yogurting ヨーグルティング

為替

2022年05月30日

岐阜暴威神、日経CNBCに降臨!!





今日はこの話題一色だったんであえてそう多くは書きませんφ(.. )

これまで各種メディアに出たところかなり視聴者の反応がよかったようで
最近はわりとあちこちのFX会社のセミナー?対談っぽいのに呼ばれてたので
ヒロセ通商がいきなり自社枠で岐阜暴威を担いでテレビに登場させたようです

まあちょちょく岐阜暴威さんのTwitterやYouTubeの動画も見てますが
個人的な見解でいうとFXは意外にも上手で堅実に稼いでる印象が強いですφ(.. )
ただなぜか日経225先物あたりはあいかわらず相性が悪いのか負けが目立つ感じ。

両商品は同じ証拠金取引でもボラティリティに大きな差があるので
よいボラティリティの高い先物では枚数を張りすぎて自滅パターンが多いし
逆に相対的にボラティリティが低めのFXではけっこう勝ってるようですね。
対円通貨よりも対外貨の通貨ペアをじっくり狙って勝つことが多いように見えます。

自分の苦手な商品や銘柄ではなく、自分に相性のいい商品や銘柄を選んでるようなので
結果的にそれが利益という結果につながってるのではないでしょうか
なんでかはわからないけど含み損抱えてロスカットせずにお祈りする投資も減ったし
なにより以前に比べると、流れが悪化するとちゃんとロスカットしてるんですよね
(商品CFDや先物系ではあいかわらず損切りが遅い時もある)
素直に評価するなら逆神でもなんでもなく「上達した」ということでしょう

自分で資金管理ができるようになってるし、ロスカット喰らう頻度も減ってるので
このままうまく行けば億資産達成もありえるんではないかと考えていますφ(.. )


ss2286234570 at 16:36|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年04月29日

4/28為替市況 ドル円130円を一気に突破!

外為17時 円、大幅続落 130円台後半 02年4月以来の安値水準
https://www.nikkei.com/article/DGXZASS0IMF06_Y2A420C2000000/
2022年4月28日 17:35 日本経済新聞
28日の東京外国為替市場で円相場は大幅続落した。17時時点は1ドル=130円61〜63銭と、前日の同時点に比べ2円63銭の円安・ドル高だった。日銀が同日まで開いた金融政策決定会合で大規模な金融緩和を維持する方針を決めたことを受け、日米の金融政策の方向性の違いが改めて意識された。日米の金利差拡大を見込んだ円売り・ドル買いが進んだ。
円は一時、1ドル=130円70銭近辺と2002年4月以来、20年ぶりの安値水準をつけた。日銀が28日午後に金融政策決定会合で現在の大規模な金融緩和を維持する方針を決めたことが伝わると、円売り・ドル買いの動きが加速した。同日午後の記者会見で、日銀の黒田東彦総裁が円安の日本経済への影響について「プラスという判断は変えていない」という趣旨の発言をし、日銀が現在の円安進行を容認しているとの思惑が広がったことも円相場の押し下げ要因に働いた。9〜17時の円の高値は128円36銭近辺で、値幅は2円34銭程度だった。

NY円、大幅続落 1ドル=130円75〜85銭 20年ぶり安値、日銀の緩和継続で
2022年4月29日 6:50 日本経済新聞
28日のニューヨーク外国為替市場で円相場は大幅に続落し、前日比2円35銭円安・ドル高の1ドル=130円75〜85銭で取引を終えた。一時は131円25銭と2002年4月以来の安値を付けた。日銀は28日まで開いた金融政策決定会合で現在の大規模緩和を継続する方針を決めた。金融引き締めを進める米連邦準備理事会(FRB)との政策の方向性の違いを改めて意識する円売りが膨らんだ。
日銀が会合後に公表した声明では、0.25%の利回りで10年物国債を無制限に買い入れる指し値オペを「毎営業日実施する」と明記し、長期金利を低位に抑える姿勢を示した。市場の一部では緩和路線の修正に対する警戒感もあっただけに、円売りが加速する要因になった。
キャプチャ



予想ではアメリカの利上げが再度始まる5〜6月に130円に達するかも
なんて書いてましたけど実際にはさらに前倒しになって4月中に達しましたΣ(・ω・ノ)ノ
きっかけは日銀があらためて金融緩和路線を継続すると記者会見で述べたこと。
「円安は日本経済にとってプラスだ」と発言して円安を容認したと理解され、一気に円売りの流れが強くなり一瞬にして130円を突破するという大きな流れになりましたφ(.. )
さらに言うとこのまま一気に131円まで突入するんじゃないかという勢いでした

米ドル円
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950

足元ではロシアへの経済制裁で資源価格や小麦なんかの価格が急騰してるし
アメリカだけでなく日本でも小売価格がものすごい価格で上がってるのを実感します。
インフレで物価が毎年適度に上がっていくこと自体は正しいし問題ないけど
実際のところ足元では物価は上がっても賃金は上がってないので、消費意欲にはマイナスに働くインフレであり円安であることは間違いないだろうと考えています(´・ω・`)
もう少し緩やかなインフレならいいけどさすがに物価の上げ方が早すぎでしょうと
なにより日本はこれまでデフレに慣れすぎていたんでインフレ対応力が低いし
正社員ではなく派遣社員の占める割合が高いので賃金上がりにくい構造もあります

アメリカではインフレが激しいので利上げで牽制してるし賃金の上昇ペースも早いです。
一方の日本では、円安とインフレと世界的な需給ひっ迫で物価が上がってるのに
賃金の上昇ペースは非常に遅いし、むしろ上がりにくいのでその点が痛いですね

4/28の相場では円安になったことと前日のアメリカ市場も好調であったこともあって
日経平均は+461円と上昇し、特に輸出系企業の株価が好調でした(´∀`*)
円安での株価上昇を期待してトヨタをずっと持ってますけど、実際には思ったほど株価が上がったわけでもなく、他のセクターよりは堅調ってだけで言うほど上がってもいません
デンソーも上がってるけど、あれは昼に発表された決算がよくて増配だったんで上げただけで円安効果で上げたわけではないというそんな値動きになっていますφ(.. )

トヨタ(7203) 2,235.5円 +70円 (+3.23%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7203
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7203.T/chart

ホンダ(7267) 3,419円 +128円 (+3.89%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7267
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7267.T/chart

デンソー(6902) 7,957円 +705円 (+9.72%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6902
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6902.T/chart
0428









デンソー、今期最終は64%増で5期ぶり最高益、前期配当を5円増額・今期は15円増配へ
2022年04月28日11時10分 Kabutan
デンソー <6902> [東証P] が4月28日午前(11:10)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。22年3月期の連結最終利益は前の期比2.1倍の2639億円に伸び、23年3月期も前期比64.5%増の4340億円に拡大を見込み、5期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。3期連続増益になる。同時に、前期の年間配当を160円→165円(前の期は140円)に増額し、今期も前期比15円増の180円に増配する方針とした。


来週はGWなので市場の流動性が低いためやや荒れた値動きになる可能性が高いです。
円安はやや過度に進みすぎですが、さらに一気に円安になる可能性も十分あります
5〜6月中にはFRBの利上げも控えてるんで、普通に考えたら米ドル円は134〜135円を目指してさらに円安に向かう可能性が非常に高いと予想されますφ(.. )
足元では中国の経済成長率の鈍化傾向も強く、アジア地域での新型コロナの影響で物流にも影響が出ていて部品なんかを調達しにくく、半導体も手に入りにくい状況です(´・ω・`)
さらにFRBの利上げ観測も強いのでハイテク株やNASDAQも厳しい地合いでしょう
あえてそんなに積極的に投資を増やしていく地合いではないけど銘柄はなくもないでそ。
足元での業績が好調なアフターコロナ銘柄や銀行、保険、自動車、商社などです。


高島屋(8233) 1,181円 −4円 (−0.3%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8233
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8233.T/chart
日足だといいチャートですが、月足で見ると1,230円あたりにぶ厚い雲があります
セクター全体が回復基調なんで悪い銘柄じゃないけど上値余地がどうか(´・ω・`)
ちょっと月足だとあまりにぶ厚い雲があるんで上がるにしても時間はかかりそう。

三越伊勢丹(3099) 963円 −21円 (−2.1%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3099
https://finance.yahoo.co.jp/quote/3099.T/chart
月足チャートだと上の雲をグイグイ突き抜けるように上げてるんで強いチャートです。
今すぐ上げるって感じじゃないですが、月足でトレンド転換したらいい感じですね。
1,000円を超えてくると月足でトレンド転換起こす形になりますφ(.. )

三菱商事(8058) 4,383円 +139円 (+3.28%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8058
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8058.T/chart
今すぐ上がってくとは思ってないけど4,200円に近いとこなら拾っていく予定です
ただ正直なとこ決算も近いんで結果によっては外れの可能性も考えられます

三井物産(8031) 3,150円 +103円 (+3.38%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8031
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8031.T/chart

三菱UFJフィナンシャルグループ(8306) 754.3円 +17.6円 (+2.39%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8306
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8306.T/chart

ふくおかフィナンシャルグループ(8354) 2,374円 +64円 (+2.77%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8354
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8354.T/chart
2,200〜2,220円あたりで週足の支持線が効いてるんでもし下げたら買う予定です。
たた金融株(銀行や保険)は7月半ばをすぎたらその先はやや不透明感があります。
もしインフレが落ち着いてきてFRBが利上げの速度を緩やかにするなんて言い出したら
銀行や保険は利益確定売りで売られて、米ハイテク株に資金が流れそうなので

2022年04月13日
米ドル円、126円台前半に下落 20年ぶり安値

2022年04月03日
為替市況 〜ドル円は年内130円を目指すか〜


ss2286234570 at 20:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年04月13日

米ドル円、126円台前半に下落 20年ぶり安値

外為17時 円、126円台前半に下落 20年ぶり安値
2022年4月13日 17:41 日本経済新聞
13日の東京外国為替市場で円相場は4日続落し、17時時点は1ドル=126円12〜13銭と前日の同時点に比べ60銭の円安・ドル高だった。日米の金融政策の違いを背景に円売り・ドル買いの動きが強まり、1ドル=126円台前半と2002年5月以来およそ20年ぶりの安値を付けた。
米連邦準備理事会(FRB)が金融引き締めを加速させるとの見方が広がっている一方、日銀は大規模な金融緩和で長期金利の上昇を抑制している。日本時間13日午後の取引で米長期金利が上昇した。他方、日銀の黒田東彦総裁は13日午後、「現在の強力な金融緩和を粘り強く続ける」と発言。発言後に円売り・ドル買いが加速した。

苦しむ飲食業…サイゼリヤ社長「円安最悪」 輸出産業も先行き不安視
2022年4月13日 20時43分 朝日新聞
材料や原油の高騰に苦しむ内需産業にとって、円安は原材料費のさらなる増加につながり、業績悪化に追い打ちをかけかねない。「これだけ逆風がそろったことはないんじゃないか」。ファミリーレストラン大手サイゼリヤの堀埜一成社長は13日の決算会見で、円安をコロナ禍やウクライナ危機に並ぶ逆風に挙げた。イタリア産のハムやオリーブオイルなど国内で使う食材の約3分の2は海外産。「円安は全ての輸入品にきいてくる。最悪の一つだ」ともらす。すでにハンバーグの一部で国産化を進め、ハムも国内仕入れを検討しているという。
キャプチャ



今日は為替が円安に振れてついに126円台まで突入するところまで行きました。
なんで午後から動いたのかなって思ってたら、黒田総裁が「金融緩和をさらに続ける」と発言したことがきっかけでドル買いの円売りが強まったようです(´・ω・`)
思ってたより早く、そしてあっさりと126円台に到達してしまいましたね

まあきっけかは発言だったとしても結局はどっちみち円安の流れは変わらないでしょ
円安になってる根本的な原因は「アメリカが今後も利上げを続ける意向がある」ことなので、アメリカが利上げを打ち止めにするか、日本も利上げするとかでもない限り
よっぽど何かほかの大きな要因がない限りはこのまま円安基調で行くと思います
もちろん口先介入や何らかの材料で円安をけん制してくる可能性はありますが。

ニュースではアメリカの消費者物価指数がピークを打ったという報道もあり
米FRBが積極的な金融引き締めを回避するという読みでアメリカ株が上がってましたけど、正直なところどこまでほんとなんだろとややマユツバ感の印象も持ってます
どの道このままインフレが進めばFRBは利上げの道を避ける選択肢は選ばんだろし
5月〜6月はさらに利上げして、どっちみち円安とハイテク株下げなんじゃないかと

輸出産業には円安が追い風になる事業もあるでしょうが必ずしもそうとも言えません。
なぜなら円安が過度に急激にすすめば海外からの仕入れ値も跳ね上がってしまうので
特に円安になると資源エネルギーの購入価格が上がるのでコストが確実に増えます。
電気料金などがガンガン上がっていくと中小の製造業は厳しいでそね(´・ω・`)

国内でも足元では非常にハイペース物価が上がって店頭価格も上昇傾向です。
飲食店なんかは円安で商品価格が上がればこれからもどんどん値上がりしていくでそ
インフレが悪いわけではないし、年間で3〜5%の値上がりならむしろ正常ですが
実際には2カ月で10%くらい商品の店頭価格が上がってる印象もありますφ(.. )
金融緩和してインフレをこのまま放置しておくってのは非常にマズイでしょう

2022年04月03日
為替市況 〜ドル円は年内130円を目指すか〜

2022年03月28日
年内ドル円128〜130円予測 ➡ 最短月内にも128〜130円に訂正

2022年03月21日
米、ゼロ金利解除 0.25%利上げ22年は7回想定


ss2286234570 at 21:15|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年04月03日

為替市況 〜ドル円は年内130円を目指すか〜

止まらない円安、為替市場の次のターゲットは8月に1ドル「130円」か
2022.3.30 4:52 ダイヤモンドオンライン
週末3月25日に121円台後半で引けたドル円は、翌週3月28日の朝方に122円台前半とギャップを付けてスタート。午前10時前の仲値を通過すると、ドル円は上昇基調を強め、昼前には123円を上抜け。
その後、123円を小幅上回る水準で方向感に欠ける動きを続けたものの、ロンドン市場が始まる午後4時ころから再び上昇基調で推移し、午後6時近くには125円ちょうど近辺と2015年12月以来(6年7カ月ぶり)の円安・ドル高水準を記録した。3月初めのドル円は115円を下回る水準だった。わずか1カ月で10円の円安・ドル高が進む、久しぶりの大相場となった。
ドル円上昇(円安・ドル高)の主因は、日米の金融政策格差だ。
米国連邦準備制度理事会(FRB)は、3月15〜16日の連邦公開市場委員会(FOMC)にて、政策金利であるフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導目標0.00〜0.25%から0.25ポイント引き上げ、0.25〜0.50%とすることを決定した。
一方、日本銀行は、3月17日、18日の金融政策決定会合で、現行の金融緩和政策である「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の維持を決定。黒田総裁は会合後の会見で、4月以降の消費者物価指数(CPI)は2%程度の伸びとなる可能性があるとしながらも、大半が商品市況高に伴う輸入価格の上昇によるものだとし、金融引き締めは適切でないとの認識を示した。
米国が金融引き締めを続ける一方で、日本は金融緩和を続けるのであれば、日米金利差は今後も開くとの思惑が強まり、自然と円安・ドル高の流れにつながる。

NY円、反落 1ドル=122円50〜60銭 日米の金融政策の差を意識した円売り
2022年4月2日 6:45 日本経済新聞
1日のニューヨーク外国為替市場で円相場は4日ぶりに反落し、前日比85銭円安・ドル高の1ドル=122円50〜60銭で取引を終えた。1日発表の3月の米雇用統計が労働市場の引き締まりを示す結果となり、米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締め観測が強まった。日米の金融政策の方向性の違いが意識され、円に売りが膨らんだ。
0402


前回はやや煽りっぽく3月内に128〜130円とか書きましたけど、実際には日米関係者が会談をもったことで日米同時に為替介入があるんじゃないかと噂が出たことや、
日銀が為替介入してくるんじゃないかと噂先行で円が買い戻される動きになったので
一旦円安の流れが落ち着いたものの、ファンダメンタルには何の変化もありません。

足元では118〜122円でしばらく揉み合う形になる可能性はありますがφ(.. )
今後も米連邦準備理事会(FRB)は年内7回の利上げをすると宣言しています。
日本は利上げを拒み、アメリカは利上げをとにかくすすめていく形なのは明確なので
時間の問題でいずれさらに円安に振れていくことは避けて通れないでしょう(´・ω・`)

FRBは5〜6月に続けて0.5%利上げするかもと発言してるわけですから
もし0.5%の利上げが連続して行われるようなことになればインパクトは大きくなり
またさらに米ドルが買われて円が売られて一気に円安が加速すると予想されます

GW明けて5月半ばからまた為替が大きく動いて荒ぶるんじゃないかと思います。
為替が128円あたりまで円安に動いたとこで、日銀が待ち伏せして0.25%利上げ為替介入のWパンチでもかませば一気に円高に押し戻すことはもちろん可能ですけど
ここまで一貫して金融緩和を唱えてきた日銀としてはそう簡単には動けないでそ
実際には打つ手がほとんどなくなって口先介入くらいしかできないんでは

FRBがもし発言通りに5月に0.5%の利上げしたら5月からガツガツ円安行きそうだし
なにより6月にも0.5%利上げかもなんて言ってるんでかなり荒れそうな予感です
4月は今のところ落ち着いてますが、5〜6月は荒れ相場な予感がプンプンします。

5〜6月のFRBの利上げでアメリカ株がまた軟調になる可能性も当然あるけど
外貨資産持ってて円安に行けばチャラにできるという考え方もありますφ(.. )
十把一からげに日本株がダメとは思わないし、例えば大手商社セクターとか
利上げで収益改善が見込める銀行とか生損保とか円安効果で自動車狙うとか
そういう狙い方でセクターを絞って日本株を買うのも別に悪いとは思いませんけど
やっぱり米国投信とか米国株あるいは外貨預金なんてのも検討すべきでそ

米ドル/円 122.52円 +0.82 (+0.67%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950

トヨタ(7203) 2,205円 −17.5円 (−0.79%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7203
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7203.T/chart

2022年03月28日
年内ドル円128〜130円予測 ➡ 最短月内にも128〜130円に訂正

2022年03月21日
米、ゼロ金利解除 0.25%利上げ22年は7回想定


ss2286234570 at 07:25|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年03月28日

年内ドル円128〜130円予測 ➡ 最短月内にも128〜130円に訂正

円、一時125円台に下落 1日で3円以上円安進む
2022年3月28日 16:31 日本経済新聞
28日の外国為替市場で対ドルの円相場は一時、1ドル=125円台と2015年8月以来、約6年7カ月ぶりの円安水準に下落した。日銀が28日、強力な金利抑制策の発動を発表したことで日米の金利差が一段と開くとの見方から円安が加速した。1日に3円10銭、円安に振れたのは新型コロナウイルス対応で世界の中央銀行が金融緩和に動いた20年を除けば14年10月末以来、約7年半ぶり。28日の国内債券市場では10年物国債利回りが0.250%へ上昇(価格は下落)した。日銀が上限とする0.25%程度に達したため、日銀は複数日にまたがって国債を決まった利回りで無制限に買い入れる連続指し値オペ(公開市場操作)を初めて実施すると発表。長期金利を抑え込む姿勢を鮮明にしたため、利上げを進める米連邦準備理事会(FRB)との方向性の違いが意識された。

日銀、初の「連続指し値オペ」実施 金利抑え込みに躍起
2022年3月28日 16:17 日本経済新聞
日銀は28日、複数日にまたがって国債を決まった利回りで無制限に買い入れる「連続指し値オペ(公開市場操作)」を実施すると発表した。同オペの実施は2021年3月の導入決定以来初めて。28日に2回、実施した単発の指し値オペより一段と金利を抑え込む効果がある。海外金利の上昇に伴う国内金利の上昇を抑え込むことで、緩和姿勢を改めて示す狙いがあるとみられる。
キャプチャ














さて今日は夕方から円安が止まらなくなる一日でしたΣ(・ω・ノ)ノ

前回の記事では2022年内に128〜130円なんていう低めの予想でしたけど
ぶっちゃけ今日1日だけで3円も円安に動くというハイスピード円安を演じたので
ものすごく極端にいえば3月内にも128〜130円到達の可能性すらありえそうです

アメリカのFRBは2022年内に7回の利上げを予定してると常々言ってますし
インフレ次第ではもしかすると5〜6月に0.5%ずつ利上げするかもなんて言ってます。
もし本当にそうなったら5月半ばから6月半ばは為替がさらに荒れそうですよね
このままだといずれ初夏5〜6月にには128〜130円ありそうだなと思っています。

てっきりそろそろ利上げを匂わせて円安進行を牽制でもすんのかなって思っていたら
いきなり利上げ抑制策をぶっこんでくるという驚きの展開でした(´・ω・`)

まあ少し前も黒田総裁は金融緩和継続を言い切ってで直後に円安に動いたばかりなので、実際それほど驚いてもないけど、あらためて方向展開する気ないんだなとφ(.. )
金融緩和を押しすすめるのが悪いとは言わないし、低金利がよくないとも言わないけど
それらはあくまで地合いとか局面をもっと踏まえてからの話ですよね

ロシア制裁でこれだけ過剰に資源・穀物・エネルギー価格の急騰がすすんでる局面で
利上げを抑制して金融緩和路線を曲げなかったら円はひたすら売られるだけでそ
別に円安が悪いとか、インフレが悪いとかそんな単純な論調をいいたいんじゃなく
実際には円安にも効果はあるし、デフレからインフレにゆっくり転化していく路線なら
もちろん歓迎するしインフレ否定なんて言う気もないんですけど今回は違うでしょ

資源とエネルギー価格が高騰してる局面で円安を容認するのはけっこう危険ですよね
国内のガソリン料金も上がるし、電気やガス代もこれからガンガン上がっていきます
仕入れの原材料費も上がってるし、光熱費もこれからどんどん上がっていくと
売値を上げてコストを転嫁できる大企業ならば、まあそんな問題にはならないけど
コストを転嫁できない中小企業はあっという間に経営が苦しくなります(((( ;゚д゚)))

アホの岸田総理は配当下げて給与を増やせとかいまだに寝言をほざてますけど
日銀も政府もそろそろ資源価格の高騰と円安の抑制に死ぬ気で取りかかっとかないと
インフレ+景気悪化のダブルパンチ喰らいかねない思うんですよねΣ(゚д゚;)

このまま行ったら減配&給与ダウンという最悪の未来が見えてきかねません
中小企業はこれから露骨にダメージ喰らってくるのはもう避けがたいし
岸田総理の掲げる年収アップ政策は、真反対の給与ダウンって結果になりそうですね

トヨタ(7203) 2,202円 +13円 (+0.59%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7203
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7203.T/chart

2022年03月21日
米、ゼロ金利解除 0.25%利上げ22年は7回想定


ss2286234570 at 18:46|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年03月21日

米、ゼロ金利解除 0.25%利上げ22年は7回想定

米、ゼロ金利解除 0.25%利上げ22年は7回想定
2022年3月17日 3:08 日本経済新聞
米連邦準備理事会(FRB)は16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0〜0.25%から0.25〜0.50%に引き上げると決めた。新型コロナウイルス危機への対応として始めたゼロ金利を2年ぶりに解除する。ロシアのウクライナ侵攻で不確実性が高まるなか、インフレ抑制を優先し、大規模緩和の幕引きをめざす。今回の0.25%の利上げ幅は市場の予測通りで、9人の投票メンバーの賛成多数で決めた。セントルイス連銀のブラード総裁は反対し、利上げ幅0.5%を主張した。0.25%を1回として今回を含めて22年中に7回、利上げする想定を示した。
米消費者物価は前年比で8%近く上昇し、40年ぶりの高インフレが続いている。FOMCは声明でロシアによるウクライナへの侵攻について「甚大な人的・経済的被害をもたらしている。米経済への影響は極めて不透明だが、短期的にはさらなる物価上昇圧力を生み、経済活動の重荷となる可能性が高い」と指摘した。

日本にも“金利上昇”到来で、住宅ローン契約者の4人に1人が破たん予備軍に?
2022年03月18日 07時00分 ITmedia
日銀の異次元緩和政策が、2012年末から今年で10年を迎える。
そんな日銀も、コロナ禍やウクライナ危機に伴うインフレの余波を受け、ついに“曲がり角”に来ているようだ。金利市場は日銀の利上げをやや織り込みはじめている。
住宅ローンをはじめとしたさまざまな「金利」のベースラインが上がるイベントである「利上げ」。これが日本で実現する日がくれば、主に住宅ローンを組んでいる国民にとって大きな痛手となり得る。

黒田日銀10年目 円安に笑った序盤、最後は円安に泣く?
2022年3月20日 5:00 日本経済新聞
日銀の黒田東彦総裁は20日、在任10年目に入った。就任初期の異次元緩和は円安への誘導が最大の成果だったが、任期最終盤でその円安が黒田氏を苦しめ始めた。折からの資源価格の高騰と重なり、「望まない物価上昇」に拍車をかけるリスクが高まっているためだ。
「エネルギー価格の上昇はコスト増を通じた物価の押し上げ要因となる一方で、家計の実質所得の減少や企業収益の悪化を通じて日本経済に悪影響を与える」
ここにもっと深刻な問題が加わる。輸入インフレを加速させる「悪い円安論」への対応だ。経済構造がかつての輸出主導型から変化し、消費者や内需型の企業を中心に円安の痛みを感じやすくなっているからだ。輸出インフレが加速しているような現状ではなおさらだ。
キャプチャ








3月17日にアメリカ中央銀行(FRB)が0.25%の政策金利引き上げを決定しました

今回の利上げはロシアによるウクライナ侵攻で世界的な世界的な景気の後退や経済の混乱を受けて延期されるのではないかと利上げ予想が錯綜していたのですが
最終的には当初の予想通りに利上げが実施され、今後の利上げも発表されました
実のところFRBは2022年内だけで7回も利上げ実施を宣言していますからね(´・ω・`)
インフレ対策として、金融緩和終了としてかなり大規模で性急な利上げになります

アメリカが利上げをすると日銀が利上げをしなくても徐々に金利は上がります。
国内の住宅ローンの金利もこれから徐々に上がってくのは間違いないでしょう。
一方で金利が上がると銀行の利ザヤが回復するので儲かる分野も当然あります

利上げがなされると当然のことながら株は売られやすくなって下げます
昨年末以来ずっと米国株が売られて下げてるのはこの利上げを織り込むためです。
米国株が売られたことで日本株もほぼ同時期に強く売られましたけどねΣ(・ω・ノ)ノ

たしかに円安は輸出企業にはプラス効果になるという面があるのも事実ですが
現在のようにロシアへの経済制裁でエネルギー価格が高止まりしてる状況での
円安加速を放置しておくと残念ながら日本経済的にはマイナス効果が高いと思います

アメリカが急激な利上げをすると今後も日本円はかなり強く売られていくでしょう
場合によっては、2022年内にも為替ドル円は128〜130円もありえるでしょう。
ただでさえ急騰してる天然ガス、石油、石炭価格が高止まりしたままなのに
さらに円安が加速すると日本国内の電気、ガス、ガソリン価格が値上がりしていくでそう

電気やガソリン価格が上がっていくと陸運なんかはかなりコストが増すだろうし
製造業や一般企業でもコストが上がって企業の業績にマイナス効果が出てきます。
大企業はまだいいとして、コストを転嫁しにくい中小企業は非常に苦しくなります
日銀も政府もそのあたりをかなり甘く見てますけど、もっと警戒すべきでそ(´・ω・`)

アメリカの利上げ警戒で日本株も下げてるし、年の後半は景気も悪化しそうです。
もちろん新型コロナもう収まりそうなのでその反動で消費の回復もあるでしょうけど
円安と資源高は短期的なものではなく長期的に景気や経済に影響してきます。
誰とは言いませんがアホの日本現総理は配当を減らして給与に回せとほざいてますが、今のままなら2022年後半から普通に景気が悪化して配当も給与も減ると思うんですよね
特に中小企業ほどかなりはっきりと業績と給与の減少につながっていくでしょう

今すぐ即座に日本も利上げをしろとまでは言いませんが、年間0.25%の利上げを検討すると発表して円安をけん制するくらいの行動ははやめに起こすべきではないでしょうか。
日本は利上げをまったくしないと見込まれてるので、少しでも牽制すれば効果は絶大です
もちろん利上げは景気にも影響してくるのでやればいいというものではありませけど
過度の急激な円安とインフレを抑制するためにも利上げは速やかに検討すべきでそ
このまま政府も日銀も無策なままだと2022〜2023年は厳しい局面があるでしょう。

トヨタ(7203) 2,020円 −16円 (−0.78%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7203
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7203.T/chart
円安効果といえば輸出産業でトヨタやホンダがあげられるでしょうφ(.. )
もちろん円安効果は絶大ですが、半導体とか部品の調達が国外からならば
必ずしも自動車産業だから円安がすべて良い効果であるとは言い難い面もあるでそう。

素直に判断したら利上げで利ザヤが増えるメガバンとか地銀とかが本命
こちらを優先して押し目で拾ってくのが正しいと考えています(´∀`*)
業績回復したら自社株買い増配の両取りが狙えるわけですから



ss2286234570 at 07:29|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年01月23日

GMOフィナンシャルHD 為替のボラ回復で過去2番目の業績

GMOフィナンシャルHD 2021年12月の月次業績(速報)に関するお知らせ
2021年12月の連結ベースの月次業績(速報)を下記のとおりお知らせいたします。なお、記載数値は監査前の速報値であるため、今後、修正となる可能性があります。
1214












個人の株式売買代金は総理が岸田に変わってからは露骨に減っていますが
インフレ懸念でアメリカが前倒しで利上げするという報道が増えたことで
米ドルが買われて円が売られたことで為替のボラティリティは大きく回復傾向です
特に2021年12月はエルドアン大統領が大暴れしてトルコリラ円が動いたこともあり
FXの取引高や収益が大きく伸びたようですねφ(.. )

トルコリラ円
https://fx.minkabu.jp/pair/TRYJPY
チャートを見ればわかる通り、トルコリラ円は12月に6円⇒11円まで動いてます
例年だと12月は為替はほとんど動かなくなるのが定説ですけど
2021年はドル円やポンド円も動いてたし、トルコリラ円は異常なほど動いてました。

GMOフィナンシャルHDは四半期ごとの収益だと仮想通貨が大きく動いていた
2021年1〜3月が132.1億円過去最高益で、2021年10〜12月が128.5億の2番目でした
ただし、アメリカの利上げする宣言の影響なのか仮想通貨もかなり下げているので
FX部門の収益は大きく伸びてるけど、仮想通貨部門の収益は大きく落ちています
(ここでいう収益とは、収益=売上高の意味なのでコスト引いた後の利益ではない)

足元ではNASDAQ主導でアメリカの株式市場は弱いし、ダウも軟調なままです。
日経も以前ほどは下げなくなって踏みとどまってるけど出来高は低調です
とりわけ新興市場のマザーズは壊滅的で信用含み損増えまくりで身動きできないし
個人投資家の売買も12月以降から右肩下がりに減少してきています

今のところ株式手数料や金利収入などの証券部門に大きく依存しているネット証券
特にカブコムや松井証券はここから先もしばらくは業績が厳しそうですね
SBI証券、楽天証券、マネックスあたりは米国株が下げたことでさらに資金が入って
米国株の手数料収入為替収益(トレーディング収益)が伸びてるかもしれませんが

GMOフィナンシャルホールディングス(7177) 854円  −5円(−0.58%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7177
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7177.T/chart

2022年01月06日
GMOフィナンシャルHD 為替のボラティリティ回復で業績好調


ss2286234570 at 07:18|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年01月06日

GMOフィナンシャルHD 為替のボラティリティ回復で業績好調

GMOフィナンシャルHD 2021年11月の月次業績(速報)に関するお知らせ
2021 年 11 月の連結ベースの月次業績(速報)を下記のとおりお知らせいたします。なお、記載数値は監査前の速報値であるため、今後、修正となる可能性があります。
キャプチャ










ネット証券を傘下に持っている会社の中では、唯一、月次業績を開示しているので
GMOフィナンシャルHDの開示内容を見ると他社の業績予測がしやすくなりますφ(.. )

ちなみに過去の月次業績を見ると仮想通貨のボラティリティが直近で最も高かった
2021年1〜2月の最も業績好調で1月は営業収益が45.3億円、2月が営業収益45.2億円です
そして3番目がコロナショックで相場が荒れた2020年3月の47.9億円ですね。
そして4番目が為替のボラティリティが回復してきた2021年11月の43.8億円となります

ドル円のチャートを見るとはっきりわかりますが2021/4〜2021/9半ばまでの6か月間は
ほとんど為替が動かないで横ばいのままだったのでボラティリティが低めでした。
ころが2021年9月下旬からドル円が一気に円安に動き始めてボラティリティが急上昇
さらにポンド円やユーロ円も2021年10〜2022年1月にかなり乱高下しています。

そして2021年11月から特に動いたのが例のトルコリラ円になりますΣ(・ω・ノ)ノ
トルコリラ円は12円から半額の6円に下げてそこから11円まで反発しています
そのへんの仕手株でもこういう動きはなかなか目にすることはありませんが
まして一国の通貨がこれほどの短期でこんな乱高下するのは見たことがありません

為替と仮想通貨のボラティリティが低かった2021年6月〜2021年9月は業績低迷してて
為替のボラティリティが回復した10月から業績が一気に回復してるのがわかります
FXやCFDの売上はトレーディング収益に分類されるんで増えてるのがはっきりわかります。
為替のボラ回復と買収したYJFX!の業績がフルに加算されたことで伸びたんでそ。

同じようにFX事業で稼いでるSBI証券や楽天証券の業績も一気に回復してそうですね
直近では日経の動きもいまいちで、新興市場は壊滅的で個人投資家の動きが悪く
東証の個人投資家の売買はかなり落ち込んだままの渋い状況なので
カブコムや松井証券はなかなか厳しい業績になるかもしれません(´・ω・`)
この2社はFX事業ではあまり稼いでおらず株式事業への依存度が極めて高いので


GMOフィナンシャルホールディングス(7177) 866円  +15円(+1.76%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7177
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7177.T/chart

トルコリラ円
https://fx.minkabu.jp/pair/TRYJPY
キャプチャ












2021年11月30日
GMOフィナンシャルHD 相場大荒れで大幅に業績回復?


ss2286234570 at 06:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年12月18日

トルコリラさん 南アランド円にも勝利!!打倒メキシコペソ!

トルコ金融市場、取引全般でサーキットブレーカー発動−株式急落
2021年12月17日 23:10 Bloomberg
トルコで17日午後、上場株式の全取引が停止された。株式相場の急落で、市場全体にわたるサーキットブレーカーが2回発動された。通貨リラは最安値を更新した。株式と株式デリバティブ(金融派生商品)、債券レポ市場の取引は1時間のうちに2回自動的に停止された。同国株の指標であるイスタンブール100指数が一時7%下げたことを受けた。
同株価指数は一時5.6%超上昇していたが、一転して下落。トルコ中銀が為替市場に介入したが、リラ安を食い止められなかったことが背景にある。トルコではインフレ率が21%超に上昇しているが、同中銀は前日、1週間物レポ金利を1ポイント引き下げ14%とした。これがリラの圧迫要因となっている。

トルコリラ、最安値更新続く 利下げ一巡?も売りやまず
2021年12月17日 16:58 日本経済新聞
外国為替市場でトルコの通貨リラの最安値更新が止まらない。トルコ中央銀行が16日に4会合連続となる利下げに踏み切り、売りに拍車がかかった。中銀は同時に利下げの打ち止めを示唆したものの、低金利を志向するエルドアン大統領の意向で常識外の金融政策が続くことへの警戒感は根強い。市場参加者からは「落ちるナイフをつかむような買いは危険だ」との声が漏れる。
17日の東京市場でリラは対円で1リラ=7円00〜20銭台を中心に推移し、前日17時時点の7円49銭近辺から一段と下落した。トルコ中銀は12月に入って4度、リラ安阻止の為替介入を繰り返したが、思うように下げ足は鈍っていない。9月1日の高値(13円32銭近辺)と比べるとおよそ3カ月半で4割強も水準を切り下げたことになる。
外国為替証拠金(FX)取引を手掛ける個人投資家も損失覚悟の売りを迫られ続けている。FX会社の外為どっとコムでは、顧客の円に対するリラの買い持ち比率の低下基調が変わらず、16日は86.8%と前日を2ポイント以上下回った。証拠金残高が一定割合を下回った際に強制的に反対売買される「強制ロスカット」も続いており、外為どっとコム総合研究所の神田卓也氏は「投資家が押し目買いに動けるタイミングはみえないままだ」と話す。




トルコリラ円 6.881
https://fx.minkabu.jp/pair/TRYJPY
キャプチャ












わずか1ヶ月前まではまだ10円台だったトルコリラ円さんですが
度重なる利下げと財務大臣の更迭、そしてそれ以上に怖いのがエルドアン大統領
「金利が高いからインフレが起きる」とほぼ常識と真反対の理論を掲げて
インフレ退治のために利下げをするという暴挙に出てとどまることを知りません。

時には予想の1%の上回る2%のハイペースで利下げをやるもんだから
トルコリラはひたすら売られまくってあっという間に30%暴落しました
しかも12/16にトルコ中央銀行が予測通りに1%利下げをやったもんだから
さらに加速度的にトルコリラが売られてついに7円台を叩き割って6円台

ちょっと前まで10円台だったので南アランド円の7円よりずっと高かったのに
一瞬にして、たった1ヶ月で3.5円近く暴落して南アランド円を抜きました

12/16にトルコ中央銀行が利下げしてしばらくは織り込み済みみたいな動きで
一時はトルコ中銀が利下げの打ち止めを示唆して反騰気配もあったのに
その後さらに今後の利下げを示唆するような発言や素振りがあったことで
失望売り、投げ売りが始まって歯止めが効かなくなりました(((( ;゚д゚)))

慌ててトルコ中央銀行がリラ買いで市場介入をしたようですが
ほとんど何の効果もなく7円台を割り込んでからは怒涛の売りを浴びました

現在は6円90銭前後まで戻してますけど一時は6円60銭あたりまで売られていて
「もしかして今日中に6円割って5円台行くの?」みたいな雰囲気でしたからね
チャートはさらに強い下落を示唆してるので、7円台の回復もおぼつかない
もはや8円台なんて空の上の星より遠い存在になっているのが実情です(´・ω・`)

ちなみに今のエルドアン大統領は完全に気が狂ってるに近い状況です。
利上げをしたい閣僚や財務大臣はことごとく辞任に追い込んで追放してるし
「欧米の陰謀でトルコリラが売られているとか陰謀論を国民に訴えてます(´・ω・`)
利下げ繰り返して、トルコリラが売られたら「陰謀論だって叫ぶのって
もはやはたから見たらただのキチガイでしかないんでそれも失望されてるのかも

最近は南アフリカらも利上げを何度かやっていますし
2020年4月には4円台まで売られていたメキシコペソもその後利上げを何度かやって
最近は5円50銭あたりまで戻してきてるのでトルコリラといい勝負ですφ(.. )
メキシコは2カ月連続で利上げやってて、トルコは4カ月連続で利下げですから
このまま行けばメキシコペソより安くなる可能性は十分あり得るでしょう

ちなみになつさんは1ヶ月前の11/19にトルコリラ6〜8円台への下落を予想してますが
もしトルコがこのまま利上げをせずにいたらもっと売られると予測しています
アメリカは2022年から利上げを唱えてるので新興国通貨は売られやすいです

利上げで対抗すればぎりぎりイーブンで踏みとどまることはできるでしょうけど
トルコは2022年も利上げはせず、何もしないか利下げするならさらに売られるでそ
下手したら年内に5円台突入は普通にありえる可能性がありますし
利上げなしなら2022年以降は2〜5円台を目指すんだろうと予想してますφ(.. )

33333








桓齮将軍「底なんてねえんだよ。トルコリラに」

【悲報】今週のキングダムさん、レスバトルが始まる

メキシコペソ円 5.45円
https://fx.minkabu.jp/pair/MXNJPY



2021年11月23日
【悲報】エルドアン「経済独立戦争して利下げで勝つんや!」

2021年11月19日
エルドアン大統領「イスラム教は金利禁止してるから利下げするで!」


ss2286234570 at 06:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年12月12日

トルコ国民さん、通貨暴落でついにパンを買えなくなる

通貨暴落トルコ、インフレ直撃で安いパンに行列
2021年12月11日8:27 ロイター
トルコでは通貨リラの暴落とインフレの進行で国民の所得が目減りし、最大都市イスタンブールでは多くの市民が、わずかでも家計を節約しようと、市の提供する安いパンを買うために行列を作っている。長らく与党・公正発展党(AKP)の地盤となってきたイスタンブールのスルタンガジ地区では、数十人が市の運営する売店でパンを買おうと待っていた。経済的に苦しくなり、ここで買うほかないという。
家族のためにパンを買ったオズカン・ケスダさん(50)は「1リラ、5リラ、10リラ、20リラといちいち数えるほど追い詰められている」と話した。苦境の責任は政府にあるとケスダさんは考える。「20年間同じ体制だったのだから、政権が交代しなければだめだ。この地区はほとんどの人が『皇帝万歳』と言うかもしれないが、そういう時代は終わった。私と同じようにAKPに投票した人たちも困っている」という。
ラマザン・カンベイさんは家計が急激に悪化した。これまでは1週間に1000リラでやりくりする生活で、そのうち半分が食費だった。リラ暴落で1000リラはドル換算ではわずか73ドル(約8300円)にしかならず、必需品すら賄えなくなった。

トルコの格付け見通し「弱含み」に変更、格付け据え置き−S&P
2021年12月12日 20:29 Bloomberg
S&Pがトルコのインフレ率は「高水準で上昇方向」と指摘する中、同国中銀は利下げに動いており、リラは10月後半以降ドルに対し30%下落。最近の金融緩和の動きとリラの大幅下落で物価上昇圧力が高まり、来年の早い時期にインフレ率が最大30%に達する可能性をS&Pは見込んでいる。
キャプチャ


トルコではエルドアン大統領が大暴れしてトルコリラ円が叩き売られています
通貨が弱すぎると輸入品の値段がどんどん上がってしまうわけで
小麦の値段が上がればパンの店頭価格も当然ながら跳ね上がってしまいますφ(.. )

たった1年で食料品などのインフレ率30%ってのはさすがに不味いですねΣ(゚д゚;)
近年は日本だけでなく世界中で一次産品の需給が引き締まって値段が上がってるのと
さらに言うと、原油などに投機資金が入って原油先物価格も暴騰しています
(直近では石油生産量引き上げの報道もあっていきなり暴落してますが)
日本も豚の値段が上がったらり円安で牛肉の価格やガソリン価格が上がってるけど
さすがに1年で30%食料品価格が値上がりとまでは程遠いですからね(´・ω・`)

トルコはエルドアン大統領が筋金入りの利下げ論者なんで聞く耳を持ってません
そもそもトルコはイスラム色を抑えて欧米から学んで友好をすすめていくという
世俗派でオスマン帝国の将軍だったケマルパシャが軍を中心に立国した国なんですが
(ケマルパシャは欧化政策や脱イスラム主義政策を徹底的にやった人物)
エルドアンはやたらイスラム主義を唱えてることも混乱に拍車をかけてますよね

イスラム教は金利を禁止してるから利下げするのが正しいとかムチャ言い出したし
「経済独立戦争に勝つとか欧米との対立を煽りだしたのも最悪でしょう(´・ω・`)
次の選挙でエルドアンが負けたらトルコも正常化に向かう可能性はあるけど
選挙でもし勝つようなことがあればさらに加速度的にトルコは混迷を深めそうです

トルコの場合は利下げするから通貨が売られてるという理由がはっきりしてるんで
とりあえず「利下げ中止」とか「利下げ撤廃」とかうだけで買い戻されるでしょう。
さらに利上げをやればそれなりにトルコリラも買い戻されて落ち着くと思います
ただなかなかそう簡単に正常化に着地できるかも不透明ですけどねφ(.. )

そんなことを言ってるけど日本もこれから先は悠長なことは言ってられません
なぜなら、2022年以降これからアメリカが景気回復で利上げに向かえば
ドルが買われるので相対的に円がさらに売られて円安になる可能性は高いでそ
円安がさらに進めば国内の物価も上がって不満が出てくる可能性は高いでしょう。
日本は利上げをしにくいのでそう簡単には円安を回避しにくいのも事実ですね。

トルコリラ円
https://fx.minkabu.jp/pair/TRYJPY
トルコリラ円は夕方に急落してついに8円割れて7円台まで落ちてますね
その後でリバって下髭いれてるとこはあるんだけど何とも言えない感じ。
短期で一度上に行く可能性あるけど、また利下げ宣告する可能性あるしなあ・・・。

2021年12月07日
トルコ財務相が辞任、大統領と不一致か 後任に副大臣

2021年11月23日
【悲報】エルドアン「経済独立戦争して利下げで勝つんや!」

2021年11月19日
エルドアン大統領「イスラム教は金利禁止してるから利下げするで!」


ss2286234570 at 06:59|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加