yogurting ヨーグルティング

値上げ

2022年05月14日

楽天モバイル、携帯料金「0円」を廃止 7月から最低980円

楽天モバイル“ゼロ円撤回”で、変更迫られる事業戦略
2022年05月14日 08時00分  ITmedia
楽天モバイルは5月13日に、データ通信量1Gバイトまで無料としていた「Rakuten UN-LIMIT VI」を、最低でも1078円(税抜980円)からの「Rakuten UN-LIMIT VII」へと移行させることを発表。新規顧客獲得を狙ったゼロ円戦略は1年余りで幕を閉じることとなった。新プランへの移行は通信エリアや品質改善を背景に、楽天グループが提供する他サービスとのシナジーや、楽天市場で利用できるポイントへの還元率を高めた新サービスへと移行させていくことが目的だったと推察できる。
ライバルがahamo、povo、LINEMOと、魅力的な価格のサブブランドを開始している中、同社としては事業のベースとなる顧客獲得を行う時期から、主回線としても選んでもらえるブランドへの転換を行う上で、かなり前向きな戦略として練り込んできたと思われる。実際に日常的に利用する回線として比較した場合、楽天モバイルは現在も“最もお得である”との訴求も忘れてはいないが、一方でこれまで“ゼロ円での回線維持”をしてきたユーザーからは不満の声が挙がっている。

楽天、携帯料金「0円」を廃止 7月から最低980円
2022年5月13日 11:19 日本経済新聞
楽天グループは13日、国内携帯の料金プランの見直しを発表した。月間1ギガバイト(ギガは10億、GB)まで0円だった料金体系を廃止する。基地局整備などの設備投資により赤字が膨らむ中、目標である携帯事業の2023年中の単月黒字化に向け収益改善策の実施に踏み切った。新プランは7月1日から始める。楽天グループの携帯子会社である楽天モバイルは、データの利用量に応じた階段型の料金プランを採用している。これまで税抜きで月間1GBまでが無料、1GB超〜3GBまでが980円、3GB超〜20GBまでが1980円、20GBを超えるとデータ容量無制限で2980円としてきた。プラン見直しで、0GB〜3GBまでは980円とする。3GB超〜20GBまでの1980円と、20GBを超過した場合の2980円は料金を据え置く。

携帯料金0円という派手なCMで契約者を増やしてきていた楽天モバイルですが
負担するコストがあまりに大きすぎてついに有料に踏み切ったようですφ(.. )
楽天モバイルの決算書を見るとかなりエゲツナイ赤字であるのがわかります。
さすがにこれ以上の赤字を抱えるのは苦しくなったという判断なのでしょうか

とはいえ、楽天モバイルってそもそも相当品質が低いので有名なサービスだし
対応エリアもかなり狭いので「ただなら利用してもいい」程度と言われています
980円/月に有料化するならよそに乗り換えた方がマシというのも頷けます。
なにより強引に一方的に値上げするスタイルに反発もあるだろうし(´・ω・`)
騙されて気分が悪いという印象を残すだけなんじゃないかってのもあるでそ。

個人的には楽天モバイルなんて使おうと思ったこともないんでどうでもいいですが
CM音声が大きくてうるさいんでとにかくうっとおしいという印象しかありません
あのCMとにかく不快なんで今すぐ止めろという人は多いはず(゚д゚)、ペッ

なお、楽天モバイルが値上げを決めたことで早速利用者の離反が起きているようですね。
KDDIが提供しているpovoへの申し込みが殺到しているようです。
おそらくNTTドコモのアハモにも乗り換えが増えてそうですけど(´・ω・`)
ただだから楽天モバイル使ってやってもいいって人はたくさんいるけど、金払ってでも楽天使いたいと思う人はやはりあまり多くないのかもしれませんね・・・。
このままだと楽天モバイルの契約者数が一気に減少してそうな気がしますφ(.. )
なにより品質が低い楽天モバイルをおまけに使うのはともかく、主回線にしようと思う奇特な人はほとんどいないだろうってのが一般的な予想ですよね
普通に値上げしたら、みんな「よそに乗り換えます」って結果になるだけじゃないでそか

5月14日現在、お申し込み集中により、ご本人さま確認にお時間を頂戴しております。
平素はpovoをご利用いただき誠にありがとうございます。
お申し込み集中により、ご本人さま確認にお時間を頂戴しております。
完了はメールにてお知らせいたしますのでお待ちください。
KDDI株式会社

楽天モバイル三木谷氏「ぶっちゃけ、0円でずっと使われても困る」
2022年5月13日 17:12  ケータイ Watch
楽天グループは13日、2022年度第1四半期決算を発表した。そのなかで、同社代表取締役会長兼社長 最高執行役員の三木谷浩史氏は、7月から料金プランが改定される楽天モバイルについて、「ぶっちゃけ、0円でずっと使われても困る」とコメントした。

楽天(4755) 846円 +57円 (+7.22%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart
楽天モバイルが0円を廃止して最低980円に値上げするという報道を受けて株価は反発
利用者はどうあれ株主からしたら無駄な赤字が減って業績が回復した方が嬉しいですから、そこは素直に楽天の赤字額が減るという好材料として受け取られたということでしょう
市場の地合いも徐々に回復してる傾向があるので全体的にも目先は回復しそう。
楽天の業績に良い結果につながるということで株価もこれからさらに反発しそうです。


ss2286234570 at 07:15|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月23日

目的の見えない値上げの先に何があるのか?

岡三オンライン証券が来年1月6日から、株式の売買手数料を軒並み引き上げる。現物取引は全ての料金帯で値上げし、信用取引も前月の売買金額が7億円未満の顧客を中心に最大3.2倍に上げる。収益性を高め、システムの利便性向上などを進めるため。ネット証券主要7社で最後発の同社は安い手数料を売りにしてきたが、今回の値上げで「脱・安売り」を宣言した形だ。
SBI証券など他の6社は値上げへの追随を否定。「活況相場で収益が増えているのに値上げとは」と驚く声や「自社への顧客流入が期待できる」と歓迎する声も聞かれる。顧客流出にもつながりかねない値上げで実際に収益を拡大できるのかどうか。値下げ合戦が限界を迎えつつあるネット証券業界で、岡三オンラインの取り組みが注目を集めていることは確かだ。
※メルアドを登録すれば月間10本まで記事を読めるみたいです。
1223








岡三オンラインが2014年1月6日(月)から手数料値上げすると発表
http://www.okasan-online.co.jp/pdf/info/2013/12/20131209a.pdf

なんだかよくわからないけどついさっき日経ニュースに載ってたので読んでみました。
今さらこんな古いネタをニュースにしちゃう日経新聞ってどうなんでそか・・・
むしろそこに突っ込んでおくべきでそう。

業績が悪くて、コスト割れおこしてんだから値上げするのは当然でそφ(.. )
むしろ赤字を垂れ流してることの方がはるかに問題です。
ただ、一番の問題は会社の目的や方向性をすべて失ってることですおね
そもそも手数料を値下げしてデイトレーダーを囲い込んでシェアと収益を奪おう
ってのが当初のコンセプトだったのに、もうそれらをすべて否定してしまったわけです
じゃあその先で何をどうしたいのかっていう部分が無いのが一番厳しいところでそ。

残念ながら今の岡三オンラインに利便性や使い勝手で「大手より良い」というとこはありません。
ただでさえサービス面や商品のラインナップでは大手ネット証券に劣ってるのに
今さら手数料もSBI証券や楽天証券よりはるかに高くなってしまったら、
誰にとっても何のメリットもないネット証券になってしまうだけでそ(´・ω・`)
ま、はっきり言ってしまえばユーザー側から見れば存在価値がないってことです

手数料を値上げしたとか、そんなことはもうどうだっていいんです。
一体何のために存在してるのかどんなユーザーにとって利用するメリットがあるのか
そこを投資家に説明できてないと誰にも使ってもらえないんじゃないかと思うんです
モスより不味くて、モスより割高で、モスよりはるかに体に悪いハンバーガーを売ってる
マクドルドとかいう迷走してる会社も同じようなもんです。
両社とも自分たちのお客のイメージを見失って、目的や方向性がないんですおね(´・ω・`)


2013年12月16日
徳川家・東軍(松井)が石田三成・西軍(岡三)を容赦なく落武者狩り


ss2286234570 at 03:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年09月16日

マクドナルドに失敗フラグが立ちまくる

モス「とびきりハンバーグ」をも超える価格帯に
日本マクドナルドが9月13日から、新しい価格設定モデルを導入する。
マクドナルドの店舗数は全国で3265店(6月末時点)。このうち全店で、「ビッグマック」の単品を旧価格290〜340円から新価格310〜390円(6〜14%)へ、「てりやきマックバーガー」の単品も旧価格270〜290円から290〜350円(7〜20%)へと値上げする。ハンバーガー類の単品での注文数は減っても、より粗利の大きいセットメニューでの注文数が増えれば、利益は維持できる皮算用になる。日本マクドナルドでは、5カ月にわたった実験を踏まえ、「売り上げに与える(プラスの)インパクトは1%程度。客数が減少しない前提で導入する」と説明している。
ただ、今回の値上げにより、日本マクドナルドの看板商品であるビッグマックの値段は、競合するモスバーガー(モスフードサービスが運営)の主力商品「モスバーガー」(単品320円)を大半の店で超え、マクドナルドの一部店舗ではビッグマックの値段が、モスの国産食材にこだわった高価格帯ハンバーガー「とびきりハンバーグサンド プレーン」(同360円)さえも上回ることになる。
ただ、大部分の店舗で商品価格を引き上げながら、「新しい価格設定のもと、これまで以上のお得感を感じて欲しい」という会社側の説明を、顧客の側はどう受け止めるか。マクドナルドの既存店底打ちにはまだ時間がかかりそうだ。
0917









マクドナルドにおそろしく業績悪化フラグのようなものが立ちまくっています(。・ω・)ノ゙
別に値上げしたことが「悪い」とか、値上げそのものを全否定するつもりはまったくありません。
商売をやる以上、値上げというオプションをなくせというのは酷すぎるからです。

ただし、味とかサービスとか品質的に何ひとつ改善が行われてない実情において、
満足度を無視して毎年のように値上げしたらお客のイメージはどうなるのかって話ですおね。
なつさんが個人的に好きな「テリヤキバーガー」もいつのまにか50円くらい値上げされてます
しかも味は改善されてないし、美味しくなったわけでもなく何か付加価値が増えた訳でもありません。
これならマクドなんて行かなくて、次からは「モス」に行こうとしか思いませんΣ(・ω・ノ)ノ

値上げしたこと自体が問題なんじゃなくて
「値上げした」という事実が「利用者から容認されうるかってことが肝なんですおね。
たまに値上げしただけなら「仕方ないから容認しよう」で済むのかもしれませんが、
毎年値上げばかりしてたら「値上げしかしないクソ店舗」とお客の脳裏に刷り込まれます。
仮に値上げした店舗が全国一律でなかったとしても、
その「値上げばかりしてる」というイメージはネット上で広く日本中に広がりますおね
そういった悪イメージの伝播や潜在的な刷り込みがマクドナルドの苦境の原因かなと思います。

選択肢が一つしかないなら値上げしてもお客は固定化されたままかもしれませんが、
いくらでも選択肢がある実情において、何の改善もなく値上げだけ繰り返していたら
「マクドナルドはひたすら値上げを繰り返してるだけで、味は改善しない三流店」という
良くないイメージがマクドナルドの利用者の脳裏にこびりつくようになります
このイメージはあくまで共有化されたイメージなのでそう簡単には払拭できない類のものです。
そいうった「消費者心理」というやつを完全に無視してるアホ経営者だなと思います

マックの食材って油の質が悪いのかなんなのかよく判りませんが、
頻繁に行くとすぐに太ったり体調が悪くなったりします。それで最近はまったく行きません。
今のマクドナルドの実情を羅列するとまさにこんな状態じゃないかなって思います
.┘優襯ーがやたら多寡で太りやすい食事ばかり
¬や品質はいっさい向上してないのに値上げばかり
E稿メニュー廃止したりとお客の心理を逆なでするムカつく社長の行為と発言


こんなイメージでお客が増えて業績が改善したらそっちの方が狂ってるでそ(゚д゚)、ペッ
マクドナルドのあの原田とかいう社長のイメージはマイナスにしか作用してないと思います


ss2286234570 at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年08月04日

岡三オンライン証券がまた値上げ!プレミアゼロなのにゼロじゃない!

信用取引手数料「プレミアゼロ」コースの手数料変更について
平素より岡三オンライン証券をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
信用取引手数料「プレミアゼロ」コースの手数料について、以下のとおり変更しますのでお知らせいたします。

正直なところパッと見では何がかわったのかわからなかったのですが、
現在の手数料体型とよくよく比較してみると地味に値上げされてるのがわかります
しかし、実質的にはただの値上げなのになんで『変更』としか言わないんですかね?
しかもすごくわかりづらい説明なのでもうちょっと丁寧に説明すればいいのに・・・(´・ω・`)

現在
まず今現在の岡三オンライン証券の手数料体型はこんな感じの内容です。
http://www.okasan-online.co.jp/jp/zero.html
月間で20億円の約定代金(信用取引でも現物取引でも問わず)を達成すれば
信用取引手数料がワンショットでも定額プランでも無料になるという内容でした(*´∀`*)ムフー
  
変更後
これが7/19の発表によると約定代金20億円の達成条件が改悪され、
約定代金20億円のうち5億円は現物取引をすることを義務付けられました
まあこの改悪が発表されたのは今からわずか2週間ほど前の話です。
http://www.okasan-online.co.jp/information/2013/0719a/
  
さらに変更後
前回の値上げ発表からわずか2週間後の8/2にさらなる値上げが発表されました。
なんと、「プレミアゼロ」コースを達成したとしても信用手数料が0円になるのは
定額コースを選択した人だけに限定するという実質的な値上げが発表されました。
http://www.okasan-online.co.jp/information/2013/0802a/
おそらく前回のプレミアゼロコース改悪以降、定額コースからワンショットコースに
手数料コースを変更する人が相次いだので急遽値上げを発表したんでしょう


なぜ岡三オンラインは今回のようなルール変更による値上げ改悪をしたのでしょうか
このヒントは7/19に発表された1回目のプレミアゼロの達成条件の変更にあります。
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/cat_60250573.html
実は前回、すでにこの点はぼくちんも指摘しているので
ぼくちんの書いた内容をしっかり読んでた人はすぐに気がついていたはずです
まず、「プレミアゼロ」コース達成のために現物取引を5億円売買するためには
定額コースだと現物手数料を約20万円ほど払わなければならなくなります
ところが、ワンショットコースを選択して現物取引で5億円を達成させるなら
約6万円程度の現物手数料を払うだけで簡単に達成できてしまいます。
(2.5億円の売買代金を往復するだけなら最少額で2520円で済む可能性もあります)
ようは「プレミアゼロ」の達成条件に抜け穴みたいなのがあったということですにょ(σ´∀`)σ

そこで慌てた岡三オンライン証券は急遽、抜け穴を防ごうとさらなる値上げを発表しました。
http://www.okasan-online.co.jp/information/2013/0802a/
なんと「プレミアゼロ」の条件をワンショットコースで達成したとしても
信用手数料は0円にならないというビックリするような改悪をしてきました
そもそもコースの名前が信用手数料を払わなくていいという意味で「ゼロ」
入れてあるのに、信用手数料を取るという風にかなりムチャクチャな改悪をしました。
正直「なんじゃそりゃとしか言いようがありません(゚д゚)、ペッ
さすがにここまで露骨な罠を仕掛けられるとちょっと騙されてるような感じです

【結論】
今回の改悪は明らかにプレミアゼロコースを狙い撃ちにした値上げです
前回の値上げにより、定額コースでプレミアゼロを使いたい人は最低でも
20万円の現物手数料を支払わなければ条件を達成できないように改悪されました
そして今回の値上げにより、ワンショットコースでプレミアゼロを使いたい人は
最低でも2520円の現物手数料を払うことが義務化されたその上に、
ワンショットの信用取引はすべて手数料が通常コースと同じ金額が課されました。
つまり、ワンショットコースを選択してる人には最早なんの価値もないということです(´;ω;`)
完全に通常コースで取引して手数料はらってるのとなんら変わりはありません。

手数料がゼロになるのではなく、利用価値がゼロになる「プレミアゼロ」コースなのです(゚д゚)、ペッ


確かに、岡三オンライン証券は業績が悪いので値上げは避けがたいのも事実でそう。
すでに今年に入ってから3回の値上げを発表してることからも明らかですにょ(σ´∀`)σ
おそらく今後もさらなる値上げをして改悪されることは続くでしょう
しかし、わざわざお客のために用意した看板商品の『プレミアゼロ』コースを
ここまで骨抜きにしちゃうような値上げのやり方ってのはどうなんだろって思います。
正直なところ、今回の値上げは値上げ以上にイメージダウンの効果が高くなるでそう
おそらく次回の値上げはプレミアゼロの定額コースの条件がさらに変更されて
現物取引を5億円やるってところが10億とか20億に変更されるんじゃないかと思います。
さすがにそうなればプレミアゼロコースで取引する意味はまったくないでしょう。
ぶっちゃけこれって、値上げというより手数料を払ってないお客を追放してるだけですおね

マクドナルドが失敗したように商品の価格ってのは企業への信頼と密接に繋がっています。
あまりコロコロと価格を変えて値下げや値上げを頻繁にくり返していると、
値上げされたことよりも企業への信頼感が失われてお客が逃げ出すことが実証されてます。
同様に、岡三オンライン証券もこれほど頻繁な値下げや値上げをくり返していると
利用しているユーザーからの信頼が失墜してお客も離散しやすくなるでしょう(((( ;゚д゚)))
岡三は、去年まではプレミアゼロコースを新設して短期デイトレーダーを集めていながら、
今年に入ってからは手の平を返したようにすでに3連発の値上げをやりました
いくらなんでもさすがにこれはやりすぎでしょう・・・


ss2286234570 at 01:47|PermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加