yogurting ヨーグルティング

赤字拡大

2018年11月30日

赤字のau損保がその後どうなったか調べてみた

最近やたらKDDIが金融事業に参入してることを書いたので
そういえばau損保ってのあったなと思いだしたので調べてみたにょ(σ´∀`)σ
なんでこのau損保を取り上げたかというとLINE損保とビジネスモデルが同じだからです。

KDDIは現在国内だけで5300万ほどスマートフォンなどの契約数を持っています。
この5300万人の顧客を利用して損保契約を結ばせれば儲かるじゃん
と大きな勘違いをしてKDDIとあいおい損保が出資して作ったのがau損保なんだおね
ちなみにLINEは国内のアクティブ利用者数が7600万人ほどだそうです。
その7600万人のユーザーを利用して損保契約を結ばせれば儲かるじゃん
ともの浅はかな考えでLINEと損保ジャパンが出資して作ったのがLINE保険ですφ(.. )

とりあえず5000万人以上のユーザーがいるからその5000万人に保険を奨めたら
auやLINEのユーザーがガンガン保険契約してくれるだろうっていう浅はかな考え

ちなみにまったくこれと同じ思想でKDDIと三菱UFJが出資して作ったじぶん銀行は
銀行設立して1年も経たずに100億近い大赤字だして銀行を企画した社長が首になって
設立後のたった3年間で400〜500億円もの損失を出してヤバいことになって
最後は親会社が出資した金で三菱UFJ銀行傘下の黒字のサラ金会社を買収させて
利益の付け替えみたいな裏技をやってやっとじぶん銀行は黒字化しました
(なぜなら新規参入した銀行は3年以内に黒字化できなかったら免許抹消だから)
今もなおじぶん銀行は低収益にあえいでいてかろうじて1ケタの黒字で低迷してます
ネット銀行の中ではぶっちぎりの最下位で業績もあんまりよくないです(´・ω・`)

さてここで過去8年間のau損保の決算を調べてみましたφ(.. )
言うまでもなく非常に厳しい決算ですおね。
家賃下げるためなのか本社を品川に引っ越してますね。累損29.6億円と非常に厳しい

平成22年度〜平成29年度損益計算書
1年目純損失 2億6300万円
2年目純損失 3億0400万円
3年目純損失 3億5600万円
4年目純損失 3億0200万円
5年目純利益 9億5100万円
6年目純利益    2600万円
7年目純損失 12億7100万円
8年目純損失 14億4000万円

開業して4年間はずっと赤字で4年目あたりから契約が増えて
5年目に年間売上高が62億円超えて一気に黒字化したものの、そこで見事に頭打ち
7年目は年間売上高が61億円で横ばいだったけど費用が増えて再び大赤字に転落

8年目の決算内容は悲惨の一言だおね(((( ;゚д゚)))
売上高が激減して、さらに前年まで計上してた保険業法第113条繰延資産償却費という
名目上の繰延費用(現金支出を伴わない費用)を計上してないのに赤字拡大してるお
つまりこの繰延費用があったら8年目の赤字額は24億円くらいだったって事でそ
8年目に慌てて親会社向けに7.5億円の新株発行して増資したって書いてあるお(´・ω・`)
売上高が60億円あたりで頭打ちしてからは完全に衰退してる会社です
このまま次のヒット商品がなかったら清算されるか、どこかに吸収合併でしょうね。

ライフネット生命みたいに10〜20年と契約期間の長い保険売ってる会社は
短期的には契約獲得費用が先行するんで赤字額が多いんだけど、
逆にいえば契約期間が長いんで契約数を増やして積み重ねると経営が安定するんですね
ところがau損保みたいに契約期間が短い保険ライフタイムバリューが短い保険)
ばかり扱ってる保険会社は先行して発生する契約獲得費用は生命保険より高くないけど
契約期間が短いんですぐに契約が終わってしまってしまうんで経営が安定しません
結果的にau損保の8年目みたいなことがあっさり起きてしまう訳です(((( ;゚д゚)))

ちなみにLINE保険も比較的かなり契約期間が短い保険ばかりなので
ライフネット生命みたいに10〜20年と安定して売り上げを増やしにくい体質です。
よっぽどセンスが良くて大ヒット、メガヒットができるような保険商品がなかったら
au損保みたいに悲惨な事態に陥る可能性はかなり高いといえるでそうね(´・ω・`)
よほど保険設計のセンスがあって相当なプロではないと厳しい面があるってことです
とりあえずLINEユーザーに売ればいいやみたいな安直な企画で作ったLINE保険が
そこまでのプロフェッショナルなセンスと企画ができるかはかなり怪しいでそ

ライフネットが急伸、保険業法第113条繰延資産の一括償却を発表
https://kabutan.jp/news/?b=n201704200187
ライフネット生命保険<7157>が急伸し年初来高値更新。19日の取引終了後、17年3月期決算において、保険業法第113条繰延資産の一括償却を行うと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。保険会社は、開業当初に多大な事業費が先行して発生することから、保険業法第113条第1項において、開業から5年間の事業費を資産として計上し、10年以内に償却することが認められている。同社でも、開業後の08年度から12年度までに発生した事業費の一部を保険業法第113条繰延資産として計上し、17年度までの10年間で償却するとしており、17年3月期および18年3月期に10億6000万円の均等償却を行う予定だったが、これを17年3月期に一括償却することにしたという。
1203








2013年10月02日
au損保がいつのまにか都落ちへ

2012年11月06日
au損保が、開業してたった1年で社長が引責辞任!安いビルに都落ち

2011年04月03日
AU損保がなぜ失敗するのか?

2011年02月27日
KDDIがまたまた失敗しそうな「au損害保険」を立ち上げました
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2011-02-27.html 

ss2286234570 at 10:25|PermalinkComments(0)

2017年07月01日

岡三オンライン証券、赤字5億円で営業損失は2.7倍に拡大

岡三オンライン証券 平成29年3月期 決算を開示
営業収益 26億4471万円
営業損失   9億5895万円
経常損失 10億0840万円
当期損失   5億3356万円

第三者割当増資の払込完了に関するお知らせ
http://www.okasan-online.co.jp/information/2017/0628a/
2017年06月28日
岡三オンライン証券株式会社は、第三者割当増資による新株式発行に関する払込手続きが下記のとおり完了いたしましたので、お知らせいたします。なお、今回の増資につきましては、2017年3月に策定した新成長計画「ReBorn」に基づき、財務体質を強化することを目的としております。

岡三オンライン証券がまた赤字決算だったようだにょ(σ´∀`)σ
※ちなみに営業収益というのは売上高のことです
いつもそうなんだけど、この会社って黒字決算のときは4月末に開示出すけど
赤字決算のときはダラダラ引き延ばして期限ギリギリの6月末に開示するんだおね
今回もずっと出さなかったので赤字だろうってのは簡単に予想できますφ(.. )

岡三オンライン証券という会社はそのあたりが非常にわかりやすくて
たった1回黒字決算の時だけものすごく早く決算をサイトにアップしてたけど
それ以外の過去10回赤字決算のときは毎年6月29〜30日にしか開示しません(´・ω・`)
赤字だから恥ずかしくて見せたくないのは判るけどいつ見ても逃げ腰の経営だおね
「都合が悪いから隠す」ってのはテストの点数が悪かったからテスト用紙を隠す
小学生と大差ないような姿勢だし、企業としてはちょっとみっともない

岡三オンライン証券の決算の中身を詳しくみていくと
売上高は前年度比で7億円減少(−20.6%)と市場悪化の影響がもろに出てるお。
営業損失は前年度比で6億円増加して2.7倍大幅増だったようです。
売上高が大きく減ってるのにコスト(販売管理費)は横ばい33億円だったので
減少した売上高の金額がほぼそのままスライドして損失額になったようだお
あまりに決算がやばかったのと「ReBorn」計画を実行するために
今回は決算発表にあわせて30億円の増資をしたようだにょ(σ´∀`)σ

増資も終わったのでまだしばらくは廃業せずにがんばるみたいだおねφ(.. )
それ自体は悪くないけど、この「ReBorn」計画は失敗確率高すぎでそう
足元の売上高がどんどん減って赤字額が拡大してる真っ最中なのに
ここからさらに投資額を増やしてランニングコストを上積みさせるのはアホすぎ
サービスは改善できても売上高が増えなかったら損失が増えるだけだお(´;ω;`)ブワッ
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2017-04-30.html

いくら増資して新しい事業やサービスを拡大しても利益が出るかは不明です
つまりこの状況で先行きを予想できない事業に金を突っ込むこと自体がアウトだお
今の岡三オンライン証券が最優先としてやるべきことはとにかく黒字転換させて
何年でも何十年でも独り立ちして事業継続できる状態にもっていくこと。
何回も書いてるけど、とにかく100億でも200億でも増資して
その金で利益を稼げる会社を買収して事業を安定させない限りはなにやっても無駄でそ
(これをやって無理やり黒字転換させるのに成功したのがじぶん銀行だおね

0426















岡三オンラインは今期で11年目の会社だお。過去11年間で黒字化できたのは1回だけ。
アベノミクスの最盛期に1回だけ黒字化したけどその後はまた赤字に逆戻り 
すでに開業以来の累計損失は125億円超えと際限なく赤字の山が積み上がってるお
01年目 −9億1060万円
02年目 −17億0800万円
03年目 −25億2061万円
04年目 −15億7422万円
05年目 −28億9730万円
06年目 −8億4773万円
07年目 −9億0116万円
08年目 +1億1521万円
09年目 −3億6901万円
10年目 −3億3663万円
11年目 
−5億3356万円

2017年04月30日
岡三オンライン証券、『ReBorn』計画で復活を計る
2016年01月29日
岡三証券グループ、4-12月期経常が29%減益で着地

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2016-01-29.html

2016年01月21日
岡三証券グループ会長死去、岡三オンライン証券は消滅するか?

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2016-01-21.html


ss2286234570 at 04:57|PermalinkComments(0)

2014年04月14日

ライフネット生命(7157)の運命の分岐点

ライフネット生命(7157) +3 (+0.73%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=7157
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7157.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,m65,m130&a=
0423







思いの外、前回の記事のPVが伸びまくってたのでもう少し書いてみますφ(.. ) 
勘違いしてほしくないのは「ライフネット生命」そのものは悪い会社ではないってことです。
現在のような大手保険会社が売っている生命保険やその周辺の保険はインチキが多いです
保険料という名目でけっこうな金額を毎月支払わせておきながら、
その内訳のかなりの部分がコスト(人件費、営業経費、営業員への特別報酬)で消費され
実際に積み立てられている金額が少ないなんてのはよくある話ですにょ(σ´∀`)σ

そういった歪んだ日本の生命制度へのアンチテーゼがライフネット生命ですφ(.. )
無駄な費用や人件費や飲み食い代まで好きなだけ保険料から差し引いて
まさしく保険金を食い物にしているような従来の生命保険に比べたら
ライフネット生命の売っている商品は圧倒的にまっとうで正直な商品といえるでそう
業界のどてっぱらに風穴を開けたという意味では大いに表彰されるべき事実です(´∀`*)

ただ、だからといって今後もライフネット生命が独立系でやってけるかというのは別の話でそ
オリックス、楽天、SBIといった資本力と(グループの力を集結した)集客力を備えた
強力なライバルと真正面から対決して勝てるかと聞かれたら。それは極めて厳しいでそう
月次の新規契約数の異常なまでの落ち込みがそれを如実に語っています(´・ω・`)
今のまま意地を張っても、無謀な競争を繰り返してもはっきりってムダでそ。
巨大な戦艦や戦車に向って竹やりで突撃することを“勇気”とはいいません(`・ω・´)

まずは勝てるための戦略を練るべきで、体力を消耗するような争いは避けるべきですおね。
送客力のあるネット銀行(楽天銀行や住信SBIネット銀行のライバルであるソニー銀行)を
傘下にもつソニーFHDの資本を受け入れるなんてのは現実的なよい案でそう
あるいはメガバンクのグループ傘下に入るなんてのでもいいでそう。
今みたいな無謀な値下げ合戦を楽天やSBIグループとやるのは愚の骨頂です(((( ;゚д゚)))
そこらへんの軌道修正と資本提携をとにかく急ぐことこそが急務でそ。
足元の落ち込みがあまりに激しいためここが遅れると極めて進退が苦しくなりかねません。
一時的な戦略的撤退や後退はかっこ悪いかもしれませんが、それが本当の“勇気”です
ライフネット生命が今やってるのは勇気ではなく無謀な自殺と大差ないでそ(´・ω・`)


養老保険とは死亡時に受け取れる保険金と、無事に満期を迎えた場合に支払われる満期金が同額の保険です。死亡保障と老後に向けた貯蓄のどちらにも対応できる保険として提案されています。
資料では30歳男性が1996年にこの保険会社の20年満期の養老保険に加入したケースを例に、月々の保険料の内訳を示しています。14%が保険会社の諸経費見込み額として設定され、残りの86%が保障や貯蓄に回る仕組みです。この商品の実質利回りは1%強と、保険会社が当時設定していた2.75%の運用利率を大きく下回っています。私なら保険料の86%しか保障や貯蓄に回らないと分かった時点で、この商品に貯蓄性は求めません。貯蓄目的であれば、100%近いお金を貯蓄に充ててほしいからです。


ss2286234570 at 20:57|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2014年04月11日

ライフネット生命(7157)の社長は他人ディスる前に自分をディスれ

ライフネット生命(7157) −7 (−1.67%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=7157
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7157.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,m65,m130&a=
0422




最近ちょっとだけブログが炎上して失笑を浴びていたライフネット生命です。
言ってること自体はすごく正しいし、内容は何一つ間違ってないと思います
ただしそれをいっても許されるのはしっかりとした結果を残してる場合に限ってでそ(゚д゚)、ペッ
何一つ結果を残してない、株主の期待を裏切り続けてるだけの
大赤字会社の経営者が上から目線で他人にえらそうな態度を見せたらただの恥さらしです。
まずライフネットの社長はじぶんが恥さらし無能だということをきちんと理解すべきだおね
まずは自分たちが騙しつづけてる株主にこそ謝罪しとけって話です(゚д゚)、ペッ

ライフネット生命は業績という面で評価すれば最低クソ企業です。
去年はアベノミクスの影響なのかなんなのか、赤字幅を大きく削減することに成功しています。
でも今期は積極的に広告宣伝費を投下した影響なのか赤字額がすごい(((( ;゚д゚)))
もちろん売上高(契約数増加に伴う保険料収入)もそれなりに増えてるので全否定はしません。
しかし、最低なのは月次の新規保険契約数がガタガタに減少しつづけてる点です
過去の数字を見ていくと、2013年5月から明らかに月次の数字が前年度比でマイナスだおね

まず過去の業績速報から抜粋して新規契約数を並べてみます
前の数字が月間の新規契約数、後ろの数字が前年同月比との比較値ですΣ(・ω・ノ)ノ
2013年01月 5,314件(109.4%)
2013年02月 5,256件( 95.2%)
2013年03月 5,630件(100.0%)
2013年04月 4,961件(103.9%)
2013年05月 5,221件( 83.6%)
2013年06月 4,097件( 73.7%)
2013年07月 4,330件( 86.1%)
2013年08月 3,939件( 82.4%)
2013年09月 4,229件( 97.4%)
2013年10月 3,896件( 76.7%)
2013年11月 3,217件( 73.2%)
2013年12月 3,091件( 71.7%)
2014年01月 3,010件( 56.6%)
2014年02月 3,301件( 62.8%)
2014年03月 2,945件( 52.3%)

いままでここまで細かい数字は見なかったのですがありえないくらいの酷い数字です
2014/3は新規契約数だけでなく、新規契約金額もきっちり−47%というクソ業績。
このまま行けば時間の問題で月次の新規契約数は2,000件を割り込むでそう
1年後の月次新規契約数が1,500〜1800件に落ち込んでてもおかしくないほどの凋落です。
よくこんな危機的な状況で「新入社員に上から目線で説教しよう」なんて思えるおね(゚д゚)、ペッ
血尿と血便たらしながらで死に物狂いでもがかないともう後がないでそ、これ
会社がこんな状況で「政治活動に全力投球します」とか本物のキチガイですにょ(σ´∀`)σ

足元の数字を見るかぎり、ライフネット生命に明るい兆しは一切ないおね。
売上げは低迷、新規契約は取れず、広告宣伝費を投じても赤字は増えるばかり
楽天やSBI、オリックスがネット生保に参入してきたことで競争は苛烈になるばかりだおね。
昨年唯一頑張ったことといえば韓国でネット生保に出資した話だけでそ(´・ω・`)
あとは仕事そっちのけで社長が政治活動に首を突っ込んでる話くらい
業績が悪いとは予想してましたが予想をはるかに超えた惨憺たる有様だおね
このままいけば契約が取れなくなって廃業か身売りも考えないといけないかもしれません。
厳しい言い方かもしれませんが、それくらいこの現実の数字は最悪です(´;ω;`)
役員クラスがどんどん辞めて逃げ出してるのも納得がいくレベル。
とにかく今すぐに経営者を首にして更迭した方がいいですにょ(σ´∀`)σ

これまでネット生保は数えるほどしかなかったので典型的なブルーオーシャンでした。
しかし、ここに大手生保の子会社や楽天・SBI、オリックス傘下の会社が参入してきて
からは、血で血を洗うような地獄のレッドオーシャンになってしまっています
新規参入のネット生保が値下げで切り崩してきてるのでこれもヤバイおね。
契約数が取れなくなったライフネット生命は4/1から苦し紛れの値下げを実施しています。
もちろん値下げが悪いことだとはいいません。しかし、それを補える程の契約数の伸びがなければ
ダブルパンチでさらに業績を直撃するのは疑いようがありません(((( ;゚д゚)))
潜在的な業績悪化懸念の材料はまだまだこのあたりにも潜んでるってことです

なつさんはかなりはっきりと書くブロガーですが
もはやここまでくるとライフネット生命は絶対に買ってはいけない銘柄の一つだと思います。
サイバーダイン(7779)やリプロセル(4978)と大差ないレベルでそ
ただ小型の時価総額なのでちょっとした資本提携や大手からの出資があれば
株価が一気に吹き上がる可能性もあるので売りにも適していませんΣ(・ω・ノ)ノ
触らないで静かに見てるだけというのが正しい姿勢ですにょ(σ´∀`)σ

もし上から目線で説教好きのライフネット生命にいうことがあったとしたら
「毎期、業績予測より30%きっちりとした業績上方修正を出しなさい。
もしこれを1年間、1期も欠かさず続けることができれば、
1年後にはライフネットさんの市場における評価は確実に高まっているだろう」
でそ


ライフネット生命の岩瀬大輔社長兼COOが新入社員向けに書いたブログに賛否両論、インターネットが盛り上がっている。岩瀬社長といえば、東大在学中に旧司法試験合格、卒業後はハーバード・ビジネス・スクールに進み、日本人4人目のBaker Scholarを受賞。さらに2010年には世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出されるなど、輝かしい経歴をもつ若手経営者。そんな岩瀬社長が「入社2日目の明日から試して欲しいこと」を書いたら……
「毎朝、定時より30分前にきっちりした身なりで出社し、新聞を読んでなさい。
簡単なことだが、もしこれを1年間、1日も欠かさず続けることができれば、1年後には皆さんの社内における信頼は確実に高まっていることだろう」――。


2014年01月31日
ライフネット生命の将来は厳しそう(´・ω・`)

2013年08月25日
SBIも再参入を発表。競争が激しくなるネット生保の将来性は?

2013年08月06日
SBIとチューリヒ生命がネット生保に参入を表明 競争激化か?

2012年03月17日
ライフネット生命(7157)の資金用途が舐めすぎ
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2012-03-17.html
 


ss2286234570 at 20:45|PermalinkComments(10)TrackBack(0)