yogurting ヨーグルティング

東証

2014年12月09日

東証に問題解決の能力がないことが「問題」

東京証券取引所は25日、検討してきた取引時間の拡大を当面見送る、と発表した。個人投資家らが参加しやすいように夜間の市場開設もめざしたが、コスト増などを懸念する証券会社の協力が得られないと判断した。
会社員が帰宅後に売買できるように午後9〜11時に夜間専門の新市場をつくる案が有力で、一部のインターネット証券会社は個人投資家の利便性が上がるとして賛成していた。これに対し、大手や中堅の大半の証券会社は、夜間取引の需要は小さいと主張。システム開発や人員の確保に費用がかさむこともあって反対していた。
取引時間が短い問題点は証券会社と共有できたとして、内部では引き続き検討する。東証の清田瞭(あきら)社長は「取引の機会を広げることは重要で、あきらめたわけではない。証券会社に必要性を訴え続けていきたい」と話す。
1010









【夜間取引】
参加意欲のある証券会社があまりに少なすぎるのが最大の難関だおね
少なくとも現状において全証券参加型の夜間取引というものは99%ムリだと思います
唯一の方法は「自由参加型」の夜間取引を開設することでそ
おそらく90%以上の証券会社は参加しないだろうけどそれは別にいいんだおね。
だってたった10社のネット証券が個人投資家の売買シェア93〜95%占めてるんだもん
その他の200社近い対面証券を説得することにどれだけの意味があるんでそうか?
取引の増加にもまったく貢献しないならスルーすりゃいいだけですにょ(σ´∀`)σ
むしろ自前で夜間取引のシステムを抱えてるSBI証券1社を説得する方が100倍意味あるおね。

【夕場取引】
こちらは上手く調整すれば開始できる可能性は十分ありえると思いますφ(.. )
ただし投信が引け後にやってる基準価格算出(いわゆる投信の値洗い)の問題を
解決して投信運用会社の賛成を取り付けることが絶対条件になるでそう
もし夕場取引が長引いて終値が確定しないままだと投信は資産の価格算出できませんΣ(゚д゚;)
もしそれがずれ込んで翌朝に間に合わないと、投資家は投信の価格を知ることができません。
夕場取引を開始したら投信の資産評価を計算できなくなりましたでは済まない話になるおね
機関投資家や個人投資家からも大ブーイングでシャレにならない事態になります(((( ;゚д゚)))
でも逆にいえば、この投信の価格算出問題さえクリアできれば夕場取引の道はひらけるでそう
日本では投信を運用してる会社の親会社は大手証券だったりします。
子会社が泣きついてきてるのに親の証券会社が夕場取引にOKなんていう訳がありません
まずは東証が自分が手を汚して汚れ仕事をこなすことが大切でそう。
投信運用会社と会合をもってなんとか解決策を探るしか方法はないですにょ(σ´∀`)σ
もしこの部分の調整さえクリアできれば大手証券も首を縦に振るはずで
夕場取引の開始の可能性が一気に実現性を帯びてくると思います(^_^)ニコニコ

東証が今やるべきことは夜間取引の必要性を訴えることではないでおね。
経済合理性がないという結論が出たのにしつこく訴えたって誰も納得はしないでそ(`・ω・´)
そうじゃなくて、東証が今やるべきことは問題を解決する議論に参加することだおね。
上から目線でなんで夜間取引やらないんだよって100万回叫んだってまったくの無意味。
知恵遅れのガキがスーパーの床に寝転がって泣き叫んでるのと大差ないおね(゚д゚)、ペッ
むしろ東証には問題解決能力のないバカしかいないんだってばれて恥じかくだけでそ


ss2286234570 at 16:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年12月08日

東証無能すぎワロタ

海外投資家を呼び込むために、午前と午後で合計5時間と、海外に比べて短い取引時間を延ばすのは東証の長年の懸案だった。水面下で動き出した昨年秋、「うちが決めれば野村や大和も従わざるを得ない」と首脳の1人は自信満々だった。だが時間とともに東証の自信は懐疑へ、そして諦めへと変わる。
専門家を集めて今年1月に立ち上げた研究会は、本市場と別の午後9時〜11時の夜間、午後3時半〜5時の夕方、本市場の単純延長の3案を議論した。誤算は、清田社長が「(夜間を)やるべしという結論を出すと期待していた」議論が序盤から迷走したことだ。野村は時間拡大そのものには反対ではなく、当初は香港やシンガポールと取引時間が重なる夕方案を推していたという。企業の決算発表の時間帯が、夕方取引が始まる前の3時〜3時半に集約されれば、投資家は結果を見てから売買できる利点もあると考えたのだ。
「野村がそう言うなら証券界は夕方案でまとまるに違いない」。こう東証が期待したのもつかの間、野村は8月に夕方案から降りてしまった。検討の結果、投資信託の基準価格算出に与える影響など夕方案が抱える問題が浮上したからだった。
大手証券や金融庁に突き放されて孤立無援に陥り、被害者に見えるが、東証自身の責任も大きい。時間拡大でどのくらい売買が増えるのか、説得力のある予想値を最後まで参加者に示さなかったのだ。「東証も結果責任を恐れた。株式市場をこう変えたいという明確なビジョンを強く示せば結論は違ったはず」。大手証券の首脳は言う。
1209














日経新聞で東証の夜間取引が失敗した理由の記事がすべて開示されてました。
もう一回読み直してみたけどやっぱり一番悪い(無能)なのは東証自身だおね(゚д゚)、ペッ
事前調整とか問題解決する能力がどうみても小学生以下
正直いってここまでバカだったというのに驚きですにょ(σ´∀`)σ

現実的な話として考えると東証の夜間取引は99%無理のような気がします(´・ω・`)
なぜなら対面証券には夜間取引に参加する経済合理性が皆無だから
今のところ個人投資家の株の売買の92〜95%はネット証券経由で占められてます
ちょっと前まで85〜90%といわれてたので明らかにさらに寡占化がすすんでんだおね。
国内には大小全部合わせて200社近くの証券会社があるというのに
たった10社に満たないネット証券がシェアを独占しているってことですにょ(σ´∀`)σ
大手ネット証券5社だけでも80〜90%を占めてるように見えます
逆にいえば残りの190社すべてのお客の株式売買を合わせても5%もあるか怪しいってこと。
つまりネット証券以外の証券会社は夜間取引に参加する意味もメリットもないんだおね

ありとあらゆる意味で経済合理性が欠けてるんだし議論をするだけムダでそ(゚д゚)、ペッ
こんな議論やるだけムダなんで、東証が音頭をとってネット証券を10社ほど集めて
正式な取引所取引ではない形式でもいいのでさっさと開始すればいいと思うんですφ(.. )
対面証券にとっては1円の利益も生まない、むしろコストと人的負担が重くなるだけ
ここまで矛盾が生じてる問題を「強制参加」で解決しようたって無意味だおね

会社が従業員に対していう言葉に例えるなら
「残業代は1円も出ないし会社の業績にも貢献しないけど17時〜23時まで強制残業な
ただしいくら頑張っても給与もボーナスにも反映されなしやるだけ無駄な残業だけど
もし残業サボったら毎日罰金1万円ほど給料から差し引くらから、っていうのと同じ。

東証が対面の大手証券や中小証券に言ってるのはまさにこれでそ(`・ω・´)
お金にはならないけど、準備や対応には高いコストがかかります。
でも1円の利益も生まないし、むしろ赤字をたれ流すしかないクソ事業だおね
こんなムチャクチャな提案してるんだから相手が納得するわけがないですにょ(σ´∀`)σ
正直いって、東証は問題解決能力が皆無です。一言でいえばバカってことです


ss2286234570 at 19:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月25日

東証、時間延長の結論持ち越しへ

株式取引時間の延長について検討している東京証券取引所は、実施の可否や手法などの結論を10月以降に持ち越す見通しだ。9月末をめどに結論を出す方針だったが、証券会社や機関投資家との意見調整に時間をかける必要があると判断した。市場参加者の意向を見極め、年内にも結論を出したい意向だ。
東証は現在、午後9〜同11時を中心時間帯とする夜間取引市場の是非を優先的に検討している。夜間取引には売買拡大などの効果を疑問視する声も根強い。実施するにしても東証は市場参加者に丁寧な説明が必要とみている。

斉藤CEOは24日の会見で、結論を出す時期について「正直言うとそんなものはないが、いつまでも検討しているのもおかしい」と指摘。担当者レベルでは年内を念頭に検討を進めているとした。しかし、業界内で意見が分かれている現状を踏まえ「取引所が何か決めて、強制するようなものではない」と話し、「うまく決着点がみつかればいいなとは思っている」と述べるにとどめた。
0926









東証が夜間取引の議論の結論を延期しちゃったようです(´・ω・`)
当初は9月に結論をだすといってたようですが無期限延期の可能性も?
東証の社長はここにきて「結論をだす時期はない」と認めちゃったようだおね

はっきりいいって今の夜間取引の議論無意味だと思いますにょ(σ´∀`)σ
そもそも夜中の「21時〜23時の2時間だけ夜間取引を開始する」という
方針自体の意味がわからない。バカげてるとしかいえないでそ(゚д゚)、ペッ
なんで夜中に2時間だけ取引したいと主張してるのか理解できません。
大手証券や機関投資家にしてもなんの利益にもつながらないしいい迷惑でそ
良くも悪くも彼らだって企業なんだし「まったく利益にならないことをやれ
叫んだって、命令したって相手が従うなんてありえないと思うんです(`・ω・´)

そのへんの公務員やサラリーマンに向かって
「給料は払わないけど毎日必ず21〜23時までサービス残業してくれ
ただし
「公式な業務だから責任は重いし、トラブル起こしたら罰則もあるよ

こんなこと言ってるのと同じことでそ
何の利益にもならないし負担にしかならないなら反対してあたり前だおね(´・ω・`)
議論で相手を納得させるにはどこかで「落としどころ」を探るのが当然で
何の譲歩もなく見返りもないのに納得しろと主張すること自体が狂っています
もし本当に説得したいなら「家族がいる人は不参加でいい」だとか
無賃は酷過ぎるから「夜勤手当は満額払う」といった妥協点を探るべきだおね
東証はそういった「妥協点」を探る努力をしない点がアホだと思いますΣ(・ω・ノ)ノ

こんなのは全員を「一律強制参加」にするからおかしな話になるんでそ
一番よい解決法としては参加意志のある人だけでミニマムでやってみること
夜間取引に参加したいネット証券だけ集めて小規模から始めればいいだけだおね。
そして個人投資家が参加しやすいよう取引時間をもっと自由に伸ばして
夕方17時〜23時半までの長丁場でやってみりゃいいだけでそφ(.. )
参加したいという意志のある証券会社と個人投資家を募って
まずは「開始する」ことを目的にしてやってみりゃいいだけだと思うんです。

メリットがなにもないから「参加したくない」と明確に意思表示してる人に対して
なんの譲歩も代替案もなく説得しようとしたってそれはもう時間の無駄だおね
東証は「丁寧に説明してご理解をいただく方針です」てきなこといってますが
説明したからどうにかなるかって言うレベルの話ではないでそ
だって「毎日必ずサービス残業を夜23時までやってくださいと説明されて
納得してそれに従うような労働者なんて絶対にいないおね・・・(´・ω・`)


ss2286234570 at 20:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年07月21日

明日から銘柄に小数点株価が導入され、株価の刻み幅が変わる

2014年7月22日(火)から、東京証券取引所はTOPIX100構成銘柄の呼値の単位を縮小いたします。 具体的には、5,000円以下の呼値の単位が小数値株価(※)に変わります。
呼値の縮小により、指値で注文できる金額が細分化されます。ただし、板(気配)に表示される本数は8本のまま変わらないため、変更後の板表示では、過去に確認できていた値幅では気配数量を見ることができなくなります。

明日、7/23(火)から東証の一部の銘柄で刻み値が変更されます。
今回からTOPIX100を構成してる銘柄に限定して、刻み値を小さくしてみて
流動性や取引量にどれくらいのインパクトがあるのか実験しようってことです
ただし残念ながら個人投資家にとって今回の変更はなんのメリットもありません。
むしろ今まで板読みをしながら鞘抜きをしてた人には最悪のデメリットが発生するでそう
むしろハイフリークエンシー取引(超高速取引)をやってる機関投資家だけが有利になって
個人投資家が喰いモノにされて大損するという結果がでるだけでそ(゚д゚)、ペッ
今回のTOPIX100の銘柄についてはもう二度と触らない方がいいとおもいますにょ(σ´∀`)σ

0720









例えば、みずほだと上の様な表示になるようです。
とにかく見辛いことこの上ないし、入力ミスが増えそうな操作性が極めて悪化します
はっきりいってこんなクソ仕様けは絶対に止めてほしかったと心底思います(´・ω・`)

大まかに言うと、今回の刻み値の変更は個人投資家にとって4つほどデメリットがあります。

“直の情報料が減るので極端に視認性が悪化
これはもう言うまでもないでそう。細かい刻み値がいままでの10倍に増えてしまうので
上下の2円幅を見るだけで板が20枚もムダに表示されてしまいます(゚д゚)、ペッ
各社によって仕様が異なるので一概には断言できませんが、
これまで15〜20円幅ほど見えていた板が上下に1.5〜2円幅しか見えなくなりますΣ(゚д゚;)
本来見えてたはずの情報が1/10に減ってしまうので株価情報の把握が困難になるでそ。
個人投資家にとっては最悪のデメリットで、視認性という意味では最低最悪の事態です

板読みという手法の壊滅
短期デイトレやスキャルピングをやってる人たちの中には
板読みという「板だけを見て板の動きを予測して取引」するという手法をやってる人がいます。
今回からTOPIX100銘柄ではこの手法が使用できなくなるので困る人も出るでしょう。
まあ、幸いながら個人投資家の好む新興銘柄はまだ対象外です
おそらく個人投資家たちはTOPIX100銘柄に愛想をつかして新興に逃げ出すでそう

5ヾ愿蟷餡箸帽イ放題に抜かれまくる
おそらく目に見えない速度で板が小刻みに激しく動くようになるはずですφ(.. )
そうなると約定の細かい中身を目で確認できなくなるので超高速取引の独壇場だおね。
個人投資家の注文が届くよりも「後出しで出した注文が細かく先に板を喰う」ので、
先に喰った注文を直後に個人投資家に売りつければ勝率100%で勝てるってことです。
こんな馬鹿げた詐欺的な約定ルールを放置してる東証も大問題でしょう。
ましてそれをさらに後押しして改悪を進めるとかキチガイ沙汰としか思えません。
はっきり言ってこれはただの詐欺です(゚皿゚メ)

ち犧鄒の悪化
これまでより多くの情報を入力しないといえけないので手入力の個人はものすごく不利です
入力までに時間がかかりやすいってことは指し負けの可能性が単純に上がります。
狙った瞬間に注文を出したくても操作性が悪化すればどうしても遅れやすくなります。
特にスマホでは小数点入力がかなりめんどくさいことになります(´Д⊂)
入力ミスでエラーがでまくって注文を出せないというお年寄りのクレームが増えるでそう
お年寄りじゃなくても今回の改悪はスマホで特に悪影響が出やすはずです。
操作性という面では個人投資家にとって何一つとしてメリットはありません(゚д゚)、ペッ


ss2286234570 at 05:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年06月19日

夜間取引の議論紛糾、東証の本音は「取引所外取引」潰し?

株式売買の取引時間延長めざすJPX東証の本音は「取引所外取引」潰し!?
2014.06.17
表立って批判する向きは少ないものの、東京証券取引所が進める「取引(売買)時間延長」構想に、一部のネット証券を除いて、証券界の大半が苛立ちを募らせている。
「利用者ニーズに応える」という美名の下で、すでに取引時間の延長を実現している“ダークプール”や私設取引システム(PTS)を利用した売買に代表される「取引所外取引」を締め出して、かつてのように株式取引を独占したいという東証の本音が透けて見えるからだ。
加えて、諸外国の実例からみて、「取引時間を延長しても、東証が主張するほどの株式取引の拡大は見込めない」(米国系証券)とあって、証券各社としては、投資のリスクに頭を悩ませているらしい。
難航の背景にあるのは、大手証券会社や、投資家との対面取引を主体とする中小証券会社、そして、すでに“ダークプール”や私設取引システム(PTS)を使った「取引所外取引」を活発化している外国証券などの慎重姿勢だ。東証は取引時間が延びると、取引が増えて証券会社の手数料収入が増えるはずだと主張しているが、実際には、それほどの伸びは期待できず、人件費をはじめとして膨らむコストをカバーできるめどが立たないという。
そして、もうひとつ。証券各社が、東証への協力に躊躇している理由は、「当初の取引時間の延長によって、競争相手である取引所外取引を潰し、以前のように株式取引を独占したいというJPXグループの本音が透けて見える」ことにある。資本取引の殿堂のはずの証券取引所が、競争を嫌うというのはもってのほかである。
0620








夜間取り引きの議論がしだいにきな臭くなってるようです(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
東証が「夜間取引」をやりたがる背景には、個人投資家のためではなく
“ダークプール”や“私設取引システム(PTS)”を潰したいという意向が
あるんじゃないかという疑念に関する記事のようです。

多かれ少なかれ、そういった考えが東証にあるかないかと言われればたぶんあるでそ
“ダークプール”や“私設取引システム(PTS)”はここ数年間で非常に大きく伸びています
すでに野村系のチャイエックスは東証の5%の出来高を占めてるとかなんとかΣ(・ω・ノ)ノ
そういった事情を考えたら、東証は取引所以外の市場を潰したいのは当然のことです。

一般的にネット証券は夜間取引の開始に好意的と思われがちですが
PTSを自前で所有しているSBI証券は夜間取引に真っ向から反対しています(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
SBI証券は反対の理由として、「夜間取引には需要がない」と述べています。
しかし一方で、SBI証券は自前で夜間取引(PTS)をしっかりやっています。
「おいおい何だそれは 矛盾してるじゃないかと突っ込みたくなります。
でも理由は極めて単純。
SBI証券は自前のPTSを伸ばしたいから夜間取引をやりたくないだけだからです。
要は、東証もSBI証券も自分の都合だけで意見を述べてるだけってことですにょ(σ´∀`)σ

ただし、東証にとってSBI証券は重要なお客様でもあるのも事実です
SBI証券は口座数、預かり残高を含めてネット証券の中では圧倒的な1位です。
ご存知のようにSBI証券は個人投資家をよそよりも圧倒的に多数抱えているので、
もしSBI証券がへそを曲げて夜間取引参加を見送るようなことになれば
それだけで東証の夜間取引は失敗しかねないくらい強い影響力をもってるおね(´・ω・`)

夜間取引に関していえば、利害関係者は証券会社だけではなく
機関投資家や投資信託運営会社などを含めると300社以上はおそらくあるはずだおね
その中で「賛成意見」の立場なのは松井証券を中心としたネット証券の数社と
東証しかいないというのが現状です。つまり292/300は反対意見ってことでそ
ぼくちんも多数決による判断がそれほど正しいとは思いませんが、
だからって反対票が97%もあったら賛成意見を押しとおすのはかなりのムチャでそ(´・ω・`)
まったく儲からない、しかも固定費だけは膨大にかかるサービスを押し通して
たった3%にも満たない賛成票だけで開始するとかどうかしてると思います
やってもいいけど、人には迷惑かけずに自腹で自分だけでやれって話ですおね。

よく東証は「サラリーマンが帰宅したら株をやるから夜間取引のニーズはある」
とかワケのわからない理屈を説明してますが、まずありえないと思います
「本当に株をやりたい」と本気で思ってるサラリーマンはスマホでも購入して
指値か逆指値でも使って昼休みかトイレで既にトレードしてると思うんですおね(。・ω・)ノ゙
「夜間取引がないと株なんてできっこない」なんてやる前から言い訳してるやつなんて
結局のとこ夜間取引や夕方取引があろうがなかろうが絶対やらないと思うんです

要は、「リスクをとりたくない」とか、「株の研究をするのはめんどくさい」とか
経済や投資のことはよくわからないから今まで株に手を出さなかったような人間が、
「夜間取引が始まったら」すぐさま投資に挑戦するなんてありえんと思うんです
投資を始めるための「最初の心理状態」を少し想像してみればすぐわかることでそ。
だいたいSBI証券には夜間PTSあるんだし、夜間取引があるなら株やりたいってやつは
とっくの昔に株に手を出してると思うし、そんな需要はすでに尽きてると思うんです
本気で投資に挑戦したい気持ちが0.1%でもあるならFXかミニ先物でもやれって話。
24時間近く取引できるし、少ない資金で始めてるんだからそれこそ株より敷居は低い
それでもやらないやつが100万〜200万も出して夜間取引するとかまずありえん話でそ。

2014年06月07日
「夜間取引」の議論は超迷走のようす


ss2286234570 at 00:54|PermalinkComments(1)

2014年05月15日

夜間取引の議論が見事に迷走→暗礁にのりあげ

大和証券グループ本社の日比野隆司社長は14日、東京株式市場の取引時間拡大に向けて議論されている夜間取引導入や夕方取引の導入について「反対する」と否定的な考えを明らかにした。大手証券会社のトップが東証が検討している夜間取引の導入について反対を明言したのは初めて。
反対の理由について、日比野社長は「ニーズが限定的」を挙げ、「社会コストや効果があるかということをしっかり議論する必要がある」と述べた。14年度の経営戦略説明会後、記者団の取材に答えた。夕方取引についても「大変な影響がいろいろなところに出る。夜間(取引)がダメだから夕方というのはやめた方がよい」と述べた。
0514






大和証券グループ本社の日比野隆司社長は14日、東京証券取引所が検討している現物株の夜間取引について「投資家のニーズは極めて限られており、反対する」と明言した。午後3時の通常取引終了後の夕方に取引をする案も浮上しているが、「延長ありきの議論にならないことを望む」と慎重な対応を求めた。
同日の経営戦略説明会後、記者団に語った。東証は2月、取引時間の拡大を議論する有識者研究会を設置。6月にも最終報告をまとめる予定だ。対面取引が中心の中小証券に続き、大手証券も反対を表明したことで、今後の議論に影響を与える可能性もある。

予想通りというか、お約束のように迷走をはじめた夜間取引の議論です(`・ω・´)
すでに対面営業中心の中小証券は夜間取引に反対の姿勢を鮮明にしてます
機関投資家も流動性のなさを懸念してすでに参加したくなさそうなふいんき。
そして大手証券会社もはっきりと夜間取引に「反対」を意見表明したようですにょ(σ´∀`)σ

現地点で夜間取引に「賛成」の意見を表明してるのは松井証券を中心とした
ネット証券の一部と東証だけというかなり寂しい結果になってしまったようです
マネックスですら「機関投資家が参加するなら参加意義はある」って感じだったので、
機関投資家が乗り気じゃない地点で参加意思があるのかかなり怪しそうだおねΣ(゚д゚;)
SBI証券は自前のPTSを所有してるので夜間取引が始まるとむしろ被害を被る立場です。
「反対」姿勢というより、むしろ夜間取引の案が潰れてくれたらをします。
そう考えると夜間取引を本気で望んで支持してるネット証券なんて何社あるんだって話でそ

ここまで賛成派が少ないとかなり厳しそうだおねΣ(・ω・ノ)ノ
利害が対立しすぎてるので妥協案の成立はなかなか困難でそう
東証主導で夜間取引をやりたいと主張しても、ここまで同調者が少ないと
現実的な選択肢は非常に限られてくるんじゃないでそうか(´・ω・`)
‥当に「夕場取引」みたいなのをやってお茶を濁して議論を打ち切る。
東証が有志を募ってネット証券数社と一緒に夜間取引のマネゴトをやる。



ss2286234570 at 20:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年04月21日

東証の夜間取引、意見対立が激しく調整は難航のようす

東京株式市場の取引時間拡大に向けた議論で、これまで軸になっていた夜間取引導入と並ぶ有力案として、夕方取引導入が浮上してきた。取引時間が重なるアジアからの注文が期待できることに加え、夜間取引に比べ運用が容易だとして対面型証券会社の関心が高まっているためだ。ただ、両案には一長一短がある。関係者による研究会は今夏に報告書をまとめるが、東京証券取引所は難しい判断を迫られそうだ。
東証が夜間取引を軸に取引時間拡大を議論するために設置した研究会。2月に開かれた初会合で、委員を務める証券会社首脳が、こう意見を述べた。これを受け、3月に開かれた第2回会合で川村雄介座長(大和総研副理事長)が「次回以降、夕方の時間帯についても議論を行う」と説明。「夜間」と「夕方」の2案を柱に議論していく流れができた。
0422












対面証券が中心となって「夜間取引」にかなり強硬に反対をしているようですにょ(σ´∀`)σ
ここまで強く反対してるようじゃ、足並みを揃えて夜間取引に参加はまずなさそうだおね
議論がずっと対立してるので妥協案もちょっと難しそうなういんき。
結局はどこかで東証が主導的に自分の案を出して強硬に進めるしかなさそうですφ(.. )

1.夜間取引
ネット証券は運用コストが安いので取引時間がかなり延びても弊害が少ない。
一方、対面証券は大手だと何千人もの営業員を抱えているので人件費が高くつく。
夜間取引をやれば夜勤手当もついてさらにコストが跳ね上がる。
昼間の営業員とは別に人手を手当てせざるをえないので収益的なメリットは皆無。
また、(現在のところ)機関投資家もあまり参加には前向きでないのも難点。

2.夕方取引
ネット証券としては運用コストが安いので夕方取引のみやってもお客の利便性は低い。
できれば16:00〜24:00くらいまでの長時間の取引を希望。
一方、対面証券は15:00〜19:00くらいまでの夕方取引にはある程度の容認姿勢。
ただし、正式な取引所時間として夕方取引を行えば人手の薄い中小証券はデメリットが大。
また終値が「15:00」から正式に「17:30」などになるとシステム的な影響度も大きくなる。
特に投資信託を運用してる会社にとっては終値の算出変更は対応コストが高い。
機関投資家は夕方取引という単純な取引時間の延長なら難色は示してないようす。

両意見を並べてみるとこんなところでそか
参加者をより多く取り込んで確実性を優先するなら「夕方取引」しかなさそうだおね。
ま、夕方取引というよりも単純に取引時間を2〜3時間を延ばすという意味ですねφ(.. )
営業人員の少ない中小証券はデメリットを被りますが、その他はあまりデメリットがありません。
ネット証券も妥協案として飲むというくらいなら可能でそう
機関投資家もすんなり参加してくれそうなので流動性はそこそこ担保できます。

ネット証券だけが先行して夜間取引を強引に開始してしまうという案もあるでしょうけど
現実的には機関投資家が難色を示してるので失敗して廃止になってしまう可能性が高いです。
流動性がないのでスカスカの板が並んで材料の出た銘柄以外は値がつかなくなるでそう
それなら妥協ラインとして夕方取引に落ち着かせるってのもありかもしれないにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 01:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年03月22日

東証の夜間取引の試案が提出される

東京証券取引所は20日、取引時間の拡大に向けた試案を検討会に出した。試案では、午前9時から午後3時までの通常取引とは別に、午後9時から11時までの夜間専門の市場を新たにつくる。夜間取引でついた株価は「参考値」として扱い、正式な終値は今までどおり通常取引が終わる午後3時についた価格とする。
夜間取引は、仕事が終わった後の個人投資家や、時差がある海外の投資家でも取引しやすくする目的で、東証が検討してきた。試案では、売買できる銘柄は通常取引と同じにする。取引量が少なく株価が乱高下する可能性があるため、通常取引よりも値幅制限を強める。
0325









東証が夜間取引の骨子を検討会に提出したようです
まだやるとも決まってないものをとやかく言っても詮のない話でしかないのですが
なんだかありきたりすぎて「実際どうなんだろうな?」という印象はさけられません(´・ω・`)

率直にいうなら「夜9時」から開始という部分が馬鹿げてると思いますにょ(σ´∀`)σ
昔ネット証券が集まってやってたPTSだって夕方4時半くらいには始まってたはずなのに
夜中の9時に始まって2時間後の11時に終了するって投資家舐めてるんでそうか
それとも最初はあえて批判を浴びやすいようダメな案を出したんでそうか

こんな訳のわかんない時間帯に2時間だけ夜間取引やって意味があるとは思えません
まして参加者が個人だけで機関投資家が不参加を表明したらどうしようもないでそ。
流動性もなくなる上に、個人投資家だってこんな制度じゃ参加する張り合いがないおね
「2時間しかないならどーでもいいやって個人投資家にすら見捨てられる気がします
参加に否定的だった大手証券(野村、大和、日興)だって
一般的には、野村とかの営業担当者は夕方5時には通常業務が終了しているので
まさか4時間も店舗に待機して9時から2時間だけ働くなんて絶対ありえないでそう

もし本当にこんな適当なルールで開始しちゃうなら失敗確定だとおもいます
どうせやるならもうちょっとましなものにすりゃいいのにね(´・ω・`)
前は夜7時から開始とかいってたのになんで夜9時開始とか抜かしてんだお(゚д゚)、ペッ



2013年11月09日
東証が夜間取引を開始? 北尾逝ったあああああああぁぁぁぁ!!!!
2013年11月10日
東証、夜間市場の創設検討 午後7時〜11時半有力か?

2013年12月25日
東証夜間取引  〜東証の思惑、証券会社の思惑〜


ss2286234570 at 08:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年02月02日

東証はどうやら夜間取引をやると決めてるようですφ(.. )

日本取引所グループ(8697)の斉藤惇最高経営責任者(CEO)は31日の記者会見で、新設する夜間取引の研究会について「諮問会議のような位置付け」と述べた。市場開設の是非は研究会の答申を受けたあと、日本取引所が「最終的な決定をする」と説明。「どんな厳しい意見でも出してほしい」とも語った。

東京証券取引所は31日、現物株の夜間取引に向けた研究会を設置し、2月初旬に初会合を開くと発表した。夜間取引市場を設けた際にどのような問題点があるかといった論点を有識者が整理する。座長には大和総研の川村雄介副理事長が就く。慶大の池尾和人教授、松井証券の松井道夫社長ら18人の学識経験者や市場関係者が委員に名を連ねる。初会合後、春までに4回ほど開催する予定。議事要旨は東証のホームページで公開する。
0202








非常に短い文章ですが、かなりはっきりした内容が2点書いてあります 
〔覺崋莪の研究会はただの「諮問機関」なので決定権はない。
∈能的にはすべて東証の一存で決めますということ。


なんとなくストーリーが読めてきましたにょ(σ´∀`)σ
東証は「研究会」という「諮問機関」で議論を尽くしたっていう外観がほしいんでそう。
つまりその会議には、何の決定権限もないってことです。
(一般的には、官僚の人が法案を骨抜きにするときに使う手法です)
それは逆にいえば、、ほぼ100%間違いなく「夜間取引はやる」で決定してるって事です。

まあ、夜間取引を急ぎたいって気持ちはわかります。
一定の支持があるならやってもいいと思うし否定するつもりもありません。
ただすごく気になるのは「開始する」ってところに拘りすぎるあまり
まったく役に立たない夜間取引所を作ってしまうリスクがあることですおね

意見集約を中止して参加者の選定を強引にやると必ず無理が生じます
今のところ大手証券は「参加しない」「反対」という意見が鮮明だし、
流動性を提供するはずの機関投資家もかなり否定的なコメントが多いです
このままいけばネット証券がせいぜい数社(5〜7社)参加するだけの可能性もあります。
そうしたら「夜間取引を開始することに成功した」という外観の創作には成功しますが
流動性のない、板がスカスカで約定しない閑散市場ができるだけだおね(´・ω・`)

議論を尽くすかどうかなんてどうっていい話ですが、
せめて参加者を確保して、流動性を担保できる方法を模索してほしいもんです
「諮問機関」で議論の結果が出ましたってだけで強引にやってしまえば
必ず後でろくなことにならないのは間違いないでそう(´Д⊂)


ss2286234570 at 23:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年12月25日

東証夜間取引  〜東証の思惑、証券会社の思惑〜

東京証券取引所が開設を検討している夜間取引市場をめぐり、証券会社間の考え方の違いが鮮明になっている。ネット証券大手の松井証券が開設を求める要望書を東証に提出する一方で、店舗を持つ対面型の大手、大和証券グループ本社の日比野隆司社長は否定的な見解を示す。東証は平成22年にも夜間取引を検討したことがあるが、関係者の反対で見送った経緯があり、今後の判断が改めて注目されている。
これに対し、対面型の証券会社は反対姿勢だ。店舗の営業時間延長などで、人件費やシステム投資などのコストが大きく膨らむ懸念があるためとみられる。店舗を持たないネット証券が、コールセンターの時間延長など比較的手軽な対応で済むのとは対照的だ。大和の日比野社長は先月の説明会で夜間市場について「切迫したニーズも必然性もない。慎重に検討してほしい」と強調した。
25






日本取引所グループ(8697)の斉藤惇グループ最高経営責任者(CEO)は17日の記者会見で、「来年は夜間取引の議論を深めていきたい」と述べ、さらなる取引時間の延長などの議論を本格化させる意向を示した。斉藤氏は夜間取引を巡る問題意識として「午後3時以降の企業の適時開示で、海外の米預託証券(ADR)などで新たな株価が発見され、それが翌朝の東京市場に反映されるのは健全でないと考える」と指摘。新たな株価材料が発生した場合に「速やかに取引の場を提供するのも市場開設者の責務だ」と述べた。

東証の「夜間取引」について様々な立場からの思惑(おもわく)が交差してるようです
個人投資家は夜間市場にかなり前向きな姿勢のようで、東証の姿勢を支持
ネット証券各社も東証支持派ですが、大手証券や地場証券は大反対の姿勢です
結局前回と同じような意見がまっぷたつの状況のようですにょ(σ´∀`)σ

両社の利害は完全に対立してるので「解決方法」はたぶんありません。
前回、東証が夜間取引開設を意図したときは大手証券らの反対で即潰されました
しかし今回については、東証が反対意見を押し切ってやるだろうと予測しています。
理由は非常に簡単で、東証がすでに上場をしてしまっている「公の会社」だからです。
上場以前においては、東証の株主は東証会員権を持つ証券会社でした。
したがって、会員権を持つ多数派である大手証券や対面証券の勢力が圧倒的でした。

ところが現在はこのシガラミがすでに解けてしまっています。
資金難だった中小の地場証券はほとんど保有株を売却してしまってるし
大手証券の一部がまだ東証の株を持ってたとしてもすでに大多数ではありません
なにより上場してしまったのですから、株主でもない証券会社が口を挟んで
夜間市場に反対したところで、「権力の執行」という意味でほぼ無力です。
東証の経営判断に関与しうるのは現株主の意見だけで、
なにより東証の経営判断は「東証の利潤を最大化にする」という一点に絞られます。
すでに株を売ってしまった無関係な第三者(大手証券や中小の地場証券)が
東証の経営判断に口を出す余地はもうまったくなくなってしまっているのが現状でそ

最終的には「東証の利潤を最大化にする」ための経営陣の判断がすべてでそう。
というわけで、最終的には東証の独断で夜間取引を開始してしまうと思いますφ(.. )
まあそうは言っても個別の証券会社の参加あっての話なので、
証券会社がシステム的な対応を一律達成するまでは開始は不可能です
場合によっては「参加しない」という証券会社が出てきてもおかしくないので、
それらに対する方針を決めたりスケジュール調整など問題は山積みでそ(´・ω・`)
当初ニュースに出ていたような2014年年末に開始ってのは厳しすぎると思います。
早くても2015年、遅ければ2016年くらいってとこじゃないでそか

なつさん個人としては「夜間市場」はやっても面白い試みだと思います。
ただし、全銘柄を対象にして取引するほどの価値もないかなとも思いますφ(.. )
以前やっていた夜間取引を見ていても、個人だけでは流動性が枯渇してました
今現在のところ、個人投資家の株式委託売買代金の90%以上はネット証券経由なので
大手証券や中小地場証券が夜間取引に参加したとて大した効果は期待できません。
「個人投資家の注文だけ」で流動性を確保ってのはかなり難しいでそう

一番良い方法は「資金を集中させる」仕組みと「流動性の厚み」を出すことだおね(`・ω・´)
例えば、夜間取引で扱う銘柄をマザーズ市場のみ限定するってのもありでそう。
そして夜間取引で信用取引を可能にしてしまえば最高の手でしょう。
もし夜間取引が「マザーズ市場だけ」なら大手証券もあまり文句は言い難くなります。
(なぜなら、自分とこの大口の法人客や機関投資家はマザーズ銘柄を持ってないから)
個人投資家はボラティリティの高い取引を楽しみ、東証は場口銭で儲かり
参加しなかった地場証券や大手証券にもそれほどの不利益は発生しません。
これが三方にとって一番良い結果になるんではないでそかφ(.. )


ss2286234570 at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)