yogurting ヨーグルティング

日本株

2022年12月04日

12/2株式市況 〜12月は米CPIとFOMCに注目!〜

米国株、ダウ反落し194ドル安 前日の大幅高受け利益確定売り ナスダックは続伸
2022年12月2日 6:20 日本経済新聞
1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比194ドル76セント(0.6%)安の3万4395ドル01セントで終えた。前日に737ドル高と大幅に上昇し、2日に発表される11月の米雇用統計を控えて利益確定や持ち高調整の売りが優勢になった。前日夕の決算発表を受けて顧客情報管理のセールスフォースが大幅安となったことも、ダウ平均の重荷だった。
前日の講演で米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が12月にも利上げ幅を縮小すると示唆し、株買いが勢いづいた。だが、1日の市場では「まだ利上げ自体は続く見通しで景気や企業業績の悪化懸念がくすぶるなか、前日の株高は行き過ぎ」(ジョーンズ・トレーディングのマイケル・オルーク氏)との声が聞かれた。

株高「容認」したパウエル議長
2022年12月1日 8:03 日本経済新聞
30日の米株式市場で主要株価指数はそろって大幅高になった。市場参加者が最も注目していた米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の講演前後で、相場の流れは一変した。
パウエル氏の講演前は投資家の様子見姿勢が強く、ダウ工業株30種平均は前日比で200ドル以上下げる場面もあった。だが午後1時半に講演が始まると株価は上昇に転じ、質疑応答を経て、イベント終了後も買いの勢いが続いた。ダウ平均は737ドル(2.2%)高と高値引けになった。マイクロソフトやアップルの上昇が目立ち、ハイテク株中心のナスダック総合株価指数の上昇率は4%を超えた。
「利上げペースを緩やかにする時期は早ければ12月になるかもしれない」。パウエル議長は講演で、4回連続で0.75%としてきた利上げ幅を12月13〜14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では0.5%に縮める意向を強く示唆した。「最終的な政策金利の水準は9月時点の予測(2023年の中央値で4.6%)より幾分高くする必要がありそうだ」と利上げの継続姿勢も重ねて強調したが、おおむね想定内の発言にとどまった。
キャプチャ




NASDAQ
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart

ダウ
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EDJI/chart

経済カレンダー
https://www.gaikaex.com/gaikaex/mark/calendar/

12月上旬は大きな経済指標がないので先物も為替もボラが一旦落ち着きそうです。
ただし、12月3週目に大きな経済指標があるのでここが12月後半の動きを決定しそうです
12/13(火)に米消費者物価指数(CPI)が予定されているのでここがまず大きいφ(.. )

11月の米CPIは数値が落ち着いたので、その後一気に株価が上がって円高が起きました。
アメリカの今後の利上げ幅が縮小される可能性が高いと判断されてNASDAQが急騰
一方で、今後アメリカの利上げが減退してくとの予想で日米の金利差の拡大スピードが
大きく減退し、ゆくゆく2023年後半あたりからアメリカが利下げに転じるのではないか
という予測が強まったことでドル売り&円買いが一気に進みましたΣ(・ω・ノ)ノ

さらに12/14(水)にはFOMCが開催されて12月の利上げ幅が発表される予定ですφ(.. )
実際には日本時間の12/15(木)4時らしいですがこちらはおそらく利上げ幅0.5%でしょう
12月は米CPIとFOMCの開催時が非常に近いので異なった判断となる可能性は低いですが
12月の後半と2023年1月以降の株価を決定的に左右する可能性が高い重要イベントです
1205





12月のFOMCでは米CPIを確認した上で、2023年以降の利上げ幅について検討がなされ
何らかの数値や数値幅や先行きの見通しが発表される可能性が高いです(´・ω・`)
「2023年は0.25%の利上げを数回やるだろう」みたいな数値が発表されるようならば
2022年12月下旬〜2023年年初にさらにドル売り&円買いが加速する可能性が高いです

ちなみにウクライナとロシアでは戦線が膠着して2023年春までは軍に動きはないと
アメリカ情報部のトップが記者会見で発表していたのをついさっき📺で見ました。
冬の寒さが厳しく軍が活発的に動けないので、前線の整理と軍の再編成に費やされ
大きな軍の衝突が起きる可能性は非常に低下するだろうという内容でした。

軍の衝突がおさまれば資源価格や食料価格を高騰させる要因が一時的におさまるので
2022年12月〜2023年3月は資源や食料のインフレがすすむ可能性も下がるでそう
2023年春まではしばらくアメリカの利上げ幅も落ちつく可能性が高いと予想してます。

米ドル円
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
今週は為替はほとんど動かなくなると思いますが、来週からは荒れそうな気配ですΣ(・ω・ノ)ノ
米CPIの結果と2023年以降の利上げの見通し次第では、ドル売り&円買いが加速して
場合によっては2022年12月末までに130円台を割り込む可能性もあるでそう
キャプチャ










個人的な予想では2022年11月にNASDAQの底打ち気配を感じるようになったので
NASDAQ連動型の投信をずっと買い増ししてる最中です(´・ω・`)
アメリカ株の個別銘柄を狙うのは手間もかかるし予想通りになるかもわかりません
シンプルにNASDAQ系投信を下がった日に買い増しし続けているというだけですφ(.. )
12/12(月)以降は動きそうなので、今週末までに買い付けは終了させます

年末から2023年以降はグロース株が中心に上がっていくんじゃないかと見込んでますが
日本のグロース株はできれば2023年9月くらいまでに利確定出来たらなと考えてます。
アメリカは2024年から利上げから利下げに転じそうなので上げ幅残しそうなので
NASDAQ連動型投信は2〜3年くらい保有してアホールドするつもりです

ソフトバンク(9984) 6,055円 +8円 (+0.13%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
これからアメリカの利上げ幅が縮小されていけばNASDAQは回復傾向でしょう。
グロース株とかハイテク株を国内株でも握っておいてそのままアホールドするだけ
何となく2023年1〜3月に株価の回復期がきそうな予感があるので特になにもせず。

日本電産(6594) 8,606円 −157円 (−1.79%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6594
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6594.T/chart
年足チャートでトレンドが回復しそうな感じがあるんでなにもせずにアホールド
平均買値が8,800円台なので今のところは含み損です(´;ω;`)

ss2286234570 at 06:54|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年11月09日

11/9株式市況 強気の半導体装置セクター

東証大引け 3日ぶり反落 決算きっかけに売り、値がさ株が下押し
2022年11月9日 15:20 日本経済新聞
9日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反落し、前日比155円68銭(0.56%)安の2万7716円43銭で終えた。ピークを迎えた主要企業の決算発表を材料視した売買が活発となるなか、市場の失望を誘った銘柄への売りが重荷となった。前日に約2カ月ぶりの高値を付けており、このところ上昇が目立った銘柄に利益確定の売りが出やすかった。
東証株価指数(TOPIX)は3営業日ぶりに反落した。終値は前日比8.07ポイント(0.41%)安の1949.49だった。任天堂が7%安。GSユアサダイキンの下げも大きかった。三菱自INPEX第一三共ファストリが下落した。一方、クラレ古河電が急伸。川崎汽太陽誘電SUMCO楽天グループエムスリーが上昇した。

メルカリ、暗号資産取引を2023年春に提供開始
2022年11月08日 14時41分 ITmedia
メルカリは2023年春、メルカリアプリ内で暗号資産取り引きを始めると発表した。メルカリの売上金でビットコインを購入できるようになる。11月8日に開催した「Fintech事業戦略発表会 2022」で明らかにした。「いつものメルカリの取引と同じように、簡単に暗号資産が取引できる環境を作っていきたい」とメルペイの山本真人CEOは話した。
メルカリは本人確認済みの1200万を超えるユーザーがおり、これらにリーチできるところが同社が暗号資産に取り組む強みだという。当初はビットコインのみを取り扱う。「いずれはビットコイン以外のさまざまな暗号資産に広げていきたい。追加を見据えたスケーラブルな運用を準備している」と、メルカリグループ日本事業責任者の青柳直樹氏。
ks_mer2



最近株価を見てると、需要が落ち込みそうな半導体セクターが弱気といってたわり
ここにきてなぜか半導体セクターの値動きがやたらいいですねφ(.. )
アホバンとかディスコとかSUMCOとか妙にぴょこぴょこと跳ねてるような動きです

メルカリ(4385) 2,762円 −22円 (−0.79%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4385
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4385.T/chart
2023年から暗号資産取引に参入するとかクレジットカード「メルカード」発行とか
色々と材料が出て上がるかなと思ったわりには寄付きが高いだけのカスな値動きでした
月足チャートで見ると2,900円あたりに上値抵抗線があってなかなか重そうです
週足で見てると上の雲が下がってきて上値余地がどんどん狭まってきています(´・ω・`)
目先高値はせいぜい3,100〜3,200円が限度かなーって感じになってきました。

楽天(4755) 698円 +30円 (+4.49%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart
前から週足チャートが改善してきて日足チャートもよかったので試し買いした銘柄です。
なんの材料もなく突然買いを集めて急騰したので一旦離隔しました。
週足がやたら改善したんで売らなくてもよかった気がするけど反射的に売ってしまった
週足チャートで見ると780〜800円あたりに雲の下限があるのでそこより上は重そう。
今のところ770〜780円あたりを目標にしてホールドならいい感じだおねφ(.. )
目先の動きはよくわからないですが押したらまた買いたい。でも一気に上げるかも


ss2286234570 at 19:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年11月06日

11/4株式市況 〜FOMC結果と日本株〜

東証大引け 続落し463円安 米金融引き締めの長期化観測で
2022年11月4日 15:30  日本経済新聞
4日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、大引けは前営業日比463円65(1.68%)安の2万7199円74銭だった。米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めが長期化するとの警戒から、2〜3日の米株式市場で主要株価指数が下落した。東京市場でも運用リスクを回避する目的の売りが先行し、終日安い水準で推移した。FRBのパウエル議長は2日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、早期の利上げ停止を否定した。金融引き締めに積極的なタカ派姿勢が示されたとの受け止めから、2〜3日の米市場ではハイテク株を中心に売りが膨らんだ。祝日明けの東京市場では半導体関連など中心に幅広い銘柄が下落し、日経平均は前場に一時600円超まで下げ幅を拡大した。
一方、午後の日経平均は安い水準ながら底堅さも目立った。中国・香港のハイテク株の急伸を受けてソフトバンクグループ(SBG)など値がさ株の一角が下げ幅を縮小し、相場全体を下支えした。
ZHDAGCエムスリーが大幅に下落した。KDDIテルモ、郵船の下げも目立った。半面、三菱自やコニカミノル、三菱重、住友商は上昇した。

郵船は後場一段安、今3月期最終益予想引き上げも好材料出尽くしとの受け止め
2022年11月04日13時13分  Kabutan
日本郵船<9101>は後場一段安。正午に同社は23年3月期第2四半期累計(4〜9月)の連結決算発表にあわせ、通期の業績予想を見直した。最終利益は9600億円から1兆300億円(前期比2.1%増)に見通しを引き上げた。ただ修正後の各利益予想は市場予想とほぼ同水準となったほか、直近でバルチック海運指数が下落基調にあることもあって、いったん好材料出尽くしと受け止めた売りが膨らんだようだ。

米国株、ダウ5日ぶりに反発し401ドル高 ナスダックも反発
2022年11月5日 5:32 日本経済新聞
4日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、前日比401ドル97セント(1.3%)高の3万2403ドル22セントで終えた。4日発表の10月の米雇用統計は米労働市場の引き締まりを示したが、米金融政策の見通しを変えるほど強くないとの見方から株式が買い直された。ただ、米長期金利の上昇を受けて売りに押される場面もあり、不安定な相場展開だった。
景気敏感株が買われ、化学のダウや建機のキャタピラーが大きく上げた。スポーツ用品のナイキやクレジットカードのアメリカン・エキスプレスなど消費関連株の一角も高かった。一方、顧客情報管理(CRM)のセールスフォースは大きく下げ、スマートフォンのアップルは小幅安だった。
1107


日本郵船(9101) 2,563円 −92.5円 (−3.48%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9101
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9101.T/chart
郵船は圧倒的に増収増益でしかも増配でしたが株価的にはおもくそ売られただけでした
この結果と値動きについては過去のBlogで指摘した通りに予想通りでしたね(´・ω・`)
とっくに天井を打ち終わって良い材料は無反応で、悪い材料には素早く反応します
決算が悪くても上がる株は最強ですが、決算がよくても下がる株はとにかく悲惨だおね

ソフトバンク(9984) 6,557円 −148円 (−2.21%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
7月に手を出して8月からまた再度買い直し、一時は4,788円まで下がる危機もあったものの
2022年になれば利上げ幅が縮小化して、利上げが天井を打つだろうと買い下がり
ようやく稲穂が実ってきたのか含み益がしっかり乗ってきたところです(´∀`*)
実際のとこFRBうんぬんよりソフトバンクのMBO期待で上げてるという予測もあります。
チャート的には週足で雲を上に突き抜けて上昇トレンドに入りそうなところですφ(.. )
当初の予定通り8,000〜9,000円を期待してるので今後もストロングあほーるどです
(FRBの利上げ終了もあるけどやっぱり決算でMBOを検討って何度も叫んでるのが良い)

メルカリ(4385) 2741円 +19円 (+0.70%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4385
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4385.T/chart
月足では2,900円あたりに上値抵抗線があり、週足の雲が3,200〜3,500円にあります。
まあこちらは長期ホールドでもいいけど上値は重いのでそこで売ってお終いですφ(.. )
前回の四半期業績が良くて子会社がクッレジットカード事業参入するというニュースがあり
目先では上げそうな気配なので2,900〜3,200円ですべて売り払う予定です
買い下がりが功を奏して平均単価は2,250円、保有株はたった6,000株しかないが残念

日本電産(6594) 7,990円 −25円 (−0.31%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6594
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6594.T/chart
本来は半々でソフトバンクと同じ金額を買う予定だったけど今は差が出ています。
日本電産に例の悪材料が出たのと目標株価が7,000円引き下げられる事態があったんで
さすがに買い下がりは怖くなって止めて、資金をソフトバンクに回したからです。
平均単価は8,850円なので約10%ほど含み損、こちらも1〜1年半ほどアホールド予定です
(最終的には反転して、さらに自社株買いで上がるんじゃないかという予想)

実は1年〜1年半前に百貨店とかJRとかANAの株を大量に買いで持っていました(´・ω・`)
一時の下げもあって損切りや薄利で売ってしまう残念な結果で終わってしまいました。
でも今になって振り返ると銘柄選定は100%正しかったなと非常に強くます
(百貨店やアフコロ銘柄はあとで少し買い直して持ってるのもあります)

今回は前回の失敗を反省して損切りや薄利での撤退はまったく考えていません。
過去2年半の取引を振り返って現在はグロース株に一点集中で張っていますφ(.. )
(もちろん突発的な事態や異常な例外事態が発生したら別ですけど)
ただ結果的には実質的にソフトバンクの一点勝負みたいになっているのも事実です


ss2286234570 at 07:26|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年10月31日

株式市況 〜さようなら、海運セクターさん その3〜

海運株が後場上昇 「コンテナ船事業の見通しに注目」の声
2022年10月25日 14:44 日本経済新聞
海運株が後場上昇している。商船三井は一時、前日比90円(3.0%)高の3120円まで上昇した。郵船(9101)川崎汽(9107)も高い。東証業種別の海運業は朝方は下落して始まったが、その後反転し14時時点で33業種中値上がり率トップとなっている。
海運株を巡っては景気減速懸念によるコンテナ船のスポット(短期契約)運賃下落から8月下旬以降、持ち高を縮小する動きが続いていたが、足元は反転している。「2022年4〜9月期の決算発表を前に持ち高を減らしすぎるのもリスクとの見方が投資家に広まり、買い直しの動きになっている」(東海東京調査センターの金井健司シニアアナリスト)という。

日本郵船など海運株が上昇、コンテナ船市況に下げ止まり感
2022/10/24 10:06 会社四季報
日本郵船(9101)商船三井(9104)、川崎汽船(9107)の大手3社を中心に海運株が上昇。最大手の日本郵船は午前10時03分時点で前週末比109円(4.1%)高の2788円で売買され、TOPIX(東証株価指数)業種別指数において海運業は全33業種中で値上がり率トップとなっている。
夏場以降、急落していたコンテナ船の運賃市況に下げ止まり感が出てきたことが見直し買いを誘発している。21日に明らかになった上海輸出コンテナ運賃指数(SCFI)は1778と前週比1.9%の下落にとどまり、同5.7%だった前の週から下落率が縮小した。同指数は年初に5000超という歴史的高値を付け、そこからはほぼ3分の1の水準に低下したが、足元では下げ止まりが意識され始めたもよう。

三井松島HDストップ安気配、豪州炭鉱拡張計画の却下に嫌気
2022/10/28 14:01 会社四季報
豪州産石炭の輸入販売などを手掛ける三井松島ホールディングス(1518)が多くの売り注文を受けて前場の中ごろから急落。値幅制限の下限となる前日比700円(22.8%)ストップ安の2370円まで売り込まれ、午後1時55分現在でも同水準で売り気配が続いている。オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州当局が本日、世界的な資源大手グレンコアによるグレンデル炭鉱の拡張申請について、地域の文化遺産に重大な影響を与える可能性があるとして却下すると発表。これが嫌気されている。

海運株の予想について後出し言われないように最初にTwitterに書いておきましたけど
なつさんが海運株の天井感を一番最初に感じてたのが2022年3月23日です

その後も上げたり下げたりしばらく繰り返してたけど本格的に下げたのは8月から
ちなみに今から振り返って日本郵船と商船三井のチャートを眺めてみると、
Twitterで呟いた3月23日の少し前の2022年3月16日〜18日がド天井になってますφ(.. )
そういう意味ではド天井の予測はそれなりにあたっていたとも言えるでしょう。

一方、予想した後で一気に下げたわけではないので明確に予想が当たったとも言えません。
でもあの時に感じた相場の感触は今になってみれば正しかったと考えています(´・ω・`)
もちろん完全にド天井で売り抜けたわけではないですが「頭と尻尾はくれてやれ」という
格言の通りにいいところで売り抜けて、その後手を出さなかったので無傷で済みました

商船三井は10/31の昼に業績上方修正と増配を発表しましたが反応は薄いですΣ(・ω・ノ)ノ
午前中下げた分は戻したけど、材料に反応したとはあまり言えないような値動きでした。
今の海運銘柄や三井松島はかつてのエムスリーワークマンによく似ています。
大人気で上げに上げまくって人気化したところから失調して怒涛の長期の下落相場へ
特にエムスリーなんて四半期業績絶好調なのに決算後に売り叩かれてたし(´・ω・`)

大手海運って来年以降も新型の運搬船がどんどん製造されて完成してくるんで
来年以降も海運の需要が回復して利用が増えればもちろん業績は伸びるだろうけど
もし需要が落ち込んだら赤字たれ流す新型船が山積みになるリスクもありますからね
今の業績がいいからといって先行きを甘く考えるのはやや早計でしょうφ(.. )
むしろ株価が指し示してように業績が悪化する可能性の方が高いんじゃないでしょうか

もちろん海運セクターもリバウンドで上げることもこれから何度かあるでしょうけど
長期で考えたらエムスリーのチャートのようにズルズル長期で下げるんじゃないでそか
大手海運のチャートって、完全に一相場終わったような感じの形なんですよね・・・。

よっぽど圧倒的な材料でもあれば切り返して上がる可能性もなくはないでしょうけど
まあおそらく85〜90%くらいの確率で長期下げトレンド入りだと予想してます
もし海運が本当に上げる銘柄なら、10/31の昼の決算後に大きく上げてるはずでしょ。
その動きがなかったということは、決算よくても上がらない銘柄ってことです

海運株や三井松島に限った話じゃなく株は買い遅れが買ったら相場は終わりなんですよね
なぜならその後に買いに来るやつがいないんで買い需要が無くなるからΣ(゚д゚;)
足元の四半期決算がよくてもほぼ全部織り込み済みだったらやっぱ上がらないでしょう。
(エムスリーなんて四半期決算絶好調でも叩き売られて最大70%下げました)
もう一相場終わったような株に手を出しても短期のリバはあっても長期は厳しそう。
安っぽいリバ狙いで手なんか出さずに、しばらく長めに様子見でいんじゃないでしょうか
1101












日本郵船(9101) 2,699円 +56円 (+2.1%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9101
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9101.T/chart
11/4の決算と配当よかったら商船三井にようにまた少しリバする可能性ありますが
週足チャートで見ると見事に雲を下に突き抜けているので下降トレンドに入っています
決算や配当などの材料はあるかもですがテクニカル的には最低最悪な値動きだお
1年半〜2年後には800〜1,200円あたりまで下がっておかしくない嫌な感じです。

商船三井(9104) 2,951円 +49円 (+1.6%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9104
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9104.T/chart
以前なら増配ニュースが出たらすぐに5〜7%近く跳ね上がっていた海運株ですが
日経が強い日なのに今では陽線すらつけない程のショボい値上がりで引けて終わり
以前いたような機関投資家というか大人がまったく買いに来てないのをすごく感じます。
今はまだ週足チャートで雲を下に突き抜けてないだけマシですが、先行きは曇り雨
3,100〜3150円あたりがかなり重い上値抵抗線があるんでもし2,700円を割れたら
一気に下降トレンドに入ってしまうんでまたさらに安値探りになりそうφ(.. )
1年半〜2年後には1,200〜1,500円あたりになってる気がします。ただの勘ですけど

2022年08月16日
8/16株式市況 〜グロース株と進行バブル〜

2022年06月09日
株式市況 〜さようなら、海運セクターさん その2〜

2022年03月24日
株式市況 〜さようなら、海運セクターさん〜


ss2286234570 at 22:23|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年10月06日

豪中銀0.25ポイント利上げ、予想に反し小幅引き締め−豪ドル下落

豪中銀0.25ポイント利上げ、予想に反し小幅引き締め−豪ドル下落
2022年10月4日 12:41 ブルームバーグ
オーストラリア準備銀行(中央銀行)は4日の政策決定会合で、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートの誘導目標を2.35%から2.6%に引き上げることを決定した。大方の予想に反し、0.25ポイントの小刻みな利上げとなった。これを受け、豪ドル相場は下げ、豪国債利回りは低下した。
ブルームバーグが調査したエコノミスト28人中7人が0.25ポイントの利上げを予測。大多数は0.5ポイントの利上げを見込んでいた。豪中銀は先月まで4会合連続で政策金利の0.5ポイント引き上げを決定していたが、大幅な利上げ局面が終わりを迎えた

豪中銀、予想外の利上げペース鈍化 今後も引き締め方針
2022年10月4日12:58 ロイター
オーストラリア準備銀行(中央銀行)は4日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを25ベーシスポイント(bp)引き上げ、9年ぶり高水準の2.60%とした。予想の50bpより小幅な利上げで、市場はサプライズと受け止めた。ただ、中銀は今後の追加引き締めに含みを持たせた。
利上げは5月以降6回目で、うち4回は50bpの大幅引き上げだった。


最近は米FRBがインフレ対策としてさらなる利上げと金融引き締めを強く言うもんだから
NYダウもNASDAQも果てしなく弱く、釣べ落としのような下げが続きました
しかし、やや急速に下げすぎてたのでリバウンド気配が出てたのも相まってですが
オーストラリアの中央銀行が予想よりもはるかに低い利上げを発表したもんだから
NYダウやNASDAQが一気に反発してしているようです

今回の反発はオーストラリアの中央銀行が予想されていた0.5%の利上げを幅を縮小して
0.25%の利上げに着地したことが好感されてアメリカにも波及したようですφ(.. )
オーストラリアが予想に反して小幅な利上げになったから、米FRBも11月の利上げ予測0.75%を下方修正してもっと小幅の利上げになるんじゃないかと期待されたわけです
ただし、米FRBのパウエル議長は今後も大きめの利上げを実行すると宣言したばかりだし
その他のタカ派のメンバーも11月は0.75%、12月は0.5%の利上げをするとか言ってるし
アメリカの利上げが落ち着くのは2023年3月だと繰り返し発言していますΣ(・ω・ノ)ノ

短期的に売りの買戻しを巻き込んで上げただけで、この先半年くらいはまだ利上げだし
10/13(木)の米CPIであらためて利上げ意識されてまた下げるんじゃないでしょうか
本格的な上げ相場への転換は年内ではなく、2023年以降になるだろうと考えてます。
ただ最近の値動きを見てると新興株やそっち系の銘柄は思いのほか固い値動きですおね。

例えばアメリカが金融緩和を縮小させて2023年から利上げをやると発表し始めた
2021年12月以降は新興市場は壊滅的に下げまくってましたが、直近はやや堅めです。
昨年末のような投げ売りもなくマザーズ指数は底堅く推移していますφ(.. )
おそらく新興市場は利上げを織り込んで、利上げ後を見込んでるんじゃないでしょうか
なぜなら2021年末も実際にアメリカが利上げを開始した3〜4ヶ月前下げてたからです
アメリカの今後の利上げ動向は注意深くこれからも監視していく必要がありますが
国内の新興市場やそっち系の銘柄は年末〜年始以降は回復してくと予想しています

10月経済カレンダー
https://www.okasan-online.co.jp/tradeinfo/indicator_event/economic_indicators/thismonth.html

NYダウ

マザーズ指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0012
1007











インフレは最大の懸念、物価安定回復に時間=ジェファーソンFRB理事
2022年10月5日2:19 ロイター
米連邦準備理事会(FRB)のジェファーソン理事は4日、インフレについて、FRBが直面する最も深刻な問題で、対応に「しばらく時間がかかる可能性がある」という見解を示した。ジェファーソン理事は就任後初の講演で「物価安定の回復には時間がかかり、トレンドを下回る成長の期間を伴う公算が大きい」とし、他のFRB高官と共に「インフレを2%に回帰させるという決意があり、一段の必要とされる措置を講じることにコミットしている」と言明した。


ss2286234570 at 07:13|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年09月22日

スノーピークの辞任した山井梨沙社長、タトゥー&うんこ座り喫煙写真

スノーピークの社長・山井梨沙が電撃辞任
2022年09月21日 15:37
アウトドアメーカー「スノーピーク(Snow Peak)」の山井梨沙 代表取締役社長執行役員が、9月21日付で辞任した。同社は、梨沙氏が既婚男性との交際と妊娠を理由に、辞任を申し出たことを受け、受理に至った。これに伴い、太氏から役員報酬3ヶ月分の20%を、代表取締役副社長執行役員を務める高井文寛氏から役員報酬3ヶ月分の10%を自主返上したいとの申し出があったとし、それらの受理も決定したという。


社会的に不倫して妊娠させるとか妊娠したとかよくはないのはまあ理解するけど
経営者はタレントや芸能人みたいにイメージで仕事する役職ではないんで
ぶっちゃけその程度で引責辞任だの役員報酬返上ってのはやり過ぎじゃないかと思っていたこの事件ですが、それ以上に大きな地雷があってドン引きしました(((( ;゚д゚)))

不倫だの妊娠だのってのはあくまで当事者間の問題なんでぶっちゃけどうでもいいし
業績よくして配当増やしてくれたら株主からしたらまったくどうでもいい問題ですが、
タトゥー見せながらうんこ座りで喫煙写真をSNSにあげて世界中に配信ってのはアウト
っていうかヤバい薬物やってんのかな?とか反社と関係あんのかな?って
誰だって感じてしまうような行動したり、写真アップするのはさすがにいかんでしょ

「反社」とか「薬物」ってキーワードは絶対に上場できない禁止ワードなんでね
(実際に薬物や反社の人間との交友がないのであったとしても)
それをわざわざ匂わすような写真撮って世界中に配信してくってさすがに信じがたい。

投資家サイドとしては絶対にとってほしくない行動なんで株主なら絶望するでしょ
シャレやジョークであってもこんな行動してたら即辞任か首にしてほしくなるレベル。
薬物好きそうな交友関係を重視したいなら一般人としてやってくれって話で
上場企業の経営者がこの写真をSNSにアップするのは一発レッドカードですおね
むしろなんでその段階で取締役会が毅然とした行動しなかったのかってことです。
株主からしたらもっと早い段階で辞任させるべき社長でしたねφ(.. )

スノーピーク(7816) 2,202円 +33円 (+1.52%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7816
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7816.T/chart
スノーピークって新型コロナの感染が拡大した時期に、人との接触を避けながら
屋外で楽しめるアウトドアブームが来たときに一時期ものすごい上がってた銘柄ですね
ただ直近では新型コロナの感染がおさまってあっという間に人気が崩れた株価ですが。

山井梨沙社長は妊娠中に当たり前のように喫煙写真をSNSにアップしてるようだし
正直ものすごく大麻使用して屋外パーティーしてそうふいんきが強いんで
もう少ししたら妊娠中に大麻使用で逮捕ニュースとか出てきそうな気がします(´・ω・`)



ss2286234570 at 08:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年09月20日

ダブルスコープ(6619)、昼も夜もストップ安張り付けの刑

ダブルスコープはストップ安気配、韓国子会社のIPO価格が予想下回る
2022/09/20 09:54 会社四季報
リチウムイオン電池用の絶縁材(セパレーター)メーカーのダブル・スコープ(6619)
は大量の売り注文を受けて気配値を切り下げ。16日は値幅制限の下限となるストップ安で取引を終えていたが、本日も午前9時51分現在で前営業日比500円(20.2%)ストップ安の1979円で値が付かないまま売り気配となっている。
本日の寄り付き前に、韓国の連結子会社であるW−SCOPE CHUNGJU PLANT(WCP)の韓国新興市場(KOSDAQ)への株式上場について詳細が決まったと発表しており、公募価格は6万ウォン(約6000円)となった。上場日は9月30日で17万2836株を売り出すほか、新たに702万7164株を発行して4320億ウォンを調達する計画。当初の公募価格の予定額は8万〜10万ウォンとなっていたが、実際の価格がこれを大きく下回った。
調達額や時価総額が市場の想定より低い水準にとどまることになり、このIPOを手掛かりに買い進まれてきていた当社株には失望売りや利益確定売りが膨らんでいる。


連休の週末に話題になってた「ダブルスコープ」の地獄の蓋が開いたようです(((( ;゚д゚)))
Twitterとか読んでみるとこのダブルスコープはTwitter界隈でもかなり人気の銘柄で
ぶっちぎりで書き込み回数が多い銘柄でした。被害者も多かったのでしょう
信用2階建てで勝負しただのと

先週末の金曜時点で次の営業日の9/20(火)もストップ安になるとずっと言われてましたが
当然のようにストップ安で引けて、さらに夜間PTSでもストップ安に張り付いてます
.
キャプチャ















夜間PTSでストップ安に張り付いて−400円ですが出来高はけっこうありますねΣ(・ω・ノ)ノ
夜間の売買代金だけで10億円ほど出来てるんでけっこうな売買代金になってます
昼間についてはもう少し値幅が広がって約定しやすくなったら寄るでしょうけどφ(.. )

さてダブルスコープで信用2階建てして損失かかえて損切りもできなくなっただとか
週末は追証の支払いのために金策に走り回っただとかTwitterなどに書いてありますが
根本的にどの時点で判断を誤っていたのか少しひも解いていきます

《法則まとめ》
〇匆饉劼篏仍饑茲上場準備してる場合、公募価格が確定すると親株は暴落する。
△修發修盪価総額が小さい銘柄で信用2階建てをすると死ぬ可能性が高い。
新興株、バイオ株、ボラの高い小型株、海運・半導体の小型株も危険。

投資にはいくつか法則や守るべきルールみたいなものがあります(´・ω・`)
この法則や鉄則を熟知して必ずきちんと守ってる人は比較的助かりやすいわけですが
これを破った行為を複数回やってると必ず数回目かに痛い目にあって死にます
(ここで言う「死ぬ」のレベルは大損や多額の追証発生や破産を含みます)

当然自分自身も過去に何度か痛い目にあっているのでルールや法則は守っています。
これはだいたい守るやたまに破るといった行為は絶対に止めた方がいいでしょう。
それこそルールや鉄則を書いて液晶画面の下に貼っておいてもいいくらいφ(.. )

はけっこう有名ですよね。法則でわりと再現性が高くて繰り返し発現します。
最近だと大型銘柄のメルカリが上場した時、多額の出資をしていたユナイテッドですか。
上場の少し前に公募価格が決定して発表されたあたりから一気に投げ売りされました
今回のダブルスコープほどではないですがあっという間に40%下げました(((( ;゚д゚)))
出資額が大きく、期待値で上がった株価が高いほど崖のように下げる傾向があります。
そして今回のダブルスコープは公募価格の引き下げという悪材料を伴っていたので
法則+悪材料+追証投げ売り祭りという最悪の組み合わせで地獄を見ました
ただし逆にいえば、この法則を知ってる投資家はさっさと逃げるてるはずです。
(この法則は基本的だけど再現性は高いんでちゃんと知ってて損はありません

はもう常識なんで今さら言うほどのものではないでしょうφ(.. )
時価総額が小さいとか、流動性が低い銘柄で2階建てなんかするなということです。
同一セクターの中で時価総額が小さい方の銘柄であるかは調べたらすぐにわかります

も常識なので今さら言うまでもないでしょ。バイオ株で2階建ては自殺への第一歩
まあ新興株なんて地合いが悪けりゃどれ買っても雪崩のように崩れることあるんで
新興株、その中のバイオ銘柄、ボラの高い小型株が危険度が高めですよね
あとくり返し激しく乱高下してる小型海運や小型の半導体も危険ですね(´・ω・`)
特に今は海運と半導体の市況の先行きが怪しいので悪材料が出やすいってのもあります。
ほんの3ヶ月前まで時価総額400〜600億円の小型株で博打はするなってことです

この程度の暴落は過去に何度も見たんで「またか」という程度の感想しかないですが
この手の株価崩壊事故が個人投資家の間で起きるとネット証券にも被害が及びます
過去の経験でいうとカブコムや松井がやたら信用で貸し込んで回収不能になりやすく
貸し倒れ引当金を数億〜10億円以下くらい計上してることがありますφ(.. )

たぶんですがカブコムや松井証券は信用取引の金融収支で稼いでるネット証券なんで
できるだけ信用取引を積極に推奨して、多く貸し付けたいという意向が強いんでしょう
ネット証券はどこも9月末が6〜9月の四半期の決算の区切りになるので
次回の四半期決算の場で、何らかの貸し倒れ引き当てが損失計上されてるかもですね

松井証券(8628) 796円 −8円 (−1.00%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8628
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8628.T/chart


ss2286234570 at 21:45|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月18日

8/18株式市況 〜炭鉱のカナリアとグロース株〜

米国株、ダウ反落し171ドル安 景気敏感株やハイテク株に売り ナスダックは続落
2022年8月18日 6:00 日本経済新聞
17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は6営業日ぶりに反落し、前日比171ドル69セント(0.5%)安の3万3980ドル32セントで終えた。5日続伸で1377ドル上げた後で、景気敏感株やハイテク株などに目先の利益を確定する目的の売りが優勢となった。米長期金利が上昇したのも相場の重荷となった。このところ上昇していた景気敏感株が売られ、航空機のボーイングが3%下落。工業製品・事務用品のスリーエム(3M)、化学のダウも売られた。17日の米債券市場で長期金利が一時2.91%と前日終値(2.80%)から大きく上昇した。長期金利が上昇する場面で割高感が意識されやすい高PER(株価収益率)のハイテク株の売りを促した。
ハイテク株が多いナスダック総合株価指数は続落し、前日比164.426ポイント(1.3%)安の1万2938.123で終えた。交流サイトのメタプラットフォームズとネット通販のアマゾン・ドット・コムが売られた。アナリストが8〜10月期業績の下振れの可能性を指摘した半導体のエヌビディアが下落。他の半導体株も全般に軟調だった。

今後も利上げ継続、ペースが落ちる可能性=FOMC議事要旨
2022年8月18日3:53 ロイター
米連邦準備理事会(FRB)が17日に公表した7月26─27日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、FRBの政策立案者は米国のインフレ圧力が弱まっているとの「証拠はほとんどない」とし、物価上昇を抑制するために必要なだけ経済を減速させる方針を固めたことが明らかになった。今後の利上げペースについて明確な手がかりは示さなかったが、インフレを抑制するために必要な高さまで金利を引き上げるとし、そのためには消費支出の減少と全体の成長率低下を図る必要があるとした。

米利上げ「いずれかの時点でペース鈍化」 FOMC7月議事録を公開
2022年8月18日 17時38分 朝日新聞
米国の中央銀行にあたる米連邦準備制度理事会(FRB)は17日、金融政策を決める米連邦公開市場委員会(FOMC)の7月分の議事録を公開した。異例の大幅な利上げについて、「いずれかの時点で引き上げペースを鈍らせることが適切」などとする認識が会合で示されていたことがわかった。
キャプチャ



NYダウ
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800

NASDAQ
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0802

Amazon
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/AMZN
Microsoft
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/MSFT
Alphabet
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/GOOG

インフレ率が高い値を示す限りは利上げをすると宣言してる米FRBですが
利上げのペースそのものを上げるという発言は少なく、鈍化すると発言してます
全体として利上げが峠を越えたという判断があるからこそグロース株が上がってるわけで、引き続き今後のインフレの動向は非常にというか最高に重要ってことです
万が一インフレ率が再度上昇するようならグロース株投資の見直しは必須ということ。

ただし今のところは利上げの頻度や利上げ率は落ち着きあるのも事実ですφ(.. )
アメリカの株式市場は明らかにその変化を感じて先回りして動いてるってことでそ
利上げが鈍化してインフレが落ち着けば、次は利下げのターンに入るからです。

実際に2021年末以降のNYダウやNASDAQ指数や個別株を見てもわかる通り
米FRBが利上げを実施する2〜3ヶ月前に利上げを匂わせた頃からすでに下げ始めてます
日本の新興市場が暴落した2021年11〜12月の値動きもまさにそれに一致してます
利上げの打ち切りと利下げが現実化しそうなら、2022年の年末にもっとはっきりとした上昇転換への値動きがアメリカの株式市場ではっきり見えてくるんじゃないでそかφ(.. )

でも今一番気になるのはその後の天井がどのあたりになるかではないでしょうか。
2020年3月末から米FRBの大幅な金融緩和と利下げからはじまったコロナバブル相場は
最終的には米FRBの金融引き締めと縮小、そして利上げでとどめを刺されて終わりました
これから始まりそうな小バブル第2幕も2024年のどこかで終わると思ってます(´・ω・`)
なんせ株式市場がかなり先走って動いて折り込んでるので天井も早いかもってことです。

炭鉱では有毒ガスが発生したことを察知するためにカナリアを連れて行きますが
日本の株式市場でもグロース株相場のカナリアに注意するのが重要ですねφ(.. )
成長力が高くPERも高くて割高傾向のある銘柄のいくつかを監視しておくということ。
個人的にはエムスリーとかワークマンは動きが速いのでカナリアっぽいと考えてます
決算がメチャクチャいいのに叩き売られ始めた2021年9月のエムスリーがまさにそれ。

エムスリー(2413) 4,964円 −75円 (−1.48%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2413
https://finance.yahoo.co.jp/quote/2413.T/chart

ワークマン(7564) 6,550円 −30円 (−0.45%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7564
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7564.T/chart

確かに当時すでにPERは高めで割高感のあるグロース株だったエムスリーですが
四半期ですごく決算いいのに2021年9月あたりから強烈に売られて60%下げましたからね
一方足元では、米FRBの利上げペースが高まってた2022年6月に底を打って
7月以降から一気に底打ちして大きく反騰相場に入っていることが鮮明にわかります
逆にいうと、この先でエムスリーの値動きが冴えなくなった要警戒ってことです。
(もちろん決算が悪くて売られたとかならあまり参考にはならないでしょうけど)


ss2286234570 at 16:45|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月16日

8/16株式市況 〜グロース株と進行バブル〜

東証大引け 3日ぶり小反落 高値警戒、利益確定売り重荷
2022年8月16日 15:18 日本経済新聞
16日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに小幅反落し、前日比2円87銭(0.01%)安の2万8868円91銭で終えた。最近の急ピッチな相場上昇で高値警戒感から利益確定売りが先行したが、下値では押し目買いも入り、前日終値を挟んで小動きの展開が続いた。
市場では「9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)まで間があるうえ、国内企業の決算発表が一巡して株価の下振れリスクが低下している。3月9日に付けた年初来安値(2万4717円)から6カ月後の信用期日が近づき、売り方は買い戻しを進めている」(国内証券のストラテジスト)との見方もあった。
郵船をはじめ海運大手が軒並み大幅安。出光興産INPEXが売られた。三菱マ大平金も安い。半面、エムスリーZHDサイバーが上昇した。バンナムHDコナミGが高い。トレンドNTTデータが上げた。

新興株16日 マザーズが3日続伸、4カ月ぶり高値
2022年8月16日 15:14 日本経済新聞
16日の新興企業向け株式市場で、東証マザーズ指数は3日続伸した。終値は前日比19.62ポイント(2.69%)高い750.21と、4月18日(751.61)以来約4カ月ぶりの高値だった。上げ幅は一時3%に迫った。前日の米長期金利の低下を手がかりに国内新興市場ではグロース(成長)株を中心に買いが入り、指数を押し上げた。前日発表の決算を材料とした売買も目立った。
市場では「マザーズ指数は日経平均やTOPIXなどと比べると戻りが鈍い印象が強い。出遅れ感のあるグロース市場の成長株には見直し買いが入りやすくなっている」(国内証券)との声が聞かれた。

キャプチャ










マザーズ指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0012

NYダウ 33,912 +151.39  (+0.45%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
https://finance.yahoo.co.jp/quote/%5EDJI/chart?term=6m

NASDAQ 13,128 +80.86  (+0.62%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0802
https://finance.yahoo.co.jp/quote/%5EIXIC/chart?term=6m

Amazon
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/AMZN
Microsoft
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/MSFT
Alphabet
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/GOOG

アメリカでナスダック指数やグロース株の復活を受けてマザーズ銘柄も復興気味です
昨年末からアメリカが金融引き締めを開始したことと、インフレ対策として利上げを開始したことで日本の新興市場も壊滅的なまでに激しく下げまくりました

ただ足元ではインフレがこれ以上過熱しないのではないかという読みが強いので
本当にインフレが収まってくれば利上げの頻度も利上げ率も大きく下がっていくわけで
すなわち株があらためて買われる市況が来年以降やってくるかもしれません
特に重要なのは利下げで、今まで異例なハイペースで利上げを続けていた流れが反転し、
結果的に2023年に入ってから実際に利下げとなればグロース株の上昇は本格化するでそう
当然ながらナスダック指数やマザーズ指数も大きく上がっていく可能性があります。
(これらはすべてインフレが収まっていくという前提なのでそこは忘れないように)

とは言え、ここまで極めてハイペースで上がってきているのも事実なので
8月末に利上げが決まったらこれまでの反動で一旦下げる可能性はあり得るでしょう。
もちろん押し目があったら再度ソフトバンクを買う気満々で待ってますけどφ(.. )

今後もインフレが落ち着いて利上げが来年以降も落ちつくという前提で考えれば
マザーズ指数こそグロース株の筆頭なので上がっていく可能性が極めて高いでしょう。
これまでは割高株として利上げ局面では徹底的に叩き売られる一方でしたが、
もし2023年以降に利下げと金融緩和の方向に変われば、大きく上げると思います
マザーズ指数も1000〜1200あたりまで回復していく可能性は十分あるでそう(´∀`*)

ソフトバンク(9984) 5,749円 −151円 (−2.56%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
下げたといいつつも自分が売った価格よりまだ高いのはムカつきます(゚Д゚)ゴルァ!!
そうは言っても週足の上の雲は厚いので押し目チャンスもたぶんあるでしょう。
おそらくたぶんきっと・・・。そのチャンスがきたら再度購入するつもりでです。

ラクス(3923) 2,024円 +114円 (+5.97%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3923
https://finance.yahoo.co.jp/quote/3923.T/chart
週足チャートで見る限りではまだ上値を追いそうな感じですにょ(σ´∀`)σ
週足の雲のある2,300円近辺まではなんとかトライしてくれそうなふいんきです。

メルカリ(4385) 2,278円 +100円 (+4.59%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4385
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4385.T/chart
買った直後に決算で下げたけどその後は地合いのおかげもあって反発してます。
なお日足チャートでは前途を塞いでいた厚い雲を突きぬけた形になってます
本気で新興市場の地合いが回復したら上げそうなので3,500円あたりで待ってます。

トヨクモ(4058) 1,585円 +72円 (+4.76%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4058
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4058.T/chart
決算自体は前からそれなりにいいのにPERが高めのいかにもみたいな新興株。
業績の数字は悪くないんで含み損でずっと持ってるんで反騰待ちですにょ(σ´∀`)σ
売り上げはしっかり伸びてるけどPERが高くて割高感があるのは事実ですね
アメリカの利上げで新興バブルが本格化して爆上げしてくれたらなと祈っています。


ss2286234570 at 19:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年08月12日

8/12株式市況 〜株価バブルで高級ヒー〜

米国株、ダウ小幅続伸し27ドル高 長期金利上昇受け上値重く ナスダックは反落
2022年8月12日 5:45 日本経済新聞
11日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続伸し、前日比27ドル16セント(0.1%)高の3万3336ドル67セントで終えた。11日発表の7月の米卸売物価指数(PPI)が前月比で下落し、米連邦準備理事会(FRB)が利上げを急ぐとの観測が後退した。ただ、米長期金利の上昇を受けてハイテク株に売りが広がるとダウ平均は伸び悩み、下げに転じる場面もあった。
PPIは前月比0.5%下落と市場予想の0.2%上昇に反して低下した。前日発表の7月の米消費者物価指数(CPI)に続いてインフレ減速を示した。FRBが利上げペースを緩めるとの観測が広がり、金融引き締めが米景気を冷やすとの懸念が薄れた。消費関連株や景気敏感株に買いが向かい、ダウ平均は340ドルあまり上昇する場面があった。

東証大引け 3日ぶり反発、7カ月ぶり高値 米大幅利上げ観測後退
2022年8月12日 15:30 日本経済新聞
祝日明け12日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前営業日比727円65銭(2.62%)高の2万8546円98銭とこの日の高値で終えた。1月12日以来7カ月ぶりの高値水準。米市場でインフレ鈍化を背景に大幅利上げの観測が後退し、運用リスクをとる動きが東京市場にも波及した。
米労働省が10日発表した7月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.5%上昇したが、伸び率は前月(9.1%)から縮小し、市場予想(8.7%)も下回った。物価の伸びが鈍ったのを受けて米連邦準備理事会(FRB)の大幅利上げへの観測が後退し、米株式市場では10〜11日にダウ工業株30種平均が1.7%上昇。東京市場でも投資家心理が上向き、グロース(成長)株を中心に幅広い銘柄に買いが入った。
DOWAや大平金が上昇。ファナックや安川電も買われた。ソフトバンクグループ(SBG)、楽天グループも高い。半面、OKIや富士フイルムが下げた。川重も安い。
キャプチャ


日経平均 28,546円 +727円  (+2.62%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O/chart

NYダウ 33,761 +424.38  (+1.27%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800
https://finance.yahoo.co.jp/quote/%5EDJI/chart?term=6m

NASDAQ 13,047 +267.27  (+2.09%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0802
https://finance.yahoo.co.jp/quote/%5EIXIC/chart?term=6m

インフレ懸念が遠のいたことで利上げの頻度や利上げの予測幅が低下
特に2022年後半はさらに利上げの回数が減りそうなので株価市場が活況です。
米FRBはインフレ対策としてこれまで利上げ政策を頻発してきましたが
2023年後半以降にインフレが落ち着けば、上げた分だけ利下げしそうですね。
ここまで売られたグロース株は特に好調で、NASDAQの方がより強く上げています
NYダウとNASDAQは完全に上昇転換したといって間違いないでしょうφ(.. )

アメリカ市場が好調なのでアメリカ個別株を買うならグロース株狙いでしょう。
S&P500やNASDAQ連動型の投資信託を買うのもありでしょう。
ただ為替はこれからアメリカの利上げ想定回数も下がるし来年からは利下げっぽいし
2023〜2024年はどう考えても長期でドル安&円高なので為替で損しそうです
株価は上がるけど為替分がマイナスになるであろうことは覚悟しとくべきでそね

ソフトバンク(9984) 5,610円 +295円  (+5.55%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
ソフトバンクは前にもクソ決算出したとこが底だったんで今回もそうなるでしょう。
今回は5,350円以下で押し目狙いで指値出してたわけですが、予想以上に下げて
大量に約定してしまったので一旦はソフトバンクはすべて売却して離隔しました
(正確にいえば、予想した以上に上がったんで勝手に約定してただけですが)
5,600円以上で売れたらいいなと指値出してたんできれいに売りさばきました
週足では5,700〜6,700円あたりにぶ厚い雲があるのでやや上値は重そうです。
ただし、ダウナスが好調で乱高下はあれど来年以降も利下げで上げそうなので
グロース株投資をしているソフトバンクにとっては明らかに有利な市況です
雲が厚くて上値が重いとしても長い目で見れば当然上がっていくと予想しています。
(値動き的にはユニクロみたいな値動きになっていくんじゃないかなと予想)
2023〜2024年には9,000円以上に上がってるだろうと予想していますφ(.. )

日本電産(6594) 9,938円 +359円 (+3.75%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6594
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6594.T/chart
8,800〜9,200円で買いまくったので平均単価は9,100円弱とかなり安め
資金突っこみまくりの日本電産ですが、押し目があれば買い増しもありですφ(.. )
実際には押し目はなく日足で10,700〜11,000円までは上がっていきそうですね
週足で9,700〜11,000円より上に雲がるのであのへんが目先の上値になりそうです。
2023〜2024年もずっとアホールド予定なので長期保有前提だお。
2年くらい保有して15,000円以上に上げたら離隔してサヨナラしようと考えてます

AmazonもAlphabetも決算よくなかったのに上げてるから買いなんですよね
決算よくて売られた銘柄は怖すぎだから絶対に買ってはいけないけど
決算悪くて買われま銘柄は「売る材料がない」んで買えばいいだけ。
特にグロース株の大手なんて2023年以降考えたらド本命ですねとしか言えません
グロース株買うなとかハイパーグロース株は買えないとかアホでそ・・・。



ss2286234570 at 16:25|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加