yogurting ヨーグルティング

景気回復

2021年09月14日

9/3 株式市況 〜コロナ完全終了へ〜

東京都、新たに1004人感染 7日平均で前週の55.7%
2021年9月14日 16:56 日本経済新聞
東京都は14日、 新型コロナウイルスの感染者が新たに1004人確認されたと発表した。都内の感染者は累計36万7898人となった。直近1週間平均の新規感染者は約1243人で、前週(約2231人)の55.7%だった。重症者は前日より17人減って208人だった。新たに14人の死亡が確認され、累計の死者数は2692人となった。

宣言中でも行動制限の緩和を検討 11月ごろめど、酒の提供も容認
2021年9月8日 11時31分 朝日新聞
政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種が広く行き渡る11月ごろをめどに、緊急事態宣言などの地域でも行動制限を緩和することなどを盛りこんだ案をまとめた。飲食店での酒類提供を認め、イベントの人数制限も緩和する方向で、9日にも開く政府の対策本部で正式に決定する見通しだ。
政府の案では、ワクチンの2回接種の証明書や検査による陰性証明の活用を想定。具体的には宣言や「まん延防止等重点措置」の対象地域でも、感染対策に取り組み、自治体などの第三者認証を受けた飲食店であれば、酒類提供や営業時間の制限を緩和。接種や陰性証明があれば、会食の人数の制限も緩和や撤廃をする。
また、旅行をはじめとした都道府県境をまたぐ移動についても、ワクチン接種済みであれば自粛要請の対象外とする。学校生活では、宣言などの地域でも、接種や陰性の証明があれば、部活動や課外活動も原則可能にする。
キャプチャ

チャートで見る日本の接種状況 コロナワクチン
9/14時点。職域接種1436万回のうち、ワクチン接種記録システム(VRS)に未入力の446万回分は含んでいない。
国内のワクチン接種人数
9/14時点: 少なくとも1回以上 8,155万人(総人口の64.4%)
9/14時点: うち2回接種 6,603万人(総人口の52.1%)

ワクチン1回目の接種を終えた人数が9/1に7,250万人程度だったのがさらに増加して
あっさりと8,155万人を超えて64.4%に達したようですねφ(.. )
8/31時点でちょうどワクチン1回目の接種者の割合が57.0%だったから
たった14日間で+905万人で、割合でいえば+7.4%とかいうアホみたいな伸び方ですね

9月は1日あたり平均して1回目のワクチン接種者が64.6万人ずつ増えてる計算なんで
9月は15日〜30日まで残り16日あるとすると16日×64.6万人で=1,034万人です
つまり計算上では9/30時点で1回目のワクチン接種者は8,155+1,034=9,189万人。
割合でいうと72.3%という世界でも最高レベルの接種率に到達するでそう(´∀`*)
まあ、シルバーウィークで接種者が減る可能性を考慮しても70%越えは間違いなさそう

ちなみに政府はすでに11月から行動制限の緩和案をまとめていますφ(.. )
これよくよく読んでみるとかなり踏み込んだ大胆な緩和策なんですよね
ゞ杁淹態宣言などの地域でも条件を満たせば酒類の提供をしてもOK
緊急事態宣言などの地域でも条件を満たせば夜中まで営業してもOK
ワクチン接種してるなら大人数で食事会や飲み会してもOK
ぅ錺チン接種してるなら県をまたいで旅行しても温泉行ってもOK


ちゃんと読むとものすごいゆるゆるガバガバの緩和策しますって書いてあるんです
しかも、また緊急事態宣言やマンボーが発令された状態になったとしても
酒の提供や夜間の営業時間の拡大は厳しくせずに緩めたままでOKってあるんですよね。

もちろん特殊な状況になりでもしたら再度制限の可能性がなくはないけど
例外的なケースを除いたら、原則的には制限緩和を継続しますって書いてあります。
今までの緩和はコロナ前提の緩和だったけど、11月からの緩和はアフターコロナの緩和
つまりコロナが終焉状態になることを見込んだうえでの踏み込んだ緩和ってこと
ようは11月から世の中が激的に大きく変化する端境期になるってことです。

11月からは脳みそを180℃切り替えて物事を考えて判断しなきゃいけないってこと。

鳥貴族(3193) 2,215円 +103円 (+4.8%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3193
https://finance.yahoo.co.jp/quote/3193.T/chart
業績そのものは悪かったけど補助金(雇用調整助成金)たんまりもらって黒字化
正直なとこそれってどうなの?って思う疑問が大いにある決算でしたが
11月から酒類の提供と営業時間の緩和があるってことで激しく上昇しています
月足チャートで見ると2,300円あたりの厚い雲があるので上値余地は小さめ。
2,300円を超えて上がるかどうかは不透明なんでさっさと売るべきかもφ(.. )

串カツ田中(3547) 2,364円 +24円 (+1.0%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3547
https://finance.yahoo.co.jp/quote/3547.T/chart
月足チャートだと上値余地は3,200〜3,300円あたりまであるのも事実だけど
10月の四半期決算がどう出るかでかなり結果が変わりそうな気がしますφ(.. )
串カツ田中は鳥貴族よりもかなり大規模に店舗休業してる気がするんで
補助金とか助成金狙いで一発かけてる可能性あるなと予想していますΣ(・ω・ノ)ノ
ただ結局のところは決算に左右されそうなんでチャートだけじゃ判定難しいですね


ss2286234570 at 22:58|PermalinkComments(5)

2021年09月04日

9/3 株式市況 アフターコロナ銘柄で高級ヒー

緊急事態地域で酒提供、時間制限も緩和…ワクチン接種進めば10〜11月にも
新型コロナウイルスの感染拡大地域での行動制限の緩和策をまとめた政府のロードマップ(行程表)の原案がわかった。ワクチン接種が進んだ10〜11月の段階で、緊急事態宣言の発令地域でも感染対策を行った飲食店では酒の提供や時間制限を緩和するほか、接種済みの人の外出や県境をまたぐ移動も原則認める。政府の対策分科会(尾身茂会長)が3日にもまとめる提言を踏まえ、公表する方針だ。
緩和策では、ワクチン接種済み証や、陰性の検査結果を活用。大規模イベントの人数制限の緩和や、政府の観光支援策「Go Toトラベル」の再開なども検討するとしている。

会食や県境を越える移動、接種進んだ11月頃を想定に緩和…分科会提言
2021/09/03 23:42 読売新聞
政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は3日、ワクチン接種証明などの活用を前提に、会食や県境を越える移動など行動制限の緩和に関する提言を発表した。十分に接種が進んだ11月頃をめどとした。尾身茂会長は「これをたたき台として国民的な議論を進めてほしい」としており、政府は来週にも行動制限に関する考えを示す予定だ。

ワクチン・検査活用で制限緩和 旅行、大規模イベント容認―分科会提言・新型コロナ
2021年09月03日20時58分 時事ドットコム
政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)は3日、今秋を念頭にワクチン接種が進んだ段階で、日常生活における行動制限の緩和に関する提言をまとめた。接種の完了やPCR検査の陰性証明を条件に、県境を越える旅行や全国的な大規模イベントなどを容認することが柱。政府はこの提言を踏まえ、来週にも制限緩和の行程表(ロードマップ)を取りまとめる方針だ。

チャートで見る日本の接種状況 コロナワクチン
9/2時点。職域接種1322万回のうち、ワクチン接種記録システム(VRS)に未入力の569万回分は含んでいない。
国内のワクチン接種人数
9/2時点: 少なくとも1回以上 7,346万人(総人口の58.0%)
9/2時点: うち2回接種 5,959万人(総人口の47.1%)




ワクチン接種はほぼほぼ予想通りで8/31時点で1回目の接種者が7,250万人ほど。
足元では8日間4%ほど1回目の接種者が増えるペースなので
予定通りに行けば9/8(水)には1回目の接種者の割合が60%に達する見込みですφ(.. )

古い記事を見ると6月1日にワクチン1回目の接種が1,000万人突破したばかりなので
それがわずか3か月後に7,000万人超えてるわけで異常な速度といえるでそ
冷静に考えたらこの日本のワクチン接種の進捗は世界1の早さであることがわかります。
2回目の接種率はもっと速い速度で増えてるのでその点も非常に良好ですよね

1回目のワクチン接種は平均して毎月+2,000万人/月以上のペースで増えてるわけで
よほどワクチンの供給が間に合わなくて遅延するといった事態が起きない限りは
9/8に60%達成、9月末には72.8%となるので、9月下旬には70%を突破します
2日間で0.5%増えるペースが維持できるなら10月18日には80%突破するわけです。

ちなみにイギリスでは7/31時点で1回目のワクチン接種率が70.2%だったのが
8/31時点で72.2%と月間でわずか+2.2%しか増えてないという状況のようです。
2回目の接種率も7/31時点で57.5%が8/31時点で64.4%と+7%くらいです。
このペースだと日本が10/18日時点でイギリスを抜く計算になります
0906










https://www.google.com/search?q=イギリスワクチン接種率

ちなみにアメリカでも1回目の接種者が50%超えると新規感染者が急激に減少しました
東京都内では国内で最下層だったワクチン接種率がここのところ急激に伸びてます
ワクチン1回目の接種率は東京が57%で、千葉や神奈川はまだ52%です。
大阪も52%と東京に比べたらまだ5%低いままであまり伸びてないのがわかります
最近の東京の新規感染者数の激減はこのへんが影響してるんじゃないでしょうか

現時点では分科会の提言でしかないけど経団連などの経済団体が要望してた通りに
ワクチン接種がすすめば酒類の提供や旅行についての緩和策が示されました
今まではワクチン接種しても「だから何?何も自由にならないの?」でしたが
これからはワクチンを2回接種すれば行動や経済活動が緩和されるわけですから
そういう意味では、ようやく出口が示されたということになりますφ(.. )
(イギリスと同じで、感染者が一定発生しても容認して経済を優先という路線です)

ANAホールディングス(9202) 2,622.5円 +28円 (+1.07%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9202
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9202.T/chart
日足チャートだと25日線も75日線もまるでサポートしてない無意味なラインですが
月足チャートだとなんだかんだで下値をサポートして2,500円前後で支えています
足元では新型コロナの感染者がどんどん減少して良い傾向でもあるし
なによりワクチン接種したら11月からは旅行も会食も緩和して容認しそうなんで
こういった支援材料を糧にして高値を追ってほしいと願うところですφ(.. )
最終的な目標価格は3,000〜3,300円で考えてるにょ(σ´∀`)σ

エイチ・アイ・エス(9603) 2,469円 +62円 (+2.58%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9603
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9603.T/chart
ワクチン接種者については11月から国内旅行解禁やGotoトラベル再開のネタも出たし
さらに具体的な内容が出てくれば株価にも良い影響を及ぼしてきそうです
これから9〜10月の値動きに期待して目標価格3,000円あたりで売りさばきたいです


ss2286234570 at 07:08|PermalinkComments(3)

2013年11月30日

バブルの初動 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

東京株式相場は3日ぶりに反発。日経平均株価は終値で2007年12月以来、約6年ぶりの高値を奪回した。米国経済統計の改善や1ドル=102円台に入った為替の円安を好感し、電機や輸送用機器、機械など輸出関連を中心に鉄鋼、情報・通信など幅広く買われた。運賃市況高を受けた海運は、業種別上昇率でトップ。 T&Dアセットマネジメントの山中清執行役員は、「日米欧の金融緩和で来年の先進国経済は米国中心に改善していく。金融政策の方向性から、円安は進みやすい」と指摘。為替が日本企業の競争力回復に効いてくれば、「海外勢はさらに日本株を買ってくるだろう」とみている。 

景気回復は本物なのか。1千万円を超える超高級外車から高級時計など宝飾品、振り袖着物、ビジネスクラスで行く海外周遊ツアー…。さまざまなジャンルで高額商品が飛ぶように売れているという。安倍晋三政権が打ち出した経済政策「アベノミクス」の効果もあり、日経平均株価が持ち直される中、長らく続いた不況で堅く閉じられた消費者の財布のひもが緩まりつつあるようだ。景気に左右されやすいとされる百貨店の業績も好調。輸入車販売業界からは「アベノミクスが購入を迷うお客さまの背中を押している」との声も聞かれた。
1129









体感として景気が回復してきたなと感じたのは2012年の暮れくらいですかね。
それまで混んでなかったら焼肉屋がやたらと混むようになりました(´・ω・`)
週末金曜や土曜になるとまともに予約すら取れないという有様です
さらに2013年になると体感としてさらに景気回復を感じます。
忘年会や年末年始の国内旅行の予約状況は過熱気味といっていいほどです。
日光でも行こうかと旅館を探してみましたがほとんど埋まってる状況でした。
馴染みの旅館に電話してみたら「年内はいっぱいでもう無理です」とのつれない返事
なんともさえない話です。

昨夜も繁華街を歩いてみると飲み屋とカラオケがやたら混んでいました。
金曜だったからなのかもしれませんが、やたら街中も混んでました。
忘年会の予約もかなり競争が激しいと聞いたので景気回復は本物なんでそう
去年の暮れあたりから終電で帰るとタクシー乗り場にいつも長い列ができてます。
2011年とはまったく違うなと強く感じます


ss2286234570 at 11:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年03月03日

安倍内閣の経済対策で株高と景気回復が鮮明に

円安株高が進む「安倍相場」の影響で、時価総額1兆円以上の企業が急増している。東証1部上場の1兆円企業は今月1日現在、昨年11月中旬と比べて53%増の72社まで拡大。パナソニックやソニー、スズキなど輸出関連企業の“復帰”が目立つほか、ユニ・チャームや富士重工業などの好業績企業が加わった。ただ、リーマン・ショック前の平成20年3月の85社には及ばない。海外企業との競争環境が厳しさを増す電機や、原発事故の影響を受けた電力の後退が目立っている。
野田佳彦前首相が衆院解散を表明した昨年11月14日に1兆円以上の企業は47社だったが、今月1日時点で新たに25社が加わった。このうち、6割近くが製造業だった。11月14日のパナソニックの終値は388円だったが、今月1日には666円まで上昇。ソニーも約6割値上がりした。相場の活況が業績改善につながるとの思惑から、大和証券グループ本社も1兆円超を回復した。ただ、1兆円企業が85社あった5年前の20年3月3日時点と比べると、11位だったパナソニックは今月1日に39位、ソニーは14位から47位と大きく後退。2兆円超で39位につけていたシャープは、業績不振で198位(3433億円)に転落した。電力会社も、当時は17位(3兆5648億円)の東京電力など5社が1兆円を超えていたが、今月1日現在はいずれも下回っている。
0303
政府が、景気の基調判断を2カ月連続で上方修正したのは、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」をきっかけに進んだ株高で、貴金属やブランド品といった高級品やレジャー消費などを求める富裕層の消費マインドが上向いているためだ。一方で、平均的な家庭の給与所得は伸びないうえ、足元の円安に伴うエネルギー価格の上昇が重しとなって、日常の消費現場では節約による生活防衛を弱める気配はない。高級品に対する消費意欲が盛り上がる背景には、アベノミクスに伴う株高がある。1月の全国百貨店の美術・宝飾・貴金属の売上高は前年同月比6.8%増加。高級車の販売も伸びており、日本自動車輸入組合では、2013年の外国車販売が25万台と前年比3.7%増えるとみる。
レジャー産業にも追い風が吹く。プリンスホテルの全国9カ所のスキー場では、今シーズンの来場者数が前シーズンに比べ6.7%増加した。軽井沢プリンスホテル(長野県軽井沢町)のスキー場担当者は「週末にリフト待ちの大行列ができるのは久しぶり」と目を細める。また、JTBの東京・銀座の高品質旅行の専門店「ロイヤルロード銀座」も連日、シニアの旅行客らで賑わっている。なかでも豪華客船の旅が人気で、「100万円を超すツアーの申し込みも増えた」という。

ぼくちんの体感的なものでは明らかに12月の中旬から景気の上向きを感じます
ちょうど日経平均が10,000円を回復した頃からでしょうか?
明らかに市中に活気が出てきて、繁華街や商店街でも人足が増えたなと感じました

株が騰がると消費が増えるというのはあれは本当ですにょ(σ´∀`)σ
ぼくちん自身も年末あたりからかなり派手に家電製品を新調するようになりました
儲かったからというより儲かって嬉しかったのもあってご褒美的なものですお(*´∀`*)ムフー
病は気からじゃないけどやっぱ景気とか消費って気分的な影響が大きいなって感じました。

昨年秋の東証の時価総額が250兆円で、現在は340兆円ほどです
わずか2ヶ月やそこらの期間で国民の富が80〜90兆円も増えたってことになります
これに比べると公共事業だの商品券などの景気効果がいかに小さいかがわかります。
国内の株式のうち個人投資家が保有してる割合はちょうど20%強です。
富の増加分90兆円20%18兆円といったところです
そこからオーナー株主の持分などを差し引いて考えても、真水で10〜13兆円くらいでそか
普通の消費者でもある個人投資家の財布が10〜13兆円増加ってのは凄まじい経済効果です。
「株高こそが最大の景気対策」だってのは間違いないなと再確認しましたφ(.. )

問題はここからですおね。
ただ株価が上がっただけでは、富裕層に片寄った経済効果しか産みにくい状況のままです
これをさらに国民全体的な富の増加と消費の活性につなげれるかどうかがでそう
ただ幸いなことに国民全体的に安倍内閣の経済対策が正しいと直感的に気がついてます。
だからこそ、エネルギー価格や電気料金が上がってもそれほど不満度が上がらず、
今なお内閣の支持率は高いままで、さらに高くなる傾向を見せてるんでそう
安倍内閣を支持し続けた方が自分たちにメリットがあると国民が感じてる証拠です

今のところ、円安と株高のメリットを先行して享受してるのは企業側に片寄っています。
企業はそれでも慎重姿勢を崩さず、なかなか人件費の上積みには及び腰のままです
ここからは政府が法令制定で脅しをかけながらでも企業に賃金アップを迫るべきでそう
企業というのは自分の財布と自分の資金繰りしか見ないので、そういう意味では独善的です。
自分とこの企業の業績と内部留保の積み増しさえできればいいと考えがちだからです。
でも、国内経済成長力と消費を活性化できないと企業にとっても大幅マイナスです
企業はもっと景気回復しないと賃金アップには踏み切りたくないと駄々をこねますが、
ぶっちゃけ賃金を上げないと国内消費も景気も回復しないので企業も儲かりません(´・ω・`)
結局のとこ「卵が先かニワトリが先か」みたいな堂々巡りの議論に陥りがちです。

ここまでくると、これ以上議論しても意味はないと思います。
強行的にでも「えいやで渡ってしまった方が良いと思いますにょ(σ´∀`)σ
今のタイミングなら、企業家の意見を一蹴してでも、法律制定をちらつかせながらでも、
反対姿勢の企業に対して罰則やペナルティーをチラつかせながらでも強行すべきでそ
(企業が儲かりやすいような外部環境を整えてやったんだから金を吐き出せってことです)
安倍内閣は企業に甘いように見えてもなかなか思い切って強い姿勢も見せつつあります。
腰の重い企業経営者のケツを蹴り飛ばして金を吐き出させれば景気回復も加速します
そしてなにより、結果的に企業にとってもそれが利益につながります
今後は、そのあたりの微妙なさじ加減というか、差配にも期待したいですおね


ss2286234570 at 11:28|PermalinkComments(0)