yogurting ヨーグルティング

株式市況

2023年01月21日

1/20株式市況 〜どうなる銀行、メガバン株〜

東証大引け 反発、高値引け 中国景気回復とコロナ5類移行に期待
2023年1月20日 15:26 日本経済新聞
20日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比148円30銭(0.56%)高の2万6553円53銭の高値引けで終えた。中国が新型コロナウイルスを抑え込む「ゼロコロナ」政策の終了により景気が上向くとの期待感が支えとなった。同日のアジア株が総じて上昇したことも投資家心理を上向かせた。
業種別では、中国経済の回復期待を背景に鉄鋼や空運、海運など景気敏感株の上昇が目立った。岸田文雄首相が20日、新型コロナウイルスの感染症法上の扱いを巡り季節性インフルエンザと同じ「5類」へ今春に移すよう指示したことも国内経済の支援材料になるとの見方につながった。
東証プライムの売買代金は概算で2兆2935億円。売買高は9億5227万株だった。東証プライム市場の値上がり銘柄数は1320と、全体の約7割を占めた。値下がりは429、変わらずは88だった。

三井住友FGなど金融株が売られる、日銀YCC現状維持で利ザヤ改善期待しぼむ
2023年01月18日12時43分 Kabutan
三井住友フィナンシャルグループ<8316>が後場一段安となった。日銀はこの日まで開いた金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決めた。イールドカーブ・コントロール(YCC)の運用に関しては、長期金利の変動許容幅の上限を0.50%程度で据え置いた。市場の一部では変動幅の拡大に対する思惑があった。

三菱UFJ、三井住友FGなどメガバンクに強弱観対立、決定会合通過後も注目度高い
2023年01月19日09時06分 Kabutan
三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>三井住友フィナンシャルグループ<8316>みずほフィナンシャルグループ<8411>は売り優勢。ただ、メガバンクに対する投資家の注目度が急速に高まるなか強弱観が対立、下値では押し目買いも観測される。前日の日銀金融政策決定会合の結果はイールドカーブ・コントロールの許容変動幅拡大など政策修正の動きはみられず、メガバンクにとってはネガティブ材料となり失望売りを誘発した。しかし、売り一巡後は下げ幅を急速に縮小させる動きをみせた。


すこし前は日経が弱くても強くても銀行株だけは上がってる状態だったわけですが
日経がそこそこ底堅い値動きだったんで銀行株も折り返してきてはいますがφ(.. )
まあ明らかに以前のような力強さはなくなってきてジワジワ売られる日が多いですね。

以前のような強い利上げ傾向が薄れてきたからなのか、それとも利益確定売りを浴びてるのか原因は様々ですがおそらくそれら要因すべてが影響してるでしょう。
そもそも株価上がってくると利回り下がってくるんで旨みも減ってきますしね(´・ω・`)
これほど短期かつ急激に上げたら利益確定の売りが嵩んでくるのは当然のことです
個人的にも最近はあまり銀行株は監視しなくなったし、引け後に見るくらいです
(自分が持ってたみずほ銀行の株をすべて売っぱらったんで当然といえば当然ですが)

最近は明らかに鉄鋼セクターがバブルで資金が流れ込んでるんで監視はもっぱら鉄鋼
市場全体でも機関投資家も個人投資家も鉄鋼セクターばかり注目してる地合いなので
銀行セクター自体があまり注目を得てないんで資金が入りにくいのかもしれません

日銀の人事や日銀の動向も銀行株の今後の動きに大きく影響するのは間違いないですが
直近においては黒田総裁が「緩和を継続」と発言してしまっているのでΣ(・ω・ノ)ノ
銀行セクターとしてはやや向かい風で、材料がなければ単独で上がりそうにありません。

また、1/20(金)はドル円の為替が一時130円50銭あたりまで急激に円安に動いたものの
FRBメンバーが次回の利上げ幅を「0.25%を希望」と発言したことで円高に振れました
130円50銭からあっというまに129銭50銭付近まで押し戻されたようです(´・ω・`)
黒田総裁の金融緩和の継続発言でドル円は円安に振れて動いてきましたが、
このままアメリカで0.25%の利上げに縮小となればまた円高圧力が増してきます

このままアメリカの利上げ幅の縮小が続けば、いずれ利下げの話が出てくるのは必定。
特に今回はタカ派のウォラー理事が利下げ縮小発言したことで影響が大きかった様子
タカ派の理事が利上げを容認するってことは利上げは0.25%ってことなんでしょう。

ウォラー理事の発言を受けてダウに比べてハイテク系企業の株価とNASDAQが急騰
タカ派が0.25%の利上げを希望したことでおそらく次回の利上げも0.25に着地でそ。
ここまで激しいインフレと利上げで売られてきたアメリカのIT企業の株価も底入れ
日本のハイテク株も来週は強めに上がっていくんじゃないかと予想してますφ(.. )
アメリカでは大手IT・ハイテク企業の株価が軒並み非常に大きく上がってますね

新日鉄(5401) 2,628円 +73円 (+2.86%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5401
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5401.T/chart

Amazon 97.25 +3.57 (+3.81%)
https://finance.yahoo.co.jp/quote/AMZN/chart

Google 99.28 +5.37 (+5.72%)
https://finance.yahoo.co.jp/quote/GOOG/chart

Microsoft 240.22 +8.29 (+3.57%)
https://finance.yahoo.co.jp/quote/MSFT/chart

FRB理事「0.25%利上げを希望」 FOMCの次回会合で
2023年1月21日 3:06 日本経済新聞
米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事は20日の講演で「(2月の)次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)では0.25%の利上げを希望する」と明言した。利上げを減速して金融引き締めの効果を見極める局面だという従来の見方について「この先も波乱はなさそうだ」と説明した。

米国株15時、ダウ反発 ハイテク株に買い
2023年1月21日 5:02 日本経済新聞
20日の米株式市場でダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発している。15時現在は前日比239ドル61セント高の3万3284ドル17セントで推移している。前日夕に発表した四半期決算を受けて動画配信のネットフリックスが急伸し、ハイテク株を中心に買いが優勢となった。
米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事が20日午後の講演で「次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)では0.25%の利上げを望む」と述べた。前回の0.5%からの利上げ幅縮小を明言し、株買いを促したとの指摘があった。
キャプチャ



ss2286234570 at 08:09|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年01月20日

東京電力、家庭向け3割前後の値上げ申請 来週にも

東京電力、家庭向け3割前後の値上げ申請 来週にも
2023年1月20日 14:23  日本経済新聞
東京電力ホールディングス(HD)は来週はじめにも一般家庭向け電気料金の値上げを経済産業省に申請する。経産省が認可する規制料金とよばれるプランで、家庭向け契約の過半を占める。申請する値上げ幅は3割前後となる見通し。国の審査を経て今夏までの料金引き上げを目指す。東電が規制料金を上げるのは東日本大震災後に収支が悪化した2012年以来、11年ぶりとなる。
実際の値上げ幅は、東電の申請後に経産省の審議会で妥当性が議論された上で最終的に決まる。審査には数カ月程度がかかる見通しで、東電は電力需要が高まる夏までに値上げを実現させたい考えだ。
電気料金には「燃料費調整制度(燃調)」に基づいて3〜5カ月前の石炭や液化天然ガス(LNG)の輸入価格を自動で反映している。規制料金には転嫁の上限が設けられており、超過分については各社が負担する仕組みだ。
ウクライナ危機以降の資源高や円安で発電に使う燃料の調達コストが上昇し、東電では22年9月に上限に到達した。電気を売れば売るほど赤字が積み上がる状況だ。足元のLNGの価格はウクライナ危機後のピーク時より2割低くなったが、新型コロナウイルスの感染拡大前の19年12月と比べると2.5倍の水準にある。石炭の価格も5倍になっている。値上げで採算の改善を急ぐ。
経営が厳しいのは他の電力会社も同じだ。東北電力中国電力などの5社も22年11月以降、燃料高などを理由に3〜4割前後の値上げを経産省に申請した。北海道電力も検討中だ。
経産省の審査では値上げ幅の圧縮に向け、燃料の調達費の抑制や経営の合理化を促す。原発の稼働が進む関西電力九州電力中部電力は現時点では値上げを検討していない。
キャプチャ



490円ちょいで買い始めた東京電力株、ズルズル下がるんで買い増しナンピンしてたけど
ようやく家庭電力の値上げ申請をしたこともあって株価が反発しました
とはいえ、今回の情報はすでに昨年12月には出てたので1ヶ月経ってやっとって感じ

しかし、電力会社が申請しても審査には数カ月もかかってしまうようなので
おそらく早くても4〜5月くらいから値上げが実際に行われるスケジュールの様子。
東電としては電力需要が増える2023年夏までには値上げをしたい意向のようですぬ

そもそも家庭電力は政府の支援で2023年から月間1,820円の支援金が出るらしいんで、東京電力管内の家庭電力が30%値上げされても1,820円分は値上げが差し引かれるらしい。
月間にたかだか1,820円も払えないんじゃそもそもそのへんがおかしいと思いますが
とりあえず国民の不満を抑えるための対策を政府が行うようですねφ(.. )

買い下がってるとはいえ平均持ち値は470円台なので現在ももろにマイナスです
個人的には東電の含み損も政府に支援して損失補填してほしい気持ちです(´・ω・`)

正直なところたった30%の電気料金値上げなんてのは甘すぎでしょうφ(.. )
株価を上げて復配するためにはむしろ300%値上げしてほしいという気持ちです
株価1,000円まで引き上げて復配してくれるなら電力料金なんてどうでもいいおね。

三井松島もチャートが上抜けしたっぽかったし配当もいいので少し前に買いました。
利回りがいいので3月末あたりに見直し買いが入るかなと期待してのして購入
時価総額も500億円ない小型株だし、配当利回りも高いというメリットもあるんで

三井松島ホールディングス(1518) 3,345円 +110円 (+3.40%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=1518
https://finance.yahoo.co.jp/quote/1518.T/chart
三井松島はチャート的にも上昇トレンドに再度入ったいい感じなので買っただけですが
配当利回りが8%以上あるので3月末までに買われやすいと期待した銘柄です。
しかも小型株なので個人の買いが入ると急騰しやすさもある点もメリットがあるので
4,000円以上で売れたらいいな〜って感じなので春の内にはおそらく売るでしょう。

東京電力HD(9501) 452円 +14円 (+3.20%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9501
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9501.T/chart
電力料金の引き上げと原発再稼働の進捗しだいで買われそうだなと購入した銘柄です。
2023年夏になれば電力需要の増加でまた上がるんじゃないかなと期待してます
700〜750円あたりまで上がったら売りたいと期待しています(*´∀`*)ムフー




ss2286234570 at 16:47|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年01月17日

1/17株式市況 寒波銘柄を考える

寒中らしい寒さ 東京都心など今季一番低い所も この先10年に一度レベルの低温注意
2023年01月17日16:29
1月20日(金)は、二十四節気の「大寒(だいかん)」。暦に合わせるかのように、強い寒気が襲来する見込みです。20日(金)〜21日(土)は日本海側は広く雪で、北日本や北陸を中心に荒天のおそれ。札幌など北日本では、記録的に寒くなる所もありそうです。
来週23日(月)〜24日(火)は、更に強い寒波襲来。24日(火)は、大阪や名古屋の最低気温はマイナス2度、最高気温も2℃止まりと凍える寒さとなりそうです。東京も最高気温が5℃と、震える寒さとなるでしょう。名古屋など太平洋側でも雪が予想されていて、厳しい寒さとなりそうです。

列島覆う強烈寒波、売り上げ好調でホットな「厳冬関連」株を追う <株探トップ特集>
2021年01月18日19時30分 Kabutan
強烈な寒波が日本列島を覆っている。昨年12月半ばには、新潟・北陸を中心とした 大雪により関越道で多くの車が立ち往生し、自衛隊に災害派遣を要請するに至った。今年に入っても寒さは衰えることなく、各地で大雪をもたらし多くの雪害が発生している。ただ、こうした強烈寒波に襲われるなかで売り上げを伸ばす業態も少なくない。厳冬ニッポンなんのその、ホットな関連銘柄を追った。

にわかには信じがたいですが、比較的ここまで暖冬だった気温がここから急変し⛄
来週の1/23(月)あたりから北海道や北日本だけでなく大阪・関東も寒波だそうです。

東京でも都心部の港区・千代田区・渋谷区・新宿区あたりはそう寒くはないですが
すこし郊外の週間天気を見ると普段ではまず見ないような低気温が並んでいます
中央線をおおよそ西側に移動していくと国分寺より西側は恐ろしく低気温です(´・ω・`)
−2〜−3℃ならたまに聞きますが−9℃とかそれほんとかよみたいな寒さですね

東京都調布市
https://weathernews.jp/onebox/tenki/tokyo/13208/
0101








東京都武蔵野市
0202








東京都昭島市
https://weathernews.jp/onebox/tenki/tokyo/13207/
0303








数年前だかもっと前か記憶にはないですがけっこう雪が積もった記憶があります
東京なのでさすがに30〜40僂眄僂發蠅泙擦鵑15僂らいは積もってたようなφ(.. )
今回2023年はそう雪は降らないみたいですが寒さが非常に厳しいようです(((( ;゚д゚)))

雪が降って積雪が多いとカー用品が売れてイエローハットとかオートバクスとか
あるいはKeePer技研あたりが上がりやすいのですが今回はやや厳しいかも。
純粋に寒さが厳しいだけならハニーズみたいな衣料品系がよく上がってますよね
その他では暖房に関わってる電気とかガスとか灯油とか石油系とかかなφ(.. )
今の内から少しでも銘柄を絞っていると後々で迷わないので探しておくのもいいでそう




ss2286234570 at 20:58|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年01月16日

1/16株式市況 〜さよならメガバン、さよならみずほ銀行〜

東証大引け 6日ぶりに反落 円高重荷 ファストリが急落
2023年1月13日 15:27 日本経済新聞
13日の東京株式市場で日経平均株価は6営業日ぶりに反落し、前日比330円30銭(1.25%)安の2万6119円52銭で終えた。米国のインフレ減速や日銀が一段の政策修正を実施するとの思惑から、外国為替市場で円高・ドル安が進み、投資家心理の重荷となった。前日発表の四半期決算が嫌気されたファストリが8%下落し、1銘柄で日経平均を200円あまり押し下げた。
前年同月比でも上昇率は鈍化した。米連邦準備理事会(FRB)の利上げペースが鈍化するとの見方から、外国為替市場で一時、1ドル=128円台まで円高・ドル安が進んだ。業績の改善期待が後退しトヨタなど自動車株への売りが目立った。
13日の国内債券市場では、長期金利が日銀の許容する変動幅の上限(0.5%程度)を大きく超える場面があった。日銀が来週17〜18日に開く金融政策決定会合で追加の政策修正に動くとの思惑が強まった。金利の先高観が強まり、利ざやの改善を意識した買いが銀行株に集まった。三菱UFJなどメガバンクが連日で昨年来高値を更新。コンコルディふくおかFGなど地銀株も軒並み大きく上昇した。

日本株ADR13日 買いが優勢 みずほFGなど金融高い
2023年1月14日 6:16 日本経済新聞
13日の米株式市場で日本株の米預託証券(ADR)には買いが優勢だった。同日に四半期決算を発表したJPモルガン・チェースなどの米銀行株が上昇し、みずほFG三菱UFJ三井住友FGなどに買いが波及した。一方、足元の円高基調が嫌気され、ホンダトヨタソニーGは売られた。
1/14(金)の引けから土曜にかけて、メガバンと地銀の話でネットで盛り上がりまくり(*・ω・)ノ
Twitterでもヤフーファイナンスでもこれでもかという含み益のアップ画像が氾濫
金曜の晩に銀行株のADRが高かったことでこの世の春みたいな楽観論が横行しました🌸

こういうのってまさに典型的な天井フラグと言えるでしょうねφ(.. )

ちなみに今回は銀行株はみずほ銀行しか持ってなかったけど予想外に上がったので
2,000円手前からどんどん売って木曜〜月曜で全部売却し終わりました
その前にもちょこちょこ売ってたんでド天井で売りさばけたわけではないんですが
期待してた以上の高値でみずほ株を売りさばけたのでこれはこれでよしとしましょう

三井住友フィナンシャルグループ(8316) 5,561円 −159円 (−2.78%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8316
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8316.T/chart
0119











みずほ銀行(8411) 2,009円 −34円 (−1.66%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8411.T/chart
0118










まあ個人的には天井フラグがどうとかなんて後付けの話なんでどうでもいいですが
一番気になってるのは昨年2022年1〜2月の銀行株の値動きを思い出すことですよね

2022年1〜2月のみずほ銀行なんてものすごく極端な動きしてるのがわかります(((( ;゚д゚)))
あの時も2021年11月くらいから内外の利上げニュースに牽引されて銀行株が上がって
2月2日の四半期決算日までは強かったのに決算後から少ししてキツイ暴落してます

三菱UFJ銀行や三井住友銀行もほぼ同じような動きをしていますφ(.. )
この時期はアメリカが利上げし始めて日経も激しく急落した時期でもあったんわけで
四半期決算だけで銀行株が総暴落したわけではないだろうけど超エグイ下げでした
直前まで利上げ期待で上げてた銀行株は悲惨なくらい下げて、その後反発してます

2022年1〜2月は内外の利上げや利上げ期待による業績期待で上げてましたが
実際に出てきた四半期決算は期待外れでその後ものすごく叩き売られて下げてます
利上げは確かに銀行の業績を改善させるけど、一朝一夕でいきなり改善するわけじゃないんで、結局時間がかかるから投資家の期待には応えなかったんでしょう

2023年の今回も国内の利上げで銀行株の業績回復で急激に買われてはいますが
だからと言っていきなり足元の業績が回復して決算も良いとは限りません
もしかしたら利上げそのものの効果が出るのはかなり先にズレ込むってことになれば
ここまで買い上げられた株価は、期待を裏切らていきなり大きく下げるかもしれません

そう考えると銀行株は一旦は四半期決算の開示前に売っとくべきと考えますφ(.. )
少なくとも2月の頭くらいまでには一旦売って様子見かなというのが今回の読みです。
(だからって絶対当たるってわけではないけど、過去を参考にしたの予想ってことです)


ss2286234570 at 19:29|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年01月14日

楽天G、社債2500億円発行へ(利回り2〜4%) 携帯電話事業に充当

楽天G、社債2500億円発行へ 携帯電話事業に充当 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC068R50W3A100C2000000/
2023年1月6日 19:41 日本経済新聞
楽天グループが個人投資家向けに2500億円の社債を発行する準備をしていることが6日、わかった。楽天Gの個人向け社債の一度の発行額としては最大となる。27日に条件決定する予定で、2年債で利率は2〜4%の範囲内としている。 同日、関東財務局に訂正発行登録書を提出した。申込期間は1月30日〜2月9日、払込期日は2月10日。償還期限は2025年2月10日までの2年債となる。日本格付研究所(JCR)からシングルAの格付けを27日に取得する予定だ。 楽天Gは携帯電話事業の苦戦が続いている。米格付け会社のS&Pグローバルは22年12月に楽天Gの長期発行体格付けを1段階引き下げ「ダブルB」にした。携帯電話事業の業績改善が遅れる一方で資本性資金の調達が進まず、業績や財務内容が従来の想定を下回る可能性が高まっていると判断したためだ。



楽天証券 楽天モバイル債
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/bond/jbond/rakuten_mobile/new_issue02.html
main








毎年2月10日および8月10日(年2回)【初回利払日:2023年8月10日】

楽天証券 楽天モバイル債
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/bond/jbond/rakuten_mobile/new_issue.html
main








毎年6月13日および12月13日(年2回)【初回利払日:2022年12月13日】
img-01








さて、ネットでも話題の楽天モバイル債の新発債が楽天証券サイトにも載ってました
前回の楽天モバイル債は利回り0.72%という恐ろしく安い利回りでも完売してました。
今回の利回り2〜4%なら申し込み殺到して一瞬で完売して終わりでしょうねφ(.. )

まぐれで当たるかもしれないんでとりあえず楽天モバイル債に注文するつもりです
ただし利回りが低かったらアホらしいんで利回り3.5〜3.6%以上あったらならば
さすがに3%もなかったら利回りいい銘柄でも探した方がマシなのでいらない。

たしかに賛否両論あるけど、たいして気にしてもないので素直に買ってみたい気持ち。
もし本業が大赤字で損失垂れ流してるってのならもちろん絶対買わないですけどね👹
本業が利益稼いでて子会社の楽天モバイルだけが赤字で足引っ張ってるって話なら
実際に会社全体が危うくなったら離脱する方法なんていくらでもあるでしょφ(.. )

利用者の保護なのか携帯事業に参入したら5年間は離脱できないって縛りあるらしいけど
それなら一時的に投資大幅抑制して損失額を抑制して時間稼ぎするって手法もあるし、
そもそも参入したのは楽天モバイルなんで楽天本体は無関係だって言い張ればいいわけで。
楽天モバイルを見殺しにして切り捨てて離脱すりゃいいって考えもあるでしょう

国は利用者保護を図るようにとあれこれ口はさんでくるけどただそれだけのこと。
そもそも既存のキャリア大手は楽天モバイルみたいなのが残ったら面倒なんで
楽天モバイル引き取れって言われたら喜んで引き取ってお終いだと思うんだおね
(楽天モバイルを生かしとくと将来的に損するるのは自分達だと分かってるから)

しょせん楽天モバイルなんて三木谷が意地で遂行してるからドロ沼なだけであって
撤退したらそれだけの話なんで、後はもうやるかやらないかの判断だけでしょ(´・ω・`)
もし仮に楽天がモバイルから撤退とかって話になったら買い手が必要なんだけど
既存のキャリア大手は楽天モバイルがこの世から消えてほしくて仕方がない訳だし
Povoっていう格安スマホ運営してるKDDIあたりが大喜びですぐさま買い取るでしょ
(国からの買い取れっていう無言の圧力ももちろんあるだろうけど)
離脱する方法ならいくつもあるのに「楽天モバイルが〜」とか周囲が騒ぎすぎでしょ。

楽天グループ(4755) 622円 −8円 (−1.27%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart
時価総額 9,890億円

2017年12月14日
楽天、第4の携帯会社に 回線に最大6000億円投資 電波取得申請へ

2018年04月12日
楽天、ついに携帯電話事業参入が認められる

2020年03月03日
楽天の携帯料金、大容量で月額2980円? 日経が報道

2022年05月20日
「LINEMO」の申込み2.6倍、KDDI「povo2.0」の申込み2.5倍に増加!


ss2286234570 at 08:31|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年01月05日

1/5株式市況 〜地銀・軍需防衛下げ↓、ハイテク・グロース株上げ↑〜

東証大引け 反発 欧米株高、円安でも上値重い
2023年1月5日 15:35 日本経済新聞
5日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比103円94銭(0.40%)高の2万5820円80銭で終えた。金融引き締めへの懸念が後退するなか前日の欧米株が上昇した流れを引き継いだ。一時200円超上げる場面もあったが、日銀の政策修正を巡る不透明感が重荷となり上げ幅を縮小した。
4日に発表されたフランスの2022年12月の消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回る伸びとなるなど、ユーロ圏ではインフレ減速の兆しが出ている。米経済指標も低調で、当局による金融引き締めに対する過度な警戒が和らぎ、前日の欧米市場では金利が低下するなか株価が上昇。日本株にも買いが波及した。半導体関連などの大型グロース(成長)株が大きく上げ、指数の上昇に寄与した。
楽天グループ東エレクZHDが買われた。AGC日電産村田製も上昇した。半面、りそなHD第一生命HD京成は下落した。

12月FOMC要旨、高インフレ「想定より根強い可能性」
2023年1月5日 4:04 日本経済新聞
米連邦準備理事会(FRB)は4日、2022年12月13〜14日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公開した。参加者は高インフレが想定より根強くなるリスクに言及。早期の利下げ転換には慎重な考えを示した。
この会合では0.5%の利上げを決定し、利上げ幅を4会合連続で続いた0.75%から圧縮した。短期金利の指標であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標は4.25〜4.5%になった。同時に公表した経済見通しの中央値ではこの水準が23年末時点で5.1%となり、9月に示した前回見通しの4.6%から上方修正された。
0106



昨日1/4と今日1/5は日経やTOPIXの値動きと個別銘柄の連動性がおかしな日でした
先物はピョコピョコずっと日中も動いてたけど個別の値動きに連動性がない。
指数に関係なく買われてる銘柄は買われ、売られてる銘柄は売られるだけでした。

軍需・防衛銘柄
https://kabutan.jp/themes/&market=0&capitalization=-1&stc=&stm=0&page=1

地銀
https://kabutan.jp/themes/&market=0&capitalization=-1&stc=&stm=0&page=2

特に目立ったのがここ最近やたら上昇していた軍需銘柄や地銀銘柄です
メガバンはそこまで弱くないけど保険銘柄も上値が重くなってきました(´・ω・`)
さらに防衛費増額でここまでずっと上げてた軍需・防衛銘柄の主力が叩き売り
その中でも地銀セクターはここまで強く買われていたので売りが目立ちますね
昨日だけでなく、比較的株価指数がよかった今日も目を覆うばかりの売られっぷり。
明らかにここまで買い上げた機関投資家やファンドが売ってるような値動きでした
0107

















ふくおかフィナンシャルグループ(8354) 2,953円 −107円 (−3.5%) 
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8354
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8354.T/chart

千葉銀行(8331) 961円 −27円 (−2.73%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8331
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8331.T/chart

群馬銀行(8334) 504円 −8円 (−1.5%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8334
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8334.T/chart

地銀はこれまで圧倒的に市場の資金を引き付けて上がってたけど明らかに勢いが減退
金利絡みのニュースが出ても株価が反応しません既に色々と折り込み済みなのか?
日経そのものは地味に上げてるのにむしろ売られて資金が他に移動してる感じ(´・ω・`)
メガバンはそこまで弱くはないけど、その他では生保とか損保も資金が逃げてます。
この先下げに転じるのかは不明ですが、機関投資家とかファンドの資金が引いてる感じ。

三菱重工(7011) 4,952円 −89円 (−1.76%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7011
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7011.T/chart

川崎重工業(7012) 2,927円 −49円 (−1.64%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7012
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7012.T/chart

石川播磨重工(7013) 3,580円 −110円 (−2.98%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7013
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7013.T/chart

大阪チタン(5726) 3,610円 −15円(−0.4%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5726
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5726.T/chart

東邦チタニウム(5727) 2,510円 −80円 (−3.0%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5727
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5727.T/chart

軍需・防衛予算のアップで大きく買われてきた銘柄も軒並み弱くなってきました。
長期的にここが天井なのかどうかは不明ですが、足元ではまるで資金が入ってきません
三菱重工なんて日経が底堅い日も、支持線を叩き割るほどの強い売りが出てます

もちろん短期のリバ狙いならあると思うけど、支持線割れる強い売りが出たら微妙
セクター全体がすでに売られ始めたので長めにポジションを持つのは微妙でそ。
下手したら機関投資家の換金売り掴まされてただの肥やしにされるかもしれません。

ソフトバンク(9984) 5,745円 +105円 (+1.86%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart

楽天グループ(4755) 624円 +38円 (+6.48%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart

直近まで弱かったハイテク株、グロース株には資金が入ってきてるのがわかります
日経先物の動きにあまり関係なく弱い時間帯も売られないし株価が強くなりました。
機関投資家とかファンドがこれまで強かった銘柄を売って資金移動させてるというか
投資先の銘柄を入れ替えてるようなそんな印象を持つ値動きになってます(´∀`*)

楽天G、米リフト株の評価損2004億円 単独に計上
2023年1月4日 21:37 日本経済新聞
楽天グループは4日、保有する米ライドシェア大手リフト株の減損処理を実施し、2022年12月期の単独決算(日本会計基準)で有価証券評価損2004億円を計上すると発表した。約11%出資するリフトの株価が22年末に前年末比約7割下落したため。連結決算(国際会計基準)では四半期ごとに時価評価しているほか、デリバティブ契約により評価損益をヘッジしており「連結業績への重要な影響はない」としている。
20年12月期にはリフト株を担保に金融機関から約750億円調達した。契約期間は5年で、返済を現金かリフト株か選ぶことができ、リフト株で返済する場合にはリフト株の変動に応じて条件が付いている。



ss2286234570 at 19:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年12月24日

12/23株式市況 〜国策銘柄で高級ヒー〜

電力株がしっかり、東電HD6%高 政府が原発活用の方針決定
2022年12月23日9:36 ロイター
電力株が堅調に推移している。東京電力ホールディングスが6.6%高、東北電力が4.1%高、関西電力が3.1%高、九州電力が2.4%高となっている。午前9時25分現在、東証33業種で電気・ガス業は値上がり率トップ。
政府は22日に開催したGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議で、廃止原子炉の建て替えや運転期間の延長など原発活用の方針をまとめ、これが手掛かり材料となっている。

電力株が軟調相場のなか上昇、原発新増設など盛り込んだ政府方針決定で
2022年12月23日09時53分 Kabutan
東京電力ホールディングス<9501>関西電力<9503>東北電力<9506>中国電力<9504>など電力株が全体軟調相場のなか上昇。電力株を含む業種別株価指数「電気・ガス」は33業種中で値上がり率トップとなっている。政府は22日に開いたGX(グリーントランスフォーメーション)実行会議で、原発の新増設や建て替え、運転期間の延長などを盛り込んだ基本方針を正式に決定した。これを受け、原発の活用が進むことによる発電コスト低減への期待から、電力株全般に思惑的な買いが広がっている。

電気料金 大手電力10社で来年1月請求分も最高水準に
2022年11月29日 17時30分 NHKニュース
大手電力10社が国の認可を受けた電気料金は、燃料価格の上昇分が料金に反映できる上限に達しているため、来年1月の請求分も12月分と変わらず最も高い水準となっています。
10社すべてで火力発電の燃料価格の上昇分が料金に転嫁できる上限に達しているため、「規制料金」はいずれも12月分と変わらず、現在のプランでは最も高い水準となっています。
1223







1224




 ※動画へのリンクあり






ここ最近は毎年1月になると寒波が来て電力株が上がるというパターンがあるので
2023年1月は例年より寒くなるとか長期天気予報を調べた上で買ったわけですが
実際のところ株価的には今のところほとんど効果はありませんでした(´・ω・`)
ただ年末〜年始に寒波が波状的にきてまたぞろ電力需要逼迫ニュースが流れれば
来年以降もさらに株価をプラスに刺激する可能性はありえるでそう

これまで政府は「原発の建て替えは認めない」「原発の新設は認めない」としましたが、
今回政府は政策を180℃転換して「原発の再稼働」「原発の建替え・新設許可」というかなり踏み込んだ具体的方針に変更したことが注目をされていますφ(.. )
これは政府の政策変更なので仮に岸田が年明けに辞任したとしてもその後継続されます。

これまでは東北大震災のこともあって原発建て替えや新設は全面不許可でしたが
最近のエネルギー価格の高騰とウクライナ紛争以降の資源競争が激しくなってることで
資源の乏しい日本としては原発抜きにはエネルギー問題解決の方法がないと判断にいたり
今回このような大きな政策転換がなされたものと考えられますΣ(・ω・ノ)ノ
燃料のコスト高に苦しんでいた電力会社としては非常に大きな材料になるでそう。
投資の格言にある「国策銘柄を買え」というのはまさにこのことを指しますね
以前から(夏頃?)からニュースにもなってたけど今回のタイミングはラッキーでした

\府が原発再稼働および原発の建て替え・新規建設許可の判断をした国策銘柄
∪府が電力価格引き上げに対して許可を出しており収支が今後も改善しやすい。

1月以降も寒波襲来で電力重要逼迫となれば株価をさらに刺激する。

↓はともかく,箸砲く大きな株価材料になると予想されます(´∀`*)
なんせ国策の大転換ですから長期的に電力会社にプラス寄与が期待できますから。

東京電力(9501) 514円 +15円 (+3.01%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9501
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9501.T/chart
株価的には544円まで上げて超絶上髭なので上値はしばらく重いかもしれません(´・ω・`)
別に来週上げてほしいとかそんな短期目線ではないのでそこはどうでもいいでそ。
7月から4カ月以上ずっとダラダラ下げてたので売りたい人も多かったのでしょう。
ただし最近は材料がそろってきたので長期スタンスで持っていく予定です。
今年の2〜3月は110円ちょっと上げて12月の安値から+40%の上げだったので
11月の安値450円から+40%と計算したら目標価格は630円という数字が出てきます
春になって電力需要の逼迫が薄れたら一旦は再調整して下げる気がしてます。
ということで今回は12月〜1月に600円以上で売る予定で指値を出してあります。
まあ春に少し下げて、その後でまた7月に向かって上げていくと思いますけどね

みずほフィナンシャルグループ(8411) 1,842.5円 68.5円 (+4.0%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8411.T/chart
いつもだったら1,800円でさっさと利確してサヨナラと判断してるところですが
月足チャートが上昇に好転していることから少し長めに持つ予定ですφ(.. )
銀行株は大体いつも春先に上がって3月上旬あたりに天井みたいなパターンですので
遅くとも3月には売ります。銀行は為替の変動で外債で損してる可能性もあるんで
2/2あたりの四半期決算前までに売るのがベストかなと考えています(´・ω・`)
もし2023年に日銀がさらに利上げを容認したら再度上げることもありえるでしょう。








ss2286234570 at 08:24|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年12月21日

12/20株式市況 〜惨多さんが東証にもやってきた〜

日銀不意打ちに動揺 日経平均669円安、銀行株は急騰
2022年12月20日 20:12  日本経済新聞
20日の東京株式市場では日銀の大規模緩和修正に動揺が走った。国債利回りや円相場の急上昇を嫌気し、日経平均株価は前日比669円(2.5%)安の2万6568円と大幅な4日続落で終えた。金利の上昇を受けて不動産や輸出関連株に売りがかさむ一方、利ざやの改善が意識されて銀行株は急騰した。日銀の黒田東彦総裁は「金融引き締めではない」と強調したが、投資家は金融緩和の「出口」を一段と意識し始めた。
正午すぎ、日銀の政策修正の一報が伝わると市場に驚きが広がった。昼休み中だったため日経平均先物がまず反応し、前日清算値の近辺で推移していた2023年3月物は発表から3分余りで1170円安まで急降下した。
午後0時半に東京証券取引所で売買が再開すると、三菱地所三井不動産など大手不動産株が軒並み売り気配で始まった。長期金利が一気に約0.2%跳ね上がり、有利子負債の重荷が比較的大きい銘柄を敬遠する動きが広がった。楽天グループは前日比5%下げて半年ぶりに年初来安値を更新し、ソフトバンクグループも5%安で10月下旬以来の水準に沈んだ。東証REIT指数は年初来安値を更新した。
長短金利差の拡大による資金利益や運用収益の改善期待から、金融株には買いが集まった。三菱UFJフィナンシャル・グループは一時10%高と急伸。3メガバンク株はそろって年初来高値を更新し、地銀株も買い進まれた。ただ日銀の政策変更については「銀行経営にはプラスだが、短期的には外債に加えて日本国債でも損失を抱える可能性がある」(コモンズ投信の伊井哲朗社長)との声も聞かれた。
FjO42bnagAAGxdB



ニュースでYCC(イールドカーブ・コントロール)の話題が出てたのは知ってましたが
時期的にいえばさすがに年が明けてからだろうと思っていたのが実際のところ
まさかクリスマス休暇期間で機関投資家やトレーダーらが休みに入っている時期に
いきなり実質的な利上げ政策を発表してくるとはまったく思ってませんでした(´・ω・`)
おそらく日銀的にはこのタイミングを狙って踏み込んできたのでしょう。

米ドル円
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
1223










ドル円は週足で見ると130円のところに雲があって一応支える形になっています
目先では年末に少し戻して133円50銭くらいはあるかもしれませんφ(.. )
しかし、正直なところファンダ的には明らかに円高ドル安なのでいつまで持つか。
年明け以降のインフレ率が少しでも低下を見せればさらに円買いドル安加速でしょう。

ソフトバンク(9984) 5,726円 −292円 (−4.8%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
11/14の下げに比べればどってことはないけどテクニカル的にはきつい下げ(´;ω;`)
ここより下げるようであれば一旦利確して様子見してからまた買い直しするかも。
今後については週足チャート見ながらの判断になりそうです(´・ω・`)

日本電産(6594) 7,359円 −342円 (−4.4%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6594
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6594.T/chart
12/20の下げがどうとか、日銀のYCCがどうとか関係なく値動きが酷すぎ(((( ;゚д゚)))
12/15あたりからNASDAQが上げても寄り天でその後は異様に売られる展開多すぎ。
そもそも12/13以降から陽線が一本もなく、同セクターと比べても弱すぎ。
日本電産の広報部にクレームの電話入れたくなるレベルの弱さ。舐めてんのか

みずほフィナンシャルグループ(8411) 1,767円 +68.5円 (+4.0%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8411.T/chart
結果的に今回わりと助かったのはみずほFGのチャート信じて買い増ししてたこと。
11月末時点で月足チャートで雲を上抜けして長期トレンドが好転してるのに気がつき
1,700円から下でだらだら買い増ししてたら偶然YCCのネタで株価が急騰
本来は利回り良いし、長期的に株価が強そうなんで配当狙いで買っただけの銘柄
ちょっとだけ値上がりして配当貰えたらいいなくらい狙いが結果的に功を奏した形
月足トレンドが非常に強いんで安値では売らず2023年3月頃に売却の予定です。
長期で強いので2,200〜2,300円で売れたらいいなと妄想している銘柄ですφ(・ω・`)

メガバンだけでなく地銀銘柄を見てもどれも強いですね
https://kabutan.jp/themes/

東京電力(9501) 499円 +1円 (+0.2%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9501
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9501.T/chart
近年はエネルギー価格の高騰と電力の逼迫もあってよく上がってるのが電力セクター。
毎回年明けの寒波が来ると電力需要逼迫ネタで急騰する傾向の強い銘柄です
2022年は6月からいきなり酷暑で夏の電力需要逼迫ネタもあって上げています。
年末に買っとけばとりあえず2月末くらいには上がるだろうとずっと狙っていて、
11月末からトレンドが改善したんで480円以下から買い増ししてきた新入り銘柄
長期天気予報では年明けから強い寒波が入ってくるのが予想できてたのもあるけど
支援材料が湧いて出てきてるので長期的にも電力セクターは期待できます(*´∀`*)ムフー
\府が原発再稼働および原発の建て替え・新規建設許可の判断をした国策銘柄
∪府が電力価格引き上げに対して許可を出しており収支が今後も改善しやすい。


今回は12/21に途中まで書いていた内容を後から書き足した記事になりますφ(・ω・`)

ss2286234570 at 06:52|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年12月13日

米消費者物価指数(CPI)改善でダウ続伸、ドル円は134円台に急落⤵

米国株、ダウ続伸で始まる 市場予想下回るCPIを好感
2022年12月13日 23:48 日本経済新聞
13日の米株式相場でダウ工業株30種平均は大幅に続伸して始まり、午前9時40分現在は前日比533ドル63セント高の3万4538ドル67セントで推移している。13日朝発表の11月の米消費者物価指数(CPI)が前年同月比7.1%上昇と伸び率は前月の7.7%から大きく縮小し、市場予想(7.3%)も下回った。インフレ減速を背景に米連邦準備理事会(FRB)が想定より早く利上げを停止する可能性が意識され、幅広い銘柄が買われた。
米長期金利は一時3.42%と前日終値(3.61%)から大きく低下し、金融引き締めによる景気悪化が限られるとの見方が株式の買い安心感につながった。

米消費者物価、11月7.1%上昇 5カ月連続伸び鈍化
2022年12月13日 22:33 日本経済新聞
米労働省が13日発表した11月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比7.1%上昇した。伸びは5カ月連続で鈍化した。エネルギー価格を中心に高インフレには落ち着く兆しが出ている。賃金の伸びは高いままでインフレ圧力はなお根強く、米連邦準備理事会(FRB)は利上げの到達点を慎重に見極める。
上昇率は市場予想の7.3%を下回った。FRBの利上げペースが鈍化するとの観測からニューヨーク外国為替市場では円が一時1ドル=134円台と5日以来1週間ぶりの円高水準をつけた。物価公表前には137円台前半で推移しており、数分間で2円超の急騰となった。
エネルギーと食品を除いた物価の基調を示す上昇率は6.0%で、市場予想の6.1%を下回った。約40年ぶりの高水準だった9月の6.6%から2カ月連続で縮小した。
1214












ドル急落、米消費者物価指数前年比+7.1%に伸び鈍化
2022/12/13(火) 22:46 みんかぶ
11月米消費者物価指数は前年比+7.1%と市場予想+7.3%を下回った。前回10月の+7.7%から一段と伸びが鈍化している。この結果を受けて米債利回り急低下とともにドル売りが殺到している。ドル円は137円台割れから135円台前半へ下落。ユーロドルは1.05台半ばから1.06台半ばへと急伸。ポンドドルは1.23付近で神経質に振れたあと1.24台乗せまで急伸。

米ドル円
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
1214











前回12/9(金)に中途半端にインフレの再加速をにおわせるような材料が出てしまって
米ドル円が135円から137円台まで2.5円近く円安に戻したことが裏目に出ました
もし12/9に大きく円安にリバウンドしてなかったら素直に円高継続だったのに
137円50〜80銭近くまで円安に戻してしまったので、むしろハードルが低くなってしまい
今回12/13(火)の22:30の米消費者物価指数(CPI)がほんのちょっと鈍化すれば
ドル売り&円高と株高が確定してしまう流れがほぼ見えてきてしまいましたφ(.. )

現在のところは10日前にblogで書いた通りの展開になってきています(*´∀`*)ムフー
https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2022-12-04.html
ウクライナではすでに厳冬期に入ってロシアとの戦線が膠着状態になっています⛄
もちろん完全に凍結してしまえば泥濘したウクライナの沼地や川も凍結するので
もう少し戦車も動かしやすくなって戦闘も散発的に再開する可能性はありますが
もうすでにお互いに戦線が伸びて物資も補給も十分ではなくなってきてるので
春までは戦闘は沈静化して大きな軍の衝突はおさまると米情報部もいっていました

戦闘がおさまれば資源や小麦などの食料品などの輸出も再開しやすくなるわけで
2022年12月〜2022年3月までは穀物や資源価格のインフレは落ち行きやすくなります
むろんアメリカではまだ賃金の高騰が続いているのでインフレを刺激をするのですが
一方で住宅などの家賃の高騰は11月時点ですでに鈍化してるといっていました

今のところ、物事すべてがインフレ鈍化を示しているわけではないことは事実ですが
全体的にはおおよそすでにインフレの峠を越したような指数になってきています。
今後よほどのことがない限りは、インフレ低下で金利引き上げ幅も縮小してくでそう

NYダウ
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EDJI/chart

NASDAQ
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart

今後これから利上げ幅が縮小されて落ち着いていけば株高につながりますが
ただNYダウはすでに底値から+19%上げてるので色んな意味でやや織り込み済みです。
一方、利上げに弱いグロース株が多いナスダックはまだ安値をウロウロしてる最中なので
インフレの鈍化によって利上げ幅縮小の流れが強くなるほど上げやすいでそ(。・ω・)ノ゙
当然そうなることを予想してここまでNASDAQ連動型投信を買ってたわけです

3週間ほど前からず〜〜〜〜〜っとNASDAQ連動型投信を買い増ししてきたので
昨晩時点では少し含み損でしたが、これからは主力ポジションとして活躍しそうです
その他のグロース株系やハイテク株系の日本株もそろそろ本気だしてほしいですね。

今回の12月についていえば米消費者物価指数(CPI)の結果はあくまで前哨戦です
重要なのはあくまで12/15(木)04:00からの米FOMCになりますφ(.. )
1205





12月の金利発表自体は0.5%の上げで着陸するんでそう騒ぐほどではないですが、
その後から始まるパウエルFRB議長が記者会見でなにを語るかですよね。

おそらくその場で2023年以降のFRBの姿勢や利上げへの取り組みが明らかになり
場合によっては大きくドル円が動く可能性が考えられます(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
通常の場合は12月後半のクリスマス休暇に為替は動かないのが常識ですが
今回だけは、会見の内容によっては大きく為替が荒れる可能性が考えられます(´・ω・`)

ことと内容によっては新たなる数値や目標が示されて市場があらためて動揺し、
年末〜年始に130円割れまで動く可能性も捨てきれなくなると思いますφ(.. )

2022年12月04日
12/2株式市況 〜12月は米CPIとFOMCに注目!〜

2022年12月01日
12/1為替市況 靴磨きの少年登場からわずか1ヶ月ちょいで15円の円高


ss2286234570 at 23:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年12月10日

株式市況 2023年相場を見据えて

東証大引け 反発し326円高 香港株高が追い風、午後は膠着
022年12月9日 15:22 日本経済新聞
9日の東京株式市場で日経平均株価は3日ぶりに反発し、前日に比べ326円58銭(1.18%)高の2万7901円01銭で終えた。前日の米株式相場の上昇を手がかりに幅広い銘柄に買いが入った。9日の香港株や台湾株の上昇も追い風となり、上げ幅を広げる展開だった。
日経平均は前日におよそ1カ月ぶりの安値水準を付けていたため、目先の反発を見込んだ買いが入りやすかった面もある。主要な半導体関連銘柄で構成する米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が前日に上昇し、東京市場でも半導体関連の上昇が目立った。
東証プライムの売買代金は概算で2兆9321億円、売買高は11億2588万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1387、値下がり銘柄数は372、変わらずは77銘柄だった。
武田が年初来高値を更新。アドテストが5%超上げた。TDKソフトバンクグループも高い。一方、前日に2〜10月期決算を発表した積ハウスが下げた。スズキINPEXも安い。




12/9(金)夜は米生産者物価指数(PPI)がインフレ傾向を示したことで
来週のCPIでインフレ示すんじゃないかとかFOMCを懸念してアメ株が売られました。
カナダでもインフレ傾向がみられると中央銀行が語ってたんでそれも影響したのかも
まあ妄想と空想であれこれ語っても結局は来週を待つしかないので待つとします。

新コロ相場に入って以降、2021〜2020年は2年連続で爆勝ちをおさめましたが
2022年末に総理が新しい資本主義で非常に評判の悪い岸田に切り替わり、
それ以上に2020年11月からパウエルが超タカ派に寝返ったことで相場が荒れた1年でした
年末になってさらなる金融引き締めと2022年2月から利上げを打ち出したからです
その頃アメ株を買ってた投資層は初心者や未経験者が多かったので警戒心が非常に薄く
人気グロース株を揃えるNASDAQがまさかあれほど下げるとは思ってなかったのでしょう。

2022年に入ってもレバナスナンピン買いとかやって大半は退場してしまったはずです
そもそもレバレッジ投信は長期投資に向いてない商品にもかかわらず
商品知識もない初心者が飛びついて買ってたんだから結果がどうなるかは明白φ(.. )
基準価格は10,200円から最安値3,800円台まで下がって地獄絵図になりました👹
FjIacd1aAAQWgkW





















楽天レバナス
https://www.rakuten-toushin.co.jp/fund/nav/rilvns/
キャプチャ









【レバナス】レバレッジNASDAQ100長期投資スレ282 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/market/1670411401/l50

かつては1日で1レス消化してたレバナススレはもはや廃墟のように静まり返っています・・・
「哀れなレバナス民」「死んだレバナス民だけがよいレバナス民だった」など
煽り書き込みを見かけるだけでもはや生きてるレバナス民は書き込みすらしていません
ぼくちんがNASDAQ連動型投信を少しずつ買い始めたのは2022年11月からですが
今でも下がった日には少しずつ買い増して保有額を増やしています
こちらは短期ではなく2〜3年間保有を目的にして買い集めてるポジションになります


今朝、自分の過去1年間の取引履歴をあらためてすべてダウンロードして振り返ったところ
2021年11〜12月に持ち株を片っぱしからぶん投げて損切りをしていました
ちょうどその頃パウエルが3か月後の2022年2月から利上げを示唆していたので
日本でもすでに新興市場が崩壊し始めてマザーズもボロボロに売られてた時期です

銘柄を見て見ると三越伊勢丹H2OリテとかANAとかJR東日本とかアフコロ系ですね。
百貨店系はまだ薄利で売っただけですが、JR系と飲み屋の株を損切りしまくってます。
ちょうどその頃て持ち株をほぼ整理して(一部はそのまま残したのもあるけど)
2021年12月上旬になってから川崎汽船と商船三井、2022年1〜2月に日本郵船を
鬼のように買いまくって👹ポジションの90%近くが海運に株になるまで買って
2022年3/1〜3/12あたりに海運株をほぼすべて売却してポジ金額が10%に減ってますね。

もともとは2022年2月からのアメリカの利上げを見越していたからこそ
こんな売買をやっていたわけですが、結果的に2022年3月中旬〜2022年8月上旬までは
保有してたポジションが極端に少なかったので株下げのリスクをほぼ回避できました
2022年年初に海運株で儲けた金をそのまま利益確定して年末まで逃げ切ったので
損を取り返そうとムチャな取引したりする必要がなかったのも勝因の一つでしょう。

さて2023年相場は、すでにポジションを仕込み済みといったところですφ(・ω・ )
来年以降のグロース株の回復を期待してソフトバンクと日本電産を買って
その他では新興株を少し厚めに購入して場合によっては買い増しもあるでしょう
ただし新興株については2023年3月末までに処分しておく考えですぬ(´・ω・`)
その他の日本株についてもできれば2022年8〜9月には売っておきたいところですね。

個人的にいま一番リスクを懸念してるのは2023年以降の地震などですね
インドネシア近辺で大きな地震が起きると、それから数年後に北半球の日本近辺でも
大きな地震や津波が起きることが多いんでそれが今のところ気になっています

インドネシア・ジャワ島で地震、死者268人に 多くの子供が学校で犠牲に
2022年11月22日 BBCニュースJapan
インドネシア・西ジャワ州で21日午後1時20分ごろ、マグニチュード(M)5.6の地震があり、多数の死傷者が出ている。インドネシア国家防災庁(BNPB)は22日午後、確認された死者数は268人に達したと発表した。その多くは学校にいた子供だという。
BNPBによると、死者268人に加え、安否が未確認人の人は151人に上る。負傷者は1000人以上。2万2000棟以上の家屋が被害を受け、5万8000人以上が避難しているという。



ss2286234570 at 08:09|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加