yogurting ヨーグルティング

松井証券

2020年05月01日

ネット証券 3Q(2019年4月〜2019年12月) 四半期業績比較

SBIの「宣言」で曲がり角を迎えたネット証券
手数料の無料化でこれからどう生き残るのか
2020/02/12 東洋経済
ネット証券の誕生から約20年。業界トップを走るのはSBI証券だ。東京証券取引所の個人売買代金のうち、3割以上を占めるSBI証券は、対面証券を含めても売買代金で最大。口座数もネット証券最多で「あと半年で野村を追い抜く」(北尾氏)。収益に占める委託手数料の比率は25%(2018年度)。ホールセール(法人)部門の強化や他業種のM&A(合併・買収)を通じてこれを5%まで下げ、完全無料化に踏み切る構えだ。ホールセールについて、SBI証券の眤疾疑夕卍垢蓮IPO(新規株式公開)の主幹事など株式・債券の引き受け業務が、伸びしろもあり大きな収益源になる」と話す。同業務では後発だが、「後発の優位を生かし、効率的にキャッチアップしている」と手応えを示す。
0425














.
SBI証券 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
営業収益 877億5,900万円(−  6.3%)
営業利益 275億1,500万円(−35.8%)
経常利益 278億3,700万円(−35.0%)
当期利益 179億1,000万円(−39.0%)

GMOフィナンシャルHD 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/pdf
営業収益 255億9,600万円(−  3.0%)
営業利益   84億1,400万円(−  8.8%)
経常利益   83億7,200万円(−  9.7%)
当期利益   54億5,600万円(−  8.1%)

楽天証券 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/disc_PDF/kessann_20200206_02.pdf
営業収益 416億6,900万円(−  7.6%)
営業利益   79億6,300万円(−48.5%)
経常利益   71億8,500万円(−51.8%)
当期利益   43億9,000万円(−56.7%)

松井証券 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
営業収益 173億6,000万円(−19.3%)
営業利益   62億4,900万円(−44.4%)
経常利益   63億7,000万円(−44.0%)
当期利益   44億0,000万円(−44.2%)

マネックス証券 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
営業収益 385億7,500万円(−  3.8%)
営業利益   30億5,100万円(+  1.7%)
経常利益   30億6,400万円(−  4.9%)
当期利益   22億5,200万円(−16.5%)

カブドットコム 2020年3月期 第3四半期(2019/4〜2019/12)決算
営業収益 145億2,000万円(−12.7%)
営業利益   17億2,000万円(−69.5%)
経常利益   18億1,100万円(−68.2%)
当期利益   13億5,800万円(−65.9%)

ネット証券の2020年度3Q決算がすべて出そろってたんで比べてみたにょ(σ´∀`)σ
マネックスはコインチェックを買収して会社の形が大きく変動したので
今回からマネックス証券単体ではなくマネックスグループの決算で比較しています。
同様に、クリック証券は単体決算を開示してないので
金融部門だけのGMOフィナンシャルホールディングスの連結決算で比べています。
なので子会社のGMOコインの数字も含んだ決算内容になっていますφ(.. )
また3月決算から12月決算に変更されてたので2019年4〜9月部分のみ抜粋しています
(文字数喰うし長くてめんどくさいので以下GMOFHDに省略)
楽天証券も3月決算から12月決算に変更されたので2019年4〜9月部分のみ抜粋しています
2019年1月〜12月の第3四半期から2019年1月〜3月まで第1四半期決算を抜いて計算)

SBI証券が「3年以内に手数料無料化を宣言したのが2019年10月末でした。
それからネット証券各社がこぞって手数料値下げを始めたのが2019年11月中旬あたり。
手数料値下げそのものの影響が出てくるのは2020年1月以降になるわけですが、
実際には各ネット証券の格差がさらに拡大してるといった状況でしょう(´・ω・`)

手数料値下げではなく、現在のところは相場が盛り上がらなくなったことで
2019年に入ったあたりからズルズルとネット証券各社の業績は悪化しています
2018年4月〜2018年12月に営業利益が営業利益が154億円あったはずの楽天証券は
すでに足元の2019年4月〜12月において営業利益が約半分の78億円しかありません
カブドットコム証券なんてもう笑うしかないくらいの酷い決算になっています

でもここまではまだ序曲で、むしろネット証券の苦難はまさにこれから
ここから先は本当に「進むも地獄、退くも地獄」になると思うんだおねΣ(゚д゚;)
そもそもSBI証券はまだ本格的な手数料無料化に着手していないので
これから3年かけて手数料を無料化し、しかも信用金利は引き上げないでしょう

そもそもSBIは北尾さん自身が法人部門の出身で実績と経験が厚い分野です。
これから地銀連合グループを設立してくためにものすごい人材募集かけてます
野村とか大和あたりから若くて意欲的な法人部門の人材を引き抜きまくってるし
他のネット証券にないホールセール(法人)部門で稼げる強みがあります
(北尾さんは元野村證券社長を目されてた人材だから野村から引き抜きしやすい)

逆に楽天証券や松井証券にあってはこれがマネできないんですよね(´・ω・`)
そもそもホールセール(法人)部門に精通した人材が自社にいないから
まず優秀な人材を呼ぶツテがないし、それを管理・評価できる部署も経験もない。
なにより野村證券で超優秀な法人部門担当者だった北尾さんみたいな人材がいないから
わざわざ今さら大手証券の法人部門からネット証券に転職したい人材なんていません。
このあたりの他社にない武器を持ってるのがSBI証券の決定的な強みでしょう

ここに書いてありますけどSBI証券が手数料無料化をやる目的は2つ。
/卦参入してきたスマホ証券を潰すため
⊆蠖料への依存度が高い他のネット証券を干して業界再編を進めるため
となると、手数料無料化をする一方で信用金利を引き上げる可能性はほぼゼロでしょう。
なぜならSBI証券が手数料無料化して信用金利引き上げたら目的が達成できなくなるから。
他のスマホ証券やネット証券を潰すか淘汰していくことが目的なら絶対にやらないはず

現在のSBI証券が今後3年間に打ち出してくる方針ではっきりしているのは2つ。
仝淑や信用だけでなく投資信託など含めて手数料をすべて無料化する
⊃用金利を引き下げ、もしくは据え置きもありうる。金利の引き上げはない。
そう考えると迂闊に信用金利を値上げしたブコムは最悪の悪手を打ったことになります
もしこのままSBI証券が信用金利据え置きで手数料無料化したらカブコム壊滅でそ・・・

今後も手数料や信用金利に依存していくビジネスをこのまま引き摺ってるとこは
3年後に手数料が無料化されると取引が増えるので経費や固定費が増えます
しかし手数料収入はほぼゼロに近づいて、信用金利もあまり増えにくいとなると
販管費が増えるのに手数料収入という売上高が減るのでガチでやばいわけです

松井証券がこの先かなりヤバくなりそうだとなつさんがなぜ書くのかというと
それは決算資料の7ページ目を読んだら一目瞭然なんだおね(((( ;゚д゚)))
純営業収益(=売上高)の約140億円を手数料収入でまかなってるから
3年後にSBI証券と争って手数料を完全無料化したら通期で50億円の赤字に転落します
https://www.matsui.co.jp/parts/pdf-view/web/ir/pdf/2020_4_abs.pdf
純営業収益 223億4,500万円 内訳みると手数料が139億4,900万円を占めてる
販売管理費 134億3,600万円
営業利益は   89億0,900万円



1105















2019年12月25日
ネット証券、手数料無料化で「体力勝負」突入へ 業界再編の可能性も

2019年12月07日
【超改悪】バカドットコム証券 信用の現引き・現渡手数料を設定

2019年12月03日
マネックスも信用や投信の手数料ゼロに、カブコム・松井も発表

2019年11月16日
SBI証券が3年以内に株式手数料の無料化を宣言!!

2019年11月04日
ネット証券 2Q(2019年4月〜2019年9月) 四半期業績比較

2019年09月07日
ネット証券 1Q(2019年4月〜2019年6月) 四半期業績比較


ss2286234570 at 16:02|PermalinkComments(2)

2020年03月25日

松井証券 学歴ロンダと世襲で高級ヒー

松井社長が退任「価値観、時代にそぐわず」
2020/3/25 21:06 日本経済審
松井証券は25日、松井道夫社長が退任し、和里田聡専務取締役が社長に昇格すると発表した。6月の株主総会後に就任する。松井社長は都内で開いた会見で「急速な変化の真っただ中にあって価値観が時代にそぐわないのではという危惧をずっと抱いてきた。ずっと悩んだ末、世代交代が必要だと決断した」と述べた。証券業界で手数料競争が激化するなか、トップの若返りで他社との協業や新たなビジネスモデルの構築に力を入れる。





代表取締役の異動および新任取締役候補者の選任について
松井道太郎(新任取締役候補者)
2013年3月 早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了(28歳)
2013月3月 株式会社QUICK入社
2018年4月 当社入社
2018年6月 コンプライアンス部
2019年1月 社長直轄プロジェクト担当
2020年6月 取締役就任予定(32歳)
0325











松井証券の社長を25年務めた松井社長が今年が退任するそうですφ(.. )
まあそれはいい。もう10年以上前から明らかにやる気無くなってたし
むしろ退任するのが遅すぎたくらいだから今さらどうってレベルの話じゃない。
むしろ問題なのはものすごい露骨に世襲体制をやり始めたこと(((( ;゚д゚)))

取引先のQUICKにコネ入社させて、今回松井証券に後継者として入社させて
証券実務のキャリアもほぼないまま入社してたった2年で取締役に就任
3年後に代表取締役に就任して世襲というほぼお決まりのパターン
歌舞伎役者や老舗のだんご屋が世襲するのはどうってことないけど
ネット企業がここまで露骨な世襲をやるってのは明らかにマイナス評価でそ(´・ω・`)
次回の決算会見でSBIの北尾さんがたぶんその点を指摘してディスるだろね。

新任取締役と新任社外取締役の経歴と略歴もちょっと異常すぎでそ。
なぜか社長の息子だけ卒業大学名がなくて大学院名しか書いてありません。
普通は取締役に就任するときは卒業した大学を書くもんなんだけどね
はっきり言えるのはかなり露骨な学歴ロンダをやってるだろってこと(´・ω・`)
よくあるパターンは大学名けないくらいのFラン大学卒業したとかで
大学名を隠したいときにAO入試とかで大学院に入って学歴ロンダやる手口
(常識的に考えてコンプライアンス部配属とか書く前に卒業大学くらい書けと)

っていうか新任の社長自体がどう考えてもただのワンポイントピッチャーでそ
しかも数字がすべてとか結果責任という発言をやたら強調してるとこがミソだおね。
数字という結果が出なかったらいつでも首飛ばしますと言ってるようなもの。
そもそもSBI証券が3年以内に手数料を無料化するとすでに宣言してるから
収益のうち取引手数料に50%依存してる松井証券は3年後は減益しかないんだおね
しかもわざわざ後任の新社長が「手数料値下げで応じるしか手がないって明言してる」
つまりSBI証券が手数料無料化を実施してくる3年後には松井証券は減益確定してて
その結果責任を新社長に取らせますと現段階ではっきりと宣言してるってことでそ。

ようは、3年後に業績が一番悪化してだろうことが現段階ですでに予測できてるから
3年後に新社長に業績の責任取らせます(引責辞任)といってるということ。
そして今回取締役に昇進させた息子に引き継がせる予定までたってるということ。
これから業績が落ち込むから今バトンタッチすると明らかに貧乏くじなんだおね
だからわざわざ業績が底をついたとこで世襲させる予定ってことでそφ(.. )

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57232000V20C20A3000000/
――松井社長は今後会社とはどう関わるのか。
松井氏「経営の一つ一つに口を出すことはしない。経営者は数字が全てだ」
――後任社長にはどのような言葉をかけるか。
松井氏「私の経営の路線を踏襲する必要はない。社長は一切言い訳がきかない立場だ。結果責任を問われる。多分夜も眠れない日がずっと続くだろう。これ以外にふさわしい言葉はない。ご苦労さま」

SBIの「宣言」で曲がり角を迎えたネット証券
https://toyokeizai.net/articles/-/329686?page=4
2020/02/12 5:30 東洋経済
和里田聰・松井証券専務は、「手数料の引き下げは、やるしかないという状況。手数料に依存する収益構造を変える」と、現状を分析する。

2019年05月29日
松井証券、息子を入社させて次期社長に検討?

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2019-05-29.html

松井証券(8628) 839円 +25円 (+3.07%)


ss2286234570 at 22:38|PermalinkComments(4)

2020年03月06日

松井証券 暴落の最中に2時間半システム障害起こす

松井証券、システム障害
2020/3/6 19:00
松井証券は6日、システム障害が発生したと発表した。株式の現物取引と信用取引について、顧客が出した注文の一部で取引所への発注が遅れた。顧客ごとの取引状況を精査し、顧客の不利益になったケースは過誤訂正で対応する方針だ。システム障害は6日正午頃に発生。すでにシステム障害は解消済みとしている。


.
【更新】【不具合のご連絡】株式の発注状況について(13:50)
■掲載日時 03/06 13:50
※処理遅延が生じている時間帯の注文について追記しました。
現在、「執行条件:最良」のものを除いて、一部の注文が当社から取引所への発注が遅れる状況が確認されています。お客様にはご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありません。現在、修正作業を行っています。今しばらくお待ちください。
「執行条件:最良」は発注可能です。差し支えなければ、現物注文は「執行条件:最良」を選んでご発注ください。また、「市場:PTSJ」も発注可能です。なお、処理遅延が生じていた時間帯の注文については、精査を行います。精査の結果、約定内容の修正対象となるお客様には別途メッセージでご連絡いたします。

信用新規、一部の現物買(名証・福証・札証)の受注を停止しました。
■掲載日時 03/06 14:00
信用新規、一部の現物買(市場区分:名証・福証・札証)の受注を停止しました。
※現物買の東証の発注は可能です。お客様にはご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ありません。復旧まで今しばらく待ちください。

3/6金曜日の午後から松井証券で大規模なシステム障害が発生したようです(((( ;゚д゚)))
後場が開始する12:30前から発生して引けまで解消しななかったってことは
約2時間半システム障害が続いてたってわけなんでかなり大規模な障害だおね
当初は新規注文と決済注文のすべてに遅延が生じて注文の訂正・取消もできなくなって
14:00から決済注文はできるけど新規注文は意図的に停止させたようです。
おそらく新規を止めないとシステムへの負荷がかかって被害が出やすいというのと
2重のトラブルを起こしてしまう可能性があるから松井証券が停止させたんでしょう

しかし、日経が場中にMAX700円暴落した日にシステム障害起こすとか
シャレにならないというか、絶対にあってはならないことやらかしてますね(゚д゚)、ペッ
これから先もかなり株価は売り込まれて下げる懸念が高いこんな地合いで
2時間半もシステム障害起こされたら個人投資家の生死にかかわるでしょう(゚д゚)、ペッ

注文できた注文については約定や訂正・取消が遅れてもあとで過誤訂正してくれるけど
そもそも決済注文ができなかったら後で注文の過誤訂正は応じてくれないですからね。
最悪の場合は、決済注文すらできなくて逃げれなかった人も多くいたはずです
はっきりいって暴落日にこんなシステム障害やらかすとかちょっと怖すぎ(((( ;゚д゚)))
こんな暴落日に注文が30分〜1時間も遅れたらまさに地獄そのもの

今回は取引が増えてサーバーに負荷がかかったから落ちたってわけではなく
PTS注文の市場区分がうまく機能せずに市場を判定できなくなったことで
注文がそこで引っかかって詰まったようなタイプのシステム障害のようですφ(.. )

ネット証券は昨年12月から手数料値下げ競争が激しくなってきています。
いずれあと2年ほどですべてのネット証券の手数料が無料に近づいていくでしょう
それ自体は個人投資家にとって嬉しいことだし悪くない話ですけど、
無料化が進めばどんどん小口の注文が増えてシステムに負荷を与えていくわけで
負荷が増えればシステムがより不安定になる可能性が高くなるということ(´・ω・`)

手数料無料化の促進で注文が増えて行けば注文処理コストがさらに増えていき
さらにサーバーなども強化しなければならないので固定費も増えてゆきます
松井証券やカブドットコムのように手数料収入への依存度が高いネット証券は
収入が減っていくのにコストは増えるから業績がものすごく悪化するでそ
業績が悪化したそのタイミングで、もしシステム投資への判断が遅れたりしたら
システムがかなり不安定になって長期的にも障害が増えてくるかもしれません。
松井やカブコムにとっては進むも地獄、退くも地獄になってゆくでしょう

松井証券(8628) 837円 −25円 (−2.90%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8628
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8628.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss


ss2286234570 at 19:18|PermalinkComments(0)

2020年01月10日

11月 ネット証券比較

ネット証券、手数料撤廃の競争過熱=迫られる事業モデル転換
インターネット証券で投資信託などの売買手数料を撤廃する動きが相次いでいる。顧客の取り込みが狙いで、現物株売買にかかる手数料を含む完全無料化も視野に入る。利用者には利点となる一方、競争の過熱は収益悪化につながりかねない。生き残りに向け、各社は事業モデルの転換を迫られそうだ。
「(他社より)早くという危機感の下でやっている」。auカブコム証券の斎藤正勝社長は2日、顧客が証券会社から現金や株券を借りて株を売買する信用取引の手数料を撤廃すると表明。引き下げ競争で先行する姿勢を鮮明にした。
0111











11月株式口座増加数
マネックス    3452口座(1174+51.5%
クリック証券   2741口座(
 579−17.4
松井証券        2659口座
   5)+  0.1
カブコム        2587口座( 480)+22.7%
岡三オンライン  1391口座( 102)  6.8
※SBI証券、楽天証券は口座増加数を非開示にしてます。

11月信用口座増加数

マネックス      491口座(−  8
松井証券       723口座(− 42

11月 月間株式売買代金(増減率)

楽天証券         4兆8856億円(前月比1999億円)+4.2%
松井証券         1兆9889億円(前月比  767億円)+ 4.0%
カブコム      1兆7910億円(前月比1329億円)+ 8.0%
マネックス        1兆1206億円(前月比  663億円)+ 6.2%
松井証券               9801億円(前月比  896億円)+10.0% ※1日信用抜き
クリック証券             9160億円(前月比  495億円)+ 5.7%
岡三オンライン       2192億円(前月比  223億円)+11.3%

一日あたり株式売買代金(増減率)

楽天証券          2442億円(前月比211億円)+  9.4%
松井証券            994億円(前月比  29億円)  9.2
カブコム            895億円(前月比106億円)+13.4%
マネックス           560億円(前月比  58億円)+11.5%
松井証券            490億円(前月比  66億円)+15.5% ※1日信用抜き
クリック証券          458億円(前月比  46億円)+11.1%
岡三オンライン       109億円(前月比  16億円)+16.8%

信用残高
 
楽天証券      4197億円(前月比+255億円)+  6.4%
松井証券      2293億円(前月比    4億円)+  0.1%
カブコム      2265億円(前月比235億円)+ 11.5%
マネックス     1582億円(前月比  36億円)+  2.3%
クリック証券      877億円(前月比    7億円)+  0.8%

各社の証券口座数
マネックス     183万8260口座(+3452)
松井証券      120万9791口座(+2659)
カブコム      113万5768口座(+2587)
クリック証券    41万3293口座(+2741)
岡三オンライン      22万9304口座(+1391)

各社の信用口座数
松井証券       19万5472口座(+723)
マネックス   13万1787口座(+491)

各社のFX口座数
クリック証券  64万5136口座(+4057)
マネックス   25万3253口座(+320)
カブコム
        9万7707口座(+236)
松井証券        8万3745口座(+420)

各社のFX売買代金
クリック証券  48兆6155億円 −27.5
マネックス     4兆4715億円 −30.4
カブコム                1兆4218億円 −27.4
松井証券              3069億円 −34.5

12月は忙しかったので遅くなりましたが
11月のネット証券各社の各社の開示情報が出そろったので並べてみたにょ(σ´∀`)σ
チャート上では11月は横ばいでほとんど上がってない月でしたが
地合いは非常によかったので個別銘柄でかなり儲かった月でした(*´∀`*)ムフー
大型銘柄に資金があまり流れずボラの大きい小型銘柄に資金が流れたことで
非常に鞘を抜きやすいよい地合いになったということだと思いますφ(.. )
10〜11月は個別株の値動きがよくてやたら儲かる月でしたし

2019年8月みたいに為替がガツガツ円高にすすむような地合いだと
先物やFXの取引高は増えるけど、株の売買代金は一気に減少する傾向があります
逆に11月のように為替も先物も穏当で地合いが安定すると株は活発に売買されます。
この傾向は各ネット証券の業績にもはっきりと出てますよねφ(.. )

株の手数料に大きく収益依存してる松井証券やカブコムあたりは11月は好調でそ
一方で、FXやCFDに大きく依存してるクリック証券は収益ボッコボコ
為替や先物が荒れ気味だった5〜8月はやたら業績よかったのに
11月は特に為替が動かなかったこともあってトレーディング損益が8月より半減
まー年明けて1月は米国・イラン紛争でそれなりに回復してそうですけど。

ネット証券各社は12月中旬あたりから段階的に手数料引き下げに動きました
個人投資家の奪い合いが激しくなるので口座開設数は大きく伸びるでそう
ただし2020年以降もさらに手数料完全無料化にむかって走るはずなので
いくら売買代金が増えても収益はまったく増えないどころか減少してくでそ
それってつまり口座獲得費用は増えるけど、収益はどんどん減るということ
.
1105














.
特に委託手数料や金融収益(=信用金利)に大きく依存してる松井やカブコムあたりは
2020年から本格的に業績の先行きがかなり厳しくなると予想されます(´・ω・`)
たしかにカブコムは委託手数料には依存してないけど金利収益に依存してるんで
これからさらに信用金利1.5〜2倍くらいまで引き上げる可能性が高いでそ
そしたら投資家はみんな他社に移動しちゃうからどっちみち業績は回復しないでそ

ものすごく個人的な経験ですが2018〜2019年に新幹線とかに乗ってたら
楽天の三木谷社長やカブコムの斎藤社長と同じ車両に乗ることがありましたφ(.. )
三木谷社長はどうも仙台と東京を新幹線でしょっちゅう往復してるみたいですね
狭い車両なので色々感じたこととしては三木谷社長は意外にも紳士的だったこと。
車掌さんとか乗務員さんとかパーサーに対しても非常に低姿勢で紳士的でした。
斎藤社長は足を高く上げて座って周囲に対して横柄な感じでした(´・ω・`)
たかが新幹線のってるだけなのになんで添乗員にあんな横柄な態度とれるんだろうか

2019年11月15日
10月 ネット証券比較

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2019-11-15.html



ss2286234570 at 08:54|PermalinkComments(0)

2019年12月25日

ネット証券、手数料無料化で「体力勝負」突入へ 業界再編の可能性も

ネット証券、手数料無料化で「体力勝負」突入へ 明暗分かれ、業界再編の可能性も
12/19(木) 11:48配信
米国で無料化が進んでいるのは、売買手数料に依存しなくても収益を稼げる仕組みが出来上がりつつあるからです。チャールズ・シュワブは証券会社ですが、資産運用や保険事業など複合的なサービスを提供しており、手数料収入の依存度は下がっています。ここで一気に手数料を無料にすれば、手数料に依存している証券会社から顧客を奪い、一気にシェアを高めることができます。
今回、手数料の無料化を最初に打ち出したSBIも、国内ネット証券では断トツのトップシェアであり、多くの金融商品を備えるなど、すでに手数料依存体制から脱却しています。ここで無料化に打って出れば、競合他社をさらに引き離すことができると考えた可能性は高いでしょう。
「体力勝負」で業界再編の可能性
一方、手数料収入に依存している証券会社にとっては、今後は厳しい展開が予想されます。特に日本の場合、株式市場が弱体化しており、積極的に売買を繰り返す個人投資家は減少の一途を辿っています。近年は、プロの投資家がAI(人工知能)を使った高速取引などに参入しており、個人投資家がこうしたプロ投資家に短期売買で勝つのはほぼ不可能になりつつあるといわれます。売買手数料に依存している証券会社は、こうした個人投資家が主な顧客層ですから、ますます状況が厳しくなります。

ネット証券「手数料ゼロ」過熱 収益の展望なく消耗戦
2019/12/23 20:30 日本経済新聞電子版
インターネット証券が「背水」の戦いを繰り広げている。auカブコム証券が信用取引手数料の撤廃を打ち出した2日以降、投資信託、現物株へとゼロ化の波が広がり、顧客をつなぎ留めるための追随が相次いだ結果、わずか3週間でほとんどの販売手数料がゼロになった。手数料収入に代わる、新たな収益モデルはまだ描けておらず、消耗戦の様相を呈している。
2日には投信手数料への依存度が他社より低い松井証券が投信無料化を発表。すると、マネックス証券は松本大会長が出張先の米国で深夜に電話で「うちも打ち出す」と国内に指示を出すなど他社も追随。結局、10日までに大手ネット証券が無料で横並びになった。
ネット証券が一斉に追随するのは、顧客がネット上で簡単に資金を他社に移せるためだ。数日でも対応を迷っている間に顧客を失いかねない。
純営業収益の2〜6割を取引手数料が占めるネット証券は今後、どうするのか。
auカブコムは信用取引での貸出金利を1%引き上げ、KDDIと連携した広告などのデータビジネスを始める。楽天は独立系金融アドバイザー(IFA)と連携して新規口座開設や預かり残高を伸ばし、SBIは新規株式公開(IPO)など法人関連収益を拡大させる。ただ各社とも明確な展望が描けているわけではない。代替の収入がない現物株の無料化についてはauカブコムもSBIも「予定」とするにとどめている。




なつさんが2019年内に株式手数料引き下げ競争がはじまるだろうと書きましたが
それ以降も、ネット証券各社が手数料引き下げが続いているようですねφ(.. )

記事にもある通り、今回の手数料値下げ競争は収益の拡大が目的じゃないんだおね。
いくら値下げしたところで売上高が増えるわけでもないし収益の展望もありません
本当にただの消耗戦でしかないからです(´・ω・`)
.
1224














じゃあなんでSBI証券が手数料の無料化を打ち出したかというと理由は簡単
SBIホールディングスの非証券事業がしっかり成長したからです
決算資料の7ページ目にでかでかと書いてありますφ(.. )
いままではSBI証券に大きく依存してたんで大きな勝負は出来なかったけど
SBI証券への依存度が30%以下に下がったから大きな勝負がしやすくなったってこと。

81〜91ページにはSBI証券はホールセール部門でしっかり稼げるようになってきたし
非証券部門のFXや仮想通貨でも安定して利益を稼げるようになったと書いてあるし
91ページ目には口座数を3倍に増やすことが目標としっかり書いてあります。
そのためにはどうするかというと、手数料を無料化して競争力を磨いて
最終的には手数料に依存してる他のネット証券を叩き潰して客を奪うってことです
もっとはっきり言えば松井証券とカブコムを潰す気だってこと(((( ;゚д゚)))

証券事業以外で稼げる体質になってきたんで株式手数料無料化を仕掛けて
ここらで一気にシェアとお客を奪い取ろうっていう戦略です
利益を増やすわけではなくパイを奪い取るいわゆる焦土作戦をやるわけです
一方で客を奪われる側の松井証券やカブコムは対抗する手段がそもそもありません。
.
1105














.
松井証券・カブコム・マネックスは手数料や金利収入への依存度が非常に高いので
仮にSBI証券に値下げで対抗したとしても売上げと利益を削られるだけです
かといってカブコムみたいに値上げで対抗すればお客がごっそり収奪されるだけ
つまりもはやどっちの戦略を選んだところで打つ手がないんだおね(´・ω・`)
もっとはっきり言ってしまえば勝負はすでについてて詰んでるんですよね。

カブコムはシステムの外販やKDDIと組んでデータ広告ビジネスで稼ぐとか言うけど
仮にそれが成功して収益の柱になったとしても4〜5年先の話ですよねΣ(・ω・ノ)ノ
じゃあそれまでの4〜5年間は客を奪われっぱなしの草刈り場になるだけでそ
そもそも2年以内に手を打たないといけないから有効な対抗手段がないんですよね。
.瓮バンクなどから資本を受け入れて実質傘下に入る
他のネット証券と合併・身売り。あるいはメガバンクなどの大手資本に会社を売る
赤字覚悟の値下げ戦略で応じて業績80%ダウンあるいは赤字覚悟で戦う


2年以内に証券事業に変わる大きな収益源を作るなんてのは間に合わないから
せいぜいこれくらいしか選択肢が残ってないんだおね
SBI証券側も対抗手段がないことを分かってて今回の値下げをしかけたわけだから
そういう意味では戦う前から勝負の結果は着いてたとも言えるでしょう(´・ω・`)

つい先日、SBIはリップルに200億円投資したというニュースが12/21に出ています
さらにドイツの仮想通貨取引所に出資してアジア・欧州で展開していくとも。
一方の松井証券は国内仮想通貨業者ディーカレットにたった2億円を出資しただけΣ(・ω・ノ)ノ
非証券事業への投資額がすでに100倍以上の差があるわけですよね
企業ってのは特定の分野で圧倒的なシェアを奪って安定的な利益を稼いでいくか
あるいは複数の事業でバランスよく収益を稼いでいくかのどちらかしかありません。
非証券事業への先行投資にこれだけの圧倒的な差があったら
どのみち非証券事業で稼いで優位なポジションを得るとか100%無理でしょ

仮想通貨事業やアメリカでの証券事業に投資したマネックスはともかく
松井証券とカブコムの決定的な敗因先行投資をしなかったという一点に尽きます
生き残る企業というのは利益を稼いでる企業ではなく環境変化に適応できる企業です。
つまりいつどんなタイミングでも先行投資をしなかったら座して死を待つだけ
過去10年において投資額で負けてて、今年においてすら投資額に100倍の差があったら
5年後、10年後にどっちが勝ってどっちが消滅するかは予想するまでもないでしょ

2019年12月07日
【超改悪】バカドットコム証券 信用の現引き・現渡手数料を設定

2019年12月03日
マネックスも信用や投信の手数料ゼロに、カブコム・松井も発表

2019年11月16日
SBI証券が3年以内に株式手数料の無料化を宣言!!


ss2286234570 at 05:08|PermalinkComments(2)

2019年11月16日

SBI証券が3年以内に株式手数料の無料化を宣言!!

迫る手数料ゼロ、証券会社に試練 自由化から20年
2019/11/1 2:00 日本経済新聞
証券会社が株式売買手数料に頼る収益モデルから脱却できていない。1999年の手数料自由化から20年の節目となる2019年4〜9月期の業績が31日に出そろい、主要19社のうち17社で最終損益が減益または赤字になった。手数料ゼロの流れが先行する米国を見据え、SBIホールディングスは将来の「ゼロ化」を明言した。経営環境が急速に変化することは避けられず、証券各社は備えを迫られている
SBI「3年で完全無料めざす」
「3カ年計画で手数料の完全無料化をめざす」。SBIの北尾吉孝最高経営責任者(CEO)は30日の決算説明会でこう宣言した。夜間の私設取引システム(PTS)を手始めに、手数料ゼロの対象を広げる。米国ではインターネット証券大手のチャールズ・シュワブが10月、株式の売買手数料を無料にすると発表した。
もっとも手数料のゼロ化がすでに始まった米国と日本では証券会社の経営環境は異なる。証券会社に資金を借りて株式を売買できる信用取引の金利は、日本の2〜3%に対し、米国は8%程度とされ、収益性が高い。
米国のIFA(独立系金融アドバイザー)の顧客資産は27兆ドル(約2900兆円)もある。証券会社や運用会社はIFAを対象にした金融商品や取引プラットフォームを提供することで安定した収益源を確立しつつある。一方、日本は売買手数料以外に稼ぐ手段が乏しい。SBIの動きを踏まえ「日本でも手数料のゼロ化は不可避」という認識は各社で強まっている。付加価値の高いサービスで収益源を開拓できるのか。ここから先は時間との勝負になる。

決算資料
http://www.sbigroup.co.jp/investors/disclosure/sbiholdings/

SBI証券が10/30の決算の場で「3年以内の株式手数料の無料化」を宣言しました
SBIグループでは証券事業(SBI証券)の収益依存度が30%以下に下がったとあります。
これまではSBI証券への依存度が高かったので思い切った手数料値下げをやりすぎると
SBIグループ全体の業績を悪化させててしまう懸念があってしなかったけど、
この依存度がかなり下がってきたので思い切って手数料値下げ路線をやるんでしょう
.
1117

.











.
SBI証券は近年、FXや投資信託や外債・債券をずっと強化してきたし
IPOや債券に絡んだホールセール部門や法人部門でかなり稼げてますからね
収益源も分散されて安定してきたからこそ手数料無料化に切り込めるってことでそ
今さらなんでSBI証券が手数料無料化に踏み切るのかといえば単純にいえば
十分な体力と準備が整ったのでさらにシェアを奪いに行きたいからでしょうφ(.. )
すでにSBI証券はシェア40%近く持ってますが、これを50%以上に引き上げつつ
松井・カブコム・マネックスの良いお客も根こそぎ奪ってしまおうということでそ
(いわゆる焼け太り戦略的なやつですね)
.
1105















.
SBI証券や楽天証券はかなり前から手数料依存度の引き下げに尽力してきたので
仮に株式手数料の無料化に踏み切ったとしても問題はないでしょう(´・ω・`)
ただカブドットコムはかなり高い信用金利に依存してるままなので
手数料だけでなく信用金利引き下げの圧力が増せばかなりキツイでそね
(収益バランスが非常に悪いのでバランスが崩れるとかなり痛い
マネックスは近年、アメリカ子会社と仮想通貨で稼げるようになってきてるので
ここも手数料無料化でもなんとかやっていける算段くらいはあるでしょう
GMOクリック証券は収益の大半がFX関連だし、株式手数料への依存度はおそらく
10%もあるかないかなのでいつでも無料化に踏み切ることは可能でしょう

ぶっちぎりで厳しいのは松井証券だおね(((( ;゚д゚)))
毎月のネット証券の比較でも書いてますが、松井証券は手数料無料の1日信用除くと
月間の株式売買代金はGMOクリック証券と大差ないくらいの規模しかないんですよね
ほんのごく一部しかいないコアな顧客(古くからいる50〜70歳の高齢者顧客)
高齢化でどんどん引退して取引をしなくなったことですでに会社が傾いてるし、
追い打ちのように、SBI証券が株式手数料無料化というダブルパンチを浴びます

株式手数料による収入に50%近く依存してる不安定な経営モデルなので
(投資信託などを含まずに純粋に株式手数料だけに50%近く依存してる)
仮に松井証券はSBI証券のマネをして手数料無料化に踏み切っても収益を失うだけ
あっという間に売上高が50%ふっとんで致命的なダメージを受けてしまいます
ぶっちゃけた話、事態を打開できる戦略はほぼないので一番厳しいでしょう('A`|||)
(時間がもっとあればいいけど、2年以内に有効な戦略という意味ではほぼないでそ)

松井証券の置かれている立場が一番厳しいのは3つの条件を達成しないといけないから
,海譴ら引退していくコアな顧客(高齢者)以外の顧客をコア客にする必要がある
⊆蠖料に依存しないビジネスモデルに2年以内に転換しないといけない
SBI証券に先行して手を打たないと3年以内に完全に詰んでしまう

この条件を達成できなかったら自動的に業績が超悪化することを避けられません。
特に1の条件はある意味お客を全て入れ替えるってことだから難易度が非常に高い
条件が厳しいのに、時間もないから1手打ち間違えたらそこで即詰みなんだおね。
なつさんがカブコムと同順位のネット証券最下位に転落するという理由はここにあります

唯一、カブドットコムや松井証券に残された最後の手段は「先手を打つこと。
つまり3年後ではなく2019年内にもいきなり株式手数料を完全無料化してしまうこと
これによって先制してお客を一気に囲い込んでSBI証券に付け入るスキを与えないこと。
たしかに取引が増えることでコストが悪化してマイナス面も十分あり得ますが、
この先行逃げ切りくらいしか残された戦略はないといってもいでしょう(´・ω・`)
(ただし、それを察知したSBI証券と楽天証券が即座に応じたら意味ないけど)

まあ、残念ながらそれくらいしか残された手段や戦略の選択肢がないってことです
先制してなにか手を打っても返し技で一気に無効化される可能性もありえるし、
だからといって3年間待ってたらなにかスゴイ戦略がわいてくるわけでもありません。
それこそ3年後には身売りするか、合併するかくらいしか選択肢はないでしょう

ご存じの通り、従来のビジネスモデルからの脱却が遅いという理由で
なつさんは何年も前からカブドットコムと松井証券を非常に低い評価をつけてきましたが
まさにこの2社は存続を危ぶまれるほどの危機的な状況に立たされる可能性があります
もちろん岡三オンライン証券も株式売買シェアをどんどん失って、しかも赤字なので
SBI証券が株式手数料無料化に至ったらそれこそ退場以外の選択肢はの残ってないでそ

これから先の3〜4年間くらいで一気にネット証券が減っていくことは間違いないでそね

SBI証券は3年以内に株式手数料無料化と宣言してるようですが、実際にはもっと早く
それこそ2年以内には実施する可能性がかなりありえると考えています
(戦略の手の内を先にばらしすぎると、ライバルが先行して手を打ってくるから)
もしかしたら楽天証券がいきなり年内に手数料無料化を実施するかもしれないし、
そもそも株式手数料収入に依存してないGMOクリック証券が実施するかもしれません。
一か八かをかけてカブコムや松井証券が先制して無料化をするかもしれません
いずれにしても2〜3年後に勝負がつくとかいう悠長なスケジュールではなく
1〜2年以内に勝負がつくだろうとなつさんは強く予想していますφ(.. )

SBIホールディングス(8473) 2,393円 −4円 (−0.17%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8473
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8473.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

ss2286234570 at 05:52|PermalinkComments(0)

2019年11月15日

10月 ネット証券比較

中小証券「対面販売」に限界 ネット台頭で構造変化
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44111460T20C19A4EA1000/
2019/4/24 2:00 日本経済新聞
短期の価格上昇に頼り、営業攻勢をかけて、株式や投資信託を次々買ってもらう――。「対面販売」と呼ばれる旧来型のビジネスモデルに依存してきた準大手・中堅証券会社の業績悪化が止まらない。デジタル化の波に乗り遅れた結果、先行きにはリストラと再編が待ち受けている。金融庁が「顧客本位」の営業を求め、数年前まで人気だった毎月分配型の投信は販売自粛が広がる。分配金の受け取りのたびに課税され、投資効率が悪いためだ。
さらに底流では構造変化が進む。ある証券会社社長は「毎月、3ケタの単位で顧客が減っている」と嘆く。高齢化が原因だ。顧客に相続が発生すると次の世代が顧客として残るのは「良くて6〜7割」。ネットに慣れた若年層はわざわざ対面証券を選ばない。対面証券の地盤沈下は地方ほど深刻だ。金沢市が地盤の竹松証券は2月、顧客口座の大半の管理業務を中堅証券の証券ジャパン(東京・中央)に譲渡すると発表した。地方では親から証券資産を相続しても東京など大都市の金融機関に移してしまうため、顧客資産の減少速度が一段とはやい。
目指すべきは売買時の手数料に頼らない資産管理業務――。共通認識はあっても肝心の預かり資産が増えないことには話にならない。

SBIとの資本業務提携、きょうの取締役会に付議=福島銀行
https://jp.reuters.com/article/fukushima-bank-sbi-idJPKBN1XL018
2019年11月11日09:44 ロイター
福島銀行(8562.T)は11日、SBIホールディングス(8473.T)との資本業務提携に関する報道について「おおむねその通り」とした上で、きょう開催の取締役会に付議すると明らかにした。NHKは、SBIと福島銀行が資本業務提携して最新の金融サービスを提供し、収益力の強化に取り組む方針を固めたと伝えた。SBIが10%台後半の福島銀行株式を保有する大株主となるという。
 

10月株式口座増加数
クリック証券   3320口座(+ 180+  5.7%
松井証券        2654口座
 182)−  6.4
カブコム        2107口座( 289)−12.0
マネックス    2278口座(
  83−  3.5
岡三オンライン  1493口座( 345)−18.7
※SBI証券、楽天証券は口座増加数を非開示にしてます。

10月信用口座増加数

マネックス      449口座(−  7
松井証券       765口座(−  3)

10月 月間株式売買代金(増減率)

楽天証券         4兆6857億円(前月比4016億円)+ 9.3%
松井証券         1兆9122億円(前月比+1277億円)+ 7.1%
カブコム      1兆6581億円(前月比   434億円) 2.5
マネックス        1兆0543億円(前月比  948億円)+ 9.8%
松井証券               8905億円(前月比  658億円)+ 7.9% ※1日信用抜き
クリック証券             8665億円(前月比  792億円)+10.0%
岡三オンライン       1969億円(前月比  175億円) 8.1

一日あたり株式売買代金(増減率)

楽天証券          2231億円(前月比  23億円) 0.1
松井証券            910億円(前月比  29億円) 3.0
カブコム            789億円(前月比106億円)11.8
マネックス           502億円(前月比    3億円) 0.6
松井証券            424億円(前月比  10億円) 2.3 ※1日信用抜き
クリック証券          412億円(前月比    2億円) 0.4
岡三オンライン         93億円(前月比  19億円)16.9

信用残高
 
楽天証券      3942億円(前月比−153億円)− 3.7%
松井証券      2293億円(前月比    4億円)+  0.1%
カブコム      2030億円(前月比−668億円)−24.7%
マネックス     1546億円(前月比  20億円)+  1.3%
クリック証券      870億円(前月比−  94億円)− 9.7%

各社の証券口座数
マネックス     183万4808口座(+2278)
松井証券      120万7132口座(+2654)
カブコム      113万3181口座(+2107)
クリック証券    41万0552口座(+3320)
岡三オンライン      22万6122口座(+1493)

各社の信用口座数
松井証券       19万4749口座(+765)
マネックス   13万1296口座(+449)

各社のFX口座数
クリック証券  64万1079口座(+4932)
マネックス   25万2933口座(+227)
松井証券        8万3325口座(+481)

各社のFX売買代金
クリック証券  67兆1157億円 +14.9
マネックス     6兆4300億円 +25.0
カブコム                1兆9598億円 −1.7
松井証券              4686億円 +3.9

10月のネット証券各社の各社の開示情報が出そろってたので並べてみたにょ(σ´∀`)σ
9月もかなり日経平均は上昇でしたが、10月はさらに大きく上昇し盛り上がった月でした
10月の安値から比べると10月の高値は1,700円上昇23,000円を達成しました
ただし10月の1日あたりの株式売買代金はどのネット証券も減少でした
前月の9月の地合いがあまりにも良すぎたのでその反動もあったのかもしれません。
10月の東証の営業日は21日で9月の19日より2日も多かったことがかなり貢献したことで
10月の月間株式売買代金は大きく増えたネット証券が多かったようです

ただしカブドットコム証券はものすごい落ち込み方をしていますね(´・ω・`)
それ以上にヤバいのが岡三オンライン証券であることは間違いないでしょう
1日あたりの株式売買代金も、月間株式売買代金も過去最低を更新しました。
日経平均が上がりまくりなのに回復せず、むしろ開業以来の過去最悪の数値って
つまり株価が下げたらもっと売買代金が落ち込む可能性が高いってことでそ
(1日あたりの株式売買代金なんて100億円も割れこんでますし)
正直なところ、どう考えても将来性はほぼないといっても過言ではないでしょう

すでに3年以内にSBI証券が株式手数料の無料化を宣言しています
アメリカのネット証券は手数料で稼げなくても信用金利で稼げますが
日本では信用金利の値下げ競争も激しいので非常に苦しくなるのは必須でしょう。
それでもSBI証券は圧倒的なシェアを握るために値下げを必ず断行するでしょうね
松井証券、カブドットコム、岡三オンライン証券あたりは株式手数料への
依存度が高いのでそう簡単には無料化にして対抗することはできません(´・ω・`)
この3社あたりは3年以内に超業績悪化退場吸収合併を迫らせそうだおね

各社の開示データを見てて驚いたのが個人投資家は今でも売り目線ってこと。
https://www.matsui.co.jp/company/ir/press/pdf/pr191101.pdf
松井証券のデータだと、信用買い残は8月末の1971億円から1814億円に7.9%減少
信用売り残にいたっては315億円から483億円の53.3%の異常な増加っぷり
もしかして個人投資家は売り目線でかなり大損してるんじゃないでそか
一般的に、個人投資家が買いまくって信用買い残が増えると相場は天井といわれますが
この信用売り残高の増え方を見るかぎりは株価はまだ上昇を示唆していそうです


迫る手数料ゼロ、証券会社に試練 自由化から20年
2019/11/1 2:00 日本経済新聞
証券会社が株式売買手数料に頼る収益モデルから脱却できていない。1999年の手数料自由化から20年の節目となる2019年4〜9月期の業績が31日に出そろい、主要19社のうち17社で最終損益が減益または赤字になった。手数料ゼロの流れが先行する米国を見据え、SBIホールディングスは将来の「ゼロ化」を明言した。経営環境が急速に変化することは避けられず、証券各社は備えを迫られている。
SBI「3年で完全無料めざす」
「3カ年計画で手数料の完全無料化をめざす」。SBIの北尾吉孝最高経営責任者(CEO)は30日の決算説明会でこう宣言した。夜間の私設取引システム(PTS)を手始めに、手数料ゼロの対象を広げる。米国ではインターネット証券大手のチャールズ・シュワブが10月、株式の売買手数料を無料にすると発表した
もっとも手数料のゼロ化がすでに始まった米国と日本では証券会社の経営環境は異なる。証券会社に資金を借りて株式を売買できる信用取引の金利は、日本の2〜3%に対し、米国は8%程度とされ、収益性が高い。

2019年10月13日
9月 ネット証券比較

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2019-10-13.html

2019年09月12日
8月 ネット証券比較
http://ss2286234570.blog.jp/archives/2019-09-12.html

2019年08月17日
7月 ネット証券比較


ss2286234570 at 15:42|PermalinkComments(2)

2019年11月07日

松井とGMOクリックも日経225先物と日経225ミニの手数料を引き下げ

松井、日経225先物の手数料引き下げ 業界最安水準に
2019/8/30 9:07 
松井証券(8628)は30日、日経225先物と日経225ミニの取引手数料を30日の夜間取引から業界最安水準に引き下げると発表した。日経225先物は1枚あたり200円(従来は300円)、日経225ミニは35円(同40円)に値下げする。ほかの主要ネット証券が値下げで先行していたが、松井証券は日経225先物の手数料をSBI証券など同業よりも低くし、日経225ミニは同水準に設定した。デイトレード向けの「一日先物取引」については、日経225先物の手数料を150円(同250円)に下げる。

GMOクリック証券 日経225先物・ミニの取引手数料を業界最安値水準に引き下げ
2019年09月06日
GMOクリック証券は、2019年9月30日(月)のナイトセッションより、日経225先物・ミニ日経225先物の取引手数料の引き下げを実施いたしますので、お知らせいたします。 
0906








楽天証券とSBI証券が日経225先物とミニ先物の手数料を下げて
これに反応してすぐさま手数料を下げたのがマネックス。
少し遅れて手数料をさらに下げてきたのが松井証券とクリック証券のようです
楽天証券とSBI証券は日経225先物のラージの手数料が1枚あたり250円(税抜き)
松井証券とクリック証券は同じく1枚あたり200円(税抜き)のようです。

ただ松井証券は手あたりしだいに下げてるだけで戦略性がまるでないおね
ただでさえ手数料収益に依存しすぎてるビジネスモデルなのに
手数料を下げて対抗するだけじゃ収益の増加につながるとはあまり思えません
収益がアップする要素(戦略性)がまるでないのでそこが致命的だおね
今期の業績(2019年4〜9月)も前年比で−50%に落ち込んでるようだし
もしこの先でSBI証券が手数料引き下げを強化したら太刀打ちできないでそ(´・ω・`)

クリック証券は明らかに先物ユーザーを獲得するのはあくまで手段であって
最終的にはCFD顧客を増やして収益を伸ばしていくという戦略でそφ(.. )
ただのミニ先物や先物ラージより取引時間も長いし商品数も多いですからね
CFDの取引高や収益も前年比で1.5倍に増えてるようだしかなり好調さを感じます
2017年から2018年へ、2018年から2019年へと毎年1.5倍くらいに増えてる様子
決算資料読むとこでれもかってくらいにCFDの収益強化が書いてあるおね
.
1108












決算資料ページ https://www.gmofh.com/ir/library/presentation.html

2019年08月08日
マネックス、SBI、楽天が日経225先物とミニ先物の手数料を引き下げ

2019年05月28日
楽天証券、矢継ぎ早に競争力を強化しまくる


ss2286234570 at 08:45|PermalinkComments(2)

2019年11月04日

ネット証券 2Q(2019年4月〜2019年9月) 四半期業績比較

SBIヤフーvs.野村LINE スマホ時代の証券業界
https://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/955/1955098/
2019年10月16日 18時00分
ネット証券最大手のSBIホールディングス(SBI)と、ヤフーの親会社にあたるZホールディングス(Z社)が金融分野で業務提携する。今回のSBIとZ社の提携では、金融情報のメディアであるYahoo!ファイナンスとSBI証券の連携がもっとも重要と考えられる。Z社によれば、Yahoo!ファイナンスは、「月間1500万人が利用しており、金融のメディアとしては日本でもっとも使われている」(谷田智昭・Zフィナンシャル社長)という。Yahoo!ファイナンスはこれまで、情報の提供にとどまっていたが、証券の売買取引などもできるよう、連携を進めるという。売買取引の連携については、2020年秋ごろのサービス開始を目指している。また、住信SBIネット銀行の住宅ローン「フラット35」を、Z社傘下のジャパンネット銀行で販売するという。

SBI、地銀を再生できるか 「第4のメガバンク」構想
2019年10月30日06時30分 朝日新聞
ネット金融大手のSBIホールディングス(HD)が地方銀行と連携を進めている。29日には、グループ会社の住宅ローンを出資先の島根銀行へ提供するなどの連携策を発表した。めざすは、地銀連合による「第4のメガバンク」。人口減と超低金利で苦しい経営が続く地銀を再生できるか、その手腕に注目が集まる。29日発表した島根銀との業務提携は、SBIグループの扱う住宅ローンを島根銀でも売り出すことや、同行本店に共同店舗を設けて株や債券を売ることなどが柱。「これまで競争力がなかった分野で、商品を拡充できる」と島根銀も歓迎する。SBIは9月に傘下のファンドとともに同行に計25億円を出資することを決めており、株式の34%(議決権ベース)を取得する。





SBI証券 2020年3月期 第2四半期(2019/4〜2019/9)決算
営業収益 578億6,400万円(−  4.2%)
営業利益 180億4,900万円(−35.3%)
経常利益 182億9,100万円(−34.4%)
当期利益 117億3,400万円(−39.0%)

GMOフィナンシャルHD 2020年3月期 第2四半期(2019/4〜2019/9)決算
https://contents.xj-storage.jp/xcontents/pdf
営業収益 180億1,400万円(+  0.7%)
営業利益   62億8,100万円(−  6.0%)
経常利益   61億0,400万円(−10.9%)
当期利益   40億1,100万円(−  9.5%)

楽天証券 2020年3月期 第2四半期(2019/4〜2019/9)決算
営業収益 273億7,400万円(−  7.3%)
営業利益   52億6,800万円(−49.2%)
経常利益   47億9,000万円(−52.4%)
当期利益   30億6,000万円(−56.1%)

松井証券 2020年3月期 第2四半期(2019/4〜2019/9)決算
営業収益 112億6,900万円(−21.7%)
営業利益   39億8,700万円(−48.8%)
経常利益   40億6,500万円(−48.3%)
当期利益   28億0,600万円(−48.6%)

マネックス証券 2020年3月期 第2四半期(2019/4〜2019/9)決算
営業収益 260億3,400万円(−  1.4%)
営業利益   21億6,500万円(+31.1%)
経常利益   21億9,500万円(+19.9%)
当期利益   16億7,900万円(−  3.8%)

カブドットコム 2020年3月期 第2四半期(2019/4〜2019/9)決算
営業収益   95億3,700万円(−12.7%)
営業利益   13億2,700万円(−64.7%)
経常利益   13億9,800万円(−63.4%)
当期利益   11億0,100万円(−59.0%)

ネット証券の2020年度2Q決算がすべて出そろってたんで比べてみたにょ(σ´∀`)σ
マネックスはコインチェックを買収して会社の形が大きく変動したので
今回からマネックス証券単体ではなくマネックスグループの決算で比較しています。
同様に、クリック証券は単体決算を開示してないので
金融部門だけのGMOフィナンシャルホールディングスの連結決算で比べています。
なので子会社のGMOコインの数字も含んだ決算内容になっていますφ(.. )
また3月決算から12月決算に変更されてたので2019年4〜9月部分のみ抜粋しています
(文字数喰うし長くてめんどくさいので以下GMOFHDに省略)
楽天証券も3月決算から12月決算に変更されたので2019年4〜9月部分のみ抜粋しています
2019年1月〜9月の第3四半期から2019年1月〜3月まで第1四半期決算を抜いて計算)

2019年は2月〜7月まで個人投資家の売買が非常に落ち込んだ厳しい時期でした
昨年10〜2019年1月までの下落退場した個人投資家が多かったとも言われてるし
米中貿易戦争の対立を嫌って個人投資家が売買を控えていたともいわれています
2月〜7月はかなり厳しい時期でしたが、8月からはボラティリティが回復しています
2019年8月は為替が激しく動いたので各社のFX部門がかなり稼いでいます
GMOFHOの8月の証券・FX部門の実績が過去最高益だったことがわかります)
また2019年は仮想通貨が大きく動いて30万円台から110万円台まで上げたので
仮想通貨の子会社を持っているマネックスとGMOFホールディングスが好調でした
FXと仮想通貨で稼いでるマネックスとGMOFHDがはっきりと良い数字を出してます

足元の9月〜10月は株式市場が大きく回復してきてるので各社とも回復傾向です
9月は1日あたりの株式売買代金は各社ともかなり回復していましたが
残念なことに営業日が少なかったので業績にはほとんど影響していませんでした
ただ10月〜11月は引き続き地合いも回復傾向なのでこれから業績に反映されそうです

楽天証券はシステム投資を集中的にやってるので今期の業績はよくないです
ただ見た目の数字は悪く見えるけど内容はそれほど悪くはありませんφ(.. )
一番よくないのは証券部門に依存しすぎてる松井証券とカブドットコムでそね
投信部門も弱いし、FX部門も稼げないし、仮想通貨部門もありません。
.
1105














.
松井証券って手数料と金利収入に売上高(=営業収益)の90%を依存してるのに
信用手数料下げてから信用残高を増やしてきてるマネックスにすら負けそうな勢い
しかも手数料無料の一日信用の売買代金除いた株式売買代金で比較したら
カブドットコムの半分しか株式売買代金がないし、マネックスにすら負けてます

松井証券は20年前から50〜60代の顧客層に非常に偏って依存していたんですねφ(.. )
それは20年前の話なので、現在このコアな顧客層の年齢はすでに70〜80代ということ
おそらくこのコアな顧客層が株の損失高齢とで続々引退してるってことでしょう
はっきり言ってしまうと、高齢者(60〜70代)のコアな顧客層に依存するという
過去のビジネスモデルが今年に入ってすにで破綻したってことです(((( ;゚д゚)))

数年前からその兆しがあったんでなつさんが何回もここで書いていた通りですね
それこそ2年以内に証券部門に依存しないビジネスモデルに転換しない限り
ここから先は高齢者がさらに加速的に引退していなくなるので悲惨なことになるでそ
このまま無策で行けば、マネックスにすら負けて数年後はカブコムと最下位争いでそね
.
1106















.
カブドットコムも松井証券ほどじゃないにしてもかなり酷い内容ですにょ(σ´∀`)σ
結局のとこ証券部門に依存しすぎのビジネスモデルが限界に来てるということ
ちなみにKDDIがTOBかける前のカブドットコムの時価総額が800億円くらいで
TOBかけた後の時価総額がほぼ倍の1600〜1700億円くらいだったと記憶してます(´・ω・`)
しかしそこからカブドットコムの業績は半分以下に落ち込んでしまってるので
結果的にKDDIはカブドットコムの株を4倍の高値で掴んだマヌケということになるお

カブドットコムの年間の最終利益が24億円とするとKDDIの取り分はその半分の12億円
TOBのためにつっこんだ投資額が諸費用込みで900億円と仮定して考えると
900億円の投資を回収するのに75年間もかかるというマヌケな計算になりますΣ(・ω・ノ)ノ
半額セールになってるであろう今の株価を起算にして今ごろTOBすればよかったのにね

ネット証券 1Q(2019年4月〜2019年6月) 四半期業績比較
http://ss2286234570.blog.jp/archives/2019-09-07.html

2019年03月29日
ネット証券 3Q(2018年4月〜2018年12月) 四半期業績比較

2018年11月11日
ネット証券 2Q(2018年4月〜2018年9月) 四半期業績比較


ss2286234570 at 05:49|PermalinkComments(0)

2019年10月13日

9月 ネット証券比較

 ネット証券、「脱手数料」急ぐ 収益低迷打開へ多角化 地銀提携や対面強化
2019.9.30 09:37 産経Biz
株式売買の際に証券会社に支払う委託手数料が完全自由化されてから10月1日で20年となる。インターネット証券の台頭で手数料の値下げは急速に進んだ。だが、規制緩和を通じて国民の貯蓄を投資へと振り向ける狙いは思うように進んでいない。最近は個人投資家の売買低迷で収益の落ち込みが目立ち、ネット証券は手数料に依存しないビジネスモデルへの転換を迫られている。
最大手のSBI証券は顧客基盤の拡大に向けて約30行の地銀と提携し、地方に活路を求めている。また、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と連携し、若年層向けに「Tポイント」で株式が買えるサービスを今春始めた。楽天証券は資産運用設計を手掛ける複数企業と業務委託契約を結び、顧客の資産形成を対面でサポートする体制を整えている。契約先の一つ「ガイア」(東京)の中桐啓貴社長は「顧客の資金を増やすには5年、10年単位の時間がかかる。長期的な信頼関係が欠かせない」と指摘する。カブドットコム証券は金融事業の強化を目指すKDDI(au)からの大型出資を受け入れた。斎藤正勝社長は「証券は構造不況に陥っている。経済政策による株高の恩恵は陰りが見えてきた」と先行きに懸念を示す。

「成人」ネット証券の危機感
2019/8/26 20:00 日本経済新聞
「非常にショッキングな数字だ」。松井証券の松井道夫社長が語気を強めて指摘するのは、株式売買代金全体に占める個人比率だ。2019年4〜6月は17%と、3割を超えていたピーク時から半減した。手数料自由化前の1998年(約14%)以来の低水準に近づきつつある。
取引コストを下げて個人の参加を促したネット証券各社は、ある種の既得権者への挑戦者として、対面営業から一方的に顧客を奪う形で存在感を高め、株式市場の流動性向上に貢献してきた。だが、ここまでシェアをとってしまえば、この延長線上に成長シナリオを描くのは難しい。
暗号資産(仮想通貨)などに多角化して成長を模索する向きもあるが、そこはIT(情報技術)企業やフィンテックと競合するレッドオーシャンだ。ネット証券各社がここ1〜2年注力してきた資産形成ビジネスにも、IT勢は人工知能(AI)やビッグデータを活用して侵食を狙う。言い換えれば、10月で成人を迎えるネット証券は、かつて支配的だった対面営業型証券ビジネスと同じように、「攻められる側」に置かれつつある。その「成人後」には難路が待ち受けている。

9月株式口座増加数
クリック証券   3140口座(  13)−  0.4
松井証券        2836口座
+ 724)+34.2%
カブコム        2396口座( 231)+10.7%
マネックス    2361口座(
+ 457+24.0%
岡三オンライン  1838口座( 308)+20.1%
※SBI証券、楽天証券は口座増加数を非開示にしてます。

9月信用口座増加数

マネックス      456口座(−148)
松井証券       768口座(152)

9月 月間株式売買代金(増減率)

楽天証券         4兆2841億円(前月比− 1102億円) 2.5
松井証券         1兆7845億円(前月比− 1803億円) 9.1
カブコム      1兆7015億円(前月比+     30億円)+ 0.2%
マネックス           9595億円(前月比     78億円)+ 0.8%
松井証券               8247億円(前月比  123億円)+ 1.5% ※1日信用抜き
クリック証券             7873億円(前月比  661億円) 7.7
岡三オンライン       2144億円(前月比    20億円) 0.9

一日あたり株式売買代金(増減率)

楽天証券          2254億円(前月比162億円)+ 7.7%
松井証券            939億円(前月比    4億円)+ 0.4%
カブコム            895億円(前月比146億円)+19.4%
マネックス           505億円(前月比  74億円)+17.1%
松井証券            434億円(前月比  48億円)+12.4% ※1日信用抜き
クリック証券          414億円(前月比    8億円) 1.9
岡三オンライン       112億円(前月比    9億円)+ 9.4%

信用残高
 
楽天証券      4095億円(前月比220億円)+ 5.6%
カブコム      2698億円(前月比+470億円)+21.0%
松井証券      2293億円(前月比    7億円)+  0.3%
マネックス     1526億円(前月比−  32億円)− 2.0%
クリック証券      964億円(前月比117億円)+13.8%

各社の証券口座数
マネックス     183万2530口座(+2361)
松井証券      120万4478口座(+2836)
カブコム      113万1074口座(+2396)
クリック証券    40万7232口座(+3140)
岡三オンライン      22万4629口座(+1838)

各社の信用口座数
松井証券       19万3984口座(+768)
マネックス   13万0847口座(+456)

各社のFX口座数
クリック証券  63万6147口座(+5788)
マネックス   25万2706口座(+234)
松井証券        8万2424口座(+412)

各社のFX売買代金
クリック証券  53兆6680億円 −34.7
マネックス     5兆1409億円 −37.3
カブコム                1兆9952億円 −24.3
松井証券              4510億円 −39.1

9月のネット証券各社の各社の開示情報が出そろってたので並べてみたにょ(σ´∀`)σ
8月は低迷したままでしたが、9月は株価も大きく上昇し盛り上がった月でした
月初に比べると2000円近く日経平均も上昇してそれなりに活性化したようです
9月の1日あたりの株式売買代金は各社ともかなり増えていたようですが
9月の東証の営業日は19日で8月の21日より2日も少なかったことが影響してしまい
月間での株式売買代金は減少したネット証券が多かったようです

なお、6月分から一日信用を含まない松井証券の売買代金を表に入れましたφ(.. )
1日信用は手数料を払わないで取引している顧客層なので
取引手数料を支払って売買してる顧客層の取引ボリュームを分かり易くするためです
(残念ながら、楽天証券は1日信用の内訳を開示してないので集計できません)

これによって極端なまでの松井証券の失速が目立っています
2018年12〜2019年1月にかけての株価の暴落で各社とも顧客資産が痛んでいますが
特に顧客の痛みが目立つのが松井証券ってことです(´・ω・`)
一般的なネット証券の主要な顧客層は30〜60代とわりと幅広い層ですが
松井証券は20年前から50〜60代の顧客層に非常に偏って依存していたんですねφ(.. )
それは20年前の話なので、現在このコアな顧客層の年齢はすでに70〜80代ということ
おそらくこのコアな顧客層が株の損失高齢とで続々引退してるってことでしょう

実は松井証券は1日信用を含んでいたとしても株式売買代金が落ち込んでるんですよね
1日信用のないカブドットコムにもうすぐ追いつかれそうになっていますΣ(・ω・ノ)ノ
しかも1日信用を除いた通常の株式売買代金はマネックスにずっと負けたままだし
GMOクリック証券とようやく互角な数字にまで落ち込んでしまっています
(高い手数料を払っているごく一部の顧客に収益の大半を依存してるってこと)

一方で、松井証券は他社に比べて手数料収入への依存度が2倍くらい高いので
1日信用を除いた株式売買代金がこのまま右肩下がりに減り続けると
業績を直撃してしまいそのまま回復できない事態になってしまうでしょう(´・ω・`)
(減少した高齢者の顧客層を再度増やすことは極めて不可能なので)
30〜40代の若年層の顧客も1日信用は利用してくれるだろうけど
わざわざあのクソバカ高い通常手数料を払ってくれるお客はまずいないと思います。
はっきり言ってしまうと、高齢者(60〜70代)のコアな顧客層に依存するという
過去のビジネスモデルが今年に入ってすにで破綻したといって間違いないでそ
.
0908
















2019年09月12日 8月 ネット証券比較

2019年08月17日 7月 ネット証券比較

2019年07月19日 6月 ネット証券比較

参照ページ
楽天証券
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/company/disclosure/business/fy2019.html
松井証券
https://www.matsui.co.jp/company/ir/press/pdf/pr191001.pdf
カブドットコム証券
https://kabu.com/company/pressrelease/20190903_1.html
マネックス
https://mst.monex.co.jp/mst/servlet/ITS/ucu/CompanyDisclosureMsGST
GMOクリックフィナンシャル
https://www.gmofh.com/ir/news.html
岡三オンライン証券
https://www.okasan-online.co.jp/company/disclosure/trading_value.html


ss2286234570 at 07:02|PermalinkComments(0)