yogurting ヨーグルティング

欧州

2019年07月24日

英国のトランプことジョンソン氏(55)が英首相に就任

なぜ暴言を繰り返す物議男が英首相になるのか ジョンソン氏を読み解く
毎日新聞2019年7月23日 21時45分
英与党・保守党の新党首に決まり、英国新首相となるジョンソン氏(55)は、多くの英国民が、そのファーストネーム「ボリス」で気安く呼ぶなど知名度は抜群。しかし、一方で言動がしばしば物議も醸す、毀誉褒貶(きよほうへん)の激しい人物でもある。
メディアなどではしばしば、英国の大衆食品「マーマイト」に例えられる。日本の納豆にも似た位置づけで、大好きな人もいるが、まったく受け付けられない人もいる――そんな政治家という意味合いだ。
さかのぼると英王室につながる家系とされ、父親は元欧州議会議員。本人も英国屈指の名門パブリックスクール・イートン校からオックスフォード大学進学と、典型的な上流階級の出身だが、無造作に伸びた金髪に猫背、時にシャツのすそをズボンから出して歩く姿などがやゆされることもある。「エリート臭さ」を漂わせないところが気取りのなさと受け取られるのか、大衆的な人気を獲得している。

「何が何でも10月に離脱」 英ジョンソン新首相初演説
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47754390V20C19A7000000/
2019/7/25 5:22 日本経済新聞
英国のジョンソン新首相は24日、首相官邸前で就任演説し「何が何でも10月末に欧州連合(EU)を離脱する」と改めて表明した。経済界が警戒する合意なき離脱に関しては「可能性は低い」としつつも「準備は必要だ」と述べ、選択肢から排除しない姿勢を鮮明にした。与党・保守党の党首選を勝ち抜いたジョンソン氏は同日、ロンドンのバッキンガム宮殿を訪れ、エリザベス女王から新首相に任命された。
直後に官邸前で演説に臨んだジョンソン氏は、その多くをEU離脱問題に充てた。10月末の離脱を明言したうえで「私たちは自由貿易と相互支援に基づき、EUと新たな合意ができる」と強調した。メイ前首相の協定案で反発が強かったアイルランド国境問題の安全策について「(協定案に)安全策がなくても、国境での物品などの検査が発生しない形での合意はできる」と訴えた。ただ、EUと合意するための具体策については触れなかった。
合意なき離脱に関しては「我々はリスクだけでなくチャンスにも目を向ける必要がある」と指摘した。「合意なしならEUへの清算金の390億ポンドの支払いの必要がない」と語った。EUがこれをジョンソン氏の言う通りに了承するかは不透明だ。





 
英国の新首相に就任したジョンソン氏が就任演説において
「10月末までに何が何でも欧州連合(EU)離脱する」という強い意向を示しました。
一方、EU側は交渉には応じるといいながらも安易に妥協案に応じる姿勢は見せてません。
ということは今から約3か月後にUEから離脱できる可能性はかなり低いということです。
その時、ジョンソン氏が本気で10月末にEUからの合意なき離脱をする気なのか
という部分が今非常に注目されているわけですφ(.. )

米国トランプ大統領も選挙前に「何が何でもメキシコ国境に壁を建設する」と主張し
絶対に達成する公約に掲げて選挙に勝利しましたΣ(・ω・ノ)ノ
しかし現在のところそれほど本気で取り組んでいるという姿勢は見せておらず
メキシコと政治的な交渉をじっくり行いながら不法移民排除の方針で動いています。
ようは「メキシコ国境からの不法移民の侵入」を防げればよいという姿勢に変化してて
必ずしも故郷に巨大な壁を作るかどうかはそれほど問題ではないということです

もし英首相ジョンソン氏のいう10月末までに絶対にEUから離脱するという公約が
トランプの掲げた公約と同じ程度のレベルの公約なら問題はないでしょう
あくまで公約は公約というだけで、実際にはもっと現実的な交渉に落ち着くからです。
何年もかけてでもじっくり交渉してEUから離脱するだけなら混乱は最小限で済みます
しかしジョンソン首相のいう「10月末までにEUから絶対離脱する」が
選挙で勝つための店板の公約ではなく本気の公約であったら大波乱になるでそう
少なくとも英国経済界はとんでもなく大きなダメージを喰らうからです(´・ω・`)

もし合意なき離脱なんかを3か月後に実施するようなことになったら
英国と英国経済がとんでもないダメージを受けて大混乱に陥ることは間違いないでそ
特に株価や金融は不透明な未来を非常に嫌うので大きな下げ要因になります。
現実的にいえば英国が混乱したからといって日本経済への影響は非常に軽微ですが
少なくとも株価や先物はかなり過剰な反応を見せる可能性が十分あり得るでそΣ(゚д゚;)
もし10月の地合いが悪ければ、先物の仕掛け売りが必ず発生するからです
不安定な市場と不安心理さえあれば簡単に突き崩せてしまうからですφ(.. )

たしか昨年の夏あたりもトルコショックとかゆって先物が一度崩れてたはず
現実的にはトルコ経済が混乱しようがトルコリラが暴落しようが
日本経済に与える影響なんて軽微もいいとこでまずなにも影響しえません。
しかし不安定な市場においてはそれを突いて仕掛ければ売り崩せてしまうってことです
日本の個人投資家たちもその点については十分認識して準備しておくべきかもしれません。

現在までに英国シティーに欧州の本拠地を構えていた巨大なメガ金融機関は
これまでの数年間において次々と英国から去ってベルギーのブリュッセルに移動しました。
(ベルギーのブリュッセルはEUの本拠地がある場所です)
日本の企業も次々と英国シティーを捨ててベルギーやルクセンブルクに移転しています
あと数年もすれば欧州の金融の本拠地といわれた英国シティーは完全に壊滅だおね
というか金融機関が軒並みいなくなってしまうので更地に戻ってしまうでしょう。
英国は税収を失うだけでなく莫大な国内雇用を失うことを意味しています(´・ω・`)
まあそこまでしてでも英国国民は過去の独立を回復したかったってことなんでしょうね

損保、英拠点を移転 EU離脱に備えユーロ圏に
2017/9/6 0:00 日本経済新聞
日本の大手損害保険各社が欧州の中核拠点を移転する。英国の欧州連合(EU)離脱に備え、ルクセンブルクやベルギーといったユーロ圏に新たな拠点を設ける。収益に占める海外事業の割合が高まっている損保にとって、英国からEU市場に自由に営業できなくなれば打撃は大きいため、対応を急ぐ。
東京海上ホールディングス(HD)は英国のEU離脱後も域内で事業を続けるため、2018年6月をめどにルクセンブルクに新会社を設立する。現在は傘下の米HCCの英国法人と英キルンが手掛けているが、新会社に一本化する。ルクセンブルクは人口約60万人の小国だが金融人材が豊富なうえ、EU各国へアクセスしやすく保険業務を行う環境が整っている。
SOMPOHDもロンドンに置く現地法人の移転先として、ルクセンブルクを有力候補先として検討中だ。18年中の新会社設立を目指す。
三井住友海上火災保険は買収した英アムリン傘下の損保がベルギーのブリュッセルに支店を持っているため、現在ロンドンに置く本社機能を、18年3月をめどに移転する。世界最大の保険組織、英ロイズ保険組合もブリュッセルに保険会社を設立することを決めており、これも同社の移転を後押しした。


ss2286234570 at 04:52|PermalinkComments(0)

2018年12月05日

マクロン仏大統領、暴動対応を首相らと緊急協議−パリで412人拘束

マクロン仏大統領、暴動対応を首相らと緊急協議−パリで412人拘束
2018年12月3日 4:32 Bloomberg
フランス全土で起きた暴動から一夜明け、アルゼンチンから帰国したマクロン仏大統領は閣僚らと緊急協議を開催した。パリ警察の発表によると、1日のデモで拘束者412人、負傷者は治安部隊の23人を含めて133人に上った。暴動はトゥールーズ、ナント、リヨン近郊、アルデンヌ地方でも発生。パリの暴徒はいたる場所で自動車に火を放ち、店舗やレストランから略奪し、凱旋(がいせん)門にスプレーで落書きするなどした。
内務省によると、3度目となる週末の全国規模のデモに参加したのは7万5000人。当初はガソリン税の引き上げに対するデモとして始まったが、現在では国民の購買力を巡る幅広い不満に拡大している。テレビコメンテーターらによると、パリでの大規模暴動としては1968年5月の学生暴動以来の規模だった。
  

いま世界で一番熱いニュースといえばフランスで起きた大規模デモでしょう
その次が週末にあったアメリカと中国との貿易交渉ニュースですねφ(.. )

デモ鎮圧のために軍隊(陸軍)まで投入されるという騒ぎになっています(((( ;゚д゚)))
ヨーロッパのニュースでは連日のようにフランスで革命前夜かとかやってます。
少し離れたロシアやアメリカでも毎晩のように特集ニュースをやってます。
しかしなぜか日本ではまったくというかほとんど触れさえしません
ネットニュースではかなり話題になっていますが、地上波テレビではほぼ無視
ほんの少し前までマクロン大統領はすごいとか褒めてたマスコミもだんまり。

遠いフランスのニュースだからどうでもいいっていう態度なんでしょうか
ただ数日前に警察署がデモ隊に襲われて警察署の武器庫から
殺傷兵器(アサルトガン)が盗み出されたってやってたんですよねΣ(・ω・ノ)ノ
もしかしたら後になってそれが次のデモで使用される可能性もあるわけで
そんなことになったらガチで軍隊と半ば戦争状態になる可能性だってあるでそ(´・ω・`)
日本のマスコミももう少し真剣にニュースの優先順位とか考えるべきですよね。
なんでも欧米に追随しろとは言わないけど、まるで真剣さがない気がする(゚д゚)、ペッ

ss2286234570 at 04:32|PermalinkComments(0)

2014年03月09日

オバマの正義はもう詰んでるという事実

ウクライナの首都キエフで2月下旬、数十人が殺害された狙撃事件に、ヤヌコビッチ前大統領を追放した新政権の関係者が関与していたとの見方が強まっていると、エストニアのパエト外相が発言していたことが5日分かった。欧州連合(EU)のアシュトン外務・安全保障政策上級代表(外相)との通話で述べた。録音が動画投稿サイトに流出、エストニア外務省は会話内容は事実だと認めたが、事件への新政権側の関与を確認したものではないと説明している。
パエト外相はキエフを訪問した翌日の2月26日にアシュトン外相と電話協議。20〜21日に発生した狙撃事件で、反政府デモ参加者と治安要員の双方が、「同じ複数の狙撃手に殺害された」と地元の医師に聞いたと発言。事件の背後にいるのは「ヤヌコビッチではなく、新連立政権の中の誰かだという見方がますます強まっている」と述べた。

ロシアのラブロフ外相は8日、ウクライナの首都キエフで2月に起きた反政府デモと警官隊の衝突時、市民と警官多数を射殺した狙撃手の正体を欧州安保協力機構(OSCE)が調査するよう要求した。
狙撃手については最近、エストニアのパエト外相と欧州連合(EU)のアシュトン外交安全保障上級代表(外相)の2月26日の電話での会話内容がネット上に流出。前日にウクライナ新政権の首脳陣と会談したパエト外相が「反政権デモ隊と治安要員の双方が同じ狙撃手たちに射殺されている。実に困った問題で、新政権は真相調査を嫌がっている」と話し、デモ隊側の過激派の狙撃だった可能性を示唆している。エストニア政府は、会話内容が本物と認めた
0312







アメリカがウクライナのクーデターの首謀者(ないしは資金提供して煽った黒幕
であるってことは電話記録の中でもすでに暴露されてるんだおね
 少なくともクーデター後の政権の参加者や組閣者まで言及してたのはアメリカも認めてます。
ロシアの隣国で資金とスパイばらまいてクーデターおこそうと裏工作を仕掛けときながら
証拠も掴まれて暴露されるとかアメリカの情報力も落ちたもんだおね

スナイパーってのは性能の高い重火器と長い訓練期間が必要です。
そう簡単にデモ隊が用意できる代物ではありません。資金も時間も足りませんΣ(゚д゚;)
ってことは外から誰かがスナイパーを用意して提供した可能性がかなり高いということ
この点についてもアメリカの関与が疑われてるのが現状だおね(´・ω・`)
もしこの点を証明されたらオバマはカメラの前で謝罪会見するハメになるでそう。
世界最低の赤っ恥大統領として歴史に泥を塗る可能性があると予想していまつ
0312









ロシアが侵略に近い行為をしたのは事実ですが、現地からの反発が起きてないのも事実でそ
おまけに1発の銃弾も、1滴の地も流さずに非常に手際のよい占領に終始しています。
(重火器をつかわない方針を徹底して叩き込んでるあたりがプーチンの本当に恐ろしいところです)
一方アメリカは、資金や重火器の提供の可能性を疑われているクーデターの首謀者だおね。
双方に数百人単位の死者を出しているのでどっちがかといえばアメリカでそう(((( ;゚д゚)))
少なくとも欧州各国の関係者はすでにアメリカを疑ってるわけです
ロシアを締め上げる路線に、欧州がやたら難色を示してるのもそのへんの疑いがあるからでそ。

疑惑を払拭できなくなって追い詰められてるのは、ロシアではなくむしろアメリカ側です。
ここまで機密情報を暴露されて先制を打たれるとか無能ってレベルじゃないおね(゚д゚)、ペッ

それに比べて、アメリカがクーデターを首謀してるのを気がつかないふりして泳がせて
ウクライナが混乱した瞬間を狙ってすみやかに軍を動かしたプーチンの鮮やかなことΣ(`□´/)/
オバマとプーチンでは格が違うなと感じます。
おそらく欧州各国の関係者もそう感じているからオバマに乗りたくないんでそ(´・ω・`)
いつもならアメリカ追従の日本もなぜか今回は控えめな態度ですおね
オバマのアメリカが同盟国から信頼を失ってるのは間違いないと思いますにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月08日

プーチンの野望 ユーラシア大陸編

ウクライナ南部クリミア自治共和国のセバストポリ郊外にあるウクライナ軍の防空部隊が7日夜、ロシア軍とみられる武装集団に襲われ、基地を明け渡すよう求められた。ウクライナ軍部隊はこれを拒否。銃撃戦にはならなかったものの、一時緊張した。現場からの報道では、自動小銃などで武装した集団20人が、ロシアのナンバーをつけた大型軍用トラック2台に分乗しミサイル防空部隊2355に乗り付け、警備のウクライナ軍兵士と押し問答の末、部隊内に侵入。部隊長とのやり取りの後、基地を後にした。

ロシアがウクライナ南部クリミア半島の実効支配を強めるなか、クリミア自治共和国の最高会議(議会)は6日、ロシアへの編入を求める決議を採択したほか、ロシアへの帰属替えの是非を問う住民投票を16日に実施することを決めた。これに対し、オバマ米大統領が住民投票に反対する姿勢を示すなど、情勢は一段と緊迫している。欧州連合(EU)は、クリミア半島におけるロシアの行動は違法だと非難した上で、ウクライナの領土保全を支持すると表明。ただ、ロシアに対する当面の制裁措置としては、査証(ビザ)発給と貿易自由化に関する協議の停止など、小幅な内容にとどまった。また向こう数日以内に協議が開始され、一定の時間的枠組みの中で何らかの結果が出ない限り、渡航禁止、資産凍結、EU・ロシア首脳会談の中止などの追加的な制裁措置に踏み切るとした。
0311







欧州のニュースを見てると「プーチンはロシア帝国の再興をたくらんでる」と表現されてます。
ここ最近のロシア軍の動きやクリミアへの侵攻をみる限りはその通りだと感じます
クリミア半島の属国化はほぼ決定だし、欧米はすでに完敗でそう。

ロシアがウクライナへ軍事介入した直接のきっかけはアメリカ側にあると報道されています。
新ロシア派の政権を潰すために欧米が工作員を用いてクーデターを起こしたからです。
アメリカが中心となってウクライナの野党や実力者に支援と資金提供を行い
さらにいえばデモ隊に重火器などの武器も提供してクーデーターを成功させました
これは疑いではなく、すでに欧米のニュースでも報道されている内容です。

プーチン率いるロシアがやったとおもわれること
.▲瓮螢がウクライナでクーデターの工作をやってる証拠を掴んでも黙っていた
現政権(クーデター派)が正当な政府ではないと主張できる根拠に利用した
クーデターでウクライナ軍が親ロシア・反ロシア派で混乱した隙をうかがって進軍した
ぅΕライナ国境で大規模な軍事演習を行いつつ、一方で際小規模の軍事行動にとどめた
ゥ▲瓮螢の工作活動を暴露してEU各国との連携の切り崩しを狙った
Εス資源でEUを揺さぶって欧米各国の足並みが揃わないように工作活動を仕掛けた

Ы特動貳、血の一滴も流さずにクリミア半島を制圧してロシア系住民の支持を得た
┘リミア自治共和国と上手く連携し、ロシアへの編入を住民投票で決定させつつある


この短期間にロシアがやったことは驚異的なまでにスピード感があり組織立っていました
ロシア海軍にとって絶対に欠かすことの出来ない黒海艦隊とその周辺地域の確保という
目的を達成するために最初からシナリオが書かれていたとしか思えないのですφ(.. )
欧米が「ロシアは侵略者だと主張するにはやはりその根拠が必要でそう。
もしロシア軍が、一発の銃弾も撃たず、一滴の血も流さずにクリミア半島を制圧して
住民投票で「ロシアへの帰属決議」を勝ち取れたら、これはもう侵略とはいえないおね
初動で出遅れたアメリカは話にならず、欧米各国の足並みもバラバラです。
ロシア経済やパイプラインへの依存度の高いドイツやフランスは乗り気でないので
おそらくグダグダになって効果的な経済制裁を発動できると思えないおね(´・ω・`)

ウクライナには資金もないし、ロシアと対決できる体力もありません
クーデター政府への反発もあってウクライナ軍が組織的に動くってのもまず厳しいでそ。
クリミア半島が国民投票でロシアへの帰属を決定させて独立するのを見てるだけが関の山。
どう考えたってロシアの勝利はほぼ確定してるとおもいますにょ(σ´∀`)σ
クーデターを画策してるスパイを泳がせてむしろ逆にこれを利用して
クーデター直後に政権が不安定になったところで軍事行動をおこすとかでそ(((( ;゚д゚)))
あまりにも天才的な戦略すぎて言葉を失うレベルだお。孔明かよってクラスの策謀家でそ

プーチンが善人か悪人かという議論はさておき、歴史に名を刻む人物なのは間違いないでそう。
政治家というよりむしろピョートル大帝イワン雷帝とならぶ英雄の類ですおねφ(.. )
リアル版AOEをやってるようなもんでそ


ピョートル大帝、お忍びでオランダの船大工になる リーダーシップの研究
http://markethack.net/archives/51895891.html
一般にロシア人は民主主義には懐疑的であり、むしろ強く、賢明なリーダーに、ぐいぐい国を引っ張って欲しいという願望が強いです。ロシア人のそうした考え 方はピョートル大帝の時に確立されたと言っても過言ではありません。プーチン大統領がシベリアで狩りをしたり、オートバイをぶっ飛ばしたりしてマッチョを アピールするのは、ピョートル大帝のイメージと自分をダブらせている側面があると思います。
 
ウクライナ人が解説するクリミア半島の歴史と現状


ss2286234570 at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)