yogurting ヨーグルティング

時価総額

2015年06月27日

世界の IT企業の時価総額ランキング

2015年2月、米アップルの時価総額が世界で初めて7000億ドル(約83兆6000億円)を突破し、自社の持つ世界記録を塗り替えた。アップルは好調続きであり、このまま初の1兆ドル企業になると予想するアナリストもいるほどだ。ブルームバーグによると、2014年末時点でアップルの時価総額(6520億ドル)はロシアの株式市場全体(5310億ドル)を上回り、さらにロシア国民全員にiPhone 6を1台ずつ配ることができる額に達したという。アップルの時価総額規模の大きさがよくわかる話だ。

001















時価総額とは、ある上場企業の株価に発行済株式数をかけたもののことであり、企業価値を評価する際の指標とされている。時価総額から、企業の好不調や社会的な背景などが見えてくる。まず、日本国内を見ていこう。2015年3月25日時点での国内のIT企業時価総額ランキングは以下の通りだ。

002












国内のIT企業ではやはりソフトバンクが2位のヤフーの3倍以上と圧倒的。しかし、国内総合1位のトヨタは29兆7194億8800万円でソフトバンクの約3.5倍となっている。
日本における時価総額1兆円以上のIT企業はやはりソフトバンク、ヤフー、楽天の3社のみなのは同じテーマを取り上げた前回(約1年4ヵ月前)と変わらないが、前回と比べてヤフーと楽天の差は縮まっている。楽天はスマホ対応も早く、国内のインターネット通販事業も好調であり、2015年2月には一時初めてヤフーを時価総額で上回った。一方のヤフーはスマホの普及で、主力となるパソコンの検索連動型検索広告が今ひとつの状態だ。
また、前回と比較すると、「モンスターストライク(モンスト)」がヒットしたミクシィの圏外から一気に7位入りという大躍進が目立つ。ミクシィは2014年7月にガンホーの時価総額を一時上回るなど好調が続いている。

時価総額で検索してたら面白い記事を発見したにょ(σ´∀`)σ
読むときにちょっと注意すべきなのはこの記事は少し古いデータってところです
一番上の図は2014年3月なのでいまからおよそ1年位前のランキングです。
この時のアップルの時価総額は4787億ドルとまだかなり小さかったようです。
当時のドル円が103円だったので当時の価値で云えば49兆円くらいですにょ(σ´∀`)σ
1年後の2015年2月のアップルの時価総額は7000億円を超えているので
当時のドル円が120円だったことを勘案すると84兆円ってことになります(((( ;゚д゚)))
ドル円が大きく円安に動いた影響があったにしても大したもんでそう。

その下の図が日本のIT企業時価総額ランキングですφ(.. )
IT企業って書いてあるのにNTTやKDDIが入ってなくてソフトバンクが入ってるとこを見ると
ようは新興企業の時価総額ランキングとおもっとけば間違いないでそう
こう並べて見るとなかなか新鮮なランキングだなっておもうわけです。

楽天の時価総額もすでに2兆円企業までに育ってきてること。
それほど市場では目立ってないカカクコムがランキング上位企業であること。
過去人気化していたグリーやDeNAがランキングの下位に落ちぶれてしまってることなど
普段ではなかなか意識してないこともわかるので面白いおね(´∀`*)
いっそのことYahoo!ファイナンスが新興企業ランキングを開示してほしい。
クソ株ランキングも面白いけどやっぱり投資対象の銘柄のランキングのほうが面白いおね
今年から来年にかけてLINEが上場されて時価総額1兆円と騒がれているようなので
このランキングの上位4番目あたりにいきなり入ってくるんでそう


ss2286234570 at 09:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加