というか自分から好き好んで特攻して死んだ)お年寄りが騒ぐので
株価をある程度維持しながら少しずつ売り抜けるということになるでそうφ(.. )

ただしそのような優しい売り抜け方をするのはせいぜい最初の半年くらいでそう。
もともと業績がよくもなく、割高で買うべき材料なんてないクソ株ですし
株価が下がると政府の回収額が減ってしまうのでだんだんと回収モードになります
本当に怖いのは「郵政上場なにそれ」「ああ、あのクソ株のIPOか」みたいな
ふいんきになって世の中的に忘れ去られたことからが一番の地獄がやってくるでそう。
一気に下げるでもなく、何年もかけてダラダラ売られてダラ下げ地獄になると思うわけです


かんぽ生命(7181) 3,190円 −120円 (−3.63%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=7181
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7181.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額 1兆9,140億円
かんぽ生命が上場直後に急騰したのは「将来有望株だから」ではありません。断じて
そもそもIPOで売り出した株数が他より少なかったので需給が歪んだだけの話だおね。
売り出し数が少なかったため、申込者の中で当選した人が最も少ない銘柄だったので
上場直後にTOPIXだったり、ファンドだったり、騙されたお年寄りが他より多かっただけでそ
3,800〜4,120円でものすごい出来高をこなしてるチャートなので
高値掴みの大量の遭難者がすでに出ているところでそう(´;ω;`)
有望だなんだと詐欺師に騙されて、たった20日で資産が25%も溶けたら泣くおね
でもこれが現実なんだと奥歯を噛みしめて上げを祈るしかないでそう。

 

ゆうちょ銀行(7182) 1,745円 +5円 (+0.29%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=7182
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7182.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額 7兆8525億円
同業のメガバン株と比べても割高感がすごいなってのが素直な印象ですにょ(σ´∀`)σ
三井住友FGは時価総額6兆9260億円で半期(4月〜9月)の経常利益が6,318億円あるのに
ゆうちょ銀行は時価総額が7兆8000億円もあるのに同期間の経常利益は2,516億円しかない
PERとかでみてもすんげー割高感があって買いたくないなとしか思えません。
預かり資産とか多いので利益だけで評価するのはおかしいという指摘があったとしても
妥当な時価総額なんてせいぜい4兆円〜5兆円くらいじゃないでそか
たしかにゆうちょはさらに民営化されて上限1000万円の預金上限枠が撤廃されたら
かなりの成長余地があるという点はぼくちんも認めますφ(.. )
ただしそれは親会社の日本郵政が50%の株を売り抜け終わったらの話でそう
まだまだものすごく先の話だし、株売りによる目先の需給の悪化を見込んで考えたら
「ただの割高株ですね」という以外に表現のしようがないおね(´・ω・`)

日本郵政(6178) 1,883円 +13円 (+0.7%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6178
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6178.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額 8兆4,735億円
はっきりいって業績的な見込みで考えて一番最悪っぽいのがコイツだおね(゚д゚)、ペッ
自社単体ではほとんど稼ぎがなくて低利益や赤字事業の爆弾を抱えてます
しかもやたら暴走気味に海外の郵送事業を買収してるので特損計上リスクもあるお
利益のほとんどが子会社経由で上がってるので、
子会社株を売れば売るほどタコが自分の足を食べるかのごとく業績が右肩下がりになります
このバカげた砂上の楼閣の時価総額を信じて買うとかさすがにありえません
短期的なサヤ抜きやデイトレをうんぬん言うつもりはさらさらありませんが
例えば配当目的で2〜3年持ち続けようとかいってる人の脳みそが理解できないお(´・ω・`)
とりあえず素っ裸で冬の八甲田山に登山でも楽しむ気分がお似合いじゃないでそか?



2015年10月15日
投信「日本郵政株式/グループ株式ファンド」という詐欺商品

2015年09月13日
NISA専用嵌めこみ銘柄、郵政3社の上場申請が承認される

2015年08月20日
日本郵政株なんて“絶対に”買ってはいけない


ss2286234570 at 16:49|PermalinkComments(9)TrackBack(0)