yogurting ヨーグルティング

米国株

2021年11月15日

松井証券、米国株取引を開始 22年2月

松井証券、米国株取引を開始 22年2月
2021年07月27日 14時25分  ITmedia
松井証券は2022年2月に、米国株取引に対応することを明らかにした。7月27日に公開した決算説明資料にて触れた。昨今、米国市場の好調にともない、特に若年層で米国株への意欲が高まっている。
同社の株式売買代金の市場シェアは10%、信用取引のシェアは買い8%、売り5%。先物取引については、シェア19%となっている。前期から力を入れているFXについては、前年同期の2.5兆円から14.3兆円へと大きく売買代金を伸ばした。ただし、売り買いの差であるスプレッドを縮小しており、収益は2億3900万円から1億9600万へと減少した。

米国株取り引きは日本株に続く柱になる 松井証券、和里田聰社長に聞く
2021年10月06日 07時00分 ITmedia
これまで日本株一本足打法だったが、今後は、事業ポートフォリオを多様化していかなくてはならないと考えている。5年前、米国株のニーズは少なかった。この1、2年で急速に米国株への注目が高まっている。米国株のパフォーマンスがいいことに気づいたのだろう。
これまで、外国株はビジネス的に成り立たないと言ってきた。以前、中国株を取り扱ったときも、一度も単月黒字になったことがなく、成り立たなくて止めてしまった。米国株に関する情報はまだまだ少ないが、今後、増えてくると考えている。10年後、20年後には、米国株の取り引きが日本株の取り引きを上回る可能性は十分ある。今後、10年間で、日本株の次の柱になる可能性がある商品だと思う。
顧客向けアンケート調査でも60%くらいの人が米国株への投資に関心があると回答しており、ニーズはある。まずはサービスとして並べることが重要。スモールスタートしていく。

松井証券が米国株をやるとしばらく前にプレスリリースを出していましたφ(.. )
7月に開示したプレスリリースだったんでてっきり秋くらいに開始するのかと思ったら、
米国株の開始時期は2022年2月とかとんでもなく先の内容と知って驚きましたΣ(・ω・ノ)ノ

数か月先ならまだわかるけど、年またいで来年ってさすがにどうなのかと
それもうちょっとスケジュールが確定してから開示すべき内容じゃないでしょうか
えてしてこういうスケジュールは最も楽観的な計画で立ててるものなので
おそらく実際には開発が遅れて3〜5月にズレるだろうと予想しています(´・ω・`)

最近はSBI証券が国内株式手数料の無料化をジワジワと拡大して実施してるので
他のネット証券は圧迫を受けて、株式売買代金が増えても業績はあまり伸びてません
ただでさえ米国株を扱ってない松井証券、カブドットコムは出遅れてるわけで
専攻するライバルに対してちょっと悠長すぎるというか競争力に欠けますおね

それでも松井証券は米国株のスケジュールが予定にあるだけましな方で
カブドットコム(現auカブコム証券)なんてろくにサービス予定すら開示してません
このままだと手数料の無料化がすすめば進むほど売上高が右肩下がりだろうし
なによりさらにSBI証券がさらに無料化に踏みこめばさらに手数料の値下げを迫られて
取引が増えてコストも増えるのに売上高は減るという苦境に立たされるのは不可避でそ

なお、個人的に売国株をやるならマネックスが一番おすすめだと思いますφ(.. )
銘柄数多いし、ちょいちょい為替手数料無料キャンペーンやってくれますからね。
いくら取引手数料が安くても為替手数料をガッツリ取られるの嫌ですから
あとマネックスはPC用ツールとスマホ用アプリがそろってるのもいいおね

ちなみにSBI証券の米国株はしょっちゅうダウンするんでお奨めしません(゚д゚)、ペッ
あそこよく落ちるし、明らかにSBI証券側のせいでも補填しないんで最悪でしょ
1116




ss2286234570 at 06:09|PermalinkComments(0)

2018年10月13日

DMM.com証券 米国株式サービスを11月中旬から開始

DMM.com証券 米国株式取扱い開始のお知らせ
【DMM株】にて米国株式の取扱いを開始することをお知らせいたします。
■受注開始予定
2018年11月中旬
※受注開始に先行して、10月15日(月)より取引ツールにて、米国株式情報の閲覧が可能となります。
■米国株の魅力
日本国内の上場銘柄と比較し、高配当な銘柄や50年以上増配している銘柄が多く存在しています。また、NYダウ平均株価※は下落局面があるものの、長期的に見ると右肩上がりで成長し続けています。
※NYダウ平均株価は、アメリカ経済の動きを表す代表的な株価指数です。
[ポイント1] シームレスな取引ツール
日本株と全く同じ取引ツールにより、日本株と米国株の垣根をなくした投資環境をご利用できます。
[ポイント4] 特定口座に対応
日本株と同様に米国株でも特定口座にて取引できます。
「源泉徴収あり」口座を選択した場合、米国株と日本株の売買損益を自動的に通算することができます。
また、NISA口座・ジュニアNISA口座での取引にも対応いたします。
1014






DMM.com証券が米国株式取引を11月上旬から開始するようです
ポイント1とポイント4はけっこうよくできてる気がするんで悪くないおね。
日本株と同じツールで取引できるのはものすごく便利いいお
たぶんだけどDMM.com証券はカブドットコムのkabuステをそのまま導入してるんで
そもそもの株式システムの裏側がすべてカブドットコムからの提供受けてるのかもね

理由はよくわからないけどカブドットコムがDMM.com証券に一切触れないのは
自社システムや自社ツールをアダルト業者(DMM.com証券)に提供したと
ばれたくないから一貫して隠してるってことなんでそうか
今回のDMM.com証券の米国株式ツールも明らかにカブドットコム提供だおねφ(.. )

前から思ってたけどカブドットコムとDMM.com証券ってサイトがそっくりなんだおねw
普通こんなそっくりなドメインにされたらカブドットコムが激怒しそうなもんだけど
抗議も訴訟も一切しないってことはDMM.com証券とかなり仲が良いってことなんでそ
カブドットコム https://kabu.com/
DMM.com証券 https://kabu.dmm.com/

ちなみに現在のところ米国株式を扱ってる主要ネット証券はこのあたり
マネックスSBI証券楽天証券です。松井証券とカブドットコムは扱っていません。

まず大前提の話として外国株を扱うには地元の証券とシステム的な繋ぎ込みが必要です。
お客が国内のネット証券で外国株を発注するとその発注先の外国の地元にある
外国証券に注文を流してそこから外国の証券市場に発注されているということ
つまりできだばかりのDMM.com証券がこれを1から作りこむのは非常に難易度が高い

おそらくですがDMM.com証券はカブドットコムの証券システムを導入していて
そのカブドットコム経由で三菱UFJモルガンスタンレー証券経由で
アメリカの市場にアメリカ株の注文を取り次いでもらって発注してるんでそねφ(.. )
そうでないとこんなに短期間に外国株を扱えるわけがないし
(カブドットコムは三菱UFJグループの傘下なんで密接な関係があるので)

そして一つだけ言えることはカブドットコムも三菱UFJモルガンスタンレー証券も
DMM.com証券との密接な関係には公式サイトなどで一切触れてないってこと。
金払いはいいけど関わりがあることを触れられたくないってことなんでそうww

ss2286234570 at 13:56|PermalinkComments(3)

2015年06月27日

Facebookの時価総額が30兆円へ

今日(米国時間6/24)、Facebookはまたも最高値を更新した。立会時間終了時の株価は88.86ドルで、時価総額は2500億ドル弱となった。アナリストが全体的にFacebookの先行きに好感していることがこのところ株価を押し上げている。先週金曜の終値は82ドル台だったから今日の値上がりは目覚ましい。Facebookほどの巨大企業になると株価が1%動くだけで何十億ドルもの価値が消えたり生まれたりする。
一方、Piper Jaffrayは Facebookの株価ターゲットを120ドルにアップしており、これは今日の株価に照らしてもきわめて強気の予測だ。RBC Capitalのターゲット価格も105ドルとなっている。Piper Jaffrayほどではないが、やはり強気だ。現在のFacebookの時価総額は11桁の数字(コンマが3つ入る!)となっており、Walmartを上回っている。
0627










Facebookの時価総額が日本円で30兆円になったようですにょ(σ´∀`)σ
もし為替がドル円80円のままなら20兆円だけど、ドル円123円で計算したら30兆円です
株価の上がった、下がったはどうでもよくてこの時価総額がすごいって話でそう。

比較のために日本企業の時価総額もあげてみますφ(.. )
ちなみに国内市場で20兆円を超えてる時価総額の企業はトヨタだけでそ
過去最高益をあげたとかいう三菱UFJグループですらFacebookの1/3程度だおね。
まあ日本市場に比べたら米国市場の方が圧倒的に大きいわけですが、
それにしてもここまでの差があるってのは正直に驚きです(((( ;゚д゚)))

あらためて日本の時価総額ランキングを見ておもうのは新興企業の少なさです
ほとんどが財閥系やメガバンクや大手製造業みたいなのばかり。
辛うじて新興企業とよべるとしたらソフトバンクファーストリテイリングくらい。
日本とアメリカの決定的な差は「エンジニアや技術力ではない」
独立して事業をおこそうという企業家の数とその意欲の差だとよくいわれます
普段はそんなことなかなか気にかけるようなことは稀ですが
いざこうやって日米企業の時価総額の差を見てしまうと
数打ちゃあたるではないけど、企業家を増やさないといけないんだなって実感させられるおね

0628




ss2286234570 at 07:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年09月16日

カブドットコムが2015年から米国株の取り扱いを検討

カブコム、米国株取引に参入へ 手数料は最低水準、中国株も視野
インターネット証券大手のカブドットコム証券(8703)は、2015年中に米国株取引へ参入する。個人投資家の国際分散投資へのニーズが高まっており、15年以降、米国株を手始めに中国株など、世界の主要証券市場の株取引ができる体制を順次、整備する。個人投資家を対象にした米国株取引には国内証券大手のほか、マネックス証券などのネット証券大手がすでに参入している。カブコムは米国株の株式委託手数料を業界最低水準に抑えて、この分野でのシェア拡大を目指す。カブコムは、自社に口座を開設している顧客の売買注文を世界の証券市場にネットワークを持つモルガン・スタンレーMUFG証券につなぎ、同社が売買注文を執行する。
0918










カブドットコムもようやく米国株の取り扱いを開始するようですφ(.. )
でもよく読んだら、開始するのは今年ではなく早くても2015年以降の話です。
なんで準備も整ってないのにこんなニュース出してんだって印象だおね
手数料とか取扱い銘柄とかもっと具体的なことが煮詰まってから発表すればいいのに。

最近はネット証券でも海外の外国株の取扱いがかなり増えてきています
SBI証券や楽天証券あたりは各国の外国株を売買できます。
マネックスは米国株と中国株くらいですが米国株の取扱い銘柄数はかなり多いようです
米国の子会社経由で売買できるので銘柄数も多く、手数料も安いらしい(´∀`*)
一方、大手証券の中では松井証券とカブドットコムは外国株を扱っていません。
外国株の分野では他社にかなりで遅れていますが、ようやく後発で開始するみたいです。

ただ、後発組のカブドットコムが米国株の扱いを開始するメリットってあまりないおね。
先行してサービス開始して優良顧客を囲い込んでたってのならわかりますが、
口座数や知名度の劣るカブコムが後発でサービス開始しても認知は広がらないでそ
ぶっちゃけ少しくらい手数料安くしたところで、SBI証券・楽天証券・マネックスあたりから
お客がカブドットコムに移動してくるとは正直あまり考えられません(´・ω・`)

米国株は日本株ほどあまり短期で売買するには向いてない傾向が強いです
(まあ、日本みたいに値幅制限がないというデイトレ向きのメリットはありますが)
リアルタイムの情報配信とツールの操作性が日本株よりかなり劣りますからね
外国株は売買頻度が低いのでそれほど手数料コストが重視されません
よって手数料以外の画期的なメリットがないとカブコムにはお客が流れてきにくいでそ

米国株以外でもっと他社にない画期的なサービスでもやればよかったと思いますΣ(・ω・ノ)ノ


ss2286234570 at 06:25|PermalinkComments(0)