yogurting ヨーグルティング

再上場

2021年09月10日

SBIの新生銀TOB 金融庁、2つの「皮算用」

SBIの新生銀TOB 金融庁、2つの「皮算用」
2021年9月9日 17:57 日本経済新聞
金融庁にとって「最後の宿題」がようやく片づく可能性が出てきた。SBIホールディングスが新生銀行買収へ動くことは、約20年前に新生銀行に投入した公的資金をようやく回収できる道が開くからだ。平成金融危機の負のレガシーを解消できるだけではない。実はもう一つの宿題も片付ける導火線になるかもしれない。
金融庁がSBIによる新生銀の買収容認に傾いたのは、水面下で始まった主要株主認可を巡るやりとりが始まってからだ。金融庁監督局幹部が「金融庁にとってもプラスになる」と語っていたのは、「非上場化して、ビジネスモデルを抜本的に変えてくれるかもしれない」という期待からだ。
「非上場化」が金融庁の琴線に触れた。これは1998年10月に当時の日本長期信用銀行が経営破綻し、一時国有化したときの呪縛が関係している。国会との間で約束した特別の条件を満たす株価は1株7500円だ。足元は1440円(9月9日終値)に沈んでおり、達成するには5倍以上に引き上げる必要がある。
非上場化は奇策かもしれないが、この呪縛を解くきっかけになる。純資産から株価をはじけるようになり、市場価格と連動せずに済むからだ。ただし、それには大きなビジネスモデルの転換が必要条件だった。
「従来の延長線で経営しても、今の株価は永遠に目標に達しない」――。金融庁が再三、SBIに伝えたのは、ビジネスモデルを抜本的に転換できるかどうか、だった。算定根拠となる事業価値を新たに生み出せば、市場価格では算定できない価値を織り込んで高い価格で値づけできるという理屈だ。金融庁が描く回収ストーリーは皮算用なのか。今回の買収はそれに対する答えだ。
新生銀はリテールモデルに転換しようと試みたが、米リーマン・ショックで経営難に陥った。その後、法人ビジネスに回帰し、最近は再びリテール強化を志向するなど経営の軸は定まっていない。自力で独立採算を探るビジネスモデル改革は限界を迎え、公的資金の自力返済も見通しが立っていなかった。
長年にわたり「喉に刺さった小骨」だった新生銀からの公的資金の回収と、経営基盤の弱い地銀を束ねる存在の登場――。今回のTOB(株式公開買い付け)は、新生銀経営陣にとっては激震だが、金融庁にとっては渡りに船といえる。

麻生金融相、SBIの新生銀TOB「コメントしない」
2021年9月10日 13:59 日本経済新聞
麻生金融相は公的資金の返済について「一義的には預金保険機構と整理回収機構で適切に判断されるべき」と述べたうえで、「税金として投入した以上、債権を保全する観点から対応する必要があることは確か」と語った。

 「総合金融」目指すSBI、銀行は不可欠のピース…省庁OB招き周到準備
2021/09/09 22:40  読売新聞
SBI幹部は言う。「今の新生銀の経営陣では100年たっても公的資金を返せない。だから、ビジネスモデルを変えていかないといけない」。株価が低迷し、注入した公的資金を保有株の売却で回収できずにいる国にとっては、SBIに期待する向きもある。
金融庁関係者は、「多額の公的資金を抱えた新生銀行の企業価値を上げられるのはSBIくらいではないか」と歓迎する。
キャプチャ



今回の記事を読んでみると金融庁の意図がはっきりと書いてありますねφ(.. )
金融庁が望んでいることはこの3つ
’々業績が悪化してる新生銀行の抜本的なビジネス転換と業績の回復
⊃契原箙圓龍叛咾魏麌させて株価を7,500円以上に引き上げること
6叛咾落ち込んでいる地銀の受け皿と地銀の再生


そのすべてをやると手を挙げたのがSBIの北尾さんっていうことですねφ(.. )
一方で地銀連合を作ってるSBIとしてもその中心として新生銀行が欲しかった
新生銀行が欲しかったSBIは金融庁が出した課題を呑んで回答を出したからこそ
金融庁が新生銀行の買い増しとTOBを認可したってことでそね

出資する自体もけっこうリスクあるし、本当に業績回復できるかも不透明
まして体力の弱い地銀を支えて業績を回復させるのも極めて困難な問題です。
でもそのすべてを解消させる答えを導きだしたのが北尾SBIなわけで
(人間的には大嫌いですが)能力面においては稀有な人材といえるでそう

かつてまだ課長だった野村證券時代の北尾さんを当時の野村の社長が
「次の次は北尾君だ」と評価してたのは節穴じゃなかったってことですねΣ(・ω・ノ)ノ
本来ならこの規模の案件は野村證券くらいしかできないと言われてたので、
それを元野村證券の北尾さんとその部下が作ったSBIが受注したってのは
すでに金融業界における格付けが野村證券よりSBIが格上ってことでそ

この記事読むとわかるけど本来的には金融庁はSBIのシナリオを認めてて
SBIが新生銀行を買収して立て直すことは半ば容認してたんだと思うんですよね。
ただ、新生銀行の経営陣は途中でSBIを裏切ってマネックスと組んだわけです。
もちろん、マネックスは新生銀行を主導して再生させる力があればそれでもいいけど
能力面でも人材でもそもそもマネックスにはそんな力は全くありません

じゃあなんで新生銀行の経営陣が途中で裏切ったかということを考えると
新生銀行を買い増した時点でSBIが経営権を握って経営の刷新をするからでしょ
金融庁ですら認めててる新生銀行の経営陣の怠慢無能業績悪化ですから
SBIが上に立てば当然一人残らず追放されて、経営責任をとらされるのは明らかです。

マネックスと組んだってマネックスには新生銀行の価値を向上させる力も能力もない。
それはわかってるけど、新生銀行の経営陣は、自分たちの保身のためだけに
経営権を奪われるのがいやでSBIではなくマネックスを選択しただけ。
これはただの私事で、自己保身に過ぎません。まあただのクズってことです(゚д゚)、ペッ

残念ながら、マネックスと新生銀行が組んでも金融庁の望みはかないませんΣ(・ω・ノ)ノ
そこであらためて金融庁は正式に新生銀行のTOB許可という錦の御旗を与えて
あらためて仕切り直して、SBI主導で新生銀行の再生をやらせると決めたわけでそ。
つまり今回のTOBは金融庁の意向の下にやってる訳ですから
新生銀行の経営陣の絞首刑斬首はもう避けがたいというか確定でしょう

新生銀行に友好的な企業が出てきて新生銀行の経営陣を救済するとか
そんなバカなことをやる企業がこれから出てくるとはさすがに思えないですよね。
なによりそれやったら新生銀行の経営陣は金融庁を2回裏切ったことになります
さすがに2回裏切って金融庁のプランぶち壊したら金融庁も即座に介入してくるでそ

新生銀行(8303) 1,740円 +300円 (+20.8%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8303
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8303.T/chart

SBIの新生銀TOB、緊迫の7カ月 引き金はマネックス提携
SBIホールディングスと新生銀行は地方創生分野で協業関係にあった。関係が崩れたのは2021年1月だ。新生銀がSBIと競合するマネックス証券と金融商品仲介業務で包括提携を発表すると、両社の関係は急速に悪化。緊迫の7カ月が幕を開ける。提携が明らかになった朝。SBIの本社が入る東京都港区の泉ガーデンタワー20階の社長室で、北尾吉孝社長は居並ぶ幹部を前に新生銀の工藤英之社長に対する不満を口にした。「信義にもとる男だな」
1111111


ss2286234570 at 18:51|PermalinkComments(1)

2014年08月25日

すかいらーく再上場、週内にも承認 時価総額3000億円か

東京証券取引所は週内にも、すかいらーくの上場申請を承認する。市場区分は東証1部になる見通しで、早ければ9月下旬に上場する。上場時の時価総額は3000億円程度との見方が市場には多く、外食首位の日本マクドナルドホールディングス(約3500億円)に迫る規模となりそう。また、国際会計基準(IFRS)を採用する企業の初の新規上場になる。
すかいらーくはファミリーレストランを全国で展開している。2006年にMBO(経営陣が参加する買収)で上場を廃止し、11年から米投資会社ベインキャピタルの傘下で改革を進めてきた。景況感の改善のほか、シニア客の取り込みなどが奏功し、収益力が回復している。日本株の復調も追い風とみて、8年ぶりの再上場を決めた。上場に伴い、数百億円の公募増資を行う。調達した資金は今期に30店舗を予定する新規出店の資金に充てる計画だ。同時に店舗の改装や工場・物流網の整備も進める。
0822








過去にTOBをして上場廃止になった「すかいらーく」が再上場というニュースです
散々業績を悪化させて、既存株主からはクソ安値で株を買い取っておきながら
また再上場して株を高値で売りつけて大儲けするという詐欺スキームですおね(゚д゚)、ペッ
個人的には「企業の再上場を許す」ということ自体に大問題があると思ってます。
こんなことを許容してたら株主が財布にされてカモにされる回数が増えるだけのことでそう

通常のIPOならどうってことないIPO案件ですが、
ファンドの絡んだ再上場となるとちょっと話は違ってきますφ(.. )
一般的な話として考えるなら(絶対とはいえませんが)出資していたファンドにとって
今回の再上場はただの投資回収であり、資金回収のためだけにIPOをさせたともいえます
(絶対とはいいませんが)まずかなり高い確率で株を売って換金して逃げるでそう・・・
ベインキャピタルにとっては笑いの止まらない収穫時期にあたるってことです。
じゃあその他人が高値で売り抜けた株を高値で買い取る意味があるのかってことになるおね。

一般的にいって投資ファンドというのは経営の継続性に対して無責任な立場です。
保有株を高値で売りぬけることだけが目的なので、それ以外には興味をもってません。
過去の上場廃止の経緯やファンド絡みの再上場という点を踏まえるなら、
まず投資対象からはずしておくというのが投資家としてのあるべき判断かもしれません
もちろん、投資直後の出来高に目をつけて「短期のサヤ取り」ならどうこう言うつもりはありません。
中長期のスタンスで投資する対象としてはリスクに見合ってないってことです


ss2286234570 at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年06月01日

西武とサーベラスの決着の行方は?

米投資会社サーベラスによる西武ホールディングス(HD)へのTOB(株式公開買い付け)が31日終了し、発行済み株式数の3%強の応募があったことが分かった。サーベラスの保有比率は約36%に上昇。株主総会で、経営統合など重要な議案に対する拒否権を持つ3分の1超を確保する。ただ買い付け予定数の上限には届かない。株式上場時期などを巡り膠着状態にある両者の関係に大きな変化はなさそうだ。
西武HDの筆頭株主で32%強を保有する同社は、1株1400円の価格で3月12日からTOBを実施した。保有比率が3分の1を超えたことで、西武HDの経営への影響力は一定程度高まる。この保有比率を握ると、経営統合や合併、定款の変更といった経営の重要事項について株主総会の議案を否決できる。一方の西武HDは当初からTOBに反対を表明してきた。1400円で買い付けに応じるより、将来の上場を待った方が有利と考えた株主もいたとみられる。最大44%の保有を狙ったサーベラスだが、途中で引き上げた買い付け予定数の上限を大きく下回った。
0601















さて、サーベラスによる西武HD株のTOBの結果が判明しましたφ(.. )

今回のTOBには銀行や大口の株主は最初から応募を否認していたので
一般の個人投資家かからの応募を受けて買い集めるしかなかったのですが、
たった3%の株主しかTOBに応じなかったようです(´・ω・`)
てっきりもっと多くの個人投資家が応じるとばかり思ってたのでちょっと意外でした

しかし、サーベラス側からの立場で考えてみると
たった3%であっても保有比率は36%を上回ったことになりますにょ(σ´∀`)σ
株主支配権は33%(1/3)を確実に超えるので拒否権という重要な力を得たことになります。
経営陣を攻撃するためのは手に入りませんでしたが、は手に入れたってとこでそうか。

ともあれサーベラスが盾を手にしたことで戦線は膠着するかもしれません
西武HD経営陣側としては、本気でサーベラスと対立しようにも決定的な攻撃力に欠けます。
一方、サーベラス側としても圧倒的な支配権で経営を支配しようと意気込んでただけに
おもっていたほどの強力な攻撃カードが入手できなかったことは痛手です(´Д⊂)
なにより、サーベラスが多額の金を投じて仕掛けたにもかかわらず、
多くの株主は自分たちの方針に票を投じてくれなかったという決定的な事実が残ってしまいました。
つまりこの先、強引な手法をやればやるほど残りの64%の株主からは反感を買うってことです。

アメリカであればサーベラスがさらに激しい攻撃を加えて勝つことも可能だったかもしれませんが、
日本ではそのような行為を強引に進めると「ハゲタカ」としてやたら叩かれる風潮があります
おそらくサーベラス日本法人の代表らはそのことを自覚して自重したいでしょうが、
本国のサーベラス経営陣はさらなる攻撃を指示してしまう可能性があります
そのあたりの差配を一歩間違えると金融庁や政治の介入を招く恐れがあります。
もしそのような事態になればサーベラスは最悪の結果を招く可能性があります。
ぶっちゃけた話、政治力を相手にしたらサーベラスはコテンパンに負けてしまいます
なぜなら、政治力を使えば、難癖をつけて強引にサーベラス日本法人の許認可を抹消したり、
サーベラス日本法人の日本人の経営者らに個別の脅しをかけることも簡単だからです。
(なんらかの微罪をついて逮捕してしまうことなんていくらでもできるからです)

この先においてサーベラスにとって一番正しい手法は「有利な手打ち」です。
支配権を背景に淡々と交渉して有利な条件を引き出すことだけに専念すべきです(`・ω・´)
間違っても派手なパフォーマンスやマスコミを使うような真似はしてはいけません。
これ以上の挑発をくり返してトラの尾を踏むような真似は絶対に避けるべきでしょうφ(.. )
元金融庁の長官だった五味を西武HDの経営陣に押し込むなんていわれてますが、
あれが将にトラの尾で、もしサーベラスがこれをやると金融庁の面子を丸潰しにしてしまいます。
良くも悪くも、役人や官僚組織ってのは面子を大事にします
なぜなら面子を潰されると組織としての威厳が失われて権力や正当性を失いかねないからです。

元金融庁長官の五味を担いで西武HDに切り込む行為は最悪の選択肢で、
これをやるとサーベラスは金融庁の顔に唾を吐きかけて喧嘩を売ってるのと同じです(゚д゚)、ペッ
(西武経営陣はそれを知っててわざとサーベラスにこれをやらせようと仕掛けるでしょう)
もしサーベラスがこれをやると金融庁に赤っ恥をかかせてしまうことになるので、
そこから先は金融庁VSサーベラスのガチリアルファイトに発展する可能性が一気に増します
もしそうなれば、おそらくサーベラスは嬲り殺しにされてしまうでしょう

金融庁はすでに、サーベラスが五味を担ぐという発言に対して強い懸念を伝えています
もしサーベラスに頭が良いやつがいればこんなトラの尾を踏むような行為はしないでしょう。
もしサーベラスに馬鹿しかいなければトラの尾を踏んで自殺まっしぐらにすすむかもしれません

ss2286234570 at 11:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)