yogurting ヨーグルティング

脱税

2022年02月23日

暗号資産で申告漏れ、追徴2億円超も…年収900万円の会社員

暗号資産で申告漏れ、追徴2億円超も…年収900万円の会社員「納められる金額でない」
2022/02/20 14:28 読売新聞
急拡大する暗号資産(仮想通貨)の取引で、所得の申告漏れや無申告が相次いでいる。国税庁は5年前に取引の利益を「雑所得」として確定申告の対象とし、取り締まりを強化。SNS上では「暗号資産同士の交換は非課税」といった誤った情報も出回り、認識不足から巨額の追徴課税を求められるケースもある。
課税ルールは定まっていなかったが、取引の活発化を受け、国税庁は17年に取引の利益は雑所得にあたるとの見解を示した。暗号資産から円への換金だけではなく、別の暗号資産への交換や、商品・サービスの購入も課税の対象とされた。1年間の取引の収支で一定以上の所得が生じた場合には納税する必要がある。
20年3月には金沢国税局が、取引で得た所得を隠し、約7700万円を脱税したとして石川県の会社役員(57)を所得税法違反容疑で告発。金沢地裁で懲役1年、執行猶予3年、罰金1800万円の有罪判決が言い渡された。
2億円以上の追徴課税を受けた東京都内の40歳代の男性会社員が取材に応じた。男性は自宅を手放さないといけない可能性もあるといい、「正しい知識を持っておかないといけなかった」と悔やんだ。男性は2016年、ビットコインを購入し、他の暗号資産にも取引を広げた。17年末には1か月弱で保有するリップルの価値が約10倍に高騰し、資産価値は4億円以上に膨れあがった。一部は現金にしたが、大半は別の暗号資産に交換した。
交換分の申告が必要とは思わず、現金化した分を除いて確定申告しなかったが、昨年9月、税務署から申告漏れの指摘を受け、過少申告加算税を含む追徴税額は2億円以上になった。
キャプチャ










これ意外と知られてないけど仮想通貨の申告漏れに対して
国税庁が取り締まりを強化したのはわりと最近の話なんでさらに拡大するはずΣ(゚д゚;)

かつてFXでも同じようなことがあって、大量の申告漏れが指摘される事件があって
日本国内でも何百人という単位で億単位の追徴課税を迫られることがありました
最近になって仮想通貨の投資をやり始めた投資家層は20〜30代の人が多いので
「今のところバレてないから大丈夫」と思っている人がいると思いますが
実際にはまったく大丈夫ではないのでちゃんと心配した方がいいでしょう(´・ω・`)

FX取引はかつて金融取引としての分類があいまいだったので課税が甘かったんですが
明確に法令で規制されて金融先物業者として登録されてからは厳しくなりました
FX業者に対して取引してた顧客の前年の全損益データを毎年税務署が受け取って
そのデータをもとに申告漏れをすべてチェックするようになったからですΣ(゚д゚;)

ちなみに仮想通貨業者はかつてまでは客の損益データを税務署に提出してなかったけど
明確に関東財務局に登録する登録制になってからは厳しく強化されてます
過去に遡って過去年度の全ての損益データを税務署に提出しているので逃げ場ないです。
「バレてない」といったことはまずないことを知っておくべきでそう

もちろん税務署だって人手には制限があるんですべての追徴課税を求めるわけでなく
申告してない脱税額が多い人から順に税務署がやってきます(((( ;゚д゚)))
さすがに5〜10万とかのレベルまですべてやることはないでしょうが、億単位や千万単位の無申告は必ず後で税務署がやってくることを知っておいた方がいいでそ
ちなみに申告しないままにしておくと法外な額の追徴課税を請求されます
原則として納税できなかったことを理由に、自己破産することは認められていません
ようは脱税して払えなかったからといってチャラにはしてもらえないってこと。


個人的に仮想通貨取引を本気でやる気が起きないのは税制面の不利が理由です。
遊びでやる程度ならいいけど、さすがに本気で取引する気にはなれません
税率をせめて上限20%くらいに制限してくれないと厳しすぎでそ

キャプチャ


ss2286234570 at 07:09|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月09日

ビットコインなど利益1・9億円隠し、7700万円脱税

ビットコインなど利益1・9億円隠し、7700万円脱税…国税が全国初の告発 
2021/01/08 19:26 読売新聞
号資産(仮想通貨)取引で得た所得を隠し、約7700万円を脱税したとして、金沢国税局は8日、石川県小松市、会社役員の男性(56)を所得税法違反の疑いで金沢地検に告発したと発表した。国税当局が、暗号資産取引で得た利益を隠した事案を告発するのは全国初。発表によると、ビットコインなど暗号資産取引で得た利益を確定申告で申告せず、2017、18年分の所得計約1億9900万円を隠し、所得税約7700万円を脱税した疑い。同局が昨年3月27日に告発し、同地検は同日受理した。

ビットコインの利益隠したと告発
2021年1月8日5:30 ロイター
暗号資産(仮想通貨)のビットコインで得た利益を隠して約7700万円を脱税したとして、金沢国税局は8日、所得税法違反の疑いで、石川県小松市の松田秀次会社役員(56)を金沢地検に告発したと発表した。同国税局によると、暗号資産での脱税を告発するのは全国で初めてという。告発容疑は2018年までの2年間に、ビットコインで得た利益約1億9900万円を隠し、所得税約7700万円を脱税した疑い。同国税局によると、脱税した金は株取引や不動産の購入資金に充てていたという。


国税が初めて仮想通貨取引による脱税を告発したようですΣ(゚д゚;)
隠した所得が約2億円で7700万円の脱税ってけっこうな額ですよね。これは厳しい
追徴課税がこれからがっぽり行かれるので最終的な残額ってどうなんですかね。

仮想通貨は株やFXと違って今でも税率が非常に高いのでかなり厳しいことになるでそ。
脱税した税金がそもそも多いんで、巨額の税金になると思うんですよね
仮想通貨取引自体が非常に新しい分野なんで脱税時の明確なルールがないのですが。

残念ながら、現在国内の仮想通貨会社は登録制度でガチガチに固められています。
おそらく税務署に顧客の損益データもすべて提出が義務化されてるはずなので
どの顧客が過去にどれだけ利益を稼いだかなんて完全に把握されてるはずでしょう
つまり脱税してもあとで追徴されないなんてまず考えない方がいってこと。
(マイナンバーの提出うんぬんの話はそもそも何も関係ありません)

相続税ならすでに事例が多いんで税率がどうなるかは調べりゃすぐわかりますが
仮想通貨の場合はどれが適用されるのかはまだ新分野なのでよくわかりません。
ただ、今回のケースは脱税してすでに4年目なのでかなりヤバい案件だと思います
申告もせずに4年間隠してたって認定されたら重加算税の40%適用もあるでしょう。
ってうかFXの同じ事例では重加算税掛かってるので間違いなく重加算税でやられるでそ
0111






0112





ちなみに今から10年以上前にもFX取引が始まってすぐのころに
今回の仮想通貨取引と同じように脱税した人が片っぱしから告発されてやられました。
脱税してから「3年間無事だったからセーフ」とか思ってる人も多いですけど
それは完全に間違った考えでむしろアホだと断言できます
なぜならFXの時も3〜4年してから国税が猛烈に追い込みかけて徴収したからです

残念ながら税務署ってそこまで優しくないし脱税してすぐにはこないんですよね
だって税務署は仮想通貨会社から全データ押えてるんだから逃がしようがないからです。
まずは申告しても納税してない人から順番に処理していって悪質なのは最後に残ります

そして今回、無申告で4年間黙ってた最終ターゲットに国税が襲いかかったってこと
まずは金額の多い人から順に片っぱしからやられるので数百人単位でやられるでそね。
おそらく今年2021年から大きめの金額の脱税者が全員しょっ引かれるでしょう
(国税は今まで把握してなかったんじゃなくて、黙って待ってただけなんですよね)
たぶん3年納税せずに黙ってたら自動的に重加算税が適用なんだと思います。

とはいえ、税務署も人手が余ってるわけじゃないので少額の確定申告については
100%遡って追徴してくるとかそういうことはありません(´・ω・`)
獲得できる税収とコスト(納税させるのにかかる人手)を比較考量して判断するので
少額の無申告の場合はまず税務署はなにも言ってこないでしょうφ(.. )

ちなみになつさんは大学の同級生に税務署や国税にいった知人が多いので
話せる範囲内で税務署の仕事や差し押さえに関する方法を教えてもらってます
(極秘とか秘密とかではなくごく一般的な判断基準や手順についてですが)
まあ脱税は止めた方がいいよというのがなつさんの正直な意見です(´・ω・`)

税金に詳しい投資家ほど仮想通貨に手を出したがらない理由はちゃんとあります。
とはいえ、仮想通貨はすでに登録制度が導入されちゃってるわけだから
最高税率50%から株やFXと同じ20%に合わせるべき時期だと思うんですよね




ちなみに税金は本当に怖いです(((( ;゚д゚)))
特に金融取引の場合、国税が全データを握ってるので逃げようも隠しようもありません
延滞税や延滞利息もガンガンに行かれるので「払っとけばよかった」ってなるだけでそ
税金がどうとかってよりガチで捕まって犯罪者になりますからね。
しかも税金が払えないという理由では自己破産すら認められないので本当に地獄です

おそらく今回の石川県の会社役員の男性(56)の人も2億の利益以上を獲られるでしょう。
脱税した金で不動産や株の購入資金に充てたとか書いてあるので、
株は当然として不動産も全部売却して不足分の税金に充てる羽目になるでしょうし、
逃げたら犯罪者でブタ箱行きでも納税額は減免されないのでさらに地獄)
逃げなくても延滞税や罰金で間違いなく2億円以上払う羽目になるでそ



磯貝 はい。懲役1年6カ月、執行猶予3年、罰金3500万円を言い渡されました。でも、まだお金がないので、控訴して時間を稼いでるんです。決まったらすぐに罰金を払わなきゃいけないんで。

2008年10月、自宅に突然東京国税局の査察、いわゆるマルサがやってきた。FXで得た利益を申告していなかった磯貝氏は、合計4億5000万円の所得を隠し、1億6000万円の税を免れたとして告発されてしまった。告発された時期は、まさにリーマン・ショックの直後。磯貝氏のトレードも暴落に巻き込まれており、一時は10億円を超えていた資産は数千万円まで激減していた。そこへ1億6000万円の納税と、悪質な所得隠しや申告漏れがあった場合に罰金的な意味合いで課される重加算税6500万円、刑事罰として課された罰金が3500万円、そして利息にあたる延滞税7000万円、しめて3億3000万円もの負債を負ってしまったのである。


ss2286234570 at 05:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加