yogurting ヨーグルティング

振り込み詐欺

2017年05月07日

みんなのクレジット、自転車操業の驚愕実態

みんなのクレジット、自転車操業の驚愕実態 年利14.5%の利回りをうたい、資金を集めた
2017年04月01日 東洋経済
昨年12月初に監視員会が検査に入ると、驚くべき実態が明らかになったからだ。まずは担保である。契約上は不動産や中小企業株が融資の担保となっているはずなのに、実際は自社グループの未公開株が担保になっていた。
次に融資先だ。不動産や中小企業に融資しているはずなのに、実際は不動産や中小企業に融資せずに自社グループ企業に貸し付けていた。そのグループ企業はファンドから借りた金を別のファンドへの償還金に充てていた。つまりは「自転車操業の状態」(監視委員会)だったのである。
自転車操業を続けた結果、この自社グループ企業はファンドから借りた資金の返済が困難になり、債務超過に陥った。そこで一般投資家から集めたファンドへの出資金を、このグループ企業の増資に充てることで債務超過を解消したのだ。しかしなお、短期借入金の総額が流動資産を大きく上回ったままで、ファンドへの返済が滞りかねない脆弱な財務状況に変わりはない。

ソーシャルレンディング 高利回り、ネットで投資募集
融資先には延滞・焦げ付きリスクも
2017/5/2 日経スタイル
運営会社は匿名組合を通じて集めた資金を元に、投資家に示した期待利回りより高い利率(上限15〜20%)で貸し出す。借り手が約束通り利子を付けて返済すれば、運営会社は手数料分を引いて投資家に配当を含めた元本を戻す。投資単位は一般に1万〜数万円で期間は1〜2年前後が多い。
利用にはいくつか注意点がある。融資先は基本的に信用力の問題で銀行から融資を受けられない企業なので、貸し倒れリスクは比較的高い。ある運営会社の代表は「焦げ付き、延滞は発生しうる」と明言する。
0506














クラウドファンディングが全部詐欺だとは思ってないけど怪しいのが大多数なのは事実
よっぽどのことがない限りは手を出さないことをおすすめしますにょ(σ´∀`)σ
仮に手を出しても初期のキャンペーン期間中だけ齧りとってすぐ逃げることです

クラウドファンディングの一番怖いとこは明確な出資先が伏せられてること
ここを伏せて匿名投資家に出資してるってことはリスクを全く把握できないからです。
この手の金融業者は「監視されてない限り必ず悪事に走る」と考えるべき(`・ω・´) シャキーン
まともなまともな親会社なり、ベンチャーキャピタルなり、まともな監査法人なり
なんらかの外部チェックが定期的に入ってないとこはすべてアウトと判断するべき

特に今回の『みんなのクレジット』の中心人物なんて超ブラック人物でそ
かつて上場してた詐欺会社のシーマ経営者白石なんて信用度0だおね
むしろ0っていうか−1000くらいの信用度しかありません(´・ω・`)
こんな人物信じて出資するのって被害者って言うよりただのアホだと思うお
この件に関していえば被害者って言うよりアホが詐欺に引っかかったというべき。


2017年03月23日
わずか8ヶ月で10倍界王拳を達成したみんなのクレジットがスゴイ

2017年03月24日
そして、その3ヵ月後に行政処分で完全終了の「みんなのクレジット」


ss2286234570 at 05:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年03月24日

そして、その3ヵ月後に行政処分で完全終了の「みんなのクレジット」

説明と異なる融資先に資金を貸し出しか 行政処分勧告へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170324/k10010922321000.html
3月24日 5時00分 NHKニュース
お金を借りたい中小企業と貸したい個人投資家をインターネット上で仲介する新たな金融サービスを行っている東京の会社が、 投資家から集めた資金の多くを事前の説明とは異なる融資先に貸し出すなどしていたとして、 証券取引等監視委員会は行政処分を行うよう金融庁に勧告する方針です。 勧告の対象となるのは、ソーシャルレンディングと呼ばれる金融サービスを行っている東京・渋谷区の「みんなのクレジット」です。 ソーシャルレンディングは、金融機関から融資を受けにくい中小企業などとお金を貸したい個人投資家を インターネット上で結びつけるもので、ここ数年、仲介会社が増加し、市場も拡大しています。 ところが関係者によりますと、みんなのクレジットはこの1年で集めた40億円を超える資金の多くを融資先と説明していた業種ではなく、 自社のグループ企業に貸し出していたということです。証券取引等監視委員会はこうした行為が 金融商品取引法に違反するとして、近く行政処分を行うよう金融庁に勧告する方針です。
0325


  ※動画あり






債務超過の親会社に融資 「みんなのクレジット」に処分勧告 証券監視委
017.3.24 23:40 産経ニュース
証券取引等監視委員会は24日、インターネットで不特定多数の人から小口資金を集めて投資する「貸し付け型クラウドファンディング(CF)」の大手仲介業者「みんなのクレジット」(東京)に対し、行政処分を出すよう金融庁に勧告した。出資者に貸付先を偽って説明し、債務超過状態の親会社のほか、グループ企業に融資していた。監視委によると、出資金を運用せず別の投資案件の償還や利払いに回してもいた。親会社への融資の一部では担保を設定していなかったという。

証取監視委、みんなのクレジットの行政処分を勧告
2017/3/24 16:21 日本経済新聞 電子版
監視委によると、同社は組成したファンドの償還資金や貸付先の親会社の債務超過状態を解消するための増資資金などにも出資金を充てており、投資家保護の観点でも問題が認められたという。また、親会社の貸借対照表上では短期借入金が流動資産を大きく上回っている状況だといい、今後ファンドからの貸付金の返済が滞る可能性が高いと指摘している。

ソーシャルレンディング事業者の代表が集めた資金を自身の口座に送金指示と指摘
同社は集めたお金のほとんどをグループ会社に貸し付ける予定だったにもかかわらず、複数の不動産事業会社等に対し貸付けを予定しているかのような表示をし、貸倒れリスクが分散されているかのような誤解を与える表示をしていた。
また代表の白石伸生氏が、ファンド出資金について、親会社の社員に指示を出し、自身の預金口座及び自身の債権者に送金させている状況が認められたという。

絶対やると思ってたら案の定、みんなのクレジットが行政処分を受けました
処分の内容よりも恐ろしいのはその資金の用途と自転車操業の実体だおねΣ(゚д゚;)
クラウドファンディングのために投資してる気持ちで投資したお金が
いつのまにかファンドの償還資金に利用されて振り込まれてたり
親会社の債務超過を解消するために増資目的の出資に利用されてたりとムチャクチャ
なんていうかこれってクラウドファンディングとかまったく関係ない話で
純粋な詐欺であり、もうどうしようもないくらいに酷い詐欺事件だにょ(σ´∀`)σ

個人的な経験からいうと海外バイナリーオプションとみんなのクレジットは詐欺だお
なぜならどこかの業者や広告代理店を通じてぼくちんのブログ窓口に連絡が入って
「広告を載せてくれたら1件成約(口座開設と入金10万円)達成で5万円の報酬」
とか多いときには8〜10万円もの報酬金額を提示してくるからです
当然そんな詐欺に関わりたくないのですべて無視して返信も返答もしません
でも明らかにおかしいのはいうまでもありません(((( ;゚д゚)))

クラウドファンディングがすべておかしいとは言わないけど
出資先やその詳細は伏せられて情報がないことが多いのが怖いところ
ただしまともなクラウドファンディングと危ないクラウドファンディングは
かなり簡単に見分けることができるのでそこは紹介しておきます
基本的にクラウドファンディング会社は明確なルールや審査がゆるいし
金融庁などの外部からの監視や効きにくいので詐欺がおきやすい業界です。
逆にいえば、例えば出資先のベンチャーキャピタルや投資会社がまともな会社なら
それなりにきちんと監視が行き届いていて詐欺ではない可能性がかなり高いでそ

一番確実な見分け方はクラウドファンディングの投資案件の消化状況だおφ(.. )

/裕い高い投資案件はすぐに売り切れて完売してしまう。
買う側からすると上記はものすごく不満だけど逆にいうとまともな証拠だおね
本当に実際に投資をしてるからこそ明確な投資金額の上限が設定されてて
上限を超えるとどんなに申し込みが多くても締め切ってしまうのは当然のこと。
株のIPOに例えるとわかりやすいでそう
何百万、何千万円申し込んでもまったく当たらないのは人気が高い証拠。
逆に誰がいつ申し込んでも好きなだけ何億円でも買えてしまうIPOは超危険

⇒回りが高い投資案件でも締め切りがない。いつでもすぐ買える。
投資する側からしたら高い利回りで何百万円も購入できるのはメリットだけど
でもよくよく考えたら締め切りも上限金額もゆるゆるなのはそもそもおかしい
クラウドファンディングってのはかなり少額の投資案件ばかりなので
何百万円でも好きなだけ購入できるって事自体がそもそもおかしいんだおね
逆にいえば、実際に投資なんてされてなくて集金だけしてるってことの裏返し

かなり以前からみんなのクレジットは馬鹿みたいにあちこちで広告を出してました
ありとあらゆる投資関連雑誌(ザイとか日経マネー)にも載ってたし
電車の中にも大量にみんなのクレジットの広告が貼られてたのを覚えてるお
一番すごかったのはポイントサイトで高額なポイントバックをばら撒いていたこと。
その他のクラウドファンディングはポイントサイトなんて載ってないのに
なぜかみんなのクレジットだけはありとあらゆるポイントサイトに載ってました

本来ならクラウドファンディングは少額の投資案件ばかりで案件も少ないから
あんまり沢山のお客を集めても「売るものがそもそも多くない」のが当然なのに
なぜかみんなのクレジットだけはいくらでも大量の投資案件が湧いてくる
っていうかなり異常なことがずっと続いていました(((( ;゚д゚)))
最終的には代表者の白石ってやつの個人口座にお金を振り込んでただけみたいなので
冷静に考えたらクラウドファンディングていうかただの振り込め詐欺だおねww
こんな簡単な詐欺に引っかかってしまった人は
おそらく安愚楽牧場にも騙されたとても残念な人だと思いますm9(^Д^)プギャー 


ss2286234570 at 04:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2017年03月23日

わずか8ヶ月で10倍界王拳を達成したみんなのクレジットがスゴイ

AIを駆使したソーシャルレンディングで、イノベーティブなサービスを目指す
http://forbesjapan.com/articles/detail/14666
2016/12/24 10:00
私が立ち上げた「みんなのクレジット」は、投資家とお金の借り手をオンライン上で結ぶ金融仲介サービスです。アメリカでは、このソーシャルレンディングの企業が、中央銀行を凌ぐ勢いで成長しているケースも少なくありません。躍進の理由は、ソーシャルならではの特性を生かし、大規模な資金を短時間で集め、運用のスピードも早いことにあります。つまり、より多くの借り手に、より多くの融資を行えるからなのです。

ソーシャルレンディングで新たな社会貢献の仕組みを構築したい
〜みんなのクレジット代表取締役・白石伸生氏インタビュー〜

http://blogos.com/article/203619/
資金が必要な中小企業と投資家をインターネット上でつなぐ「ソーシャルレンディング」が、新たな投資手法として注目を集めているという。「ソーシャルレンディング」とは、一体どのようなサービスなのだろうか。
2016年4月にソーシャルレンディングサービスの提供を開始し、後発でありながら成長を続けている株式会社みんなのクレジット代表取締役の白石伸生氏に話を聞いた。
株式やFXなどの投資手法が「ハイリスク・ハイリターン」、銀行の定期預金が「ローリスク・ローリターン」だとすれば、平均利回り7〜8%のリターンが得られる、ソーシャルレンディングは「ローリスク・ミドルリターン」と言うことができるでしょう。ちなみに、みんなのクレジットの場合、最大利回り14.5%となっています。
また、10万円と少額から投資でき、運用期間も1ヶ月から36ヶ月とニーズに合った期間を選べることが特徴です。一方、デメリットとしては、途中解約ができないこと、期日の前に償還された場合には利回りが予定より下回る可能性があること、基本的に元本保証がないといった点が挙げられます。


「AIを駆使したイノベーティブなソーシャルレンディングサービス」という題名のごとく
なにを言ってるのかさっぱりわからない意味不明な会社だにょ(σ´∀`)σ
きっとものすごい発明をしてとんでもなくすごい会社なのかもしれません

預かったお金はグループ会社に貸し付けたり、債務超過会社に出資したり
社長の白石さんの個人口座に振り込んだりステキ運用をしてるようです(*´∀`*)ムフー
日本どころか世界中でも稀に見るレベルの前衛的なビッグビジネスだおね
しかも途中解約が一切不可で元本保証もないので1円も返ってこない可能性が高いでそ
こんなに香ばしくてステキな会社はいままで見たことがないにょ(σ´∀`)σ
そもそも既に全社員が退職してしまって会社の実態があるのかさえ怪しいレベルだお
もしかしたら週明け月曜日には会社がもぬけの殻になって誰もいないかもしれません。

https://m-credit.jp/

みんなのクレジットのサイトを見た瞬間に直感でおかしいと感じるのはその金額です
本来ならクラウドファンディングなんてせいぜい数百万円くらいの投資案件なのに
なぜかみんクレは数億円のかなりの巨額な案件ばかり募集していますφ(.. )
従業員が9人しかいない会社が常時10億円の出資を募ってるってちょっとおかしすぎ
普通のクラウドファンディング会社だと1件あたりせいぜい数百万円が普通で
募集してる投資案件すべて合計しても数千万円ってとこなのに規模がまずおかしい。

常識で考えたら9人の社員で常時10億円の案件を運用なんて無理だけど
そこをごまかして騙すために「AIを駆使した」と嘘ついてるのがバレバレだお(´・ω・`)

投資案件の一覧を眺めてるとものすごい違和感を感じるのがその金額です
去年つまり2016年6〜7月頃の投資案件の金額はせいぜい2300〜3500万円なのに
年末になると5000〜9000万円にいきなり3倍界王拳に増額されてて
年明け2017年になるとさらに倍プッシュで12000〜18000万円にまで増額されて
2月をすぎるとさらに増額して2億円〜2.5億円みたいな案件がゴロゴロしていますΣ(゚д゚;)
単純にいうとたった8ヶ月程度で募集金額が10倍界王拳を達成してるってことΣ(・ω・ノ)ノ
 

まるで資金繰りに困った会社が雪だるま式に借り入れ資金を増やして
闇金かサラ金にでも借金してるんじゃないかなっておもうくらいの異常な増え方だお

詐欺といえばベタベタの詐欺だけど
こんな違和感ありまくりな詐欺を信じるってどうなんでしょうか?人間として
これサイトの内容読んで算数さえできれば詐欺って見抜けるんじゃいのかな?
被害者を笑うのはよくないんだろうけど、ちょっと注意力がなさすぎだおね(´;ω;`)
これに引っかかった人はおそらく人生で後20回は詐欺に引っかかると思うお
そのうちまた「みんなの大家さん」とかに騙されてる気がするんだおね

ss2286234570 at 05:09|PermalinkComments(1)