yogurting ヨーグルティング

倒産

2017年03月27日

旅行会社「てるみくらぶ」、満蒙開拓団サービスを開始!

てるみくらぶ「出国した人は自力で対処を」
日本テレビ系(NNN) 3/27(月) 19:57配信
海外ツアーの航空券が発券できなくなるなどのトラブルが相次いでいる旅行会社「てるみくらぶ」が27日、東京地裁に破産を申請し、認められた。負債額は151億円にのぼり、最大9万人となる旅行者へのツアー代金の全額返済は厳しい見通しだ。 「てるみくらぶ」の韓国・釜山へのツアーに参加し、27日、帰国した女性は「ホテルの部屋はキャンセルされていました」と話す。現地に着いたところ「てるみくらぶ」の予約を代行していた韓国の旅行会社はホテルをキャンセルしていたという。「自分たちは『てるみくらぶ』からのお金をもらっていないから、それは(予約)はできないということで」女性は改めて宿泊費を払って泊まったという。 「てるみくらぶ」は、すでに航空券を受け取っていても、現地で宿泊できないなどのトラブルの可能性があるとして、渡航を控えるよう呼びかけている。一方で、すでに海外へ出国した人については、自力で対処してもらうしかないとしている。さらに、社長の経営判断ミスが今回の事態を招いたのかと問われ、山田社長は「はい、まさしくそうでございます」と答えた。
0327



※動画あり
 







最近あちこちで噂になってた「てるみくらぶ」がついに倒産
なんと既に海外に出国してた客には満蒙開拓団サービスという
「自給自足で日本まで帰ってこい」という超絶サービスを始めたようだお
事前に止めたのに勝手に海外旅行に旅立ったのは自己責任だから
日本に帰りたかったら自腹で帰ってこいって意味らしいにょ(σ´∀`)σ

まるで満州を王道楽土だと唱って騙されて満洲に行った満蒙開拓団だおね
ちなみに満蒙開拓団は関東軍と政府に騙されて荒野につれてかれて
そのへんの農民に武器もたせて屯田兵になれとかムチャなこと命じられました
最後はソ連が満洲に攻め込んでくると関東軍はさっさと鉄道にのって逃げてって
満州の荒野に捨てられて自力で日本まで帰国させられたという悲惨な部隊です



まあそんなことはどうでもよくて一番の問題はここからφ(.. )
実はこの「てるみくらぶ」と争ってる格安旅行会社「旅工房」
来月4/18マザーズに上場予定なんだおね(*´∀`*)ムフー
http://www.traders.co.jp/ipo_info/schedule/ipokobetsu.asp?no=6548&lk=y

たしかにライバルが潰れてくれたら漁夫の利って考えもなくはないけど
数千人単位で格安旅行会社の利用者が海外に放置されるなんて事件が起きたら
格安旅行業界全体の信用問題になりかねません。おそらく(´・ω・`)
こういった信用度のあまり高くない格安旅行会社そのものへの不信感が増して
上場を前にして業界自体の信用問題になるかもしれません。
問題起こしたのはライバル会社だけどなかなか厳しいフライトになりそうだおね

ss2286234570 at 20:03|PermalinkComments(0)

2015年09月16日

ネットマーケティング(6175)、取引先が破綻してIPOを中止

東京証券取引所は27日、9月16日に東証マザーズ市場に上場する予定だったネット広告支援を手掛けるネットマーケティング(6175)の上場承認を取り消すと発表した。同社から新規上場を取りやめる申し出があったため。ネットマーケティングは理由について「ここのところの株価の急落が理由ではない」としたうえで「事業環境の悪化により取り下げを決めた。詳細については主幹事証券と調整が必要なため現在は公表できない」としている。

当サイトは脱毛サロン最大手「ミュゼプラチナム」を運営するジンコーポレーションが私的整理に向けた手続きに入っていることを報じた。同社は顧客から受け取った前受金を全額売上計上した結果、簿外負債が累計で500億円超という途方もない金額に膨らみ、実質的な債務超過状態に陥っている。破綻か再建か――。同社の行方に注目が集まっている。
情報サイト「フォーサイト」による報道もあり、8月末、ミュゼには解約を求める顧客が殺到し蜂の巣をつついたようなパニックに陥った。コールセンターへの着信件数は平時の20倍を超え、ついに一日の解約金が契約金などの入金を上回り、「売り上げマイナス」という恐れていた事態が発生した。
実はこの騒動のとばっちりを受け、上場を取りやめざるを得なかった企業がある。9月16日にマザーズ上場予定だったネットマーケティング(主幹事・SBI証券)だ。同社は8月27日、突如上場の延期を発表。その理由について「特定企業との取引に関連し、2016年6月期の業績見通しが未達になる可能性が生じた」とのみ説明した。
この「特定企業」はエーアイパシフィックという企業で、ネットマーケティングの販売実績の2割を占める得意先だった。実は、エーアイパシフィックの実態はジンのトンネル会社といっても過言ではない。取引の約9割はジン関係であり、事務所も同じビルに所在している。報道がなければ、新たな「上場ゴール」銘柄が生まれる可能性があったのだ。
高橋社長は、前受金の全額売上計上という実現主義の原則に反する不適切な会計処理を敢行したからこそ、数億円もの役員報酬を得て競走馬を10頭近く所有する豪遊生活が成り立っていたことを忘れてはならない。本当の被害者はジンにカネを払った無数の顧客であり、そのツケが今回ってきたのである。


8/27、突然、ネットマーケティング(6175)という会社がIPOを中止しました
当時は日経先物やダウや為替が荒れてる真っ最中だったのでそれが要因かと思いましたが
「事業環境の悪化」というわけのわからない説明のみでその場は終わりました

背景にはあの「ミュゼプラチナム」が深くかかわっていたことが判明しました。
ミュゼといえばあのトリンドル玲奈というタレントさんのCMが有名ですにょ(σ´∀`)σ
この2〜3年くらい、春・夏関係なくやたらミュゼの脱毛CMがよく流れていました。
都内にいると電車の中吊りなどでバカみたいにやたら大きく載ってたのを覚えているお
最初は500円くらいで脱毛できるとかでお客を読んで、高額の回数券を売りつけるという
いかにもよくありがちなアレ系のビジネスで有名だおね

0916











ちなみにトリンドル玲奈さんが所属してるのはヤクザがケツ持ちやってるので有名
あのプラチナムプロダクションという芸能事務所ですが
まあ詳しくは「プラチナム 自殺」で検索して自分で読んでみてくださいφ(.. )
http://matome.naver.jp/odai/2140172919748721301
どうやら脱毛の「ミュゼプラチナム」と芸能事務所のプラチナムはまったく関係ないみたいですが
両社はそれなりに蜜月でかなり派手な広告やテレビCMをやってたのは事実でそう。

問題なのはこの「ミュゼプラチナム」を運営しているジンコーポレーションという会社が
不正会計をやりまくって500億円というとんでもない額の簿外債務を抱えて
ついには破綻整理かの真っ只中に陥ってしまったこと
脱毛業界ってのはお客には先行して10回とか20回の回数券を売る商売なんですが
基本的には解約された場合はすべて返金する義務を業者が負います
今回のミュゼの話を見る限りでは、解約されることをまったく考慮せず
回数券を売った段階で全額売上高に計上してしまってたってことなんでそう(´・ω・`)
さらにいえば、将来返さなきゃいけないかもしれない金額をまったく残さずに
イケイケどんどんで広告費に使い込んだり、社長のボーナスになってたってことだおね
本来なら支払う可能性があるので引き当て処理みたいなのをやっておくべきです。
しかし、今回のミュゼはその債務をバランスシートに一切載せていなかったんでそう
それでいきなり簿外債務500億円ということになったんだろうと推測します(((( ;゚д゚)))

このミュゼ(運営会社のジンコーポレーション)を大口顧客にしてたのがネットマーケティング
どうやらかなりの大口顧客だったようで、売上のはジンだったようです。
これはおそらくですがたったこれだけのことでIPO中止というのはちょっと変だおね
一般的に、イケイケどんどんの会社はCMなどの広告費をガンガン費やす傾向が強く
広告の枠を先に押さえる必要があるので、後払いで支払う額が増える傾向にあるんだおね
つまりそこでは取引先への買掛金がどんどん積みあがるってことを意味します
ジンの側から買掛金ってことは、ネットマーケティング側からみれば売掛金になるおね。
ってことは、もしジンが破綻するとネットマーケティング社は回収不能の売掛金を出します(´;ω;`)
ようはこの部分がIPO中止の根本的な原因じゃないかなっておもうわけです
上場して直後に売掛金が回収不能になって特別損失億円では話になりません。
上場の2週間前になっていきなりIPO止めるってのは異例中の異例の事態でそう。
むしろかなり具体的な額の損失発生の可能性を把握したから
中止したって考える方がきわめて自然な流れだと思いますにょ(σ´∀`)σ


上原美優は関東連合の慰安婦、自殺の真相と本人の遺書


ss2286234570 at 16:24|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年06月28日

インデックスがついに倒産

インデックス(4835)は27日、民事再生手続きの開始を東京地裁に申し立て、受理されたと発表した。同日付で債務の弁済禁止などの保全命令を受けた。同社の発表によると負債総額は約245億円。
1995年設立の同社は、携帯電話向けコンテンツの草分け的な存在で、携帯電話の普及とともに事業を拡大してきたが、海外買収案件の収益が上がらず多額の投資損失を計上した。また、破たんした日本振興銀行が主導した中小企業への投融資ネットワークに加わったものの、ベンチャー企業向けを中心とする投融資の多くが回収不能になり財務状況が悪化。2013年2月期には債務超過に陥った。

売上高を水増しした疑いで、証券取引等監視委員会が強制調査していたゲームソフト会社「インデックス」が27日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。信用調査会社の帝国データバンクによると、負債総額は約245億円。
インデックスをめぐっては、6月12日に証券取引等監視委員会が、循環取引で売り上げや利益を水増しした粉飾決算を行ったと金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで強制調査。これで自主再建が困難となった。
インデックスは1995年9月の設立。2001年3月に店頭市場(現ジャスダック市場)に上場。2010年に取引先だった日本振興銀行が経営破たんしたことで、経営難となっていた。
インデックス粉飾決算+上場廃止と倒産危機








インデックス(4835)がついに倒産したようですにょ(σ´∀`)σ
もともと債務超過で赤字決算だったことでかなり売り込まれていた銘柄ですが、
循環取引の疑いで粉飾決算してたことが明るみに出て強制捜査を喰らい
ついに資金調達の方法をすべて失って倒産となったようです
2008年の頃からすでにヤバイと噂されていた銘柄なので、むしろ長生きしたというべきでそう

木村前会長逮捕の日本振興銀行、「中小企業振興ネットワーク」参加企業は?
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=335072
振興銀関連銘柄
 ..2375 スリープロ 
 ..2694 ジーテイスト
 ..2814 佐藤食品
 ..3323 レカム
 ..4352 日本産業
●4357 ラパルレ →2011/10/05 民事再生
 ..4835 インデックスHD(中小企業ネットワーク脱退発表)⇒2013/06/27 民事再生
 ..6634 ネットインデックス
 ..7474 ジーネットワークス
 ..7602 カーチス
 ..7622 さかい 
 ..7834 マルマン 
 ..8426 ニッシン債権回収
●8489 中小企業信用機構
 ⇒2012/01/25 民事再生
 ..8508 Jトラスト(旧イッコー)
 ..8571 NISグループ(グループ離脱予定だと6月に発表) 
2012/05/09 民事再生
 ..8909 シノケン
 ..8922 ジアース(旧IDU)
 ..9609 ベンチャーリンク 
2012/03/12 民事再生

前にも何度か書いてますがインデックスは日本振興銀行のネットワークに入ってた会社です。
通称「死のネットワーク」といわれてるやつです
まともな銀行からお金を借りれないような会社を
日本振興銀行が集めて
ネットワークを作って互いに支え合うというちょっとした相互援助組織みたいなのです
まあそれ自体がすでに金を回転させただけの胡散臭さがあったわけですけど

このネットワーク参加者は銀行からお金を借りにくい会社ばかりなので、
死亡率が高いので有名な企業ばかりです

このネットワークに入ってる企業でまだ上場してるところが意外と多いです。
間違ってもこの手の銘柄を買うのだけは止めた方がいいと思いますにょ(σ´∀`)σ

そもそも日本振興銀行が主催していた「中小企業振興ネットワーク」とは
普通の銀行ではほとんど融資を受けれないような問題のある企業ばかりでした
日本振興銀行はそれらを集めて互いにお金を回しあうようなネットワークを作ったといわれています。
そこに入っていたというだけですでに会社の信用度はかなり低いことが証明されてるようなもので、
今回、インデックスが倒産したことで残った企業にもさらに厳しい視線が向けられるはずです
どういう銘柄が残っているかよくよくチェックしておくことをオススメしますφ(.. )
不動産バブルだからとか言ってジアース(8922)とか買ってるやつはまじですごいと思う


ss2286234570 at 06:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)