yogurting ヨーグルティング

買収

2022年05月29日

【悲報】西友店内で楽天モバイルが圏外のままだった・・・

西友で「楽天ポイント」 食品スーパー首位への野望
2022年3月17日 2:00  日本経済新聞
西友が本格的に「楽天経済圏」に加わる。楽天ポイントを導入し、新たなアプリも投入。楽天グループの会員基盤を生かし、デジタルマーケティングやネットスーパーを強化する方針だ。狙うは「食品スーパー首位」の座。どんな構想を描いているのか。2022年4月、西友が運営するスーパーマーケットの店頭の景色が変わる。楽天ポイントの大攻勢が始まるのだ。「西友」「リヴィン」「サニー」の全店舗で4月1日から「西友デザイン」の楽天カードの発行が始まり、4月5日には電子マネーの「楽天Edy」、4月26日には「楽天ポイントカード」がそれぞれ使えるようになる。「楽天ポイントカードを提示したら通常の5倍ポイントが貯まる」「楽天カードや楽天Edyで支払えば、楽天ポイントの還元率がアップする」。西友はこうしたキャンペーンを4月以降、店頭で次々と展開していく予定だ。
「スーパーマーケットにもDX(デジタルトランスフォーメーション)が求められている。楽天のエコシステムを西友の店舗と融合していくということだ」3月10日、東京都内。楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は戦略説明会でこう語った。
キャプチャ











「セゾンカード感謝デー5%OFF」終了へ 春以降、楽天との会員プログラムの開始を予定
2022/01/14 18:05
クレディセゾンは、西友との提携クレジットカード「ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード(ウォルマートカード セゾン)」のサービスを2022年3月31日で終了すると発表した。西友の意向を受けての対応としている。西友では今春以降、楽天との会員プログラムを開始する予定。楽天は、今年1月11日には「楽天西友ネットスーパー」を含むネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」を開始している。 

西友への出資、米ファンドと楽天が発表…ネットスーパーやキャッシュレス決済強化
2020/11/16 10:46 読売新聞
米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と楽天は16日、スーパー大手の西友に出資すると発表した。西友の親会社の米小売り大手ウォルマートから西友株をKKRが65%、楽天は新たに設立する子会社を通じて20%を取得する。提携を通じて、西友のデジタル戦略を強化する。西友が強みとする格安路線は続け、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が高まっているネットスーパーの強化や、現金を使わないキャッシュレス決済の導入などを進める。
最近スマホ無料廃止のネタでなにかと話題の楽天モバイルにさらなる悲報
楽天といえば2020年に西友に出資するというニュースが出てたので、
てっきり西友の店内くらいは楽天モバイルが問題なく使えるんだろうと思ってたのですが
なんと!西友がセゾンカードとの提携を解除して楽天カードに切り替えずみなのに
いまだに西友店内では楽天モバイルがまともに利用すらできないようですΣ(゚д゚;)

あれだけ楽天Payをアピールしときながら圏外で利用すらできないとかキチガイ沙汰・・・

楽天モバイルはビルの中ではまともに利用できないとか、地下では完全圏外になってまったく利用できないとかいろんな噂があったのでそれなりに知ってはいましたが、
まさか提携先の西友の店内ですら利用不可というのはちょっと衝撃でした
よくこんな品質で通信カバー率が改善だの言えたもんだなとさすがに驚きでした(´・ω・`)
言っちゃあなんですが、安いだけの品質はゴミ以下のカス携帯ってのは本当のようです
無料ならともかく、建物の中でまともに利用もできないとかもはやただのゴミでそ。

楽天って昔からできもしないことを「できる」とかなり大嘘つく企業体質でしたけど
さすがにここまできたら開いた口が塞がらないレベルですよね(゚д゚)、ペッ
正直言って本気でバカなんじゃないかと思うレベルです。

あれだけ派手に楽天Payや楽天ポイントカードのスマホ決済をアピールしときながら
西友の店内ですら楽天モバイルが圏外になるとかもはや酷いとかのレベル超えてる
楽天モバイルなんて金払って利用するレベルじゃねえ〜の画像貼ろうかと思ったけど
めんどくさくなったので止めますけど、さすがにこれはダメですね(´・ω・`)

楽天(4755) 727円 +13円 (+1.82%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart

2022年02月05日
セゾンカードさん、西友にあっさり切られる

2020年11月17日
KKRと楽天、西友株式の85%を取得


ss2286234570 at 07:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年05月13日

ビットポイントジャパン SBIが51%の株を127億円で買い取る

SBI、仮想通貨取引会社を傘下に
2022年5月12日 18:00 日本経済新聞
SBIホールディングスは12日、リミックスポイントのグループ会社で暗号資産(仮想通貨)取引所・販売所を運営するビットポイントジャパンの株式51%を取得すると発表した。ビット社の株式を保有するリミックスの子会社から127億5000万円で買い取る。ビット社を傘下に入れて顧客基盤を伸ばし、仮想通貨ビジネスを拡大する。
SBIとリミックスは12日、資本業務提携契約を結んだ。SBIがスタンダード市場に上場するリミックス株の約5%を市場内で取得する。12日の終値で計算すると約25億円になる。リミックスは電力事業を手掛けており、再生可能エネルギー電源を共同開発する。

リミックスに大量買い注文、SBIと暗号資産分野で資本・業務提携
2022年05月13日09時09分 Kabutan
リミックスポイント<3825>は寄り付き大量の買い注文を集め、気配値のまま株価水準を切り上げている。12日の取引終了後、SBIホールディングス<8473>との資本・業務提携を発表しており、これを好感した買いが膨らんでいるようだ。
両社は、暗号資産やメタバースを含むWeb3.0分野のほか、再生可能エネルギー電源の共同開発といったエネルギー分野での連携を進めていく。この提携に伴い、SBIグループはリミックス株の5%を市場内で取得するとともに、リミックス傘下のビットポイントジャパンの株式51%を譲り受ける予定だ。
キャプチャ




 ※動画あり







35億円相当の仮想通貨の不正流出事件起こして一時期騒がれてたビットポイントですが
最近は業績回復してきて株価も上昇傾向でわりとすごくいいチャートになってました
業績が評価されてかなりいい感じに上がってたので知ってる人も多いかもφ(.. )

ビットポイントの親会社といえば最近カブコムのプレミア料520倍で話題になったリミックスポイントなので、ここのところ話題が続いている銘柄ですφ(.. )
今年に入ってビッグボスを起用したCMやってたので記憶にある人も多いはず。

今回の買収の趣旨としては、ビットポイントの51%の株をSBIHDが取得して
今後はビットポイントのサービスをSBI証券などに積極的に紹介していって
場合によってはSBI証券と連携して集客の強化を図っていこうという趣旨のようです
集客強化で顧客基盤を強化すれば取引と業績をより伸ばしやすくなるからです

ただ、せっかく10年以上かけて育ててきた虎の子のビットポイントの株式51%を
たったの127億円で売却したってのはあまりにも安値で売り飛ばした感が強いですね
どちらかというと資金に困って安売りに応じてしまったという印象です(´・ω・`)
何となくですが再生エネルギー業界が大きく荒れて怪しくなってきてるので、その穴埋めとか、別事業に進出するための手元資金欲しさに打ったのではという印象が強いですね。

そもそもビットポイントの株式51%を売ったってことはほぼ全部売却と同等でしょ。
時間の問題で残りの49%もSBIHDに売ってしまうだろうと予想されますΣ(゚д゚;)
そしたらリミックスポイントに会社の価値なんて残るんだろうかと考えます
会社売って資金調達できたのはいいけど、会社の未来はかなり怪しいですおね・・・。

リミックスポイント(3825) 516円 +80円 (+18.35%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3825
https://finance.yahoo.co.jp/quote/3825.T/chart

2019年07月20日
ビットポイント 秘密鍵が全流出してたことが判明、現物保証の方針

2019年07月15日
リミポ小田「我がホットウォレットの安全は世界一ィィィィーー!」

2019年07月13日
ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出 その2

2019年07月12日
ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出 その1

2018年11月14日
リミックスポイントが業績予測を白紙化!決算日に社長がトンズラ!

2018年09月20日
クズZaifさん、ハッキングされて67億円盗まれる! その1


ss2286234570 at 15:58|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年02月05日

セゾンカードさん、西友にあっさり切られる

「セゾンカード感謝デー5%OFF」終了へ 春以降、楽天との会員プログラムの開始を予定
2022/01/14 18:05
クレディセゾンは、西友との提携クレジットカード「ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード(ウォルマートカード セゾン)」のサービスを2022年3月31日で終了すると発表した。西友の意向を受けての対応としている。
西友では今春以降、楽天との会員プログラムを開始する予定。楽天は、今年1月11日には「楽天西友ネットスーパー」を含むネットスーパーのプラットフォーム「楽天全国スーパー」を開始している。 

株式会社西友との提携サービス終了について
いつもセゾンカードをご利用いただき、ありがとうございます。
このたび、株式会社西友の意向により、2022年3月31日(木)をもちまして誠に勝手ながら株式会社西友と株式会社クレディセゾンとの提携サービスを終了することとなりました。これに伴い、「ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレスR・カード(以下、ウォルマートカードセゾンと略す)の新規入会終了、並びに株式会社西友及び楽天西友ネットスーパー株式会社と共同で提供してまいりました以下サービスを順次終了いたします。


西友がついにセゾンカードとの提携サービス終了に踏み切ったようですねΣ(゚д゚;)
そうは言っても、1年半前に米ウォルマートが西友の持ち株を85%売り飛ばし
米投資ファンドと楽天の傘下に入ってたので当然といえば当然の結果でしょうφ(.. )

もともと米ウォルマートは売却額を2400億円で提示していたのに
実際には米投資ファンドKKRと楽天はたったの300億円という破格価格で買収してます
おそらく楽天としてはこれから西友の持ち株比率を上げていくと思います
(ファンド側はあまり長く持っていても意味がないので換金したいから)
西友の売り手が楽天だったこともあってセゾンカードとの提携終了は時間の問題でしたが
わりとあっさりとセゾンカードが切り捨てられてしまったようですね

セゾンカードを発行してるクレディセゾンはそもそもセゾングループの中核企業で
西武百貨店や西友とはセゾングループという同じグループに所属していたわけで
いうなればクレディセゾンと西友は兄弟企業みたいな間柄であったわけです(´・ω・`)
しかし西友が売却されてしまったことでこの縁が完全に切れてしまったということですね

カード事業においてはカードを利用してもらえる面(場面や機会)は非常に重要で
さらにいえば西友の利用をきっかけにしてカード発行の獲得も期待できたわけです。
今後は西友でのカード支払いは全面的に楽天カードへの切り替えが進むでしょうし
その結果、楽天カードの発行と利用はさらに促進されていくことになるでしょう

長期的に考えたら西友という面を失ったクレディセゾンにとっては痛恨の痛手でしょう。
ただでさえ西武グループはコロナ過で苦しんでるし、グループ解体が進んでいます
グループ解体というのはボディブローのようにクレディセゾンに効いてきそうです。

クレディセゾン(8253) 1,318円 +7円 (+0.58%)
足元ではアフターコロナ銘柄全般は回復基調なので株価も上げそうな気配ですにょ(σ´∀`)σ
エイチ・アイ・エス近畿日本ツーリストもアフコロ銘柄どこも強いです

2020年11月17日
KKRと楽天、西友株式の85%を取得

西友が300億円でウォルマートから楽天・KKRに「大安売り」される理由
2020.11.16 7:11 ダイヤモンドONLINE
米小売り最大手ウォルマートが、傘下の国内スーパー西友の売却を打診している。米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と、楽天が約300億円で買収する。実は、この売却金額だが、ウォルマートは当初、約2400億円を提示していたことが、事情に詳しいファンド関係者への取材で分かった。金額は、交渉の過程で段階的に引き下げられた。ウォルマートは2008年に西友を完全子会社化したが、その投資総額は約2500億円。ウォルマートの当初の売却希望額(約2400億円)に近い金額である。



ss2286234570 at 07:15|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年12月16日

伊藤忠、外為どっとコムを持ち分法に 129億円で株取得

伊藤忠、外為どっとコムを持ち分法に 129億円で株取得
2021年12月13日 15:33 日本経済新聞
伊藤忠商事は13日、外国為替証拠金(FX)大手の外為どっとコム(東京・港)の株式40.19%を取得し、持ち分法適用会社にすると発表した。取得額は129億円。資産運用に関する需要の広がりをうけ、FX取引が伸びている。伊藤忠は出資を通じて個人向けの金融ビジネスを強化する。
伊藤忠はクレジットカード事業や給与前払いアプリ、金融教育サービスなどをグループ会社に抱え、個人向けの金融事業を強化している。FXアプリの利用者向けに他の金融商品を販売するほか、展開中の金融サービスでFX取引を紹介することを想定する。資産状況に応じた投資など、消費者目線の金融サービスの開発をすすめる。


外為どっとコム 主要株主変更に関するお知らせ
https://www.gaitame.com/company/pdf/press_211213.pdf

澤田ホールディングス(8699) 大株主情報
https://kabutan.jp/stock/holder?code=8699
1313








エイチ・アイ・エス(9603) 大株主情報
https://kabutan.jp/stock/holder?code=9603
1212








 
エイチ・アイ・エスの創設者といえば澤田秀雄氏ですねφ(.. )
すでにエイチ・アイ・エスの経営からは手を引いてますが大株主には居ます
また金融機関を多く子会社に持つ澤田ホールディングスも創設ました。
今はどちらの会社も経営者からは引いてるけど大きな影響力を持つ大株主です

業績が悪化したHISを救済するためしょっちゅう自腹で増資に応じています
https://www.his.co.jp/wp-content/uploads/n_co_20211213aa.pdf
そして今度は澤田HDがいきなり外為どっとコムの持ち株を全株売却しました
最近は為替がよく動くのでどこのFX会社も急激に業績が回復しています
にもかかわらず慌てて外為どっとコムの株を売却したということは
よほどの急ぎで資金を確保したいとかそういった理由があったんじゃないでそか

おそらくは澤田HDないしは澤田氏が早急に資金を調達して
HISにさらに追加増資をするための資金を調達したかったんではと考えます。
どちらの会社も大株主だし、なにより人生をかけて育て上げてきた
HISをなんとしてでも救うために何十億円もの増資に応じてるわけですから。
さらに追加増資を行って可愛い我が子のようなHISを救いたいんじゃないのかなと。

そもそも澤田HDは金融会社をたくさん子会社に持ってる持ち株会社なので
わざわざ業績がよくて貢献度の高い外為どっとコム売るってのはへんでしょ
よほどの何か明確な理由がないとさすがにこのタイミングで売るとは思えません。

しかも伊藤忠商事はすでに金融事業からほぼ撤退してる会社です
(カード会社は傘下に持ってるけどFX会社だとかなり畑違い)
以前はFX会社(FXプライム)や先物会社(伊藤忠フューチャーズ)などの
金融機関を傘下に持ってましたけどすべて売却したか会社畳んだかでしょ。
今さら外為どっとコムの株を40%買い取る意味があるとはあまり思えません

×慧HDの資金調達のために一時的に買い取って将来買い戻させる契約付きである
∂慧鳥瓩僕蠅泙譴毒磴ぜ茲辰燭韻鼻△修里Δ素箋僂垢詬縦蠅杷磴辰燭世


どうしても急いで資金を調達したかった澤田HDのために
伊藤忠が即決で買い取って資金調達に応じたってくらいにしか思えません。
外コムは特にFXの取引シェアをそれなりに持っていて業績も良いわけですから
SBI・楽天・GMO・DMMあたりならじっくり交渉すればもっと良い値で売れるし
最近は日本株手数料の無料化の流れでネット証券も将来的な業績が厳しいので
松井証券とかカブドットコムあたりなら高額で買い取る可能性ありますからね

直近でGMOフィナンシャルHDがYJFXを完全子会社化した時288億円です。
https://finance.logmi.jp/376456
外為どっとコムはそれより規模が大きく業績も良いわけですから
外コムの株40%を129億円で売却ってのは、持ち株比率が低いので売りにくいとはいえ
かなりのディスカウントでものすごく割安価格で売却してるんですよねφ(.. )

よほど急いで資金が欲しくて即決で買い取ってくれる伊藤忠商事に対して
澤田ホールディングスが慌てて売却しただけにしか見えないんですよねー。
伊藤忠商事としたらかなりお得な買い物をしたともいえるでしょう(´∀`*)
本来なら129億円の1.5倍の200億円以上の値が付くはずだろうと思うんですおね

伊藤忠商事(8001) 3,473円 −11円 (−0.32%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8001
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8001.T/chart

2021年10月14日
GMOフィナンシャルHD ワイジェイFXを子会社化

2021年05月25日
GMOフィナンシャルHD、ヤフー傘下のFX事業を買収へ 300億円で


ss2286234570 at 06:34|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年10月17日

スマホ証券FOLIOさん、SBIに買収されて子会社に

SBI、新興証券FOLIOの買収を発表
2021年8月31日 13:18 日本経済新聞
SBIホールディングスは31日、新興証券のFOLIOホールディングス(東京・千代田)を買収したと正式に発表した。過半を出資し、連結子会社化した。買収総額は非開示だが、70億〜80億円程度とみられる。傘下のSBI証券は2021年度中をめどにフォリオと組み、顧客のまとまった資金を一括運用するファンドラップ事業を始める。
金融サービス事業の中間持ち株会社を通じ、フォリオが実施した21億円の第三者割当増資を引き受けた。これに加え、フォリオの既存株主から一部株式を取得した。フォリオはグループ入り後も、新規株式公開(IPO)を目指す方針という。

SBI、新興証券のFOLIO買収へ 資産運用強化
2021年8月30日 17:00 日本経済新聞
SBIホールディングスは、新興インターネット証券のFOLIOホールディングス(東京・千代田)を買収する方針を固めた。買収総額は70億〜80億円程度とみられる。同社のシステム基盤を使い、少額から投資できる資産運用サービスを2021年度中にも始める計画だ。株式の販売手数料収入に依存しない事業体質を強化する。
フォリオは2015年設立のフィンテック企業。18年にLINEなどの出資を受け、「人工知能(AI)」や「ドローン」などテーマ株の少額投資サービスを始めた。口座数は非開示だが、十数万程度とみられる。法人事業も展開し、顧客に代わりまとまった資金を運用するファンドラップや、ロボットアドバイザー向けの基盤開発を手がける。SBIは資産運用事業を強化し、短期売買に依存しない安定的な収益基盤づくりを進めている。傘下のSBI証券をはじめネット証券会社では株取引の手数料競争が激しくなっている。預かり資産から得るストック収入を増やすため、フォリオと今年度中にもファンドラップ事業を始める。提携先の地方銀行を通じた取り扱いも検討する。
キャプチャ











https://note.com/folio_sec/n/n803ca7001004?magazine_key=m8cd7f06ba0a4





これすこし前のニュースなんですけど、スマホ証券のFORIOが身売りされました
21億円の新規増資をSBIが引き受けて、さらにLINEなどが所有してる株式なども買い取って
総額としては70〜80億円を投じて完全子会社化してゆきたい意向があるみたいですね
前回の8/6のブログの記事ではかなりはっきりと「年内に身売りされる」と書きました
そのわずか24日後にSBIに身売りされて子会社化されたようですねφ(.. )

まあ予想するもなにもFORIOは完全に資金が底を尽いてましたからね(´・ω・`)
基本的にお客の資産を預かってる銀行とか証券は自己資本比率が重要で
この自己資本比率が一定より低下すると増資するか事業を中止するかの2択なんだおね
しかも計算上では年内に増資受けないとお客の資産を預かることができないんですよね。


さらに興味深いことに日経のこの記事を読むとかなり細かい内容や経緯まで書かれてて
FORIOなんて「ビジネスを刷新の方向」とまで具体的なことまで書かれてたんで
「ああ、これはもうFORIOは身売りって決まってるんだな」って気がついた訳です
この日経の記事が出たのが8/11で身売りのニュースが出たのが8/30ですから
逆算したらわかる通り、おそらくというか間違いなく日経の記者は知っていたんでそ
いくらなんでも日経が記事を書いて19日後にきっかり身売りされるとかおかしいですし。

今後、FORIOがどうなるかは日経の記事に書いてあった内容の通りになるでしょね。
証券業から撤退して、証券会社や銀行に証券サービスを提供する黒子役として
「サービスを開発して法人に提供する会社」になっていくのは間違いないでしょう

日経がすっぱ抜いたというか、ダダ洩れの情報をもとに書いた記事にもそうあったし
実際に最近のプレスリリースなどを読んでいくと実際にそう書かれています
FORIOが自社開発したロボアドバイザーサービスをSBI証券に提供するだとか
小額から購入できるファンドラップ「SBIラップ(仮称)」をSBI証券に提供してくとか。

アメリカでは日本に比べるとネット証券の手数料や金利がかなり高いんですよね
ロビンフッドみたいなスマホ証券が成功したのはそこに隙があったからだけど
日本国内ではすでに最大手の手数料無料化に邁進してる最中なわけで
そこには国内のスマホ証券が付け入っていく隙なんてもはやどこにもないんですよね

前にも書いたそのままですけど国内のスマホ証券はすべて全滅・壊滅するでしょう。
SBIグループ傘下のスマホ証券であるSBIネオモバイル証券ですらけっこう大赤字なので
他のライバルのスマホ証券を潰すという目的を達成してしまったら
いずれ役割を終えてSBI証券あたりに吸収されて消えるだろうと予想してますφ(.. )


<スマホ証券が失敗する理由>
〇埔譴小さいのにすでに6社も乱立するから過当競争に陥っている
△呂辰り言って手数料でも利便性でも通常のネット証券より上回ってない
(手数料安いのがいいなら松井証券の約定代金50万円以下は手数料0円を使えば足りる)
3以外のサービスがないから口座にお金を入れておくと資金効率が非常に悪い
ぜ蠍技餠發僕祥気ない20〜30歳の若者をターゲットにしてしまっている
ゼ入や金融資産を持ってない若年層がそもそも株を買えるわけがない
SBI証券が2年後に手数料料無料化にするからもはや存在価値がない


2021年08月14日
LINE証券、フォリオ、スマートプラス ⇒ 日経新聞「さっさと諦めろと三行半」

2021年08月06日
5年で累損75億円 意識高い系スマホ証券FOLIOさん、来年資本が無くなる・・・

2020年08月06日
スマホ証券FOLIO、20年3月期の最終損失は23億6300万円

2020年04月19日
ベンチャーキャピタルの死体置き場、スマホ証券の未来

2019年09月23日
スマホ証券FOLIO、廃業までカウントダウン開始!

2018年01月18日
LINE、アプリで資産運用 ネット証券「フォリオ」に出資
https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2018-01-18.html 

ss2286234570 at 17:12|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年10月14日

GMOフィナンシャルHD ワイジェイFXを子会社化

GMOフィナンシャルHD 株式取得(子会社化)完了に関するお知らせ 
2021 年9月27日
当社は、2021 年5月 25 日付の「ワイジェイFX株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ」にて公表いたしましたとおり、本日、同社の全株式を取得しました。同社は本日付で商号を「外貨ex byGMO株式会社」に変更しております。また、本日開催の同社臨時株主総会において「定款一部変更の件」が承認可決され、決算期(事業年度の末日)の変更を行うこととなりましたので、あわせてお知らせいたします。

GMOフィナンシャルHD、上期は増収増益で着地
成長著しい暗号資産事業の顧客層やシェア拡大を積極推進
2021-08-03 16:43
2021年5月にワイジェイFXの全株式の取得の決議を公表しています。取得価格が288億2,400万円で、株式の譲渡の実行(※)は2021年9月下旬を予定しています。譲渡実行とともに、「ワイジェイFX株式会社」という商号から「外貨ex byGMO株式会社」という商号に変更する予定(※)です。この「外貨ex」という名称は、ワイジェイFXでのサービスの名称で、サービス名称をそのまま商号に用いました。
会社の概要についてです。直近の2021年3月期は、営業収益が約97億円、営業利益が約27億円、当期純利益が約21億円という規模ですワイジェイFXの株式取得後の展開について、簡単にご説明します。「ワイジェイFX株式会社」の商号を「外貨ex byGMO株式会社」に変更して、GMOフィナンシャルホールディングスは、GMOクリック証券、FXプライムbyGMO、外貨ex byGMOの3社でFXのサービスを展開することになります。

2021年12月期第2四半期決算説明会  質疑応答要約
シナジーに関して、収益面では、当社側とワイジェイFX のそれぞれが培ってきた知見を融合し適用することで、両社サイドでの収益性の改善が期待できると考えています。また、他に考えられることとして、ワイジェイFX で現在扱っていないCFD などの商品を提供することで収益アップが図れるのではないかと考えています。
キャプチャ




※動画あり






GMOクリック証券の親会社のGMOフィナンシャルHD(7177)が今年の5月に
Yahoo!傘下のYJFXを300億円で買収するというニュースが出てから約5カ月たって
ようやく正式に買収が完了して子会社化したというIRが出ていましたφ(.. )

買収されたYJFXは前年度の決算では売上高(=営業収益)が約97億円あって
営業利益が27億円とあるので思ったよりも業績は良いみたいですね(´∀`*)
ただ買収の経過を見ると、買収直前のYJFXの純資産が221億円ほどあって
そこから親会社のYahoo!が配当で110億円奪って逃げてる
とあるんで
残った純資産180億円のYJFXを288億円買収したという計算になるみたいです

たしかKDDIがカブコムの株を900億円50%購入して子会社化してたけど
そのわずか3年後に赤字すれすれまで業績悪化してたからそれよりはマシですね。
ちなみにカブコムの今期の業績はこんな感じでした

auカブコム証券 2022年3月期 第1四半期決算(2021年4月1日〜2021年6月30日)
https://kabu.com/pdf/Gykpdf/accountingline/shihanki2021_06.pdf
営業収益 48億7,700万円
営業利益 11億3,800万円
経常利益 11億6,400万円
最終利益   7億9,500万円


今年みたいな超バブル状態でもたったこれだけしか利益がないってのは厳しすぎ
第1四半期で営業利益が11億円なんで通期で営業利益45億円と考えたら
この程度の会社の株を50%買うのに900億円出したKDDIはかなりのアホってことでそ
これに比べたら、業績的に見てもYJFXはかなり割安な価格で買収してますね。

ちなみに買収されたYJFXは社名を「外貨ex byGMO株式会社」に変更するだけで
GMOクリック証券と合併したり吸収したりはしないと明記してあります。
ライブスター証券を買収したSBI証券も同じように合併はせずにそのままですもんね

みずほ銀行を見れば一目瞭然ですけど、金融機関同士の合併はシステムリスクあるし
なによりシステム統合のために長期間にわたってシステム開発が凍結されるし
その間に、大きなシステムの改修や新商品のリリースもできなくなります(´・ω・`)
激しい競争を繰り広げてる真っ最中に1年以上のシステム凍結期間が発生すると
あっという間に競争力が低下して他社に引き離されるというリスクがあるので
よっぽどのことがない限り金融機関同士の統合や合併って例がないですね

買収したYJFXにはこれからCFDを提供して収益を強化していくと書いてあります。
最近はスプレッド競争が激しすぎて、かつ為替のボラティリティが低下してるので
どこのFX会社も業績は低下かよくて横ばいって状況になってます(´・ω・`)
逆に日経225先物やダウ先物や原油先物はアホみたいにボラティリティが高いですね
日経225先物なんて当たり前のように毎日1%動くし、2〜3%動くのもザラです。
ほとんど動かないFXではなくCFDをメインにして稼ぐってのはある意味当然でそう

GMOフィナンシャルホールディングス(7177) 849円 −8円(−0.93%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7177
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7177.T/chart
時価総額1,001億円
YJFXにCFDをこれから提供していけば収益はそれなりに伸びそう。
ただし今現在はかなり仮想通貨事業に業績の多くをを依存してるのも事実なので
仮想通貨市場のボラティリティが低下してそっちで稼げなくなってしまったら
トータルで全体の業績もあまり伸びないかせいぜい横横になる可能性もあるでそう

2021年05月25日
GMOフィナンシャルHD、ヤフー傘下のFX事業を買収へ 300億円で


ss2286234570 at 16:45|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年07月14日

メタップスの株主さん、たった一夜で負け組に

プリン買収でGoogle参入 モバイル決済、乱戦模様
2021年7月13日 15:06 日本経済新聞
米グーグルが日本で送金・決済事業に本格参入する。13日にスマートフォン決済のpring(プリン、東京・港)を買収することで主要株主と合意した。スマホ決済を自社グループで展開し、キャッシュレス決済の普及が遅れる日本の需要を取り込む。一方、プライバシー保護などに伴う規制強化が足かせとなる可能性もある。
13日、プリンの株主であるメタップスミロク情報サービス日本瓦斯(ニチガス)がグーグルへの売却を正式に発表した。買収額は非公表。メタップスはプリン株の譲渡価格が約49億円と公表した。少数株主を含めた株式の譲渡価格は計100億円程度だが、これにプリン社員らが保有するストックオプション(新株予約権)や、買収に伴うプレミアム(上乗せ幅)を加味した「取得総額は200億円程度」(交渉関係者)とみられる。
プリンは2017年にみずほ銀行なども共同出資して設立したスタートアップ企業。グーグルはプリンを買収することで資金移動業者として登録する同社のネットワークを生かし、日本の銀行との連携を深める狙いがある。
0505













メタップス---ストップ高、いちよし証がレーティング「A」
フェアバリュー2000円でカバレッジ開始
2021年07月12日13時37分 Kabutan
ストップ高。いちよし証券がレーティング「A」、フェアバリュー2000円で新規にカバレッジを開始している。同証券は「ファイナンス事業を中心とした高収益モデルへシフトしていることを高く評価する」とした上で、21年12月期の営業利益予想を4.50億円(会社計画は未定)、22年12月期を前期比77.8%増の8.00億円とした。



持分法適用関連会社株式の売却に関するお知らせ

実は最初ニュース読んだとき「GoogleがメタップスをTOBと勘違いしてて
あやうくメタップスを買って罠にハメられるところだったので危なかったです
でもよくよく記事読んだらメタップスが出資してるpringを買収するだけって知って
速攻で買い注文入力するの止めて見送りにしたので助かりました(*´∀`*)ムフー

まあぶっちゃけた話、実際にもっと高い価格でpringが買収されたとしても
ただの特別利益が計上されるだけなんで株価が2,000円とか3,000円とかムリでそ
投資やってると気がつくけど持ち株売って特別利益を計上しましたなんて
IR出しても株価ってほとんど無反応でスルーされてお終いってのが一般的ですから。
サイバーエージェントも同じようなネタたまにあるけど総スルーだしφ(.. )
TOBじゃなかったらそもそも株価上がる材料とは言えないんじゃないでそか

ちなみにメタップスの決算資料を読むと「pring」の事業はただの赤字みたいですね。
決算資料のどこを読んでもpring事業が利益を生んでいますなんて言葉は一行もない。
https://ssl4.eir-parts.net/doc/6172/ir_material_for_fiscal_ym/99992/00.pdf
ってことは赤字の「pring」を49億円で売り抜けたってことで朗報ではないでしょうか。

決算資料を読むと、本業とあまりかかわりのない事業はどんどん外部に売却して
その売った資金で本業を強化するって書いてあるからかなり良い感じですよね
目先は需給の悪化でしばらく株価が調整気味かもしれませんけど(´・ω・`)
会社の方針と計画はかなり良いことが書いてあるので評価できると思います
「pring」なんて一切関係なく、普通に業績回復で株価上げてくんじゃないでそか

ちなみに「pring」を会社ごと買い取ったGoogleジャパンがどうなるかというと
残念ながらGoogleはBtoBの商売は上手いけどBtoCの商売は明らかに下手くそです
ましてGoogleジャパンは海外版を翻訳して日本版に手直ししてリリースみたいな
あまり創造的ではないビジネスのやり方が多いと思うんですよね(´・ω・`)

さらにいうとそもそもGoogleジャパンはBtoCのビジネスで競争に勝てるような
そっち向けの組織構造になってもないし、ぶっちゃけ人材も足りていません
BtoCビジネスはGoogleがやれば成功するとかそんな甘いセクターではないですし
まして競争相手はどこもBtoCのビジネスでべらぼうに強い強敵難敵だらけです。
(Googleジャパンのそもそも地位が高くないし、決済権も強くない)
はっきりいってGoogleジャパンが楽天やYahoo!ジャパンに勝てる可能性は
高くないというよりものすごく勝率は低いし失敗しやすいと予想してます

ぶっちゃけトップダウンの号令一つで人でも物でもすべて即決で集めれる
Yahoo!ジャパン(実質的なトップで決定権を持つのはソフトバンクの孫さん)
のPayPayに勝てるかっていわれたら極めてむつかしいでしょうね(´・ω・`)
そもそも泥くさい営業もできる営業部隊がGoogleジャパンには存在してないし
(トップダウンで即決の強い決定権と決済権持ってる競業他社が強すぎるので)

メタップス(6172) 1,315円 −395円 (−23.1%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6172
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6172.T/chart


ss2286234570 at 16:12|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年05月25日

GMOフィナンシャルHD、ヤフー傘下のFX事業を買収へ 300億円で

GMO、ヤフー傘下のFX事業を買収へ 300億円で
2021年5月24日 20:40 日本経済新聞
GMOインターネットグループがZホールディングス(HD)の外国為替証拠金(FX)取引事業を買収することが24日、分かった。ZHD子会社のヤフー傘下のワイジェイFX(東京・千代田)の全株式を300億円程度で取得し、国内FX首位の座を固める。ZHDはスマートフォン決済「PayPay(ペイペイ)」などに経営資源を集中する。
GMOインターネットの金融持ち株会社、GMOフィナンシャルHDがワイジェイFXの全株を取得する。GMOフィナンシャルHDはFX大手のGMOクリック証券を抱え、2020年の取引高は約1300兆円と国内首位。シェアは2割程度とみられる。ワイジェイの取引高はGMO、DMM.com証券、SBIグループに次いで4位とみられる。GMOは今回の買収でFX取引高のシェアが3割近くに上がる見通し。シェア拡大で取引コストを下げ、アプリの改善などで顧客の利便性向上にもつなげる。
ZHDはスマホ決済のペイペイを軸に金融サービス事業を強化し、顧客獲得を優先して先行投資が膨らんでいる。FX取引は市場の拡大が続いているが、手数料の引き下げ競争が激化。ZHDは利益の拡大が難しいと判断し、売却を決めたもようだ。
0525

















.
かなり唐突にFX業者の買収話がニュースに載ってました
GMOクリック証券の親会社のGMOフィナンシャルHDがZHDの子会社である
YJFXを300億円買収して傘下におくことになるようですφ(.. )

GMOフィナンシャルHDといえばGMOコインやGMOクリック証券を子会社にもっていて
仮想通貨事業のGMOコインの直近四半期(2021年1月−3月)の業績が
前年同期比で売上高が4.2倍50.1億円、営業利益が5.4倍の30.7億円に増えたことで
GMOフィナンシャルHD全体の業績も過去最高益を更新してる好調の会社です

ちなみに子会社でしかないGMOコインが直近3か月間で稼ぎ出した営業利益が30.7億円
カブコム証券が2020年4月〜2021年3月までの1年間に稼いだ営業利益が26.6億円なので
カブコム証券はGMOフィナンシャルHDの子会社1社の3ヶ月分しか稼いでないってこと
KDDIがTOBした直前の時価総額が1,800億円程度と記憶しているので
カブドットコム証券がこの数年間でいかに落ちぶれたかがよくわかります(´・ω・`)
そりゃカブコムの社長の首が飛ばされるのも無理からぬことかもしれません

カブドットコム証券(auカブコム証券)開示情報
https://kabu.com/company/default.html

YJFXを買収したGMOフィナンシャルHDの国内のFX取引全体に占める割合は29%です。
FX取引シェアの約30を占めることになれば一気に競争から抜け出しそうです。
ちなみにSBIもネット証券やFX会社の買収を複数検討してると決算資料にあるので
引き離されたシェアを回復させるためにSBIも買収を仕掛ける可能性もあるし、
あるいは楽天グループの資金力で楽天証券も買収を仕掛けるかもしれません

最近は4/1に上田ハーローFXが外為どっとコムに買収されたばかりですφ(.. )
そして今回は大手の一角のYJFXが買収されることになったわけで、
これからもネット証券の買収身売りはさらに増えていく可能性が高そうですね

さて今回驚いたのはGMOフィナンシャルHDが買収した会社のYJFXです。
YJFX(旧サイバーエージェントFX)といえばZHDが金融事業を強化するために
かなりの買収費用を支払ってしかもわりと最近買収してから日の浅い会社ですおね
あれだけ金融部門を強化すると謳ってたのにいきなりYJFXを丸ごと売るってことは
逆に言うと、ZHD傘下の赤字の金融子会社も売却される可能性もありえそうです

例えば大赤字のPayPay証券を本当にこのまま維持し続ける気があるのか怪しい
合併先のLINEが保有しているLINE証券の立場なんてさらに危うくなりそうです
それこそLINEが所有してるLINE証券の持ち株50%をどこかに売却するとか
あるいは合弁出資先の野村證券に買い取らせるっていう可能性もありえるでそ
そしてLINEが準備してきたLINE銀行の行く末もいよいよ暗雲が漂ってきました

ZHD傘下の金融子会社が色んな意味で仕分け、清算される可能性がありえるでそ


※ちなみに今回の日経の記事を書いた記者はGMOインターネット(9449)と
GMOフィナンシャルHD(7177)の区別が非常に曖昧な表現になっていたり、
FXのスプレッド引き下げ競争のことを手数料引き下げ競争と書いていたりするので
金融知識がまったくないズブのド素人の記者が記事書いてるのが丸わかりですね(´・ω・`)


ss2286234570 at 04:14|PermalinkComments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年11月17日

KKRと楽天、西友株式の85%を取得

西友への出資、米ファンドと楽天が発表…ネットスーパーやキャッシュレス決済強化
2020/11/16 10:46 読売新聞
米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と楽天は16日、スーパー大手の西友に出資すると発表した。西友の親会社の米小売り大手ウォルマートから西友株をKKRが65%、楽天は新たに設立する子会社を通じて20%を取得する。提携を通じて、西友のデジタル戦略を強化する。
ウォルマートは引き続き、15%を保有する。売却額は明らかにしていないが、株式の売却に当たって西友の企業価値を1725億円と見積もった。

西友が300億円でウォルマートから楽天・KKRに「大安売り」される理由
2020.11.16 7:11 ダイヤモンドONLINE
米小売り最大手ウォルマートが、傘下の国内スーパー西友の売却を打診している。米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と、楽天が約300億円で買収する。実は、この売却金額だが、ウォルマートは当初、約2400億円を提示していたことが、事情に詳しいファンド関係者への取材で分かった。金額は、交渉の過程で段階的に引き下げられた。ウォルマートは2008年に西友を完全子会社化したが、その投資総額は約2500億円。ウォルマートの当初の売却希望額(約2400億円)に近い金額である。
18年7月には、日本経済新聞などが「ウォルマートが複数の流通大手や投資ファンドなどに売却の打診を始めた」と報じていた。当時、売却金額は「3000億〜5000億円規模」と取り沙汰された。今回のウォルマートの売却希望額は、この下限に近い金額だったといえる。






ご存じの通り、楽天はすでに西友と組んでネットスーパー事業で提携してるんで
西友本体に出資してさらに関係を強化するのはむしろ通常の流れじゃないでしょうか
ただこれまでネットスーパー事業では対等の関係だったのかもしれないけど
西友の株を楽天が持つとなれば立場的には楽天の方は強くなりますね株主なんで。

すでに本家の米Amazonはアメリカ国内で百貨店とかスーパーとか
ようは今まで競合していた会社を買収して傘下に置いたるすることが増えています
楽天もAmazonとネット通販事業やってるしビジネスも基本同じタイプなので
これから既存の非ネット事業に出資したり買収したりするケースが増えるでしょうね
コロナの影響度を見るとさすがに飲み屋とかファミレスには手を出さないだろうけど
スーパーとかドラッグストアに出資したり買収したりってのはありそうな話です

すでに楽天は東急と組んでデータを活用した広告会社的なものを設立しています。
東急でも楽天カードや楽天ペイの導入もこれから進めていくようですが
一方、東急カードを廃止するわけではなく楽天カードと両立させていくようです
ただこれだとどこまで行っても楽天側としてはあまり美味しくないので
楽天カードを絶対的に流通させることのできる場所(市場)を獲得すべく
小売り業の会社への出資や買収を増やしていくのはまず間違いないでそφ(.. )

西友は元西武グループなので西武系のセゾンカードが流通していますが、
2〜3年後には西友からセゾンカードが一掃されて楽天カードに変わっているかも
ま、少なくともこの先セゾンカードが残る可能性はかなり低いんじゃないかな
西友のメインカードは楽天カードに変わって楽天ポイントが付与されるようになって
西武ライオンズではなく楽天ゴールデンイーグルスを応援するようになる(´・ω・`)
将来的にはそっちの方向に大きく舵を切ることになりそうな印象です

もし西友という大きな市場を失うようなことになればダメージ受けるのはセゾンカード
今回の情報はクレディセゾンにとってはかなり大きなマイナス材料になりそうです。
なんせ西友失ったらカードの発行数がガクッと減ってしまいそうですから

クレディセゾン(8253) 1,226円 −46円 (−3.62%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8253
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8253.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v


ss2286234570 at 16:58|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年07月30日

SBIがライブスター証券を数十億円で買収

SBIがネット証券中堅を買収 手数料競争が引き金に
2020/7/28 19:00 日本経済新聞
SBIホールディングス(HD)はインターネット証券中堅のライブスター証券(東京・千代田)を買収する。同社が抱える約20万の顧客を取り込み、SBIが持つ夜間取引といったサービスとの相乗効果を図る。主要なネット証券のM&A(合併・買収)は約7年ぶり。手数料の引き下げ競争を背景に、合従連衡が増える可能性がある。29日に発表する。買収額は数十億円とみられる。SBIHD傘下のSBIファイナンシャルサービシーズ(東京・港)を通じて、金融事業などを手掛けるISホールディングス(東京・千代田)からライブスター株を100%買い取る。主なネット証券のM&Aは2013年にマネックス証券がソニーバンク証券を買収して以来。
ライブスター証券の口座数は20万弱で、短期売買が主体のデイトレーダーなど活発に取引する個人投資家の比率が高い。SBIは傘下に夜間にも株取引ができる私設取引システム(PTS)や暗号資産(仮想通貨)取引などのサービスがあり、相乗効果が高いと判断した。
背景にはネット証券で進む手数料引き下げ競争がある。大手ではauカブコム証券が昨年12月に信用取引の売買手数料を無料化し、ライブスター証券も実施した。売買は増えた一方、20年3月期は4000万円の最終赤字だった。SBI傘下になることで、システムの共通化などでコスト削減も図る。証券業界はインターネット大手のSBI証券や楽天証券など5社が顧客取り込みのために手数料の引き下げ合戦を繰り広げ、個人投資家取引の9割を占めるようになった。顧客基盤を持たないプレーヤーの新規参入が難しく、参入しても規模の利益を発揮できない中小業者の経営は苦しかった。
足元では証券外の顧客基盤を持つ異業種の参入も相次ぐ。LINEは野村ホールディングスと組んでスマートフォン専業のLINE証券を19年8月に開業し、丸井グループも18年2月にtsumiki証券を設立した。競争激化は避けられず「経営体力のないネット証券のM&Aは今後加速する」(ネット証券幹部)との危機感は高まっている。

SBIが手数料ゼロ戦略をしかけた2つの理由──ネット証券の大再編が始まる
2020年 1月 1日 08:00
──北尾社長は以前、SBIは大きな買収をせず、事業を独自で育て上げることに集中していると述べてきた。今後もその方針を維持していくのか?
北尾:環境が変われば、ストラテジー(戦略)も変わる。
うちはどこを買収しようが、それをプラスに変えることができると思っている。うちは約35%の個人の株式委託売買取引のシェアを持っているわけだから、強い立場だよね。
ロビンフッドが数年前に手数料ゼロで始めて、あっという間にその企業価値を7〜8000億円規模に伸ばしていったわけです。どの時点でチャールズ・シュワブや他のところが(手数料ゼロ化に)追随してくるのかを見ていました。それを見ていて、(日本も)時間の問題だなあと感じました。
sbikitaoii-1024x683






以前からSBIは買収を検討してるとはコメントでも残してたんですけどね
予想よりかなり早く買収に動いたのが少し驚きでした(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
なによりライブスター証券は最近も先行切って手数料値下げに動いてたんで
まさかこんなに早くサジ投げだして降伏するとわね、予想外でした

ライブスター証券はF外為オンラインを傘下に持つISホールディングスが親会社で
昔は外為オンラインのFX事業で稼いであっちこっち買収しまくってたんですけど
最近は主力の外為オンラインがほとんど稼げなくなってボロボロですΣ(゚д゚;)
(外為オンラインの業績はここのとこものすごく悪い https://www.gaitameonline.com/kaiji.jsp
このまま手数料の無料化がすすめばいずれライブスター証券は赤字化するだけで
グループのお荷物になると判断して早めに転売したのかもしれません
手数料無料化が実現して大赤字になってからだと良い値で売れないですからね

買収されたライブスター証券のお客も喜ぶべき点はあると思います.。゚+.(・∀・)゚+.゚
もともと業績が悪くて資本力もない今のままでは手数料無料化は踏み切れません。
もし無理やり無料化したところで赤字拡大して今度は会社が危うくなります
そういう意味では、SBIに買収されて夜間取引や外国株が買えるようになれば
ライブスター証券のユーザーにも十分メリットはあると思いますφ(.. )

ただし、これはおそらくですがライブスター証券のユーザーの多くは
すでにSBI証券にも口座を持っていてSBI証券の手数料が高かったり
あるいは取引ツールが嫌でライブスター証券に逃げた投資家も多いと思います
ご存じの通りHYPERSBIってぶっちゃけゴテゴテしてて使い易くないですからね
そういう顧客層にとってはむしろ困った事態になる可能性が高いでしょう

なぜならライブスター証券はシンプレクス社が開発したSPRINT(スプリント)
というけっこう評価の高い上位機種の取引ツールを導入してるんですおね
シンプレクスはかつては銘柄コード4340で上場してたので知ってる人も多いはずφ(.. )
確かに操作性はよくて機能はいいけど導入費用はかなり高額ってこと。
おそらくライブスター証券が買収されたらSPRINT(スプリント)は廃止でそう

SBIは過去にも何度かネット証券を買収してるけど最後はすべて吸収合併してます。
つまりライブスター証券の口座はすべてSBI証券に統合されてしまうってこと。
確かに取引できる商品数は増えるし夜間PTSや外国株などの選択肢は増えるけど
最終的には取引ツールもHYPERSBIだけになってSPRINT(スプリント)は廃止でそ

HYPERSBIが嫌でどうしてもSPRINT(スプリント)が良いっていう投資家は
結局、他のSPRINT(スプリント)があるネット証券に移動するしかないでしょね
今のところ他のネット証券にはまだいくつかSPRINT(スプリント)ありますから。
松井証券のネットストック・ハイスピード https://www.matsui.co.jp/tool/pc/ns-highspeed/
マネックス証券のマネックストレーダー https://info.monex.co.jp/tradetool/mstation/index.html
GMOクリック証券のスーパー発注君 https://www.click-sec.com/corp/tool/superhatchukun/
こんなところでしょうかφ(.. )
ぶっちゃけSPRINT(スプリント)の方が操作性いいしフル板も無料で利用可能だし
ツールとしてはかなりの上位スペックで機能性は上なんですよね(´・ω・`)

SBI証券がいくら手数料を無料化したとしても最大手としてシェアを独占したとしても
やっぱり今の取引ツールだけでは個人投資家は納得しないと思います(`・ω・´)
なんせSBIは客の注文をPTSに強制的に流して不利約定させてるという疑いがあるし
その疑いもぶっちゃけ晴れてないし、怪しいって何度も指摘されてきてますしね
手数料無料化の引き換えに客の注文をHETの食い物にして売り飛ばし
キックバック受けとろうとしてるっていう疑い
ってぶっちゃけ払拭されてませんから
http://www.sbigroup.co.jp/news/2019/1118_11732.html

SBIホールディングス(8473) 2,207円 −72円  (−3.16%)

2019年11月18日
SBI証券のトレーダーは北尾とHFTの肥やしwww
2019年12月25日
ネット証券、手数料無料化で「体力勝負」突入へ 業界再編の可能性も

2019年12月07日
【超改悪】バカドットコム証券 信用の現引き・現渡手数料を設定

2019年12月03日
マネックスも信用や投信の手数料ゼロに、カブコム・松井も発表

2019年11月16日
SBI証券が3年以内に株式手数料の無料化を宣言!!


ss2286234570 at 05:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加