yogurting ヨーグルティング

超高速取引(HFT)

2020年09月04日

米SECがロビンフッド調査、注文処理の開示巡り 米報道

米SECがロビンフッド調査、注文処理の開示巡り 米報道
2020/9/3 6:29 日本経済新聞
米ネット証券のロビンフッド・ファイナンシャルが顧客の注文を超高速取引業者(HFT)に回送している事実の開示を怠っていたとして、米証券取引委員会(SEC)の調査を受けていることが分かった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が2日、報じた。同紙によると、1000万ドル(約10億円)以上の罰金が科される可能性があるという。
2013年創設のロビンフッドは顧客の注文をHFTに回して受け取るリベートを主な収入源としている。だが、そのことを18年まで開示していなかった。同社はリベートを原資に売買手数料を無料としており、若年層を中心に個人投資家の取引が急増している。今年3月以降の上昇相場では同社を通じた売買がけん引役のひとつになったとされ、米株市場では「ロビンフッド現象」として注目が高まっている。
ロビンフッドは顧客が最良価格で取引できるような措置を導入していないとして、19年にFINRAに125万ドルの罰金を支払った。

フィンテック拡大のひずみ 米当局、ロビンフッド調査
2020/9/3 22:00 日本経済新聞
米国を代表するフィンテック企業、ロビンフッド・ファイナンシャルに対し、当局が監視の目を強めている。2日には米証券取引委員会(SEC)が調査に入ったと報じられた。開示や投資初心者の保護などで問題を指摘され、急成長のひずみが露呈している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは2日、SECがロビンフッドの過去の開示を調査中と報じた。同社の成長の起爆剤となってきた、株式など証券取引の手数料ゼロを可能にする仕組みにかかわる開示が適切ではなかったとみている。
同社は手数料を無料にする代わりに、別の収益源を持つ。顧客の注文をHFT(超高速取引業者)と呼ばれるブローカーに回送する見返りに、リベートを受け取る。これが、手数料ゼロの原資となっている。HFTは自らの売買と付け合わせるなどで、取引量を増やすメリットがある。ロビンフッドは2018年秋まで注文回送の事実を公表せず、信用取引からの収入と、預かり口座から得られる利ざやを主な収入源としていた。HFTからリベートを受け取る仕組みは合法で、他のネット証券も収益源の1つにしている。ただHFTが売買のなかで利ざやを稼ぎ、結果的に個人投資家は不利な価格で売買させられているとの指摘もあり、論争を呼んでいる分野だ。
ロビンフッドはリベート収入への依存度がチャールズ・シュワブなど他の大手より高いとされる。SECは重要な情報を伏せたまま、顧客獲得に動いたことを「詐欺」にあたるとみているようだ。ロビンフッドの業務姿勢が問われるのは、今回が初めてではない。19年12月には業界の自主規制機関、米金融取引業規制機構(FINRA)に罰金125万ドルを支払った。HFTに注文を回送した後に、個人にとって最良の価格で執行されているか十分に確認していなかったという。今年3月の相場乱高下でシステム障害が頻発し、損失を被った投資家が集団訴訟を起こしている。
0904










前にも書いたけど米ロビンフッドってとんでもないクズ会社なんだよね(´・ω・`)
でも以前は顧客の売買データ分析のために顧客のデータをHFT(超高速取引業者)
に売って利益を稼いでいたというニュースだったけど、それも正しくなくて
正確には客の注文をそのままHFT(超高速取引業者)に流して約定させていました

日本ではこんなヤバい行為は絶対に行われてないけどアメリカでは合法のようです。
ただしアメリカでも「最良価格で約定させる」というルールは当然あるようで
ロビンフッドはそのルールすら守ってなかったみたいですね(((( ;゚д゚)))
(HFTが最良価格と比較していくらで約定させたのかチェックしてなかった)

それってもはや株取引でも何でもない、株の店頭取引の呑み行為そのものですよね
店頭取引じゃなく市場取引とうたっていながら店頭取引やってましたなんてなったら
ロビンフッドはこの先ヤバいとかそんなレベルで済むとは思えません(´・ω・`)
もし日本でこんな違法取引やってたら即営業停止登録抹消コースでしょう

ロビンフッド側が客の約定が他市場と比較して最良価格かどうかを確認するのは
アメリカだけでなくもちろん日本のダークプールでも絶対条件となっていますφ(.. )
でもそれすらチェックしてなくて守ってなかったとなると
つまり、客はHFT(超高速取引業者)の言いなり価格で売買してたってことです。
HFT(超高速取引業者)が提示する常に不利な価格で高く株を売りつけられ
HFT(超高速取引業者)が提示する常に不利な安い価格で株を売ってたってこと

客の注文をHFT(超高速取引業者)に流して不利約定させて
そこでHFTが稼いだ鞘をキックバックでロビンフッドが受け取ってましたってこと
本当にこういった行為は事実としてあったら廃業コースもありえるでそ
まずその前に顧客から集団訴訟起こされて過去のすべての取引を遡って検証して
不利約定があったらその全額を顧客に返金するということにつながるだろけど

まだ事実認定されてないから判明してない部分もあるんで調査待ちですけど
本当にここまで黒い取引やってたんだったら振り込め詐欺と大差ないよね(((( ;゚д゚)))
ロビンフッドに口座作って入金して取引するという行為は
もはや半グレ集団が経営してる会社にお金と銀行手帳と印鑑預けてるようなもの
必ず資金抜かれて有り金すべて無くなるまで盗まれると思います(((( ;゚д゚)))
(ロビンフッドの経営陣はもとHFTを経営してたから背景もかなり怪しいのよね)

2018年09月28日
米ロビンフッド、取引手数料ゼロの裏側で顧客データ販売に懸念


ss2286234570 at 04:25|PermalinkComments(1)

2019年11月19日

SBI証券「日経にインチキ暴露されたから急遽止めましたwww」

北尾吉孝のSBI証券、先回り注文のインチキがバレてしれっと仕様変更

覗かれる株注文データ 高速取引、個人に先回り
2019年11月18日 2:00 日本経済新聞
■「入場料3倍」でも参加
ジャパンネクストは第2市場で取引できるHFT業者の具体名を公表していないが、市場関係者の間では米バーチュ・ファイナンシャル、米シタデル・セキュリティーズ、米HRT、イスラエルのイストラ(ISTRA)などの名前が取り沙汰されている。ちなみにバーチュは2016年にジャパンネクストを運営するSBIジャパンネクスト証券の34.1%の株を取得しており、現在はSBIホールディングス(持ち株比率42.8%)に次ぐ第2位の株主だHFT業者が払う第2市場の取引手数料は第1市場の3倍の水準だ。通常よりも高い「入場料」を払ってでもHFT業者たちが個人が主要参加者であるPTSで取引したがるのはなぜなのか。

SBI、株注文の執行方式変更を発表 顧客の売買注文を「非公開」に
2019/11/18 19:13 日本経済新聞
SBI証券は18日、最良価格を提示している株式市場を選択し、自動的に注文を流すSOR(スマート・オーダー・ルーティング)の執行方法を同日付で変更したと発表した。従来は注文が即座に約定しない際に100〜300ミリ秒といった短い時間、他の投資家が注文情報を見られる状態にしていた。18日からはこの時間を0ミリ秒に設定し、外部に顧客の注文が知られないようにする。

Twitterで「SBI証券」のハッシュタグを検索すると・・・
SBI証券への不満や批判がこれでもかってくらいに出るわ出るわ
https://twitter.com/hashtag/sbi%E8%A8%BC%E5%88%B8

SBI証券とジャパンネクスト証券とHFTがグルになって
SBI証券の客を食い物にしていたことが日経の記事で暴露されました(゚д゚)、ペッ
急いでSBIは設定を変更したというお知らせを掲載しましたが正直これも怪しい
11/18から「0ミリ秒」に変更したというけど桁数がまったく信用できない
「0.0000000ミリ秒」なのか「0.04ミリ秒」を四捨五入してるのかも不明です(゚皿゚メ)

というよりこんなに簡単に設定変更できるならなぜ今まででやらなかったのか
これまで長い間いずっとSBI証券とHFTが共謀して客を食い物にしておいて
日経新聞に悪どい行為をすっぱ抜かれたとたんに設定変更できるってことは
今まで悪質な行為だと理解しててずっと放置してたってことですよね(゚Д゚)ゴルァ!!

今回たまたま日経の記事に載ったから悪質な設定を変更しただけで
もし日経にすっぱ抜かれなかったら永久に客を食い物にし続けたってことでそ
その悪意の強さと強欲さに正直びびるくらいのド悪党だおね(゚д゚)、ペッ
ぶっちゃけた話、反吐が出るくらいの悪党なんだけど

SBIが開示した文章を読む限り、謝罪する気も反省もないのがよくわかります。
自分たちの悪意には触れずとにかく穏便にしてなかったことにしたいんでしょう。
でもこれって本来なら過去にさかのぼって客に与えた損失を返還すべきですよね
そういうことには一切触れないといころがまた汚いなあと思うおね

でも一番の問題点はジャパンネクスト証券の大株主がHFTのバーチュだってこと
おそらく他のHFTもジャパンネクスト証券の大株主にいるってことでそ。
この部分はものすごく闇が深いと思います(´・ω・`)
それってつまりジャパンネクスト自体が個人投資家を食い物にする狩場ってことでそ。
よっぽど信用できる体制と外部からの監視が確立されない限りまったく信用できない。
今回のSBIの設定変更のお知らせだって事実かどうか誰も証明できないわけだし
明日になってSBI証券がこっそり設定戻すこともあり得るってことですからね
.
defaf91b-s



















41N4Vzt07FL._SX333_BO1,204,203,200_



















ss2286234570 at 00:42|PermalinkComments(4)

2019年11月18日

SBI証券のトレーダーは北尾とHFTの肥やしwww

覗かれる株注文データ 高速取引、個人に先回り
2019年11月18日 2:00 日本経済新聞
株の売買注文を出したら、何者かに瞬時に先回りされている――。個人投資家からこんな声が上がるようになったのは、つい最近のことだ。そしてその不満は、ネット証券最大手のSBI証券のユーザーからのものだ。市場でいったい何が起きているのか。探ると、超高速で売買を繰り返すHFT(ハイ・フリークエンシー・トレード)業者の関与が見えてきた。2014年に米作家マイケル・ルイス氏が著書『フラッシュ・ボーイズ』で描いた米国株市場の状況が、日本でも繰り返されようとしている。「露骨な先回りで利益をかすめ取られるようになったのは10月に入ってから。自分が注文を出した途端、さっきまで見えていた最良の板(気配値)がさっと奪われちゃうんです。その結果、不利な値段でしか約定できないことが増えており、大変な損害を被っています」。北日本地区に住む30代の男性投資家はこう語気を強める。
SBI証券が10月からSORに導入したのは「TIF(タイム・イン・フォース)」と呼ぶ注文執行の方法だ。これはIOCと違って、ある決まった時間の間だけ投資家の注文が板情報にさらされる。SBI証券はその設定時間を「非開示」としているが、複数の市場関係者の話を総合すると100ミリ〜300ミリ秒(ミリは千分の1)の範囲の中のどこか(たとえば120ミリ秒)に設定していたとみられる。なぜSBI証券はSORの執行方法をTIFに変えたのだろうか。「板情報に指し値の注文を一瞬でもさらせば、その注文を取りに来る反対側の注文を呼び込む効果が期待できる。実際、TIF導入後にPTSでの注文の約定率は上昇しており、SORに対する顧客満足度は上がっていると思う」。坂本英文執行役員は説明する。
SBI証券は、PTS約定分は東証約定分よりも株式委託手数料を5%割り引いている。PTSでの約定が増えれば、個人投資家の手数料の支払いが抑えられる。
パソコンやスマートフォンで起動する取引専門ツールはSOR発注が初期設定になっており、利用者が自由に変えられない。投資家からは不満の声も出ているため、数カ月後をメドに各利用者が初期設定を「SOR発注」「東証発注のみ」などに変えられるようシステムを変更する予定だ。
■「入場料3倍」でも参加
ジャパンネクストは第2市場で取引できるHFT業者の具体名を公表していないが、市場関係者の間では米バーチュ・ファイナンシャル、米シタデル・セキュリティーズ、米HRT、イスラエルのイストラ(ISTRA)、英XTXマーケッツなどの名前が取り沙汰されている。ちなみにバーチュは2016年にジャパンネクストを運営するSBIジャパンネクスト証券の34.1%の株を取得しており、現在はSBIホールディングス(持ち株比率42.8%)に次ぐ第2位の株主だ。HFT業者が払う第2市場の取引手数料は第1市場の3倍の水準だ。通常よりも高い「入場料」を払ってでもHFT業者たちが個人が主要参加者であるPTSで取引したがるのはなぜなのか。「自分たちは市場に流動性を供給するというプライドを持って取引しているが、個人投資家のオーダーを見ることで簡単にもうけられる仕組みになっているのはどうかと思う」。第2市場の参加者の1社とみられるHFT業者の幹部は最近、周囲にこう漏らしている。
1118


















これTwitterとかでしばらく前から何回も投資家に指摘されてましたけど
やっぱりその内容がすべて事実だったようですねφ(.. )
さらっと書かれてるけどとんでもないことが書いてあるおね(゚д゚)、ペッ
SBI証券から発注する注文はすべてデフォルトで「TIF(タイム・イン・フォース)」の
設定に変えたことでSBI証券利用者の注文すべてHFT側に丸見えという悲惨さ

「板注文に一瞬でも指値情報を晒せば約定率を上げることができる」とかほざいてるけど
それって要はHFTに先回りして注文出して約定させてくださいっていってるようなもの。
これってようはSBI証券が客の注文情報をHFT側に売り飛ばしただけじゃないの
証券会社が客を売り飛ばすって、これ最低最悪じゃん(゚д゚)、ペッ

HFT業者が3倍の手数料を払ってでもジャパンネクストに参入したがる理由がわかる。
なぜなら裏からSBI証券の客の注文情報を先に掴んでノーリスクで儲けれるから
SBIジャパンネクスト側は客の注文情報を3倍の値段でHFTに売り飛ばして儲けて
HFTは東証に先回りして注文出せばノーリスクでもけることができます。
食い物にされて損をするのはSBI証券の利用者だけという悲惨なありさま。

これさあ、完全にインチキの詐欺まがいといわれても仕方がないレベルでしょ(゚д゚)、ペッ
SBI証券は数カ月後をめどにシステム変更を予定してるとか今さらほざいてるけどさ
逆にいえばシステム改修が完了するまでの数カ月は絶対に利用しちゃダメだよね

もし北尾が言う「株式取引無料化」の裏側でこういう行為をするつもりがあるなら
ただほど高いものはないという諺通りの結果になりかねませんね(´・ω・`)
北尾って経営者としてはたしかに優秀なことは認めるけどさ
気品だの人徳だの言っといて平気で人を騙すようなことするから心底嫌いなんだよね
なにが顧客満足度向上なのかとスパナで100回殴りながら説教したいレベル(゚д゚)、ペッ
この超悪質なシステムの仕様考えて実行したやつは人間のクズだよ、これ。

ここに北尾さんのご尊顔置いておきますね
FXXi5Kz











0RgUeGL





ss2286234570 at 05:45|PermalinkComments(6)