yogurting ヨーグルティング

楽天

2019年04月08日

楽天が出資先のLyftがついに上場、時価総額は2.6兆円超え

Lyftの上場初日株価は9%アップで引ける、時価総額は2.6兆円超え
2019年3月30日 Techcrunch
米国時間3月29日に有力配車サービスのLyftがNASDAQに上場した。これを祝って天井からピンクの紙吹雪が共同ファウンダー、Logan Green氏とJohn Zimmer氏の上に舞い落ちた。公募売出価格設定は上出来だったようで、Lyftが設定した1株72ドルを21%も上回る87.24ドルで初値がついた。初終値は若干下げて78.29ドルとなった。Lyftは上場の直前、木曜日に23億ドルの資金を調達していた。今回の上場でLyftの時価総額は240億ドル前後となった。公開前の会社評価額は151億ドルだったので上場で約1.6倍にアップしたことになる。株価売上高倍率は11倍だ。
0408











リフト大型IPO、筆頭株主楽天・三木谷氏に軍資金
2019.4.2 ダイヤモンドオンライン
楽天の三木谷浩史会長兼社長は米配車サービス大手リフトの上場によって、シリコンバレーのベンチャーキャピタル界の重鎮に名を連ねることになる。リフトは3月29日に上場し、初日の取引終了時点で時価総額は約265億ドル(約2兆9000億円、完全希薄化ベース)となった。三木谷氏が率いる楽天は2015年に3億ドルを出資したのを皮切りに、リフトへの出資額を着実に伸ばしてきた。楽天の持ち株比率は13%に達し、リフトの筆頭株主に浮上した。ダウ・ジョーンズ・ベンチャーソースのデータに基づく推計によると、リフトの新規株式公開(IPO)で楽天には約15億ドルの含み益が発生する。

楽天・三木谷氏は3000億円近く? リフトの大型IPOで大金を手にした人物
https://www.businessinsider.jp/post-187619

ソフトバンクはライドシェア大手の米ウーバーに出資してるのは有名ですが
楽天もその次の大手らしいリフト(Lyft)に多額の投資をしていましたφ(.. )
とはいえリフト(Lyft)って売上げは大きいけどものすごい大赤字会社ですからね
ただのタクシー配車サービス会社ごときが時価総額240億ドル(2兆6000億円)って
常識的に考えたらちょっとどうかしてるっていうか、ぶっちゃけキチガイ沙汰ですよね
バイオ銘柄と同じでPERが狂ったような値になってるんじゃないでそか(´・ω・`)

楽天はこれから携帯事業に参入していくのでかなり大きな投資資金が必要です
そういう意味でも今回ののようなIPOで資金を稼げたのは大きいでしょう。
さらに最近はスマホ決済分野でもかなり競争が激しくなってきています。
ドコモやソフトバンク(PayPay)やLINEだけでなくauも新たに参入してきたので
集客のために大手キャリアがとんでもない広告費を投下してくるでしょう
100億〜200億円なんていう金額は小銭みたいなもので、ドコモやソフトバンクになると
それこそ年間で1000億円くらいは余裕で投下してくることが予想されますφ(.. )
楽天も楽天Payがあるし決済事業の強化のためにプロモーション費用を投下するので、
今回のようなリフト(Lyft)でその費用を稼げたのはかなり大きいし有利にに働くでそう
リフト(Lyft)上場直後にいったんは下落に転じていた楽天の株価ですが
すぐに戻して直近の高値を更新してさらに年内高値を更新しました(´∀`*)
やはり政府が携帯事業への新参入企業にはかなり有利な条件を容認するって提示したので
この材料が株価を刺激して大きく上げるようになったんじゃないかなって考えています

2018年12月14日
米IPO申請のウーバーとリフト、筆頭株主は共に日本企業


ss2286234570 at 16:25|PermalinkComments(0)

2019年02月19日

楽天傘下の「みんなのビットコイン」4月より新たなサービス開始へ

楽天傘下の仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」4月より新たなサービス開始へ
2019/1/12 CoinPost
金融庁が認可した自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)」の第二種会員として1月4日に加盟したことを発表した、みなし業者の仮想通貨取引所『みんなのビットコイン』は1月11日、以前より不具合が起きていたとする電子帳票と取引制限の解除・取引の再開を発表すると共に、すべての現行サービスを3月31日(日曜日)をもって終了し、4月より新たなサービスを開始する予定だと公式ブログにて公表した。


みんなのビットコインは「楽天ウォレット」へ--商号とコーポレートロゴを変更
2019年02月18日 CNET Japan
楽天グループで仮想通貨取引業を運営するみんなのビットコインは、3月1日に商号を「楽天ウォレット」に変更し、コーポレートロゴも変更すると発表した。同社は、2017年3月30日に仮想通貨交換所のサービスを開始。2017年9月7日には、仮想通貨交換業者として登録申請書を関東財務局へ提出し、現在はみなし仮想通貨交換業者として営業している。

トレイダーズHD傘下の「みんなのビットコイン」を楽天が買収したのが去年の8月。
そこからシステムを改修したり、元のシステムを廃棄して再構築したりして
ようやく2019年4月からサービス再開の見込みのようですφ(.. )
ずいぶん昔のように感じますが、買収してからは8か月程度しか経ってないので
そう考えるとかなりスピーディーにサービス展開できたといえるんじゃないでそか

一から仮想通貨交換業に申請して登録されるには160社近く並んでるのでほぼムリ
それこそ2年どころか、3〜4年待たされるという悲惨なことになりかねません。
そこで楽天は他社を買収することで時間を買ったってことだおね(´∀`*)
たった2.5億円の出資で160位繰り上げで参入できたわけだから大成功の買収でそね

マネックスもようやくコインチェックの営業再開を始めたところだし
楽天の「楽天ウォレット」が4月から開業したらまた盛り上がりがあるかもしれません
仮想通貨もなんとなく楽天の動きを交換して値動きが刺激を受けてる気がします
一方でSBIの仮想通貨事業も今のところはほとんど存在感ないようですね
開業したのかどうかもよくわからないし噂でもニュースでもまったく見かけません。
このままだと後発の楽天に一気に追い抜かれるような事態になりかねないでそ
しかし楽天ウォレットってなんでこんなダサい社名にしちゃったんですかね。
そこは素直に楽天コインにするのがベストだったと思いますけど(´・ω・`)
0618














楽天(4755) 799円 +7円 (+0.88%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4755.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2018年10月15日
「仮想通貨」新規参入意向企業が5カ月で1.6倍の160社に

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-10-15.html

2018年08月31日
楽天が仮想通貨交換業参入へ、みんなのビットコインを買収


ss2286234570 at 01:55|PermalinkComments(0)

2018年12月14日

米IPO申請のウーバーとリフト、筆頭株主は共に日本企業

米IPO申請のウーバーとリフト、筆頭株主は共に日本企業
2018年12月11日 13:54 ロイター
非公開企業の米ウーバー・テクノロジーズとリフトは、投資家が資金をつぎ込んだり巨額の持ち分を取引したりすることで会社自体が市場のようになっている。配車サービスを手掛ける両社は今月6日、米国での新規株式公開(IPO)のための書類を非公表の形でそれぞれ提出。一部の投資家は来年、現在保有する投資資産で多額の利益を上げる見込みだ。ウーバーとリフトの提出文書はまだ公開されていないが、それぞれの事業の事情に詳しい複数の関係者が大株主を明らかにした。それによれば、ほとんどはシリコンバレーのベンチャーキャピタリストではなく筆頭株主はウーバーがソフトバンクグループで、リフトが楽天だった。
ソフトバンクのウーバー株の持ち分比率は15%強で、楽天のリフト株の同比率は10%余りとなっている。これら日本企業2社の持ち分の価値は合わせて130億ドル(約1兆4700億円)以上と評価されている。


ソフトバンク、Uberの筆頭株主に--出資契約が完了
2018年01月19日 11時24分 CNET Japan
Uberは、ソフトバンクグループが率いるコンソーシアムとの間で、株式の20%を同コンソーシアムに売却する契約を米国時間1月18日に締結したことを認めた。CNBCによると、契約が正式に履行されれば、元最高経営責任者(CEO)のTravis Kalanick氏は、14億ドル(約1600億円)を手にするという。
Uberは2017年11月に、ソフトバンクの主導する契約が進んでいることを認め、100億ドル(約1兆1000億円)相当の自社株をソフトバンクに売却することに同意したと発表した。この契約に伴い、ソフトバンクが15%、他の投資家が5%の株式を取得する。
Uberは2017年11月に、ソフトバンクの主導する契約が進んでいることを認め、100億ドル(約1兆1000億円)相当の自社株をソフトバンクに売却することに同意したと発表した。この契約に伴い、ソフトバンクが15%、他の投資家が5%の株式を取得する。
出資が正式に完了すれば、ソフトバンクはUberの筆頭株主になる。Uberによると、最初の12億5000万ドル(約1400億円)の出資は18日に完了し、2回目の売却に対する支払いは「Nasdaq Private Market」を通じて処理され、その日のうちに関係者に支払われるという。

楽天、米リフトに出資 スマホ介した車相乗りサービス
2015/3/12 日経電子版
楽天は12日、スマートフォン(スマホ)を介した自動車の相乗りサービスを手がける米リフト(カリフォルニア州)に3億ドル(約364億円)を出資すると発表した。リフトはマイカーを持つ個人と乗客の仲介サービスを展開する。スマホを使う配車サービスの市場は急拡大しており、成長が見込めると判断した。
リフトは楽天などを引受先に総額5億3千万ドルの第三者割当増資を実施する。増資後に、楽天の持ち株比率は11.9%となる。リフトは昨年、中国の電子商取引最大手のアリババ集団からも出資を受け入れている。リフトは米国の約60都市でサービスを展開し、ハイヤー配車アプリ(応用ソフト)の米ウーバーテクノロジーズと競っている。調達した資金はサービス拡大や米国外への進出に充てる方針だ。

米ウーバー上場へ 19年1〜3月にも、米紙報道
2018/12/8 15:37 日経電子版
米ライドシェア最大手のウーバーテクノロジーズが新規株式公開(IPO)の手続きに入ったことが7日、明らかになった。上場時の時価総額は1200億ドル(約13兆円)になるとの試算もあり、米国のIPOとしては中国アリババ集団に次ぐ歴代2位の規模となる可能性がある。17年には社内セクハラ隠蔽などの不祥事が相次ぎ発覚し創業者が退任する騒ぎとなったが、成長力への高い期待からソフトバンクグループが18年1月にウーバーの発行済み株式の15%を77億ドルで取得したほか、トヨタ自動車も18年8月にウーバーに5億ドルを出資すると発表している。ただ、ウーバーが本業の収益指標として重視する修正EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は業績を確認できる17年1〜3月期以降、赤字が続いている。上場に向けてはライドシェアに次ぐ新たな事業の育成に加え、収益性の改善が課題となる。

楽天、米リフトに出資 スマホ介した車相乗りサービス
2015/3/12 日経電子版
楽天は12日、スマートフォン(スマホ)を介した自動車の相乗りサービスを手がける米リフト(カリフォルニア州)に3億ドル(約364億円)を出資すると発表した。
リフトは楽天などを引受先に総額5億3千万ドルの第三者割当増資を実施する。増資後に、楽天の持ち株比率は11.9%となる。

自動車の配車サービスおよび相乗りサービス(ライドシェア)の最大手ウーバーと
ウーバーのライバルでもあるまったく同業のリフトが上場するみたいですね
ソフトバンクはウーバーに約1兆1000億円出資して15%の株式を所有してるようなので
上場後のウーバーの時価総額が13兆円だと持ち分の価値は1.95兆円ってとこかな
購入したのがちょうど1年前くらいだと考えたらあまり株式評価は上がってないおね。

ソフトバンクは100億ドル出資してウーバーの15%の株式を所有してたってことは
1年前のウーバーの時価総額は約666億ドル(7.3兆円)くらいだったってこと。
それが1200億ドル(約13兆円)になったと考えると約1.8倍になったってことかな
孫さんにしてはやや控えめな投資リターンのようにも思えるけど
まだ1年しかたってないことを考えると十分に稼いだといえなくもないφ(.. )
ただウーバー自体はまだ赤字経営なんで今すぐには売らないかもしれないですね。
どうせ売るなら黒字転換させて株価が上がってから売る方がいいかもしれないので

冷静に考えると、ソフトバンクが1年前に100億ドル(約1兆1000億円)ほどの資金を
ウーバーに投資してるのに、トヨタはたった5億ドル(560億円)しか出資してないのね
豊田一族とはいえしょせんリーマン経営者が経営してるトヨタと
大株主でもある孫さんが経営してるオーナー企業の差がはっきりと出てる部分ですよね。
ソフトバンクはかなり本気で出資してるのがわかるけど、トヨタは所詮お付き合い程度
こんな中途半端でぬるい投資判断しかできない経営者ってのはちょっとダサい(´・ω・`)
まあダサいっていうか所詮はその程度の決裁権限しか持ってない経営者ってこと。

ちなみに楽天はウーバーとほぼ同業のライドシェア事業をやってるリフトに対して
複数回の増資に応じたことで合計5.3億ドル(約590億円)ほど出資してるようです。
ソフトバンクほどではないにしても11.9%の大株主ってことですねφ(.. )
当時のリフトの時価総額は推定で44.5億ドル(5000億円程度)くらいかな。
海外展開を進めているウーバーに比べて、リフトはアメリカに注力して投資してるので
アメリカ国内ではライドシェア事業の3割ほどのシェアをもってるらしいです
リフトの上場後の時価総額は約176億ドル(約2兆円)とも言われてるようなので
楽天が出資した数年前に比べたら3.95〜4倍の評価に上がったってことかな。
約590億円投資してるのでドル円113円で計算すると2366億円くらいかなΣ(・ω・ノ)ノ
楽天の規模から考えたらとんでもなく大儲けしたってことになるおね

ちなみに楽天の今の時価総額は1兆2100億円しかなくて
通期の業績予測が売上高9,444億円営業利益が1493億円ほどしかないので
リフトの売却益1770〜1780億円もあったらとんでもない規模ですよね(´∀`*)
ソフトバンクと楽天とでは規模が違うので楽天規模で考えたら大ホームランでしょう

楽天(4755) 845円 −32円 (−3.65%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4755.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss


ss2286234570 at 10:08|PermalinkComments(0)

2018年09月10日

北尾「仮想通貨、体力のない業者は数年以内に淘汰される」

仮想通貨業界、進む信用補完 楽天も買収で参入
みなし3社すべてに上場企業の資本 
2018/9/3 20:00 日本経済新聞 電子版
仮想通貨業界で、大手企業による信用補完が進んできた。楽天は仮想通貨交換会社みんなのビットコイン(東京・港)を買収する。買収が完了すれば、改正資金決済法に基づいて金融庁に登録申請中の「みなし業者」3社すべてに上場企業の資本が入ることになる。2018年の仮想通貨の取引は前年に比べて縮んでおり、今後は経営体力が競争力を左右しそうだ。
楽天はかねて仮想通貨交換事業への参入を狙って既存業者と買収交渉を進めてきた。楽天は独自の仮想通貨発行でネット通販の決済需要を取り込む構想を進めており、仮想通貨交換事業もその経済圏の一部を担うのに必要だった。
ただ、みなしは正式に登録できていない、いわば「2軍」。楽天の本命は金融庁に登録済みのある交換会社だった。だが、この会社は17年の仮想通貨バブルで企業価値が膨れあがり、提示された価格は100億円超。価格で折り合えず、次善の策で選んだのがみんなのビットコインの買収だ。
みなし業者はかつて16社あった。だが1月のコインチェック(東京・渋谷)による仮想通貨の巨額流出事件や金融庁による検査をきっかけに、各社でずさんな経営管理体制が相次ぎ発覚。金融庁が求めるハードルを満たせない会社は自主撤退を表明し、8月末時点で残るみなし業者は3社のみとなった。
その3社のいずれもが上場企業の傘下入りを選んだ。コインチェックはマネックスグループによる完全子会社化、LastRoots(ラストルーツ、東京・中央)はSBIホールディングスから3割程度の出資と役員を受け入れた。
仮想通貨業界のパイの奪い合いは今後、一段と激しくなる。みなし3社のみならず、LINEやマネーフォワードなどのネット企業も新規登録をうかがう。ベンチャー系のビットバンク(東京・品川)が8月の臨時株主総会で弁護士を社外取締役に迎えるなど管理コストが上がる一方で、仮想通貨の取引は昨年から半分以下に減っている。
SBIの北尾吉孝社長は「体力のないところは数年以内に淘汰される」と話す。新規組の参入が再編第2幕の引き金を引きそうだ。


なつさんが予想してた通りついに楽天も仮想通貨に参加してきました
このままいけばbitFlyerSBI楽天GMODMM、そしてコインチェック
6社がほぼ国内の仮想通貨市場を独占するということになるんでそう(´・ω・`)
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2017-10-30.html
これらの会社は技術力もあるし人材も持ってるしなにより資金力があります
自前で証券とかFXのシステム構築して運用できるだけのノウハウもあるしね
こういう結果になるのはずっと前から分かってた気がするんだおね。
唯一予想外だったのはマネックスがコインチェック買収して参入してきたことくらい。

ただし今のところ各社ともあまりうまく行ってるとは言えません
当初は6月に営業再開といっていたコインチェックは8月にずれ込み
すでに8月も終わったというのに営業再開の雰囲気もまったく感じられません
このまま行ったら年末あたりまで一気にずれ込みそうな勢い
むしろ2019年以降にまで遅延してしまいそうな印象も受けてます(((( ;゚д゚)))

こんなことやってるようじゃ先が思いやられるおね(゚д゚)、ペッ
マネックスは米国・香港・豪州などの海外展開を計画してるって言ってたけど
国内すらまともに開業できないようじゃ夢の計画は何年先になることやら・・・

SBIも予定が何度も倒れての繰り返しであまり進捗がありません
かなりグダグダなスケジュール遅延を繰り返してばかり。

楽天もみんなのビットコインを買収したとはいえまだスタートラインです。
なによりみんなのビットコインはシステムトラブル起こしすぎてまともじゃない
ほぼ毎週のようにトラブルだらけでほとんど開店休業状態っぽいお(´・ω・`)
https://min-btc.com/news

しかもトラブルのせいで1か月以上前から新規口座開設も停止してるっぽい
そもそもみんなのビットコインの元親会社のトレイダーズは万年赤字の会社
そもそもまともなシステム作るだけのお金もなかったんじゃないかなΣ(・ω・ノ)ノ
楽天が買収したのはあくまで暖簾だけみたいなもなんで
一からシステムを設計し直してすべて作り直しになるんじゃないでしょうか
おそらく本格的な営業再開は1年以上先になるように気がするにょ(σ´∀`)σ

みんなのビットコイン
口座開設および取引制限について
 

マネックス、松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
2018年5月23日 毎日新聞
完全子会社化した仮想通貨交換業者コインチェックの全面取引再開について「6月中が目標だ」と説明。今後、仮想通貨事業を米国、香港、オーストラリアなど海外で展開する意向も表明した。松本CEOは、買収後2カ月をめどに全面再開を目指すとした従来の方針に変更がないと強調。「内部管理や不正アクセス防止の体制を強化中だ。金融庁に報告し、コメントももらっている」と、想定通りに進んでいるとの考えを示した。 

コインチェック、8月には登録受け事業再開したい=マネックス社長
2018年7月27日 ロイター
マネックスGが発表したコインチェックの4―6月期業績は、税引前損益が2億5900万円の赤字。仮想通貨販売所での売買でトレーディング利益が8億4800万円となる一方、サイバーセキュリティ対策を強化した結果、販管費が12億1100万円かかった。

2018年08月31日
楽天が仮想通貨交換業参入へ、みんなのビットコインを買収

2018年06月30日
独自電子マネー開発、エイベックス フィンテック事業参入

2018年06月16日
ヤフー、仮想通貨交換に参入へ 登録業者に資本参加

2018年06月06日
マネーフォワード、仮想通貨交換事業に参入

2018年06月04日
SBI、仮想通貨の交換参入 手数料最低水準めざす

2018年05月26日
サイバーエージェントが仮想通貨業に参入断念


ss2286234570 at 06:29|PermalinkComments(0)

2018年08月31日

楽天が仮想通貨交換業参入へ、みんなのビットコインを買収

楽天が仮想通貨交換業参入へ、みんなのビットコインを2億6500万円で買収
2018年8月31日
楽天は8月31日、連結子会社である楽天カードを通じて、仮想通貨交換業を営むみんなのビットコインの全株式を2億6500万円で取得することを明らかにした。本株式取得は楽天カードと、みんなのビットコインの親会社であるトレイダーズインベストメントとの間で締結された株式譲渡契約に基づくもの。10月1日を株式譲渡実行予定日としている仮想通貨の決済手段を円滑に提供していくためには仮想通貨交換所機能の提供が必要であること、 また楽天証券において、FX顧客を中心に仮想通貨による運用機会の提供を期待する顧客の声が大きくなっていることもあり、仮想通貨交換業への参入を検討してきたという。

楽天が組織再編、フィンテック事業は楽天カードに集約
2018年08月07日 blogos
楽天は8月6日に開催した取締役会で、2019年4月1日を効力発生日とするグループ内再編を発表した。楽天グループは、ECのほか、トラベル、デジタルコンテンツ、通信などのインターネットサービス、クレジットカードをはじめとする銀行、証券、保険、電子マネーといったフィンテック(金融)サービスにおいて70を超えるサービスを提供している。フィンテック事業では、楽天カードの株式を除く楽天のフィンテック事業子会社の株式(楽天銀行、楽天証券、楽天インシュアランスホールディングス、楽天Edy等)などを楽天の完全子会社である楽天カード等に承継させる。


楽天グループがついに仮想通貨業界に参入を決定したようです
トレイダーズ傘下のみんなのビットコインの全株式を2億6500万円買収したようす
10億くらいするのかと思ってたらかなり安く買い叩かれたようだおねΣ(・ω・ノ)ノ
いずれどこかを買収するだろうとは思っていましたが思ったより遅かったかな。
楽天は会社を買収するとすぐに社名変更させちゃう会社なんで
おそらくすぐに楽天コインに強制的に社名変更しちゃうでしょうね100%間違いなく

トレイダーズってめちゃくちゃ業績悪くて先行きもかなり怪しいんで
資金不足かなにかで売り飛ばしたんじゃないかなというところφ(.. )
まあこれだけ業績悪くて資本減らしてたら仮想通貨どころじゃないでしょう
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8704&mode=k

みんなのビットコインのサイトを調べてみるとかなりヤバそうな匂いがプンプン
尋常じゃないくらいのハイペースでシステムトラブルや不具合起こしてるお。
資金力もなさそうだしシステムに投資するお金も持ってそうにないんで
むしろ楽天に買収されてよかったとおもうんだおねφ(.. )

みんなのビットコイン
https://min-btc.com/index.php

今回少し驚いたのがみんなのビットコインを買収したのが楽天カードってこと
ついこないだ楽天は組織構成を大きくかえて金融部門を楽天カードに変更しましたΣ(゚д゚;)
一般的には金融部門のトップといえば銀行とか証券が選ばれるもんだけど
楽天では金融部門で一番稼いでる楽天カードをトップに据えたようですね

いずれ仮想通貨業界もSBI、楽天、GMO、DMMあたりが牛耳るんじゃないでそかね
マネックス傘下のビットコインも悪くはないけど親会社がちょっと弱いしね
さらにいうとDMMもそのうち何年かしたら銀行業に参入する気がすんだおね
ただDMMの場合はどこの銀行もあまりタッグを組みたがらないで敬遠されやすいんで
そのあたりの出資関係とかがかなりハードルになりそうだけどね(´・ω・`)


2018年07月12日
LINE、仮想通貨交換サービス「BITBOX」7月から提供 日米以外で
2018年06月30日
独自電子マネー開発、エイベックス フィンテック事業参入
2018年06月16日
ヤフー、仮想通貨交換に参入へ 登録業者に資本参加

2018年06月06日
マネーフォワード、仮想通貨交換事業に参入

2018年06月04日
SBI、仮想通貨の交換参入 手数料最低水準めざす
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-06-04.html

2018年05月26日
サイバーエージェントが仮想通貨業に参入断念


ss2286234570 at 16:25|PermalinkComments(0)

2018年04月12日

楽天、ついに携帯電話事業参入が認められる

楽天参入で値下げ競争激化、格安スマホ淘汰も 既存事業者にないサービス期待
2018.4.7 06:03
楽天の携帯電話事業への参入が総務省に認められる見通しとなったことで、寡占状態にある市場が活性化し、利用者にとっては料金値下げやサービス充実への期待が高まる。ただ、普及の兆しが見え始めた格安スマートフォンにとっては新たな参入者の登場で競争激化は避けられず、事業者の淘汰(とうた)が進む可能性もある。
楽天には、電子商取引(EC)や小型無人機「ドローン」、農業など各種事業と連携した既存の携帯事業者にないサービスの提供にも期待する。
一方、楽天の参入で独立系の格安スマホ事業者にとっては状況が厳しくなる可能性もある。格安スマホ事業は利幅が薄い上、携帯大手の子会社などが運営する格安スマホのサブブランドにも押されているからだ。
0412











ようやく楽天の携帯電話事業への参入が認められる見通しになったようです
しかし、というかむしろ予想通りに楽天の株価は急落しました
参入の見通しがたったことで本格的にリスクが認識され始めたってことなんでしょか

今回の携帯電話事業への参入は長い目で見れば楽天にとっていい材料でそ
しかしそれはあくまで5〜10年後の話であって今の話しではありません。
少なくとも10年以内は設備投資への費用負担がかなりの巨額になりそうだおね。
それも数千億円で済むとは思えないんで数兆円って金額の話です。
当然そういった費用が先行で発生してくれば増資の可能性も高まります
今までのような1000億円とかのレベルの増資ではなく
数回にわたって1兆円とかそんな金額になったとしても不思議ではありません(´・ω・`)
これからいよいよ株主が財布にされまくる可能性は否定できなくなります。

総務省からも限定の意見付きの参入容認となっていているようで
「きちんと手を抜かずに利用者サービス向上のために投資しろ」と条件まで
つけられてるので手抜きの設備投資で誤魔化すってことはできそうにありません
足元で株価が下落してるのも当然といえば当然ってことでそうφ(.. )
先行投資が実るにはまだまだ長い時間がかかりそうだおね
長期的に見たら非常に良い投資だと思うしまったくその通りなんですが
5年以内の短〜中期で考えるとおもいっきり株価に蓋してしまう悪材料そのもの


楽天(4755) 794円 
時価総額1兆1391億円
携帯電話事業への参入ネタがでる前からずっと下げ続けてる楽天の株価
すでにアベノミクス前の株価に戻ろうかというような状況(´;ω;`)
底なしのズルズル下げでいつのまにか時価総額は1兆円割れの手前です。
そして今年に入ってから異常な割合で買い残数が増えまくるという悲惨な状態
まったくリバウンドしないんで逃げ場なしの地雷原みたいだおね。
ミクシィ、グリー、楽天あたりは株価の値動きがそっくりですね(((( ;゚д゚)))

2017年12月14日
楽天、第4の携帯会社に 回線に最大6000億円投資 電波取得申請へ


ss2286234570 at 04:41|PermalinkComments(1)

2018年01月14日

ネットダフ屋チケットキャンプと泥棒市場メルカリの関係について

ミクシィがチケット二次流通マーケットの「チケットキャンプ」を115億円で買収
2015年3月19日
フンザは2013年創業の国内最大級のチケットフリマサービス「チケットキャンプ」を運営している。コンサートや演劇、スポーツなどの公演チケットをユーザー同士で取り引きできる二次流通プラットフォームで、競合にはチケットストリートがある。国内ではダフ屋行為の横行から、チケット転売にはネガティブなイメージがあるが、フンザによれば、取引件数やチケット流通総額は急速に拡大していて、2014年12月の流通総額は約8億円(前年比603%)となっているという。背景には国内のライブ・エンタテインメントの市場自体の伸びがある。一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(ACPC)によれば、2013年には前年比136.2%となっている。チケットキャンプはスマホに最適化したUI・アプリを提供しているほか、エスクロー決済を導入するなど、利便性をあげてきた。同社の収益源は取り引き時に出品者・購入者双方から受け取る手数料だ。
0105












ミクシィ買収後半年を語る
チケットキャンプの月間利用者数は500万人、月次流通額は26億円超に成長
2015.11.19
創業2年ながら、今年3月に115億円という高い評価を受けてミクシィ・グループ入りを果たしたサービスがある。それがフンザの運営するチケットフリマサービス「チケットキャンプ」だ。発表当時、私は同社代表取締役の笹森良氏にコンタクトを取ったが、情報開示以上のコメントは控えるということで詳しい情報は得られなかった。しかしその後の成長は、月間の利用者数500万人、月次流通総額は発表当時から半年で約3倍の26.5億円にまで成長するなど、2社が期待していた以上のものとなったようだ。完全子会社化から約半年、笹森氏がグループ入りの経緯と成長について語ってくれた。
0106




フンザ代表取締役の笹森良氏と経営企画室 室長の寺谷祐樹氏









取引が急拡大する「チケットキャンプ」の功罪 チケット「高値転売」目的購入の根深い問題
http://toyokeizai.net/articles/-/187543
2017年09月08日
チケット転売禁止など法整備検討へ――。東京オリンピック・パラリンピックに向け、チケットの高値転売や転売を仲介する行為を規制するための法整備を、政府や超党派の国会議員によるスポーツ議員連盟が検討に入ったことを、8月31日付の読売新聞朝刊が報じ、ほかのいくつかのメディアも追随した。

ミクシィの「チケキャン問題」とDeNAの「WELQ問題」は驚くほど似ている
2017/12/28(木) 11:54

チケットキャンプとフンザについて色々調べてたら中々面白い記事が多いですおね
今回のチケットキャンプへの捜査とは間違いなく国の意向があるんでそねφ(.. )
政府は東京オリンピックに向けてまさに今、地ならしをしているところです。
チケットの買い占めや高騰を抑える法整備を進めてるまさにその最中だからこそ
チケット転売シェア70%のチケットキャンプに目をつけて叩いたってことでそ
おそらくこれから似たようなネットチケット販売業者や
それと結託したダフ屋業者や個人が次々と芋ずる式に逮捕されていく流れなんでそう

中でも最も興味深かったのはチケットキャンプ(フンザ)とメルカリの関係です。
実はフンザの元社長笹森良氏とメルカリの社長山田進太郎氏は元楽天の従業員で
楽天から独立した現メルカリ社長の山田進太郎氏が設立したウノウで働いてたと。
つまりかつてはウノウの社長が山田進太郎氏で部下が笹森良氏だったということです
お互いに楽天の同期入社かなにかで、今でも非常に仲が良いようですφ(.. )

これは個人的な意見ですが、楽天の社員はという非常に事業設立意識が高くて
とにかく楽天で働いて勉強したら会社を起こそうって人が多いです
それは悪いことじゃないけど、ビックリするくらい法令順守意識が低いんだお
なんていうか「法令なんてまず破ってから考えりゃいいだろ」的な思想の人種です。
だから楽天も楽天市場でしょっちゅう商品の2重価格問題で処分されてますよね
今回のチケットキャンプの問題も、その根源は楽天の従業員教育にあるんじゃないでそか
上場企業の従業員がシャブの密輸と転売で逮捕されるなんてシャブ天だけだおね
(ついこないだもシャブ天、いや。楽天の従業員が覚せい剤の販売で逮捕されてるし
0224











メルカリも盗品市場という異名を持つくらいモラルと順法意識の低い会社です
本人確認や口座確認が甘いので、盗んだものでも誰でも好きなだけ売ることができます。
はっきりいってしまうと誰でも簡単にマネーロンダリング(資金洗浄)ができるんだお
泥棒でも暴力団でも誰でも好きなだけ資金洗浄ができるフリマサイトってことです。
最近はようやくヤバイことに気がついて本人確認を明確化してるようだけど
逆にいってしまえば暴力団の資金洗浄市場になってた可能性だってあるわけで
それくらいメルカリは法令順守意識やモラルが最底辺まで低い会社なんだおね

そして今回メルカリ社長山田進太郎氏の盟友である笹森良氏が書類送検されたんで
自分が立たされてる位置がめちゃくちゃやばいって事にやっと気がついたようです
盟友が書類送検されてわずか2週間後にメルカリの上場を見送ると発言してます。
泥棒市場メルカリの経営者として、チケットキャンプの経営者逮捕の
自分が逮捕される可能性があるって事にようやく気がついたんでそうφ(.. )
いますぐ経営方針を見直して法令を遵守しないとブタ箱行きだってことに・・・

2017年02月23日
ヤク天さん、ついにシャブの窓口で覚せい剤のネット通販はじめる

メルカリ社長、早期上場を否定「タイミングみる」
http://www.sankei.com/economy/news/180113/ecn1801130031-n1.html

西成の泥棒市を彷彿とさせる豊富な品揃え、フリマアプリ界の西成ことメルカリ

泥棒市場と化した「メルカリ」 万引き本800冊出品でも放置


ss2286234570 at 05:29|PermalinkComments(2)

2017年12月14日

楽天、第4の携帯会社に 回線に最大6000億円投資 電波取得申請へ

楽天、第4の携帯会社に 回線に最大6000億円投資 電波取得申請へ
2017/12/14 2:00 日本経済新聞 電子版 
楽天は2018年1月にも総務省が新たに携帯電話向けに割り当てる電波の取得を申請する方針を固めた。25年までに最大6000億円を調達し、基地局などに投資する。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクグループに続く第4の携帯電話事業者に名乗りを上げる。大手3社による寡占に風穴が開くことで、日本の携帯市場は新たな局面に入る。
現在の携帯電話市場は大手3社が市場の9割を握っている。自前の回線を持たない仮想移動体通信事業者(MVNO)などの「格安スマホ」事業者もいるが、大手は子会社などを通じ格安サービスを提供しシェアを奪っている。楽天の参入で競争が加速、携帯料金が下がる可能性が高い。
18年1月にも携帯電話事業の新会社を設立し、19年度中にサービスを始める。総務省が携帯電話向けに開放を予定している、現在は防衛省などが使っている周波数帯の割り当てを申請する。
楽天は14年からNTTドコモの回線を借りて格安スマホ事業の「楽天モバイル」を提供している。今年11月には他社の格安スマホ事業を買収、140万件の契約を持つ。
楽天モバイルでは、楽天の電子商取引(EC)などでためたポイントを使って料金を支払える。グループで提供するサービスと携帯電話事業を組み合わせて特色を出す。
現在は1契約あたりの収入が低いうえ、ドコモに支払う接続料があるため利益率は高くない。自前で回線や設備を持てば投資負担は増えるが、サービス向上に経営資源を向けやすくなる。
通信料金の引き下げに力を入れてきた総務省としては、競争を促す新規参入を基本的に歓迎する立場だ。正式な利用申請を受け、年明けから本格的な審査手続きに入る見込み。財務基盤や基地局設置計画などをもとに、許認可について「慎重に審査していくことになる」(総務省関係者)。
1214













最近はSBIとかGMOがビットコインに数百億円規模で新規投資したり
第三者割当増資で国内外のビットコイン関連会社に活発に投資していますが
楽天はそれらの動きとは一線を引いて、メジャー志向の投資をするようですΣ(・ω・ノ)ノ
投資金額も桁違いで国内の回線整備に6000億円投資とか書いてあります

実際のとこ国内携帯事業なんて3社で完全独占されてる市場なので
ドコモもKDDIもソフトバンクも毎年8000億円〜1兆円なんて利益を稼いでいます
それくらい巨大な市場でもあるし、美味しい商売ともいえますφ(.. )
そして今回楽天がその携帯電話事業に本気で参入すると決めたようです
新規参入が増えればより競争が激しくなるので電話利用料金は下がります
厚い参入規制に守られて余裕かまして我が世の春を謳歌していた
ドコモやKDDIやソフトバンクには嫌なニュースでしかありませんが、
携帯電話(スマートフォン)をもってるユーザーにとっては大きな朗報でそう

こういう風に厚い参入障壁に守られて大儲けしてる業界って多いので
(携帯電話だけでなくマスコミとか特にテレビ事業とか)
楽天みたいな会社が切り込み隊長になって活躍するのは非常によいことだと思います
ただし6000億円を調達して2025年までに投資していくと書いてあるので
楽天が猛烈に株券印刷して既存の株主がダメージを受ける可能性はありえるでそ
しかも投資資金を回収できればその後に株価の上昇も見込める話ですが
それらはものすごく先の話になるのでいますぐ好材料にはなりません(´・ω・`)
楽天の行動自体はとても賞賛できるものの、投資については慎重になりそうだおね

楽天(4755) 1084円 −55.5円 (−4.87%)

https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4755.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss


ss2286234570 at 06:47|PermalinkComments(0)

2017年02月23日

ヤク天さん、ついにシャブの窓口で覚せい剤のネット通販はじめる

830万円相当 楽天社員が覚醒剤密輸
http://www.news24.jp/articles/2017/02/21/07354739.html
2017年2月21日 17:43 日テレニュース
インターネット通販大手「楽天」の社員の男が、末端価格830万円相当の覚醒剤を密輸しようとしたとして逮捕された。覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕されたのは「楽天」社員で、トラベル事業を担当する畑中邦夫容疑者(39)。警視庁によると畑中容疑者は20日未明、羽田空港で、覚醒剤約118グラム末端価格830万円相当をズボンの裾やリュックサックに隠して、台湾から密輸しようとした疑いが持たれている。
調べに対し、畑中容疑者は「身に覚えがない」と容疑を否認しているということだが、自宅からはガラスパイプなどが大量に見つかったという。畑中容疑者は、これまでに143回台湾に行っており、警視庁は、覚醒剤の売人として自ら密輸を繰り返していたとみて調べている。
0224










楽天に薬天トラブル、社員がヤク物の売人としてヤク天トラベルしていた容疑で逮捕
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65876152.html

しかしなんていうか楽天は毎回毎回やることのレベルが高すぎるおね(*´∀`*)ムフー
社内共通語を英語にしてくれたおかげで楽天の国際化が止まりません 
三木谷さんのおかげで楽天社員は英語ペラペラだから海外交渉もOK
どんどん海外に進出して白いおクスリを輸入して国内で販売する人が増えそう
まさに楽天社内で相乗効果が生まれた結果とえるかもしれません(*´∀`*)ムフー

今まで上場企業の社員がシャブを購入・使用して逮捕された例ならあるけど
上場企業の社員がシャブ密輸・密売して逮捕された例というのは存在しません
これまで日本国内では1例もなかったことをやり遂げたんだからこれはすごいことです
楽天はいつも「新しいことにチャレンジしろと社長みずからハッパかけてるので
将に社長の心意気を社員が実現してこんなニュースにまでなったんだから誇るべきでそ

楽天なんて入社してすぐに楽天カード30枚の契約ノルマを課せられたり
中途入社した営業社員が半年で逃げ出して辞めたりと話題に事欠かない会社です(´∀`*)
どんな残業してもサービス残業にカウントして無賃残業なんて平気でさせるし
深夜まで無理やり働かされてもタクシーも自腹で払って帰宅しろというステキな会社
これ以上ないくらいのブラック企業としてもとても有名な会社ですにょ(σ´∀`)σ
だからシャブの密輸・密売程度で楽天ブランドが毀損したりイメージ悪化もしません
楽天社員ならシャブの私用や密売くらいやってもおかしくないってのが世間の印象なので
この程度の事件で楽天の信用は下がらないし、イメージも悪化しないってのはすごいこと
まさに楽天社長の三木谷さんが普段からリスク管理を徹底してきたおかげだおね(*´∀`*)ムフー

そこで一つ思うのはこの密輸されたシャブの販売先だおねφ(.. )
楽天社内には長時間労働に従事させられてヘトヘトに疲労した社員がたくさんいます
ここで一発白いお薬を注入して元気になりたいって人が沢山いるステキな土壌。
社内でシャブの需要と供給がマッチしてるので社内通販の可能性もあるかもしれない。
ふつうの会社ならいくらなんでもそれはありえないだろと思ってしまいますが
これが楽天だと「もしかしたら楽天ならやりかねない」と期待してしまいます
芋づる式に楽天社員が20〜30人くらいシャブの購入と使用で逮捕されるという
そんなステキな続報をぼくちんは心の底から期待して待ってますにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 18:12|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2016年09月02日

楽天の国内事業が衰退、ライバルのヤフー・アマゾンに惨敗

楽天モデル曲がり角 1〜6月営業益12%減
2016/8/5 0:33  日経電子版
4日発表した2016年1〜6月期の連結業績(国際会計基準)は営業利益が前年同期比12%減の487億円と減益に転じた。電子商取引(EC)事業は4〜6月の売上高が7%増の725億円、営業利益が25%減の175億円と利益面で足を引っ張る。三木谷浩史社長はEC事業で年4割の成長を社内で厳命していたが、旅行などを含まない「楽天市場」単体では今や横ばいとみられる。
主役の座を奪ったのがアマゾンだ。調査会社によるとすでに利用者数で楽天を上回った。消費者に合った商品を提案する機能や送料無料化、配送時間指定をいち早く始めてニーズを捉えた。アマゾンが商品をいったん買い取ってから販売するため価格やサービスを統一しやすい。この点で、管理を店舗に任せる楽天は消費者から「検索ワードと違う商品もでてきて精度が低い」「店ごとに送料が違いわかりにくい」といった不満が多い。
アマゾンだけではない。出店料を無料にして店舗を増やしているヤフーのほか、安い商品や中古品を消費者同士が売り買いするメルカリが急成長している。世界ではフェイスブックやインスタグラムで人気タレントが紹介した商品を選ぶ潮流が広がっている。楽天はここでも乗り遅れ、東南アジアや欧州で撤退した。ある出店企業幹部は「楽天は守りに徹する雰囲気があり、失敗しても他社にはない新サービスを生もうという気概がみられない」という。

もがく楽天、じわり客離れ 「支持率」アマゾンに軍配
楽天の2015年12月期の「国内EC流通総額」は前期比10%増の2兆7千億円。16年1〜3月期は前年同期比12.5%増だった。一見、順調だがこれは「楽天トラベル」など複数の事業を合算した数字だ。同社は昨年から「楽天市場以外のEC(電子商取引)が増えミスリードになりかねない」と楽天市場の単独業績を開示しなくなった。関係者によると、単独では横ばいに近い数%の低成長にとどまるようだ。
国内のネット市場で一人勝ちだった楽天を脅かしているのは、世界市場を席巻する米アマゾン・ドット・コムだ。楽天が足踏みするなか、15年度の日本市場の売上高は前年比2割増の約1兆円に成長。約4万4000の出店者の売上高を合算した楽天の「流通総額」とはまだ差があるが、調査会社のニールセンによると5月の利用者数は既に楽天を逆転している。消費者は両者をどう見ているのか。日経MJは、楽天とアマゾンのどちらが優れているか比較する調査を実施した。サービスとして「どちらが好きか」を聞いたところ、約6割がアマゾンを支持。計10項目で楽天は3勝7敗と引き離された。とりわけ「商品の探しやすさ」「配送の便利さ」「価格表示の分かりやすさ」などネット通販の本質的な要素でアマゾンが圧倒している。
※メールアドレスを登録すると全ての記事が読めるみたいです
0903

















楽天の苦戦はかなり前からニュースになってるおねφ(.. )
海外事業に力を入れて英語の社内公用語をおしすすめたのはいいけれど
海外事業がどこも大炎上してほぼ全ての国で撤退事業縮小という悲惨な結果
一体なんのために英語を強要したのかすらわからない自体になってしまいました(´;ω;`)

一番厳しいのは海外にいそしんでる間に国内事業にまで火がついたこと
高い成長率で稼ぎ頭だったEC事業がライバルのアマゾンとヤフーの切り崩しにあって
国内EC事業の成長率桁違いの大差つけられて完敗状況になってしまったんだお

楽天は国内でも金融事業とか旅行事業では大きな成長率を示せています
国内の事業全部が全部ダメって意味ではなく、ライバルが強力なEC事業で厳しいってこと。
ただ楽天がウルトラCを決めてアマゾンやヤフーに勝てる可能性はほぼ0%でそう
なぜならこの2社は唸るほどお金をもってて、人材も豊富で技術力にも長けているからです
仮に楽天が何か大きな技術革新や新サービスを発明したとしても
あっという間にまねされて同じサービスをぶつけられるから差がつけられないんだおね
ライバルの方が資金力と技術力で上回ってるから抜くことはほぼ無理だろとおもいます。

もし楽天がこの2社を突き放そうと思ったら別の事業を伸ばすしかないでそう
そうはいっても楽天モバイルなんてもろにヤフーモバイルと正面衝突しているし
デジタルな書籍事業やイーブック事業でももろにアマゾンと正面衝突しています
口でいうほど簡単に「まったく別の事業を伸ばす」ってのができるとは思えないおね。
唯一ありえるとしたら参入障壁が高くてライバルが入ってきにくい部門でそう。
銀行事業なんてまさにそれだし、スポーツ事業も同じことがいえますφ(.. )

もし楽天がこのままポイントばら撒き作戦で正面衝突してもたいした効果はないでそ。
(下手したらコストが高止まりして利益率が低下するだけの可能性もあるおね)
仮にすこし効果が出たところで結局はアマゾンとヤフーにまねされて終わるだけ
かなり頭を使って「ライバルがまねできない事業」でだし抜いて勝つしかなさそうなので
これからずっと楽天は苦戦し続けるんじゃないかなてのがぼくちんの推測だにょ(σ´∀`)σ

オリンピックのマラソンなら43キロ走り終わったらゴールなのでそこで終わりだけど
人材と資金が有り余ってるアマゾンとヤフーとの競争には果てというものがありません(´・ω・`)
決して倒れることのなさそうなメガ企業に挟まれて無限競争に突入したってことだお
勝てる可能性がないとはいわないけど、ものすごくしんどくて過酷なレースになりそうだおね

楽天(4755) 1322円 −10.5円 (−0.79%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4755.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
いつもなら下がってもリバウンドしてた楽天の株価ですが
ここのところずっと本格的なリバウンドがおきてないようです(´・ω・`)
やはり事業全体の成長率の低下を株価が織り込んでるのかもしれませんね


ss2286234570 at 15:09|PermalinkComments(7)TrackBack(0)