yogurting ヨーグルティング

米国株

2024年02月15日

【悲報】SBI証券、恒例の米国株サバ落ち祭り今年も盛大に開催中!

新NISAにおける米国株式および海外ETF売買手数料無料化のお知らせ
2023年9月22日
株式会社SBI証券は、2024年からはじまる新しいNISAにおいて、現在のNISAですでに売買手数料無料である国内株式、投資信託に加え、米国株式および海外ETFの売買手数料についても無料化することをお知らせします。
0922_a_01







SBI証券208 
323 名前:山師さん[] 投稿日:2024/02/14(水) 23:35:28.31 ID:QNb/AuoE
米株で障害起きてる

324 名前:山師さん[] 投稿日:2024/02/14(水) 23:36:54.00 ID:yiJAV94l
My資産の米株、勝手に消えたぞ!なんだこれ
資産すげー減ってるんだが・・・
データ消えたとかないよな???

325 名前:山師さん[] 投稿日:2024/02/14(水) 23:40:29.62 ID:yiJAV94l
銘柄開けんぞ・・・
「実行した処理に失敗しました。お手数ですが再度お試しください。」だと・・・

331 名前:山師さん[] 投稿日:2024/02/14(水) 23:46:33.87 ID:nAVRgdjH
米株障害だよね。かんべんしてくれよなぁ。

332 名前:山師さん[sage] 投稿日:2024/02/14(水) 23:47:25.70 ID:R0iS04n8
まじでカンベンしてくれ
米株できないどころか資産見られないだろ

343 名前:山師さん[] 投稿日:2024/02/14(水) 23:55:44.49 ID:QNb/AuoE
障害が起きてることは気づいてるのかな?
いつ復旧するんだ?これ

349 名前:山師さん[sage] 投稿日:2024/02/15(木) 00:03:49.32 ID:F3PUQo2a
こいつら人の金預かってる認識あるのか?
明日はトップニュースでやってほしい。
これで損失だした人は大勢いるだろ。
機会損失では計り知れないぞ。

353 名前:山師さん[sage] 投稿日:2024/02/15(木) 00:17:57.46 ID:JpptNYJ5
もうだめねこの証券口座
手数料は安いけどやたらメンテナンスが多くてメンテ時間が長いので有名なSBI証券
米国株については今回2024年になってからは初めてのシステムトラブルですが、
2021〜2022年はアメリカ株が好調でNASDAQやダウがよく上がっていたこともあり
SBI証券は国内のネット証券ではぶっちぎりNo1で米国株でシステムトラブルサーバダウンを起こしてた会社なのではっきり言って最悪であると宣言しておきます

2023年に入ってからFRBが利上げを開始したことでNASDAQやダウが大きく下がり🍆
結果的に米国株の人気も下がって、取引も減ったのでしばらく落ち着いていましたが、
2021〜2022年においてはそれはもう酷いくらいの状況でシステムトラブルを頻発させ
非常に多くの投資家がSBI証券にブチ切れまくったという事実を忘れるべきではないでそ

最近はまたアメリカの株式市場が復活してきて取引が増えている様子なので
2024年以降はまた同じように米国株サービスでトラブルやサーバダウンを頻発させるようになる可能性が非常に高いことは覚悟しておくべきですね

たしかに2021〜2022年は楽天証券でもアメリカ株でのシステムトラブルはあったけど
その際の対応も丁寧で、よく頻発するってほどではなかったように記憶してますφ(.. )
アメリカ株のサービスで一番安定しててPCツールも良いなと思ったのはマネックス
楽天証券もUIとか足りなく感じるけどそこそこ安定してて不満がない程度が楽天証券。
やっつけ工事で作ったようなUIで使いやすさや分かりやすさが低いのがSBI証券って感じ。
まあ少なくとも夜11時ころからトラブル頻発させてたSBI証券だけはさすがにないなと・・・

そもそもこの程度の値動きでシステムトラブルを起こしているようでは、いざ大きな値動きをした時に安心して取引できるとはとても思えないので却下だおね(´・ω・`)

SBIホールディングス(8473) 3,973円 +95円 (+2.45%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8473
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8473.T/chart

2024年01月27日
手数料が高いので有名な松井証券さん、今度は2日連続システム障害起こしてしまう・・・

2024年01月13日
手数料が高いので有名な松井証券さん、システム障害起こしまくる


ss2286234570 at 08:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年11月07日

2023〜2024年株式市況 〜米利下げ&円高ドル安〜その

NY円相場 続伸1ドル=149円30〜40銭、米雇用統計受け
2023年11月4日 6:35 日本経済新聞
3日のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅に3日続伸し、前日比1円10銭円高・ドル安の1ドル=149円30〜40銭で取引を終えた。
雇用統計で非農業部門の雇用者数が前月比15万人増と、ダウ・ジョーンズ通信がまとめた市場予想(17万人増)を下回った。8〜9月分は下方修正された。失業率は3.9%に上昇。市場は前月と同じ3.8%を見込んでいた。労働市場の過熱感が和らいでいるとの見方が広がり、FRBが次回12月の会合でも政策金利を据え置くとの観測が高まった。米長期金利は一時、前日比0.18%低い4.48%と9月下旬以来の低水準を付けた。

米国株、ダウ5日続伸し222ドル高 金利低下を好感、ナスダックは6日続伸
2023年11月4日 5:35 日本経済新聞
3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続伸した。前日比222ドル24セント(0.65%)高の3万4061ドル32セントと、9月下旬以来の高値で終えた。3日朝発表の10月の米雇用統計で非農業部門の雇用者数が市場予想を下回り、米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めが長引くことへの警戒が和らいだ。米長期金利の低下が続き、株式の相対的な割高感が薄れた。雇用統計では雇用者数が前月比15万人増と、ダウ・ジョーンズ通信がまとめた市場予想(17万人増)を下回った。8〜9月分も下方修正された。失業率は3.9%と前月と同じ3.8%を見込んでいた市場予想以上だった。平均時給は前月比0.2%増で、市場予想(0.3%増)ほど伸びなかった。
米長期金利は一時、前日比0.18%低い(価格は高い)4.48%と9月下旬以来の水準に低下した。今週発表の経済指標や1日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けてFRBの追加利上げ観測が後退し、週初の4.9%近辺から大幅に水準を切り下げている。

米金利8カ月ぶり下げ幅 利上げ終結観測、業績懸念も
2023年11月4日 5:21 日本経済新聞
3日の米債券市場で10年債利回りは4.57%近辺に低下(債券価格は上昇)した。
市場予想を下回る経済指標の発表が相次ぎ、利上げの終結観測が広がった。長期金利の低下で株価も上昇した。ただ、高金利による悪影響が表面化しつつあり、企業業績の悪化懸念もある。このまま債券高、株高が続くかは不透明だ。
来年はFRBが2024年5〜6月にも利下げを開始するのではないかと予測されてます
また同時に日本では2024年3〜4月にもマイナス金利解除の予測が強くありますφ(.. )

アメリカの利下げ予測が強まれば米ドルが売られ、日本でマイナス金利解除の予測が強くなれば円が買われるので2024年はドル安円高がすすみそうな年ですにょ(σ´∀`)σ

ちなみにアメリカの利下げ予測はどちらかというと2024年後半に実施予測ですが、
日本のマイナス金利解除は3〜4月と2024年前半なのでかなり早い時期ですΣ(・ω・ノ)ノ
状況にもよりますが、ドル安円高は2023年12月から1月にかけての時期にかなり前倒しですすんで為替が変動しはじめる可能性が考えられます(´・ω・`)

ちなみにTwitter界隈で超曲がり屋で有名なユウチュウバアーの高橋ダンという方が
突如としてドル円160円を予測してからあっという間に円高に振れていますw
まるでど素人が天井で円安を煽ったら天井シグナル発生みたいな事態になっていますね

米ドル円 チャート
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
1005











現時点では必ずしも時期が明確ではないですが、仮に2024年6月からアメリカでFRBが利下げを開始するとなればNASDAQやグロース株や仮想通貨が上がるでそう
これはもう2022年11月頃から同じことをずっと書いてるのでこれが基本路線ですφ(.. )

NASDAQ チャート
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart
11.10











<NASDAQ投信>
2022年11月からNASDAQ投信を買い始めて下げたら買い増しを続けていますφ(.. )
2022年の夏〜秋はFRBが毎月0.75%利上げという今では信じられない程のキチガイ沙汰の利上げをしてましたが最近は落ち着いてきていますね(´∀`)
NASDAQの短期的な値動きはどうでもいいですが、FRBの利下げが近づくもしくは利下げの話をし始めたら前倒しで株価が織り込んで上げると予測してます

もし2024年6月から利下げスタートなら半年前の2023年12月〜2024年1月頃から資金がグロース株に向かって行くんではと予測しています
ただしFRBが利下げするってことはドルが売られて円が買われるので、ドル資産を持つと為替的には逆ザヤというか為替差益を削られるという意味です
2024年以降からNASDAQ指数がどんどん上がていっても為替差益が一定分削られるってことは覚悟した上で投資するべきってことですね(´・ω・`)

FRBが利下げを開始したら2年間程度は利下げ金利政策が続くと思うので、これから2年間ほどはNASDAQ投信をアホールドしていく予定です
(もちろん利下げ政策の継続期間によってはホールド期間を長くも短くも調整します)
利下げ政策は前倒しで織り込まれるので、FRBが2024年6月〜2026年6月まで利下げをしたとしたら2024年1月〜2026年1月の2年間はNASDAQが上げやすく、2026年2月以降は利下げ終了を織り込んでむしろ下げる可能性があると思っています
現時点での想定では2025年12月〜2026年1月には利益確定しようと考えてますφ(.. )

<日本グロース株>
アメリカが利下げに踏み切れば、2024年以降から米国だけでなく日本でもハイテク・グロース株があらためて上昇し始めるだろうというのが基調予測です
現時点の予想では、手元にあるソフトバンクなどの日本グロース株も2024年後半〜2025年前半あたりに売り捌いてく計画を立てていますφ(・ω・`)

ビットコインチャート
https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY
11.11













<仮想通貨>
上の図はビットコインの週足チャートですが非常に良好なトレンドを維持しています
FRBが2024年以降から利下げを行う前提でテクニカルだけで考えたら、2024〜2025年には800〜1,000万円に達する可能性はありえると思いますφ(.. )
ただしあまり期待しすぎて欲張ると離隔タイミングを誤る恐れもあるので700〜800万に達したらさっさと売り捌いて撤退をする予定でいます

基本的に仮想通貨はどんどん前倒しで織り込んで動く傾向が強いので、2026年までホールドする意味はあまりないだろうってのが自分の考えです
何となくイメージですが2024年後半には750万円あたりを達成して売り指値にヒットして売却してそうかなっていう感じで考えていますφ(.. )
(700万円を超えると買い値の2倍なので700万超えたらいつでも売却スタンバイです)

2023年11月06日
2023〜2024年株式市況 〜米利下げ&円高ドル安〜その



ss2286234570 at 00:00|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年11月06日

2023〜2024年株式市況 〜米利下げ&円高ドル安〜その 

日銀、長期金利1%超容認 植田総裁「大幅に上回らず」
2023年10月31日 22:20 日本経済新聞
日銀は31日に開いた金融政策決定会合で長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)の再修正を決めた。長期金利の上限は1%をめどとし、1%を一定程度超えることを容認する。植田和男総裁は決定会合後の記者会見で「円滑に長期金利が形成されるよう柔軟性を高めておく」と述べた。
上限の1%の利回りで国債を無制限に毎営業日購入してきたこれまでの「連続指し値オペ」は取りやめた。長期金利の「厳格な上限は設定しない」(植田総裁)。「ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)に沿った金利上昇は多少許す」として、1%超えを容認する。
日銀は2022年12月以降に連続指し値オペの利回りを0.25%程度から0.5%程度に、今年7月には1%に引き上げた。事実上の長期金利の上限を段階的に上げ、日銀による国債の大量購入によって悪化した債券市場の機能改善を図ってきた。植田総裁は今回の修正で「多少なりとも市場機能の回復につながればよい」と語った。
植田総裁は7月の政策修正からわずか3カ月でさらなる柔軟化に至った理由を「(YCCの)副作用が起こるより少し早く動きたい」と説明した。市場に先手を打つ姿勢を強調した。

FRB、2会合連続で利上げ見送り 追加引き上げ否定せず
2023年11月2日 3:01 日本経済新聞
米連邦準備理事会(FRB)は1日開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を据え置いた。2022年3月のゼロ金利解除後で初めて2会合連続で利上げを見送った。景気を冷やしすぎずに物価を鈍化させる金利の適正水準について、時間をかけて見極める必要があると判断した。
1108


今回は2024年以降についての予想と投資の取り組みをさらっとまとめます(´・ω・`)
1年の計は元旦に立てろと言いますが、投資においてはそれでは少し遅すぎですおね
ということで、まずは大まかな計画と予想を立てておいて12月以降に修正を加えます。
今回はわりとまじめな内容になります。

11/1(水)のFOMC後にFBRパウエル議長が利上げ見送りを発表してから流れが変わりました。
(日本時間でいえば11/1ではなく日付の変わった11/2の深夜3時ですが)
本来なら2023年内にもう1回利上げを実施するとあれほど強く繰り返し言っていたにもかかわらず、11月のFOMCで利上げを見送りになりましたΣ(・ω・ノ)ノ
12月の利上げの可能性は0%ではないですが利上げの確率は非常に低いままです(´・ω・`)

11/3(金)の雇用統計では雇用者数の伸びが減速し平均時給の伸びが低水準だたっため、
2023年12月以降はもう利上げは実施されないだろうという予測が一気に高まりました
さらに、2024年5月までに利下げが実施されるという予測が50%を超えたようです
https://jp.reuters.com/markets/japan/funds/DS2JBRVQARNY5PTMAOBYZTTJ4I-2023-11-03/

11/1〜11/3にかけては米国の金利動向や2024年以降の利下げ可能性について
非常に多くのニュースが出ているのでしっかり読んで把握しておくべきでそうφ(.. )
今回のBlog記事で取り上げた以外にも参考になりそうな記事が多くありました

現在のところ2024年6月とか年後半にもFRBが実施するだろうという予測も出てます。
いずれにせよ、年が変わるまでには来年の金利政策の方針説明を求められるので、11月末〜12月下旬までにパウエル議長が2024年以降の金利政策を語るでそう(´・ω・`)
その中でもし利下げの時期に言及することがあれば一気に為替も変動しそうだおね

ちなみに植田日銀総裁は2024年3〜4月にもマイナス金利政策の解除をするんではないかと予測されてますし、このあたりも年末12月に発言があるかもしれません
いずれにせよ12月は2024年以降の日米の金利政策に関する重要な発言や予測が示される可能性が高いので年末までしっかりニュースをチェックしておくべきでそ

マイナス金利解除「物価上昇に確信持てれば選択肢」…植田日銀総裁インタビュー 
023/09/09 05:00 読売オンライン
日本銀行の植田和男総裁は、読売新聞の単独インタビューに応じた。賃金上昇を伴う持続的な物価上昇に確信が持てた段階になれば、大規模な金融緩和策の柱である「マイナス金利政策」の解除を含め「いろいろなオプション(選択肢)がある」と語った。現状は緩和的な金融環境を維持しつつも、年内にも判断できる材料が出そろう可能性があることも示唆した。

2023年11月02日
【朗報】FRBが利上げ見送り、仮想通貨ソラナが7,000円を達成

2023年10月18日
10/18株式市況 〜銀行株と日銀政策金利のゆくえ〜

2023年09月11日
9/11株式市況 〜YCC撤廃&マイナス金利終了で高級ヒー〜


ss2286234570 at 16:51|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年11月02日

【朗報】FRBが利上げ見送り、仮想通貨ソラナが7,000円を達成

米国株、ダウ続伸し221ドル高 FOMCで引き締め長期化懸念薄れる ナスダック続伸
2023年11月2日 5:35 日本経済新聞
1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比221ドル71セント(0.67%)高の3万3274ドル58セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)は1日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を据え置いた。金融引き締めの長期化に対する過度な警戒がいったん薄れ、買いが入った。
FRBは政策金利を5.25〜5.5%に据え置いた。市場の想定通りの結果で、株式市場では発表後に買い安心感が広がった。パウエルFRB議長はFOMC後の会見で、今後の金融引き締め方針について「今後の経済データに基づいて注意深く進める」などと従来の見解を繰り返した。物価上昇率を目標の2%に戻すには経済と労働市場がある程度鈍化する必要があるとの見方を示したものの、一段の利上げに対する警戒は薄れ、会見中に買いの勢いが増した。
オアンダのエドワード・モヤ氏は「FRBはタカ派の姿勢を維持しようとしたが、市場関係者は追加の金融引き締めがあるとは考えていない」と指摘した。
会見を受けて米長期金利は4.7%台半ばに低下(前日終値は4.93%)した。株式の相対的な割高感が薄れたのも株買いを誘った。高PER(株価収益率)のハイテク株を中心に買いが入り、ソフトウエアのマイクロソフトとスマートフォンのアップルの上昇が目立った。

米金利先物市場、FRB利上げ終了・6月利下げ開始の見方強まる
2023年11月2日午前 3:35 ロイター
米連邦準備理事会(FRB)が11日1日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で金利据え置きを決めたことを受け、フェデラルファンド(FF)金利先物市場では、FRBは利上げを終了し来年6月までに利下げを開始するとの見方が強まった。
FF金利先物が織り込む年内追加利上げの可能性は20%未満に低下した。来年1月のFOMCまでの利上げ可能性は約25%と、政策発表前の35%から低下した。
少し前までは2023年内にもう1回FRBが利上げするみたいなふいんき出してましたが
ここにきてFRBは2回連続で利上げ見送りという判断に至ったようですφ(.. )
まあその他の国も利上げを一旦止めて様子見してるので当然といえば当然なんですが
このままだともう年内利上げ1回の実施すらなくなってしまうんじゃないかって流れです。

FRBが利上げを見送ったことが影響したのかは定かではないですが、昨晩から仮想通貨がかなり大きく上げる流れが強くなっているようです
ついこないだ週足のテクニカルで上抜けたソラナが7,000円を達成したようですΣ(゚д゚;)
ただ月足でみると思いっきり上値抵抗線のとこで抑えられているので上値は限定的かも。

ソラナ円
https://cc.minkabu.jp/pair/SOL_JPY
1103














年末が近づくとこの先重要になるのは下記の2点
・年末になると2024年以降のFRBの利下げタイミングが強く議論されるようになる
・国内では11月以降に2024年3月頃のマイナス金利政策の解除タイミングが意識される


当然ですが年末が近づくと翌年以降についての話題や予測が増えてきますφ(.. )
2022年末〜年始はFRBが0.75%の超利上げを休止すると発表したし利下げ時期の話題が増えたことで、NASDAQや仮想通貨が年末・年始に爆上げしました

今年も同じように、年末・年始はFRBが2024年のいつから利下げするのかという議論が取り上げられやすくなり、利下げ時期に関するニュースが増えるでしょう
これによってNASDAQやハイテク株や仮想通貨が上がりやすいと予測しますφ(.. )
また国内では植田日銀が2024年のいつ頃マイナス金利政策の解除をするのかという議論が盛り上がり、銀行株がまたさらに上がりやすいだろうと予測してます

一方で、2024年以降からFRBが利下げを検討して日銀がマイナス金利政策の解除となると、日米で真反対の金利政策が行われるため為替を刺激しやすくなります
通常なら12月中旬以降は機関投資家などが長期休暇に入るので為替はほとんど動かなくなるのですが、今回は12月〜1月あたりに為替がドル安円高に動きそうですおね

もちろん絶対とは言いませんが、非常にその可能性が高まってるなというお話です。
ちなみに超曲がり屋で有名なユウチュウバアーの方も強く円安を予想しているので、年末にかけては真反対の結果がおきやすいのではないでしょうか
ドル円ロンガーが年末に抹殺されて年を越せない事態もありえると思ます(´・ω・`)
2023年09月23日
9/22株式市況 〜FRB、年内1回の追加利上げを匂わす〜

2023年09月11日
9/11株式市況 〜YCC撤廃&マイナス金利終了で高級ヒー〜



ss2286234570 at 06:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年03月25日

3/24株式市況 〜引け前に日経225先物売り手法〜

ドイツ銀の株価急落、一時15%安−欧州銀行業界への不安再燃
2023年3月24日 18:58 ブルームバーグ
24日の株式市場で金融株が再び売りを浴びている。その中心はドイツ銀行で、株価は3年ぶりの大幅安を記録。デフォルト(債務不履行)に対する保証料も上昇した。
ドイツ銀はこの日、Tier2劣後債を早期償還すると発表。こうした動きは通常、バランスシートの強さに対する投資家の信頼強化を意図しているが、株価の反応はこのメッセージが伝わっていないことを示唆する。ドイツのショルツ首相は公にドイツ銀への信頼を表明した。
フローバンクの市場シニアストラテジスト、ポール・デラバウム氏は「市場はまず売り、質問は後だという姿勢を鮮明にしている」と指摘。「銀行リスクや先週にクレディ・スイス・グループと規制当局に起きたことを踏まえ、トレーダーには週末にポジションを持ち越すリスク意欲はない」と述べた。

米国株、ダウ続伸し132ドル高 FRB高官「金融ストレスを抑制できる確率8割」
2023年3月25日 5:47 日本経済新聞
24日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、前日比132ドル28セント(0.4%)高の3万2237ドル53セントで終えた。同日の欧州株式市場で大手銀行株が下落したことを受け、米株式相場も下げて始まった。一方、24日にセントルイス地区連銀のブラード総裁が金融ストレス抑制に前向きな見方を示した。金融システム不安による景気悪化への過度な警戒が和らぎ、ディフェンシブ株を中心に買いが広がった。24日の欧州市場では信用不安の拡大や景気悪化による収益の落ち込みへの懸念から、ドイツ銀行など主要銀行株が売られた。朝方の米株市場でもリスク回避を目的とした売りが金融株を中心に出ていた。ダウ平均は一時300ドルほど下げたが、売り一巡後はディフェンシブ株を中心に買い直され、上昇に転じた。
ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は続伸した。前日比36.562ポイント(0.3%)高の1万1823.960で終えた。ソフトウエアのマイクロソフトやスマートフォンのアップルなどが上げた。
キャプチャ



3月24日(金)はドイツ銀行株の急落など欧州の主要銀行株が大きく下げたこともあって
日経225先物もダウ先物も夕方から一気に下げて始まる展開になりました

欧州時間は先物はボロ下げでしたが、アメリカ市場は堅調で徐々に上昇に転じたようです。
2〜3週間前から欧州市場は軟調で、アメリカ市場は堅調という動きが繰り返されるので
このタイミングを狙うと先物でほぼ勝てるというパターンが発生しています

欧州の市場は日本時間16時に始まるので大体いつもこの時間帯から先物が急落します
日中の日経平均が堅調でも、夕方になるといきなり急落するというパターンですね。
直筋のデータを見てるとほぼ7〜8割方というか8割方このパターンが発生してます
15時前に先物売って18〜19時くらいに先物買い戻すか、深夜に先物買い戻すかって感じ。
おおよそ8勝2分けぐらいの高い勝率なので来週以降も検証しようと思っています
(日経が下げて引けるより、引けに向かって高い方がより発生してる気がします)

アメリカ市場は2024年からの利下げが発表されているのでこれがNASDAQを支えており、
またサマーズ元米財務長官が繰り返し、イエレン財務長官と米金融当局者に対して
「全米の預金者に対して、向こう1年間に破綻した銀行の預金は全額保護するよう宣言しろ!」と何度も助言的なメッセージを与えているのが非常に目立ちますね
預金の引き出しによって銀行が破綻してるなら、逆にいえば、預金全額を政府が保護すると宣言してしまえば引き出しが止まり、結果的に銀行の連鎖破綻を防げるからです

実際には保護する結果にならなくとも、宣言だけで預金者に良いメッセージを与えていれば
預金者は安心感を得て銀行からの引き出しを止めるので銀行の破綻を防げるからです
どうやらサマーズは預金者の人間心理をよく理解しており、極めて適切な助言をしてます。
(これほど優秀なら一時的にイエレンを更迭してサマーズの現役復帰もすべきでは?)

イエレン財務長官もボケてんのか、無能なのかちょっと頼りないですよね
サマーズ元米財務長官にここまで具体的な行動を指示されてようやく対応するとか
てめーは教師に言われてようやく動いてる小学生かよって言いたくなります(゚д゚)、ペッ
ともあれ、イエレンは今のところサマーズの助言に従順にしたがって発言をしたようです。
今後もサマーズの助言にイエレンや米金融当局者が素直に従えば落ち着いてくるでそう

欧州でもドイツ銀行の株価の下落に対してマスコミもちょっと騒ぎすぎですかね
まあ確かに1日で15%下げたら騒ぐのもわからないでもないけど、日本のマスコミも急にドイツ銀行についてだけ騒ぐのはおかしくないかとφ(.. )
こないだ国内のみずほ銀行の株価が5日22%下げた時なんも騒がなかったじゃん・・・。

みずほFG(8411) 1843.5円 −14円 (−0.75%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8411.T/chart

三菱UFGフィナンシャルグループ(8306) 830円 −9.2円 (−1.1%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8306
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8306.T/chart

三井住友フィナンシャルグループ(8316)5,189円 −28円 (−0.54%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8316
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8316.T/chart
あれだけ無敵を誇っていたはずのメガバン株が欧米の影響で一気に下げてしまいました
10月中旬から5カ月かけて上がっていた株価がわずか5日間で半分以上吹っ飛ぶ事態に。
みずほなんて1,537円から2,238円まで45%上げてたのに、瞬間風速で1,744円まで急落してますからね。多くの投資家は疑心暗鬼で売りたい気持ちでいっぱいかもしれません。
配当日に株価の下げで利回りが回復してるという点では悪くはないですけどφ(.. )
当初期待されていた国内の金利の上昇も不透明になってきたのでそこが懸念点でしょう




米規制当局は預金保護の宣言を、向こう1年の銀行破綻で−サマーズ氏
2023年3月25日 6:55 ブルームバーグ
サマーズ元米財務長官は、イエレン財務長官と米金融規制当局のトップに対し、向こう1年間に破綻する銀行における保険対象外の預金を保護すると宣言するよう訴えた。
サマーズ氏はブル−ムバーグテレビジョンの「ウォールストリート・ウィーク」で、「預金に関する状況を明確にする必要がある」と指摘。規制当局には全面的な保証を与える法的権限はないものの、「銀行が破綻した際には、預金者へ全額返金を保証するために『システマティックリスク免除』を活用すると宣言する実質的に同等の権限はある」との認識を示した。
米国では、シリコンバレー銀行(SVB)に対して行われたように規制当局が預金者に全額返済することを明確にし、「今後1年間はその方針を維持するつもりだ」と表明するべきだとサマーズ氏は述べた。
「それが銀行システムに対して非常に大きな信頼を与えることになる」と指摘。「銀行破綻を防ぐには、過剰な保証をして誤る方が過小で誤るよりも良い」と語った。
サマーズ氏は預金者をしばらくの間支援するという適切なメッセージがあれば、規制当局は「われわれが直面している圧力のかなりの部分を抑制することができる」と述べた。

米司法省、クレディとUBS調査か ロシア制裁逃れ巡り
2023年3月24日 6:36 日本経済新聞
米ブルームバーグ通信は23日、ロシアのオリガルヒ(新興財閥)による制裁逃れを手助けしていないかどうか、米司法省がスイスの金融大手UBSとクレディ・スイス・グループを調査していると報じた。クレディ・スイスはロシアの富裕層を多く顧客に抱えることで知られる。調査の行方次第では米当局から巨額の罰金を科される可能性がある。
米国は制裁違反に厳しい姿勢で対応しており、過去には巨額の罰金を科した例もある。スイス政府はUBSに対し、クレディ・スイス買収に伴い今後発生し得る損失に関して90億スイスフラン(約1兆2800億円)の政府保証を与えた。


ss2286234570 at 08:48|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年03月24日

FRB当局者、年内あと1回利上げ想定 24年は利下げへ

米FRBが0.25%利上げ、近く停止も示唆 金融不安の影響注視
2023年3月23日4:41 ロイター
米連邦準備理事会(FRB)は21─22日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.25%ポイント引き上げ4.75─5.00%とした。決定は全会一致。ただ、米銀2行の経営破綻を受け金融市場が混乱する中、利上げが近く一時停止される可能性があることを示唆した。FRBが公表した最新の金利・経済見通しによると、政策当局者はインフレを抑制するために今年あと1回の利上げが必要と想定。2023年末の政策金利の予想中央値は5.1%と昨年12月時から変わらなかった。
ただ、シリコンバレー銀行(SVB)とシグネチャー・バンクの突然の破綻を受け、FRBはFOMC声明から「継続的な」利上げが適切との文言を削除。FRBはこの文言を今回の利上げサイクルを開始した22年3月16日から声明に含めていた。代わりに「幾分の追加的な金融政策引き締めが適切になるかもしれない」との文言を採用。あと1回の0.25%ポイントの利上げ後は、利上げがいったん停止される可能性があることが示唆された。

FRB当局者、年内あと1回利上げ想定 24年は利下げへ=金利・経済見通し
2023年3月23日4:41 ロイター
米連邦準備理事会(FRB)が22日に公表した最新の金利・経済見通しによると、政策当局者はインフレを抑制するために今年あと1回の利上げが必要との見解を示していることが分かった。来年は利下げが想定されているが、その幅に関しては12月時見通しよりも小幅に修正された。
予想中央値では政策金利は24年末に4.3%に低下する見込み。ただ4人が5.1%を超える水準を想定する一方、4人は4%未満になると指摘するなど見解は再び大きく分かれた。FRB当局者の2023年末の政策金利の予想中央値は5.1%と12月時から変わらず。ただ見通しは様々で18人のうち7人が追加利上げが適切と考えている一方、1人が据え置きを予想した。インフレについては、個人消費支出(PCE)価格指数の伸びが23年第4・四半期に3.3%に鈍化すると予想。FRBの2%目標への進展は12月時の見通しより鈍化すると見込んだ。

米国株、ダウ反落し530ドル安 FRBの金融引き締め継続を警戒 ナスダック反落
2023年3月23日 5:21 日本経済新聞
22日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比530ドル49セント(1.6%)安の3万2030ドル11セントで終えた。22日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%の利上げを決めた。利上げが金融システム不安につながるリスクがくすぶる中、従来の引き締め姿勢を維持した。景気悪化のリスクが高まったとの見方から、売りが優勢となった。パウエル議長は量的引き締め(QT)についても「変更すべき兆候はない」と指摘。金融システム不安が高まる中で、引き締め姿勢を和らげるとの観測が一部にあっただけに投資家の手じまい売りを誘った面がある。株式相場はパウエル議長の記者会見が終了した後に下げ幅を広げた。
キャプチャ




 ※動画あり





3月23日(木)の日本時間3時にFRBが0.25%利上げを粛々と実施しましたφ(.. )
アメリカでのシコリンバレー銀行などの連鎖破綻や欧州でのクレディスイスへの不安売りを受けて、当初は利上げそのものを見送りするんじゃないかとか、
しばらく利上げを凍結するんじゃないかとか様々な憶測が事前に市場で出ていましたが、
ECBのラガルド総裁が短期的な変動や憶測では金利政策を変動させないという方針で0.5%の利上げを実施したことに習って、パウエル議長も利上げを判断したようです。

実は今回のECBとFRBについて繰り返し利上げを判断するようサマーズ元財務長官が発言をして警告をしていました。ECBやFRBはこれに従ったのかもしれません。
銀行や金融市場が一時的に混乱しているからといって、中央銀行が慌てて政策を変更すれば
「銀行で大問題が起きている」という誤ったメッセージを市場や国民に与えてしまい、結果的に銀行からの預金引き出しや混乱に拍車をかけてしまうことを懸念したようです。
まあ結果的にはECBもFRBも利上げを判断したことでサマーズは大きく評価してました

一方で良くなかったのが、3月22日にイエレン財務長官のババアが「すべての米銀の預金全額を保護するものではない」という余計な一言をいってしまったことですね
イエレンは22日の上院証言で「預金保護上限の引き上げを否定」する発言をしてしまい
この失言のせいで誤ったメッセージを市場に送ってしまいさらに金融が混乱しました。
慌ててイエレン財務長官ババアは3月23日に「米銀に対する預金保護について、必要ならさらなる処置を講じる用意がある」と前日の発言を訂正する説明をしています。

金融市場でこんな混乱が起きてるのにイエレンは緊張感が欠けてるように感じます(´・ω・`)
このタイミングで言わなくていい一言を言うし、失言が多くて訂正発言も多い。
イエレンは年取ってボケてきてるのか資質に問題あるので更迭すべきじゃないですかね

最近はサマーズ元米財務長官が非常によい発言をしてイエレンを助けようとしてます。
ECBやFRBの今回の利上げ判断についても適切な指摘や発言をしているようですし、
なにより米政府やイエレン財務長官に対しても具体的な助言を繰り返し発言しています。
FRBや政府関係者も素直に意見を受け入れてるようなのでその点は評価できますね

3月23日(木)は引けに向かってダウもNASDAQも大きく下げて引けましたが
利上げは年内は後1回であることがあらためて確認されたのはよかったです(*´∀`*)ムフー
2023年内の利下げは改めて否定しましたが、2024年からの利下げは改めて確認されたので、2023年後半からアメリカの株価は利下げを織り込む形で動きそうです

欧州の市場はまだ荒れ気味ですが、アメリカと日本市場は落ち着きをとり戻しています
利上げ停止が近づいて、2024年から利下げとなるならこれが為替に織り込まれるので
今後はずっと円高になり、いずれ120〜125円となり、2024年は110〜115円となるでそう。
円高がすすむと日経は売られやすくなるのでその点は要注意ですが、円高になれば輸入コストも下がってこれから物価も下がってくるので国内も落ち着いてくるでしょう

基本的に日本の株式市場は欧州市場の影響はほとんど受けない市場なので、とにかくアメリカ市場のみをしっかり監視しておけば足りると考えていますφ(.. )
アメリカ市場と為替が日本市場のすべてなので、この2点をしっかり見ておくべきですね
欧州は不安定でもNASDAQは非常に堅調で、NASDAQの大手テック企業の株価も堅調です。
むしろ上がている銘柄が多いので、その点では日本市場にも安心を与えそうです(´∀`*)
一方で円高になると売られやすい自動車株あたりは向かい風になりそうですおね

日経平均 27,385円 −34円 (−0.13%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

ダウ 32,237 +132.28 (+0.41%)
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EDJI/chart

NASDAQ 11,823 +36.56 (+0.31%)
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart

Amazon
https://finance.yahoo.co.jp/quote/AMZN/chart

Apple
https://finance.yahoo.co.jp/quote/AAPL/chart

アルファベット
https://finance.yahoo.co.jp/quote/GOOG/chart

Microsoft
https://finance.yahoo.co.jp/quote/MSFT/chart





ss2286234570 at 16:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月01日

7/29株式市況

米国株、ダウ3日続伸し315ドル高 ハイテク決算を好感
ナスダックは月間で20年4月以来の高い上昇率
2022年7月30日 5:43 日本経済新聞
29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比315ドル50セント(1.0%)高の3万2845ドル13セントと6月上旬以来の高値で終えた。前日夕に発表したハイテク大手の決算が堅調だったと受け止められ、投資家心理が一段と改善した。原油高を受けて29日朝発表の決算が大幅増収増益となった石油のシェブロンも買われ、ダウ平均を押し上げた。
市場予想を上回る決算が目立ち、業績悪化への過度の警戒感が和らいでいる。「決算シーズン前に持ち高を売りに傾けていた投資家の買い戻しが膨らんでいる」(Bライリーのアート・ホーガン氏)との指摘があった。景気減速が強まるようなら、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの見方も投資家心理を支えた。
相場をけん引したのはハイテク大手だ。前日夕に市場予想を上回る決算を発表したスマートフォンのアップルが3%上昇。ダウ平均の構成銘柄ではないが、前日夕の決算で売上高が市場予想を上回ったネット通販のアマゾン・ドット・コムは10%高で終えた。
FY2RNBfUcAAf0Et














NYダウ
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
かなりはっきりと上昇基調に入ってきた動きに変化してきました。
もちろんこのまま下降から上昇に一気に転換したとは思わないけど変化は鮮明(´∀`*)
米FRBが2021年後半で利上げをする可能性が急低下したのか、回数が減りそうなのか。
いずれにせよインフレが徐々に落ち着いてきたら利上げはそろそろ打ち止めの気配
2022年の半ばからは上げすぎた金利を下げて金融緩和に向かいそうですφ(.. )

NASDAQ
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0802
NASDAQもかなりはっきりと底打ちのような動きに転換してきました(´・ω・`)
もちろん年内に消費者物価指数(CPI)が急騰するようなことがあったら
再度利上げの可能性はあるにせよ、足元では楽観的な動きが株価に見て取れます

なにより2021年末はAmazonやAlphabetの決算がよくても株価は上昇せず
「2022年から利上げが本格化」「金融引き締め」で株価が叩き売られてましたが、
足元では業績がたいして良くないのに「利上げ終盤」「金融引き締めの終盤」
あるいは2023年からの「金融緩和期待」「利下げ予測」というネタで株価が上げてます
足元の業績がよくないのに買われてるってことは地合いが反転したってことでしょ

もちろん一本調子で上げ続けるとは思ってないし、そこまで期待してはないですが
少なくとも下落相場の終了や利下げといった予測に株価が大きく反応してます
(反応しているように見えます。また流れがはっきり変わってます)
2023年半ばから利下げ開始という予測や期待を織り込んでるんじゃないでしょか。
少なくとも1〜3年くらいのスパンでいえば、底打ち相場の転換を強く感じます

Apple
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/AAPL
Amazon
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/AMZN
Microsoft
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/MSFT
アルファベット
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/GOOG
どのチャートもいいんですが、2021〜2024年あたりはアメリカの利下げを織り込んで
為替はこれから110〜115円あたりまで動きそうなのでそこがマイナス点ですよね
株価が上がっても為替が円高にすすむと為替差損というか、為替分の利益が減るので

米ドル円
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
これまでは利上げ期待で一方的に米ドルが買われる流れだったのが急転直下でドル売り
米長期金利の低下で米ドルが売られたとありますが、個人的にはそれよりも2023年以降から利下げが開始される可能性が強まったことで、売られてるんじゃないかと思います
そもそもインフレへの対応としてかなり無理に、かつやり過ぎなほどに利上げしたんで
上げすぎた金利を2023年からかなり引き下げて金融緩和が再開すると思います。
今回は利下げの下げ余地が大きいんでその分だけ米ドルは長期で売られやすいでしょう。
2023年末までには110〜115円あたりまで一気に円高に向かうんじゃないでしょうか


日本電産(6594) 9,347円 −97円 (−1.03%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6594
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6594.T/chart
今回は記事の前半部分は8/1に書いて後半部分を8/3に書き足していますφ(.. )
まあ、2023年からアメリカで利下げ再開ならハイテク株は有望セクターですね。
2022年年初から売られ続けた、値嵩株とか新興株も上がりやすいと思います(´∀`*)
短期はどうでもいいので、1〜2年かけて15,000円回復するまでアホールドの予定

ラクス(3923) 1,881円 −18円 (−0.95%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3923
https://finance.yahoo.co.jp/quote/3923.T/chart
アメリカでは利下げであらためてグロース株とNASDAQが非常に上げそうです
となると日本でもグロース銘柄や新興株がこれから上がりやすい流れですよねφ(.. )
業績が堅調だけど利上げ懸念で売られてた銘柄はリバウンド上げしそうってこと。
月足チャートを見ると2,350円あたりに重めの上値抵抗線があります。
MAX高値で売るなら2,300円くらいですかね2,200〜2,300円が目標株価です

ソフトバンク(9984) 5,450円 −54円 (−0.98%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
買うか考えてるだけでまだ買ってはないけど、狙い目ではある銘柄ですよね
アメリカ市場が復活してグロース株が上がればハゲバンも買われやすいですし(`・ω・´)
もし買うなら5,300円台に指値入れておこうかなって考えています。

Zホールディングス(4689) 484.1円 +3.8円 (+0.79%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4689
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4689.T/chart
買ってはないけど上げそうな理由はソフトバンクと同じ理由と背景ですね。
チャート的にはトレンドが転換してこれから先も上げそうな気配がありますφ(.. )
月足だと600円以上が重めで、560〜570円あたりまではリバウンドしそうな感じ




ss2286234570 at 08:45|PermalinkComments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年07月28日

7/29 SBI証券、逆指値もロスカットもない米国信用取引はじまる!

「米国株式信用取引」取引開始のお知らせ
〜7/29より米国株式信用取引の注文受付を開始〜
2022年7月28日
SBI証券は、2022年7月29日(金)午前10時頃(日本時間・予定)より、米国株式信用取引の注文受付を開始することとなりましたので、お知らせします。「SBI証券 米国株アプリ」でのお取引も可能となります。
なお、6月30日(木)から受付を開始しておりました米国株式信用取引口座の開設・審査手続きにつきましては7月29日(金)から順次実施し、口座開設が完了された方にその旨をお知らせします。
米国株式信用取引では、差し入れた委託保証金の約2倍の取引ができ、1日の中で同一銘柄を同一資金で取引する、いわゆるループトレードが可能です。当初は「買建」のみでサービスを開始し、その後「売建」「成行・逆指値注文」「保証金の代用有価証券充当」などの機能は、順次、拡充していく予定です。
P50ZfLr












もうダメかと思いきやSBI証券が7月末に米国株の信用取引始めるようですねφ(.. )
ただ、前回までに問題点と指摘されてた部分は改善されていないようです
なにが悲しくてこんなカス条件で取引せにゃいかんのかと説教したいレベルです。

はっきりいってこれユーザー集めて実弾テストに利用されるだけじゃないのかと
正直この条件で取引するのはけっこう危険なんで勘弁願いたいところ。
まずは突撃隊が被害にあって散々トラブって問題解決してからで十分ではないでしょか

新規売り注文ができないとか、現物株を代用有価証券として利用できないとか
この時点で十分すぎるほど信用取引としてはあり得ないレベルの低さですけど
まあ百歩譲ってその点は容認したとしてもそれ以外の点がちょっと酷すぎ(´・ω・`)

|輅玄鑪爐六愧佑里漾成行注文すら存在しないという酷さ。
逆指値もロスカットもないんで急落したら損失がひたすら増えるだけ


米国株は日本みたいにストップ高もストップ安もないので外すと被害がでかい
特に決算直後にいきなり20〜25%近く急落するとか悲惨な値動きが起こりうるんで
注文が指値しかなかったら成行注文で即損切りできないんで危険すぎでしょう。
いちいち手動で指値訂正しながら損切りするしかないとかふざけすぎた仕様です。

しかも逆指値注文も強制ロスカットもないんで自分で損切りするしかありません。
もし相場の変動に気がつかずに損切りできてなかったら含み損増えまくるわけで
下手したら決算一発で米国株の信用口座が壊滅しかねない事態もありえます。
むろん、顧客側の口座で莫大な不足金が発生してしまう事態になれば回収不能になり
SBI証券自身も回収できない債権を抱えて特損計上するしかなくなる訳ですΣ(・ω・ノ)ノ
よくこんなバカみたいな仕様と条件でリリースする気になったなと驚くばかりです

てっきり作り直して数か月後に修正してリリースるるものとばかり思ってたので
システムを改修もせずクソ仕様で本番リリースとかトチ狂ってますよね
この内容でリリース決定したやつは頭おかしいんじゃないでしょうか(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
もうね、正気を疑うとしか言いようのない内容ですおねΣ(゚д゚;)
ガソリンかぶって焚火に飛び込むのと同じくらい危険な仕様だと思いますけど

2022年07月17日
SBI証券の米国信用取引 逆指値もロスカットもないクソ仕様と判明・・・

2022年07月02日
SBI証券、7/8から米国株信用取引を開始! ただし新規買建のみw

2022年07月09日
楽天証券7/11から米国株信用取引を開始! SBI証券は7月下旬に延期


ss2286234570 at 20:28|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年07月17日

SBI証券の米国信用取引 逆指値もロスカットもないクソ仕様と判明・・・

米国株式 信用取引サービス概要
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control
米国株式信用取引は、現金を担保として証券会社に預けることにより、その担保合計金額の約2倍の購入資金を借りてお取引いただけます。
お申し込みいただいた米国株式信用取引口座の開設審査・開設手続きは取引開始に向けて順次実施いたします。お取引開始時期は決定次第、WEBサイトにてご案内いたします。
P50ZfLr













2ちゃんのSBI証券スレで「SBI証券ヤバすぎワロタ」と書いてあったんで読んでみたら
楽天証券とSBI証券の米国株信用取引のサービス比較がありましたφ(.. )

これマジかよって思って検索したらSBI証券の米国株信用取引の概要ページが出てきて
その内容を読んでいくとやっぱり事実であることが判明しました。これはヤバい

信用取引なのに「新規売りができない」とか「現物が代用有価証券としてりようできない」
くらいならただのクソサービスですねで終わった話かもしれませんが(´・ω・`)
なんと注文種類は指値のみで成行注文もロスカットの仕組みもないようです

本来ならロスカットってのは指定した値段に達した時点で成行注文で決済されるので
もし成行き注文がなければ自動的にロスカット注文も存在しなくなります(((( ;゚д゚)))
現状においてもしこのままのスペックと仕様で強行リリースするなら
世界で一番最悪の笑いものになるゴミ以下の信用取引となるでしょう

米国株には日本のように値幅制限がないのでストップ高もストップ安もありません。
したがって、日本株よりもはるかに値動きが激しくてボラティリティが高くなります。
まあどちらがいいとか悪いとかではないのでそれは国によっての違いですけど、
値幅制限のない米国株で逆指値もロスカットもないというのは悲惨すぎでそ
いや悲惨というより地獄絵図になるのは疑いようがありません(゚д゚)、ペッ

なんたってどんなに含み損が増えても自分で手動で指値で決済しない限り、損切りされないから口座の損失の拡大を防ぐことができないわけですからねΣ(・ω・ノ)ノ
よくこんあキチガイみたいな仕様で開発完成とかいうよなと呆れるしかありません。
こんな欠陥だらけの危険なサービスをリリースすること自体が大問題ですよね・・・。

実際にはリリースを延期してるので今のところリリースはされないままですが、
もし問題点を改修して作り直さないままリリースしたら処分されてもおかしくないでそ
それこそ何百〜何千万円という不足金が出て個人投資家が破産しかねないし、
回収不能になった債権を抱えるSBI証券にとっても損失が出るだけの結果になります。
(このままならおそらく裁判沙汰になってニュースの話題にもなるでしょう)

素直に「出来損ないのポンコツなので一から作り直します」といえば済む話ですが
楽天証券にライバル意識を燃やすあまりSBI証券は無理やり強行リリースしてしまう、という可能性を否定できないという面もあります。非常に危険ですね(((( ;゚д゚)))
少なくとも現在の仕様では絶対にSBI証券で米国株信用取引はやるべきではないです
どうしても破産したいという強い要望がある人なら止めはしませんけど(´・ω・`)

SBIホールディングス(8473) 2,655円 −8円 (−0.30%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8473
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8473.T/chart

2022年07月02日
SBI証券、7/8から米国株信用取引を開始! ただし新規買建のみw

2022年07月09日
楽天証券7/11から米国株信用取引を開始! SBI証券は7月下旬に延期

2022年06月08日
マネックス 米国株信用取引サービス開始が大幅遅延か?

2021年12月31日
SBI証券、「米国株強化元年」を宣言 信用取引を7月に開始


ss2286234570 at 08:12|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年07月09日

楽天証券7/11から米国株信用取引を開始! SBI証券は7月下旬に延期

楽天証券 米国株式信用取引いよいよスタート!(注文受付開始7/9〜)
2022年7月8日
2022年7月9日(土)8時より当社での米国株式信用取引の注文受付を開始します!(初回取引は日本時間7月11日(月)22時30分〜)
米国株式信用取引を始めるには、外国株式信用取引口座を開設する必要があります。信用取引口座の申込・開設は無料です。(6月19日(日)より申込受付しています)

SBI証券 米国株式信用取引お取引開始時期の延期について
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control
米国株式信用取引のお取引開始時期につきまして、最短で7月8日(金)を目途にとご案内しておりましたが、サービス品質向上を目的とした更なる内部テストを継続実施するため、取引開始時期を延期することといたしました。お客さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、7月中の取引開始を予定しておりますので、今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。
main



 




ついに7/11(月)から楽天証券は米国株の信用取引を開始するようです!
スケジュール通りにきっちり準備して調整できてるようですね(*´∀`*)ムフー
しかもサービスも最初からしっかりそろっててそこも高く評価できます(´∀`*)

<楽天証券の米国株信用取引>
/卦買い、新規売りどちらも可能
現引き、現渡しもある
自動ロスカットルールあり
(まあ当然か)
な胴餝式を掛目70%で評価して代用有価証券として利用可能
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/us/margin/
333333

















もちろん日本と米国とでは信用取引のルールや仕様が大きく異なっていますし
もしかしたら使い勝手や利便性になにかしらのマイナスポイントがあるかもしれませんが
すくなくとも表示スペックとしては過不足なく満点と言える内容ではないでしょうか

一方のSBI証券はいきなり内部テストを継続して実施するためリリース延期になりました
最初に出したリリース内容見て「かなり変だなあ」と強く感じてたんですが
やっぱりSBI証券はシステムがそもそもできかけで完成してすらなかったみたいですね
おそらく上層部や北尾が無理やりリリースしろと開発に圧力をかけまくって
一時的には7月上旬にリリース予定と発表したもののやっぱ無理だったんでしょう(゚д゚)、ペッ
まあ大トラブル起こしてお客に迷惑かけまくるよりはマシだったとは思いますけど
完成してもないものをリリースすると発表しちゃう体質はかなり問題ありそうです

そもそもSBI証券の米国株信用取引は「現物株式を代用有価証券として利用できない」
しかも「新規売りができない」というとんでもない出来損ないの作りかけでしたし
こんなバカみたいな完成度でお客向けにリリースするとかおかしい思ってました
まるで船場吉兆が食べかけの材料使い回してましたみたいなレベルでしたからね。
せめてまともなレベルまで作りこんでからお客に提供するのが常識でしょう(゚皿゚メ)

ちなみにマネックス証券では2022年内に米国株信用取引をリリース予定とあるだけで
具体的なスペック内容やリリース時期はまったく不明なままですねφ(.. )
そもそも2022年内に間に合うのかすら不明ので何もわからないのでコメントも不可です。
マネックスは米国子会社はすでに米国株信用取引のサービスを提供してるんだし
もう少しまともに作ってリリースするもんだとばかり思ってたんで残念です
というより本当に救いようねえなあーってだけですけど(´・ω・`)


SBIホールディングス(8473) 2,693円 +28円 (+1.05%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8473
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8473.T/chart

2022年07月02日
SBI証券、7/8から米国株信用取引を開始! ただし新規買建のみw

2022年06月22日
楽天証券、7月から米国株式信用取引を開始! 6/19から口座申込

2022年06月08日
マネックス 米国株信用取引サービス開始が大幅遅延か?

2021年12月31日
SBI証券、「米国株強化元年」を宣言 信用取引を7月に開始


ss2286234570 at 06:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加