yogurting ヨーグルティング

日本株

2023年06月01日

6/1株式市場 〜岐阜暴威&高橋ダンのW曲がり屋コンビで日経上げ!〜

東証大引け 反発 値がさの主力株に押し目買い
2023年6月1日 15:18 日本経済新聞
1日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比260円13銭(0.84%)高の3万1148円01銭で終えた。上げ幅は300円に迫る場面があった。
前日に日経平均が440円と大幅下落していた反動で押し目買いが入った。日本株に先高観が根強いなか、過熱感の落ち着きを示す投資指標も増え、買い遅れていた投資家の買いが広がった。ソフトバンクグループ(SBG)が大幅上昇するなど値がさの主力株への買いが目立ち、指数を押し上げた。東証プライムの売買代金は概算で3兆5971億円。売買高は13億8403万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は948と、全体の5割強にとどまった。値下がりは805、変わらずは82銘柄だった。
米国債のデフォルト(債務不履行)が遠のいたとの見方から午後に入って三菱UFJが上げ幅を広げた。東エレクダイキン三菱商が買われた。

株、「リバランス売り」に耐える好需給 三菱商4%高
2023年6月1日 15:18 日本経済新聞
1日の東京株式市場では、リバランス(資産配分の調整)に伴う月末売りをこなす相場の底堅さが関心を集めた。前日にはこれまで大きく上昇した日本株の持ち高を落とす売りがかさみ、日経平均株価が440円安と4月以降で2番目の下げ幅を記録していた。
5月31日の東証プライム市場は売買代金が6兆9552億円と、旧東証1部も含めた過去最高を大幅に塗り替えた。リバランスやMSCIの株価指数入れ替えに伴う機械的な売買が膨らんだためだ。最後の1分間だけで約3兆6000億円の商いができ、個別でも大引け間際に株価が急変する銘柄が散見されていた。
1日に話題になったのが、大引け急落組の反発だ。
一例が三菱商事株。5月31日には大引け前の1秒間で5700円から5586円まで2%下落し、前日比では6%安で終えていた。1日は買いが巻き返し、前日比4%高の5800円まで持ち直す場面があった。
同じく最後の1秒で2%下げていた鹿島も、1日は一時4%上げて前日の下落分を7割方埋めた。市場関係者からは「月末のリバランス売りを吸収して重荷が取れ、上げ相場の続行を印象づける動き」(国内証券トレーダー)との声が出ている。

明日の株式相場に向けて=ソフトバンクGに「生成AI」の風
2023年06月01日17時00分 Kabutan
生成AIブームのなせる業だが、東京市場ではこのエヌビディア効果で視界がガラッと変わった銘柄としてソフトバンクグループ<9984>が挙げられる。「同社が傘下のファンドを通じて投資するAIベンチャーの数々が、新規上場バブルに乗る可能性がある」(同)という。AIブームによって、これまで見えなかった出口戦略への強力な追い風が吹いてきたというわけだ。また、今週初めの5月29日には子会社のソフトバンク<9434>がエヌビディアとの協業を発表するなど直接的な材料も株価に浮揚力を与えている。
0602



レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (5月29日)
ソフトバンクグループ(9984) 5,725円 +250円 (+4.57)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
英半導体設計大手アームを子会社に持ち、AI会社に山のように出資してる有望銘柄です
むしろAIバブルと半導体バブルにWで乗れるというハイブリッド型銀行セクター株。
とは言え5/30に5,300円以下で指値出してたらあまりに大量に約定してしまったので
「さすがにこれは持ちすぎだろう・・・」と恐怖も覚えたのでサクサク利益確定しました
長期で8,000円台を目指してのロングあほーるど分は十分すでに持っているので
岐阜暴威さんと高橋ダンがW売り宣言という盆と正月が同時に来たような喜ばしいお祭りの日だったので、思ったより高めの5,700〜5,750円で短期ポジが売れました
短期買い増し分は3割ちょい残して6割ちょい売って、あほーるど分を残してお終い。

基本的に指値出すときは信用で買い出して、引け前とか引け後に現引きしてるんですが
(信用だと多めの価格帯で指値が出せるのでヒットする確率が上がるから)
今回のようにバッキバキに全約定するとさすがに株数見てびびったので早めに売りました

信越化学(4063) 4,306円 +9円 (+0.21%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4063
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4063.T/chart
4,200円以下の安いとこで指値を出してたのでまったく約定しないままで終わりました
もしここからさらに下げたら指値ヒットですが、その可能性はあんまりなさそうですね。

フェラーテック(6890) 3,370円 −60円 (−1.74%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6890
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6890.T/chart
通称名はフェラテク。レーティングでのい目標価格は5,000〜5,200円あたりなので
上値余地もありそうだし、半導体銘柄なので狙いを付けてた銘柄ですφ(.. )
フェラテクは上下に髭の多い動きなのでよくも悪くもボラが高いので、売る時は少し高めで、買うときは少し安めで指値出しとけば髭の先端で約定しやすいです
もし明日の朝以降に3,150円以下に髭が伸びてたら少し買い増ししようかなってあたり。
今日は下記の 銑を満たしてる銘柄を探して指値を出してとりあえず買ってみました。
上がるかどうかは勝率65%くらいかなって思うので、失敗したら損切りもありです

〆のとこ市場で一番注目されてる半導体銘柄
⊇蟻と月足の支持線が下で支えているので下値が比較的に固そうな銘柄
F足チャートでテクニカル的に見て押し目買いしやすそうなやつ


アルバック(6728) 5,710円 +40円 (+0.71%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6728
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6728.T/chart
アルバックやフェラテク・サムコあたりはボラ大きめなんでたまに売買する銘柄です。
日足チャートの窓埋めしそうな気がしたのでそこに指値出すのがセオリーですねφ(.. )
5,600円より下値なんてあるのかな〜と安値はあまり期待してはなかったのですが
窓埋めも終わったし、安いとこで拾えたので仕込み済みとなりましたヾ(*´∀`*)ノ

ルネッサンス(6723) 2,380円 +90円 (+3.93%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6723
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6723.T/chart
いい銘柄だと思うし、チャートの形もいいので伸びていきそうなふいんきあります
ただ個人的にはこの手の5日移動平均線にそって上がってく空中戦銘柄は不得手なので
監視はしてるけど結局は注文出さずに見てるだけになってしまうことが多いですね
テクニカル的にはいいけど、個人的にあまり慣れないタイプのトレードなので回避。
(自分の過去の経験として、より勝率の高いパターンの銘柄を優先的に買うので)

サムコ(3436) 2,011円 +20円 (+1.0%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3436
https://finance.yahoo.co.jp/quote/3436.T/chart
週足で見ると、上げ始めの最初の押し目ポイントにある感じですねφ(.. )
ただサムコはけっこう癖が強い値動きなので、予測がしにくい動きが多いです(´・ω・`)
残念ながら1,950円以下で指値してたんで1株も約定しませんでした。とても残念。
サムコは上の 銑の条件のうちで△亘たしてないのでちょっと順位が低めだおね。
月足チャート見ると下値に支持線あるけど、上値にも上値抵抗線が走ってますよね
週足だと雲を上に突き抜けて上昇トレンドに抜けてるように見えるんですけど
一方で、月足だとけっこう重い雲が上から抑えこんでるんで上値あるのかな〜って。


2023年03月03日
【朗報】東証の曲がり屋二大巨頭さん、売り宣言で日経爆上げ!


ss2286234570 at 17:35|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年05月30日

5/30株式市況 〜半導体株のレーティングと目標株価〜

東証大引け 4日続伸 海外勢の買い続く、バブル後高値を連日更新
2023年5月30日 15:39 日本経済新聞
30日の東京株式市場で日経平均株価は4日続伸し、大引けは前日比94円62銭(0.30%)高の3万1328円16銭だった。バブル経済崩壊後の高値を連日で更新し、1990年7月26日以来およそ33年ぶりの高水準をつけた。材料に乏しく薄商いのなか、午後に入ると日本株の先高観の強さを背景とした海外の短期筋とみられる株価指数先物への買いが断続的に入り、日経平均を押し上げた。
東証株価指数(TOPIX)は反落した。終値は前日比1.43ポイント(0.07%)安の2159.22だった。先物主導の相場展開を映して大型株に買いが集中した半面、値下がり銘柄数も多かった。東証プライムの値上がり銘柄数は574、一方で値下がりは1197と値上がりより多く、全体の6割超の銘柄が下落した。変わらずは63、比較不可が1銘柄だった。

新興株30日 マザーズが続伸、一時2%高
2023年5月30日 15:12 日本経済新聞
30日の新興企業向け株式市場で東証マザーズ指数は続伸した。終値は前日比14.15ポイント(1.93%)高い747.61だった。一時、上昇率は2%を超えた。午前には前日終値比でマイナスになる場面があったが、後場に日経平均株価が上げ幅を拡大すると投資家心理が改善。国内新興銘柄の値動きの軽さに着目した買いが優勢となった。市場では「前日の米休場で手がかりが乏しいなか、国内株式相場が上昇した局面で出遅れ感がある新興銘柄に買いを入れる動きが出たようだ」(国内証券)との声も聞かれた。
0601














レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (5月29日)

多くの人がなんとなく気が付いてる通り、最近は先物強い日はあまり上がりません
先物主導でやたら値嵩株や半導体銘柄が上がる日はその他の銘柄は下げがちですよね
そもそも日経は+94円といいつつTOPIXは普通に下げてますからね(((( ;゚д゚)))

東証プライムで上昇した銘柄はたった574だけ、一方で下げた銘柄は1,197銘柄でした。
よくよく見たら上がったのは1/3だけで2/3は下げてるというかなりのインチキ相場。
指数と日経寄与度の高い一部の銘柄だけが上がっただけというしょうもない日でした。
その一方で、これまで下げて弱かった新興旧マザーズの銘柄の一部は上がったようです

ソフトバンクグループ(9984) 5,510円 −32円 (−0.57)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
英半導体設計大手アームを子会社に持ち、将来が期待できそうなソフトバンク。
2024年以降FRBが利下げしたら地合いが改善して出資先もIPO期待が高まります
目先の値動きは気にしてないので、2024年以降が本番と考えアホールドしてますφ(.. )

テクニカルで見ると日足では非常にいい感じに株価が切り上げて上昇を示唆します。
ただし週足や月足では上の雲や上値抵抗線が厚く多いので上値余地は大きくない感じ。
5,600〜5,750円あたりにやたら上値を抑える抵抗線が並んでるのが辛いところ(´・ω・`)
ストレートにいうと5,300円以下で購入して5,600〜5,700円で売る感じでしょうか
(あくまで材料とか無視してテクニカルだけで評価した場合の話です)
正直言うと前日時点では5,300円以下なんてそうそう下げないと思っていたので何個も指値出してましたが、わりとあっさり下げてサクサク指値が約定してポジション急増でした
ちょっと約定しすぎてたんで無理せず5,600〜5,750円あたりで捌いていきたいですね
ちなみに5,300円以下で指して買い増し約定した分は4割残して6割は売ってくつもりです。

アホバンテスト(6857) 18,090円 +420円 (+2.37%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6857
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6857.T/chart
いかにも上げすぎて急落しそうなチャートなんですがとにかく底堅い値動きです。
目標株価が21,000〜21,900円と非常に高く掲げられてるので上値余地が大きい感じです。
チャート見てると落っこちそうに見えますが、値動きだけ見てると非常に粘り強いです
なんとなく20,000〜20,500円あたりまで逝っちまうように見えますφ(.. )

信越化学(4063) 4,392円 −11円 (−0.24%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4063
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4063.T/chart
レーティングでは目標価格が5,100〜5,200円あたりとかなり上値余地のある高めレート。
もし押し目で買うなら4,100〜4200円あたりといったところでしょうか
ただ押し目で買た後にさらに上がるから市場の流れ次第のとこがあるので賭けですね。

フェラーテック(6890) 3,370円 −60円 (−1.74%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6890
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6890.T/chart
レーティングでのい目標価格は5,000〜5,200円あたりって書いてありますねφ(.. )
もし押し目で狙うなら3,150〜3,200円あたりといったところでそか(´・ω・`)
週足や週足では下値で支持線が支える形になってるので日足以外も悪くないでそう

時価総額1兆ドル接近のエヌビディア AI版「ゴールドラッシュ」に沸く
2023年5月26日 7:09 日本経済新聞
画像処理半導体(GPU)のエヌビディア株が高騰した。25日の米国市場でハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は前日比1.7%高の1万2698と反発。人工知能(AI)ブームを背景とする業績拡大を決算発表で示したエヌビディアが24%高となり、市場はAI版「ゴールドラッシュ」に沸く。
サスケハナ・ファイナンシャル・グループは「まるで新たなゴールドラッシュが到来し、エヌビディアは採掘に必要なピックやシャベルをすべて販売しているようだ」と表現する。「Chat(チャット)GPT」はじめとする対話型AIの開発に、マイクロソフトやグーグルなどハイテク企業は相次ぎ注力しており、エヌビディアには追い風が吹く。



ゴールドラッシュで一番儲かったのは金鉱を探して掘ってた金鉱掘り達ではなく、つるはし⛏やシャベルやジーンズを売ってた人達だという格言がありますφ(.. )
今回のAIバブルも一番儲かるのはAIを開発してる企業ではなく、文字通りつるはしを提供してる半導体企業やクラウド会社なのではないかということを指摘する記事のようですね
ちなみに米国でクラウド事業を営んでる会社といえばAmazonとかMicrosoftが大手です
最近はコロナ過が終わってテレワークが減少したことでクラウド事業が苦しくなってAmazonのクラウド事業なんかは売上が低下してますが、ここから反撃があるかもですねφ(.. )


ss2286234570 at 19:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年05月29日

5/29株式市況 〜大手商社の目標株価引き上げ〜

東証大引け 3日続伸、90年7月以来の高値 海外勢の買い加速
2023年5月29日 15:32 日本経済新聞
29日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、前週末比317円23銭(1.03%)高の3万1233円54銭で終えた。22日に付けた年初来高値(3万1086円)を上回り、1990年7月26日以来、約33年ぶりの高値となった。米債務上限問題を巡る不透明感の後退で、運用リスクをとりやすくなった海外投資家などの買いが加速した。高値警戒感も意識されやすく、上値では売りも出た。
米債務上限問題の協議進展期待から前週末の米株式相場が上昇するなかで、27日には上限の引き上げでバイデン米大統領らが基本合意した。米国債の債務不履行(デフォルト)の懸念が後退し、投資家心理が一段と強気に傾いた。海外勢による株価指数先物買いがけん引して現物株を押し上げた。
東証プライムの売買代金は概算で3兆5095億円。売買高は11億9414万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1135と、全体の約6割だった。値下がりは603、変わらずは97銘柄だった。

5大商社株が上場来高値、株主還元を評価
2023年5月29日 21:57 日本経済新聞
29日の東京株式市場では、商社株の上昇が目立った。三菱商事伊藤忠商事など5大商社株はそろって上場来高値を更新した。株主還元への評価などから買いが続いている。
住友商事は一時前日比5%高まで上昇した。丸紅三井物産はそれぞれ4%高で取引を終えた。5大商社株はすべて日経平均採用銘柄の値上がり率上位10位以内に入った。

三菱商事---大幅続伸、国内証券の目標株価引き上げなどで大手総合商社が一斉高
2023年05月29日13時17分 Kabutan
三菱商事<8058>は大幅続伸。本日はほぼ全てのセクターが値上がりとなっているが、中でも卸売業が業種別上昇率の上位になっている。大手5社は軒並み3%以上の上昇に。野村證券では各社の目標株価を一斉に引き上げ、同社に関しては投資判断「バイ」継続で、目標株価を6580円から7460円にまで引き上げている。
0601














レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (5月29日)




週末に米債務上限引き上げ問題が基本合意したとの報道があったことで先物が急騰
まあ実際に東証が開始してみると予想されていたより先物も日経平均も上がらずで、寄付き直後は31,600円近かったものの引けに向かってはズルズル下げました
先物や日経平均が午後に向かって軟調だったにもかかわらず個別銘柄で見ると午後も堅調なものもありましたが、半導体系銘柄は寄り付き天井の陰線だらけ
アホバンだけでなく東エレディスコスクリーンあたりもクソ陰線だらけで引けました。
まともな値動きで引けも高かったのは目標株価が引き上げられた大手商社くらいですかね。

ソフトバンクグループ(9984) 5,524円 +420円 (+8.20%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
英半導体設計大手アームを子会社に持ち、AI関連銘柄にも手広く出資してるのが禿バンク
なんだかんだとケチつけられることが多いですが出資先の目利きは最高ですね(´∀`*)
運用ファンドの多くが半導体セクターやAI関連セクターに集中的に投資しているわけで、
ソフトバンクグループは長い目で見れば出資先をIPOさせて回収していけそうですφ(.. )
NASDAQ自体も順調に上げてるし、2024年以降にFRBが利下げに踏み切るタイミングになれば、市場もさらに回復してきて出資先の上場により利益を出せそうです

禿バンクの最終的な目標株価は8,000円以上としますが、足元でもチャートは回復基調。
月足チャートで見ると5,600円あたりに上値抵抗線が横たわって邪魔してますが
日足で見るとテクニカル的には上値抵抗線を上抜けて上昇転換を示唆していますφ(.. )
再び押されて5,300円以下まで押し目があれば買い増しして追加購入しようと考えてます。

三菱商事(8058) 5,908円 +183円 (+3.20%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8058
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8058.T/chart
目標株価が6,580円から7,460円まで引き上げられたことをきっかけに株価が再上昇です
とはいえ、最近はちょっとやり過ぎ感のある窓空けての上げだったので明日以降は不明。
揺り戻しや上げ下げを繰り返しながら少しずつ上がっていくのかもしれません。
ただし既にPERも10倍近いし、PERも1.0倍を超えてるので割安感は薄れていますよね

牧野フライス(6135) 5,340円 +310円 (+6.16%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6135
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6135.T/chart
わりとテクニカルに対して素直に反応するし、指数に買いが入ると上がりやすい銘柄。
牧野に限らず基本的に機械株は大体似たような指数に連動して売りや買いが出てきて
急に変に売られたり、買われたりして謎の陽線や陰線が出現しやすいセクターです
癖が強いのでとっつきにくいけど慣れると非常に勝率が高い銘柄ですにょ(σ´∀`)σ
今回は購入してなかったのでポジはないけど次回以降は再ポジを検討しますφ(・ω・ )




ss2286234570 at 17:49|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年05月24日

5/24株式市況 中国コロナ懸念でインバウンド銘柄が総崩れ

東証大引け 続落、下げ幅一時400円に迫る トヨタは逆行高
2023年5月24日 15:26  日本経済新聞
24日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比275円09銭(0.89%)安の3万0682円68銭で終えた。前日の米株式市場で主要株価指数がそろって下落し、東京市場でも運用リスクを避ける動きが優勢だった。このところ日本株は急ピッチで上昇していたため、利益確定目的の売りも出やすかった。中国で新型コロナウイルスの感染が再拡大していると伝わったことも重荷だった。下げ幅は一時400円に迫った。東証プライムの売買代金は概算で3兆1884億円。売買高は12億4322万株だった。東証プライムの値下がり銘柄数は1134と、全体の約6割を占めた。値上がりは603、変わらずは98銘柄だった。
ファストリソフトバンクグループ(SBG)など値がさ株が安い。テルモ第一三共の下げも目立った。中国での新型コロナの感染再拡大による消費減速への懸念から資生堂三越伊勢丹が売られた。

日経平均続落、インバウンド株総崩れ 中国コロナ懸念
2023年5月24日 15:10 日本経済新聞
24日の日経平均株価は続落し、前日比275円(1%)安の3万0682円で取引を終えた。主因の一つはインバウンド(訪日外国人)関連株の急落だ。オリエンタルランド(OLC)は一時6%安に沈んだ。背景には、需要回復が期待された中国で新型コロナウイルスの感染再拡大の懸念が浮上したことがある。歴史的な高値圏にある株式相場の重荷になる恐れがある。
業種別日経平均でみて下落が顕著だったのが「小売業」だ。前日比で3%安に迫った。個別では三越伊勢丹ホールディングスが一時5%安の1401円まで下げたほか、高島屋も一時4%安まで下落。その他もOLCやJALなど、代表銘柄はこぞって下落し、日経平均株価の足を引っ張った格好だ。
中国で感染症研究の第一人者である鍾南山氏は22日、中国では「6月末に新型コロナウイルスの感染第2波がピークに達し、毎週約6500万人が感染する」との見方を示した。厳しい感染対策「ゼロコロナ政策」を1月に終了しており、抗体の力の低下が再感染につながるとの見方だ。仮に実現すれば、日本への訪問客拡大は見込めなくなる。

女川原発再稼働差し止め請求を棄却 仙台地裁
2023/5/24 11:14 産経新聞
東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の重大事故時の避難計画に不備があるとして、石巻市民17人が東北電に2号機の再稼働差し止めを求めた訴訟の判決で、仙台地裁(斉藤充洋裁判長)は24日、原告の訴えを退けた。東北電は令和6年2月、東日本大震災の被災地で初となる2号機の再稼働を目指している。
女川原発2号機は、令和2年2月、再稼働の前提となる原子力規制委員会の審査に合格。その後、県と石巻市と女川町の議会と首長が再稼働に同意した。東北電力は6年2月の再稼働を目指している。


5/24は引き続き軟調な地合いで、日経平均は一時400円近くまで下げました
中国国内で新型コロナの感染が再び拡大しているという情報を受けてインバウンド銘柄だけでなく値嵩株も大きく値下がりする地合いとなりました(´・ω・`)

東京電力(9501) 491円 +16円 (+3.37%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9501
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9501.T/chart
電力料金引き上げの材料で一時的に上げた後で調整局面になってた電力株ですが(´・ω・`)
再稼働差し止め制空が却下されたことにより、早ければ2024年2月にも東北電力の女川原発2号機が再稼働できそうだということで電力株セクターで炎柱が上がりました🔥
東電以外にも中国電力関西電力のチャートのテクニカルがかなり改善傾向です
週足や日足のトレンドが回復気味で、一方では月足チャートの上値抵抗線が邪魔してます。

ANAホールディングス(9202) 3,030円 −79円 (−2.54%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9202
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9202.T/chart
中国でまたも新型コロナの感染が拡大してるようで、百貨店・空運・レジャーなどの
インバウンド銘柄が一斉に売り込まれてかなり厳しい下げを演出しています(´・ω・`)
インバウンド関連のアフターコロナ銘柄は、来期というかすでに今期ですが、非常に強気の業績予測を出してるのでここでマイナス材料が出るとしょっぱなから痛いですね
ANAやJALといった空運銘柄は主に欧米との路線メインで大きく稼いでるんで、中国国内の新コロ感染の拡大が決算にそれほど影響してくるとはあまり思えませんが、
三越伊勢丹HDや高島屋H2OJフロントあたりは本当に影響出そうなので要注意です

JAL(9201) 2,653円 −82円 (−2.99%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9201
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9201.T/chart
過去の値動きを参考にすると、この手のアフターコロナ銘柄やインバウンド銘柄は新型コロナの感染拡大懸念のニュースが出ると必ず一定期間下げトレンドに入ります
過去に値動きのように1カ月程度しばらく株価が低迷する期間が続くんではないでしょうか。

楽天銀行(5838) 1,974円 +44円 (+2.27%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5838
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5838.T/chart
アメリカの地銀破綻のネタでもっと下げるかなと思いましたが堅調な値動きですφ(.. )
今回はガソリンスタンドが投資判断を「買い」にして目標株価を2,290円に設定したことで
日経は弱かったものの買いが入って大きく株価が上がって引けました(´∀`*)
ただ最近は半導体や値嵩株に資金が入って日経が強く上がる日は株価は弱く
むしろ半導体や値嵩株が弱くて資金がその他に散らばる日に上げるという傾向があります
目標株価が設定されたからといってすぐに2,290円まで上がる地合いではないでしょう。

長期的な株価そのものは堅調で、他の中堅・大手地銀やセブン銀行の時価総額と比べて
楽天銀行の時価総額に割安感が出てくると短期底打ちして上がるという傾向があります
セブン銀行は今期の経常利益が289億円で最終利益が188億円で時価総額は3,200億円
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8410
楽天銀行は今期の経常利益が387億円で最終利益は276億円で時価総額は3,400億円
https://kabutan.jp/stock/finance?code=5838

しかも来期の業績予測はセブン銀行が経常利益は245億円で最終利益は165億円
売上げは伸びても利益は伸びないので増収減益の予測です。
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8410
一方で、来期の業績予測は楽天銀行は経常利益が445億円で最終利益は315億円です
楽天銀行は売上高も伸びて利益も伸びる見込みなので増収増益の予測です。
https://kabutan.jp/stock/finance?code=5838

2行を一概に比較するのが正しいとも思いませんが、もし予測通りに着地するのであれば
来期は経常利益も最終利益でも1.9〜2倍近く業績面での差が開いていくわけなので、
2行の時価総額の面でも2倍近い差が開いていく方向だろうと思われますφ(.. )
少なくとも楽天銀行の株価が1,800〜1,850円まで下げたら割安感が非常に強くなります

楽天銀行---大幅続伸、クオリティ成長株として評価し米系証券では新規に買い推奨
2023年05月24日13時20分 Kabutan
楽天銀行<5838>は大幅続伸。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を新規に「買い」、目標株価を2290円としている。楽天カード買入金銭債権の購入を通じ楽天カードの高成長を享受する可能性、コロナ禍からの回復に伴ったカードローン増加による貸出利鞘の改善、楽天証券との連携であるマネーブリッジを活用した役務取引収益の成長などがドライバーになると評価。26年度までの年平均利益成長率は約15%と予想している。



ss2286234570 at 18:15|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年05月18日

6/18株式市況 〜楽天とサイバーエージェントの関係〜

東証大引け 6日続伸 連日で1年8カ月ぶり高値 中長期の海外勢が買い
2023年5月18日 15:27 日本経済新聞
18日の東京株式市場で日経平均株価は6日続伸し、前日比480円34銭(1.60%)高の3万0573円93銭と、連日で1年8カ月ぶりの高値を更新した。一時は上げ幅を570円超に広げ、2021年9月14日の高値(3万0670円)に迫る場面もあった。前日の米株式相場が上昇した流れを受けて投資家のリスク選好が強まった。
東証株価指数(TOPIX)は5日続伸し、24.24ポイント(1.14%)高の2157.85と、連日で1990年8月以来およそ33年ぶりの高値を更新した。
ソニーGが大幅上昇した。東エレクアドテストが高かった。三井物も買われた。一方、東電HDが売られた。サイバーが安かった。楽天グループも売られた。

窮地の楽天に救いの手 サイバー藤田氏が忘れなかった恩
2023年5月18日 2:00 日本経済新聞
楽天グループが最大3300億円の資金調達を決めた。大規模な公募増資を柱とし、その中に組み込まれたのがサイバーエージェントを引受先とする第三者割当増資だ。同社が楽天に出資するのは初めて。なぜサイバーは窮地の楽天に手を差し伸べたのか。見逃せないのが20年以上前の浅からぬ因縁だ。
藤田氏を追い詰めていたのは「物言う株主」の存在だった。当時はネットバブルが崩壊してIT(情報技術)株が軒並み落ち込んだ時期だ。サイバーエージェントも例外ではない。バブル崩壊の直前に上場したため資金は潤沢で、時価総額が保有資産を大幅に下回る状況が続いていた。
ここに目を付けたのが村上世彰氏が率いる「村上ファンド」だった。サイバーエージェント株を取得すると藤田氏に会社を清算して株主に資金を返すよう持ちかけた。藤田氏は新たに育てるメディア事業の成果が出るまで「3年待ってもらえませんか」と懇願したが、理解してもらえない。むしろメディアからの撤退を要求された。
そんな状況でサイバーエージェントの株式を取得して藤田氏に合併を持ちかけたのがGMOインターネット社長の熊谷正寿氏だった。藤田氏は拒否したが、もし村上氏が持ち分をGMOに売却すれば会社が実質的に乗っ取られてしまう。後に熊谷氏は「強引に買収するつもりはなかった」と話したが、この時点で藤田氏には意図が読めない。思い詰めて頼ったのが宇野氏だったが、あっけなく断られた。
万策尽きた藤田氏だったが、後見人の宇野氏は水面下で動いていた。「僕の弟分を助けてもらえませんか」と言って相談を持ちかけたのが経営コンサルタントの井上智治氏だった。楽天の三木谷浩史会長兼社長が創業前から絶大な信頼を寄せる人物だ。井上氏は三木谷氏と話をつけると、複雑な相関図が噓のように事態を収束させてしまった。楽天がサイバーエージェントに8.6%出資することで熊谷氏も村上氏も手を引くことになったのだ。
その金額は12億円強。21年にはサイバーエージェントの時価総額が1兆円を突破したことを考えれば格安だが、これが藤田氏の起業家人生をつなぎとめた。実はそれまで三木谷氏と藤田氏はあるパーティーで簡単な挨拶を交わした程度だった。藤田氏がなぜ出資に応じてくれたのかを聞くと、三木谷氏は「ベンチャーがたたかれているから助けないとね」とけむに巻いた。一方の藤田氏に当時の心境を聞くと「ああ、助かったと。もう、それだけでした」と赤裸々に振り返った。
ところで、この直後にここで登場する面々が渋谷の高級料亭に集まる和解の会が開かれた。28歳だった藤田氏は先輩企業家たちの話についていけなかったという。その時に腹の中で思っていたのが「10年以内にこの人たちに追いついてみせる」だった。
キャプチャ




日経平均 30,573円 +480円 (+1.59%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

日経平均はここにきて上昇が止まらない勢いになってきています(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
ただし指数に寄与度の高い、かつハイテク値嵩株だけに集中して買いが入ってるだけなので
体感的には日経マイナス200円かなという日が多くあまり役に立っていません(´・ω・`)
円安なのに自動車株とかその関連株もたいして買われてないってのが味噌ですね。

.▲瓮螢が債務問題で揺れてるから市場規模の大きい日本株に買いが入った。
▲丱侫Д奪箸日本株を高く評価したからマネする機関投資家が増えた。


色んな理由が語られれいますが、結局のとこ機関投資家も運用を真似てるだけなので
バフェットが買ってる日本株をイナゴ方式で買ってるだけなんじゃないでしょうか
日本の個人投資家が有名個人投資家に群がってるのと大差ない気がしますφ(.. )
個別銘柄まで探すのが面倒だから、基本的に日経225先物買ってるだけの気がします。
夕方になるとやたらと先物に買いが入ってくるのはその証拠じゃないですかね

海外の機関投資家は買い始めると1ヶ月くらいはその流れが続く傾向があるので
アメリカの債務上限問題が解消して、1カ月ほどたったら日経も天井っぽい気がす
半導体の値嵩株ばっか上がってるんであまり自分には影響がありませんでした・・・。

楽天グループ(4755) 606円 −14円 (−2.25%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart
楽天は大きく下げもしませんが特に上げるわけでもなくジワジワともみ合いφ(.. )
今すぐ上げる理由もないのでしばらくはこのままになるんではないでしょうか
三木谷家自身も大量に購入してるし、盟友のサイバーエージェントも購入してくれたし
楽天はここからは腹括って楽天モバイルの黒字化に死に物狂いで着手するでしょう。
増資自体は株券の希薄化でマイナス材料ですが、自己資本比率もようやく回復するし
格付け会社からの評価も回復するだろうから長期的には株価上昇と読みますφ(.. )
2〜3年後には1,200〜1400円くらいまで回復するんじゃないかなってのが予想です。

日本電産(6594) 7,300円 +162円 (+2.26%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6594
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6594.T/chart
手持ち株の中で日経にほぼ連動して上がってる銘柄は日本電産だけですね(´・ω・`)
4/24に来期の業績予測が大幅に引き上げられて以降、株価が好転しました
(来期の業績予測が大幅に改善したんで当たり前といえば当たり前の結果ですが)
日足チャートもトレンド転換して、ようやく底打ちした動きになりました
日足では明確に上昇に入って、週足ではようやく好転シグナルが出ました(*´∇`*)
業績予測も引き上げられ、テクニカル的にも日足チャートで雲を上抜いてきたので、6,000円台で信用でガバっと追加購入して、徐々に離隔していくやり方です

この手法はこないだ書いた京セラの売買手法と同じで、日足チャートでテクニカルが好転した板が厚い銘柄を信用でガバっと買って、上がったら売っていく手法です。
そもそも信用で大きくまとめて買うので保有期間は1ヶ月もない短期間の手法ですφ(.. )

個人的な意見ですが「日本電産」は表意文字でわかり易かったのでよかったけど
ニデックなんて意味のない表音文字なんでまじで社名変更やめてほしいですよね
広告宣伝費で無駄な金払うくらいなら従業員にボーナス上乗せで払ってやれよと。

AGCも「旭硝子」っていう認知度の高い、業種がわかり易い良い社名だったのに
社名変えてから2年以上必死になってCM流しまくってるけど認知度低いままですね
こんな無駄なCMを2年以上テレビで流しすとか本当に無駄なコストだし、経営者の思いつきで社名変えるのほんとバカだと思うんですよねφ(.. )



ss2286234570 at 23:51|PermalinkComments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年05月16日

5/16株式市況 楽天グループ、最大3,000億円の増資発表

楽天G、最大3300億円の増資発表 公募・第三者割当で
2023年5月16日 15:41 日本経済新聞
楽天グループは16日、公募増資と三木谷浩史会長兼社長の資産管理会社などへの第三者割当増資で最大約3300億円を調達すると発表した。携帯電話事業の設備投資の負担が重荷となり最終赤字が続く。投資家などからも広く資金を調達し財務基盤の改善を急ぐ。公募増資は国内で普通株式を2億3405万株、海外では需要に応じた追加売り出し(オーバーアロットメント)も含め2億3405万株を新たに発行する。価格は投資家の需要を見ながら24〜29日に決める。第三者割当増資はサイバーエージェント東急、三木谷氏が代表を務める三木谷興産(東京・港)など計4社が7879万株を引き受け、楽天は計420億円を調達。公募増資と第三者割当増資で増加する株式数は最大5億4690万株で、現在の発行済み株式総数の34%にあたる。

楽天Gの増資計画と新ローミング契約は信用力にプラス−S&P
2023年5月16日 16:10 ロイター
S&Pグローバル・レーティングは楽天グループについて、新株の発行により大規模な非負債性の資金調達を実現し、フリーオペレーティング・キャッシュフローの赤字埋め合わせに充当できれば、信用力にプラスになるとの見解を16日、明らかにした。

楽天Gが公募増資などで約3300億円調達、サイバーAが資本参加へ
2023年5月16日 13:55 ブルームバーグ
楽天グループは16日、公募増資などで3320億円規模の資金を調達すると発表した。国内外の投資家に販売する。そのうち、第三者割当増資では三木谷浩史社長の関連会社とサイバーエージェント、東急などに割り当てる。
楽天Gの開示資料によると、公募増資による調達額は約2900億円で、第三者割当では420億円。ジョイント・グローバル・コーディネーターは大和証券グループ本社、みずほフィナンシャルグループ、ゴールドマン・サックス・グループ、モルガン・スタンレー。需要状況を勘案し、早ければ24日に発行価格を決定する。ディスカウント率は3ー5%。
楽天Gが先週発表した1−3月(2023年第1四半期)期の業績はモバイル事業で1027億円の損失を計上したことから、純損益は826億円の赤字となった。前年同期の918億円の赤字からは回復基調にあるものの自己資本比率は12月末の3.9%から3.5%に低下、グループにとって資金調達が大きな課題となっていた。
ブルームバーグのデータによると、楽天Gは23年から25年にかけて約8600億円相当の社債が償還期限を迎える見通し。楽天Gの株価は16日午前、一時前日比6.7%安の600円まで下落。前日に公募増資や第三者割当増資などさまざまな財務戦略の施策を検討していると発表したことから売りが先行していた。終値は前日比5.1%安の610円。


楽天グループ(4755) 620円 (+10円)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart
時価総額9,873億円

大株主
https://kabutan.jp/stock/holder?code=4755
キャプチャ











◆マイナス要因
・時価総額1兆1,000億円だったとこに最大3,300億円もの公募増資発表、希薄化34%

◆プラス材料
・ぶっちゃけ債務超過リスクあったんで質のいい増資でリスクを回避できそう
・三木谷家自身も増資に応じて責任負って自腹で増資資金を払い込む
・昔サイバーエージェント乗っ取り回避に協力してくれた盟友CAの藤田氏が増資支援
・東急というわりと筋のいい会社が増資に応じてくれた
・KDDIとのローミング契約締結でコストを圧縮できる


楽天が希薄化34%という大規模な公募増資を行うことを発表しましたΣ(・ω・ノ)ノ
かなりの希薄化なのでここからさらに下げる可能性も十分あり得るでしょうし、
今すぐに株価が反発してうんぬんといった状態になるとも思っていません
まあロイターかどこかに社内の情報をすっぱ抜かれてしまい場中に情報が流れたことで、結果的にサイダーまがいの株価急落が起きたことは確かにマイナスともいえるでしょう

しかし、増資以外にもKDDとの提携で楽天モバイルの費用コストを圧縮できそうだし
なにより増資によって債務超過になる可能性を回避できそうな点は大幅プラスポイント
増資で得た資金で社債返済の資金に充ててもいいし、資本を厚くしてもいいわけだし、
特に財務面が改善すれば信用面がプラスになるとS&Pもはっきり認めています

たしかに株価的には2〜3か月間くらいはマイナス影響を受けることは避けられないだろけど、2〜3年くらいのスパンで考えたら今回の公募増資は起きな分水嶺になるでしょう
長い目で見れば非常にプラス要素の大きい良い増資になるだろうと考えますφ(.. )

例えば、アンジェスなんかはMSCB発行しまくって株券希薄化やりまくりのくせに
経営者である森下は自腹で増資を引き受けるなんてことはまったくしないカスだおね
増資で得た資金で従業員に給料配って役員報酬ももらって豪邸建てるようですが
アンジェスは常に赤字で損失垂れ流すだけで株主には何一つ報いるものはありません
経営者で株券印刷するのに自社株はほとんどもてないまさにドカスと言えます(´・ω・`)
https://kabutan.jp/stock/holder?code=4563


現状では、経営者を首にならないよう三木谷は一定割合の株券を所有しているわけですが
持ち株比率を下げないためにも自腹で増資に応じて資金を払い込むのは評価できます
少なくとも楽天モバイルの始末に自腹で応じるというのは責任を果たしてるということ。

盟友のサイバーエージェントの藤田氏にも頼み込んで応援してもらったわけなので
ここからはいい加減なことやって、盟友の大損与えて迷惑をかけるわけにもいかないので、三木谷も不退転の決意でコスト削減と経営改善に取り組んでくでしょうφ(.. )
オーナー経営者が自らが責任を負って背水の陣で挑む決意を見せたのはプラスポイント
すぐにではなくても、2〜3年後には良い方に向かってくだろうと感じます(*´∀`*)ムフー

今回の公募増資は長い目で見れば大きなターニングポイントになる可能性が高いでそ
2年くらい持ってれば2.0〜2.5倍くらいのリターンは期待できるんじゃないでそかφ(.. )






ss2286234570 at 22:17|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年05月15日

5/15株式市況 外国人買いで日経平均29,600円に到達

東証大引け 3日続伸し1年半ぶり高値 海外勢の買い続く
2023年5月15日 15:24 日本経済新聞
15日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、大引けは前週末比238円04銭(0.81%)高の2万9626円34銭だった。連日で年初来高値を更新し、2021年11月以来およそ1年半ぶりの高値水準となった。海外勢による株価指数先物への断続的な買いや外国為替市場での円安・ドル高の進行が追い風となり、日経平均を押し上げた。上値では短期的な過熱感を警戒した売りも出て、朝高後は高い水準での一進一退が続いた。
海外の短期筋が引き続き日本株先物に買いを入れているとみられ、朝方には上げ幅を一時240円超に広げた。国内企業による積極的な自社株買い方針も日本株の先高観を強めているとの声があった。決算を発表した個別銘柄の物色も目立った。
東証株価指数(TOPIX)は続伸した。終値は前週末比18.46ポイント(0.88%)高の2114.85と、21年9月以来およそ1年8カ月ぶりの高値水準となった。
東証プライムの売買代金は概算で3兆1715億円。売買高は14億4844万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1166。値下がりは620、変わらずは48銘柄だった。
日精工資生堂ダイキンが上昇した。一方、楽天グループオリンパス住友不は下落した。

大手電力7社 電気料金値上げへ あす閣僚会議で了承の見通し
2023年5月15日 21時43分 NHKニュース
政府は16日、物価問題に関する閣僚会議を開き、大手電力7社が国に申請している電気料金の値上げを了承する見通しです。早ければ来月から電気料金が値上げされます。
火力発電に使う天然ガスなどの価格が高騰し、財務体質が悪化しているなどとして、17%余りから46%余りの値上げを国に申請しています。
これについて政府は16日、物価問題に関する閣僚会議を開き、7社の申請を了承する見通しで、これを踏まえ各社も改めて値上げの申請を行うものとみられます。


外国人買い(いわゆる海外の機関投資家)がバフェットのまねして買ってるのか
最近はやたらと好業績の銘柄の集中して買いが入ってきてるような印象が強いですね
ただし、上がってる銘柄もあれば下がってる銘柄もわりと多いので微妙な感じです。

手持ちの株も5/12(金)は日経平均が200円以上上がってたのに目立って上がってた保有株がほんのごく一部だけで、7〜8割近くの保有株はちょい下げみたいな温度感でした(´・ω・`)

カドカワ(9468) 3,150円 +60円 (+1.94%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9468
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9468.T/chart
5/12(金)に上げてた希少な銘柄。月曜日も上げてるし、なんならクソ決算で上げてる
チャートよかったんで前からちょくちょく買っては長めに持っている銘柄ですぬ。
3,300〜3,400円目標で上がってくれたらいいなと期待している銘柄ですφ(.. )

東京電力(9501) 510円 +11円 (+2.20%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9501
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9501.T/chart
6月から電気料金値上げという材料もあるんで急激に足元で動きがよくなってきた銘柄
昨年も6〜7月に気温が急激に上がって消費電力が増えたタイミングで株価が上がったんで
今年も材料を追い風に600〜650円あたりまであがってほしいところですにょ(σ´∀`)σ

京セラ(6971) 7,398円 +125円 (+1.71%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6971
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6971.T/chart
6,000円台の時に週足のトレンドが改善したんでちょくちょく買ってた銘柄ですね
板が厚いんで少し多めの枚数で買って利が乗ったらさっさと売りを繰り返してたんで
結局は長期で持っていなかったんで現在は上がっている株価を眺めてるだけの悲しい銘柄
投資はここまで日経が上がると予想できなかったので仕方ないというしかないです。

エスリード(8877) 2,318円 +11円 (+0.47%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8877
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8877.T/chart
業績がよくて配当も増えててPBRとPERがクソみたいに低い銘柄なので買ったやつ。
増配もいいけどもっと自社株買いをしてほしいという銘柄ですね(´・ω・`)
でも買った理由は時価総額とか大株主とか見てTOBされそうかなと思ったからです
2年くらい前からTOB銘柄をいくつか買って当ててきたんですが見返りはかなり大きい
流動性がなくても枚数多くても売る時に苦労しないんでかなり良い投資でした
TOBされそうかな銘柄を見つけたらいくつか買い集めて買っています。
(ずっと持ってるわけでもなく、利が乗るとたまに売って手放すこともあります)

大株主
https://kabutan.jp/stock/holder?code=8877
キャプチャ









ss2286234570 at 18:12|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年04月12日

92歳バフェット氏が来日、日本株に「追加投資検討」

バフェット氏、日本株に「追加投資を検討」 単独会見
2023年4月11日 11:00 日本経済新聞
米著名投資家のウォーレン・バフェット氏は11日、都内で日本経済新聞の単独インタビューに応じ、「追加投資を検討したい」と日本株に強気な見方を強調した。伊藤忠商事など5大商社株の保有比率をそろって7.4%(金庫株を除くベース)に高めたことも明かした。
米投資会社バークシャー・ハザウェイを率いるバフェット氏の来日は珍しい。2011年に初来日し傘下の企業が出資する超硬工具メーカーのタンガロイ(福島県いわき市)を視察した。今回は商社やタンガロイを訪問する。
92歳のバフェット氏は競争力のある優良企業を割安な価格で買う投資手法で、運用収益を積み上げてきた。特に事業モデルに信頼を置く企業の株式は大量に購入し、長期にわたって保有する。1980年代に買った米コカ・コーラ株を今なお持ち続ける。アップル株は2016年に初めて購入が明らかになって以降、継続的に買い増して保有額は1190億ドル(約15兆円)に達した。バフェット氏は株主総会や株主への手紙などで「お気に入り銘柄」の一つとして紹介している。バークシャーが保有する株式の時価は22年末時点で約3090億ドル(約41兆円)。大半は米国企業で、海外企業の長期保有は電気自動車(EV)メーカーの比亜迪(BYD)など一部に限られる。22年の年次株主総会では日本の商社株取得を例に挙げながら、海外での投資拡大に意欲を示していた。
キャプチャ






92歳のお爺さん、リップサービスで日本市場にバフェットイナゴを発生させる

日本の大手商社に投資してるので有名なバフェットが9年ぶりに来日したようです
投資界ではかなり話題になってどこのSNSもバフェットの噂話ばかりでした。
日経サイトのアクセスランキング見てたら見事にバフェットの記事だらけになってました。
てゆうか、まったく知らなかったけどもし先に知ってたら商社買っとけばなと・・・。
そもそも来日初日にすぐ、信用で枠いっぱいまで買いまくっとけばよかったなと後悔中
上昇率は小さくても板が厚い商社なら枚数とにかく増やしとけば超儲かるので

いつも思うんだけど日本市場なんてイナゴだらけのイナゴ主義市場なんだから
9年に1度といわず週に1回に自家用ジェットで日本訪問したらいいんじゃないだろうか?
そしたら自分が出資してる商社株が毎週5%ずつ上がってウハウハだと思うんですがね。

丸紅(8002) 1,897円 −7円 (−0.37%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8002
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8002.T/chart
米地銀破綻の金融ショック後に買おうと思って指値入れてたのが丸紅です
商事や物産は原油とか資源価格の変動に左右される部分があって微妙に読みにくいけど
丸紅とか伊藤忠は資源と縁が薄いんでそういった面でも買いやすいかなと感じたから
底値では買えなかったけど短期で鞘抜きで試しに買ってみただけでお終いでした(´・ω・`)
やっぱバフェットみたいな長期投資家が買い増してる銘柄は押し目買いが正しいですね。

双日(2768) 2,852円 −11円 (−0.38%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2768
https://finance.yahoo.co.jp/quote/2768.T/chart
バフェットは買ってないみたいだけど値動きもよくて上昇率も高い商社株です。
ただ乱高下が激しく下げ始めるとかなりきつい下げになって地獄のように急落します
理由はわからないけどなぜか相性はあまり良くなく個人的な勝率は高くない銘柄です。

伊藤忠(8001) 4,335円 +12円 (+0.28%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8001
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8001.T/chart
3月上旬の下げで丸紅と同じ理由で目をつけてた商社株がこちらの伊藤忠になります
まあ結果的には買ってないけど値動きもいいし、チャートもなかなかいい形です。
週足の支持線のところで大体いつも反発を繰り返すというわかり易い傾向のある銘柄。
こういう反復性のある動きを何度も繰り返す銘柄は再現性が高く売買がしやすいですね

オリックス(8591) 2,267円 +23.5円 (+1.05%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8591
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8591.T/chart
3月上旬の地銀破綻ショックでいきなり急落してた銘柄の中でずっと監視している銘柄です。
今回買ってはないけど葉っぱ利予想してた通りに反発してるなと確認できました。
PERが低くてPBRも1倍割れてるんでそういった流れにも乗りやすい銘柄になります。

芙蓉総合リース(8424) 9,490円 +80円 (+0.85%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8424
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8424.T/chart
時価総額が2,800億円と小さいんでバフェットが買うことないだろけど監視してる銘柄です。
同じリース株の中では小型だからなのか資金が入ってくるとすぐに反発してますね
PERが低くてPBRが1倍割れてて利回りもそこそこあって業績もよい銘柄ですね
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8424

みずほリース(8425) 3,680円 +20円 (+0.55%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8425
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8425.T/chart
みずほリースは値動きがよくて利回りもそこそこいいんでして知ってる人は知ってる銘柄。
2ちゃんの市況1でコテやってる松戸さんもずっと持っていた銘柄ですφ(.. )
3月上旬に金融株が急落したタイミングで買うのを検討してた銘柄の一つです。
(結果的には買わなかったけど、やはり値動きもいいし回復も早いですおね)
時価総額は1,800億円と小さいんでバフェットが買うことはないだろけど良い銘柄です。
PERかなり低くてPBRもかなり低くて業績いいんでチャートもいいですね
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8425

三菱HCキャピタル(8593) 686円 ±0円 (±0.00%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8593
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8593.T/chart
時価総額は大きめ。PER低めでPBRもかなり低い。配当利回りは4%を超えて高い
目先はやや調整気味で上値が重い感じ。中長期のトレンドは悪くない感じだぬ。
業績面は今のところ順調で四半期業績も好調を維持していますφ(.. )
https://kabutan.jp/stock/finance?code=8593


ss2286234570 at 20:36|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年03月31日

3/31株式市況 〜PBR1倍割れ対策で株価上昇?〜

東証大引け 反発し2万8000円台回復、金融システム不安後退 東証要請も意識
2023年3月31日 15:28 日本経済新聞
31日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日比258円55銭(0.93%)高の2万8041円48銭で終えた。2万8000円台を回復するのは10日以来、3週間ぶり。米銀破綻に端を発する金融システム不安が後退するなか、欧米株が上昇した流れを受けて堅調に推移した。
米シリコンバレーバンク(SVB)が10日に経営破綻して以降、米金融当局の対応もあり市場が懸念したような銀行の連鎖破綻は起きなかった。欧米の株式相場の戻り基調に合わせ日本株も上昇した。リスク回避の円買いが一巡するなか、円相場が一時1ドル=133円台半ばまで下落し、トヨタなどの輸出関連株を中心に上昇した。
朝方に経済産業省が発表した2月の鉱工業生産指数(速報値)は市場予想を上回る伸びとなり、製造業の生産回復への期待が高まった。東証がPBR(株価純資産倍率)1倍を下回る企業を中心に経営改善を要請する案を示したこともあり、日本製鉄などのバリュー(割安)株の上げが目立った。
東証株価指数(TOPIX)も反発し、前日比20.18ポイント(1.02%)高の2003.50で終えた。2000を上回るのは13日以来、約2週間半ぶり。東証プライムの売買代金は概算で3兆7422億円、売買高は14億2527万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は1279銘柄と約7割を占めた。値下がりは477、変わらずは78銘柄だった。
三井物、太陽誘電、HOYAが上昇。三菱UFJ、鹿島、信越化も高かった。半面、郵船、シャープ、JTは下落した。

東証、低迷日本株に警鐘 PBR1倍割れで改善策要請
2023年3月31日 15:27 日本経済新聞
東京証券取引所は31日、PBR(株価純資産倍率)が1倍を下回る上場企業などに、株価水準を引き上げるための具体策を開示・実行するよう要請した。取引所としては世界的にも異例の取り組みで、低迷する日本株をテコ入れする狙いだ。
東証はプライムとスタンダードの2市場に上場する約3300社に対し、資本コストや株価を意識した経営に取り組むよう求める通知文を出した。PBR1倍割れは「成長性が投資者(株主)から十分に評価されていないことが示唆される1つの目安」と問題視した。
2市場でPBRが1倍未満の企業は直近の終値ベースで約1800社と全体の5割強を占める。時価総額上位の銘柄ではトヨタ自動車や三菱UFJフィナンシャル・グループ、ソフトバンクグループなどが該当する。世界と比べて日本市場の魅力は低い。日本では大型株に限ってもPBR1倍割れが4割を占める。欧州は約2割、米国は1割未満にとどまる。
0331















キャプチャ


東証がPBRが1倍を下回る既存の上場企業に対して、株価水準を引き上げるための
具体策を開示・実行するように要請したことが最近話題になってますねφ(.. )
PBRが低い大手銘柄として有名なのは銀行とか商社とか鉄鋼銘柄になりますが、
このあたりの企業がこれからどれほど本気で対策を打ってくるのかが注目されるでしょう

今回の要請内容は、単純に配当を増やすとか自社株買いのような短期的施策ではなく
長期的に企業が方針を示して株価を上げる対策をとるようにと記載されてます(´・ω・`)
とはいえ、増配や自社株買いをやるなとは書いてないので期待はあるでしょう

ぶっちゃけ、銀行株が安いのは一概に企業の責任ではなく金融庁の責任もあるでしょう
20%とか30%買うには金融庁に申請して許可が下りないと買えないので手間がかかります。
銀行は公的な面を持つ機関なので、第三者が急に大株主になると銀行の経営が混乱するので、
預金者にも大きな影響が出るということでこういった規制が今でも存在しています
日本では、特定の第三者が銀行株を大量に買おうとしたら都度金融庁の許可が必要なので
手間がかかって面倒なのでファンドや機関投資家も銀行株を買うのに乗り気ではないです

SBIが新生銀行の株を買う時もこの規制があったので結構時間がかかってました。
買う理由や目的など細かく申請し、許可が下りないと大口で買い付けできない仕組みなので
下手したら半年とか1年以上あるいはもっと待たされる可能性があるわけです

正直なところいくら何でもこの規制は現在においてはやり過ぎではないかと思います
せめて1ヶ月以内とか2週間以内に申請内容を審査して判断して通達するとか
そういった期間を明示するくらいの内容は盛り込んでスピードアップすべきでそね

まずは前回3/31に狙っていた銘柄の振り返りをここでしてみますφ(.. )

牧野フライス(6135) 4,855円 +70円 (+1.46%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6135
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6135.T/chart
牧野フライスは日経が上がると機械的に買いが入ってきて上がる傾向が強い銘柄です。
これは牧野フライスに限らず、機械銘柄セクター全般に言える部分もありますが、
特に牧野フライスはその傾向が強いので、自分でもよく売買して儲かりやすい銘柄だお
ちょうど4,600円前後の支持線が支えたところで買い放題だったので仕込みました。
実際は5,000円まで待つという考えもあるけど、4,900円前後でほぼほぼ利益確定しました

丸紅(8002) 1795.5円 +45.5円 (+2.60)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8002
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8002.T/chart
丸紅は伊藤忠は前から狙ってたけど今回指値を出していたのは丸紅のみでしたφ(.. )
結論からいうと、1,660円前後に出してた指値が約定せずにスルーされてお終いでした
すこし前は地合いも不安定だったし不透明感もあったので指値が積極的ではなかったので
今になってみればもっと指値を高くしてたくさん買っておけばよかったと後悔してます

JFEホールディングス(5411) 1,679円 +62円 (+3.83%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5411
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5411.T/chart
丸紅の代わりに購入したのはJFEです。
商社銘柄はテクニカル的に買いにくい銘柄が多かったので鉄鋼銘柄を配当狙いで購入。
新日鉄はテクニカル的に「ウーン」って感じだったのでJFEを選択しただけですφ(.. )
JFEは週足や月足チャートで見ると支持線が支えており1,540〜1,560円あたりの支持線が非常に固そうだったし、配当もいいので狙ってた銘柄です。
今回の東証のPBR1%割れ銘柄への要請という情報が出たからなのか株価が急上昇してあっさり売り指値が約定して売却したので現在はすでに保有してませんφ(.. )
今になって思えば、もう一発上げそうなので来週まで保有しとけばよかったなと後悔中


ss2286234570 at 16:49|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年03月27日

3/27株式市況 〜3月末の期末一括配当銘柄〜

今週は、29日の権利落ち最終日で配当の再投資に期待するところ
2023/03/27 18:16 みんかぶ
今週も引き続き、金融システム不安への警戒は解くことができませんが、FOMCを通過したことで、追加の0.25%を最後に打ち止めとなる可能性が高まっています。ただ、連鎖的な破綻の懸念が完全に払拭されたわけではありませんでの、投資には慎重さが必要です。
FRBの急激な利上げで生じた金融機関の米債の含み損は大きく、深刻な業績・財務悪化が突然表面化する可能性があります。
今週は、29日が3月末配当の権利付最終日にあたるため、トピックス先物への買いもあってバリュー株が買われることが考えられます。しかし、その後は権利落ちの影響や月末の日経平均採用銘柄の入替に絡んだ売り物が出てくることになりかますが、一方で配当の再投資もあり期待できるところです。

2023年3月末の国内上場株式のお取引に関するご注意
2023年3月22日
決算銘柄の配当金や株主優待等の株主権利を得るためには、権利付最終売買日までに買い注文が約定し、大引けの時点まで株式を保有し、権利確定日に株主になる必要があります。
今年の場合、3月29日(水)が権利付最終売買日となります。
この日までに買付けし、大引けの時点まで保有することで、3月31日(金)の株主として株主権利を取得することができます。

期末一括配当銘柄の配当利回りランキング
2023/03/13
今回は期末一括配当銘柄のなかから配当利回りが4%以上のものをピックアップしてみました。例えばジャフコグループ(8595)有沢製作所(5208)では配当利回りが6%を超える水準となっています。また、大豊建設(1822)淺沼組(1852)フォーラムエンジニアリング(7088)グランディハウス(8999)でも配当利回りが5%を超えています。なお、取り上げた銘柄の権利付き最終売買日は3月29日です。
0326













期末一括配当で配当利回り4%以上の主な3月決算銘柄
0327












今回は配当取りと優待取りが近いのでそっち系について書いてみますφ(.. )
本当のことを言うと、高配当で期末一括配当の地銀株等を買おうと考えていたのですが、
ご存じの通り、アメリカの地銀連鎖破綻で銀行株に手を出しにくくなってしまいました

本来なら期末一括銘柄で面白そうな銘柄を探していたんですが今回は中止にします
無理して3月末の期末一括配当狙ったところで、配当落ちの後に株価も下がるし
その後さらに株価がいまいちな値動きで値下がりしたら踏んだり蹴ったりですし(´・ω・`)
とは言え、1年に1回しかない3月末の配当取り・優待取りなので色んな銘柄を探しながら参加してみるのも悪くないと思うので、じっくり探してみるとよいでしょう

個人的には配当利回りはそこそこよければいいってくらいの銘柄の中でさらに絞って
下記の 銑を期待できそうだなと思う銘柄を2、3ほど購入してずっと保有してます
PBRが1倍以下だけどキャッシュリッチでさらに増配しそうな銘柄
△海譴ら増配または自社株買いしそうで、かつ時価総額が500億円以下の銘柄
(大株主などがいて)親会社などによるTOBが期待できそうな銘柄


2020〜2022年の3年間で雑誌とか色んな情報を調べて銘柄を絞っていった結果として
TOBした銘柄を3つ当てることができてかなり美味しい目にあいました(*´∀`*)ムフー
知り合いの投資家にTOB狙いで株やってるコテ(劣後参謀さん)がいたので
色々と銘柄の絞り方を教えてもらって分析したことが大いに役に立ちましたφ(.. )

今までの投資方法とは異なりますが、そこそこ配当のいい銘柄をしばらく長めに持って
特に大株主とかPBRを見てると明らかに“クサいな”と感じる銘柄ってあるんですよね
仮にTOBされなかったとしても大型の自社株買いが発表されたら株価は急騰しますし
自社株買いじゃなくて増配だったとしても十分すぎるほど株価が上がるケースがあります。
(投資雑誌なんかの小さいコラムなんかでちょこっと取り上げられてることもあります)

そういう銘柄をコツコツ探して、常にクサそうな銘柄を2個くらい保有しています(*´ェ`*)
やってみると手間がかからないわりにリターンが大きいので悪くない手法です
親会社が財閥系の倉庫会社あたりも前からクサいので絞り込みをしてるところです。


ss2286234570 at 22:09|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加