yogurting ヨーグルティング

先物取引

2017年07月10日

大証の夜間先物の取引時間は延長なるか??

大阪取引所の夜間再延長を検討のワケ 投資家に人気…東証でも!?
2017.7.3
大阪取引所(旧・大阪証券取引所)が日経平均先物の夜間取引時間を午前3時から5時半へ延長し、7月で1年を迎える。この間、取引所の期待通りに夜間の売買が活発化しており、取引時間を午前6時か6時半に再延長する方向で検討が進んでいるもようだ。
旧・大証はかつて夜間取引に消極的だった。「反対を唱える労組に経営陣が押されていたため」との声もある。しかし、ネット証券などの強い要望に押されて夜間取引を始めると、投資家の人気を集め、5月は先物やオプション売買の4割を夜間取引が占めた。米国株の史上最高値更新を見て、日経平均先物を買う投資家が多かったという。
1010









現在の日本では、大証先物は深夜3時までしか取引できません
大証のシステムに問題があるからでもなく、法令による規制があるからでもなく
単純に「大証の労組が深夜労働に反対してるから」ですΣ(・ω・ノ)ノ
この驚くべき事実を日本の投資家も知った上で大証労組を批判すべきだおね
まじでいい加減にしろふざけるなとね。

たしかにドコモやNTT、大証や東証みたいな半公的組織や会社なんて
労組が強くてやたら経営陣に対して反抗的で逆らうのはすごく有名な話だけど
そもそも夜間取引時間におけるシステム監視業務なんて
大証の社員はまったくやってるわけがないしどうせ外部委託なんだから関係ないだろ
開発会社に運用任せてるかあるいは下請けの運用会社に丸投げしてるのが普通。
そもそも根本的に大証労組が反対すること自体おかしいだろうに(゚д゚)、ペッ(゚д゚)、ペッ
とにかく一日でも早く、1秒でも早く大証先物24時間化を推し進めるべき。
そしてなにより、先物の祝日取引開始まで一気に押し切って実行すべき

そしてついでにミニミニ先物の開発も実施してほしい
最近はパチンコの規制強化がどんどん進んでるみたいなんで大チャンスでそφ(.. )
ラージ1枚の100分の1の証拠金で取引できるミニミニ先物は絶対うけるとおもうお
最近だとラージ1枚で証拠金70万円(ミニだと7万円)ってことが多い気がするんで
ごく普通のサラリーマンがお小遣いで簡単に参加できる金額に引き下げるべき
たぶんおそらくその金額が7000円〜1万円とこじゃないかな?(`・ω・´)
まさに一般的なサラリーマンが競馬やパチンコやってそうな金額層を狙えと


ss2286234570 at 05:12|PermalinkComments(1)

2013年09月20日

TOPIX先物、国債先物ともに取引時間を午前3時まで延長

大阪証券取引所と東京証券取引所は18日、日本取引所グループ 発足により2014年3月に東証のデリバティブ(派生商品)市場を大証のデリバティブ市場に統合することに伴い、
指数先物・オプション取引の立会時間は現行の大証ルールを踏襲するとし、日中立会は午前9時から午後3時10分まで(クロージング・オークション午後3時15分)、夜間立会は午後4時30分から翌日の午前2時55分まで(クロージング・オークション午前3時)までとなる。東証で取引されているTOPIX先物 は、日中は午前9時から午後3時15分までと大証と同じだが、夜間は午後4時30分から午後11時30分までとなっている。 
この日午後に行われた日本取引所グループの定例会見で発言した大証の山道裕己新社長は、TOPIXと日本国債先物の取引時間を午前3時まで延長することを明らかにした上で、その意義について「デリバティブ市場の拡大、活性化は日本の資本市場の国際競争力の強化に不可欠」と強調した。

少し前の記事ですが、東証TOPIX先物と国債先物の取引時間を
大証との先物システム統合にあわせて延長することを発表したようですにょ(σ´∀`)σ

現在のところTOPIX先物と国債先物は23:30で終了してしまいます(´Д⊂)
これからダウやナスダックが盛り上ってくる時間帯に終了ってのはいけてません。
今回、東証が大証と合併したことによってその不備を解消して、
東証の先物取引を大証と一本化した結果、03:00までの時間の延長が決定したようです
これまで個人投資家は「先物取引」といえば日経225先物ばかりで
TOPIX先物はかなり不人気 やってるのは機関投資家ばかりというのが実情です
これを気に、個人投資家が徐々にTOPIX先物にも移動してくるかもしれませんねφ(.. )

でも実際のところ、海外での市場の波乱はいつも明け方におきるのが恒例です
米国市場が閉まってから大きなニュースをアメリカ発で流すことがあるので、
結果的に先物市場が閉まってから派手に動くということがよくあります。
そういう時はCFDやるしかないというのが今の現状です(´・ω・`)
あと日経225先物やTOPIX先物で一番欠点だなと思うのが、
事前に自分で設定しておかないと「いざという時にロスカットしてくれない」という点です。
TOPIX先物にしろ日経225先物にしろ自動ロスカットの仕組みが上手くできていません。
あるところにはあるのですが、むしろ仕組みがいい加減であったりしたせいで
例の東北大地震直後の「日経225オプション事件」を引き起こしてしまいました(((( ;゚д゚)))
流動性を前提としたロスカットの仕組みがちゃんと出来上がってないんですおね
CFDはFXと同じ仕組みなので自動ロスカットというのが基本的にどこにでもあります。
こういう重要な部分は国内の先物取引でもどんどん取り入れてほしいものです(゚Д゚)ゴルァ!!

FXやCFDってなんだかんだでよくできてるなと思うのが「自動ロスカット」です。
明け方だろうが、深夜だろうが、お仕事中だろうが、祝祭日だろうが
(土日を除いた)いつでも24時間常にポジションを監視してくれてるってのはとても重要でそ
基本的に金融機関のデータベースやサーバーというのはかなり固い地盤の地下にあります。
しかも発電システムが付いてるのでかなり長時間にわたって耐えられる仕組みです。
震度10とかで関東全体が地盤沈下して消滅したとかでもないかぎり、
取引システム自体はずっと動いてるのでロスカットは正しく動くだろうってことです。
(むろん絶対に100%そうだって意味ではありませんが)

例えば、関東大地震がお昼の14時に発生したとします。
電話・水道・ガス・電気などのライフラインは広範囲でズタズタにされるでしょう(((( ;゚д゚)))
日経225先物は猛烈な勢いで大暴落することはまず間違いありません
もしその時、日経225先物のポジションを抱えたままで逆指値を設定していないと、
ロスカットされないままのポジションが放置されて、想像以上に危険な事態に陥ります
証券会社側が強制決済をしてくれるのはずっと後の話なので間に合わないですおね(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

地震直後にあわてて決済注文を出そうとしても確実に間に合うといえるでしょうか
そもそも電気が止まってる事態になればパソコンから発注はできません。
回線が込み合ったり、不具合が各地で起きるはずなのでスマホや携帯もたぶん全滅ですΣ(゚д゚;)
自分の体がタンスやロッカーに挟まれて長時間身動きできなくなってる可能性も十分ありえます。
建物から出れなくなったとか、地下鉄や地下街から出られなくなったなんてこともありえます。
例え自分が生きてたとしても、反対売買やロスカット注文が間に合わない可能性は高いのです
ようやく這い出てきてどこかの公衆電話に辿りついたとしても、
おそらく電話回線は混雑してコールセンターにつながるなんてことはまず0.01%ありません。
つまり生きてても死んでても、決済注文やロスカットが間に合わない可能性は極めて高いのです

関東大震災がおきても前回のような大火災がない限りそうそう死者は出ない気がします。
しかし、ポジションを抱えたまま大地震があったら死ななくても破産リスクは残ります。
ロスカットされないポジションが長時間放置されるリスクってのをなんとかしてほしいものです
本来なら、すべての証券会社がもっと真剣になって議論すべき点だと思うんですけどね(´・ω・`)


ss2286234570 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

岡三オンライン証券がTOPIX先物やミニTOPIX先物の取り扱いを開始

岡三オンライン証券は、平成25年9月30日(月)約定分より、先物・オプション取引において東京証券取引所の上場商品を含む新規商品の取扱を開始しますのでお知らせいたします。また、取引システムの機能追加を行ないますので、併せてお知らせいたします。
今回、新たに加わる商品は、お客さまからのご要望が多かったTOPIX先物、NYダウ先物を含む、東証・大証に上場する7種のデリバティブ商品です。個人のお客さまにとっても馴染み深い指数を原資産とする商品であり、資産運用の幅が広がります。
また、新規の注文機能として、いわゆるドテン売買を実現するオートネッティング注文や時間指定注文が追加されます。時間指定注文では、あらかじめ指定した時間に「成行」や「指値」の新規/決済注文を発注できるだけでなく、指値訂正や注文取消をすることができ、多彩な注文ニーズに対応しております。


TOPIX先物 ミニTOPIX先物 NYダウ先物
岡三オンライン証券 420円 63円 840円
カブドットコム 462円 48.3円 987円
SBI証券 462円 48.3円 945円

岡三オンライン証券が先物系のデリバティブ商品を新たに追加するそうです。
手数料もけっこう安そうだし、特殊注文も追加するようなのでこれはけっこういいですね
手数料は他のネット証券を意識したのか、少し安めに設定されてるようです。
ただしミニTOPIXだけは高めに設定されてるのでその点だけは残念です(´・ω・`)

手数料を比較しようと思って調べてたんですが、SBI証券も既に取り扱ってたみたいですねΣ(・ω・ノ)ノ
今日はじめて知りました

唯一心配があるとしたら東証と大証の先物システム合併後ですおね。
これから両取引所の先物系のシステムも統合して一本化するようですが、
もしこのままの商品ラインナップだとかなり商品数だけが多くなってしまいますΣ(゚д゚;)
しかもほとんど取引のないような銘柄もけっこう多いです。
もしかしたらそのタイミングで商品のリストラがあって、いくつかが削減される可能性もありえます


ss2286234570 at 23:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年06月06日

日経225先物 / 日経225mini先物

最近見てなかったらまた手数料が全体的に下がっていたんですね。
各ネット証券の手数料を比較してみましたにょ(σ´∀`)σ

クリック証券 日経225先物  280円
       日経225mini先物  39

岡三オンライン証券 日経225先物  336円
          日経225mini先物   42円

※岡三は4/23〜6/30日まで189円、21円のキャンペーンもやってるようです。

マネックス  日経225先物  346.5円
          日経225mini先物   52.5円

SBI証券   日経225先物      525円
        日経225mini先物   52.5円

松井証券  日経225先物    525円
      日経225mini先物    105円

※いまならキャンペーンで210円と21円なので安いですが〜6/30日までなのでもうすぐ終わり。

カブコム   日経225先物    987円
       日経225mini先物    105円

楽天証券  日経225先物   2100円
      日経225mini先物    105円


キャンペーン手数料では岡三オンラインと松井証券が競ってるみたいです(。・ω・)ノ゙
通常手数料ではクリック証券が飛びぬけて安いようです
カブドットコムと楽天証券の手数料はちょっと舐めてると言わざるを得ません(゚Д゚)ゴルァ!!
SBIや松井と比べたって完全にぼったくりでしょう。


ss2286234570 at 00:36|PermalinkComments(1)