yogurting ヨーグルティング

紛争

2022年02月25日

2/25株式市況  ロシア侵攻で高級ヒー

東証大引け 6日ぶり反発 買い戻し主導、海運や機械の上げ目立つ
2022年2月25日 15:21 日本経済新聞
25日の東京株式市場で日経平均株価は6営業日ぶりに反発し、前日比505円68銭(1.95%)高の2万6476円50銭で終えた。前日までの5営業日で1400円超下げていた後とあって、主力銘柄には値ごろ感からの買いが入りやすかった。ウクライナ情勢を巡る警戒が引き続き根強いものの、売り方の買い戻しが主導し後場に上げ幅を広げた。
ロシアが24日にウクライナに侵攻したのを受け、主要7カ国(G7)はロシアを非難するとともに追加の経済制裁の検討に入った。ただ、前日の米株式市場では主要3指数が下げて始まった後に上昇して終えたとあって、東京市場でも買い安心感につながった。現時点では対ロ制裁が世界経済に与える影響が限られるとの見方が株買いにつながった面もある。
東エレクアドテストスクリンといった半導体関連の上げ幅が大きく、指数を押し上げた。海運や空運、機械の上昇も目立った。
川崎汽商船三井ANAHDが上昇した。ファナックキーエンスソニーGも高かった。一方、INPEX関西電明治HDが下落した。東京海上第一生命HDふくおかFGなど金融株も下げが目立った。


開戦したら「買い」とずっと言われてたのでずっと待ってたんですが
いざ開戦となってあんな大荒れ相場を見たらなかなか注文しにくいですよね
怖いもの知らずのあの岐阜暴威さんですらビビって買えないほどの荒れた相場

湾岸戦争の時も開戦前は下げて、開戦したら上がったのは知ってたけど
じゃあすぐに買えるかというと別の話。なかなか注文ボタンを押す勇気が出ない
ここで買えば反騰で大きく儲かるとわかっていても注文できない。
しかし今回は運がいいことに、保有ポジの8割近くが含み益の海運で占められていて
変なポジションがなかったので2/24の午後に腹くくって先物買ったにょ(σ´∀`)σ

2/24の後場に買って、夕場も落ちついてたんで買い増してたらその後急落しました
瞬間的に200〜300円くらい下げてボロ損かかえるハメになり半泣き(´;ω;`)
しかし10年に1回あるかないかの開戦相場なんでアメリカ市場を待つことにしました。
(アメリカは欧州と違って地理的な要因もあって欧州より影響を受けにくいから)

まあぶっちゃけ夜中もずっと含み損だったけど明け方近くになって流れが好転
リスクを市場が織り込んで、一旦地合いが好転してしまえば上がるだけなので
ほとんど睡眠なしのまま夜をすごし、2/25の相場に突入する(`・ω・´)シャキーン

後場に高値で引けて、一旦しばらく考えて夕場にすべて先物ポジションを決済
短期急騰の後に反落する可能性が高かったのと、なによりも眠かったからzzz( ˘ω˘ )
寝落ちして決済タイミング逃して変な材料出るのも怖かったし・・・。
26,470〜26,490円で利益確定して安心してしばらくようやく寝落ち

しかし相場が心配なんで目が覚めて相場を見てると先物がさらに急騰
首都キエフを包囲したままロシアが停戦交渉を呈したニュースの影響のようでした。
さすがにまた買うのは止めてまた寝ましたが、明け方に見たら先物が26,970円
利食いしたところからなんと500円も上がてしまっていました(´;ω;`)
いきなり停戦の可能性が出てきたということでADRでかなり上がっています。

ウクライナ紛争が始まったことでアメリカでの利上げ期待が後退しています
また、欧州の銀行は特にロシア向けのエクスポージャーを多く抱えてるので
ダブルパンチでメガバンクや地銀は2/25(金)に叩き売られてる銘柄が多かったですね。
欧州でこれから業績の悪化や損失計上がありそうなので日本の金融株にも波及しそうです
アメリカ利上げ期待で色々と買い込んでた手持ちの地銀が一斉に売られてたんで
嫌な感じがしたので2/25の場中に全部投げて売り切りました(´・ω・`)
(もともと上げてたので利食い売りを一斉に浴びたってのもあるでしょうけど)

夜中にADRでメガバンクが急騰してるのは、今回の紛争があっても今後もアメリカは利上げする見通しだというニュースが出てるんでしょうか?詳細はやや不明ですが
利回りの良い銀行株はまた買い戻したいのですがしばらくは様子見しようと思います
2/28(月)に銀行株がいったん戻してもその後で利上げ期待後退で売られる可能性あるし。

銀行以外では保険系がメタクソに叩き売られてますよね(´Д⊂)
今回の紛争で保険が適用されて損失計上する可能性が高いと推測されてるんでそう

アメリカでの急激な利上げ期待が後退するとハイテク株も一旦戻しそうですね
グロース株はここまで利上げ懸念が強いので強く売られていたその反動で。
特に割高でグロース株でもある新興市場の銘柄は底入れした可能性がありますφ(.. )
日経の記事にもありますけど元々業績の良かったフェローテックとかワークマン
ここでトレンドが変わったことで上昇に転じる可能性ありそうです。
新興銘柄でも業績がよくて割安感の出てる銘柄けっこう出てきてますから




ss2286234570 at 23:25|PermalinkComments(11)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年02月21日

バイデン大統領、ただの嘘つきオオカミ少年になってしまう・・・

米大統領「プーチン氏がウクライナ侵攻決断と確信」
2022年2月19日 7:18 日本経済新聞
バイデン米大統領は18日、ホワイトハウスで緊迫するウクライナ情勢について演説した。ロシアのプーチン大統領がウクライナへの侵攻を決めたかどうかを記者団に問われ「現時点で彼が決断したと確信している」と述べた。一方で「ロシアはまだ外交を選択できる。緊張緩和のため交渉のテーブルに戻るのは今からでも遅くない」とも呼びかけた。
演説では「ロシア軍が数日以内にウクライナを攻撃しようとしていると信じる理由がある。標的はウクライナの首都キエフだろう」と明言した。ウクライナ国境での軍増強に加え、ロシアが侵攻の口実にする偽装工作が増えている現状に触れ「米国と同盟国・有志国が何週間も前から警告してきたシナリオとも一致している」と指摘した。

バイデン大統領 ロシアの軍事侵攻「数日中に起こると思う」
2022年2月18日 5時09分  NHKニュース
アメリカのバイデン大統領は、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の可能性について、「私の感覚では今後数日中に起こると思う」と述べ、改めて強い警戒感を示しました。その一方で、バイデン大統領は、外交による事態の解決は可能だとして、緊張緩和に向けた努力を続ける考えを示しました。
軍事的な緊張が続くウクライナ情勢を巡って、アメリカのバイデン大統領は17日、ホワイトハウスで記者団からロシアによるウクライナへの軍事侵攻の可能性について問われ「とても高い。ロシアは部隊を撤収していないし、部隊を送り込んでいる。侵攻の口実にするための作戦を実行しているようにも見え、われわれが把握するあらゆる兆候は、ロシアが侵攻の準備が出来ているというものだ」と述べました。

米大統領「プーチン氏が侵攻を決断したと確信」 首都キエフも標的か
2022年2月19日 9時07分 朝日新聞
バイデン米大統領は18日、ウクライナ情勢について記者会見し、「現時点で、プーチン大統領が(軍事侵攻の)決断を下したと確信している。そう信じる理由がある」と述べた。侵攻は数日中にも計画されており、首都キエフも標的になるとの見方を示した。
プーチン氏が侵攻を決断したと判断した理由について、バイデン氏は情報機関によるインテリジェンス(機密情報)を挙げた。
キャプチャ



さて、バイデン大統領が数日以内にロシアがウクライナに攻め込むと断言してから
すでに3日経ちましたがまったく何も起きていません(´・ω・`)
そりゃ当たり前のことですよね。ロシアは最初から攻め込む気など全くないからです。
何日待っても、1ヶ月待ってもウクライナに本格侵攻なんてしないでしょうφ(.. )

なぜならロシアにとってウクライナに侵攻する意味もメリットも一切ないからです

駐欧州陸軍の本司令官もはっきり「ロシアは本格侵攻しないだろ」って言ってますよね。
ロシアは国境で軍を使って派手なデモンストレーションをやってるだけです。
ウクライナや欧州に圧力をかけて譲歩を引き出す目的のためにね

くり返し書きますが、ロシアの目的は侵攻でも首都制圧でも領土拡大でもありません
.ΕライナのNATO入りを阻止してウクライナを緩衝帯として是が非でも残したい
△Δつに侵攻して経済制裁喰らうようなバカな真似はしたくない
アメリカを交渉に引きずり出してNATOが進出しないという条約を交わしたい

ロシアはあくまで交渉と譲歩を引き出すために軍を動かしてるんであって
戦争をするために軍を動かしてるわけじゃないことにまず気がつくべきでそ
圧力を受けたウクライナがNATO加盟を断念したらそれで成功なわけですから。

ウクライナをNATOに加盟させない条約の締結、これがロシアの目的です。
そのための外交の一環であると考えたら答えは簡単に出るでしょう

そもそも国境付近でさんざん軍事演習なんてしたら戦力も装備も丸見えですよね
戦力を全面的に晒してから攻めるとか、そんなバカがどこにいるのかと(゚д゚)、ペッ
ここから攻めますよとこれほどはっきりウクライナ側にみせてしまったら
当然防御陣地を厚くされるので、攻めるロシア側の被害は格段に増えてしまいます
そんなマヌケな戦争を、プーチンでなくともどこのバカがやるのかと。
冷静に考えたらロシアがこのタイミングで侵攻など100%あるわけがないφ(.. )

そもそもロシアがウクライナ国境に集めてる軍は19〜20万でそ。
一方のウクライナ軍は装備が劣るとはいえ14万ほどいると言われています(´・ω・`)
こんな戦力差で、まして全世界に丸裸の状態で戦争するバカなんているのかと。
本気で侵攻するなら最低でも30万は軍を編成して準備しないとやらんでしょ。

ちなみにロシア軍はこういったバレバレの戦力丸見えの戦争はしたことがありません。
メディアやアメリカが騒ぐ前に、隠密裏に国境から離れたところに軍を集めて
(同じ場所に戦力を集めるとすぐばれるんで、複数のカ所に分散して集めて)
警戒される前に、戦車と攻撃ヘリで数日以内に制圧する戦争しかしてませんφ(.. )

これなら被害も少ないし、短期で制圧できるんであまり騒がれません
なによりプーチンって短期の電撃戦大好き男なんでそれ以外したことがありません。
国境に軍隊集めてデモンストレーションと示威行動してから戦争やるなんて
過去のロシア軍の行動パターンからしたらまず絶対にありえない話でそ

バイデン大統領はぜひともロシアに攻め込んで来てほしくて仕方がないんでそ。
そしたら堂々とロシアに経済制裁して締め上げることができますからφ(.. )
経済的な勝利を戦果にして不利な中間選挙の覆しができるかもしれませんからね
あとは東欧に戦車や軍備を売って儲かるというメリットもありますにょ(σ´∀`)σ

ポーランドに戦車250両売却 欧州安定へ結束強調―米長官
2022年02月19日06時01分 時事通信
オースティン米国防長官は18日、訪問先のポーランドの首都ワルシャワで記者会見し、同国にM1A2エイブラムス戦車250両を売却する方針を表明した。関連機器を含む売却総額は、約60億ドル(約6900億円)に上る見通し。

「ロシアはウクライナ海上物流の寸断狙う」 元米軍高官
米国の駐欧州陸軍の元司令官ベン・ホッジス氏
2022年2月13日 3:02 日本経済新聞
ウクライナ情勢が緊迫化するなか、米国の駐欧州陸軍司令官を務めたベン・ホッジス氏はロシアは大規模侵攻ではなく、限定的な軍事作戦で物流網を寸断してウクライナ経済に打撃を与える可能性が高いとの見解を示した。ホッジス氏の見方は以下の通り。「ロシアはウクライナ周辺で大蛇のように振る舞って圧力をかけ、ウクライナが驚いてロシアの要求に応じると期待している。西洋諸国が新たな攻撃を避けるために譲歩することを望む」
「ただ私は大規模な侵攻が起きるとは思わない。ロシアが望んでいないし、それを持続的に実行する戦力を整えていない」

2022年02月14日
ロシアは侵攻はしないけど「オデッサ作戦」くらいはやりそう

2022年02月12日
ウクライナにおけるロシアとアメリカの代理戦争


ss2286234570 at 06:34|PermalinkComments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年02月14日

ロシアは侵攻はしないけど「オデッサ作戦」くらいはやりそう

「ロシアはウクライナ海上物流の寸断狙う」 元米軍高官
米国の駐欧州陸軍の元司令官ベン・ホッジス氏
2022年2月13日 3:02 日本経済新聞
ウクライナ情勢が緊迫化するなか、米国の駐欧州陸軍司令官を務めたベン・ホッジス氏はロシアは大規模侵攻ではなく、限定的な軍事作戦で物流網を寸断してウクライナ経済に打撃を与える可能性が高いとの見解を示した。ホッジス氏の見方は以下の通り。「ロシアはウクライナ周辺で大蛇のように振る舞って圧力をかけ、ウクライナが驚いてロシアの要求に応じると期待している。西洋諸国が新たな攻撃を避けるために譲歩することを望む」
「ただ私は大規模な侵攻が起きるとは思わない。ロシアが望んでいないし、それを持続的に実行する戦力を整えていない」
「可能性が高いのは黒海やアゾフ海の海岸線に沿って攻撃を仕掛ける作戦だ。ロシアは複数の上陸作戦を実行する可能性がある。ウクライナを横断したり、中心部を攻略したりするよりも犠牲者をあまり多く出さず、はるかに持続可能性がある。私の見立てでは作戦失敗のリスクが低い」
「海岸線に攻撃を仕掛けて、ウクライナによる黒海やアゾフ海へのアクセスを遮断すればウクライナ経済に大打撃を与えられる。ウクライナ経済は農産品や鉄鉱石などの輸出に依存しているからだ。アゾフ海の港湾都市であるマリウポリやベルジャーンシク、黒海のオデッサに民間船がアクセスできなければウクライナ経済は崩壊する。それがロシアによる戦略的計画の一部だ」

米ロ首脳が電話協議 バイデン氏「侵攻なら厳しい代償」
2022年2月13日 3:15 日本経済新聞
ロシアのウシャコフ大統領補佐官によると、プーチン氏は12日の電話協議で、バイデン氏から改めて米国の考え方について説明を受けた。
ただ、ウシャコフ補佐官はバイデン氏の説明に関して「ロシアの主要な懸念を考慮していない」と指摘した。ロシアは合意案で、NATOの東方拡大などロシアが抱く3つの懸念を考慮し、ロシアの安全を保証するよう米国とNATOに求めている。
ウシャコフ氏はまた、ロシア軍がウクライナに侵攻する可能性が高いとする一部報道について「(米政府高官が)ロシアの意図について、なぜ明らかに誤った情報をメディアに伝えるのか分からない」と語った。米国による扇動が「ばかげたほどになっている」とも指摘した。


アメリカの高官や国務長官は「ロシアが2・3日以内に攻めてくる」と騒いでますけど
約束の2-3日が既にたったのにロシア軍はこれといって行動は起こしてません(´・ω・`)
というか、そもそもロシアは数日だろうが1週間だろうが本格侵攻はしないでしょう

現場にいた欧州陸軍の元司令官ははっきりと「ロシアは侵攻はしない」言ってますよね
なつさんも同意見で、ロシアは現状にいてはウクライナの首都侵攻なんて絶対しないでそ。
そんなことやってもロシアの目的はかなわないし、ただ経済制裁喰らうだけだからです。

またアメリカのアホの高官が「ウクライナが先に攻撃を仕掛けたと口実を作ってロシア軍が侵攻してくるだろう」と騒いでますけど、冷静に考えたらその可能性はないでしょφ(.. )
なぜならどっちが先に仕掛けようがロシアが本格侵攻したら経済制裁を喰らうからです
今起きてることは戦争ではなくあくまで「外交ゲーム」だと思うんですよね。
むろんゲームとは言え死人は出るだろし、本物の武器も使用されるでしょうけど
目的は両者がいかにして相手を譲歩させて有利な条件を引き出すかの争いですΣ(゚д゚;)

ぶっちゃけロシアの目的は侵攻でも首都制圧でも領土拡大でもありません
.ΕライナのNATO入りを阻止してウクライナを緩衝帯として是が非でも残したい
△Δつに侵攻して経済制裁喰らうようなバカな真似はしたくない
アメリカを交渉に引きずり出してNATOが進出しないという条約を交わしたい


ただし、逆にいえば経済制裁を喰らはないレベルのことなら何でもやるでそ
黒海やアゾフ海に軍艦を並べての海上封鎖やウクライナ軍艦の拿捕・人質確保
⇒70〜80%くらいの確率でいずれやるでしょう

ウクライナの手薄な国境から戦車で侵攻。数時間ほど派手な示威行動をして撤退
戦闘機による領空侵犯などの挑発行為
⇒70〜80%くらいの確率でいずれ行動に起こしそうです

戦車部隊を各地から同時侵攻させて、ウクライナの主要都市すべてを制圧
⇒0〜1%ですね。マスコミのカメラの前でやるバカはいません。

経済制裁を喰らわない程度の威圧行為や挑発行為ならいくらでもやるでしょう。
ウクライナの軍艦を拿捕・制圧して人質にとるくらいなら余裕でやるでしょう。
国境付近での軽度の小競り合いや遭遇戦なども普通に起きておかしくないでそ
⇒でもあるラインより先には行動はしないでしょう。

なぜなら目的はあくまで交渉してNATO進出停止の確約を得ることだからです

そもそも日本のマスコミのアナウンサーがヘラヘラ国境を撮影しまわったり
現地視察して楽しく記念撮影してるようなとこで戦争なんて起きないでしょ

実際に軍が本格的に動きそうなら厳戒態勢が敷かれて海外マスコミなんて入れません。
というか、規制が敷かれて撮影や行動がまず停止されるでしょ。

一番危ないのは現地でのマスコミの撮影が全面禁止されて情報が途絶えて
ウクライナとロシア国境の状況の情報が入らなくなったころです(((( ;゚д゚)))
現地情報が途絶え、なにも報道がなくなる事態になったら本気で心配すべきでそね
時間がたって、世界の目がウクライナからそれた時にドンパチならまだありえるでそう

日経平均 27,079円 −616円 (−2.23%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O/chart



2022年02月12日
ウクライナにおけるロシアとアメリカの代理戦争


ss2286234570 at 20:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年02月12日

ウクライナにおけるロシアとアメリカの代理戦争

12日に米ロ首脳電話会談 ウクライナ情勢「米側要請」
2022年02月12日08時33分 時事ドットコム
ロシアのペスコフ大統領報道官は11日、緊迫するウクライナ情勢に絡み、プーチン大統領とバイデン米大統領の電話会談が12日に行われると明らかにした。ペスコフ氏の説明では「米側が要請した」という。ロシア通信などが伝えた。
ロシア軍は10万人規模の部隊を西部国境に集結させる中、ウクライナ北方のベラルーシでも3万人規模を投入して合同軍事演習を開始した。バイデン氏は11日、北大西洋条約機構(NATO)加盟国首脳とテレビ電話で連携を確認しており、プーチン氏との直接対話で制裁を警告するとともに、緊張回避を図りたい考えとみられる。 


実は個人的にはロシアがウクライナに攻め込むとはまったく1ミリも思ってません
なぜならロシアはウクライナに侵攻してもなに一つ目的を達成できないし
むしろ侵攻することによってその時点で敗北が決定して目的を何も達成できないから

今のロシアの目的って要は下記のどちらかでしょう
.ΕライナのNATO入りを阻止してウクライナを緩衝帯として是が非でも残したい
▲Εライナのに親ロシア政権を樹立してNATO入りを阻止して緩衝帯にしたい


△倭芦鵑泙任論功してたけどウクライナでクーデターが勃発したんで、結果的にウクライナはそれ以前よりもNATO側に立ってしまい戦略変更を余儀なくされました(´・ω・`)
歴史的にはこの時のクーデターをウクライナ騒乱とされています
意外と知られてませんけどウクライナの前大統領は民主的に選挙で選ばれたヤヌコーヴィッチでしたが、結果的には反政府側がクーデターを起こして新ロシア政権を倒しました
このクーデター時の動画はYouTubeでも当時は完全一般公開されてたけど、クーデター起こした反政府側が大量の重火器をもってて、その動画はなつさんも何度も見ました
(現在は暴力的として一般開示されてないか、ログインしたら見れるらしい)
軍でもない一般人がなんでこんなに重火器で武装してんのって思わせる動画でした。
そして当時から、米CIAが軍事資金を反政府側に渡して兵士を訓練してたとあったし、
一方でウクライナ政府側にもロシア国内で訓練されたクーデター鎮圧部隊がいたわけです

この時にウクライナのクーデターに関与したのが米民主党のオバマ大統領で
(オバマはノーベル平和賞貰ってるけど実際にはロシアとの代理戦争を起こした張本人)
さらに言うと現在進行形でロシアと揉めてるのが同じ米民主党のバイデンです(´・ω・`)
なぜなら当時のオバマ大統領の下で副大統領やってたのがバイデンだからです
客観的にいうと、アメリカにはウクライナをNATOに引き入れてロシアと紛争をしたい米民主党と、ロシアとはあまり紛争を起こして揉めたくない米共和党があるわけです

結論でいえば、アメリカとロシアどちらかが正しいとか言いたいわけじゃなくて
ウクライナで起きてることはすべてアメリカとロシアの代理戦争そのもので、
アメリカはロシアがウクライナに攻め込んで来てほしくて仕方がないわけですよね
そうすればロシアに悪人のレッテル貼って堂々と経済制裁を下して追いこめますから。
一方のロシアはウクライナに本当に攻め込んでも実際には統治できないし、国際的には自分たちが賊軍のレッテル貼られて経済制裁で苦しむだけでメリットは皆無です
というか、ロシアに侵攻させて叩きたいのがアメリカの戦略そのものでってこと

プーチンは最近でも南オセチアやクリミア半島に侵攻したけどこれはすべて電撃戦
アメリカが騒ぐ前に戦車とヘリで数日以内に制圧して即紛争を休止しました。
(クリミア半島は元ロシア領で住民の90%はロシア人なんだけど)
プーチンは戦争を本気でやる時は必ず電撃戦で勝ちきれるというタイミングでやります。
戦車で攻めるだけでなく、速やかに終結できると判断できる時だけ動いてるし、目的も明確で、目的を達成したらすぐに休止するを繰り返し行っていますφ(.. )

今回のウクライナではプーチンは国境の周辺に軍を増強はするけどまったく動きません。
なぜなら目的は戦争や紛争ではなくアメリカやNATOとの交渉だからです
交渉をした上でNATO拡大を防ぐ協定なりを締結できたらそれが勝利なんだおね
逆にいうと、アメリカの罠にかかって挑発に乗って軍を動かしたら即敗北なわけです。

軍を動かしてはいますけどロシアが今やってるのはやっぱり外交でしょう。
自分たちの目的を達成するために圧力をかけて交渉の場を用意させてるわけですし。
アメリカが何らかの形で譲歩して例えば「10年間はウクライナのNATO入りはない」
回答すればプーチンは妥協して調停を締結した上で軍を撤退させるでしょう

ちなみによく勘違いしがちだけどクリミア半島は一貫してずっとロシア領でしたが
ソ連が崩壊した時に、ゴルバチョフ書記長がなぜかクリミア半島を分割して
そもそもウクライナ領ではなかったのにロシアからウクライナに領土を割譲しました
このあたりがロシアとウクライナ間の衝突の背景にあるのも事実でしょうφ(.. )

下記の記事はなつさんの考えに非常に近いと思います。
ロシアにとってのウクライナ侵攻は敗北でしかないのでまずやらないでしょう
周辺地域を不安定にさせたり、動揺を誘う行為ならいくらでもやるでしょうけどね。






ss2286234570 at 09:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年10月17日

アルメニアとアゼルバイジャン、係争地巡り戦闘

アルメニアとアゼルバイジャン、係争地巡り戦闘
2020/9/27 16:46 日本経済新聞
旧ソ連のアルメニアとアゼルバイジャンが帰属を巡って対立するナゴルノカラバフで27日、両国軍による戦闘が起きた。死傷者が出たとみられ、両国が互いに相手側が攻撃を始めたと非難している。地域での紛争再燃に懸念が強まっており、ロシアや欧州は双方に即時停戦を訴えた。
ナゴルノカラバフはアゼルバイジャン西部に位置し、アルメニア系住民が独立を主張する。両国は帰属を巡る紛争でソ連末期から対立し、1994年の停戦合意後も衝突を繰り返してきた。7月には両国軍がナゴルノカラバフに近い国境地帯で交戦し、死者が出た。
周辺国は天然資源が豊富なカスピ海周辺地域での緊張激化に危機感を強めている。アルメニアに軍を駐留するロシアのラブロフ外相は27日、アルメニアとアゼルバイジャンの両外相や、アゼルバイジャンと関係が深いトルコの外相と相次いで電話協議した。ラブロフ氏は即時停戦を訴え、仲介に努める考えを示した。フランスやドイツも平和的な解決を求めた。




.
本格的な戦闘とミサイル攻撃にまで発展したってニュース見たんで調べてみたφ(.. )
係争地の「ナゴルノ・カラバフ」って子供のころからニュースで見かけた土地ですね
元はアゼルバイジャン領土に編入されてたけど、アルメニア人がほとんど占めてます。

前回のナゴルノ・カラバフ紛争の結果、アルメニア人がナゴルノ・カラバフ地域で
独立というか自治権を獲得して「アルツァフ共和国」を樹立したようです
(国際的には認められてないので今のところ実際の国ではない)
その結果、アゼルバイジャンの南西部は結果的にアルメニアの実効支配化になっていて
その地域の奪還を目指してアゼルバイジャンがまた攻め込んだみたいな感じですね
しかしWW2で使われてたあのT34が普通に動いてたのはちょっとびっくりしたおね。

アゼルバイジャンは大統領を世襲しているいわゆる独裁国家ですΣ(・ω・ノ)ノ
あの有名なバクー油田をもっていて資金力や軍事力ではアルメニアを大きく上回ります。
宗教的にはイスラム教徒でバックでトルコが支援をしています。
一方のアルメニアは宗教的にはキリスト教系アルメニア正教でロシアと仲がいい。
アルメニア領土内にはロシアの軍事基地もあるので非常にセンシティブな土地柄ですね

つーか、宗教も対立しててバックに別々の国がついて支援してるって紛争の王道ですね。
ちょっとやそっとで解決する可能性はちょっとなさそうだおね(´・ω・`)
さらに戦線拡大するようなら原油価格に影響してくることもあるかもしれません
magw201006_Caucasus_map
















ss2286234570 at 06:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月22日

自衛隊機が韓国軍からレーダー照射 防衛相が抗議

自衛隊機が韓国軍からレーダー照射 防衛相が抗議
2018年12月21日 18時30分
防衛省によりますと、20日に日本海で警戒監視のために飛行していた海上自衛隊のP1哨戒機が韓国軍の艦艇から、射撃管制用のレーダー照射を受けていたことが明らかになりました。岩屋防衛大臣は記者団に対して「不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だ」と述べ、韓国側に抗議したことを明らかにしました。防衛省によりますと、20日午後3時ごろ、日本海の能登半島沖を警戒監視のために飛行していた海上自衛隊のP1哨戒機が、韓国軍の駆逐艦から、射撃管制用のレーダー照射を受けたということです。
これについて、岩屋防衛大臣は、21日午後7時すぎから防衛省で記者団に対し「韓国側の意図ははっきりわからないが、レーダーの照射は、基本的に火器の使用に先立って実施する行為だ。これを相手に照射することは不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だと」と述べ、韓国側に同日、外交ルートを通じて抗議するとともに、再発防止を求めたことを明らかにしました。
1221




 動画あり






遭難の北朝鮮船舶捜索でレーダー使用と説明
12/21(金) 21:08配信
複数の韓国メディアは21日、韓国国防省関係者の話として、韓国海軍艦艇のレーダー使用は遭難した北朝鮮船舶捜索のためで、海上自衛隊の哨戒機を狙ったわけではないと報じた。

これはもうダメだよね。完全に信用を失った。これはまさに敵対国が行う行為
警告なしでレーザー照射を当てるってのは完全に準戦闘行為なんだおね。
今回は完全に韓国側から戦闘行為を仕掛けてきたんだから報復したって問題ない。
ごめんなさいとかか今さら言ったところでもはや弁解の余地なし。
しかも韓国国防省は堂々と嘘の言い訳までしてるというクソっぷり(゚д゚)、ペッ
もう完全に一線を越えたしもう同じ同盟国とかそういう行動は絶対にできないレベル
テレビはかなり控えめに報道してるけどこれはもう戦闘行為だってはっきり報道するべき。

ここまでふざけた行為やって謝罪も事実も説明しないとか完全に終わってる
ていうかもはやこれは明確に韓国が日本の敵国であるということでそφ(.. )
はっきりいうとここらでガツンと一回軍事衝突をやった方がいいと思うんだよね
ぶっちゃけ韓国の海軍なんてかなりカスだしまずは一発当てて反応見ないと。

そしてその前に北朝鮮に経済援助の申し出をしておいて
北と南から同時に両面から軍事衝突起こして立場を分からせた方がいいと思う
前回は日本が支援する側にいたから(秘密裏に)掃海艇の派遣もやったし
釜山への海路も日本が支援する側にいたから確保されてたわけだけど
今回は釜山より後ろに逃げるとこはないっていうのを理解させとく必要があると思う

バカが調子に乗るなと行動で示す時期が来たと思うんだよね(`・ω・´)
非難だの抗議だのなんて意味ないし聞く耳もないなら態度ではっきり示さないダメでそ
国の置かれてる位置が「袋のネズミなんだぞ」ってはっきり理解させとかないと。


ss2286234570 at 04:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月09日

【紛争2】金正恩氏殺害も選択肢? 米、ソウル南方に核再配備も検討

金正恩氏殺害も選択肢? 米、ソウル南方に核再配備も検討
特殊部隊を北朝鮮に潜入も 米NBC報道
2017.4.9 07:38
米NBCテレビは7日、国家安全保障会議(NSC)が北朝鮮政策見直しの中で検討している北朝鮮の体制転換に関し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の殺害が選択肢として上がっていると伝えた。在韓米軍への戦術核兵器の再配備とともに、すでにトランプ米大統領に報告されたという。複数の情報機関や軍の高官が明らかにした。
NSCはトランプ氏の指示を受けて「あらゆる選択肢」を対象にした政策見直しを実施。北朝鮮指導部を排除する計画は「斬首作戦」と呼ばれ、金委員長のほか核・ミサイル開発計画に責任を持つ高官の殺害が検討されているという。

米国政府、第一空母打撃群を朝鮮半島に移動へ
米国政府が空母カール・ヴィンソン(USS Carl Vinson)を中核とする第一空母打撃群(Carrier Strike Group 1)を朝鮮半島に移動する決定を行ったことがReutersの報道により明らかとなった。第一空母打撃群は現在、シンガポールの近くを航行しており、一両日中にも朝鮮半島近海への展開が完了するものと見られている。北朝鮮は、中国を始めとする国際世論の再三の警告にも関わらず、核兵器とその運搬手段となる弾道ミサイルの開発を進め、今月に入ってからも弾道ミサイルの発射実験を行っていた。
米国政府はこの北朝鮮による大量破壊兵器開発問題について、これまでは、中国政府を仲介者とした外交交渉による解決を模索してきたが、中国政府による説得にも関わらず、北朝鮮が大量破壊兵器開発を停止する見通しはまったく立っていないことが、今回の第一空母打撃群の朝鮮半島派遣の背景にあるものと見られている。
0409











風雲急を告げてる朝鮮半島の状況ですにょ(σ´∀`)σ
ここにきてかなりはっきりと米軍が北朝鮮への攻撃を口にしてるようだおね
トランプ大統領が中国主席と会談した直後にこういう動きをしてるってことは
中国がなんらかの形で「米軍の行動を容認」するメッセージを伝えたのかもφ(.. )
明らかに先週までとは違った動きをはっきり見せているように感じられます

なお、これまで米軍は国際問題に積極的に関与しないという姿勢でしたが
フリンとかバノンとかそういう立場の人たちが軒並み更迭されてるようです。
(いわゆる強硬右派のナショナリストと呼ばれてる人たちのこと)
ここにきて米軍の高級幹部や将軍クラスがどんどん力をつけてきてるようだお
米軍はもともと反ロシアの気質が強いし、やられたら反撃するのが信条です
シリア攻撃は明らかに反ロシアの米軍の姿勢を反映したといえるでそう

米軍はオバマ政権下のときから北朝鮮への強い態度を示すよう度々進言してたので
引退直後のほぼ現役武官に近いマティス将軍(現国防大臣)の存在は
今後のアメリカ軍の行動にとても大きな影響を与えると考えるべきでそうφ(.. )
軍事一辺倒って意味ではなく、オバマ政権のようになにも行動しないのではなく
必要があると判断すれば行動するって姿勢に転換したと考えるべきでそう
3月中旬に韓国に寄港してその後シンガポールに帰還していた
空母カール・ヴィンソンをまたも召還したってことはかなり大きな動きだおね


トランプ氏がバノン氏らの更迭検討 米報道
2017/4/8 15:29 日本経済新聞 電子版
複数の米メディアは7日、トランプ米大統領がホワイトハウスの最高実力者の2人、バノン首席戦略官・上級顧問とプリーバス首席補佐官の更迭を検討していると報じた。
代わりに存在感を高めているのが長女の夫、クシュナー上級顧問だ。クシュナー氏には金融・軍出身の政権幹部がむらがり一大派閥をつくる。加速する内紛にトランプ氏は不満を強めている。
バノン氏は5日に米国家安全保障会議(NSC)常任委員から外れた。バノン氏は「NSCから外されるなら大統領顧問もやめる」と抵抗したが、トランプ氏は軍人出身のマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)のバノン氏解任要請を受け入れたという。


ss2286234570 at 08:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月07日

【紛争1】ドゥテルテ比大統領、南沙諸島に軍の配備命じる

ドゥテルテ比大統領、南沙諸島に軍の配備命じる
2017年04月06日 21:29
フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は6日、政府軍に南シナ海(South China Sea)に位置する南沙諸島(英語名:スプラトリー諸島)への配備を命じたと語った。南シナ海の戦略的要衝とされる南沙諸島周辺は、中国をはじめ複数の周辺国が領有権を主張する係争海域となっている。
南沙諸島に近いパラワン島にある軍のキャンプを訪れたドゥテルテ大統領は、報道陣に対し「全面的に占領するよう軍に命じた。構造物を建て、そこにフィリピン国旗を立てるのだ」と述べ、軍に構造物建設を命じたことを明かした。また南沙諸島のうち9〜10か所の島しょ・岩礁などについて、フィリピンは領有権を主張しているとも述べた。一方、中国は周辺国沿岸に近い海域や岩礁も含めて南シナ海の大半の領有権を主張しており、複数の人工島を建設し、そこに兵器を配備している。
ドゥテルテ氏は「誰もがあの諸島を手に入れようとしているようだから、まだ空いているうちに居座る方がいい。少なくとも現時点でわが国の領土である部分を確保し、そこはわが国のものだと強く主張すべきだ」と述べた。さらにフィリピンの独立記念日である6月12日に自ら同海域を訪れる可能性があると述べた。
0408












比軍、ドゥテルテ大統領の南沙諸島「占領」発言をトーンダウン
2017年04月07日 20:43
フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領が前日、南シナ海(South China Sea)の南沙諸島(英語名:スプラトリー諸島)を「全面的に占領」するよう軍に命じたと発言したことに絡み、軍は7日、計画しているのは新たな陸地を奪うことではなく、同諸島でフィリピンがすでに実効支配している島しょ群にある施設の改修・改善だと述べた。
扇動的な発言が多いドゥテルテ大統領は6日、南沙諸島の「9または10か所」の島しょ・岩礁を占領し要塞化したいと述べていたが、それがすでにフィリピン領とされている島しょ群についてなのか、それとも他国と領有権を争っている他の約40の島しょ・岩礁の一部についてなのかは明確にしなかった。
7日になってフィリピン軍のエドガルド・アレバロ報道官は「大統領の命令のわれわれの受け取り方は、わが国がすでに領有している島しょ・岩礁などにある施設を改善せよということだ」と述べた。また、レスティトゥート・パディージャ軍報道官も、ドゥテルテ大統領の命令が軍にさらなる岩礁などの占領を求めているものとは思わないと語った。

不規則発言が多いことで知られるフィリピンのドゥテルテ大統領ですが
南沙諸島(英語名:スプラトリー諸島)を全面的に支配するよう軍に命じたという
発言がニュースで流れたことで、かなり情報が錯綜してるようですにょ(σ´∀`)σ

中国の主席がトランプ大統領に会うためにアメリカを訪問した
まさにそのタイミングを狙ったように発言したので騒動になったようです
これを受けて軍が発言を訂正したようだけど、真意はまだ不明なようですΣ(・ω・ノ)ノ
また6月12日のフィリピン独立記念日にあわせて
ドゥテルテ大統領が南沙諸島(スプラトリー諸島)を訪問する可能性を示唆したので
中国との駆け引きがまたまた再燃する可能性がありそうだおね

ちょっと前まで中国の金銭物資の支援を受けると発表してもいるので
ここにきてまた裏を返すような発言をしたことで中国も慌てたことでそう
ドゥテルテ大統領って人は本音をほとんど出さないので謎な人物(`・ω・´)
どこの国もどう付きあっていいのか困惑してるようだおね。
ただ一ついえることは、アメリカ対シリア、ロシア、北朝鮮問題だけでなく
フィリピンもいつ火種になってもおかしくないので注意が必要ってことでそう


ss2286234570 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月09日

オバマの正義はもう詰んでるという事実

ウクライナの首都キエフで2月下旬、数十人が殺害された狙撃事件に、ヤヌコビッチ前大統領を追放した新政権の関係者が関与していたとの見方が強まっていると、エストニアのパエト外相が発言していたことが5日分かった。欧州連合(EU)のアシュトン外務・安全保障政策上級代表(外相)との通話で述べた。録音が動画投稿サイトに流出、エストニア外務省は会話内容は事実だと認めたが、事件への新政権側の関与を確認したものではないと説明している。
パエト外相はキエフを訪問した翌日の2月26日にアシュトン外相と電話協議。20〜21日に発生した狙撃事件で、反政府デモ参加者と治安要員の双方が、「同じ複数の狙撃手に殺害された」と地元の医師に聞いたと発言。事件の背後にいるのは「ヤヌコビッチではなく、新連立政権の中の誰かだという見方がますます強まっている」と述べた。

ロシアのラブロフ外相は8日、ウクライナの首都キエフで2月に起きた反政府デモと警官隊の衝突時、市民と警官多数を射殺した狙撃手の正体を欧州安保協力機構(OSCE)が調査するよう要求した。
狙撃手については最近、エストニアのパエト外相と欧州連合(EU)のアシュトン外交安全保障上級代表(外相)の2月26日の電話での会話内容がネット上に流出。前日にウクライナ新政権の首脳陣と会談したパエト外相が「反政権デモ隊と治安要員の双方が同じ狙撃手たちに射殺されている。実に困った問題で、新政権は真相調査を嫌がっている」と話し、デモ隊側の過激派の狙撃だった可能性を示唆している。エストニア政府は、会話内容が本物と認めた
0312







アメリカがウクライナのクーデターの首謀者(ないしは資金提供して煽った黒幕
であるってことは電話記録の中でもすでに暴露されてるんだおね
 少なくともクーデター後の政権の参加者や組閣者まで言及してたのはアメリカも認めてます。
ロシアの隣国で資金とスパイばらまいてクーデターおこそうと裏工作を仕掛けときながら
証拠も掴まれて暴露されるとかアメリカの情報力も落ちたもんだおね

スナイパーってのは性能の高い重火器と長い訓練期間が必要です。
そう簡単にデモ隊が用意できる代物ではありません。資金も時間も足りませんΣ(゚д゚;)
ってことは外から誰かがスナイパーを用意して提供した可能性がかなり高いということ
この点についてもアメリカの関与が疑われてるのが現状だおね(´・ω・`)
もしこの点を証明されたらオバマはカメラの前で謝罪会見するハメになるでそう。
世界最低の赤っ恥大統領として歴史に泥を塗る可能性があると予想していまつ
0312









ロシアが侵略に近い行為をしたのは事実ですが、現地からの反発が起きてないのも事実でそ
おまけに1発の銃弾も、1滴の地も流さずに非常に手際のよい占領に終始しています。
(重火器をつかわない方針を徹底して叩き込んでるあたりがプーチンの本当に恐ろしいところです)
一方アメリカは、資金や重火器の提供の可能性を疑われているクーデターの首謀者だおね。
双方に数百人単位の死者を出しているのでどっちがかといえばアメリカでそう(((( ;゚д゚)))
少なくとも欧州各国の関係者はすでにアメリカを疑ってるわけです
ロシアを締め上げる路線に、欧州がやたら難色を示してるのもそのへんの疑いがあるからでそ。

疑惑を払拭できなくなって追い詰められてるのは、ロシアではなくむしろアメリカ側です。
ここまで機密情報を暴露されて先制を打たれるとか無能ってレベルじゃないおね(゚д゚)、ペッ

それに比べて、アメリカがクーデターを首謀してるのを気がつかないふりして泳がせて
ウクライナが混乱した瞬間を狙ってすみやかに軍を動かしたプーチンの鮮やかなことΣ(`□´/)/
オバマとプーチンでは格が違うなと感じます。
おそらく欧州各国の関係者もそう感じているからオバマに乗りたくないんでそ(´・ω・`)
いつもならアメリカ追従の日本もなぜか今回は控えめな態度ですおね
オバマのアメリカが同盟国から信頼を失ってるのは間違いないと思いますにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月08日

プーチンの野望 ユーラシア大陸編

ウクライナ南部クリミア自治共和国のセバストポリ郊外にあるウクライナ軍の防空部隊が7日夜、ロシア軍とみられる武装集団に襲われ、基地を明け渡すよう求められた。ウクライナ軍部隊はこれを拒否。銃撃戦にはならなかったものの、一時緊張した。現場からの報道では、自動小銃などで武装した集団20人が、ロシアのナンバーをつけた大型軍用トラック2台に分乗しミサイル防空部隊2355に乗り付け、警備のウクライナ軍兵士と押し問答の末、部隊内に侵入。部隊長とのやり取りの後、基地を後にした。

ロシアがウクライナ南部クリミア半島の実効支配を強めるなか、クリミア自治共和国の最高会議(議会)は6日、ロシアへの編入を求める決議を採択したほか、ロシアへの帰属替えの是非を問う住民投票を16日に実施することを決めた。これに対し、オバマ米大統領が住民投票に反対する姿勢を示すなど、情勢は一段と緊迫している。欧州連合(EU)は、クリミア半島におけるロシアの行動は違法だと非難した上で、ウクライナの領土保全を支持すると表明。ただ、ロシアに対する当面の制裁措置としては、査証(ビザ)発給と貿易自由化に関する協議の停止など、小幅な内容にとどまった。また向こう数日以内に協議が開始され、一定の時間的枠組みの中で何らかの結果が出ない限り、渡航禁止、資産凍結、EU・ロシア首脳会談の中止などの追加的な制裁措置に踏み切るとした。
0311







欧州のニュースを見てると「プーチンはロシア帝国の再興をたくらんでる」と表現されてます。
ここ最近のロシア軍の動きやクリミアへの侵攻をみる限りはその通りだと感じます
クリミア半島の属国化はほぼ決定だし、欧米はすでに完敗でそう。

ロシアがウクライナへ軍事介入した直接のきっかけはアメリカ側にあると報道されています。
新ロシア派の政権を潰すために欧米が工作員を用いてクーデターを起こしたからです。
アメリカが中心となってウクライナの野党や実力者に支援と資金提供を行い
さらにいえばデモ隊に重火器などの武器も提供してクーデーターを成功させました
これは疑いではなく、すでに欧米のニュースでも報道されている内容です。

プーチン率いるロシアがやったとおもわれること
.▲瓮螢がウクライナでクーデターの工作をやってる証拠を掴んでも黙っていた
現政権(クーデター派)が正当な政府ではないと主張できる根拠に利用した
クーデターでウクライナ軍が親ロシア・反ロシア派で混乱した隙をうかがって進軍した
ぅΕライナ国境で大規模な軍事演習を行いつつ、一方で際小規模の軍事行動にとどめた
ゥ▲瓮螢の工作活動を暴露してEU各国との連携の切り崩しを狙った
Εス資源でEUを揺さぶって欧米各国の足並みが揃わないように工作活動を仕掛けた

Ы特動貳、血の一滴も流さずにクリミア半島を制圧してロシア系住民の支持を得た
┘リミア自治共和国と上手く連携し、ロシアへの編入を住民投票で決定させつつある


この短期間にロシアがやったことは驚異的なまでにスピード感があり組織立っていました
ロシア海軍にとって絶対に欠かすことの出来ない黒海艦隊とその周辺地域の確保という
目的を達成するために最初からシナリオが書かれていたとしか思えないのですφ(.. )
欧米が「ロシアは侵略者だと主張するにはやはりその根拠が必要でそう。
もしロシア軍が、一発の銃弾も撃たず、一滴の血も流さずにクリミア半島を制圧して
住民投票で「ロシアへの帰属決議」を勝ち取れたら、これはもう侵略とはいえないおね
初動で出遅れたアメリカは話にならず、欧米各国の足並みもバラバラです。
ロシア経済やパイプラインへの依存度の高いドイツやフランスは乗り気でないので
おそらくグダグダになって効果的な経済制裁を発動できると思えないおね(´・ω・`)

ウクライナには資金もないし、ロシアと対決できる体力もありません
クーデター政府への反発もあってウクライナ軍が組織的に動くってのもまず厳しいでそ。
クリミア半島が国民投票でロシアへの帰属を決定させて独立するのを見てるだけが関の山。
どう考えたってロシアの勝利はほぼ確定してるとおもいますにょ(σ´∀`)σ
クーデターを画策してるスパイを泳がせてむしろ逆にこれを利用して
クーデター直後に政権が不安定になったところで軍事行動をおこすとかでそ(((( ;゚д゚)))
あまりにも天才的な戦略すぎて言葉を失うレベルだお。孔明かよってクラスの策謀家でそ

プーチンが善人か悪人かという議論はさておき、歴史に名を刻む人物なのは間違いないでそう。
政治家というよりむしろピョートル大帝イワン雷帝とならぶ英雄の類ですおねφ(.. )
リアル版AOEをやってるようなもんでそ


ピョートル大帝、お忍びでオランダの船大工になる リーダーシップの研究
http://markethack.net/archives/51895891.html
一般にロシア人は民主主義には懐疑的であり、むしろ強く、賢明なリーダーに、ぐいぐい国を引っ張って欲しいという願望が強いです。ロシア人のそうした考え 方はピョートル大帝の時に確立されたと言っても過言ではありません。プーチン大統領がシベリアで狩りをしたり、オートバイをぶっ飛ばしたりしてマッチョを アピールするのは、ピョートル大帝のイメージと自分をダブらせている側面があると思います。
 
ウクライナ人が解説するクリミア半島の歴史と現状


ss2286234570 at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加