yogurting ヨーグルティング

外為オンライン

2019年04月09日

ライブスター証券と外為オンライン



最近では国内の大手FX会社といえばGMOクリック証券やDMMFXが有名ですが
10年以上前までは外為オンラインが圧倒的な取引シェアを独占していました
当時は外為オンラインのCMがあふれていたので誰でもまだ覚えているでしょうφ(.. )
0407







しかし昨年度(2017年4月〜2018年3月)の決算を見てみると
なんとすでに大幅な赤字に転落していました。これはちょっと驚きましたΣ(゚д゚;)
たしかに外為オンラインのCMなんてこの2年くらいまったく見てないですもんね。
かつて外為オンラインは毎年50〜100億円近くの営業利益を稼いでましたが
スプレッド縮小競争に加わらなかったことで年々シェアを失い続けていました
すでにマネーパートナーズより取引高が少ないし、ヒロセ通商の半分以下しかないんで
おそらく国内のFX業者の中ではとっくに10位以下に転落してるんじゃないでそか
(まるでAKBの人気が転がり落ちたのと同じような軌跡で転がり落ちました

外為オンラインの昨年度(2017年4月〜2018年3月)の決算の中身はかなり驚愕です
黒字が赤字に転落したことは大した問題じゃないんです('A`)
なんと前年度の売上高76.2億円36.9億円半分に減ってるからです(((( ;゚д゚)))
売上高が横ばいでコストが増えて赤字化しただけならコスト削減すればすぐ改善しますが
企業の決算において売上高が半分に減るってのはかなりヤバい内容でそ

何かの事業に失敗したか先行投資が嵩んで赤字化するってことはありえる話です。
しかし売上高がたった1年で半分の2兆円に減ったら連日ストップ安になるのは確実です
コスト増加とか損失ってのは努力すれば意外と早く改善できるんですが
半分に減った売上高をまた2兆円増やすというのはおそろしく困難だからですΣ(・ω・ノ)ノ

家庭の家計で考えたらもっと身近でわかりやすいでしょう。
年収500万円の家庭で旅行費とか子供の学費が嵩んで年間100万円赤字はよくある話です。
過去の蓄えがあれば切り崩せま済むし、年収が同じなら翌年すぐに黒字転換は可能です
でも父親が失業して家計の年収がいきなり250万円に減ったらメチャ悲惨だおね
どんなに生活を切りつめても、子供が大学を辞めても家計の赤字は改善しないでしょう。
まあ家庭なら大学生の子供が大学辞めて働けば250万円の減収を補填は可能ですが、
これと同じ状況の外為オンラインが1年で収入半減を回復させるのはまず無理な話
リーマンショック級の不況が来て為替が30円ほど動かない限り可能性は1%もありません。

0412





















ちなみに外為オンラインを設立したのがISホールディングスという持ち株会社です
この会社は外為オンラインで稼いだ資金であちこちの会社を買収しまくってます。
東北大震災前後におきた先物暴落とオプション事件で倒産しそうになった
ひまわり証券も買収してるし、赤字であえいでた元IDO証券を2009年に買収して
現在のライブスター証券に社名変更させたのもこのISホールディングスという会社です

ISホールディングス
 
問題はこのISホールディングスの中核会社が外為オンラインということです(´・ω・`)
ひまわり証券を買収した資金もライブスター証券を買収した資金もすべて
元はといえばすべて外為オンラインが1社で稼いだ利益ってこと
じゃあその外為オンラインが赤字に転落したら何が起きるかはもう言うまでもないでそ

すぐにでも外為オンラインが赤字を脱出して業績が好転できたらいいですが
もしこのまま赤字が続くようならISグループすべてが傾くってことです
このまま外為オンラインの業績が傾いたままならグループ離散の危機ですからね。
ライブスター証券も身売りされる可能性も今後出てくるだろうし、まずその前に
今の安い手数料を大きく値上げしちゃう可能性が絶対的にあるってことだおね


ss2286234570 at 05:23|PermalinkComments(0)

2018年11月17日

2019年にもライブスター証券の手数料大幅値上げはあるか?

ライブスター証券を傘下に置いてるのがISホールディングスです。
簡単に言うとFX大手だった「外為オンライン」の親会社ですねφ(.. )
一時は大島優子のCMがやたら多かったんで誰でも知っているはず
https://www.isgroup.co.jp/corporate/organization.html


外為オンライン決算
営業収益 36億9700万円(−51.4%)
営業利益−18億1800万円
経常利益−17億8300万円
当期利益−17億4100万円

しかしここにきて遂に外為オンラインが大赤字転落してるようです
4〜5年前までは毎年40〜60億円の営業利益をコンスタントに稼いでたはずだし
DMMFXが出てくる前までの2011年頃まではFX取引高もたしかトップだったような
ただしDMMFXやGMOクリック証券が繰り広げてたFXのスプレッド競争に
参加しなかったことでズルズルシェアを失ってついに赤字に転落したようだお
確かに最近は外為オンラインなんて社名すら聞かなくなったしCMもさっぱり見ません。

かつて外為オンラインとスプレッド縮小競争してたGMOクリック証券は
FXの取引高は今でもずっと1位だしグループも大きく成長してます。
第3四半期(2018年1〜9月)までで営業利益92億なので格差がすごいことになってる
https://www.gmofh.com/ir/financials.html
営業収益 262億3600万円(+21.1%)
営業利益 92億6800万円(+24.2%)
経常利益 94億2700万円(+28.2%)
当期利益 62億1600万円(+20.9%)

8年前は両社とも同じくらいの規模だったのに外為オンラインの凋落が酷いお
赤字に転落したのもよくないけどそれ以上に良くないのはその中身ですφ(.. )
売上高が36億しかないのに営業損失が18億円ってことはとんでもない比率でそ
売上高が4000億円で営業損失が2000億円ありますってのと同じ(((( ;゚д゚)))
これコストが高止まりしてるのに死ぬほど収益(=売上高)が落ちてるんで
たとえコストダウンを頑張ってもちょっとやそっとでは黒字転換が難しいパターン
赤字になったことより売上高が去年より半減してるとこが一番ヤバい

問題なのはこの外為オンラインがISホールディングスの稼ぎ頭であること
ISHDは経営が悪化した時にひふみ投信で有名なレオスを買収したことでも有名
ただ最近はひふみ投信も投信事業が悪化してて顧客離れが鮮明です(´・ω・`)
グループの稼ぎ頭であるこの2社業績悪化の傾向ってのはとても痛い。
これまで企業買収の資本を稼ぎ続けた外為オンラインの不調は特に痛いでそ

稼ぎ頭が赤字だと当然グループ各社はそれを支えないといけなくなります。
赤字は許されないし黒字は絶対今年からはノルマも厳しくなるでそう。
ライブスター証券も投資先行で赤字でもいいやってことでは許されないし
とにかく利益を稼いでグループを支える必要が出てくるのは自明の理でそ(´・ω・`)
ライブスター証券を取り巻く環境を考慮すると、ぶっちゃけ
来年あたりから手数料値上げに踏み切る可能性はかなり高いと予想してます


ss2286234570 at 01:44|PermalinkComments(2)

2015年05月14日

ライブスター証券が黒字転換したことが判明Σ(゚д゚;) 〜その2

ISホールディングスというのはこの外為オンラインやライブスター証券、ひまわり証券などを
傘下にもっているそこそこ大手の金融グループといえるでそう
立場的にはSBI証券や住信SBIネット銀行の親会社のSBIホールディングスみたいなもん。
ただし、業績や規模などの情報を一切開示していないので極めて謎の会社です。
ここのグループはまったくといっていいほど情報を開示しない閉鎖的な会社です
有名な外為オンラインですら年に1回だけ業績や取引高を開示するだけだおね(´・ω・`)
多くの一般個人投資家をかかえているネット企業としてはさすがに閉鎖的すぎでそ
0501



過去には東北大地震とその後の先物市場の大荒れによって
たった一晩で80の損失をだしたひまわり証券が破綻寸前に陥りました
(その後、ひまわり証券を救済して買収したのがISグループです)
同時期に、松井証券やカブドットコムですらたった一晩で数十億円規模の損失を出してます。
最近の例では、FXCMという海外の大手FX会社がスイスフランショックの影響で
250億円近い損失を出してたった一晩で飛びそうになるという事件もありました(((( ;゚д゚)))
ネット証券とかFX会社というのはその取引規模が大きいがゆえにリスクも抱えてる会社です。
だからこそ、お客の死産を預かってる会社が適切なタイミングで、財務状況を開示して
情報をお客に伝えるってのはとても大切なことだと思うんですφ(.. )

特にライブスター証券は株式も先物もFXも手広く扱っている会社です
突発的な地震や金融ショックがあれば数十億クラスの特損を出す可能性は常にあります。
しかし資本金は21億円くらいと少な目だし、自己資本規制比率も202%とかなり低いおね
地震一発で先物で20億円の貸倒れをだしたらけっこう危険な局面になります。
そういう時は親会社のISホールディングスが緊急融資と増資をして助けるわけですが
ISホールディングスは財務状況や業績内容一切開示していません(((( ;゚д゚)))
それどころか社長以外の取締役に関する情報すら徹底して開示してません
おそらく子会社の外為オンラインがしっかり稼いで資金は潤沢にもってるはずですが
でもそれはしょせん「おそらく」「たぶん」であって根拠は不明だおね。
ライブスター証券が資本を失ってしまったとき「たぶん」助けてくれるだろうとか
「おそらく」資本援助してくれるだろうってだけではどうしても不安は払拭できません。
なによりもまずISホールディングスが手元資本や財務情報をすべて開示して
不安を払拭することがライブスター証券にとって非常に大切なことだと思います
その程度の努力すらしないってのはやっぱり会社として信用されないでそ(´・ω・`)

せっかく手数料や金利を値下げしてツール開発も頑張ってるなら
なぜお客から信用されるための努力をここまで怠るのか理解できませんΣ(゚д゚;)
お客の資金を預かるという客商売において信用されるというのは極めて重要なことだおね。
そのためにはとにかく包み隠さず、積極的に情報開示することが不可欠です。
しかしライブスター証券もその親会社も気味が悪いくらいに情報を隠したがります
これはお客の信頼を裏切る行為でもあり、極めて最悪な行為でそ(゚д゚)、ペッ
今すぐにでも姿勢を正して、積極的な情報開示を徹底してやるべきですにょ(σ´∀`)σ
でないといつまで経っても、ライブスター証券は「なんか怪しい会社」のままでしょう
せっかく手数料が安いだけにそれはすごく残念なことです。

ちなみに外為オンラインはかつては取引高が最多の国内最大手のFX会社でした
しかし現在ではかなり取引高が減少していてかなり下位に転落しています
国内のFX市場は、1位がクリック証券、2位がDMMFXでこの2社がほぼ市場を独占していて
3位がYJFX(旧サイバーエージェントFX)、4位が外為どっとコム、5位が楽天証券だおね。
ただそれ以降はSBI証券や外為オンラインやヒロセ通商などがしのぎを削ってるみたいで
外為オンラインがいま何位の規模なのかはよくわかりません
わかっているのはおそらく6位〜10位のどこかだろうというだけだおね(´・ω・`)
かつては、税引き前利益だけで毎年30〜50億円ちかく稼いでる絶好調の会社でしたが
直近では業績も低迷してるみたいです。
(昨年度2014/4〜2015/3の数値も非開示なのでこのあたりもすべて不明です)


2015年01月17日
スイス・フランショックが海外FX業者を直撃

http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2015-01-17.html

2011年08月18日
ひまわりホールディングスはどうなるのか?
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2011-08-18.html 

2011年04月09日
ネット証券のビジネスモデルと新興不動産のビジネスモデル
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2011-04-09.html

2011年03月31日
先物オプション市場で大波乱の展開へ その
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2011-03-31.html
2011年不足金発生額ランキング(暫定版)
1位 ひまわり証券 80億円
2位 カブドットコム証券 39億円
3位 松井証券 35億円
4位 岡三オンライン証券 18億円
5位 マネックス証券 13億円
6位 トレイダーズ証券 11億円
7位 クリック証券 3.9億円


ss2286234570 at 06:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2015年05月13日

ライブスター証券が黒字転換したことが判明Σ(゚д゚;) 〜その1〜

http://www.live-sec.co.jp/corporate/pdf/disclosure/2603.pdf
当社は前期より引き続き、今期も証券システムの安定稼働、顧客利便性向上を目的として、毎月のように機能強化を実施し、改善するよう努めました。来期もあらたに機能を追加していく予定でおります。営業展開としては、証券新規口座開設者に対して、現物取引・信用取引・日経225先物取引の取引手数料を、40営業日無料とするキャンペーンを展開いたしました。そして、平成25年1月からの信用取引制度改正により、信用取引の資金効率が大幅に向上し、平成25年5月には約定代金、約定件数、新規口座開設数等、過去最大値を記録し、年度内の目標だった新規口座開設数3,000口座および、月間稼動口座数10,000口座について、目標をクリアすることでできました。以上の結果、今期の純営業収益は3,392,431千円と、前期の2,259,906千円に比較し50.1%の増収となりました。

証券部門については、日本銀行による大胆な金融緩和、軽減税率の廃止やNISA(少額投資非課税制度)のスタートなど、証券税制の改正を背景とした、アベノミクス以降の株式相場の上昇による相場環境の好転により、取引量や口座開設数が増加した為、信用取引の約定代金が55,305億円(前期比185.4%増)、現物取引においても13,461億円(前期比163.0%増)と、大幅に増加いたしました。また、新規口座開設者数は22,373件(前期比11,434件増)となり、委託手数料は849,542千円(前期比117.2%増)となりました。外国為替部門については、円相場は中国の景気減退観測を背景に、6月には95円台まで円高に振れたものの、12月末には105円台まで円安に進むなど、全体的に円安に振れたことから外国為替取引関連収益は61,984,748千円(前期比22.7%増)となりました。
0513



ライブスター証券は一見すると勘違いされそうですが「ライブドア」とは無関係の会社です。
もとは「アイディーオー(IDO)証券」という名称でインターネット証券取引をやっていた会社で
その後、ISグループ外為オンライン)と同じグループの傘下におさまっている会社です
外為オンラインといえばAKBの大島優子さんがでてるCMで有名だおね。
おそらくこれなら投資をやってる人なら誰でも知ってるはずでそうφ(.. )

これまでほとんど情報公開をしてこなかったライブスター証券ですが
ISグループに買収されて4年以上たってようやく数字を開示しはじめたようです。

2012年3月末 経常利益 −4100万円
2013年3月末 経常利益 +8100万円
2014年3月末 経常利益 +3億8800万円

なんで今ごろになって去年の決算を開示したのかは謎ですが、
業績面ではかなり順調に黒字達成して利益を伸ばしているようですにょ(σ´∀`)σ
売上高(営業収益)の内訳を見ると、ほとんどがFXによる収益のようです
2012年3月末 売上高23億0200万円のうちFXの占める割合は76.8%の17億6800万円。
2013年3月末 売上高23億7400万円のうちFXの占める割合は68.1%の16億1700万円。
2014年3月末 売上高36億2600万円のうちFXの占める割合は54.7%の19億8400万円。

ただしFXへの依存度は年々下がっているようなので収益バランスは改善しています
(上ではFXとだけ書いてますが、実際には外債のスプレッド収益も含んでいるハズ)
2009年12月に買収して完全子会社化してるので、約4年弱黒字転換してることでそうか
開業してから7年間ずっと赤字で累積損失100億円を超えた
岡三オンライン証券と比べたらはるかに順調に業績が伸びてるといえるにょ(σ´∀`)σ

ただし、気になるのが決算資料なのに誤字・脱字だらけという点です。
よく読んでみたんですが厳しい言い方すると日本語が不自由な人の文章だおね
「信用取引制度改正によって新規口座開設が増えた」と書いてあるのに
これを読んだだけだと、信用取引の制度改正によって信用口座の新規開設数が増えたのか
通常口座の新規開設数が増えたのか正直なところよくわかりません???(`・ω・´)

おそらく信用制度改正の影響で増えたといってるので、年度内の信用口座の新規開設数が
3,000口座を超えたといいたいんだろうと思うんですが、かなり謎の日本語だおね。
まさか1年間で通常の現物口座が3,000件増えたってのでは少なすぎなので
(書いてないけど)おそらく信用口座が1年で3,000件を超えたといいたいんでそう
しかし、この部分を読んだ瞬間に理解できる人はおそらく誰もいないでしょう(´・ω・`)
「でで」とでが二個並んでたりして添削もちゃんとできてないみたい。

他には、信用取引の約定代金が55,305億円とか見たこともない単位で書いてありますΣ(゚д゚;)
現物取引の約定代金が13,401億円とかこっちもかなり変だおね。
そこは素直に5兆5,305億円1兆3,401億円と書けばいいでしょうφ(.. )
まるで算数ができない中学生が書いた文章に思えるのは自分だけでしょうか
せっかく情報公開するならもうちょっと文章をチェックすりゃいいのに
あらゆるところに残念な日本語が並んでいます。

正直いってISグループの会社は情報開示ということについてやや異常だおね
ここまでして情報を隠そうというのは客商売としておかしいでそ。
お客に「私にお金を預けてください、でも私の情報はすべて非開示なので隠します」って
言ってるようなもんだおね。いくらなんでも偏執的すぎ。
せっかく手数料安いし金利も安いし、ツールも一生懸命改善してるんだから
お客に信用されようという努力をもっと必死にすべきだおね(`ε´)ぶーぶー


ss2286234570 at 05:49|PermalinkComments(1)TrackBack(0)