yogurting ヨーグルティング

株価下落

2018年04月25日

HEROZ(ヒーローズ)、2試合連続でハットトリック決める!

人工知能将棋アプリのHEROZ、時価総額1611億円デビュー
(IPO当選組はノーリスクでテンバガー達成)

将棋AI「HEROZ」上場、株価急騰で問われる実力
社員数わずか39人、時価総額は1400億円に
2018年04月25日 東洋経済
同社の主な事業内容は、AI(人工知能)を活用したインターネットサービスの企画や開発、運営。収益の柱は、冒頭の将棋ウォーズに代表される消費者向け(BtoC)サービスだ。
1日3局までは無料で対戦することが可能で、月額600円で1日の対局数制限を外すこともできる。さらに同コンテンツで人気なのが120円の課金で自分の代わりに5手連続でAIに指してもらうサービス。この代行指しをしてくれるのが「Ponanza(ポナンザ)」という将棋AIだ。2017年に将棋の佐藤天彦名人に2戦2勝した最強の将棋AIで、初心者でも将棋の楽しさを味わえる工夫が人気の理由の1つになっている。
0427









HEROZの創業者である林隆弘CEO(左)と高橋知裕COO(右)

売上高がたった8億円しかなくて経常利益がたった3億円しかない。
妥当な時価総額なんてせいぜい100〜150億円でしかない。
ぶっちゃけAIとかほとんど何も関係もないただの将棋ゲームアプリで稼いでる
だけのHEROZさんの時価総額はまだ1100億円以上あるってのは驚異的だおねΣ(・ω・ノ)ノ
これからもさらに多くの遭難者を出しながら150億円に収斂していくんでそう。

今回の件で、HEROZの株をIPOで当てた人たちは笑いが止まらないでしょう
なんせ45万円(4500円×100株)が490万円(49,000円×100株)で売れたわけだし。
すでにロックアップが解除された10〜11%くらいの株主の人たちも
この世紀の高値でとにかく売って逃げるのに躍起になってるはずですφ(.. )
ただし売買代金が少ないので大株主ですらそう簡単にはまだ売り切れてないでそうけど。

問題は創業者と幹部社員がもっている残りの75%の株の行方ですおね。
この株券が180日後、つまり10月の下旬から市場に降りそそぎます

でも、一番怖いのはそこじゃなくて創業者がいきなり行方不明になるリスクでそ。
仮にロックアップが解除される10月下旬の時価総額が500億円あったとしたら
創業者の2名は持ち株35%を全部売り抜ければ各人が175億円をゲットできます
(二人合わせると350億円というと方もない資産家になれます)

0428














果してそのような状況になったとき、創業者が死に物狂いで働く気になるんでしょうか
ごく普通に考えたら、会社の事なんてどうでもよくなって引退して退社でしょ…。
HEROZクラスのCEOとCOOなら報酬はせいぜい年間1500〜2000万円ってとこだから
175億円を2000万円で割ると875なので875年分の報酬が半年後にゲットできる訳です
(もちろん時価総額を仮計算したあくまで仮定の数字ですが)
むろんロックアップ解除直後に全株売って創業者が退職したら批難轟々ですが
過去にそんなことをやったIPO銘柄があったかというとすでに実績はあります

まあさすがに180日後から持ち株売りまくって年末に創業者が2人も逃げた
東証も激怒して怒鳴り込んでくるかもしれないからそれはないかもですが、
すくなくとも事業意欲なんて全くなくなってやる気0になるのでは
そしてその1〜2年後にいつのまにか後任の取締役らを立てて
いつのまにか創業者がシラ〜ッと行方不明になる可能性は十分ありえます。
そして残されるのはただの将棋ゲームアプリの箱企業だけ(´・ω・`)
少なくともそれに近い可能性は十分覚悟して株を買うべきだと思うんだおね

例えばだけど、同じ状況に置かれたら自分だって即退職すると誰もが思うはず。
むしろサイバーエージェントの藤田社長みたいに17年間がんばって
経常利益300億円、時価総額6000億円にするほうが異常なんだおねΣ(・ω・ノ)ノ
冗談だと思う人もいるかもしれないけどそういう事例ってすでにありますから


HEROZ(4382) 35,000円 −7000円 (−16.6%)ストップ安2連続
時価総額1166億円
あたり前のように2日目も2連続ストップ安で引けました(*´∀`*)ムフー
ちなみに昨日の約定代金が90億円で今日の約定代金がたった2億円しかなかったので
昨日買った人の中で逃げのびれた人はせいぜい1%とか2%くらいでしょう
残りの人は全員が強烈な含み損をかかえて持ち越しに成ってしまったということ

明日以降もさらにロックアップ解除になった大株主が売り浴びせてくるでしょう
とんでもない安値で仕込んでるんでここで売れたらウハウハの濡れ手に粟ですから
とりあえず買い板にぶつけたら10〜20億円儲かるってわかってたら
どこの誰がその行為を躊躇するだろうかって話ですにょ(σ´∀`)σ
誰しもなんの躊躇もなく指値出した人を犠牲にして逃げていくと思うんだおね

ss2286234570 at 21:34|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年04月13日

サムスン証券、誤入力で巨額配当「支給」 株価一時11%以上急落

11兆円の大失敗で始まった「幽霊株」騒動が深刻化
2018年4月13日 11:49 bloomberg
11兆円余りの大失敗で始まった「ゴーストストック(幽霊株)」騒動が深刻化し、大統領府も対応を迫られる事態となりつつある。韓国最大級の証券会社、サムスン証券が従業員報酬プランに基づき社員に配当として1株当たり1000ウォン(約100円)を送金しようとしたところ、誤って1000株、合計28億3000万株が支給されてしまった。その価値は約112兆6000億ウォン、円換算なら約11兆3000億円相当で、サムスン証券の時価総額の30倍余りだ。
この報酬を受けた社員のうち16人が株式を売却したことで、サムスン証券の株価は急落。6日には数分のうちに12%下落と、世界的な金融危機以来の大きな下げとなり、多くの小口投資家に痛手を与えた。
それから投資家の逆襲が始まった。サムスン証券と同社株を売り抜けた社員のみならず、政府や実際には保有していない株式を売却することを可能したシステムを監督する当局に対しても人々の怒りが広がっている。

サムスン証券、誤入力で巨額配当「支給」 株価一時11%以上急落
2018.4.8 15:52 サンスポ
韓国のサムスン証券が自社株を保有する社員への配当を送金する際にシステム入力を誤り、総額「28億ウォン(約2億8000万円)」のところ約100兆ウォン(約10兆円)に相当する「28億株」をいったん支給する処理をしていたことが分かった。7日付の韓国各紙が報じた。大量の株を受け取った社員らが売却して株式市場が混乱した。
朝鮮日報によると、送金を担当する社員が6日、本来なら1株当たり1000ウォンの配当を送るべきなのに、単位を誤って1000株と入力したという。
受け取ったのは自社株を保有するサムスン証券の社員約2000人。一部がすぐに売却したため売りが殺到し、株価は一時11%以上急落した。これを受けて証券側が異変に気付き、ミスを修正。実際に売却されたのは0・18%分だった。
0414










このニュースなぜか日本のテレビではまったくやらないけどすごいおね
資本主義と株式市場を根幹から否定しちゃうような恐ろしいニュース(((( ;゚д゚)))

時価総額の30倍の株券を印刷して(誤って支給して社員に配ってしまい)
2000人に配ってしまいその内16人が即座に売り飛ばして株価が大暴落
ていうか証券会社の社員が仕事中に即座に売り飛ばして逃げるってアホかと…
一発で誤って株券を配ってしまったことなんてわかるはずなのに
大手証券会社の社員なら即座に間違ってるなんて見抜けるはずなのに
なんの躊躇いもなく売り逃げするってありえないくらいモラルが低いおね
投資家目線で考えたらこんなモラルが低い証券会社なんかで絶対取引したくないお。

1株あたり1000ウォン(=100円)の配当を配るべきところを
1000株って入力して配当したってことは入力欄も間違えてたんじゃないのけ
サムスン証券のモラルの低さもすごいけど、社員の頭のレベルも低いおね。
ましてこんな証券会社が市場にいるってこと自体が最大のリスクでそΣ(・ω・ノ)ノ

存在してもない株をいとも簡単に売れるというシステム自体が狂ってるけど
そのあたりはかつてみずほ証券も同じことやらかしてたんで日本も大差ないかな
少なくとも時価総額より多い株を売れるとか、発行株式数より多い株券を売れるとか
その売り注文を何の疑問もなく受注してしまう取引所のシステムも狂ってるでそ。
あたり前のことをあたり前に作ってシステムに組み込んでおかないとね(´・ω・`)
後で気がつきましたでは済まないことをやってしまってるおね

ss2286234570 at 14:47|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月27日

ビットコイン過去最高値34万円突破した後、24万円まで暴落

ビットコイン過去最高値 30万円突破でバブル懸念も
(2017/05/25 11:56)
想通貨「ビットコイン」の価格の上昇が止まらず、過去最高値を更新し続けています。
ビットコインの価格は4月には1ビットコインあたり11万円ほどでしたが、今月に入って急上昇し、23日に初めて30万円になり、今月だけでも2倍近くに上昇しています。先月からの法改正で仮想通貨は商品券などと同じ支払い手段として法的にも認められ、利用できる先も先月からビックカメラや年内には航空会社のピーチが取り扱う予定など、徐々に広がっています。
bitFlyer・金光碧取締役CFO:「4月に日本でいわゆる仮想通貨法、改正資金決済法が施行されたことというのが一つあります。多くの方が安心して仮想通貨を使えるようになったという点があるのかなと思っております。決算手段として面白いとか、世界中で使える通貨として面白いというところで、投資に興味がある方以外の方も入ってこられた」
0527



   動画あり





ビットコイン価格、31万円に上昇後急落
25日(木曜日)に1ビットコインあたりの価格は2500ドル(約27万9000円)を軽々と突破し、初の2800ドル(約31万2000円)台へ手が届くところまで上昇したが、間もなく上昇と同額分下落した。1ビットコインの価格は同日、360ドル値上がりし2799ドルまで上昇したが、現在は9.2%下落し2230ドル(約24万8000円)で取引されている。ビットコインは過去29セッションのうち、26セッションで上昇し、値上がり幅は107%を上回る。

すさまじい乱高下相場になってるビットコインのお話ですにょ(σ´∀`)σ
5/26(金)にビットコインが30万円を突破したなんていうニュースが出たとたんに大天井
最高値34万5000円(たぶん単位は正しい)まで上っていたビットコインですが
あっというまに暴落して一時は安値23万8000円あたりまで下げたようです(((( ;゚д゚)))
ちょこちょこ見てたけど下げ方もけっこうエグイし、尋常じゃない

0526











https://zaif.jp/trade_btc_jpy

明け方見てたときは安値23万8000円からわずか15分ほどでスルスルっと
リバウンドしてあっというまに28万円付近まで上がっていました
かなりエグイ系のマザーズ新興株みたいな値動きのようでしたΣ(・ω・ノ)ノ
現物だけでなく、信用取引もできるし、レバレッジ6倍のFX取引もできるようです
(業者によるので自分で調べてみてください)
CFDは祝日取引できるけど土日は取引できませんが、
ビットコインは祝日深夜明け方24時間取引できてしかも土日も売買できます
それだけ取引時間が長かったら人気が高まるんのもわかる気がします。
国が認めた24時間売買OKの賭博場みたいなもんでそ
まあ暇つぶしというか株中毒の人にとっては悪くはないのかもしれないおね

ビットコインは2015年は採掘量が増えて通貨の流通量が8%増えていたのに
2016年はそこから半減して通過の流通量は4%しか増えてないそうです
リーマンショック以降、アメリカや日本や欧州は大規模な金融緩和を行って
紙幣をじゃぶじゃぶ刷って流通量を増やす金融政策をしてきてるので
基本的にはドル安、ユーロ安、円安という事象を引き起こしてきましたφ(.. )
アメリカはすでに金利を上げて金融の引き締め政策に舵を取っていますが
現在の日銀はまだ金融緩和政策を維持してるので基本は円安路線だおね

一方、ビットコインはすでに採掘量がどんどん減ってるのに購入者が増えてるので
そういう意味においてはバリバリのインフレ通貨といえるでそうφ(.. )
もちろん相対的なものなので今後も絶対上るとはいえないんだけど
経済概念上で考えたら対円レートではさらに上る可能性が高い通貨ってことだおね
もちろん値動きが激しいので1ヵ月後に15〜20万円に下がってる可能性もあるけど
それ以上に半年後〜1年後に50万〜100万円に上ってる可能性もあると思うにょ(σ´∀`)σ

人気と購入の需要が強いのに供給量が減り続けてるってことは
まさしくインフレ現象そのものなので理論的には上りやすいからです
ただし税制が非常に不透明譲渡益に該当しますとしか書かれていません(´・ω・`)
実際にどの方法で課税されるのかはかなり不明なので怪しいところです
そもそも取引報告書みたいなものを業者が発行してくれるかすらかなり怪しいし
税務署側だっていまのところ課税ルールがまったくない状態なので
実質的にはほとんどのユーザーが脱税してしまう無法状態みたいなもんだおね
そういう面でかなりの脱税リスクがあることはきちんと把握すべきでそね
まあ働いてるサラリーマンなら年間20万円以下は雑所得でカウントして
非課税枠に該当できるという逃げ口の可能性もあるんだけど
結局のとこルールがないのでほとんど脱税しまくりなんじゃないでそか
ルールがないってことは何で課税されるかそもそも決まってないってことなんだおね


ss2286234570 at 05:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月24日

ブランジスタ(6176)新アプリ「死神の手」で株主さんたちを全員葬る

ブランジスタ、「100%課金」のAKBゲーム詳細発表で株価再び急騰
2016年05月31日 12時01分 ITmedia ビジネスオンライン
5月31日午前の株式市場で、ブランジスタ(東証マザーズ)が一時値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比1000円高の6570円をつけるなど、急上昇している。秋元康さんがプロデュースする新作ゲーム「神の手」の詳細とリリース日を前週末に発表したことで期待が集まり、週明けの30日には寄らずのストップ高になっていた。
27日に詳細が発表された「神の手」はスマートフォン向けの新作アプリゲーム。スマホアプリ上でバーチャルなクレーンゲームを遊ぶことができ、ゲットした景品が実際に自宅に届く──というゲームデザインだ。AKB48グループの選抜総選挙が行われる6月18日にリリースを予定している。注目されたのはその景品。第1弾は、AKB48の”総選挙当日ステージ上の空気を封入”したという「場空缶 場面の空気缶」。つまり空気の缶詰で、272種類合計3万缶を用意しているという。

“課金率100%”のAKBゲームに失望か ブランジスタがストップ安気配
2016年06月20日 11時52分 ITmedia ビジネスオンライン
6月20午前の株式市場で、ブランジスタ(東証マザーズ)に売り注文が殺到。取引が成立せず、ストップ安(値幅制限の下限)の売り気配となっている。AKB総選挙に合わせて正式リリースされたが、その内容に失望した投資家から売りを浴びているようだ。
ブランジスタは、「神の手」は“課金率100%”であり、有料課金モデルだけで年間1200億円の売り上げが見込める──などと説明していた。第1弾の景品の目玉となったのは“選抜総選挙当日のステージ上の夢と希望を閉じ込めた”と称される、いわゆる空気の缶詰の「場空缶(ばくうかん)」。リリース翌日のApp Storeセールスランキングでは100位内に入ることができず、Google Playのインストール数も1000〜5000と伸び悩んでいる。また、総選挙会場でシリアルコードを配布したことがAppleの規約違反に当たるのでは、と指摘する声も上がっている。ゲームの出来や運営への失望感が高まり、ブランジスタには売りが集中。20日午前は80万株を超える売り越しとなり、前営業日終値の6260円から1000円安のストップ安気配で取引が成立していない。
0401











【炎上】AKBオタク向けスマホゲーム「神の手」が課金地獄すぎる件
課金率100%で賞品は空気が詰まった缶詰「史上最悪のオタク搾取課金ゲーム」


あまりにバカバカしかったのであまりここでは取り上げてこなかったんだけど
暴落っぷりがよかったので株主さんを追悼してブランジスタを取り上げるにょ(σ´∀`)σ

そもそもブランジスタは営業利益たった3億円、時価総額200億円の割高株でした
株価は1,500円ほどでしたがすでに割高で魅力に欠ける銘柄(´・ω・`)
AKB48と完全タイアップで斬新なスマホアプリゲームをリリースすると発表したことで
これが材料視されて株価は急騰、なんと株価は10倍15,850円まで上がったのです
実物ゲームはなにもないのに期待だけで時価総額が2000億円を超えたわけなので
いかに買い上げてった投資家の頭がおかしいのかって話でそφ(.. )
時価総額2000億円っていったら営業利益で200〜300億円くらい期待されてるわけで
前年に営業利益が3億円だったブランジスタへの期待がどんだけ狂ってるのかって話でそ。

来期の営業利益見込みが5億円のブランジスタの妥当な時価総額は80〜100億円くらい。
まあもう少し高めに評価してもせいぜい時価総額120億円がいいとこだおね
今のブランジスタの時価総額はまだ400億円もあるので異常なまでの高値のまま(´・ω・`)
最悪の場合、ここからさらに1/3くらいまで下がる可能性があるってことを考えるべき
個人的にいうとジブラルタルとかジグソーは株主を騙す傾向が強い銘柄なので
この銘柄を信じて金を投資するっていうのは心底やりたくないお(゚д゚)、ペッ
ダメな銘柄って、株が下がると大慌てで言い訳弁解みたいなIRを連発したり
クソみたいな価値のないIR情報やプレスリリース情報を連発するという傾向があるおね

0624















ブランジスタ(6176) 2,850円 −700円 (−19.72%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6176
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6176.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
マザーズ指数の下落傾向がここにきてさらに強くなっています(((( ;゚д゚)))
本来ならこんな地合いでマザーズの銘柄を持つっていうこと自体けっこうなリスクでそ
来期の業績期待が強くて下がれば下がるほど割安感が出てくる銘柄ならともかく
妥当な時価総額より3倍近い高値のブランジスタなんて地合いの影響をモロに受ける銘柄

マザーズ指数

http://kabutan.jp/stock/chart?code=0012
日足チャートでは思いっきり底抜けして下落を示唆しています
ただ週足チャートでは850あたりが目先の底かなって感触もありますφ(.. )
為替が荒れてるので内需銘柄で今期の業績予測がすごくいいところまだいいとして
業績予測が悪そうなマザーズ銘柄を買うのはちょっと勘弁してほしい地合いだおね


ss2286234570 at 20:12|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月15日

アキュセラ4589(死後、焼くな) 今度は共同開発社に見捨てられる

アキュセラ、大塚製薬と契約終了 眼病治療薬の開発で
2016/6/14 9:46 日経電子版
創薬ベンチャーのアキュセラ・インクは14日、眼の疾患の治療薬について、開発パートナーの大塚製薬から共同開発の契約を終了するとの書面を受け取ったと発表した。契約終了に伴い、株主総会の招集通知などの修正が必要となるため、8月2日に予定していた株主総会を延期する。アキュセラは2008年9月、年をとるに従って視力が低下する加齢黄斑変性を治療するための「エミクススタト塩酸塩」を大塚製薬と共同開発・販売する契約を結んだ。しかし、アキュセラは5月26日、臨床試験で有効性を確認できなかったと発表。これを受け、大塚製薬は6月13日、アキュセラに対して共同開発契約の終了を通知した。アキュセラは2010年9月から緑内障の治療薬についても大塚製薬と共同開発してきたが、この契約についても終了する。

6日連続ストップ安の悪夢から生還したアキュセラ・インク
大塚製薬に見放されてストップ安の悪夢ふたたび









SBIによるアキュセラ買い増しニュースで株価がぶっ飛んだアキュセラインクさんですが
ここにきて緑内障の治療薬を共同開発してた大塚製薬から契約をぶった切られる
という、まさかの展開がやってきて株価が暴落してるようです(((( ;゚д゚)))

大塚製薬と契約を切られるってことは今後の資金援助を受けれないって意味だし
なにより大塚製薬はアキュセラと共同開発で治療薬の開発から撤退したってことなので
今後アキュセラは自力で開発を継続することすらできなくなったってことだおね
自前でお金を稼ぐ能力がまだなくて、創薬ベンチャーなのに研究開発を続けることすら
できなくなりましたって意味なので、すでに会社の存在価値すら無くなりかけてるおね

記事によるとアキュセラは残り手元キャッシュを160億円ほど確保してるようです
しかし共同研究開発に際して、大塚製薬から受けとった前受金が130億円あるので
今回のように途中で研究開発を停止してしまったようなケースでは
この前受金を大塚製薬に返還する義務が生じてくる可能性があるでそう(´・ω・`)
今回のケースでは大塚製薬側から契約終了をいいだしたっぽいので
さすがに130億円すべてを返還する責任が生じる可能性は低いと思いますが
治験が途中で終わってるので半額の65億円くらいは返還義務が生じるかもしれません。
もしそうなった場合はアキュセラの手元キャッシュがさらに減るのでリスクが高まるお
いずれにしてもすでにアキュセラには自力で治験+開発を継続できるだけの
技能や資金力がまったく足りてないんじゃないかと思うわけです
このままいけば、研究開発を継続することすらできなくなる可能性が出てくるので
そのうち創薬ベンチャーの立場を継続できるかすら怪しいってことだお
じゃあそんな株を持っとく意味ってあるんですかという話でそ(´;ω;`)
アキュセラの株主さんはもっとアキュセラの将来のことを真剣に心配すべきだおね

アキュセラ(4589) 1,160円 −93円 (−7.42%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=4589
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4589.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
昨日ストップ安に張り付いたアキュセラさんが、今日は底値からリバウンドしてます
ただすでに会社の継続性すら「ちょっと怪しいな」という水準に近づいてきたので
株価がどうとかいってる場合じゃなくなってきたように思います
もしかしたらSBIが数百億円身銭を切ってアキュセラを支える可能性もありえるけど
もし仮に増資や金融支援がなったとしても新薬開発が成功するかは別の問題だおね。
最悪の場合、増資した株券さえ紙くずになってしまう可能性だってありえるし
資金調達がさらに苦しくなってSBI自力で支え続けれるか怪しくなってくるおね(´・ω・`)
色んな意味でもっと具体的な情報や今後の見通しの情報が出てこない限り
とてもじゃないけど投資に値するような銘柄には見えないにょ(σ´∀`)σ 
SBIだってアキュセラと共倒れするほどのリスクを覚悟して追加投資なんてするでそか
せいぜい数百億円の資金調達能力しかないSBIが独力で支援ってのはかなり困難でそ


ss2286234570 at 16:27|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月02日

はてなの株主さん、奈落の底へ(´・ω・`)

https://shikiho.jp/news/0/107418
2016/03/01 10:32 四季報オンライン
新規上場してから5営業日目となるはてな(3930 東証マザーズ)が下げ幅を拡大した。一時は前日比219円(8.7%)安となる2306円まで下落し、初めて取引が成立した2月25日の安値(2355円)を割り込んだ。初値が公開価格の3.8倍となる3025円と高い水準で決まり、一時は3355円まで上昇したが、その後は売り物が優勢になっている。目新しい売り材料は見当たらないが、1日の新興株市場で軽快な値動きを見せているバイオ関連株やフィンテック関連株に物色がシフトしているもようだ。

はてな<3930>が反落。24日に東証マザーズに新規上場し、この日で4営業日目。上場初日は買い殺到で値付かずとなり、2日目に公開価格(800円)に対し3.8倍の3025円で初値をつけた。上場3日目の26日も3000円台で堅調に推移したが、この日は売りが膨らみ一時、2600円台に反落した。
0228











ものすごく割高だったんでてっきり暴落するとばかりおもってたら
いきなりストップ高になったんで「なんで上がったのかな?」なんて思ってたら
案の定、死ぬほど暴落してるはてなのお話です(´・ω・`)

はてながどうとかって言う話ではなく、まずIPOの傾向を説明するにょ(σ´∀`)σ
IPO株ってのは需給が締まれば締まるほどお金が特定の銘柄に流れ込むので上がります
逆に供給が多すぎると投資資金が散らばってそこら中で暴落が起きやすくなるんだお

例えば年末にせまるほど新規のIPO銘柄がなくなるので需給が引き締まります
そういう理由もあって、年末11月末以降なんかはIPO銘柄がよく跳ねやすくなるおね
(これは株をそこそこやってる人なら誰でも知ってる程度の話です)
逆に年が明けると、ドッと新しいIPO銘柄が市場に出てくるようになりますφ(.. )
(年明けにどのくらいの新規銘柄がIPOするかにも左右されやすいのだけど)
どんどん新しい銘柄が供給されるので個々の銘柄が非常に崩れやすくなります
まして業績に対してやたら割高な株なんてあっというまに崩壊しやすい時期だおね。
そのへんの傾向を知ってる人なら、まず新年のIPOなんて手を出さないで様子見でそ
はてなかどうかなんて関係のない話で、この時期のIPOは注意しようねって話です

はてな(3930) 2,357円 −168円 (−6.65%)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3930.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss 
高値3,200円からたった2営業日後に2,350円まで激下げ
たった2日で時価総額が22億円吹っ飛んで62億円に縮小しました(´;ω;`)
先週まで夢を見ていた人たちはもう泣くしかないですね
個人的にははてなという会社に対して好意的な感情もってますが
IPOした事に対しては「バカなことしちゃったな」「もったいない」とつくづく思います
この手のエッジの効いたネット会社は自由に好きなことができるってのが大切なんだおね。
でも上場してしまえばどうしても無駄な投資やアホっぽい企画はできなくなります
上場すると「自由な発想よりも四半期の業績」が優先されやすくなりので
それが回りまわってはてなの将来性にマイナス効果をもたらすことを懸念してるお(´・ω・`)

はてなといえば10年くらい前に「WEB2.0」なんて言葉が流行ってた時に
話題の筆頭にあげられてた会社だおねφ(.. )
その会社がなんでこんな中途半端なタイミングに、こんな中途半端な時期に
IPOなんてしちゃったのか疑問におもうおね
将来性はそれなりにある会社だとはおもうけどおそれだけにもったいない。
なんつーかしょうもないことしちゃったなあという気持ちしかもてないおねー 
はてなって会社はもう一度かつての輝きを取り戻すことに専念すべきだとおもうし
その後で上場するとかしないとか考えればいいんじゃないかとおもう。ほんとアホらしい。
これじゃどこにでもあるしょうもない面白くもないネット企業になって終りそう(`・ω・´)


マザーズ上場したはてなは、市場の”はてな”を”!?”に変えられるのか
しかし、その後Web2.0ブームが去り、ネットビジネスの主流はソーシャルゲームへと移る中、徐々にITベンチャーの価値を推し量る物差しが、テクノロジーそのものよりもビジネスモデルへと変化した(1999年以前のドットコムバブルの頃も、ビジネスモデルの面白さ・ユニークさにお金が集まった。それを彷彿させるのは私には皮肉な気分である)。結果として、はてなは徐々に受託型ビジネスへと移行し、急成長よりも安定的な収益基盤を作る方向へと舵を切ったように見えた。だから、はてなの上場に対して、いまさら?という”はてな”マークを頭に浮かべた人間は多かったと思われる。 


ss2286234570 at 00:09|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年08月26日

8/26 株式市況

25日の東京株式市場は連日の急落となった。前場こそ買い戻しが優勢となり一時294円高を付ける場面があったが、後場に入って空気は一変。特に午後2時過ぎから下げがきつくなり、終値は733円安の1万7806円と6営業日続落した。後場に売りがかさんだ理由の一つは中国株安だが、もう一つ需給面の懸念が市場を覆った。個人の信用取引の含み損拡大による強制決済だ。
「急落した昨日と同じ展開。ヘッジファンドのプログラム売買が相場を揺さぶった」。証券ジャパンの大谷正之氏は25日後場に急落した理由をこう指摘する。きっかけが中国・上海株の下げ幅拡大という点も昨日と共通する。
さらに下げ要因として市場関係者が口をそろえるのが、個人の信用取引の強制決済への懸念だ。信用取引で含み損が拡大すると、投資家は「追い証」と呼ぶ追加担保を証券会社に差し入れる必要がある。入金期限は追い証が発生した翌々日の正午が一般的。期限までに入金がないと証券会社は同日の後場以降に強制的に決済する。24日の株価急落で発生した追い証は26日正午が期限だ。
※メールアドレスを登録しておけば全文読めるようです
0424







おそらく25日の引けに先物主導で株価が急落してマイテンしたときに
怖くなって引け前後に持ち株をぶん投げた人がけっこういるんじゃないでしょうか?
実はここ2年くらいの間に、株式市場では大きな変化がありました
おそらく先物をよくやってる人はなんとなく気がついてると思いますが
いわゆるアルゴリズムトレードが闊歩して個人投資家の動きを読みはじめたからです。

以前までは、株価は下髭陽線を入れたときに底打ちしてるバウンドするのが常識でしたが、
最近は最終クラッシュの後場から先物を売り崩すというアルゴリズムが現れたので
「上髭陰線で暴落して引けた時に底打ち、夕場からリバウンド」という新常識に変化しました
2013年以降において、4回くらいこのパターンを目にしたように記憶しています。
ちなみにその1回で見事に引っかけられて先物で大損した経験があります。はい。
チャート見ながら14:20くらいの雪崩みたいな下げに乗じて先物売って持ち越してたら
びっくりするくらいきれいに嵌め込まれ、逃げ場もないほど担がれて金を失いました
そして今回も見事に同じパターンだったことを強く記憶しましたにょ(σ´∀`)σ

市場が不安心理に慄いてるときを狙って「後場から個人投資家の強制決済の売り」
入ってるとかいったニュースを意図的に流して売り込んでるんじゃないかと思うんです
ちょうどその時間帯に為替が円高に動いて、上海株価指数が下げ足を早めたってのも
相場の恐怖心理を極度に煽って投げさせるような動きも加速したように感じます。
はっきりいうと、ドル売りと先物売り度同時に仕掛けてると思うんだおね。あれわ

前夜のアメリカ市場は引け前に急落してマイテンするというクソ仕様でしたが
ほとんど無関係なのに、一方的にダウに引きずられて下げてきた日経平均は
ここにきてようやくまともな反発をしたようです(●´ω`●)
昨日は騰落レシオが60台まで突っ込むという
ここまで上げ相場だったとは思えないような水準まで一方的に売り込まれていましたが
下げるだけ下げてしまったということなんでしょうか。大きく反騰しました
なんていうか上がったというより売り需要が尽きて相場心理が回復したって感じだおね

日経平均 18,376円 +570 (+3.20%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=998407.O&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,m25,m75,b&a=
さて日経平均ですが、8/18の20,600円からたった5営業日で17,714円まで下げました。
これほどの短期間で14%下がるというのはなかなか記憶にないレベルだおね。
はっきりいって一番怖かったのは場中ではなく8/24の深夜だおね(((( ;゚д゚)))
いきなり寄付きからダウが−1000ドルという恐慌状態でスタートしてしまい
5分間くらいでドル円が3円くらい暴落して夜間先物が死ぬほど暴落しました
瞬間的に17,200円を割り込んで17,150〜17,170円あたりまで先物が下げたときは
ほとんどシャレになってなかったので恐怖でガタガタ震えるくらいびびりました(´;ω;`)
本気でマウスを触る手が震えてるのがわかったからです。
なんせ、夜間先物が15:00の引け値から1,390円くらい暴落してたからです
17,900円を割れたあたりからたった20分間で750円くらい下げたんだおね。

日経平均は急落しすぎて日足チャートがまったく機能していません(´・ω・`)
週足チャートで見ると17,400〜17,500円あたりにがあってここで支えています。
夜間先物が17,150円あたりまで下げた時に恐怖を感じたのは
先物が下げたからじゃなく、翌日からさらに16,800円を割り込んでいって
週足トレンドが下方転換するんじゃないかって感じたところに一番恐怖を感じたんだおね。
いまでもややドキドキしていますが、さすがにあそこを割れたら文句なしでぶん投げでそう
即座に先物を売って180℃逆方向に賭けてトレードすると思いますφ(.. )

NYダウ −204 (−1.29%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=^DJI&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m65,m130,b&a=
おそらくみんな知ってると思いますが、ダウのチャートがすでに完全崩壊しています(((( ;゚д゚)))
17,000ドルを割れ込んだところで株価を支えていた雲を完全に下に突き抜けました
週足チャートですら機能しなくなってるので、もう月足チャートを見て判断するしかないおね。
ダウは14,000〜14,800ドルまで下げる可能性があると知っておくべきですにょ(σ´∀`)σ
どんなに頑張って戻したとしても上値抵抗ラインは16,900〜17,000ドルあたりでそう
動きがあまりにも早すぎて、あまりにも簡単に週足トレンドを割り込んだので
予測可能性が低すぎて、チャートだけで将来を予想するのは正しくないと考えます。
ただし、よほどのことがない限りはしばらくの間は下値探りの展開があっておかしくないおね
3ヶ月先の先を予想しながら買いポジを持つのはなかなか厳しい地合いでそう。
一番嬉しいのは目先で16,900ドルまでダウが戻したところで全ポジを手放して
そこから先はダウと一緒に日経が底なしに下げるようなパターンになってほしいですφ(.. )
これなら被害がないので、下げようがどうなろうが知ったことではないからです(*´∀`*)ムフー

ss2286234570 at 20:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月04日

中華バブルがウォーズマン理論すぎると話題に(((( ;゚д゚)))

チャン・ミンミンさんは中国株式市場で高リスクの取引をしている何万人もの投資家の1人だ。値上がりを見込む銘柄への投資にレバレッジをかけるため、規制の網がかかっていないオンライン融資業者から高金利で資金を借りている。 
楽に一稼ぎしようと株式投資を始める中国国民が増える中で、投資資金を貸し出すピアツーピア(P2P)のウェブサイトが急速に広がっている。従来型の信用取引 向け融資の外側でレバレッジのための資金を提供するこうした多数の業者の存在は、急上昇した中国株の無秩序な反落を防ごうという取り組みを複雑化させる恐れがある。
中国では信用取引を行う投資家に対し、証券会社が2兆1000億元(約42兆円)を融資している。これは年初の2倍だ。だが、しばしば取り上げられるこの数字は、信用取引向け融資全体の一部にすぎない。ブルームバーグが実施したアナリスト調査によると、資産を運用する「理財商品」やオンライン融資サイトなどから、このほかに1兆7000億元(34兆円)ほどの資金が株式に流れ込んでいる。 
チャンさんは証券会社から信用取引向け融資を受ける場合は、自己資金の3倍が上限だが、P2Pサイトでは5倍まで借りられると語る。P2P融資が抱えるリスクの一つは利息だ。P2Pサイト融資の利息は通常、1カ月当たり最高1.7%、年率では22%余りと、証券会社が一般的に要求する利息の約3倍となっている。 

中国では持ち家を担保に入れて、相場変動の激しい株式市場に投資することができるようになった。中国証券監督管理委員会(証監会)が1日発表した新たな規定によれば、不動産が信用取引の担保として認められた。株価が大きく下げた場合、持ち家を担保に差し出した個人投資家は証券会社により自宅を差し押さえられる可能性もある。 証監会の新規定ではこのほか、非上場株や「その他の資産」も信用取引の担保とすることを認めた。



中国株のバブル崩壊で一番怖いところは政府がまったくコントロールできてなさそうな所
どうやら中国の証券会社が個人投資家に融資してる信用残高が42兆円あって
それ以外に、P2Pの融資サイトからの貸付が34兆円ほどあるようです(((( ;゚д゚)))
この二つを足すと。なんと76兆円というとんでもない額の貸付残高が生まれるわけです

中国政府はあまりのやばさに気がついたのか慌てて様々な対応策を立ててるようですφ(.. )
まず最初に緊急利下げをやりましたがこれはわずか1日しか効果がありませんでした。
その次に実行したのが、証券取引所による株式手数料の値下げです。
そして次には年金基金による株式運用の突如の解禁ですにょ(σ´∀`)σ
中国では機関投資家(生保、損保など)やファンドや銀行がほとんど株式運用をしていません。
なので個人投資家ばかりで上がるのも下がるのもすべて一方方向に片寄りがちです
そこで機関投資家としていきなり年金基金に株式運用を許可したってことなんでそう。
しかし、これはこれでもしこのまま株価の下落が止まらなければもっと危険だおね(´・ω・`)
それでも現在のところ株価の下落は止まってないようです

どうやら中国でも信用取引は上限3倍程度のレバレッジしか利用できないみたいです
ただし、政府の管理外のP2P取引で個人投資家は資金調達できる抜け穴があります。
結果的に中国の投資家は、P2Pで上限5倍までお金を借りてこれるみたいですにょ(σ´∀`)σ

例えているなら、手元資金100万円しかもってない投資家Aさんでも
P2Pで500万円のお金を借りてきて、そのお金をSBI証券の口座に入金しておけば
さらに信用取引で3.3倍に脹らまして1650万円まで新規買いができるってことだおね(*´∀`*)ムフー
ここまでリスキーすぎるとちょっとドン引きしちゃうレベルです
完全に中華版ウォーズマン理論を実践してるってことですにょ(σ´∀`)σ

0601











7/1(水)、中国株の下落がさらに激しくなってきたことから
中国の証券管理委員会は信用取引の担保に不動産を差し入れることが可能にしたようです
これで自分の所有しているビルや自宅を担保に入れて安心して信用取引ができますにょ(σ´∀`)σ
などというそうとう頭の逝ってる新制度を導入したようです
この制度は、不動産だけでなく非上場株や骨董品や宝石や貴金属みたいな資産まで
信用取引の担保に差し入れることができるという素晴らしい制度になってるようです(*´∀`*)ムフー

そして今週末に入ってようやくまともな制度が発表されました
中国証券業協会が、国内21社の証券会社が1200億元(約2.4兆円)を基金に出資して
この資金でETFを買い支えて中国株の下落を止めようという趣旨の制度のようです
この制度には、中国人民銀行(中央銀行)も出資して買い支える意向のようなので
少なくとも7/6(月)の朝は上海株式市場もそれなりに反発するんじゃないでそうか


ss2286234570 at 06:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月03日

中華バブル崩壊がやばすぎると話題に

ここ3週間にわたり大幅に下落している中国の株式市場で、2日には通常を大きく上回る数の企業が取引の一時停止を申請した。この日は主要市場に上場する20社以上が、3日から新株募集や資産再編、事業計画などを発表するまで株式の取引を一時停止すると発表。

中国の株価がこのところ激しい値動きを見せている。上海証券取引所の株価指数、上海総合指数は、先月までの1年間で約2.5倍に急上昇した。しかしそれも6月12日をピークとして、その後急速に下落。2日の終値で、下落幅は約25%に達した。時価総額では200兆円ほど目減りしたことになる。
中国の株式市場では、極端な乱高下がいまだに常態だとフィナンシャル・タイムズ(FT)紙は指摘する。株価指数がわずか数時間で10%も増減することがしばしばで、6月のある日には、時価総額で7000億ドル(約86.4兆円)以上が消え去ったという。CNNによると、今月1日の上海取引所の商いでは、最後の1時間でおよそ5%急落したそうだ。
中国の株式市場がなぜこれほど乱高下しやすいのかを解説している。理由としてまず挙げられているのは、個人投資家による取引が8〜9割を占めるという点だ。5月だけで1400万もの証券口座が開設され、新参者が多く、多くは中国で過去に起こった株バブルを経験していない。
さらに、中国では信用取引の比率が非常に高い。世界中のどの市場、どの時代よりも高いという。過去1年間で急増した。高い倍率でレバレッジを効かせたことが、過去1年間に株価が急上昇した要因となったとしている。ブルームバーグによると、証券会社による信用取引への融資は約42兆円に上るという。これは年初から2倍になったとのことだ。
0703











中国株がバブルすぎて危険と警告されてたのが5月のGWから6月にかけて。
そして見事に中華バブルが炸裂して大崩壊してるようですにょ(σ´∀`)σ

あまりにも下げ方が早いので中国政府も大慌てしてるみたいだおね(((( ;゚д゚)))
政府は株価が暴落しはじめたので慌てて利下げを実施しています
しかし効果があったのはわずか1日程度でした。
そこからさらに下げ足を早めて7/3はたった1日で−5.77%も下げています
でもこれって終値が5.77%下げたってだけで、最安値では7.2%下げてんだおね(((( ;゚д゚)))
ちなみに5.77%を日経平均になおすと終値で1180円下げてるってことになりますΣ(゚д゚;)
7.2%を日経平均になおすと1470円なのでどのくらい悲惨かわかりやすくなります。

日本ではさすがにこのレベルの下げは大騒ぎになるクラスですが
中国ではこのクラスの大暴落が1週間に2〜3回起きてるような感じですにょ(σ´∀`)σ
先物や信用新規で売ってる人は笑いが止まらないような状況ですが
もし信用で買う側にいたら1週間で破産してもおかしくないレベルだおね

中国市場の最大のリスクは信用取引でそう(´・ω・`)
実は中国では5年前になってようやく個人投資家向けに信用取引をはじめました
どうやら中国株には日本のように値幅制限がないようです(たぶん)
値幅制限もないのに信用のレバレッジは日本と同じ程度か少し高めなんではないでそか?
しかも制度ができて日が浅いので政府や市場関係者もちゃんとコントロールできていません
日本では古くは江戸時代から米の先物市場があって、株式市場では戦前から信用取引があります。
歴史が古いだけあって国内市場では信用取引に対する規制がかなり厳しくなってて
結果的に個人投資家にとっては過剰なリスクを負いすぎないよう規制が厳し目だおね
一方の中国では、信用取引が個人投資家に解放されてからはじめてのバブル崩壊です(´・ω・`)
証券会社が個人投資家に融資してる信用残高は42兆円もあるようです。
もしこれが買いに大きく片寄ってて、しかもこれほど下げ足が速いとかなり危険でそう
融資してる証券会社側にも大きな貸倒れリスクがこれから発生するかもしれませんφ(.. )
こんなスピードで下落してたら個人投資家に破産者が続出するんではないでそか


上海総合指数 3686 −225 (−5.77%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=0823
上海株価指数は2007年に6000ポイントまで上がってその1年後の2008年には1600まで暴落
上海株式市場はたった1年で指数が1/4に下げるという凄まじい市場だおね。
日経平均に例えると、2万円が1年後に5,000円まで下がってるのと同じことでそう
中国株の怖いところは、地震も金融ショックもないのに一方的に雰囲気で暴落するところ(((( ;゚д゚)))


上海株3日続落、ほぼ全面安に…3週間で3割も
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150703-OYT1T50167.html
6月後半に株価が急落し始めてから、政府は市場対策を連発している。中国人民銀行(中央銀行)による利下げのほか、年金基金の株式運用解禁、証券取引所の売買手数料引き下げなどを行っているが、株安に歯止めがかからない。当局が政府系金融などに現物株や上場投資信託(ETF)を購入させ、株価を下支えしているとの情報もある。


ss2286234570 at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月29日

グリーはミクシィのように復活できるか?

28日の東京株式市場は反落している。日経平均株価の午前終値は、前日比81円07銭安の1万5453円75銭。前日終値の1万5500円台を割り込み、午前中いっぱい1万5400円台で取引された。東証1部の騰落は、値下がりが62%超の1137だった。グリー、ダイエーなど4銘柄が一時年初来安値を更新した。

ゆりかごから墓場、ラブホまで――グリーの新規事業と「100億円投資」の使い道
https://jp.techcrunch.com/2014/08/20/jp20140819gree/
2014年8月20日 TechCrunch Japan
先日2014年6月期の通期決算を発表したグリー。ゲーム事業に関しては、300人の人員を1000人まで拡大してネイティブアプリの開発に注力すると発表したが、これと同時に今期は新規事業に注力する旨が発表されている。
実はグリーでは今春以降数多くの新サービスを開始している。5月には、子会社のグリーリユースがコメ兵と提携してブランド品のリユースサービス「uttoku by GREE」を開始。6月には子会社のTonightがホテルの当日予約アプリ「Tonight」、7月には子会社のグリーユナイテッドライフがオンラインリフォームサービス「いえプラス」、さらに8月には子会社のプラチナファクトリーが介護施設の検索サイト「介護のほんね」、子会社のスマートシッターが訪問型保育のマッチングサービス「スマートシッター」を開始した。またTonightは、8月にラブホテルの当日予約アプリ「Tonight for Two」もリリースしている。育児から介護、まさにゆりかごから墓場まで、新しい領域での事業をスタートさせている。
0001










主力であったゲーム事業でまるでヒットが出なくなり業績悪化に苦しんでるグリーです
以前までは自前のサイトで集客して適当なゲームアプリをやらせれば儲かってたのが、
Googleやアップルが自前のストアでアプリをダウンロードさせる体制が整うようになり
他社のゲームアプリとガチンコで競争しなきゃいけなくなって競争に負けたんでそ

記事にもある通り、本業の不振を補うためにまさにラブホテルから介護事業まで
手を出してますが、ほぼ全てがネット主体のもので店舗を増やすタイプではありません。
おそらく参入が楽で撤退に時間やコストがかかる事業は徹底的に避けたってことでそう
そういう意味では見た目ほど大きなコストやリスクは負ってないだろうと感じますφ(.. )
ただ小さく投資して小さく勝負してるってことは大きく当てにくいってことです
例え、100億の資金を20の分野に分散投資して色々やってみたところで、
目標の「数年以内に数百億円の売上高」が実現する可能性はかなり低いでそ
やってる投資が悪いとは思わないけど成功の定義を満たしきれるかは怪しいってことです。

現実的な話をしてしまうとゲーム事業のように「当たればすぐに数百億円」という
事業をその他の事業で補うなんてことはまず無理だろうと思いますΣ(゚д゚;)
まあそれくらゲーム事業は当たったときの業績インパクトがデカイってことだおね
(もちろんいうまでもなく、あたらない可能性もすごく高いってことです)
結局のとこ、グリーの将来を決定的に左右するのは「ゲームアプリが当たるか否か」でそ
当たればミクシィみたいに復活できるかもしれないし、当たらなければ傾くだけです。
それがわかってるからこそグリーもゲーム事業の開発部隊を3倍に増やしてるわけだし


グリー(3632) 816円 +26円 (+3.29%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=3632
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3632.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,m65,m130&a=
グリーの業績が回復傾向を見せないためここのところ株価は下がりっぱなしです
市場での話題もミクシィやガンホーに奪い去られて名前が出ることすら稀(´;ω;`)
それでもまだ時価総額が2000億近くあるってのは意外な事実。
 

ss2286234570 at 20:42|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加