yogurting ヨーグルティング

悪材料

2022年04月27日

マクアケ(4479) 営業利益0百万円で閉幕さんへ

マクアケがストップ安 今期見通しを大幅引き下げ
2022年4月27日 20:17 日本経済新聞
27日の東京株式市場で、クラウドファンディング(CF)サイトを手掛けるマクアケが前日比20%安の1583円まで急落した。取引時間中は商いが成立せず、制限値幅の下限(ストップ安水準)で配分された。前日に2022年9月期の業績見通しを大幅に引き下げ、失望売りが膨らんだ。単独税引き利益の予想は前期比74%減の6500万円と、従来予想の3億5000万円から大きく引き下げた。人材採用の強化などでコストが膨らんでいるという。売上高は同1.7%増の47億円の見通し。従来予想は62億円だった。同社は新型コロナウイルス下における「巣ごもり消費」が追い風となり、購入総額が20年4〜6月期に前四半期から2倍近くに膨らむなど急成長していた。
一方で規模に合わせたオペレーション体制の構築が遅れ、足元では顧客離れも起きている。1〜3月期の購入総額は50億円と、3四半期連続で減った。健全性改善に向け出品商品の審査を強化したことも響いた。商品の掲載開始数は1〜3月期に1931件と、前四半期(2360件)から減少した。SBI証券の畑田真アナリストは26日付のリポートでユーザー数の頭打ちなどが業績悪化につながっているとして「印象は非常にネガティブ」と指摘した。

マクアケ、今期経常を一転94%減益に下方修正
https://kabutan.jp/stock/news?code=4479&b=k202204260019
2022年04月26日15時00分 Kabutan
マクアケ <4479> [東証G] が4月26日大引け後(15:00)に決算を発表。22年9月期第2四半期累計(21年10月-22年3月)の経常利益(非連結)は前年同期比93.5%減の400万円に大きく落ち込んだ。
併せて、通期の同利益を従来予想の4億6000万円→2000万円(前期は3億2600万円)に95.7%下方修正し、一転して93.9%減益見通しとなった。
キャプチャ











マクアケが業績予測を大きく引き下げたことでストップ安になりましたΣ(・ω・ノ)ノ
いきなり400円安で−20%は厳しいですね。しかも買い残がたんまり。

ただ正直なところ今回の決算は驚きでもなんでもないしごく当然の結果ですおね
あまりにもいい加減な出展が増えまくって管理不能になってきて
中華ECをバカに3〜5倍の値段で売りつけるためのサイトになってましたからね・・・
マクアケもCampFireも中華ECを仕入れてきて3〜5倍で売りつける品ぞろえばかり
もはや転売ヤー御用達のただの転売サイトでしかなかったのは事実です
ぶっちゃけ今のマクアケが存在する社会的意義ってまったくないですよね(´・ω・`)
潰れたところで悲しむのは転売ヤーだけであって、むしろ被害者が減るだけ

そもそも3ヶ月前にマクアケは審査厳しくするために人員増やすって発表してたし
これからは転売ヤーの出店を抑えるよう方針転換してたんですよねφ(.. )
これまで散々に稼がせてもらってた飯の種の転売ヤーを追い出してしまったら
売上げが激減して業績が悪化するのは誰にでも簡単に予測できてたでしょう。
さらに審査厳しくすれば、出展者の身元確認や商品チェックも厳重にすることになって審査落ちが増えて出店数そのものが減って、コストアップ売上減が同時に起きます
正直なところこの手のクラファンに明るい未来なんてなんじゃないでしょうか

そもそもクラウドファンディングのビジネスって2タイプしかなくて
困った人たちを真剣に手助けしていくのがメインで収益を目指さないタイプと
転売ヤーと連携して荒稼ぎだけが目的のタイプの会社しか存在しえないんですよね
つまりそんな会社を上昇させること自体根本的に誤ってたと思いますφ(.. )
マクアケなんて、さっさと非上場にしてしまってアングラクラファン会社として
転売ヤーの御用達サイトとして金稼ぐことだけにビジネス転換すべきじゃないのかな
上場して審査厳しいままで今の業態を続けること自体が無意味だと思います。

マクアケ(4479) 1,583円 −400円 (−20.1%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4479
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4479.T/chart
時価総額 199億円
3ヶ月前にも書いたけどあまりにも時価総額が大きすぎると思います
四半期決算で営業利益が減って赤字に転落してるのも厳しいですけど
それ以上に、審査厳しくして出展を抑えたことで売上高が減ってるのが痛いでしょう。
このまま売上高が漸減してったら取り返しがつかなくなるんじゃないでしょうか?
PER306倍の超割高で、かつ業績が右肩下がりって買う意味あるんでしょうか(´・ω・`)
貸借銘柄で新規売りできるんだったらぜひ売り銘柄候補に入れますけど
新規売りすらできない業績クソ会社なんてもはや存在価値すらないでしょう

信用残高
https://kabutan.jp/stock/kabuka?code=4479&ashi=shin
0427












2022年01月28日
品質問題に揺れるマクアケ1Q決算、営業益74%減「審査人員を強化」

2021年07月27日
マクアケさん(4479)、改め幕引きさんになる


ss2286234570 at 17:25|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年04月01日

ビットフライヤーHD、3年で4度目の社長交代

ビットフライヤーHD、3年で4度目の社長交代
2022年3月31日 5:00 日本経済新聞
暗号資産(仮想通貨)交換業を傘下に持つビットフライヤーホールディングス(HD、東京・港)の経営が混迷を極めている。30日夜に林邦良社長が一身上の都合で退任すると発表。1年おきにトップがかわり、交代はこの3年で4度目。創業者で大株主である加納裕三氏の経営復帰も同日の株主総会で否決された。次期社長には2021年3月から同社取締役の関正明氏を昇格させると発表したが、大手として業界を引っ張る力を失いつつある。
「もう辞めさせてくれませんか」。ビットフライヤーの林氏は今年に入ってからビットフライヤーの取締役メンバーにこんな相談を何度ももちかけていた。理由は創業者である加納氏との確執だ。
林氏は、加納氏とそりが合わなかった三根公博氏が21年3月にビットフライヤーHD社長を退任した際に招へいされた。シティグループ証券副社長を務めた経験があり、ゴールドマン・サックス証券時代は加納氏の元上司だった人物だ。林氏は社長就任後、「仮想通貨業界に骨を埋める覚悟だ」と語っており、当初は良好な関係だった。
ところが、まもなく林氏と加納氏の仲に亀裂が入る。原因はシステムガバナンスを巡る問題だ。21年夏、ビットフライヤーの個人口座に一時マネーロンダリング(資金洗浄)疑惑が浮上した。関係者によれば、数百億円の出金があった際に身元を把握していなかったことを金融当局などが問題視した。結果的には資金洗浄ではなかったが、加納氏は林氏をきつくとがめたという。
林氏にとっては経営の手足を縛られていたことも災いした。仮想通貨の証拠金取引が金融商品取引法上のデリバティブ取引に関する規制の対象となり、その対応に経営資源を割かれ、非代替性トークン(NFT)など新規事業への展開が同業他社に遅れた。これも40%強の大株主である加納氏との路線対立を生んだ。
ビットフライヤーHDの3月の社長交代は風物詩の感すら出てきた。20年3月の平子恵生氏、21年3月の三根氏、そして今回の林氏の退任理由はすべて一身上の都合だ。これは表向きの理由で、「喜怒哀楽をはっきり出すタイプの加納氏との折衝に疲れた」というのが本音のようだ。
仮想通貨を定義づけた17年4月の改正資金決済法の成立に尽力するなど日本の仮想通貨業界のパイオニア的存在である加納氏だが、金融庁などの意向で経営から外されてきた。加納氏はこの1年、復帰したい意向を周囲に強く語り、30日の株主総会では自らを社長とするよう諮る株主提案をおこなった。ところが、結果はまさかの否決だった。

ビットフライヤーホールディングスの社長がまた一身上の都合で辞任したようです
たった3年間で4人社長が辞めるとか、まあまともじゃない経営状態ですよね。
システムトラブルが多いし、サーバも重いしサービスも悪いの三重苦に陥ってるし
すでにユーザーに見放されつつあって業績も悪化しまくりですもんね(゚д゚)、ペッ
おまけに大株主(加納氏)への対応に疲弊した社長が社長交代しまくり(´・ω・`)
まさに会社が迷走して漂流してるまさに言葉の通りの状態です。

ここまでどストレートに「喜怒哀楽の感情をはっきりとだすタイプ」とあるので
大株主として社長や経営陣を怒鳴りつけたりする姿が目に浮かびます
たまに感情を思いっきり表に出してビジネスの場でキレまくったり
他人を怒鳴りつけたりする経営者を見ることありますけどろくな結果になりません。
最終的には他人に嫌われ、孤独になって表舞台から消えていくだけです・・・。
(何十年も上場企業で経営者やってる人って厳しいけど怒鳴ったりはしないですね)

本来大株主が優秀なら会社が漂流しないよう適切な助言とコントロールをして
経営が改善するよう、あるいは上場できるよう適切なアプローチをするもんですが
感情的になって怒鳴り散らすだけのアプローチがあったのかもしれません

ちなみにコインチェックを米国での上場にこぎつけたマネックスの松本社長は
コインチェック買収後も旧経営陣(大株主)と適切なコミュニケーションがとれ
また金融庁との折衝やシステム改善にも上手に対応できていますφ(.. )
金融庁の役人を上から目線で高圧的な対応や逆切れなんてしないタイプです
温和なタイプですし、上場企業の社外取締役によく呼ばれてますね。

上場にこぎつけたコインチェックと漂流中のbitFlyerを比較すると
はっきり言ってしまえばマネックスの松本社長と加納氏の能力の差ですよね
相手を侮辱したり高圧的な態度もせず、不必要に敵を作るようなこともせず
自分と相手との関係を上手にコントロールする能力の差が歴然としてたってこと。

ちなみにこの加納氏は社長時代から評判の良くないことで有名人だったようです。
度重なるシステム障害と不具合でさんざん金融庁から問題視されて処分された時も
自分の責任は棚に上げて金融庁に対して高圧的な態度だったりとろくでもない評判。
「俺の方が仮想通貨にくわしいんだ」と上から目線で官僚を小ばかにした対応など
そのあたりの不首尾が金融庁をキレさせて最終的に経営者から追放されました

おそらくですが当時から感情がストレートすぎて金融庁の折衝にも感情的で
bitFlyerのシステム障害を棚に上げてよくない対応があったのではと推測します
一般的にいって、処分される側のbitFlyerが切れるのは逆切れというやつですね。

加納氏のTwitterを遡って読んでみましたけど、日経の記事の中で
けっこうはっきりと「喜怒哀楽の感情をはっきりとだすタイプ」と書かれたことに
「あ、そこは否定しないんだ」と感じました(´・ω・`)
またTwitter状の書き込みの中でガバナンスやコンプライアンスを軽視する発言
度々書きこまれているのも感情のコントロールが苦手なんだなとわかります
「そんなこと書くから経営者に復帰できないんじゃないのって感じますよね。

最近アカデミー賞の場で司会をぶん殴った俳優に近い印象を感じますよね
あかの他人としてなら「よくやった」と感じる部分もありますけど
あれって平手打ちでぶん殴った後で、座席から放送禁止の罵倒語を繰り返し
生中継が中断されたという全体な流れであっての話なんですよねφ(.. )

舞台で人をぶん殴って放送禁止用語を連発したウィル・スミス氏の行動は
ただテレビを見てる側だったら腹かかえて大爆笑するだけで終わる話ですけど。
じゃあ自分が投資してる会社の経営者がウィル・スミス氏だったら絶対嫌ですよね
心の中で「今すぐに経営者辞めてしまえ腹立たしく感じるはずです(`ε´)ムカー

経営を任せるといった非常に重い判断をするときに際しては
やっぱり相手に不安を感じさせる軽率な発言や行動は慎まないといかんでそ。
そりゃ人間ですから今日のコンプライアンスの在り方に思うところはあったとしても
感情のコントロールが上手な大人な人間なら、わざわざTwitterのような公の場で
そのままストレートにコンプライアンスを軽視する書き込みするような不首尾なことは絶対しませんからね





自分もbitFlyerは最初に口座を開設した仮想通貨会社なんでよくわかりますが
伝説のクソ業者Zaif(ザイフ)を除いたらbitFlyerは日本最悪の金融機関でした
とにかくサーバーが重くて取引画面もまともに動かないというクソ中のクソ業者です。
トラブルがあまりに多すぎて金融庁と揉めまくって辞任に追い込まれた
件の大株主の加納氏が社長やってた時期なんでいい加減な会社だなという印象しかない

自分がもしbitFlyerの株主で、加納氏のTwitterの書き込みを読んだら不安しか感じません。
まして金融庁との折衝記事を読んだら「こりゃ経営者は無理だなと判断するでそ

必ずしも表面的な能力や知識量だけで経営者が選ばれているわけではありません。
たしかにミッチーは能力があって優秀ですが恨みも買ってるし信用されない人物です
個人的な能力が劣っていても発言や行動で信用される人が経営者の座に就くわけで
まさしくそれが木暮先輩でしょう。木暮先輩なら株主も安心して経営を任せれますから
まずは周囲の人間が「お前の行動は三井パイセンだぞ」と諭してあげるべきでそう。

もし三井がコンプライアンスやガバナンスを軽視する発言をTwitterに書いてたら
おそらく木暮先輩ならこの言葉をかけて行動を戒めると思いますφ(.. )
tomcat-1565229441-44-9










アカデミー賞での平手打ち 賛否にアメリカの格差が反映
高所得、高学歴ほどウィル・スミスさんに否定的
2022年3月31日 18時29分 東京新聞
米アカデミー賞授賞式で俳優ウィル・スミスさんが賞の発表者を平手打ちした騒動に米国世論が割れている。暴力は許されないとの意見は強いが、妻への侮辱に憤慨したとするスミスさんに対し低所得層ほど高い許容度を示す調査結果も出るなど、経済や教育格差も浮き彫りとなっている。
「彼は逮捕されるべきだ。舞台に上がって人の顔をたたく権利など誰にもない」。日本でも有名な俳優ジム・キャリーさんは29日、米テレビでスミスさんを批判。

ビットフライヤー、2年で3度目の社長交代 迷走する経営
2021年3月31日 16:02 日本経済新聞
暗号資産(仮想通貨)交換業を傘下に持つビットフライヤーホールディングス(HD、東京・港)の経営が迷走している。30日夜に三根公博社長が退任すると発表。トップ交代はこの2年で3度目となる。
なぜここまでトップが辞めるのか。背景にあるのが、創業者である加納氏との路線対立だ。三根氏はネット証券やコインチェック(東京・渋谷)での役員経験があり、金融庁とのパイプが太い。自主規制団体である日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の会長を務めるなど業界活動にも尽力したが、加納氏から見れば顧客獲得や新規事業の立ち上げスピードで同業他社に劣後しているように見えた。
加納氏本人は仮想通貨交換業の経営に復帰したい意向があるが、金融庁内には「そんなことも知らないのか」と高圧的に接してくる加納氏に対して感情的なアレルギーがあるとされる。そこで、加納氏はビットフライヤーHDの株式の約4割を握る大株主として、新たな社長を送り込む株主権を行使した格好になった。

2021年05月19日
ほとんど詐欺、仮想通貨業者「bitFlyer」だけには絶対近づくな!

2020年06月22日
bitFlyerが決算発表、最終赤字7.5億円と前年度比で大幅減収減益


ss2286234570 at 05:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年02月22日

楽天証券、投信に付与するポイントとクレカ積立ポイント改悪

楽天証券のクレカ積立ポイント改定、
「最初の目論見が外れた。ビジネスとしての正常化図る」
2022年02月09日 13時25分  ITmedia
ここ数年で事業が大きく拡大した楽天証券。口座数は700万を超え、国内株式の売買シェアは29%に達し、SBI証券と二強の座を確実にした。一方で、急拡大の弊害も現れてきた。
その1つが、成長のけん引役の1つとなったクレジットカードによる投信積立サービスだ。楽天市場での還元率がアップするSPUという仕組みと、投信の買い付けに1%のポイントを還元する手法が大成功。2018年10月のスタートから3年間で、月間投信積立設定額は6倍以上となり、761億円を超えた。
21年12月期の売上高にあたる営業収益は、23.9%増加して895億7500万円。一方で、営業利益は3.3%増加の155億9200万円にとどまった。その理由はポイントやカード決済費用のコストを中心とした取引関係費が大きく膨らんだことだ。前年から41.5%増加し、387億6300万円と費用の中で最大だ。
「数年でリカバリーできるだろうという採算性を見て始めたが、どんどん信託報酬の引き下げがあり、販売手数料ゼロ化もあって、最初の目論見が外れた。低報酬投資信託についての採算性は合わなくなった」

楽天証券、投信に付与するポイントを改悪 毎月付与を中止
2021年12月28日 12時29分  ITmedia
楽天証券は2022年4月から、保有する投資信託に対するポイント付与の方法を変更する。従来は、残高10万円ごとに3〜10ポイントを毎月還元していたが、4月からは残高が一定の額に達した際にポイントを付与する形に切り替える。

転機迎える楽天証券 クレカ積立の還元率を一部0.2%に引き下げ
2022年02月01日 16時15分  ITmedia
楽天証券は、これまで積み立て額の1%を還元していたクレジットカードによる投資信託積立の還元率を変更する。9月から、一部の投資信託については0.2%に引き下げる。楽天証券は4月から、保有する投資信託に付与するポイントを引き下げる予定で、相次ぐ還元の引き下げに、ネットでは「改悪」の声が飛び交っている。
これまで楽天証券は、豊富なポイント還元を武器に、投資初心者層を呼び込み、口座数を大幅に増加させてきた。クレカによる投信積立はその筆頭だ。2021年6月末時点で投信残高は2兆2398億円にのぼり、毎月の投信積立設定金額は700億円を超えていた。一方で、投信事業から得られる収益よりも、ポイント還元額のほうが大きくなっている投信もあり、実質赤字で顧客を集める状況が続いていたと見られる。
キャプチャ











これは年末からかなり騒がれてた件ですが、楽天証券がポイント付与を改悪しました
大まかに分けると、(殕する投信に対して毎月付与してた楽天ポイントを廃止。
.レカ積立の還元率を1%から0.2%に引き下げて改悪という内容です。

これまでずっと楽天証券で釣神の積み立てしてた人にとってはもちろん改悪だし
憤る気持ちもわからなくはないけど、冷静に考えたら当たり前じゃねと思います

そもそも投資信託は購入する時の販売手数料と信託報酬の2つがあるわけだけど
この販売手数料は最近はほとんど無料のノーロードがどんどん増えてきてるし
信託報酬もどこの投信もどんどん引き下げて安くなってきてますからねφ(.. )
もちろんそれ自体は投資家にとってコストが安くなるから良いことなんだけど、
楽天証券が受け取る手数料や報酬も年々下がって収益が減ってるわけだから
今までと同じように高い還元率で楽天ポイントを付与するのはもう無理でしょ

ちなみに楽天証券が還元率を改悪したことを受けてここぞとばかりに
SBI証券やマネックスが高還元率のポイント付与を謳って乗り換えを促してます
特にライバルであるSBI証券は楽天証券から投信残高と客を奪いたいから
破格の還元率を謳い文句にして派手にやってますけど、結局のところはあれも一時的なものだということだけははっきりと認識しておくべきだと思います(´・ω・`)

結局のところ、マネックスやSBI証券がやってるキャンペーンも楽天証券と同じで、
自腹を切ってマイナス覚悟してやってる一時的なキャンペーンでしかない訳ですφ(.. )
ぶっちゃけた話、時間の問題で改悪されるということだけは知っておくべきでしょう

楽天モバイルが大赤字だから楽天証券がポイント還元率を引き下げたんだ
騒いでる人いますけど、そもそも自腹で持ち出しして高還元してただけですからね
マネックスやSBI証券だってそこは同じで、あまりに高い還元率でポイント付与してたらどんどん払い出しが増えてコストが増えて業績に影響してくるのは同じことなんで
1年くらいしたらやっぱり同じようにいきなり改悪することは間違いないでしょ


ss2286234570 at 06:45|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年01月29日

ソフトバンクG、孫氏の右腕去る クラウレ副社長退任

中国、60社のIPO手続き停止 引受会社など当局が調査
2022年1月28日1:47 午後 ロイター
中国の証券取引所は少なくとも60社の新規株式公開(IPO)申請処理を停止した。当局がIPO業務に関わる企業を調査しているため。調査対象にはドイツ銀行の証券合弁会社も含まれる。
26日の証取の開示文書によると、IPO手続きが停止したのは、上海証券取引所の新興ハイテク企業向け株式市場「科創板」に上場予定のBeijing Tongmei Xtal Technology Co、Nexchip Semiconductor Corp、State Grid Intelligence Technology Coなど12社、深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」に上場予定のLongkou Union Chemical Co、Zhejiang Sling Automobile Bearing Co、Tianjin Tongrentang Group Coを含む48社。

ソフトバンクG、孫氏の右腕去る クラウレ副社長退任
事業運営に手腕、投資会社化で存在感低下
2022年1月28日 18:25 日本経済新聞
ソフトバンクグループ(SBG)は28日、マルセロ・クラウレ副社長執行役員最高執行責任者(COO)が退任したと発表した。クラウレ氏は孫正義会長兼社長の右腕として米携帯通信会社スプリント(現TモバイルUS)のトップを務め、米シェアオフィス大手ウィーワークの再建にも取り組んだ。SBGが投資会社への脱皮を進めるなか「事業家」である同氏の存在感は低下していた。
南米ボリビア出身のクラウレ氏はもともと起業家だった。1997年、米国で携帯電話販売会社ブライトスターを起業し、孫氏と出会った。孫氏はクラウレ氏の手腕にほれ込んで14年にブライトスターを買収し、クラウレ氏を米携帯通信スプリントの最高経営責任者(CEO)に抜てきした。
孫氏の信頼は厚く「自分に似たものを感じとてもかわいがっていた」(SBG関係者)という。ただし、孫氏とSBGが17年に始めたビジョン・ファンドを軸とした投資活動に集中し始めると、事業家であるクラウレ氏の存在感は徐々に薄れることになった。副社長に上り詰めたクラウレ氏は、孫氏の後任候補と目されることもあった。SBGは18年にクラウレ氏のほか、ミスラ氏、ゆうちょ銀行元副社長の佐護勝紀氏の3人を同時に副社長とした。佐護氏も21年3月に退任しており、残るのはミスラ氏だけとなる。
0130



ソフトバンクGの副社長がまた辞任する意向のようですφ(.. )
米スプリントやWeWork(ウィーワーク)を再建させた報酬として10億ドル(1,150億円)を要求して衝突して退社予定と書いてありますが、意外とそうでもないみたいですね
それ以前から中南米ファンドのスピンオフを要求していたとかが事実であるならば
単純に独立したくて退社したかっただけのようにも見えます(´・ω・`)

ただし、日電産にしてもソフトバンクGにしても将来的に不安視されているのが
「後継者を何人呼んできても毎回いつも衝突してみな辞めてしまう」ことでしょう
これまで候補者をいくら読んできてもすぐに辞めて独立してしまうし
GSから呼んできた幹部も速攻で退社してしまってたし、まったく進展がありません。
もはや後継者を選ぶ気があるのかどうかすら怪しいと感じるほどですφ(.. )

目下のところソフトバンクGにとって一番痛いのは中国国内の締め付けですね
中国国内IT企業に対して中国政府が介入してきて強烈に締め付けと規制強化してるし
そもそも上場を事前に中止させたりイチャモンつけたりといった行為が増えてます。
また、ソフトバンクGが出資してる中国企業がアメリカでも上場できなくなってきたので、しかたなく香港市場で上場させるよう大きな変更を余儀なくされています

より大きな市場で上場できていれば本当ならもっと高い値が付ついてたはずの案件も
小さな市場で上場するとなればずっと安い値段がついて利益幅が減ってしまう上に
流動性などの事情で上場後の売却もなかなか進めにくくなることもあるでしょう
結果的にソフトバンクGへの評価が非常に低くなって株価が下がってるのも事実です

日銀が日経型ETFではなくTOPIX型ETFを買うようになった影響もあいまって
今まで流動性が低くて買い上げられてた値嵩株は軒並み叩き売られていますΣ(・ω・ノ)ノ
トヨタなんかは時価総額がガンガン増えてますけどソフトバンクGやファーリテは
凄まじい勢いで売られて時価総額が減少しているのがはっきりとわかりますね

ソフトバンクグループ(9984) 4,795円 +103円 (+2.20%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart



ss2286234570 at 08:09|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年01月28日

品質問題に揺れるマクアケ1Q決算、営業益74%減「審査人員を強化」

品質問題に揺れるマクアケ1Q決算、営業益74%減 「審査人員を強化」
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2201/26/news115.html
2022年01月26日 14時14分 ITmedia
クラウドファンデイングサイト「Makuake」を運営するマクアケは1月25日に、2021年10月〜12月(22年9月期第1四半期)決算を発表した。購入数の拡大により売上高は前年同期比16.1%増の11億5200万円と伸長したが、人員採用などのコストが増加し、営業利益は74.6%減の3800万円に落ち込んだ。
Makuakeをめぐっては2022年1月20日、「中国で発売済みの製品がまるで新規開発のように宣伝されている」「中国での販売価格の何倍もの価格で転売されている商品がある」といった指摘が話題に。プロジェクト数急拡大に伴うひずみも浮かび上がっている。
これを受けてマクアケは1月21日、外部機関による品質試験を取り入れるなどの「Makuake品質規準」を策定したと発表した。
同社は今後、質の高いプロジェクト掲載をさらに進める他、人員拡張でオペレーションを改善するなどし、事業を成長させる方針だ。


マクアケ、健全なプラットフォーム運営を推進するため「Makuake品質基準」を発表
https://fabcross.jp/news/2022/20220125_makuake_qualitystandard.html
2022/01/25 09:00
マクアケは、新商品や新サービスが誕生するオンラインプラットフォームとして、「Makuake品質基準」を独自に策定し、公開した。
Makuake品質基準では、サポーターが購入するリターンに対して期待する外観や機能などの基本的な性質やあるべき品質に加え、機能性や訴求ポイントなどの付加品質も含め、広義の品質としている。プロジェクトページに記載した全ての商品情報についてはその根拠となる試験データを取得し、要求に応じてエビデンスを提出する必要がある。 そして品質がMakuake品質基準に適合しないと判断された場合、取り扱いが中止となる可能性がある。

キャプチャ










クラウドファンディングのマクアケ、
横流し中華EC商品の高値売りつけスキームが横行する無法地帯に

中華EC商品売り捌きサイトとかしたマクアケが品質基準を強化したようですφ(.. )
商品情報の欄には根拠となる試験データを取得してエビデンスも提出するようです。
もちろんそれは非常に重要なことなのですが、今度は品質管理が負担になります

新たに持ち込まれてくる新商品や新サービスを徹底して事前審査を行って
かつ、試験データや提出されたエビデンスをすべて審査・チェックすることになるので
審査システムの導入や人員を多く雇い入れなければならなくなります(´・ω・`)

まともなクラウディングサイトになることは大切ですけどコストも爆増するわけで
これから先は利益率が落ちて業績が厳しくなるって言ってるようなもんでしょう
率直にいってこれから期待して買う銘柄からは外していくべきですよね(((( ;゚д゚)))

マクアケ(4479) 2,124円 −76円 (−3.45%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4479
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4479.T/chart
時価総額 264億円
通期決算が予測通りの4.6億だったとしても、ものすごく割高な株価ですね(´・ω・`)
この程度の業績ならせいぜい時価総額100〜150億が限度なんじゃないでしょうか
しかもコストアップでこれからい利益率が下がる訳でかなり厳しいでそ。
年間の営業利益が1/3〜1/4まで減りそうな可能性もあるので手出し無用ですよね・・・。
貸借銘柄なら新規売りしたいとこなんだけど貸借じゃないから救いようがない

マクアケはウリ気配スタート、人材採用への先行投資で第1四半期営業利益は75%減
2022年01月26日09時23分 Kabutan
マクアケ<4479>はウリ気配スタート。同社は25日取引終了後、22年9月期第1四半期(10〜12月)単独営業利益は3800万円(前年同期比74.6%減)と発表した。通期計画4億6500万円(前期比41.3%増)に対する進捗率は8.2%。

マクアケ---ストップ安、22年9月期第1四半期の営業利益74.6%減、売上原価など膨らむ
2022年01月26日13時50分  Kabutan
ストップ安。22年9月期第1四半期(21年10-12月)の営業利益を前年同期比74.6%減の0.38億円と発表している。応援購入サービスでアクセスユニークユーザー数が増加する一方、事業者と消費者のマッチング確率が低下した。改善策として営業採用の強化などを実施しており、売上高の伸び(16.1%増)に対して売上原価(22.5%増)や販管費(35.4%増)が膨らんだ。


ss2286234570 at 05:18|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年01月13日

NHK、訪問営業の業者委託を来年秋で全廃→エヌリンクスさん大ピンチ!

NHK、訪問営業の業者委託を来年秋で全廃方針 受信料徴収経費削減
2022年1月12日 20時00分  朝日新聞
NHKは12日、戸別訪問をして受信料の契約をする外部スタッフを削減し、半数超を占める外部業者への委託契約は2023年9月までに全廃する方針を明らかにした。受信料徴収にかかる営業経費を減らし、23年度中の受信料値下げにつなげたい狙いがある。
22年度予算案の発表の中で明らかにした。新型コロナウイルスの影響や訪問による苦情を踏まえ、受信料の契約や徴収を訪問以外の手段に切り替えている。個人の委託契約のスタッフは残る見通しだが、業者委託の訪問スタッフについては、担当分を21年度の1439万世帯から22年度は313万世帯に減らし、23年秋で全廃する方針だ。
こうした人件費などの営業経費は22年度予算で約624億円となり、受信料収入(約6700億円)に対する割合が9・3%と初めて1割を切った。
キャプチャ












受信料代行のエヌリンクス、NHKが訪問営業の業者委託を全廃方針でいきなり窮地に
https://kabumatome.doorblog.jp/archives/65990447.html

2022年1月12日の一部報道について
NHK業務は当社の主要な業務であり、NHKからの売上高は2021年2月期に2,652百万円(当社グループ売上高全体の約66%)を計上しております。当社グループは、以前よりNHK1社に対する依存度が高い状況にあることはリスクと捉え早急に対処すべき課題であると考えており、これまでもメディア事業やアプリの開発・運営事業といったNHK業務を主とした営業代行事業以外の新規事業に取組んでまいりました。

この記事読んで一番頭おかしいと思ったのはNHKの訪問営業の費用600億円でしょ
受信料の収入が年間6,700億円で訪問営業の委託コストが600億円ってバカかと。
なんでそんなどうでもいい外注費に10%もコストかけてるのかちょっと頭おかしいですね。
ただそのおかげでエヌリンクスのような企業が潤っていたのも事実でしょうφ(.. )

さてエヌリンクスは2018年に上場したばかりの比較的新顔の企業です。
上場時は1,350円あたりでスタートして現在は250円台とあっという間に下げました
新型コロナの拡大で訪問営業が厳しくなって売り上げ落ちて業績が悪化しましたが
直近1年でようやく売り上げが回復してきたらNHKに切られるとか踏んだり蹴ったりです
2222222










圧倒的な主力事業だった営業代行事業の94%がNHKの営業代行ですがこれが消滅します
業績悪化というより企業の存在そのものが危なくなってきそうですよね(´・ω・`)
なんせ売上高の66%をNHKの営業代行が占めてるわけで救いようがありません。

1111111










さらに厳しいのが営業利益面です。これはヤバすぎですにょ(σ´∀`)σ
色々と新規事業を作ってるようですが赤字先行の部門がかなり多いようです・・・。
メディア事業だけはまあ伸びてますけど、営業代行事業が今後確実に全滅することを考えると、2023年9月以降の決算は一体どうなってしまうのかって感じですよね
営業員をほぼ全員首切って人員を60〜70%解雇するしかなさそうな印象を受けます。
そこまでやったとしても復活の道はかなり厳しいとい言わざるを得ないでしょう

エヌリンクス(6578) 256円 −45円 (−14.95%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6578
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6578.T/chart
てっきり3日連続ストップ安かと思ったら即約定してたの不思議でしたよね
100円台まで一気に急落すると思ってたんで逃げ場があったことは助かりましたね。
https://kabutan.jp/stock/finance?code=6578
決算見ると営業代行事業のコスト(人件費)が高止まりしてるんで、売上高が落ちると自動的に赤字に転落するというかなり大きな欠点が露わになっていますね(´・ω・`)
首切りまくって新規事業で一発当てない限りかなり厳しい事態になりそうです


ss2286234570 at 20:57|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年12月30日

割高赤字系バイオのリボミック(4591) 年末半額セール始まる

リボミックがS安ウリ気配
滲出型加齢黄斑変性に対するRBM−007フェーズ2試験の暫定報告を嫌気
2021年12月29日10時35分 Kabutan
リボミック<4591>がストップ安の511円水準でウリ気配となっている。28日の取引終了後、米国で進めているRBM−007の滲出型加齢黄斑変性に対する第2相臨床試験についてトップラインデータの暫定報告を実施。主要評価項目の解析の結果、RBM−007単独治療群とアイリーアとの併用治療群において、アイリーア単独治療群を上回る視力の改善効果が認められなかったとしたことが嫌気されている。なお、同件による22年3月期業績への影響はないとしている。

リボミック---ストップ安売り気配
RBM-007の第2相臨床試験で治療歴ある患者の視力改善効果認められず
2021年12月29日1:22 午後  ロイター
ストップ安売り気配。滲出型加齢黄斑変性の治療薬候補RBM-007の第2相臨床試験のトップラインデータで、治療歴のある患者を対象とする既存薬アイリーアとの併用治療群でアイリーア単独治療群を上回る視力の改善効果が認められなかったと発表している。一方、並行実施している未治療患者に対するRBM-007単独治療試験では、途中経過ながら視力と網膜組織構造の改善効果が認められたという。
リボミックも2日連続でストップ安だったので値幅制限が拡大されました
12/30の引け値が411円だったので、ストップ高は491円、ストップ安は91円
https://www.jpx.co.jp/news/1030/20211230-01.html
次回は400円下げてもちゃんと約定させてくれるとか東証は優しいですね
大納会の12/30に値幅制限拡大されて大発会から適用スタートとかもうアホかと。

ちなみに夜間PTSだと300〜320円あたりでようやく寄って値が付いてますね。
急騰売る前の株価が370円だったんで、300円近くまで下げたら寄るでしょう。
ただし800円とかで買ってる人は大発会で損切り確定するだけですけど
新年早々、あまりありがたくない取引になることは避けがたいでしょう・・・。
キャプチャ













個人的な見解をいうとマザーズ市場にはもう手を出すべきではないと思います。
なぜならマザーズには資金流入量が増えてないのに銘柄だけが増えてるからです
かつてはせいぜい100〜200銘柄しかなかったのにすでに400銘柄超えてますよね

そりゃ資金流入量が2倍に増えてるなら新規IPO増やしても問題はないでしょうけど
資金が増えてないのにこのまま銘柄数を増やせばデフレ状態になるだけ

東証も救いようのないバカなのでそのへんを全く考慮していません(´・ω・`)
2020年12月末のマザーズ銘柄数が346銘柄しかなかったのに
2021年12月末には424銘柄とたった1年で78銘柄も増えてますからね
2020年のIPOが新型コロナの影響で延期になって2021年にずれ込んだのだとしても
2021年のマザーズのIPO数はかなりの異常値といえるでしょう
https://www.jpx.co.jp/listing/co/index.html

ちなみに、2022年1月は新規IPOが1本もないようなので
11〜12月のIPO銘柄が見直しされて上がる可能性はけっこう高いと思いますし、
もちろん瞬発的に個人の資金が入ってきて人気銘柄が値を飛ばすことはあるでしょう。
しかし、マザーズの資金流入が増えずに銘柄だけ増やせば同じことの繰り返し
もはやマザーズ銘柄で短期的に儲けるという発想そのものがリスキーですよね。

ちなみになつさんは3〜4年ほど前からマザーズ銘柄に手を出すのを(ほぼ)止めました。
なぜなら東1で稼いでマザーズで吐き出して損する傾向が強かったからです
もちろん2020年以降の2年間でもメルカリ、ブシロード、トヨクモとか買ってるし
電解とかブシロードも毎日監視してる銘柄には入ってますけど
売買する銘柄を抑えて、売買頻度も購入額もかなり抑えて取引をしなくなりました
たったそれだけのことで投資結果が著しく向上して、利益額が伸びてるのも事実です。
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5759
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7803

リボミック(4591) 411円 −100円 (−19.57%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4591
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4591.T/chart
時価総額:115億円

株価が900円の頃は時価総額230億円くらいあった計算ですけど、正直どうなのかと
まず決算が酷いとかそんなレベルじゃない。来季の売り上げ予測が8,000万円しかない。
売上高8,000万円で、赤字24億円のバイオ銘柄なんてなんで買うのかなというレベルでそ。
決算見ただけで反吐が出るようなクソバイオですよね(゚д゚)、ペッ
https://kabutan.jp/stock/finance?code=4591

2021年4〜6月の売上高が200万円、2021年7〜9月の売上高が300万円です(´・ω・`)
セブンイレブンの1店舗当たりの売上が1日あたり80万円とか言われてるのに
セブン1店舗の2日分とか4日分しか売り上げのないバイオ株の価値が200億円とかね。
冷静に考えたらまずこのてのバイオ銘柄に手を出すはん普段そのものが誤りですおね

株券印刷して株主から資金徴収しなかったら絶対潰れるレベルの銘柄ですよね、これ
今回の下げた理由は治験の失敗だったけど、それだけがリスクじゃないでしょ(´・ω・`)
株主を嵌めこむために定期的に買い煽りIRだして株価を釣り上げておいて
悪質なワラント大量発行したり、大規模株券印刷しないと倒産するレベルの会社です

この銘柄を高値で買ってもっとけば極めて高い確率で悪材料が出やすいわけで
こんな銘柄を買うという判断そのものが根本的に間違ってると思いますφ(.. )
リボミックの株買うのは投資じゃなくて、パチンコにお金投じるのと同じですよ

もう一度自分の投資判断を一から考え直すことをおすすめします
運が悪かったのではなく、土砂降り予報の日に傘を持ってなかっただけの話でしょ。


ss2286234570 at 17:25|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年12月29日

レノバ<9519>さん 時価総額約1900億円吹き飛ぶ大惨事へ

レノバ株大幅安、時価総額約1900億円吹き飛ぶ−洋上風力選定逃し
2021年12月29日 10:22 Bloomberg
再生可能エネルギー開発事業者レノバの株価が29日、3日続落で一時前日比33%安の2130円を付けた。2020年11月以来、1年1カ月ぶりの日中安値。24日に洋上風力事業の公募で選定を逃すと失望売りが広がり、同日終値からの3日間で約1900億円の時価総額が吹き飛んだ。政府による公募結果の発表後、レノバ株は28日まで2日連続のストップ安で比例配分された。東京証券取引所が29日の制限値幅の下限を通常の700円から2800円に拡大したことで、同社株は約27%安の2340円で寄り付き、その後も下げ幅を広げている。公募結果が発表される直前の24日終値は4600円だった。
大和証券の西川周作アナリストは28日付のメモで、「今後の洋上風力案件をレノバが獲得することは難しいとの見方が株式市場で当面は共有」されるとの見方を示した。また、レノバの時価総額の半分が洋上風力からの将来の貢献を見込んだものだったとすると、株価は公募結果の発表前の水準から半値程度まで下落しうると試算した。
ゴールドマン・サックス証券の宮崎高志アナリストらは29日付のリポートで、レノバが獲得を目指していた秋田県由利本荘市沖の事業者に選定されなかったことに加え、将来の洋上風力事業での市場シェアや収益性なども見直して、目標株価を1850円(従来4400円)に引き下げた。投資評価も「中立」から「売り」に見直した。

レノバ---大幅続落、3日ぶりザラ場寄り付き後も売り優勢の展開
2021年12月29日10時57分 Kabutan
レノバ<9519>は大幅続落。本日は3日ぶりにザラ場で寄り付き、その後も売り優勢の展開になっている。秋田県由利本荘市の洋上風力発電事業に選定されなかったことがネガティブサプライズとなり、先週末比では半値以下の水準となっている。選定結果を受けて直近では、野村證券やみずほ証券が投資判断を売り推奨に格下げしているが、野村證券では目標株価2430円、みずほ証券では2300円としている。

レノバ、1年1カ月ぶり安値 選定漏れで先行きに不透明感
2021年12月30日 22:16 日本経済新聞
2021年12月30日の東京株式市場でレノバの株価が一時前日比53円(3%)安の2011円まで下落した。2020年11月以来の約1年1カ月ぶりの安値を付けた。
証券各社による目標株価の引き下げも相次いだ。ゴールドマン・サックス証券は29日付のリポートで、投資判断を真ん中の「中立」から最下位の「売り」とし、目標株価を4400円から1850円にそれぞれ引き下げた。
キャプチャ











2,400円あたりまで行けばさすがに寄るかな〜と思ってたレノバさんですが
2日連続でストップ安付けたことで値幅が拡大されて落下速度がさらに加速してダイブ
12/29に辛うじて2,340円で値が付くも、さらに叩き売られて2,064円で引けました。

12/24のクリスマスイブの引け値が4,600円で、3営業日後に2,340円ですから
実質的にはほぼ逃げ場なしの状態で株価が半額に下げたということです(((( ;゚д゚)))
これメチャクチャ追証出て、口座残高マイナスになって不足金が大量に出てそう
レノバは再生可能エネルギー系銘柄としてあちこちで買い煽られてたし
目標株価を引き上げて信者が買ってた印象が強い銘柄なので、被害者も多かったはず。

12/24の買い残が約200万株あって、過去6カ月間の最低株価が4,000円以上だったので
https://kabutan.jp/stock/kabuka?code=9519&ashi=shin
最低でも制度信用の買い残はざっくり80億円以上貯まってたと推測できます
実際にはもう少し多くて信用買いの建て残高は100億円近くあったはずですΣ(゚д゚;)
それの評価額が50億円まで3営業日で下がったわけなんでけっこうな被害でしょう
時価総額がグロウェイやケイブよりはるかに大きかったこともあって
年末の年の瀬になって、お金返済できなくなって負債かかえた投資家は多いのでは
同時に、ほぼ回収不能になってネット証券が特損計上しそうな気配も濃厚でそ
金借りて信用取引してた投資家も、金貸してた証券会社も年の瀬の大惨事ですね・・・。

レノバ(9519) 2,064円 −1,136円 (−35.5%)
時価総額1,621億円


ss2286234570 at 20:39|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年12月27日

サンタさんからレノバの株主さんに地獄のお年玉が届くΣ(゚д゚;)

レノバ株ストップ安売り気配、秋田県洋上風力で三菱商事連合に敗北
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-12-27/R4R0G6T0G1KY01
2021年12月27日 10:15 Bloomberg
再生可能エネルギー開発事業者のレノバの株価が27日、前週末比15%安の3900円とストップ安売り気配となり売買が成立していない。午前9時57分時点で差し引き276万株超の売り気配となっている。洋上風力事業の公募で本命視されていた秋田県沖で選定を逃したことが失望売りを誘っている。

レノバはウリ気配スタート、秋田県沖の洋上風力開発事業で経産省と国交省に非選定
2021年12月27日09時08分 Kabutan
レノバ<9519>はウリ気配スタート。同社は24日取引終了後、経済産業省と国土交通省が行っていた「秋田県由利本荘市沖(北側・南側)海洋再生可能エネルギー発電設備整備促進区域」における事業者の公募に応募していた件に関し、持ち分法適用関連会社である秋田由利本荘洋上風力(秋田県由利本荘市)は選定されなかったと発表した。
1228
再生可能エネルギー系企業ってこういうパターンよく見かける気がします(´・ω・`)
たぶん狭い業界の中で争ってるとこに大企業がいきなりマジ参戦してきて
それまでの狭い世界がいきなり崩壊するみたいなケースよくありますよね
このパターンってけっして今回のレノバだけではないと思います。

そしてなにより信用の買い残が200万株もあるのがキツイですね(((( ;゚д゚)))
https://kabutan.jp/stock/kabuka?code=9519&ashi=shin
12月27日は48,400株しか約定してないんでほとんど逃げきれてないでしょう。
しかもここに来て目標株価が2,430円に引き下げられるという地獄の惨状です
さらにSBI証券の夜間PTSでは速攻で3,200円に張り付いたままです

12月24日のクリスマスイブにサンタが爆弾をレノバに投げつけたせいで
12月27日の終値で700円マイナスの3,900円で着地したわけですけど
制限値幅的には3,000円以上の場合は明日12月28日も700円マイナスで3,200円で引けでそ。
さらにまだ3,000円以上なんで12月29日もマイナス700円で引けは2,500円かな
今回引き下げられた目標株価が2,430円なんでそのへんでなんとか寄りそうですね
https://www.jpx.co.jp/equities/trading/domestic/06.html
サンタさんからは12月29日にレノバの株主さんにお年玉を届けてくれそうです。

レノバの株主さんたちは買い方はあらかた追証待ったなしじゃないでしょうか
さらに言うと年末にカードローンで目いっぱい金借りまくる人が増えそうですね
ちょうどお正月前後に金策に走り回る人がリアルに増えそうな事態でそ。
しかし、ただでさえマザーズなんかの新興市場が軟調で個人が痛んでるので
年末にかけてまたたくさんの個人投資家たちが退場していきそうですΣ(・ω・ノ)ノ

最近はグローバルウェイとかでも口座壊滅とか借金負ったみたいな報告多いんで
ネット証券で不足金発生させてお金払えない人が増えそうですよね(´・ω・`)
グローバルウェイ、ケイブと来て年の瀬のラストをレノバさんが飾りそうです🎅
レノバの一番危険なところは時価総額がグロウェイやケイブよりずっと大きいことです。
この規模の銘柄が信用買い建て増やして逃げ場もなく崩壊したら被害は甚大
お年玉が〜なんて悠長なこと言ってられない規模の被害者が出るかもですおね。
カブコムとか松井証券あたりは信用で貸し倒れが出て特損計上してきそうな気配です
(なぜなら新興や小型株が崩れると大体いつも信用取引の特損計上してくるので)

レノバ(9519) 3,900円 −700円 (−15.22%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9519
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9519.T/chart
時価総額3,065億円


ss2286234570 at 20:26|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年12月15日

マザーズさん、怒涛のIPO連発でジャブジャブ下げ

2021年IPO企業情報の一覧表

マザーズ指数
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0012
20021










さて例年ならIPOは11月で終わって12月は新規上場は発生時ない時期ですが
今回は新型コロナの影響で2020年のIPOの予定が大きく後ろにずれ込んだこともあり
12月なのにIPOがバカみたいに連発で降り注ぎますね(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ちょうど今ごろは例年だとIPOがないので新興市場の需給が引き締まって
9〜10月ごろに上場してそのまま下げて放置されてたマザーズ銘柄群が
12月上旬から12/25あたりまで買いを集めて吹き上がるそんな時期ですφ(.. )
(これはほぼ毎年恒例で起きる現状なので覚えておいて損はありません)

ただし今年は違います。
なんと11月にマザーズに上場した銘柄が8銘柄、12月はなんと26銘柄もあります
マザーズでは12/21だけで3銘柄、12/22だけで6銘柄、12/23は3銘柄、12/24は6銘柄
週明けて12/27は2銘柄、ラストの12/29に1銘柄。合計12月だけで26銘柄。

ちなみにマザーズでは10/31までの上場会社数が394社あるので
11月に8銘柄、12月に26銘柄がIPOされるとたった2ヶ月で一気に34銘柄増えます
394銘柄がたった2か月後に34銘柄増えるとかもはやキチガイ沙汰でしょう
394銘柄428銘柄に増えるってことは8.6%も増えるわけですからねΣ(・ω・ノ)ノ

東証1部の銘柄が10/31に2,184銘柄ありますけど、これが8.6%も増えたと考えると
2,184銘柄✖0.08629=188銘柄増えるというとんでもない結果になります。
こんなに一気に銘柄が増えたら新規銘柄を購入するために既存銘柄が売られるし
新規銘柄の方に資金が流れるので既存の銘柄に買い注文も入らなくなります
当然そういう時は個別銘柄に資金が回ってこなくなるので売られやすくなります。

そしてそれがこれからマザーズ市場で起きようとしてることになります

ここから年末にかけてよそから新興市場に大きな資金が流れてきたら別ですが
マザーズ指数はここからかなり激寒の厳寒期をむかえる可能性があるでそう

昔は東証って12/29〜1/6あたりまでは市場も締まってて休みだったわけですが
そもそも12/29に新規上場があるなんて初めての事態ではないでしょうか?
しかも年末ギリギリにIPOの日程を重ねまくりってのもふざけすぎ
こういう事態になるとわかってて何一つ手を打たなかった東証糞すぎでしょ


ss2286234570 at 07:31|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加