yogurting ヨーグルティング

特別損失

2019年02月04日

サンバイオ4592(死後、苦痛)、明日2/5こそ寄りそう

サンバイオ(4592) 3710円 −2000円 (−35.03%)


2019/02/04 東証 制限値幅の拡大:サンバイオ
https://www.jpx.co.jp/news/1030/20190201-01.html
サンバイオ(株)株式(コード 4592)は、本日ストップ安値段でのみ売買が成立したため、翌営業日(2月5日)においても、以下のとおり、制限値幅(下限のみ)を拡大することといたしますのでご注意下さい。
--------------------------------------------------
制限値幅(下限):1,400円(上限は通常どおり7,000円)
基準値段:3,710円、ストップ高:4,410円、ストップ安:2,310円
--------------------------------------------------

サンバイオは早くも4日連続ストップ安を決めました
最後の高値11,710円から3,710円なのですでに−68%大暴落ですね(((( ;゚д゚)))
出来高が50,800株1.88億円ほど売買代金があるけどほぼ焼け石に水ですね。
ちなみに今夜のSBI証券のPTSでは最安値2311円をとりあえず付けているようですね
1銘柄ですでに約定代金が46億円という記録的な数字になってるようだおφ(.. )
.
0203
















ただSBI証券はほぼ個人投資家だけがPTSで売買してるわけだけど
実際の東証マザーズでは海外投資家や投信や様々なファンドも一斉に売ってくるので
需給が予想よりも悪化してさらにストップ安で貼り付く可能性もあるでしょう
twitterとか様々な個人投資家のブログを読んで見るかぎりでは
特にサンバイオは信用全力2階建てやってた個人投資家が多数いるようですΣ(゚д゚;)
彼らの信用損切り成り行き売りが一気に押し寄せるので値動きは不透明感があります。
個人的には1400〜1500円まで下げたら短期で買ってもいいかなって思うけど
さすがに2000円台で買うってのはまったく考えてもいませんφ(.. )

一つだけ言わせてもらうとバイオの治験系会社が治験で落第するなんて
非常によくある話で、その後に株価暴落するなんて恒例行事みたいなもんなんですよね
たまたま今回は治験でコケて雪崩が起きて株価が崩壊してしまいましたが
他の大赤字のバイオではこれ以上はできないってレベルまで株券印刷しまくって
悪質な転換社債や超悪質なMSCBを発行しまくるバイオ株なんてそこら中にある話です
仮に今回のような治験失敗じゃなくてもMSCB発行で暴落の可能性もあるわけで
どっちみちこういう結果になることだけは最初から決まってたと思うんだおね(´・ω・`)

決算見たら誰でもわかりますが、バイオ銘柄って研究費と開発費が嵩みまくって
ボロボロの大赤字を連発してる会社が非常に多いんですよね(((( ;゚д゚)))
銀行からもお金が借りれないので、赤字を埋めるためにIPOして資金調達してるわけで、
さらに上場してからも赤字が続いて資金が枯渇したらまた株券印刷しまくるんですよね
そして最終的になにが起きるかなんて最初から予想するまでもないと思うんだおね
(個人的には大赤字のサンバイオは2000億円くらい株券印刷するんじゃないかと思ってた)

2019年02月01日
サンバイオ4592(死後、苦痛)の被害はどこのネット証券か?

2019年01月30日
東証マザーズ8%安、サンバイオ4592(死後、苦痛)急落が引き金


ss2286234570 at 20:36|PermalinkComments(0)

2019年02月01日

サンバイオ4592(死後、苦痛)の被害はどこのネット証券か?

サンバイオ(4592) 5710円 −1500円 (−20.8%)

サンバイオは早くも3日連続ストップ安を決めました
最後の高値11,710円から5,700円なのですでに−51%大暴落ですね(((( ;゚д゚)))
しかしなにが悲惨って、値下がりしたことよりもまったく出来高がないこと。
この3日間での出来高はたったの37,000株だけです。
しかし信用残高は344万株もあるので逃げきれたのはせいぜいよくても1%だけ。
信用でサンバイオを建ててた個人投資家の99%以上は今も捕まってるってことです

普通の銘柄って仮にストップ安連発しても途中で寄るから逃げれるんだけど
バイオは寄り付きせずに5日連続とか6日連続ストップ安だからヤバさが違うのよ
何回もここで書いてますけど、これだからバイオ株だけはダメなのよマジでφ(.. )
ちなみにサンバイオはSBI証券のPTSですでに3710円の値段をつけています
東証の出来高がたった10,500株だったのに夜間PTSでは24,500株も出来高があります
SBI証券の投資家もサンバイオの株をそーとーな数握ってるようですね
ただ残念なことに寄り付くような値動きではなく3710円の一本根で約定しただけ
0202















2019/02/01 東証 制限値幅の拡大:サンバイオ
https://www.jpx.co.jp/news/1030/20190201-01.html
サンバイオ(株)株式(コード 4592)は、東証において3営業日連続して以下の(1)又は(2)に該当したため、翌営業日(4日)においては、以下のとおり、制限値幅(下限のみ)を拡大することといたしますのでご注意下さい。
--------------------------------------------------
制限値幅(下限):2,000円(上限は通常どおり1,000円)
基準値段:5,710円、ストップ高:6,710円、ストップ安:3,710円
--------------------------------------------------


来週の2/4からはサンバイオの値幅を一気に拡大するので多少は約定するでしょうけど
全株一致で寄り付く可能性はかなり低いと思います(´・ω・`)
おそらく2/5(火)に3,000円以下のどこかで寄り付く流れになるんじゃないでしょうか

その結果どうなるかというと各ネット証券で多額の不足金が発生するでそうΣ(・ω・ノ)ノ
アキュセラ(4589)の時は信用残高が120万株で信用建玉の総額は30~40億円だったんで
その50%が焦げ付いて回収不能になったとしてもせいぜい15〜20億円程度。
アキュセラはマザーズ外国部でこれを信用取引で来たネット証券はせいぜい4〜7社
その4〜7社のネット証券で割ると1社あたりは3〜5億円がMAXだったんだおねφ(.. )
実際に松井証券ではアキュセラで4.4億円のけっこうな額の未回収金を出しました

今回のサンバイオ(4592)は時価総額最大5800億円で信用残高は344万株とかなり大きい
平均信用建て単価を仮に7000円とすると信用建玉の総額は240億円と莫大ですね
平均建て単価を6000〜8000円と仮定すると総額は200〜275億円ってとこかな。
この50%が焦げ付いて回収不能になたったとすると100〜137億円とけっこう大きい
サンバイオを信用で買えたネット証券は中堅も含めると15社くらいはあるので、
この15社のネット証券で割ると1社あたりの焦げ付き額は6〜10億くらいですかね
まー場合によっては10〜13億円の未回収金を出すネット証券がいるかもしれません。

ちなみにこちらの数字は2018年12月末のネット証券の預かり残高と建玉残高です。
この倍率ってのは信用建玉に対してどれくらいのお客の担保(資産)があるかってこと。
この倍率が低ければ低いほど少ない担保金で多くの信用建玉を建てさせてるって意味です
https://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/home/irpress/kessanshiryou_190131.pdf
※SBI証券の決算資料を参照

    預かり残高  信用残高   倍率
SBI証券   11.9兆円  7840億円 15.1倍
楽天証券   5兆円        3727億円 13.4倍
カブコム    2.1兆円       2428億円 8.64倍
松井証券    2.2兆円       2231億円
 9.86倍
マネクス 3.8兆円       1578億円
 24.0倍

お分かりの通り、証券事業に依存度の高い松井証券とカブドットコムは倍率が低い
つまり証券事業への依存度が高いこの2社は過剰に信用取引をさせてるってことですΣ(゚д゚;)
株以外の部門で稼げてないんで信用取引の規制が他社より緩くて甘いし
少ない担保でより多くの信用取引をさせて稼いでるってことになりますΣ(・ω・ノ)ノ
確かに上昇相場の時には効率よく利益を稼げるので利益率が高いビジネスモデルですが
下げ相場や大きな暴落時にはより多くの特損貸し倒れを発生させやすいって事だおね。
実際に、東日本大震災の時も松井証券とカブコムの先物での被害額は甚大でしたし

実際にはどこのネット証券がより多くサンバイオに対して融資してたかが異なるので
(顧客層や銘柄の好みなどはネット証券によって差が大きいから)
一概には言えない部分も大きいんだけど、松井とカブコムはややリスクが高めってこと
この2社は他社よりも多くの未回収金を出しやすい特損リスクがあるってことでそφ(.. )


2017年08月11日
アキュセラ(4589)の最大の被害者は松井証券


ss2286234570 at 16:51|PermalinkComments(0)

2017年08月11日

アキュセラ(4589)の最大の被害者は松井証券、4.4億円の損失

販管費(直前四半期比4.5億円減)
・第1四半期はアキュセラインクの株価急落に伴う立替金の発生により4.4億円の貸倒引当金繰入を計上しており、貸倒引当金繰入を除いた販管費では、同0.8億円減

0814











.

前回はSBIとアキュセラインク(現窪田製薬ホールディングス)について書きました
おそらくSBIはアキュセラを買収して子会社化したことで莫大な損失を抱えてますが
それは覚悟の上で買収したことだから仕方がないで済む話でそうφ(.. )
経営者自らが決算前に自社株をさんざん買い煽って悪材料で暴落したんだし
なによりアキュセラをSBIホールディングスの北尾さんがさんざん買い煽ってたしね
両者がグルで投資家を嵌め込んだようなもんだから責任をとるのは当然のことでそ。
.


でもその一方でまったく関係ない第三者にもかかわらず
アキュセラ株の急落と追証の発生で一番被害を受けたのが松井証券なんだおね
アキュセラに出資したわけでもなく買い煽ったわけでもないのに
4.4億円というけっこうな金額の回収未収金を発生させてしまいました

昨年2Q(2016年4月〜6月)の4半期の売上高が62.8億円と書いてあるので
その内の4.4億円というとちょうど売上高の7%をふっ飛ばしたわけです(((( ;゚д゚)))
本来なら営業利益が37.36億円あったとこから4.4億円ふっ飛ばしたんだから
つまり営業利益の11.7%をこのアキュセラのせいでふっ飛ばしたってことでそ
例えるなら、四半期売上高が1.1兆円あるNTTドコモが売上高の7%の770億円
わずか数日でふっ飛ばしたようなもんだと思えばわかりやすいでそう

そもそものトラブルの原因がアキュセラとSBIホールディングスとの間で
起きたのにSBI証券では回収未収金がなにも発生せず、
まったく無関係の松井証券が最大被害を受けたってのは皮肉な結果だおね
各ネット証券の決算を読んでいるとそういう特徴的なことはよく目にします

例えばSBI証券や楽天証券はあれだけ売買代金も信用買い残高も多いにもかかわらず
回収未収金が何億〜十数億円と発生させてることはほぼありません。
唯一あるとしたら東北大地震ショック直後の先物オプション事件くらいでそう
一方で松井証券やカブドットコムはしょっちゅう億単位の回収未収金を出してます
例の東北大地震ショック時にもこの2社は何十億円という損失出していました(´・ω・`)

昔からSBI証券や楽天証券は投資信託やFXへの収益依存度を意図的に高めて
そのおかげで株式事業ではあまりリスクをとらない経営をしています
一方で松井証券やカブドットコムは株式事業への収益依存度が異常に高いおね
特にカブドットコムは信用金利収入への依存度の高さが異常すぎでそ。
松井証券も株式事業への収益依存度が97.5%と異常すぎだおね
アキュセラ株急落事件の損失額の要因はまさにこういうとこにあるんでそφ(.. )

0815







ss2286234570 at 05:41|PermalinkComments(2)

2017年08月10日

アキュセラ4589(死後、焼くな)あたらめ窪田製薬ホールディングス

年間の売上予想0円の窪田製薬ホールディングス、
寸分の狂いなく半年間の売上0円に

http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65899241.html

年間売り上げ予測が0円で半年間の売上高も0円φ(.. )
医薬ベンチャー系は研究開発は1円にもならないから当然のことなんだけど
もし開発した医薬品や研究結果を購入してくれる相手が見つからなかったら
研究費が1円も回収できないまま全損計上というなかなか厳しい業界(((( ;゚д゚)))

悪評が高かった窪田製薬(アキュセラ・インク)を実質所有してるのがSBIグループ
5〜6年前からSBI(8473)はバイオ投資を本格的に始めました。
国内外のバイオ系ベンチャー企業にたくさん投資しているし
ベンチャーキャピタルをたくさん作ってそこ経由でもバイオ投資をしています
SBIホールディングスの決算資料を読んでみても上手くいってないようす。
開始から既に5〜6年近く投資してる割に売上高がものすごく少ないおね(´・ω・`)
.
0807












でも以前は売上高なんて無いに等しかったけど細菌は少し増えてきてる様子
それでも売上高より圧倒的に損失額の方が上回ってるおね(´・ω・`)
1Q(4〜6月)だけで税引き前損失が28億円ってことは年間損失額100億円規模でそ
営業損失で考えたら四半期で33〜35億円、年間で120〜140億円くらいかな
そう考えると結構エゲツナイ損失額だおねΣ(・ω・ノ)ノ
.
0812












そしてその損失額を一括で回収する悪魔のスキームがいつものIPO手法だお
その秘密兵器がSBIグループのバイオ部門の「SBIバイオテック」だにょ(σ´∀`)σ
バイオ銘柄はPER100〜1000倍なんてザラにあるセクターなんで
利益まったく出てない年間100億円赤字のバイオ企業でも特に問題はないでしょう
IPO直後に時価総額1000億円を超えていたら後はひたすら売り浴びせて逃げるだけ
もしこの5年間にSBIがバイオで400〜500億円累積赤字を出していたとしても
IPOに成功したら一気に700〜900億円近く回収できる可能性があるおね
だからできたばかりのこんなクソ赤字バイオを上場させるとか書いてるんでそう。
.
0813














でもSBIグループは過去のやんちゃとめちゃくちゃな上場⇒上場廃止のせいで
東証から完全に目をつけられてるんで国内でのIPOはほぼムリでそね
4年以上前のSBIホールディングスの決算資料を読んでみると
住信SBIネット銀行やSBIジャパンネクスト証券(主にPTSを手がけてる会社)を
国内でIPOさせる予定だって何回も何回も何年間も書いてたのに
いつのまにかすべて廃案になったのか現在では一切記述がありませんφ(.. )

SBIグループは高値でIPOさせまくった挙句ありったけ株を高値で売り抜いて逃げて
5年もしないうちに超底値で買い戻して上場廃止するのをくり返してたので
東証から「(SBIの)このような行為は二度と容認しないと明言されています。
ようは、SBIグループは東証から立ち入り禁止令が出てるってこと

おそらく、というかほぼ間違いなくSBIバイオテックやSBI損保のIPOも無理でそ。
上場後に一切持ち株を売却しないとか誓紙を差し出さないとまず可能性0%だお。
それくらいしないとSBIは東証に立ち入りできないってことなんでそ


ss2286234570 at 12:20|PermalinkComments(1)

2017年04月20日

日本郵政、豪トールの買収失敗で最大数千億円の損失計上も

日本郵政、巨額損失の恐れ 海外買収で最大数千億円 政府の株式売却に影響も
2017.4.20 19:39 産経ニュース
日本郵政が、傘下のオーストラリアの物流大手「トール・ホールディングス」の不振に伴い、2017年3月期決算で巨額損失の計上を検討していることが20日、分かった。損失額は数千億円に上る可能性がある。資源価格の下落によって取扱量が減るなどし、トール社の収益が悪化したのが原因。損失を計上すれば、政府が準備を進める日本郵政株の追加売却に影響が出る。
日本郵政が検討しているのは、トール社の買収時に発生した「のれん代」の評価引き下げだ。買収額が会計上の純資産額を上回っていた部分で、将来的な収益力やブランド力を表すとされる。通常は段階的に償却するが、価値が失われた場合には見直す必要がある。16年末は3860億円が残っている。このうち数千億円を損失処理する可能性がある。
0422








日本郵政、当初から「高値づかみ」の見方 巨額損失見通し
毎日新聞2017年4月20日 20時04分
「事業を補完できる最高のパートナー」。西室泰三社長(当時)は15年2月の買収発表時に自画自賛した。日本郵政が巨額買収に踏み切った背景には、15年11月の東京証券取引所への株式上場を控え、成長シナリオを迫られていたことがある。中核の郵便事業は少子高齢化などで将来的な成長が見込めない中、「海外進出を加速させ、収益力を上げるシナリオを示して株価の上昇につなげる」(幹部)ことを狙った。
だが、当時から市場や政府関係者の間では、買収額の妥当性や日本郵政との相乗効果を疑問視する声が出ていた。オーストラリア経済は資源価格動向に大きく左右されるため、トールの業績の先行きを懸念する声もあった。買収を主導した西室氏は「うまくいかない場合は潔く対応する」と話したが、体調不良で16年3月に社長を退任。「負のレガシー(遺産)が残された」

東芝を破壊した西室が今度は日本郵政を木っ端微塵破壊したにょ(σ´∀`)σ
まあこれはいつものことですがいわゆる公家(NTT、NTTドコモ、日本郵政)が
買収した大型案件って不思議なことに100%の確率で失敗するんだおね

やっぱり大型買収に強いのはオーナー企業の豪腕経営者だけだおね
ソフトバンクなんて過去に何千件もM&Aこなしてきてるんで経験値がハンパない。
その他では日本電産も信じられないくらいに買収や建て直しが上手い。
逆に、買収のノウハウも買収した企業を活用するノウハウもまったくもたない
リーマン経営者のやった買収ってのはほとんど失敗します
どうせ任期終わったら退職金もらってトンズラしようと計画してるんで
すべての経営判断が自分の任期ないしか考えてないからこんなことになるんでそ

NTTドコモも買収ノウハウなんてないもない超無能経営者が
インドかどこかの携帯会社みたいなのを買収して特損出してたはず(((( ;゚д゚)))
あれも買収して数年後に8000億円くらい特別損失計上したんじゃないかな
公家系企業のリーマン経営者の大型買収案件の失敗率はすごいんだお
ぼくちんの知ってる限りではほぼ100%失敗してると記憶しています。
今回の日本郵政のトール買収もご多分に漏れず想定どおりの結果でした(゚д゚)、ペッ

特に今回の日本郵政の場合は焦って買収したのがさらに悪かったんでそ
日本郵政なんて収益率が低いので有名な会社ですおね(*´∀`*)ムフー
子会社だけが稼いでるだけのどうしようもない箱会社みたいなもんだから
上場を期になんとか業績底上げのためにテコ入れしようとして
無闇な買収拡大策に走って、見事に騙されたってことですにょ(σ´∀`)σ
 
これまでこのブログで何十回も同じことを書いてますが
政府が上場に絡んでるIPOには絶対に近づくなってことだおね(´;ω;`)
ケツの毛まで毟られて大損するのが不可避なんであまりにも危険だおね
時間が経てば経つほど政府がどんどん売り出してきて需給が悪化するんだし
上場後のセカンダリで政府系IPOを買うなんて自殺するのと大差ないと思うお


ss2286234570 at 20:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0)