yogurting ヨーグルティング

赤字転落

2016年03月16日

東芝さん、また粉飾決算ばれる(゚д゚)、ペッ

東芝(6502.T)は15日、昨年表面化した不正会計問題で新たに7件、計58億円の利益水増しが判明していたことを公表した。2015年度第2四半期から第3四半期にかけて損失計上したものの、対外的には公表していなかった。同社は「情報開示に意識が十分でなかった点があった」(広報担当者)と説明している。昨年9月7日、通常から4カ月の大幅な遅れで14年度連結決算を発表した際、東芝は08年度から14年度までに税引き前利益で合計2248億円の水増しがあったと説明。今回、15年度中に損失計上した58億円分の追加によって、不正会計における同利益の水増し額は2306億円に増えた。

東芝によりますと、新たに明らかにした不正な会計処理は、平成22年度から26年度にかけて、検査で不合格になったパソコン関連製品や、メーカーから返品された製品について、損失の計上を次の決算期に先送りするなどしていたものです。不正な会計処理は合わせて7件、58億円に上っていて、東芝は、すでに去年の中間決算などで損失処理をしていましたが、これまで公表していませんでした。
これについて、東芝は「適時開示の基準に該当していなかったが、発表すべきだった。社内の情報共有に不十分な点があった」としていて、関係する執行役上席常務ら6人が報酬を一部返上したほか、従業員ら合わせて40人を出勤停止などの懲戒処分としました。




粉飾決算といえば「東芝」という定説が根付きつつある日本の株式市場ですが
ここにきてさらに東芝の粉飾決算がばれるという失笑モノの落ちまでつきました

ここまでくると会社も組織もそして社員の根性もとことん腐ってるとしか言いようがない。
いっそタンツボとか野糞とかもっとふさわしい社名に変えたらどうでそか(*´∀`*)ムフー
きっと投資家の方たちにも気に入ってもらえるはずですお

もしくは今マスコミで話題沸騰で大人気のショーンKこと川上伸一郎氏を
東芝の社外取締役に呼んで粉飾や偽装を監視してもらったらどうでそか
ハスキーな声以外すべて粉飾とまでいわれる川上氏は
顔も経歴も学歴も大卒もすべて捏造で粉飾してた英雄なのでまさにお似合いだお
むしろ東芝の社長に選んじゃってもおかしくないとぼくちんは期待してます(´∀`*)
どうせこれからまだまだ東芝の粉飾や隠蔽ネタは続くとおもうのでいっそ潔いでしょう。

0319









かつては粉飾決算がばれるとあっさりと上場廃止になるケースが多かったんですが
ライブドア事件以降にその適用ルールを東証が書き換えてしまったので
ちょっとやそっとの粉飾決算では上場廃止にならないというのが現在のルールだおね
そういう意味では容赦なく上場廃止にされたライブドアはちょっと可哀相だお(´・ω・`)
株式の売却益を売上に計上したってのが処分された原因なんだけど
でもそれって冷静に考えたらそんな大した話じゃないし
赤字をごまかしたなんていう悪質な粉飾決算とはまったく違いますからね
あまりにも処分の重さが不均衡すぎるのでライブドアに同情しますφ(.. )

以前は「東芝なんて上場廃止にすべき」だとも考えていましたが
あまり大きい会社を上場廃止にしてしまうのは社会的にも影響度が大きすぎます
そう考えると、やはり巨額の罰金を課すという方法がベストかなと思うわけです
今回の東芝の場合は過去にない60億円とかっていう罰金でしたらこれは甘い。
売上高が数兆円ある会社にたかが数十億の罰金課したところで意味はなく
東芝にしたら「その程度で済むなら粉飾してよかった」と思われて終わりでそ(゚д゚)、ペッ
最低でも数百億円、300〜600億円くらいの巨額な罰金が適当だと思います。

なにより粉飾を指導した会長や社長、そして経営陣への責任が甘すぎだおね(゚皿゚メ)
彼らは株主からすでに訴えられていますがその賠償請求額はたったの3億円。。。
5人に対して3億円の賠償を請求するなんて甘いにも程があるでそ(`ε´)ぶーぶー
むしろ金融庁なりが主導して旧経営陣に巨額の罰金を課すべきだおね
10人くらいに対して50億円くらいの罰金を支払わせて(当然払えないので)
全員からありったけの資産を接収して破産に追い込むくらいがベストですにょ(σ´∀`)σ
それくらいやらないとまったく抑止力にならないと思うんだおね


ss2286234570 at 16:18|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月02日

原田氏「樹海に行きたいものはバスにのれ!そうでない者は生きろ」

原田氏がアメリカ本社から叩き込まれたミッションは、「藤田経営潰し」であり、「藤田派幹部の一掃」であった。原田氏が日本マクドナルドのトップとして乗り込んで最初の取締役会で英語のスピーチを行い、「バスに乗る者はバスに乗れ! そうでない者は辞めろ」という方針を明確に示した。こうして藤田派の経営幹部の切り捨てが始まったのである。米本社も藤田氏へのリスペクトもなく、「藤田=悪の権化」として切り捨てることで日本マクドナルドが再構築できると思っていた。原田CEO時代、日本マクドナルドのホームページからは藤田氏の痕跡が消された。原田氏は米本社から与えられたミッション、すなわち藤田氏の功績の抹殺、藤田派の幹部の切り捨て、経営システムの破壊などを進めた。

ベネッセコーポレーションの顧客情報流出事件での集団訴訟で、重要な個人情報が漏れたとして顧客約1700人が28日までに、ベネッセ側に1人当たり5万5千円の損害賠償を求めて東京地裁に追加提訴した。原告は東京の弁護士らが昨年結成した「被害者の会」に参加した顧客ら。第1陣と合わせて原告は約3500人、請求額は計1億9千万円超となった。

通信教育大手ベネッセホールディングスが1日発表した2015年3月期連結決算は、最終(当期)損益が107億円の赤字(前年同期は199億円の黒字)となった。最終赤字転落は1995年の上場以来初めて。昨年7月に発覚した顧客情報流出事件を受け、顧客へのおわび費用などで総額306億円の特別損失を計上したほか、国内通信教育講座「進研ゼミ」などの今年4月時点の会員数が前年比で約25%減るなど主力の国内教育事業の不振が響いた。
04310501









市場で一番の話題といえばプロ経営者として名高い「原田銘柄」でそう
原田経営の真髄お客に嫌われることを徹底的にやること。
そしていわなくてもいいコメントやしなくていい態度を消費者の前で見せてしまうこと。
BtoBがメインのビジネスならお客から社長の顔が見えないのでどうでもいいですが、
消費者から社長の顔が見えてしまってるビジネスでこれをやるのは致命的でそ

少なくともベネッセを利用してる家庭で原田氏が「好き」って人は珍しいはず。
見た目だけでいてしまって申し訳ないけどまず「顔が嫌い」ですにょ(σ´∀`)σ
少なくとも親しみ優しさみたいなのを一切感じないお顔だおね
もちろんアメリカ軍隊式の経営理論を実践してる会社ならいいんですが
そんな顔の人が消費者の前に出てきてしゃべるのはマイナスでしかありません。
そして嫌味なしゃべり方がとにかく鼻につくので好きになるのはまず不可能でそ。
いっそのことドナルドのきぐるみでも着て決算発表したらでうでそか?
きっと子どもたちにも笑顔が戻って、ベネッセユーザーの親御さんも安心するはずだおね
https://www.youtube.com/watch?v=K8fuiiF2OP0

マクドナルドはともかくベネッセは最悪の事態になりつつあります。
なんと主力事業の「進研ゼミ」の会員がたった1年で25%も逃げ出したからです(((( ;゚д゚)))
ただの特別損失や一時的な費用の計上による赤字ならどってことはないですが
売上げの減少や売上げに直結してる会員数の減少はビジネスにとって致命的でそ
とくに進研ゼミみたいなビジネスでは会員の減少は売上げの減少に直結してるし
なにより一度信頼を失って逃げてしまったお客を呼び戻すのは極めて困難だからです(´・ω・`)
少なくとも返金・謝礼問題であれほどユーザーから怒りを買った原田体制のまま
親御さんが「原田氏を信頼して会員に戻ろうなんてことには絶対にならないおね

「子どもの親御さんから数万人単位で訴訟起こされてる進研ゼミですが、
お子さんの将来のために進研ゼミにぜひ加入して使ってみてください

ベネッセが今やっているのはつまりこういうことです。
こんな状況で会員増やして業績回復なんてありえないと思うんだおね・・・
バカにしてるのか、ギャグでやってるのかよくわかりません
情報漏洩事件を起こしたのは前経営者の時代なので原田体制は関係ないですが、
その後の対応に失敗して親御さんの怒りを買いまくって訴訟を誘発したのは現経営陣だおね。
ここまで信頼を失墜させてしまったら進研ゼミの復活は極めて厳しいでそ

残念ながら、ベネッセの業績回復までに数年でどうにかなるとは思えません
一番ベストな方法は消費者(子どもの親)から信頼されやすい態度のできる経営者を
どこかから連れてきて、経営者の顔をすげ替えることではないでそか
一番いい顔してるのは松岡修三さんでそ。顔と声だけで笑えるしキャラがいい。
https://www.youtube.com/watch?v=cliazHxuOng

マクドナルド(2702) 2603円 +8円 (+0.31%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=2702
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2702.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
あんまり値動きの無いことで有名なマクドナルドの株ですφ(.. )
まだ時価総額が3460億円もあることにビックリするおね
チャートのトレンドは下方に向いてて2630円あたりの上値抵抗線に押さえられています
短期的には下げやすくチャートのトレンドもよいとは言えない内容ですにょ(σ´∀`)σ
ただし足元の店舗状況を見てると少しお客が戻ってきてるような印象があります
月次ベースの数字も悪いけれど悪化はしてないなって感じでした(`・ω・´)

ベネッセ(9783) 3710円 −40円 (−1.07%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=9783
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9783.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
いまだに時価総額が3800億円もあることに驚きのベネッセですにょ(σ´∀`)σ
業績は確かに悪いです。でもそのほとんどは特別損失に近いもの。
むしろ最大のリスクは子どもの親にベネッセおよび原田氏が徹底的に嫌われてること
これからも万単位の集団訴訟を起こされるだろうし、その費用も膨らむでしょう。
なにより子どもの教育を目指してる会社が子どもの親から集団訴訟を起こされてる
っていう構図がすでにもう終わってるとしかいいようがありません(゚д゚)、ペッ 


ss2286234570 at 05:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月01日

岡三オンライン証券はまたも赤字転落した様子(´;ω;`)

岡三オンライン証券 第三者割当増資の払込完了に関するお知らせ
岡三オンライン証券株式会社は、第三者割当増資による新株式発行に関する払込手続きが下記のとおり完了いたしましたので、お知らせいたします。なお、2015年3月末における当社の自己資本規制比率は195.6%となりましたが、今回の第三者割当増資の払込完了により、増資後の自己資本規制比率は250%を上回る見込みです。
払込金額 10億円
0428








岡三オンライン証券が4/28、つまり決算発表の直前に突如10億円増資をしてました
この地点で「ああ、今年も赤字だったのかな」と思い、データを調べてみましたφ(.. )

開業から7年連続で113億円近い累積損失をだしていた岡三オンライン証券ですが
アベノミクス効果のおかげで去年は8年目にして奇跡の黒字でした
しかし新興市場をメインにした株バブルが下火になってきてからはまたも業績が悪化
少し調子にのって手数料値上げと改悪を続けすぎてお客が逃げてしまったのか
今年はまたも赤字転落したようです(´;ω;`)
手数料値上げをくり返したせいなのか、アベノミクスの勢いが停滞したせいなのか
岡三オンライン証券だけが一方的に株の売買高低下し続けているので
もしやとは思ってたのですが、やっぱり。。。という結果になったようです(´Д⊂)

どれくらい赤字だったのか?開示されたデータから推測してみるにょ(σ´∀`)σ
2014年3月末17億3400万円あった基礎的項目が
2015年3月末には13億6500万円まで明らかに目減りしてるのがわかるおね
この数字は会社が黒字のときは減らないだけなので黒字額を推測できませんが
赤字のときは欠損した資本額を推定できるので赤字額のおおよそを示しています。
去年と今年の数字を差し引きすると、推定で3億6900万円の赤字ってことだおね

この数字はかなり厳しい結果を示してるおねΣ(゚д゚;)
なぜなら岡三オンライン証券はバブルの頂点でしか黒字化できてないからです
株価バブルというのは10年に1回くらいのペースでくり返す現象なので
逆にいってしまえば10年のうち9回は赤字で1回しか黒字になれないってことだおね。
しかも去年の春以降は、岡三オンライン証券の株式売買高はどんどん減ってきていて
過去3年間くらいの数字の中では過去海底水準レベルの低空飛行をしています
最近は株の月間売買代金が5000億円水準を下回ってるようなので
せめてこれが2倍の1兆円くらいまで回復しないとなかなか厳しそうだおね(´・ω・`)

最近はネット証券の中でも「寡占化」がすすんでいます
上位2社(SBI証券、楽天証券)のシェアと口座数が他を引き離して伸び続けていて
その他のネット証券は相対的に追いつけなくなってきてるからです(´・ω・`)
特にその中で引き離されてるのがマネックスと岡三オンライン証券の2社だおね。
マネックスはすでに単独資本だけでは他社に追いつくことは不可能な水準に転落
岡三オンライン証券は恒常的に赤字を垂れ流す危篤状態に陥ってるようですΣ(゚д゚;)

金融事業参入を虎視眈々と狙ってるヤフーに身売りしてしまうか
ソニーFGやKDDIの資本傘下に入るくらいしか道は残されてないでそうねφ(.. )
まったく同じことを書いていたライフネット生命と同じ道しか残っていません。
単独資本での事業継続の可能性はほぼに近いでそう。
なにより今の現状を維持したところで格差が開くだけなのでほぼ無意味だおね


岡三オンライン証券 平成26年3月期 損益計算書 (2013年4月〜2014年3月)
http://www.okasan-online.co.jp/corporate/disclosure_pdf/2014_06_27.pdf
営業収益 42億8144万円
営業利益  2億6432万円
経常利益  4億2695万円
当期利益  1億1521万円



2015年04月05日
3月 ネット証券比較
2014年07月26日
岡三オンライン証券がついに黒字化!
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2014-07-26.html 

ss2286234570 at 20:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月24日

詐欺上場で有名になったIPO芸人のgumiさん(3903)、また大爆笑を誘う

gumiは3月19日、韓国子会社であるgumi Koreaの役員が、数十億ウォン規模の横領をした可能性があると韓国の一部メディアが報じたことについて、同社の見解を発表した。
gumiによれば、子会社役員ではなく子会社従業員による関与の疑いが強く、また疑わしき金額は、現時点で数千万円程度の見込みだという。現在、社内調査チームを組成して事実確認を進めており、公表すべき事実が確定した時点で速やかに開示するとしている。
同社は2014年12月に東証1部に上場したが、スマートフォンゲーム「ブレイブフロンティア」が海外で伸び悩んだことなどから、わずか3カ月で業績を下方修正。2015年4月期の業績予想も13億円の黒字から4億円の営業赤字へと修正していた。

0324












大赤字で株価暴落させてバッシングの嵐のgumi国光さんですが
ほんの少し前まではものすごくいいこと言ってたんだおね(*´∀`*)ムフー
デイトレーダーはクズだとか、自分の会社の株を長期保有しろだとか
上場して2年間くらいは右肩上がりで成長できるくらいの
しっかりしたビジネスモデルもってる会社だけIPOさせろだとか、素晴らしいご意見です
まさにエナリスさん、FOIさんに聞かせてやりたいくらいのありがたいお言葉だおね
読むだけで笑いすぎてお腹が痛くて感激してしまって涙が止まらなくなったにょ(σ´∀`)σ

株主から「詐欺上場」「詐欺師」だと罵られてここのところ大人気のgumiさん。
今度は南朝鮮の子会社で従業員が横領をはたらいたようですにょ(σ´∀`)σ
もう記事読んでるだけで爆笑してしまって悲しくなって涙が止まらなくなったお
gumiの株主さんの気持ちを思うと悲しくて悲しくてご飯ものどを通りません(*´∀`*)ムフー
これくらいの悪材料に決してへこたれないで、もっともっと苦行に打ち勝ってほしいです

これから更にロックアップも解除されわれ先にとVCが売り抜けるかもしれません(((( ;゚д゚)))
まあそれくらいなら可愛いもんですが、むしろ怖いのはいい加減な決算と内部管理でそう。
まで設立して数年しかたってない会社で横領が横行するってものすごいことだおね
もっと本気で探せば、横領窃盗なんていくらでも出てきそうな勢いですね
さすが21世紀のディズニーを目指してる企業は器の大きさが違いますにょ(σ´∀`)σ
もっとすごい犯罪の歴々を株主どもにガツンと見せつけてやってほしいおね

保有株を全部売り切ったCOOが上場半年で逃げたりしたら最高なんですけどね
(その可能性がないとは誰も言い切れなくなってきてるのがすごいところ)
gumiには東証100年の歴史に名を刻む会社になってほしいです。
そしていつかはFOIを上回る伝説の銘柄になってほしいおね(´∀`*)

ちなみにこの国光という人はゲーム業界で(良くも悪くも)有名人です。
何年も前から、知らない人はいないってくらいの超有名な人です
基本的には「詐欺師と天才のハイブリッド」みたいな評価が一般的ですね。
最終的にどちらに転ぶかはまだわかりませんが、それなりに面白そうな人です。
化ければ孫さんみたいになる可能性もまったくなくはないと思います。。。
しかし今はまだ、志の低さや、しょうもない嘘をつくあたりが矮小さを感じます


【國光語録】 
「孫さんや三木谷さんや柳井さんは俺に似てるw」 
「10年以内に世界奪りますから!」 
「任天堂の倒し方俺ら知ってますぜ!」(※グリー社員じゃなくて彼が発言者) 
「すでに売上8兆円見えました!」 
「経営というのは長い目で見ないと本当の評価はわかりませんからw」
「世界一をとるのはチョロイ」
「情報革命時代を代表する世界一のエンタテイメント企業になる!」


ss2286234570 at 01:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月22日

gumiが金曜日にもまた安値を更新してる件について

「この腐った日本を根底から叩き直す!これは我々にとって革命」gumi 國光宏尚氏
http://bizcast.bz/320
「この腐った株主を叩きのめす!!これは我々にとってストップ安!」
0323










「予想の粉飾」という議論について(長文失礼)
https://www.facebook.com/hideto.fujino/posts/10153787218483438 
大風呂敷を広げて、エクイティストーリーを語ることができる会社や人材は大きな資本調達ができる。そうして大きく集めた資金で広告宣伝費や拡販費を 大きく使い大きなばくちを打つと、その商品がよかろうが悪かろうが、短期的な売上の改善率は高くなる。この短期的なスパーク的な改善率が重要で、それが永 続するような期待感とその根拠を示すことによってさらに次の資金調達へとつなげていく。これが上手な人が「優秀なCFO」といわれたりしている

予想数字が本当にそうなるかどうかはともかく、調達したい資金の額と希薄化したくないぎりぎりの割合を比較考量できるできることが財務マンの腕である。そしてそれはその通り。これも本当にそうなので私はこれを否定しない。

しかしだ。「強気の予想数字」と「予想の粉飾」の違いはそれほど簡単ではない。おそらくこのような状況をクールに利用して、ちょちょっと儲けるのがクール だという気分がだんだんと「強気の予想数字」から「予想の粉飾」へと変化をしていってはいないか。実際に私も上場株、未上場株の世界をふらふらしているの だけれども、だんだんと「予想の粉飾」に近いようなケースをよくみるようになってきた。

数十億円の規模のファイナンスを「成功」させて、メディアで「赤字をほりつづけて、時価総額の増大を目指します」とか言っているけれども、それはどうだろう??もちろん言っている世界観は否定しないけど。 

レオス・キャピタルというファンド運用会社の取締役の「藤野 英人」
という人が非常に面白いことを書いていたのでここで少し紹介してみますφ(.. )

業績を粉飾すると粉飾決算で違法ですが、業績予測の粉飾はグレーゾーンです。
ものすごく具体的な違法行為がない限りは「合法」の範囲内だおね
まあ未上場の会社が「業績予測の粉飾」するなら好きなようにやれって話ですが、
「これから上場します」という会社が上場一発目にやるとかなりヤバイ
一歩間違うと「詐欺会社」「詐欺上場」と叩かれるわけです
その合法範囲内のギリギリをやったのがgumiなんじゃないかってことですにょ(σ´∀`)σ

gumiの社長は大口を叩くのでかなり有名な人でした。良くも悪くも。
そして大口を叩いて、それなりの結果を出したりの繰り返しで上場までこぎつけました。
未上場であれば「大口を叩いてるけどやる気のある元気な経営者」で済んだところですが
上場企業がこれをやると思いっきり叩かれて、責任問題に発展しやすくなるおね(`・ω・´)

相手してるのが取引先やベンチャーキャピタルくらいであれば大口叩いてもいいけれど
面識のない不特定多数の株主の目の前で「大口叩く」のはまったく別だおね。
そういうTPOというか、立場とか責任とかそういうものを考える力が少ないというか。。。
gumiの社長は「場面に応じた対応の仕方」ってのがまったく理解できてない
知ってる間柄であれば「可愛げがあって面白いやつ」で済むことが、
知らない相手にいきなりかませば「ただの大嘘つきの詐欺師野郎」になる訳です
そのあたりの決定的な経験のなさとか、想像力の欠如とか、浅はかさが目につくおね。
良くいえば甘っちょろいガキ、悪くいえば頭の悪いバカといえるでそう(´・ω・`)

ちなみにgumiの社長は上場して以降もずっと
「株主のための経営はしない」「株主重視のビジネスは考えてない」
というようなことを一貫して色んなメディアでしゃべっていましたΣ(゚д゚;)
そういう意味で考えると株主もちょっと悪いとは思うんだおね
短期的な業績を目指した経営や株主重視はしないって繰り返し言ってたんだし
むしろ株主さんたちは社長が目標を達成してくれたんだから事故責任だおね


gumi(3903) 1,311円 −28円(−2.09%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=3903
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3903.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2015年03月08日
上場前から業績が後退してたgumiの功罪


ss2286234570 at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月08日

上場前から業績が後退してたgumiの功罪

2015年4月期 第3四半期決算の開示日前日である3月5日に営業赤字となる大幅な下方修正を発表したgumi。同社は海外展開をはじめとした今後の方針について説明し、代表取締役である國光宏尚氏の役員報酬を6カ月間100%減額(ゼロ円)にするとした。gumiは決算と合わせて金融機関から30億円の借入を実施したと発表している。3月6日の株価は前日比500円減で2081円のストップ安。時価総額は603億7900万円となった。
実は昨年後半から上場審査に通らない企業が増えつつあるのだそうだ。ある関係者は「gumiは上場直前の2014年9〜12月時点で業績が下降トレンドに入っていた。そんな状況で主幹事証券会社(野村證券)が東京証券取引所に上場を押し込んだようなもの。そういった背景もあってゲームやウェブサービスに関わらず、公開審査で予実管理の審査を厳しくする傾向にあるようだ」と語る。
ちなみに今回のgumiの件とつながりがあるかは分からないが、野村證券は3月3日付けで公開引受部の人材を含めた人事異動を発表している。

グリー(3632)は9日、2014年7〜12月期の連結純利益が前年同期比2%増の100億円になる見通しだと発表した。従来予想は39%減の60億円で、一転して増益になる。保有するgumi株(3903*J)のうち、同社の上場に伴い235万株を売却し、有価証券売却益70億円を特別利益に計上するため。
売上高と営業利益は従来予想を据え置いた。それぞれ前年同期比28%減の490億円、同45%減の105億円を見込む。

gumi2















株式市場でも話題になったgumi(3903)の下方修正ストップ安ですが
じつはgumiの上場とその後の株主の動きには大きな問題点がありました(((( ;゚д゚)))

,垢任剖叛咾後退期であったgumiをかなり強引に野村證券がIPOさせたこと。
△なり濃厚だった業績悪化懸念をきちんと業績予測に反映していなかったこと。
上場直後に、大株主と経営者たちが可能な限りの株数を売り抜けしていたこと。


まあについては明確なことはいえません。
記事の中でも野村證券の公開引受部の人事異動が3/3にあったと書いてありますが、
実際にgumiの上場の疑惑と関係があったかは定かではないからです
ただし、野村證券は上場後のgumiに対してかなり売買に絡んだ動きをしてるのは事実だおね。
もし下方修正の可能性をかなり詳細に把握していて売っていたなら大問題になるでそう
まあこのあたりはまだ「疑惑」でしかないので大きくはあつかいませんφ(.. )

については上場のために業績予測が正しく反映されてなかったという疑いです
世界的なヒットによりgumiにとって主力商品でゲーム「ブレイブフロンティア」の失調が
業績悪化の主要因ですが、これがまったく予測不能だったという説明は納得いきません
むしろ上場前から国内および海外で多額の広告宣伝費を投じて拡販を狙ってたわけで、
費用に応じた収益が伸びていないのはもっとずっと前からわかってたはずなんだおね
上場後になってそれがわかったので急遽下方修正しましたなんて説明してますが、
はたしてこんないい加減な言い訳を納得できるでそうか?
なんとなく予想してたけど「見て見ぬフリをした」と批判されても仕方がないおね(゚д゚)、ペッ
正直なとこ、主幹事だった野村證券がなにか入れ知恵をしたんじゃないかと疑ってます
もちろん違法とは判定できないけどグレーゾーンを突っ切ったってくらいの意味です
(業績悪化懸念を把握した野村が、上場を急ぐために悪さをした可能性は否定できません)

については一番の疑惑の根幹でそう(`ε´)ムカー
なぜ上場時には良さそうな「業績予測」をだして株主を騙しておきながら、一方で、
VC(ベンチャーキャピタル)や大株主や役員らが売り抜けていたのかという疑惑だおね
大株主だったグリーなんて上場直後に速攻で65%くらい売って逃げているおね
グリーはVCじゃなくて取引先なのに売り逃げ方にかなり異常性を感じますΣ(゚д゚;)
経営者もロックアップがかかってない部分はそっこーで売却してるし
ロックアップの甘い役員なんて上場してすぐにほとんど売り抜けてんだおね。
本来なら安定した大株主になってもおかしくないグリーが片っぱしから株売ってるなんて
冷静に考えたらちょっとありえないような異常行動ですにょ(σ´∀`)σ

0308


















gumiという会社は過去にも資金調達不足で何度も倒産しそうになった会社です
海外展開やゲームの開発ラインナップを一気に増やして人を増やしすぎて、
売上げがついてこなくていきなり資金がショートしそうになった様なこともありました。
その時はGREEでゲームを卸してたので、慌てたグリーが増資したので難を逃れました
よくいえば「冒険的」「挑戦的」な会社ですが、
悪くいえば「いい加減」「管理ができてない」というかなり雑な会社ってことです。
そのいい加減さがゆえに東証一部上場という責任の重さをまったく理解してなかったんでそ
gumiという会社を一言でいうなら失格会社ってことですにょ(σ´∀`)σ

今回の上場後の大株主の売り抜け具合と株主構成を見てみると
http://www.traders.co.jp/ipo_info/schedule/ipokobetsu.asp?no=3903&lk=y
大株主がさっさと株を売って逃げるためにIPOを急いだんじゃないかという疑いが強いおね
資金調達の必要性でもなんでもなく、ただ単に株を売りたいからIPOしただけなんじゃないかと。
もちろんそんな新興企業は最近多いですが、gumiに限ってはそれまでの過程と
IPO後の業績予測とか大株主の売り抜け方が異常だったとすごく感じるおねΣ(・ω・ノ)ノ

経営者も役員もかなりいい加減だったのは間違いないし、疑われても仕方のない点が多いでそ
背景はともかく結果からだけでいえば「株主を騙して株を売り抜けた」としか思えないからです。
gumiの役員らは自分たちに課せられた責務の重さをまるで理解できてなかったと思います。

おそらく、これから激しい株主のクレームと批判に徹底的に晒され続けるでそう。
これまで友好的に見えていた、マスコミやネット世論からも袋叩きにされるはずです。
これまでヘラヘラした顔で大口叩いて出てた経営者セミナーには呼ばれもしなくなるか、
そこでも批判を浴びて謝罪をくり返すことになるだろうし、バッシングを浴びるでそうΣ(´д`;)
まあ、それでも再起してきたらgumiは本物の会社に成長できるかもしれませんが
少なくともいまのgumiを見る限りは、悪がきのおもちゃくらいにしか感じられません(`・ω・´)
とにかく責任感というものが感じられないし、いい加減すぎだおね

今回のgumiの上場で一番驚いたのはロックアップギリギリまでグリーが売り抜けてたこと。
グリーはgumiの安定株主になるとばかり思っていたのでこれは驚いた
逆にいえば親密なグリーですら速攻で売り抜けなきゃいけない理由があったのかなと。
それはやっぱり「業績予測の粉飾」というのがキーワードかもしれない。
もしかしたら経営陣や大株主はその「予測の粉飾」を知ってた可能性はおそらく高い
そうじゃなかったらここまで横一列に大株主が売りまくって逃げた説明がつかないおね(゚皿゚メ)


2014年11月23日
「ブレイブフロンティア」gumi(3903)、上場へ

2014年12月18日
スマホゲームのgumi(3903)が東証1部に上場


ss2286234570 at 07:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月19日

エナリスのポエマー 池田尊師が逝く・・・

電力の需給管理などを手掛けるベンチャー、エナリス(6079)は19日、グーグル日本法人元社長で同社の社外取締役である村上憲郎氏(67)が同日付で社長に就任したと発表した。池田元英社長は退任する。同社は12日、不適切な会計処理があったことを理由に過年度の決算などを訂正していた。社長交代の理由については「事態の重要性について厳粛に受け止め、責任の所在を明確にするため」としている。
村上憲郎氏(むらかみ・のりお)70年(昭45年)日立電子(現・日立国際電気)入社。03年グーグル米副社長兼日本法人社長、09年同日本法人名誉会長。12年エナリス社外取締役。
1216









エナリス(6079) 389円 −10円 (−2.51%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6079
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6079.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
あれだけの悪材料が出ても株価が寄ってしまうってのがすごく不思議ですにょ(σ´∀`)σ
やはりネット経由で取引する個人投資家が爆発的に増えたことで
どんな悪材料の出た銘柄でも「リバウンド狙いで買いを出す」からなんでしょうか。
常識的にいえばリスクと見合ってないので買いは出せないおね

つい先日、凛とした経営で有名な尊師「池田社長」が辞任したようですにょ(σ´∀`)σ
エナリスファンとしては今回の辞任はものすごく悲しいです
死に花を散らすまで素敵なポエムと粉飾決算の開示を楽しみにしてたんですが
もう二度とあのポエムを読めなくなるかと思うと残念で仕方がありません(´;ω;`)

後任の社長は経歴にGoogleだとか書いてあるんで株価的には高評価されるでそう
少なくとも月曜日には上がる可能性は高いし、池田一族も売り抜けやすくなります。
こんな材料で誰が得をするのかまずはよくよく考えるべきでそう
ただ中長期的な視野で考えれば会社はすでに死に体でそ(´・ω・`)
「粉飾決算」「補助金の不正受給に関する詐欺罪」「粉飾決算に基づいて実施した増資」
「債務超過に陥る可能性」「キャッシュショートに伴う破綻の可能性」

ついでに辞任した池田尊師は刑事事件で逮捕される可能性も残っています
「買収を通じて増資で得た金を外部に流出させた可能性」も十分ありえるでそう
社長が代わった程度でそうそう簡単に解決できるとはとても思えません(●´ω`●)
特に「粉飾決算で増資」というかなり悪質性の高いことをやってるので
ほぼ詐欺行為といえるでそ。来週以降も監理ポスト逝きの可能性を常に抱えているおね
まだまだ可能性を秘めてるこのエナリスという銘柄に期待して
翌日まで持ち越すってのはものすごい信心と根性が必要ですにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月26日

マクドナルドがFCに見捨てられる日はくるのか?

「フランチャイズオーナーの私たちには売り上げ目標を出させておきながら、会社が赤字の業績予想を出すのはどういうことか」日本マクドナルドホールディングスが10月8日と9日に、全国のFCのオーナーを臨時で招集して開いた説明会。そこで発表された2014年12月期の通期業績予想は、連結売上高が前期比15%減の2210億円、連結営業損益は94億円の赤字(前期は115億円の黒字)、連結最終損益は170億円の赤字(前期は51億円の黒字)──。前期からの急激な悪化ぶりに、出席者からは不満の声が上がった。
あるオーナーは、サラ・カサノバ社長兼CEO(最高経営責任者)をはじめとする経営陣の顔ぶれを眺めながらこう感じたという。「販売の現場で働いたことがない人ばかり。藤田(田・元社長)さんの時代に比べて、会社は本当に変わってしまった」。
原島氏が不満を抱いたのは、原田体制下で打ち出された2つの施策だった。まず、商品提供までの時間を短縮するため、2012年にカウンターからメニューを撤去した。また、2013年は、60秒以内に商品を提供できなければクーポンを渡すというキャンペーンも実施。各店舗の事情を考えず、しかも売り上げ増にもつながらない2つの施策は現場に混乱をもたらした。「原田さんはマーケティングは上手だったが、店舗の販売現場にほとんど顔を出さなかった。現場や顧客を大事にする『ピープルビジネス』がマクドナルドの基本だったはずなのに、その頃から変わってしまった」
1025









マクドナルド(2702) 2636円 +4円 (+0.15%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=2702
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2702.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,m65,m130&a=

マクドナルドの既存店売上げがずっと右肩下がりだったのは有名な話だおね
当初はあまり指摘されてなかったけど最近になってやたら注目されています。
マクドナルドって会社は、原田体制の時にず〜っと利益率の改善てのをやってました。
まあ、そのすべてが悪いというつもりはないですが
お客のことよりも会社の利益ばかり気にしていたと印象はすごく強いです
もちろんコスト削減やお客の回転率を上げるというのはすごく大切なことです。
ぼくちんもその点を否定するつもりはありませんφ(.. )

ただし重要なのはやってもいいけど「お客に気付かれないようにやれ」ってことです
お客の目の前でサービスを劣化させたり、露骨に回転率上げる施策をやれば
それを見たお客は「この店はお客に来てほしくないのかな」って感じてしまうからです(´・ω・`)
そうなると居心地も悪いし、その店に来ても楽しくないでそう
顧客離れがすすんで既存店売り上げの減少の背景にはコレがあるとおもいます。

マクドナルドは効率とお客の回転率というものを最優先しすぎて客に嫌われました。
知られているだけでもこんなことやってたおね
これじゃあお客に向かって「店に来るなって言ってるようなもんだおね。
むしろ計画通りにお客が減ったんだから喜ぶべきですにょ(σ´∀`)σ
_鹽称┐鮠紊欧襪燭瓩傍鐃潅呂琉い、狭くて固いイスにチェンジ
長居をさせないために家族席や大人数席を減らす
収益率を上げるために単価を引き上げ、しかも味や品質は変わらない
の行の言葉を適当に詰め込んだだけの味の悪い高いだけのキャンペーン商品

ッ傭覆肋紊欧襪せに、とにかく安くて品質の悪い食材を優先して利用する。


2013年08月15日
マックのステマで有名になったトレンダーズがなぜかステマ企業を批判する


ss2286234570 at 00:17|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月25日

マネックスグループ(8698)、ついに赤字に転落

マネックスグループの2014年4〜9月期の連結業績(国際会計基準)は、最終損益が3億円前後の赤字になったもようだ。前年同期は67億円の黒字だった。個人投資家の株式売買が減少したことに加え、米国で外国為替証拠金(FX)取引を手掛けるグループ会社「IBFX」の一部事業を売却し、約15億円の損失を計上したとみられる。半期の最終赤字はリーマン・ショック直後の08年10月〜09年3月期以来、5年半ぶりになる。4〜9月期の国内株式市場で、個人の売買代金は前年同期に比べ35%減っており、マネックスも手数料収入や信用取引で得られる金利収入が落ち込んだようだ。
マネックスは11年に現地の証券会社を買収して米国に進出した。米国事業はこれまで四半期ベースでも最終黒字を達成していない。今回の事業売却によって米国事業の利益が年間3億円程度、改善すると見込んでいる。今後も人件費など収益の重荷となっている固定費の削減を進める方針だ。
0916









SBI証券 第2四半期の業績(平成26年4月1日〜平成26年9月30日)
http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/irpress/tanshin_141023.pdf
営業収益 350億5500万円(−7.4%)
営業利益 149億9000万円(−11.3%)
経常利益 150億3400万円(−10.9%)
最終利益   87億3700万円(−4.9%)

カブドットコム 第2四半期の業績(平成26年4月1日〜平成26年9月30日)
http://kabu.com/pdf/Gykpdf/accountingline/shihanki2014_09.pdf
営業収益 106億2200万円(−14.5%)
営業利益 42億0700万円(−33.0%)
経常利益 43億2700万円(−31.7%)
最終利益   32億4600万円(−9.6%)

GMOクリックホールディングス 
第2四半期の業績(平成26年4月1日〜平成26年9月30日)
http://www.gmo-click.com/media/2014/10/cd89b064dca12759183972fe89a14b93.pdf
営業収益 104億5000万円(−3.7%)
営業利益 26億7000万円(+  0.4%)
経常利益 26億7800万円(+  2.1%)
最終利益 18億3800万円(+  3.2%)


マネックスグループ 第2四半期の業績(平成26年4月1日〜平成26年9月30日)
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120141023063361.pdf
営業収益 228億0000万円(−21.9%)
営業利益     3億0000万円(−97.2%)
経常利益     3億0000万円(−97.2%)
最終損失     3億0000万円


昨年はアベノミクスのおかげで業績絶好調だったマネックスグループですが
政治の追い風がなくなるとあっさりと赤字に転落してしまったようです
とはいえ、赤字の要因は子会社(IBFX)の売却に伴う特別損失の発生みたいなので
(いわゆる会計上の赤字というやつなので)それほど心配すべきではありませんφ(.. )

個別で見ると国内のマネックス証券自体はしっかり利益を出してるようです。
ぱっと見たところ、営業利益ベースで4〜9月の半年間で33億円ほど稼いでますね
キャッシュが流出したという訳でもなさそうなので、深刻な赤字ではありません(`・ω・´)
しかし340億円もの高値でつかんだ米国事業の惨憺たる結果は深刻というべきでそ

過去を振り返ってみてもマネックスという会社は買収がすごく下手くそな会社だおね。
米トレードステーションを340億円で買収した時も
「規模は小さいけど開発力のある高収益のすばらしい会社だ」なんて散々煽っといて
蓋を開けたら赤字垂れ流しクソ会社ただの不良債券になっています。
買収当初は通期で10億円ほどの営業利益を期待できるなんて書いてたくせに
いまでは完全に黒歴史化していて決算の場でもあまり米国事業には触れたがりません
「米国事業の黒字化」という言葉もずっと先延ばしをくり返すだけ(゚д゚)、ペッ
数年以内にグループの売上高(営業収益)が1000億円だとかバカじゃないのかと
今度から決算の場で投資家に将来のことを語る際は
小保方さんのお面をかぶって説明することをおすすめしますにょ(σ´∀`)σ

0917









ただしぼくちんが一番深刻視してるのは目先の業績ではありません。
マネックスの未来を左右するのはツールだと睨んでいます

マネックスは複数のトレードツールを抱えてるのでその維持コストが莫大です
(開発元に高い改修費用や維持費用をずっと払い続けているから)
コストが高くて業績のよくないマネックスはツールのリストラを考えてるようです。
複数あるトレードツールの中から「マネックストレーダー」を終了させて、
「マーケットステーション」というツールへの一本化を計画してるようですにょ(σ´∀`)σ
もちろん経営的な判断からいえばコストダウンや維持コストの削減は正しいでそう。
しかし、古くからマネックスを使っていてマネックストレーダーに慣れ親しんでる
お客からすれば、改悪以外の何ものでもないし、縁義理のきっかけになりかねません

マーケットステーション」というツールはシンプレックスが開発したツールです。
ほぼ同じ機能の似たようなツールが松井証券、クリック証券、野村ジョイン等にもあるお。
逆にいえばマネックス以外にもどこにでもある一般的なツールってことだおね
しかしマネックスの古くからいるお客が一番慣れ親しんでるのは
シンプレのツールではなく
「マネックストレーダー」という日経QUICKが開発したツール。
この日経QUICKが開発したツールは最近あちこちでコストダウンの一環で削られてて
他のネット証券ではあまり見られなくなってきた特殊なタイプのトレードツールです

マネックスは手数料や金利が高いですが、このツールに慣れ親しんでる人たちは
他に選択肢がないという理由でずっとマネックスに居残り続けてきて良顧客です
今回マネックスはコストダウンのためにこの良顧客の追い出しを計ろうとしていますΣ(゚д゚;)
よそにいくらでもある一般的なツールであるマーケットステーション」を残して
よそではほとんど見かけなくなった「マネックストレーダー」を終了させてしまうと、
お客側から見れば「もはやマネックスに残ってるメリットがない」となるでそう(´;ω;`)

コストダウンという経営的な観点から考えると正しそうに思える判断でも
ゲーム理論的な観点からいえば非常に正しくない判断だとおもいますにょ(σ´∀`)σ
会社の判断としては正当化される判断でも、お客側からの観点から考えると
「マネックスを見捨ててお客が他社に流出する」ことを容認してしまうだけだからです
慣れ親しんでるツールがなくなって、どこにでもよくある一般的なツールしかなくなって
おまけに手数料と金利は他社の10倍高いなんていわれてしまったら
一体どこのバカがマネックスに居続けようという非合理的な判断をするんでそうか
みんな手数料の安いよその会社に引っ越そうと考えるだけなんじゃないでしょうか
この流れがもし本格化してしまうとマネックスの良顧客の流出が止まらなくなって
手数料をたくさん落としてくれるお客の顧客離れが加速する可能性があります
予見しうる可能性の中でおそらくそれが最も最悪の結果でそう(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

マネックスは会社の判断を正当化するためにお客側の判断を無視しちゃってんだおねΣ(゚д゚;)
経営側から見たら正しい合理的な判断も、反対側から見れば最悪の判断だってことです。

コストや時間短縮のためにメニュー表の廃止を目論んだマクドと同じタイプの失敗でそう
(コスト削減のためにやったことが顧客離れにしかならなかったという典型例だおね)
コストダウンってのはお客側から見えないところでこっそりやるべきであって、
お客の目の前でコストダウンを堂々とやっちゃうのはけっこうマズイとおもいます。
(コストダウンによってサービスが低下したとお客側にはっきりと認識されちゃうから)
吉野家だって収益改善のために肉の質を落として汁の質を落としたのが
1回目の倒産の原因だったってはっきり認めてますよねφ(.. )
なんでこんなアホなことやってんだろなって思いますね


「ナンバーワンになれないことはやらない」 マネックス松本氏が語った、成長し続ける経営力
松本:(笑)。年までにどうこうじゃないんですけど、自分が今考えているビジネスモデルとかビジネスの領域を考えると、今トップライン、営業収益が500億なんですけれども、1000億くらいまでは大体こういうことをやればいけるだろうと。しかもまあ、数年で。
マクロ関係も随分振らされてしまうのですが、数年という単位で、トップラインで1000億まではいけるだろうと思っています。税前のOPマージン(営業利益率)が今30%くらいなのですが、それも50%くらいまであげられるんじゃないかな、と思っています。
佐々木:今アメリカの事業も4半期ベースでいうと黒字?
松 本:EBITDAで黒字化して、今期中にEBITでも黒字化してくると思います。社員が3分の2から7割がアメリカなんですよ。で、アメリカの社員の半分 くらいがディベロッパー、開発者で。グループ全体のシステム開発を。日本にもたくさんいるのですが、主にアメリカを中心に開発をしています。


2011年07月26日
340億円で糞株つかんだマネックス

2011年04月23日
マネックスが米国ネット証券を完全買収へ
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2011-04-23.html
 


ss2286234570 at 06:41|PermalinkComments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月16日

地獄逝きの特急券、ジャパンディスプレイ

Jディスプ今期一転赤字に、アップル向け出荷遅れ−株価急落
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2014-10-15/100-i1af7wqn
2014年10月15日 17:32 ブルームバーグ
スマートフォンやタブレット向けに中小型液晶を生産・販売するジャパンディスプレイ は15日、今期(2015年3月期)の純損益予想を100億円の赤字に下方修正した。工場閉鎖による特別損失計上のほか、関係者によると、アップルへの出荷が遅れたことも一因で、16日の株価は値幅制限いっぱいのストップ安で引けた。
この日の同社株価は急落して始まったあと、午後はストップ安水準に張り付き、そのまま前日比18%安の359円で終了した。 下方修正の理由として同社は、大口顧客への出荷の遅れや、タブレット向けディスプレーの販売不振などを挙げた。コスト削減のため生産効率の劣る液晶ラインのある深谷工場(埼玉県深谷市)を16年4月に閉鎖し70億円の特別損失を計上する。 

ジャパンディスプレイ、深谷工場を閉鎖 15年3月期最終赤字に
2014/10/16 日本経済新聞
中小型液晶の世界最大手、ジャパンディスプレイは15日、スマートフォン(スマホ)向けの高精細パネルを生産する深谷工場(埼玉県深谷市)を2016年4月に閉鎖すると発表した。中国のスマホ向け出荷が想定より増えなかったため、主力の茂原工場(千葉県茂原市)などに生産を集約し競争力を高める。伸びるスマホ向けを巡り、関連部材の販売競争が激化してきた。ジャパンディスプレイは同日、15年3月期の最終損益を従来予想の268億円の黒字から、100億円の赤字(前期は339億円の黒字)に下方修正した。工場閉鎖に伴い70億円の特別損失が発生するほか、中国メーカー向けパネルの単価下落などが収益を圧迫した。
1017









買ってはいけない銘柄筆頭として何度も指摘してきたジャパンディスプレイのお話です
詐欺IPOとして名高いジャパンディスプレイさんですが
上場してまだ7ヶ月しか経ってないといのに黒字見通しから赤字転落へと舵を切りました
ジャパンディスプレイが上場前に株主に説明していた開示資料があったはずですが、
あの資料とは一体なんだったんでそうか?もはや呆れて物もいえないおね( ゚д゚)ポカーン

ジャパンディスプレイ(6740) 359円 −80円 (-18.22%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6740
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6740.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
ジャパンディスプレイは上場して1ヶ月目に業績を下方修正したいわくつきの会社です。
いくら経理や財務担当者がバカや無能であってもこんなことはありえません。絶対に
実際は中身が悪いのを知っていて間違いなく黙っていたんだと思います
もしかしたら東証の上場審査部もそこに薄々気がついていたのかもしれません(((( ;゚д゚)))
しかし、上場審査に引っかかることもなく、誰も止めないままぬけぬけと上場しました。
なぜならジャパンディスプレイは大株主の「産業革新機構」
持ち株を市場で処分して投資資金を回収するためだけに仕組まれた上場だからです
ただしこの仕組まれた上場はある意味において政府主導で計画されたようなもんなので、
金融庁や証券取引委員会や動く可能性は0.0001%もないとおもいます。

「産業革新機構」は政府が出資してるファンドみたいなもんです
ゆえに損することは許されません(`・ω・´)
政府系ファンドということは曰く付きの案件にも手を出さなきゃいけない責任も伴います。
そのブラック案件こそ今回の主人公のジャパンディスプレイさんです。
元からどこの企業やファンドも手を出すのを渋っていた高リスクの案件だったんだおね
普通の企業やファンドなら出資が焦げ付いて全損して終わるのですが、
「産業革新機構」は政府の力を背景にして無理やり回収する手法をもってます
それが今回のIPOというマジックです
東証なんて軽く圧力かければ大人しくなるのでまさに言いなりだおね。
上場審査部ももしかしたら「ヤバイ」と気付いてたかもしれませんが、
そのあたりは大人の事情ということで軽くスルーされて上場OKの返事が出ます
(パチンコ業界に天下りしまくってる警察がパチンコを賭博で検挙しないのと同じ)

金融庁や証券取引委員会も産業革新機構もグルみたいなもんですが
東証は金融庁に監視・処分される側なので逆らえるわけがありませんΣ(゚д゚;)
産業革新機構がインチキくさいIPO案件を東証に持ち込んだとしても
東証にはそれを拒んだり否定することが立場的にできないってことだおね
だからこういういわく付きの銘柄ってのは触らないに限ります
個人投資家ができることは危険な銘柄には近づかないことだけでそ(´・ω・`)
そのあたりの話は過去に何度も書いてるのでそちらでも読んでみてください。


2014年08月08日
買ってはいけない日本郵政株

2014年06月11日
個人投資家の嵌め込み、郵政株に騙されるな
2014年04月29日
嵌め込み系IPO ジャパンディスプレイ(6740)が下方修正で暴落

2014年05月29日
IPOの断末魔 〜すべての始まりは上場審査の緩和〜


ss2286234570 at 20:29|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加