yogurting ヨーグルティング

新興市場

2019年02月05日

サンバイオ2階建て被害者がトレードアイランドでも逆1位に


強烈な下げで投資家の興味を集めていたサンバイオさんがついに寄りました
始値が2440円だから引けまでにはけっこう上げたようですね(´∀`*)
サンバイオで2階建てしてる人っているのかなと思ってたけど
本当にサンバイオと思われる銘柄で2階建てして口座マイナスの人がいるようです

11月に入ってから異常なハイペースで資産が3倍以上に増えてたんで
「サンバイオ全力2階建てじゃないのか?」と噂されてた投資家さんですが
1〜2月で一気に減ってついに口座の現在資産がマイナスに突入したようです(((( ;゚д゚)))
いきなり口座がマイナスになってるのでサンバイオ全力建てでほぼ間違いないですね

しかし2月の約定代金が371,000円で約定回数が1回だけってことは
おそらくデータの更新が少し遅れててまだ1日前のデータなんじゃないでそか
おそらくあと1日したらサンバイオが寄った時のデータが反映される気がします
そしたら口座の現在資産の額がもっと減ってそうですけど(´・ω・`)

0205
















トレードアイランド
https://www.click-sec.com/trade/rank.html?n=50&c=b&d=1 



ss2286234570 at 19:02|PermalinkComments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月30日

東証マザーズ8%安、サンバイオ4592(死後、苦痛)急落が引き金

サンバイオが上場来高値 三菱モルガンが目標株価上げ
2018/12/3 11:23 日本経済新聞 電子版
医薬品開発のサンバイオが大幅に反発している。一時、前日比1190円(13.7%)高の9860円まで上昇し、上場来高値を更新した。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が30日付のリポートで、目標株価を従来の6600円から1万2500円に引き上げた。また同日の取引終了後、三菱UFJ銀行と20億円を上限としたコミットメントライン(融資枠)契約を結んだと発表した。資金調達面で安定性が高まると判断されたことも好感され、買いが集中している。

東証マザーズ8%安、「サンバイオ」急落が引き金
2019/1/30 11:39 日経電子版
30日の東京株式市場で新興市場の株価が全面安になった。きっかけは東証マザーズ市場で時価総額が最大の創薬ベンチャー、サンバイオの変調だ。最有力のバイオ株とされてきたが、前日に公表した治験結果が失望を招いた。個人の投資心理が悪化し、メルカリなど新興市場の主力株が全面安になった。この日の東証マザーズ指数は前日比約8%下げた。
日本取引所グループは30日午前、東証マザーズ指数先物の売買を一時中断する措置(サーキットブレーカー)を発動した。先物が一定の水準まで急落したためで、停止したのは10時34分から10分間。その後、制限値幅の下限を拡大して取引を再開した。30日のサンバイオ株は前日終値を3000円(26%)下回る8710円と、ストップ安水準(制限値幅の下限)で比例配分された。目標株価を7800円としてきたみずほ証券の野村広之進シニアアナリストは「単純に日米の慢性期脳梗塞に関連する収入、支出を除いた場合の目標株価は1500円前後と試算される」と分析する。
サンバイオの失望売りは、その他のバイオ銘柄に広がった。同じくマザーズに上場するそーせいグループナノキャリアが一時10%安となったほか、アンジェスが一時15%安となった。東証1部に上場する新薬開発支援の新日本科学も一時7%安だった。
東証マザーズ市場の時価総額上位の銘柄も全面安となっている。メルカリが一時5%安となったほか、ミクシィも一時6%安となった。新興市場全体に売りが波及することを警戒し、保有株を手放す個人が増えた。

サンバイオ株急落 資金の「逆回転」で売り波及
2019/1/30 19:25 日本経済新聞 電子版 
30日、たった1つの銘柄が東京市場全体を揺らした。東証マザーズ市場で時価総額が最大の創薬ベンチャー、サンバイオの変調だ。朝方から売りが殺到し、制限値幅の下限(ストップ安)の前日比26%安となった。世界景気や為替動向といった不安から距離を置きたい投資家の資金が集まっていただけに、いったん資金の逆回転が始まると下げはきつくなる。強気に傾きかけていた投資家は思わぬ冷や水を浴びせられた。
今年に入り、バイオ株にはバブルともいっていいほど個人マネーが流入しており、打撃は大きい。この日はマザーズに上場するバイオ銘柄のそーせいグループアンジェスがそろって11%安。時価総額の大きい新興株も売られ、ミクシィは5%安、メルカリは6%安だった。松井証券の和里田聡常務は資金の「逆回転が起きている」とみる。
主役銘柄の変調は新興株の指数先物取引にも及んだ。東証マザーズ指数は8%安とほぼ1年ぶりの下げとなり、マザーズ指数先物も急落。日本取引所グループは30日、同先物の売買を一時中断する措置(サーキットブレーカー)を29日夕に続いて発動した。
※メールアドレスを登録すると全文読めるらしいです
0130















サンバイオがお決まりの治験結果というステキな悪材料で大暴落したようです
正直なところこんなもん見ても「そりゃそうだろ」としか思えないし
むしろバイオ銘柄なんてこんなもんいつもの恒例行事だし驚く気もおきません
2年ちょっと前にもあのアキュセラで同じような流れで暴落おきましたもんね(´・ω・`)

なつさんはよくここで同じようなことを繰り返し書いてますが
バイオ銘柄なんてのはタカラバイオを除くとほとんど紙屑みたいなもんですΣ(・ω・ノ)ノ
その紙屑が値上がりしたり値下がりしたりしてるだけで株じゃないと思うんですね
信用でバイオ株を大量に購入したり、2階建てしてる人たちは
まず自分が何をやってるのかよくよく考えた方がいいと思いますにょ(σ´∀`)σ

その中でも特に治験系のバイオ銘柄はハイリスクで何が起きるかわからない銘柄です
治験結果が失敗しましたという悪材料のIR一発で1週間ストップ安が連続するわけで
それでも大丈夫だと言えるくらいの資金をまず手当てしてから買うべきでしょうφ(.. )
この手の治験系バイオ銘柄は寄り付くこともなく、まったく逃げ場もないような
タイミングでストップ安が続くからうまく逃げるってことがまずできないんですねΣ(゚д゚;)
現物で買うならともかく、信用で買いまくるとか正直それはただの自殺行為でそ

連結で従業員がたった32人しかいない、しかも業績は万年赤字のすごい会社です。
こんなクズみたいな銘柄を信用で買うってのはちょっとまともではないと思います

      時価総額  年間売上  従業員数
参天製薬  6100億円  2280億円  3980人 
サンバイオ 5800億円   4億円   32人 
久光製薬  5200億円  1480億円  2800人
ロート製薬 3200億円  1830億円  6400人

サンバイオ(4592) 8710円 −3,000円 (−25.6%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4592
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4592.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
サンバイオの信用取り組みを見ると買い残が344万株もあるようです。
これらはまったく逃げれることなくそのまま残ってるので売り圧力そのものでそ(((( ;゚д゚)))
この買い残は絶対に売られるので高いところですぐに寄るとは非常に考えにくい
アキュセラにようにストップ安連続で地獄の底まで下げる展開になると思いますけどね。
そりゃ株主さんは可哀想だけどバイオ銘柄なんてのは本来そんなもんです(((( ;゚д゚)))

2017年08月11日
アキュセラ(4589)の最大の被害者は松井証券、4.4億円の損失

2016年05月31日
アキュセラ(4589)さん 7,700円からついに5日連続ストップ安で1,990円に

2016年05月30日
アキュセラ4589(死後、焼くな) インサイダー疑惑擦り付けあい競争へ

2014年02月14日
アキュセラ(4589)とかいうSBIの残飯銘柄


ss2286234570 at 20:19|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年09月25日

ついに、新興バブル再来か?

マザーズ指数 1044 +8.25 (+0.79%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0012

2018年1月下旬からここまで8か月近く下げまくってた新興新興市場ですが
ようやくここにきて底打ちを終えて上げに転換してきたようですφ(.. )
むろん小型株は少し前から動意付いて動き始めてはいたんだけど
マザーズ指数がはっきりと雲を上抜いて上昇に転換したのはまさに本日でした
ここからマザーズ指数は1100あたりまでは目先で上げそうな雰囲気だおね。
だいたい新興市場は9月上旬10月末に底打ちして年明けまで上げる傾向があるんで
今回も比較的そういった動きになるんじゃないかなって考えています

タカラバイオ(4974) 3090円 +119円 (+4.0%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4974
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4974.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
厳密にはかなり前からずっと上がってきている銘柄で
実際には新興株じゃないけど新興株の先駆けになるバイオ株の筆頭銘柄ですね
基本的にはバイオ株はほんの短期しか手を出さないなつさんですが
タカラバイオだけは中期で持ってても許されるまともなバイオ銘柄と認めています
足元ではやや飛ばし過ぎっぽい値上がりですが、まあ良い上昇基調ですお

DNAチップ研究所(2397) 913円 −3円 (−0.33%)
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2397.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
バイオ銘柄は筋が悪いんであんまりさわりたくない気分が強いんですが
バイオ銘柄の中ではややチャートがまともに見えるのがDNAチップでしょうか
日足チャートでは短期的に底打ちを示唆した値動きになっていますね
雲も上に突き抜けてるので、個人投資家の資金がここから入ってきさえすれば
1100〜1200円あたりも狙えるんじゃないかなって感じのチャートですお

オロ(3983) 6,850円 +460円 (+7.2%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3983
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3983.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
厳密に東証1部銘柄だから新興株じゃないんだけど値動きのいい小型銘柄です
9月に入ってけっこう高いとこでジャンピングキャッチして買ったんだけど
予想してたより値動きが早かったんで先週末に売り終わってたんだけど
結果的にいえば早売りになってしまっていて、さらに高値を更新していました

ミクシィ(2121) 2,799円 +1円 (+0.04%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2121
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2121.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
業績悪化悪材料(チケットキャンプ)の山でずっと下げ続けたミクシィですが
ここにきて日足チャートで上の雲を突き抜けていきそうな値動きになってきてるおね
ゲーム銘柄の中ではチャートが良好な部類。ただし決算前にはさっさと売っておくべき
目先では3,000円を目指しそうで、3,300〜3,500円の目も無くはないかなってくらい。
11月1週目に四半期決算の開示があるみたいなんでそこまでの勝負でそうφ(.. )

ボルテージ(3639) 814円 +23円 (+2.91%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3639
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3639.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
少し上げが早かったけど、こちらも先週金曜日に日足チャートで雲を上に抜いて
そのままの勢いで連続上げをしているという値動きになりました
いまのゲーム株にはこういう感じの日足チャートの銘柄が多いようです(●´ω`●)
短期的に資金が入って急騰しやすい地合いになってるってことでそね。
目標は850〜900円ってところでそうかφ(.. )

アカツキ(3932) 3960円 +155円 (+4.0%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3932
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3932.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
ソーシャルゲーム銘柄の中でもチャートは屈指の良さをほこりますφ(.. )
日足チャートで上の雲をきっちり抜いて、しかもゴールデンクロスもこなす
チャート分析好きならさすがに手を出さないってのはないだろうって銘柄でそ
夢は大きく目標価格は5500〜6000円くらいを希望したいですね。
ただし四半期決算前にはさっさと売っておくことが前提の判断ですけど


ss2286234570 at 16:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年07月04日

株式市況  新興市場は要注意

マザーズ指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0012
かなり強烈にママン指数が悪化してきたので新興銘柄は注意が必要でそう
JASDAQ指数はもう少し粘ってるけどマザーズはけっこう厳しい感触だお。
最近は時価総額の大きな銘柄じゃなく、時価総額10〜20億円で
株価100円以下のレカムみたいな資金が入ってるってのは経験上よいくないお(´・ω・`)

マザーズの時価総額が大きい銘柄20〜30ほどピックアップして調べると
どれもズルズル下げてるのが多いし、チャートが悪い銘柄がすごく多いお(´;ω;`)
へんな暴落に巻き込まれても気分が悪いだけなので
ママン指数が1050〜1000あたりに調整するまでは休憩タイムでそ

明日は多少リバりそうだけどその先はどうだろう
今週あたりが分岐点になる可能性が高いので意欲的に手を出す地合いではないでそ。
もし新興市場がここから大きく下がっていくようなら3〜4週間は様子見して
7月末から8月のお盆前に仕込んどけばちょうどいい感じじゃないでそか

0705












弁護士.com(6027) 1589円 −93円 (+6.22%)
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6027.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
かなり前から注目はしてたけどまさかこの銘柄がこんなに上げるとはΣ(・ω・ノ)ノ
材料を頻繁に出してるので、それが株価を刺激しているようです
マザーズ指数が急落下してるのにこの銘柄だけが気を吐いていた様子
この銘柄の良い所はライバルや競業が居ないので株価のマイナス材料が少ないこと。


ss2286234570 at 16:41|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月28日

マザーズ大天井なるか? 〜株式市況〜

マザーズ指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0012
ママン指数といえば定期的に噴いては暴落をくり返すの賭博市場Σ(・ω・ノ)ノ
これをいかに乗り切るかで投資家の成功と失敗が分かれるといわれています
ママン市場は時価総額の大きいバイオ銘柄の組み入れ比率が高いので
バイオ銘柄が噴くとやたら指数が跳ね上がるという稀有な特徴があるんだおね
そしてバイオ銘柄が噴き終わったらお祭りが終了するという癖があります(´・ω・`)
今回も必ずそうなるとはいわないけど要注意要警戒でそう
後出しとかいわれるとムカつくので先週の予想を下に貼っとくにょ(σ´∀`)σ

一般的に新興市場が下げに転じると4週間くらいは弱いままです
ここでいきなり押し目と思って突っ込むのはかなりリスキーでしょう(´・ω・`)
まあ半日〜1日限定のリバウンド狙いなら美味しい場面もあるだろうけど
長期的に見て買いたいなら7月下旬でいいんじゃないでそか

0627












弁護士.com(6027) 1341円 −76円 (−5.36%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6027
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6027.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
ちなみにPER100倍の銘柄とは弁護士.comのことをさして書きました
この会社のいいところは着実に毎年最高益を更新してしっかり伸びているところ。
そしてなにより、特殊なセクターなので競業がないという環境です
そうはいっても毎年2倍に成長してる訳でもないので株価はやりすぎだおね
最終利益3億円しかない会社の時価総額が300億円超えるとかキチガイ沙汰でそね。
長い目で見ればもっともっと伸びると思うけど短期的にはもろに天井だお

フルスピード(2159) 1,029円 −14円 (−1.34%)
フルスピードの値動きにはものすごくクセがあるのですごく売買しやすです
株価は4半期決算が出るとものすごい勢いで叩き売られて1ヶ月程度急落します
そして次回の4半期決算の直前まではジワジワと上っていくのをくり返しますφ(.. )
そして何らかの材料が出て急騰したときはいつもそこが売り場になって長続きしません。
逆にいえば4半期決算や材料で急騰したらサクッと売っとけばよいってこと
前年度の第4四半期は赤字だったので期待ハズレな決算でしたが
今年度の通期決算予測はおそろしく強気の内容になってるおね(*´∀`*)ムフー
営業利益が1.8倍で、経常利益は2.1倍というやたら強気
7月にママン指数が暴落したら930円以下あたりで購入しておいて
第1四半期決算の手前ぐらい(9月10日あたり?)に売りぬける予定ですお

フリービット(3843) 885円 −21円 (−2.32%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3843
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3843.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
前年度の第4四半期決算は赤字転落だったので目先の株価は弱そうだお
一方で今年度の業績予測はかなり強気なので予測どおりなら期待はあるおね。
フルスピードのような明確なパターンを掴んでないのでやや手掛け難だけど
7月末くらいにガッツリ下げてたら検討しても悪くないかなと考えていまつ

フリークアウト(6094) 4,330円 −150円 (−3.35%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6094
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6094.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
業績は四半期ベースでもしっかり伸びている点は評価が高いでそう
ただし今期の最終利益の予測額はたった9億円しかないのに
時価総額は既に570億円近くあってPERも60倍超えててかなり割高感も強い(´・ω・`)
成長期待はまだしっかりありそうなので、下げまくったら買いはありと思うお

テクノスマート(6246) 1,214円 −91円 (−6.97%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6246
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6246.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
業績の伸びがよくて株かも上がってる割には割高感もなく時価総額も小さい
ただし、株価は1270円あたりの支持線を豪快に叩き割ったばかりなので厳しい
しばらく調整して1000〜1100円あたりをウロウロする気がするけれど
3〜4週間後に下がってるところで買うのならありかなと思ってるにょ(σ´∀`)σ


467 名前:(・v・`*) なつ☆ていおう ◆XQlWYH2aFFRS [] 投稿日:2017/06/23(金) 00:43:34.12 ID:ttt0+PxT0 [7/19]
マザーズ指数かなり狂ってるなw

518 名前:(・v・`*) なつ☆ていおう ◆XQlWYH2aFFRS [] 投稿日:2017/06/23(金) 01:05:49.02 ID:ttt0+PxT0 [12/19]
∧_∧
(´*・v・)  まあママン指数も目先はまだ上げそうだけど7月は怖いね、すごく怖い

522 名前:(・v・`*) なつ☆ていおう ◆XQlWYH2aFFRS [] 投稿日:2017/06/23(金) 01:07:35.39 ID:ttt0+PxT0 [13/19]
∧_∧
(´*・v・)  なつさんが推奨してた弁護士.comもPER100倍くらいに上ってるわ

549 名前:(・v・`*) なつ☆ていおう ◆XQlWYH2aFFRS [] 投稿日:2017/06/23(金) 01:57:40.50 ID:ttt0+PxT0 [19/19]
目先はもう少し加速しそうだけど、その先の新興はちょっと注意だね


ss2286234570 at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年06月16日

6/16 株式市況

マザーズ指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0012
あいかわらずマザーズ指数がぶっ飛んで新興市場が盛り上がりを見せています
昨年2016年の高値にどんどん近づいて切れるようだおね
マザーズ市場には大型のバイオ銘柄がやたら多いのでマザーズ指数の組み入れ比率でも
組み入れ上位銘柄にバイオ銘柄がやたらたくさん入っていうのは周知の事実です
結果的にバイオ銘柄が強いとマザーズ指数がよく上り、弱いと指数もよく下がる
というかなり歪で片寄った指数であることは否定できません(´・ω・`)

ドル円
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
アメリカの利上げが確認されたことでドルが買い戻され円が売られる展開。
イギリスの国政選挙は6月の為替市況にほとんど影響を与えませんでしたが
アメリカの利上げは確実にドル買いという大きな方向転換を産み出したようですねφ(.. )
日足チャートでは110円97銭111円52銭あたりに上値抵抗線があるようです
現在のところ1番目の抵抗線を抜いて2番目の抵抗線に挑戦してるところなので
このラインを突破するとスルスルっと113円〜114円に突っ込んでゆく可能性が高いでそ

アンジェスMG(4563) 772円 +10円 (+1.31%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4563
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4563.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
アンジェスそのものに興味はないけどママン指数に影響してるのは事実でそ
これまた「10月に遺伝子治療薬の承認申請」といういかにもという
バイオ銘柄あるある材料で一気に噴き上げたことで人気化しているようですΣ(・ω・ノ)ノ
これが他のバイオ株にも飛び火してバイオ関連銘柄に資金が入ってお祭り化しました
サンバイオなんかも上ってるけど6/14に開示された4半期決算を読むと
とんでもないクソ決算だったのでもう決算関係なく上ってるってことでそ
アンジェスなんて定期的によく噴く銘柄ですが上場時は4,000〜5,000円の株価でした
それが100〜200円まで下がってんだから、つまり95〜98%近く下がってことです
夢セクターとか書かれてるけどよくよく考えると恐ろしいセクターだおね(((( ;゚д゚)))

フルスピード(2159) 1,006円 −16円 (−1.66%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2159
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2159.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
フルスピードの値動きにはものすごくクセがあるのですごく売買しやすいにょ(σ´∀`)σ
過去2年間で9回売買して9回勝ってるという非常に縁起のよい銘柄だお
株価は4半期決算が出るとものすごい勢いで叩き売られて1ヶ月程度急落します
そして次回の4半期決算の直前まではジワジワと上っていくのをくり返しますφ(.. )
そして何らかの材料が出て急騰したときはいつもそこが売り場になって長続きしません
逆にいえば4半期決算や材料で急騰したらサクッと売っとけばよいってことだお
ただし今回の4半期決算は赤字だったので目先で少し下げやすいかもしれない(´・ω・`)
2018年4月の通期決算予測はものすごく強気決算で出してきてるから
この先ガッツリ下がったところで購入してまた決算前に売るパターンかな

イトクロ(6049) 5,100円 +330円 (+6.92%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6049
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6049.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
イトクロは決算がいつもいいので監視してる銘柄なんだけど
6/9の引け後に発表された決算でここまであげるというのはとても驚きでした(((( ;゚д゚)))
決算出てしばらくはまったくの無反応だったので完全に油断してました(´;ω;`)
過去にも決算良くてあがるパターンは何度も見たことあるけど
今回は今までとまったく違うパターンだったんで見逃してしまいました
けっこう割高感のある銘柄なんだけど業績の伸びがいいから買われてるってことでそ

アエリア(3758) 6,440円 +500円 (+8.52%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3758
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3758.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
アエリアって出来高と流動性があるから監視銘柄に入っててよく売買するのだけど
1500〜1600円で買って1750〜1850円で売ってた銘柄がまさかここまで上るとは(´・ω・`)
当初買ってた株価からすでに4倍にもなってるんで正直なところ驚きですΣ(・ω・ノ)ノ
アエリアのいいところは値動きにものすごくパターンがあって売買しやすいところ
支持線あたりまで下げて、そこから1度目の強い陽線を引いたところで買いにはいって
買値から+20%くらい上る前の株価から25〜30%上ったら
あまり悩まずサクッと売ればいいだけというシンプルなパターン
値動きに騙しもないし、へんなクセもないのでものすごく売買しやすいんだおね
今と昔で少し調整してるのは、前は+20%ですぐに売却してたけど
最近はもう少し長めにもって+25%くらいで売却してる感じだにょ(σ´∀`)σ

アカツキ(3932) 8,290円 +310円 (+3.88)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3932
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3932.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
ぼくちんがアカツキを監視して売買しはじめたのが1月末〜2月中旬あたりなので
当時の株価から比較するとちょうどまだ2倍強に上ったってところφ(.. )
上昇率でいえばアエリアより弱いけどチャートはこっちの方が堅実で動きも素直
売買のパターンはぶっちゃけアエリアと同じで、支持線付近まで下げてから
1度目の強い陽線を引いたらその日の引けか遅くとも翌朝に買えばいいだけだにょ(σ´∀`)σ
買値から+20%くらい上る前の株価から25〜30%くらい上ったら
あまり悩まずさっさと売ってあとは監視に戻るだけだおね
深追いもしないし、高値で買いなおすことも絶対にしません(`・ω・´) シャキーン
今回はちょっと早く売りすぎたな〜って残念な気持ちがないわけじゃないけど
次のチャンスがくるまではただひたすら株価とチャートを監視するだけだお




ss2286234570 at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年05月02日

5/2 株式市況

【市況】マザーズ指数は反発、ゲーム株や直近IPOなどに物色も/マザーズ市況
本日のマザーズ市場は堅調。小幅に売り先行でスタートしたものの、日経平均やJASDAQ平均が寄り付き後に上げ幅を広げる中で、マザーズ指数も荒い値動きながら上げ幅を広げる展開になった。なお、マザーズ指数は反発。売買代金は概算で952.91億円。騰落数は、値上がり116銘柄、値下がり111銘柄、変わらず10銘柄となった。
個別では、UMN<4585>がストップ高。UMN-0501の希少疾病用医薬品等試験研究助成金を助成金収入として営業外収益に計上したことで17年12月期の第1四半期の経常利益が2.06億円で着地したことがはやされた。また、サイバーステップ<3810>、ドリコム<3793>やAiming<3911>などゲーム株の一角にも物色が向かった。その他、みんなのウェディング<3685>は、穐田氏と菊川怜さんの結婚を受けて関心が向かい、売買代金トップのアカツキ<3932>は後場一段高、ファイズ<9325>やオロ<3983>などの値動きの軽い直近IPO銘柄にも短期資金が向かったようだ。

マザーズ指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0012
以前よりは安定してきたけど個別銘柄で見ると結構弱い(´;ω;`)ブワッ
理由は不明。割高銘柄が多いせいか。IPOが最近多かったからか。もしくはその全てか
明らかに東証一部の小型株やJASDAQ市場の方が勢いがあって資金が入ってる
東証2部は仕手くさい変な銘柄に資金が片よって入ってて以前ほどの勢いはなし。

ドル円
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
ドル円は日足チャートだと112円のとこに上値抵抗線あるけどあっさり抜けてきた
ドルが買われてるってより、今までリスク回避のために無闇に売られてたのが
試合解消で自然に浮遊してきたような感じ。プールに沈めた風船が浮き上がるように
週足チャートだとかなりいい形になってさらに上げそうな気配。
月足チャートだと113円50銭前後に上値抵抗線があるにょ(σ´∀`)σ

アエリア(3758)5,590円 −100円 (−1.76%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3758
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3758.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
新興市場で元気な株といえばこれでそう
ゲームアプリが一発当たって株価がいきなり上がってるアエリアさん
なつさんが売買してた1400円〜1900円あたりからすでに3〜4倍の値上がり
売却したあとで材料が出たから仕方がないけどすごく残念。
でも当時は今みたいな人気銘柄でもなかったしかなり不安定な株でした(´;ω;`)
値動きが空中戦なんで個人的には触りにくい印象だお
ほんと短期の鞘抜きならいいけど相場には張り付く必要があるので厳しい
4月上旬に4000円のとき買う稼動するか散々迷って、見送った結果大失敗でした

アカツキ(3932)6,290円 −130円 (−2.02%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3932
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3932.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
業績的には期待値低いけど、材料で目いっぱい買われてる銘柄だおね(*´∀`*)ムフー
こちらも空中戦だらけで、チャートにそって動く傾向がないので苦手。
チャートに節目もあんまり機能してないわりに不思議なところで激しく動く
チャートと株価は毎日監視してるけど、超苦手な値動きの銘柄だお(´・ω・`)

ウイルプラス(3538) 2,055円 +90円 (+4.58)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3538
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3538.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
こちらもチャートはあまり機能してないけど判断はしやすい銘柄だお
業績は右肩上がりに伸びてるんで下がると割安感が強くなってすぐ反発します。
決算が近くなるとまた期待先行で買い上げられやすい銘柄でそうφ(.. )
チャートは機能してないけど値動きにかなりがあって読みやすい

パピレス(3641) 3,190円 +200円 (6.69%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3641
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3641.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
チャートでもちょうど好転のシグナルが出ててしかも決算期待でよく上る銘柄(´∀`*)
最近は四半期決算がやたらよくて、決算発表後もかなり強く上ります
(ただし、今回も同じ結果になるかどうかは知りません)

ACCESS(4813) 852円 +29円 (+3.52%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4813
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4813.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
かつてこの銘柄が1株1000〜1200万円してたなんて覚えてる人は少ないでそう
近年は四半期決算でいいのが出るとかなりでかく動くがある傾向のある銘柄です。
チャート的にも買いポイント。決算期待で近づくにつれて期待買いがあるかも
ただしこの銘柄は四半期決算のブレがハンパじゃないので持ち越しは微妙でそ。
四半期決算期待に乗るのはいいけど、決算持ち越すメリットは低めだおね(´・ω・`)
決算が出てからでも間にあうから数字確認してから判断すればいいだけだおね

DeNA(2432) 2,419円 +49円 (+2.07%)

https://kabutan.jp/stock/chart?code=2432
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2432.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
去年の秋までは大人気銘柄だったけど例の事件でボロクソに下げました(´;ω;`)
ただチャート的には上昇に今にも転換するかという時期なので常時監視
横浜DeNAベイスターズのスポーツ事業で激しく稼いで業績が好転する銘柄なんで
冬から春先にかけて弱く、初夏から秋にかけて強い傾向があります
1〜3月の決算は期待してないけど7月以降の決算には激しく期待したいところ

日足チャートだとまだ好転の目は見えてないけれど
週足チャートだとすでに好転の兆しが出てるんで常時監視が必須だにょ(σ´∀`)σ
2500円を上抜いてきたら買いトレンドに転換って考えたらいいくらいでそ


ss2286234570 at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月08日

3/4 株式市況

中小型「10倍銘柄」に熱 独自性魅力、外国人も触手
2017/3/7 21:30 日本経済新聞 電子版
7日の東京株式市場では投資家の中小型株熱が続いた。日経ジャスダック平均株価は小幅ながら上昇し18日続伸。2005年12月〜06年1月以来の記録となった。これまで買いの主体だった個人に加えて、海外勢も中小型株に触手を伸ばし始めている。けん引役は株式市場で「テンバガー」と呼ばれる株価を10倍にした銘柄だ。
「南米顧客から小型株運用の新規受託があった」。BNPパリバインベストメント・パートナーズのトニー・グラバー運用本部長はこう明かす。評価の決め手は「運用成績の良さ」という。中小型株指数は歴史的な高値圏にある。日経ジャスダック平均は約25年8カ月ぶり、東証小型株指数は約26年ぶりの高値を付けたばかり。10年前と比べると両指数はいずれも日経平均株価の上昇率を上回る。
投資家が中小型株への関心を強める背景にはトランプ米大統領の誕生がある。自動車など主力株はトランプ氏の政策次第で株価が急落する危うさを秘める。一方、中小型株は利益成長に対する期待がもともと高いうえ、主力株のようなトランプリスクが小さい。三井住友アセットマネジメントの木村忠央シニアファンドマネージャーは「円高など予測不可能な外部環境に左右される大型株に比べて安心して投資できる銘柄が多い」と語る。
代表例がクレジットカード決済代行のGMOペイメントゲートウェイ。公共料金の支払いなどに決済範囲を広げ、成長を続ける。MonotaROは工具・工場用品のネット販売で圧倒的なシェアを確立し、過去10年での株価上昇率は40倍を超える。スパークス・アセット・マネジメントが保有する10倍銘柄のひとつが、企業の福利厚生を代行するベネフィット・ワン。顧客企業のアウトソーシング需要を取り込み、収益力が安定していることが評価され、2004年に300円台だった株価は足元で3000円を超える。
0307













くそ長い文章だけど書いてる内容に興味があったのでちゃんと読んでみました
ま、こんな記事を見て「よし今から新興株買うかなんて気分に
なることは死んでもありえないけどちょっとフラグっぽいんで気になるおね。

この記事の中で唯一注目すべきは株価が上がった倍率じゃなくて時価総額だおね
アメリカ株の時価総額のでかいことでかいこと本当に驚き(つд⊂)ゴシゴシ
たしかアップルの時価総額が今ちょうど80兆円くらいのはずだお。一方で
アマゾンの時価総額は10年間で2兆から22倍45兆円になったってことΣ(・ω・ノ)ノ
あれだけよく知ってるあのアマゾンが、日本人なら誰でも知っているあのアマゾンが
この10年間で22倍になってるという事実はあらためて色々考えさせられました
1000万円買ってたら2億2000万円になってるってことですφ(.. )

最近ぼくちんアマゾンとGoogleとかそのへんの株でも買ってみようかなと思って
海外株の株価とかチャートを頻繫に見るようになりました
不況の極地のとこで円高のときにアマゾンでも買っておけば
円安になったときにダブルでめちゃくちゃ儲かるんじゃないのかなと思うわけです


ss2286234570 at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月05日

3/4 脱新興市場

マザーズ指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0012
マザーズ指数はまだ上値あると思うし上がるんじゃないかなって思うんだけど
監視してる個別銘柄みてるとちょっと買いにくい価格帯の銘柄が多いおね
チャートからみても株価が高くて乖離率が激しくなってるとか
割安だったから買ってた銘柄がいつの間にか妥当な株価まで上ってしまったり
個別銘柄が上りすぎたっていうより、自分の投資手法が市場に合わないんだおね。
待てっても特定の支持線まで下がってこなかったりそういうことが多いです。
ということで新興市場からはいったん資金を引き上げますたφ(.. )

0111











指数そのものはまだ上がると思ってるけど
3週間保有した場合の想定リターンが描き難くなったって感じでそか
なんていうか「期待値が下がった」って感じてるんだおね(´・ω・`)
 
ジャスダック指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0100
こっちも右肩上がりでずっと上りっぱなしだおね(*´∀`*)ムフー
マザーズよりジャスダックの方がまだ少しましな銘柄が多い印象だお
そうは言ってもこちらも買い辛い銘柄が多くなってきますたΣ(・ω・ノ)ノ
期待したリターンを予想しにくいって事は投資メリットが低いって事だから
投資するより投資しないか、別のものに投資するしかありません
今の市場の状態で商品別のボラティリティを比べてみると
新興銘柄よりレバETFや先物、FXの方がボラ高いし期待値が高いきがす 
(この辺までは上りうるだろうっていう意味での期待値のことね)
新興銘柄は上値が読みにくくなってきたんで期待値が不明低いんだお 

ss2286234570 at 04:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年02月08日

マザーズ指数が週足でついに上抜け 新興株と業績について

マザーズ指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0012
ここにきてついにマザーズ指数が週足トレンドで上に抜けました
日経はグダグダやってるようですが、新興市場は早くも春爛漫かもしれません。
業績が大きく上ぶれた銘柄や割安感の強い銘柄に資金が集まってきています
銘柄によってはかなりバブル感を醸し出してきてる地合いだにょ(σ´∀`)σ
0111











フリークアウト(6094) 3130円 −30円 (−0.94%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6094
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6094.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額411億円。しかし通期の業績予測では営業利益5億円しかないという事実
たしかに予測よりも業績が上ぶれてるのは悪いことじゃないんだけど
時価総額411億円の裏付けになれるような立派な業績とは言えません(´・ω・`)
いくら業績が伸びたといっても株主の期待値を上回ってないから上りようがない。
時価総額と対比して考えたら営業利益40億円くらい稼いでくれないとダメだおね

LINE(3938)3545円 −45円 (−1.25%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3938
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3938.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額7720億円もあるのに通期の営業利益はたった198億円しかない超割高株
時価総額の10%にあたる770億円の営業利益稼げとはいわないけど
せめてその半分の386億円くらい稼いでくれないと話にならんでそ(´・ω・`)
広告部門はそれなりに伸びてて利益出すように成長してるけど
既存のスタンプ事業などはほぼ軒並み3年連続でマイナス成長ってのがダメ
すでに成長株でもなんでもないし、むしろ衰退著しいとしか言いようがないおね。
こんな銘柄が時価総額1兆円とかちょっとあたまが狂ってるでそ(´;ω;`)

アイドママーケティング(9466) 700円 −3円 (−0.43%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9466
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9466.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額94億円で、通期業績予測では営業利益8.2億円、経常利益8億円(´∀`*)
株価がまだ570円の頃はまだ時価総額が76億円程度だったので割安だったけど
もうすでにそこから+24%近く上ってるので特別な割安感は薄れてきました
悪いというわけじゃないけど上値余地はかなり狭まってきてるってことでそ
通期決算の着地は9〜10億円くらいじゃないでそか
もし10億に近い数字に着地するなら株価の上値余地もそこそこ広がるかな
唯一というか大きな欠点は売買代金が少なくて流動性が低いところ(´・ω・`)
こんなに流動性が低いとあまり本気で売買するには向いてないってことです

ウイルプラス(3538) 2949円 +449円 (+17.96%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3538
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3538.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
この銘柄は以前にぼくちんが書いた「ヒロセ通商」とすごく似ています
通期業績予測が第一4半期、第二4半期と大きく上ぶれて株価が急騰
時価総額70億円で、通期業績予測が営業利益8億円ならまだ割安感あるおね。
業績業績が上方修正されて10億円くらいになるならまだ上値余地はありそう
時価総額80億円くらいは達成してほしいにょ(σ´∀`)σ

ウイルプラスが一時ストップ高、上期経常を51%上方修正
6日、ウイルプラスホールディングス <3538> [JQ]が17年6月期上期(7-12月)の連結経常利益を従来予想の4.1億円→6.2億円に51.1%上方修正したことが買い材料。ジープやミニクーパーを中心に車両販売が好調だったことが寄与。単価の高いボルボなどミドルクラス以上の販売が伸びたことも利益を押し上げた。株価は一時500円ストップ高まで上昇し、上場来高値を更新した。

2016年08月30日
ヒロセ通商(7185) 目標だった時価総額80億達成

2016年08月10日
8/10 株式市況


ss2286234570 at 16:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加