yogurting ヨーグルティング

原田氏

2015年02月09日

疫病神こと自称プロ経営者のベネッセ原田氏、客を激ギレさせて巨額訴訟へ

1月29日、東京地方裁判所。記者とテレビカメラでごった返す会見室に、5人の弁護士が並んだ。彼らがベネッセの顧客情報漏洩事件で、「被害者の会」を立ち上げたのは昨年12月1日のこと。それから年末までに1789人を集め、「巨大訴訟」として注目を浴びることになった。「重要な情報を漏らしながら、500円の金券で済まそうとしたベネッセの体質に怒りを感じる」弁護団長の眞鍋淳也はそう語り、1人当たり5万5000円の損害賠償を求めて裁判を起こした。弁護士費用を実質、無料にしたこともあって、発足直後から問い合わせが殺到、年末に「1次募集」を締め切った時、想定を大きく上回る原告団が形成されていた。
※メールアドレスを登録すると記事全文が読めるみたいです。
20150209 











ベネッセ(9783) 3435円 −235円 (−6.4%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=9783
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9783.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
プロ経営者「原田氏」の手腕が冴えわたって株価が暴落してますにょ(σ´∀`)σ
就任当時は4,400円くらいだったんでまだたった22%しか下がってません(*´∀`*)ムフー
さすがマクドナルドを廃墟にして復活させて株価を暴騰させた経営者は格が違います
マクドナルドの破壊屋と呼ばれたプロ経営者としての手腕を遺憾なく発揮し
新しい職場であるベネッセをも叩き壊してるようですお。

今回の情報漏えいについていえば対応の仕方を間違ったというべきでそう
就任当時にはすでに起きていた事件なのでその部分は原田氏の責任ではないでそう。
しかし、その後の補填や買収については100%今の経営者の責任だおね(´・ω・`)
かなりの高額の、しかも巨大訴訟に発展しそうな点は要注意すべきでそう。
もっといいやり方や、解決方法もあったと思うんですよね。
被害者だってお客の一人なのに「敵」として捉えたのがそもそもの間違いだと思います

マックの時もそうですが原田氏は社内に「敵」または「抵抗勢力」を作って
それを叩き潰すという手法でマクドナルド破壊大成功に導いた素晴らしい経営者です
今回は被害者を「金を強請ってくる敵」と認識して叩き潰そうとしました(*´∀`*)ムフー
「500円の金券やるからさっさと失せろこの乞食野郎という高度な手法です。

当然のごとく子どもを抱えている親(お客)を過度に煽る結果となり
見事なまでに大炎上手がつけられないことになりつつあるようです(((( ;゚д゚)))
5万5000円の損害賠償を数百万人に支払ったら1500~1600億円という額になります
・・まあ最終的にさすがにそんな額にはならないと思いますが
最悪の場合は200〜300億円に膨らむ可能性は否定できないでそう
それよりもはるかに深刻なのは訴訟相手が大事なお客様ってことだおね(´;ω;`)
数百万人のお客と訴訟になったら裁判で勝っても負けても結局はベネッセの負けです。
お客から信用を失ってどっち道お客は離れていくからです。
最良の方法は「訴訟に発展しないよう最小限で収まる努力」を欠いてしまったこと
残念ながらベネッセは最も重要なことを一番最初に忘れてしまっていたようです。
ベネッセの未来はマクドナルドよりももっと厳しいだろうと予想してますにょ(σ´∀`)σ

ベネッセホールディングス(HD)に商売を教え込む――。会長兼社長に先月就任した原田泳幸氏が2日、都内で開いた経営説明会で「指導方針」を初めて明らかにした。低迷する主力の通信教育講座「進研ゼミ」の立て直しに向け、顧客志向を徹底する。かつて手掛けたパソコンやハンバーガーのように教育サービスを消費者に身近な存在にできるか。
「日本での成長には限界がある。世界一をめざす」。これが原田社長の最終目標だ。ベネッセHDの売上高は世界の教育大手で3位。1位の英ピアソンの半分程度だ。中国やインドネシアで塾と通信教育講座を両方提供できる体制をめざすなど海外事業を伸ばす考えだが、まずは足元で教育事業にも「原田流」が通じることを証明する必要がある。
0406



ss2286234570 at 20:58|PermalinkComments(3)