yogurting ヨーグルティング

個人投資家

2024年06月04日

【即完売】ソフトバンクG社債、利率3.03% 個人向け5500億円発行!

ソフトバンクG社債、利率3.03% 個人向け5500億円
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB3135I0R30C24A5000000/
2024年5月31日 15:44 日本経済新聞
ソフトバンクグループ(SBG)は31日、国内の個人向け社債5500億円の発行条件を決めた。7年債で利率は年3.03%と、3月発行の7年債から0.01ポイント下がった。長期金利はその間に0.3%強上昇しており、後藤芳光・最高財務責任者(CFO)は日本経済新聞の取材で「我々のクレジットがベース金利の上昇幅よりも改善した」と述べた。
発行額は5500億円で、同社の個人向け社債としては2024年3月の起債に並び過去最大になる。調達資金は6月14日に満期を迎える個人向け社債の償還資金や、傘下のビジョン・ファンドから英半導体設計アーム株を取得した際の未払い金の一部に充てる。
社債の発行条件を決める需要調査中の5月に米格付け会社S&PグローバルがSBGの長期発行体格付けを「ダブルBプラス」に1段階上げて信用リスクが低下した影響が出た。4月に国内の機関投資家向けに起債した7年債も年2.9%と比較的好条件であり「ホールセール債も(今回の条件に)意味があった」(後藤氏)
新発債の愛称は「福岡ソフトバンクホークスボンド」。申込期間は6月3〜13日で、払込期日は14日。大和証券が事務主幹事を務め、SMBC日興証券や野村証券、SBI証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、みずほ証券を含めた11社が引き受け、個人に販売する。日本格付研究所(JCR)から「シングルA」の格付けを得た。
0606








つい先日からニュースになってたソフトバンクの利回り3.03%の社債ですがφ(.. )
発売とほぼ同時にソッコーで売り切れて完売になったみたいですね
引受元の証券会社が11社いたとはいえそれなりにSBI証券も割り当てがあったはずなのに
(ソフトバンクの孫さんとSBIの北尾会長が懇意の中でもあるので)
まるでアイスが蒸発するように一瞬で蒸発して売り切れるとはなかなかの人気ですね

大手の対面証券だと付き合いの深い大口投資家に優先的に割り振ってしまうので
結果的にネット証券で取引してる一般の個人投資家はSBI証券くらいしか選択肢がなく
激しい競争に打ち勝つしかソフトバンク社債を手に入れる方法はたぶんないでしょう

ソフトバンク債の唯一の欠点は期間が7年とちょっと長いのがやや気になりますが、
預貯金でまして定期預金みたいなカス商品に入れてる資金がもし少しでもあるんならば
ソッコーでこの手の社債でも購入しといて損はない気がしますφ(.. )
.
mv_bond_japan_851568






.
SBI証券ではアイフルの社債も6/6木曜から販売開始するみたいですけど(´・ω・`)
おそらく利回りは1%ちょっとくらいと考えたらなんか旨みは薄そうですおね
こんなもん買うくらいなら利回りが高い株を少し上手に運用して少し鞘抜くだけで
配当金がもらえるんでもっと短期でもっと賢く利回り1%くらいなら達成できそうです

楽天証券ではJR西日本の社債を6/7(金)から販売開始するみたいですけど
利回りがおそらく0.4%くらいに着地して決定しそうなのでいよいよショボい(´・ω・`)
まあこちらは期間が1年間なんで、なんの利用予定もない余ったままの普通預金を
少しでも運用して金利もらうくらいならありかなってくらいですかね
(自分はいらないですけど、人によっては1年間って部分が魅力に感じるかもです)

個人的には社債の期間はせいぜい3年くらいに設定してくれると嬉しいですよねφ(.. )
2〜3年で利回りが2.3%〜3.0%もあれば十分満足いく商品かなと思います
さすがに5年とか7年とかの社債はちょっと長すぎて「まあいっか」で終わりそうです・・・




ss2286234570 at 16:46|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年05月18日

新NISA口座の新規開設3.2倍 1〜3月、首位は楽天証券

新NISA口座の新規開設3.2倍 1〜3月、首位は楽天証券
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB021H30S4A500C2000000/
2024年5月6日 11:30 日本経済新聞
1月に始まった新たな少額投資非課税制度(NISA)をきっかけに投資を始める個人の裾野が広がっている。日本証券業協会によると証券会社10社で1〜3月の新規口座開設数は170万件と前年同期比3.2倍に膨らんだ。
日証協は対面証券大手5社とネット証券大手5社それぞれのNISA口座の変化を調べた。2023年末で新規買い付けが終わったジュニアNISAの口座数は除いた。1〜3月の累計の買い付け額も4兆6822億円と、前年同期比2.9倍に達した。日経の独自調査では大手10社のうち首位は楽天証券だった。3月末時点で520万程度の口座を獲得し、全体に占める割合は約35%。SBI証券が約477万口座で続き、ネット証券大手2社が口座数で突出している。3位以降は野村、SMBC日興、大和と対面証券が続く。
楽天証券は新NISA口座の半数以上を30歳代以下の若者が占め、性別では女性が5割強にのぼる。これまで投資になじみのなかった初心者の入り口として新NISAを活用し、他の取引につなげて長期顧客になってもらうことを狙う。
日証協の調査では新NISAを使った買い付けの傾向も明らかになった。金額ベースでは成長投資枠が83%、つみたて投資枠が17%だった。商品別でみると投信に50%、国内株に47%が集まった。投資枠は広がったが活用は限定的だ。既にNISA口座を持っている約1200人に24年の年間投資計画を聞いたところ、新NISAで可能になった年120万円超を投じる人は16%程度にとどまった。
0520
















「Z世代」の3割超、給料の20%以上を投資 将来に不安
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB235N20T20C24A4000000/
2024年5月1日 2:00 日本経済新聞
「資産形成は早く始めるほど効果があると聞いた。分散を重視して、全世界株式型や米国債に投資する投資信託を積み立てている」。楽天証券が3月末に開催したセミナー「#資産づくりカレッジfor大学生」に参加した男子大学生(21)はこう話した。自作のゲームを売って稼いだお金のうち、将来のことを考えて毎月2万円を投資に回すという。
世代別でみるとより顕著だ。Z世代である20代は、「10%以上」が62%、「20%以上」が36%に達した。「50%以上」との回答も7%あった。娯楽費や食費などを切り詰めて投資に回す姿が見て取れる。
「投資が上向けば生活が楽になる」。東京・銀座にある投資家バー「STOCK PICKERS」を24日に訪れた20代男性はこう語る。2020年に会社に入ると同時に投資を始めた。現預金は100万円を上限にし、それを超えた額は全て投資に回す。月10万円ずつ米株指数連動の投信に積み立て、残りは国内の中小型株に振り向けているという。
0519





日経だとNISAの記事をアホみたいに目にするようになってきてますけどφ(.. )
本当にいうほど稼働してんのかって言われたら、現実的にはかなり疑問を持ちますよね
証券やNISAの口座が増えてるってニュースは聞くけど、実際にNISAで投資や積立してるって人の話を聞くことはかなり少ないというか、たまにしか聞きません

たしかにずっと以前から株式投資をしていた既存の経験者層ではやってそうですけど
それこそ投資初心者で株式投資したことがない層が新NISA口座開設に殺到したからって
実際に本当に入金まで終えれて、取引までやってるって感触はほとんどない感じ(´・ω・`)

以前テレビで「SBI証券の対面NISAセミナー」の会場の様子を地上波で見たんだけど
その場にいた参加者のほとんどは「スマホの使い方がよくわかりません」だとか
「入金方法が分からないんでNISA口座開設したとこで止まってる」だとかそんな感じ
どー見ても投資以前のステップで躓いてる人が多数なんじゃないでしょうか
そもそもパソコンは故障したまま買い替えせずにずっと放置してるって人が多いし、
なにより60歳以上はスマホの操作がまともにできてないって人多いですもんね(´・ω・`)

2024年1〜3月の新NISA口座開設数の首位は楽天証券であったと書いてありますが、
新規でNISA口座開設した人の半数以上が30歳以下だったってことを考えると
実際には手元の投資資金がなくてほとんど未稼働で放置されてる気がするんだおね
さらに5割強が女性だったってことはさらに投資資金持ってなさそうですよね(´・ω・`)
正直いって、NISA口座のほとんどは空口座で放置されてるだけの気がします
(すでに以前から株式投資をしていた既存投資家層を除いたらの話ですが)





ss2286234570 at 07:48|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年04月06日

岐阜暴威さん400万ロスカット! 〜年収−1,000万暴威への道〜

原油5カ月ぶり85ドル台 米中経済指標好調、中東緊迫も
2024年4月2日 14:59 日本経済新聞
原油価格が上昇している。米原油指標のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物価格は2日、一時1バレル85ドル台前半と約5カ月ぶりの高値をつけた。1日までに発表された米国や中国の経済指標が好調で、世界的に原油需要が伸びるとの見方が広がった。
中東情勢が一段と緊迫し供給が細るとの警戒も高まっている。1日、イスラエルがシリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館周辺を空爆し、イラン精鋭部隊の革命防衛隊幹部を含む7人が死亡したと伝わった。エネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の野神隆之首席エコノミストは「イスラエルを支援する米国とイランの緊張が高まったり、海上輸送の大動脈のホルムズ海峡を通じた供給網に支障が出たりするリスクが意識されつつある」と指摘している。

イスラエル、イラン大使館空爆か 革命防衛隊幹部が死亡
2024年4月2日 2:14 日本経済新聞
イランメディアは1日、イスラエルが同日、シリアの首都ダマスカスにあるイラン大使館周辺を空爆したと伝えた。イラン精鋭部隊の革命防衛隊幹部を含む7人が死亡した。イランと敵対するイスラエルは親イラン勢力などを標的にシリア領内への攻撃を繰り返している。イランが反発を強めるのは確実だ。
イランのアブドラヒアン外相は1日、攻撃後にシリアのメクダド外相と電話協議し「シオニスト政権(イスラエル)の攻撃は国際的な義務に違反する行為だ」と批判した。メクダド氏も「攻撃は国際法違反だ」と強調した。イランメディアが伝えた。
2023年10月にパレスチナ自治区ガザでイスラム組織ハマスとイスラエルが衝突して以降、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラなどの親イラン勢力もイスラエルへの攻撃を続けている。イランはこれまでイスラエルとの直接的な交戦を避ける姿勢を示してきた。ただ、自国の在外公館が攻撃されたことで、イランや親イラン勢力とイスラエルの対立が激化する可能性がある。
0408



 ※動画あり




CFDで原油先物を売ってる個人投資家の鏡といわれるわれらが岐阜暴威さんですが、
最終的には余計な日経225先物を40,600円で高値掴みするという余計なポジまで追加して
逃げ場がなくなったあげく4月5日(金)の朝に自分でロスカットしたようですΣ(・ω・ノ)ノ

4月5日は夜中から朝までアメリカ市場が大荒れだったのでほぼ一睡もできなかったようで
明け方まで神に祈りながら相場の反転を希望したもののなに一つ夢はかなえられず、
いつものお祈りトレードで追い詰められて原油と日経225先物をぶん投げ(´・ω・`)
またしてもなに一つ成長しない姿を世界中に晒してしまいました・・・

前日の夜というか、深夜からダウやNASDAQが急落したことで日経225まで連れ安して
一時的に含み損が減っていた日経225の損が爆発的に再増加してしまったことで、
ついに心がポッキリ折れてしまい泣く泣く全ポジションを投げたようですφ(.. )
今回はそもそも日経先物40,600円という超ド天井で売りポジを立てる失態をやらかし
しかも後から失敗ポジを追加で買い増すという大チョンボまでやっているようです。
根本的に間違ったポジションを建ててしまったことに決定的な敗因があるにもかかわらず
諦めないだの、死守するだの、試行錯誤するだのと意味不明なことをつぶやいて
最終的に損切りの判断を遅らせたことがまたもや致命傷になりました(´・ω・`)
ほとんど何も考えず、軽い気持ちで原油先物を売って含み損抱えただけなのに
まるで良ポジを建ててると錯覚したまま突き進んだことが今回の大きな失敗でした
明らかに日足チャートが好転しても目の前の現実から目をそらして逃げ回ったことで
さらに含み損が膨れ上がって、150万の損が約2倍300万以上まで膨れました

原油先物チャート
https://fu.minkabu.jp/chart/wti
0410












今回は明らかに日足で下落から上昇に転じかけたところで原油先物を売ったようなので
,修發修發覆鵑任修鵑淵織ぅ潺鵐阿杷笋螢櫂犬覇ったのか?
▲謄ニカル的にチャートが好転してる銘柄をなぜ損切りせずに耐えようとしたのか?

この2点で考えるとよくこんな無意味なトレードで耐えようと思ったなという感じです
おそらくほんの少し下げて買い戻せば短期でサヤ抜けると期待して軽い気持ちで売って
即座に含み損が拡大しはじめたので長期トレードに切り替えたんでしょうφ(.. )

それって、上昇してるチャートで売りポジ抱えて耐えるのってただのリスクでしかないので
損切りをためらってまったく無意味な取引を敢行しただけでしかないですよね(´・ω・`)
100〜150万で損切りするチャンスは何度もあったのにそれを躊躇してしまったことで
最終的にはその倍の300万以上の損切りを強いられる結果になったわけですし。

まったく意味のないポジション抱えて、神様に祈りながらただ放置していただけですし、
「耐える」だの「死守する」だの「諦めない」だのと何度も呟いていたようですが
結局のところそれって判断をためらってただ「神にお祈りしてた」だけのことでそ

明け方までひたすらスマホ抱えて神様にお祈りして耐えるだけ耐えて
最終的にはいつものように、原油先物も日経225先物もほぼ高値と安値で切ってますね・・・




ss2286234570 at 05:46|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年04月05日

ispaceの公募増資、調達額84億円 ➡ 追加増資もありそう(´;ω;`)ブワッ

ispaceの公募増資、調達額84億円 新株発行数は5割減
2024年3月26日 12:45 日本経済新聞
月面輸送サービスのispace(アイスペース)は25日、海外での公募増資の発行価格を871円に決めたと発表した。同日の株価(967円)に対して9.93%割り引いた。投資家の需要を踏まえて新株発行数は1025万株にした。当初の最大発行数(2059万1900株)に比べて5割減となった。手数料の差し引きを考慮すると、調達額は84億円弱となる。
同社は2026年、最大300キログラムの輸送荷物を搭載できる月面着陸船を打ち上げる。今回の調達額のうち70億円は着陸船の開発や、ロケットの打ち上げ費用などに投資する。13日に公募増資を発表した当初、26年の打ち上げの関連投資額は115億円としていた。12日の株価や発行株数などを考慮すると、調達額が145億円になると見積もっていた。

ispaceが公募増資、最大200億円強 月面着陸の費用で
2024年3月13日 18:09 日本経済新聞
月面輸送サービスのispace(アイスペース)は13日、海外での公募増資を発表した。最大で200億円強を見込む。米子会社の開発する月面着陸船が2026年、ロケットに搭載されて打ち上げられる。
公募増資は普通株式1653万9700株を新たに発行する。12日の終値ベース(1067円)で費用の差し引きなどを考慮すると、アイスペースは調達額が145億円と見積もる。需要に応じた追加売り出しも含めれば新株発行は2059万1900株で、調達額が200億円強となる。発行価格は投資家の需要に応じて3月25〜28日に決める。アイスペースの24年3月期の連結売上高は前期比2.4倍の23億円、最終損益は33億円の赤字(前期は113億円の赤字)を見込む。今後打ち上げる着陸船の開発費などに伴う先行投資がかさんでいる。
0405




ロケットを打ち上げるといっては市場から金をせびるので有名なispace(アイスペース)
上場前は調達した資金でなんとか債務超過を解消することができたそうですが
また金が足りないということで海外で公募増資をして株券印刷をやりました。
(株券印刷を上場後もやるってことは目論見書にもすでに書いてありました)

そこまではいいんですが、当初は200〜145億円を見込んでいた調達資金が大幅に減少し
その半分の84億円しか調達できないという事態に終わりました(´・ω・`)
その理由は「海外での投資家の需要が低くて」引き受け手がいなかったことのようです。

一見すると公募増資による新株発行数が少なく済んだので株主は喜びそうですが
こういう増資は調達金額を見込んで資金計画も事前に立ててしまっているものなので、
経営サイドからしたら84億円しか調達できませんでしたでは済まない話ですφ(.. )
特に宇宙事業ではロケットを打ち上げてなんぼの商売なので、調達資金が半分だったのでロケットを打ち上げれませんでしたでは済みません
(そもそもロケットを打ち上げる資金が集まらなかったら全計画がポシャるので)

でどうなるかというと、おそらく第二次の資金調達計画が持ち上がるでそう(´・ω・`)
現実的な話を言えば、ispaceはすでに2025年以降に次のロケット打ち上げ計画があるので、
このまま資金調達額が少ないのでロケット打ち上げ中止にしましたでは済まないって話

(おそらくですが)2024年内にもさらに追加的に50〜80億円規模の増資が持ち上がり
最悪の場合は通常の公募増資ではなく、もっと質の悪い、株主を徹底的に痛めつけるタイプの株券印刷がこれから計画される可能性が高まるのではないかと懸念しますΣ(・ω・ノ)ノ

まあぶっちゃけ、ispaceはロケットを打ち上げる金がないのでその資金調達のために赤字で上場した訳で、そもそも株券印刷は不可避ですし当初の計画通りですφ(.. )
むしろその計画を今さら知ったみたいなことほざいてる投資家の方がアホってこと
個人的にispaceの宇宙事業の夢を頭ごなしに全否定する気持ちはさらさらないのですが、
かといって株を買って自分の資産を投じて肥やしになる気もありません(`・ω・´)シャキーン

ただ残念なことに現実問題として言えば、ispaceの株を買って投資するという行為は
訳の分からんバイオ株を買って夢の治療薬開発を祈るのと大差はありません(´・ω・`)
そのへんをよくよく考えてからispaceに資産をお布施するか否か判断すべきでそう

これは個人的になんとなく思う部分ですが、調達資金が足りないでは済まされないので
緊急で再度の資金調達計画をまた立てて、借金するか株券印刷かの2択でしょう
でも会社は赤字なので借金してもその返済はやっぱり投資家に払わせるしかありません。
年末までに再増資して株価は500〜600円ってところじゃないでしょうかφ(.. )

ispace(9348) 747円 +21円 (+2.89%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9348
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9348.T/chart
時価総額:696億円
知り合いにもispaceの買って夢を語ってる人がいたので厳しい話をしたのですが、
正直いってその話のいったい何%を真剣に理解してもらえたのかなと後で思いました・・・
こんなクソ株買うくらいなら大手商社買った方が100倍マシだとも言ったんですがね。
ispaceはまだ時価総額が大きいので100〜200億円は平気で増資ができる株価水準です
増資が不可になって資金が詰まるよりはマシですが、投資家が儲かるわけでもありません。
まあispaceの2-3日の短期リバ狙い売買までもすべて否定するつもりはないですが
本気で将来を夢見て買うようなそんなまともな銘柄ではないと思いますφ(.. )
ここにきてまた信用買い残が増えてますけど頭大丈夫かよと思いますm9(^Д^)9mプギャー!!

信用残高
https://kabutan.jp/stock/kabuka?code=9348&ashi=shin
0407











2024年03月13日
ispaceが公募増資、最大200億円強 月面着陸の費用で

2023年10月11日
ispaceがS安ウリ気配、ロックアップ解除で株式需給の悪化を警戒

2023年04月27日
ispace(アイスペース)さん、着陸船も株主も激突して爆死!!


ss2286234570 at 16:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年04月03日

個人向けの光通信債1.65〜2.25%、GMOクリック債1.4〜2.0%が発行へ

0404







個人投資家向け無担保社債の仮条件決定に関するお知らせ
当社は、「GMOフィナンシャルホールディングス株式会社第4回無担保社債(社債間限定同順位特約付)」の仮条件を、下記のとおり決定しましたのでお知らせいたします。 

楽天証券
<円建て>株式会社光通信第48回無担保社債を取扱いいたします。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/bond/jbond/products/20240415/
main









日銀がマイナス金利を撤廃したからなのか、それとも金利上昇とインフレのせいなのか
最近は社債の利回りも右肩上がりでどんどん上がってきているように思われます
今回はこれまであまり目にしなかったピカツーの社債が発行されたようです。
楽天証券だけでなくSBI証券もおんなじ社債がホームページに載ってますね
正直なところ7年はさすがに長すぎじゃないかと思う気持ちがあるのも事実です(´・ω・`)
bnr380_100_bond_japan_943548





本当にこれから金利が徐々に上がっていくならさらに社債の金利が上がる可能性があるので
3年くらいならともかく、7年ものの買うよりも少し待った方がいいかなとも考えます

まあそうはいっても、2023年こないだ楽天モバイル債の3.3%に比べたらレベチですが
楽天モバイル債は利回り3.3%なのに期間が2年間と短めなのも最高でした(´∀`*)
ホラレモンとかひろゆきみたいなアンチ楽天の頭おかしい連中が集って
散々危険だのリスクが高いだのとキチガイどもが騒いでたあの頃が懐かしいですね
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/bond/jbond/rakuten_mobile/new_issue02.html
main










2024年03月02日
ソフトバンクG社債、利率3.04% 個人向け5500億円 3/4から申込開始

2023年05月16日
5/16株式市況 楽天グループ、最大3,000億円の増資発表

2023年12月05日
SBI証など3社提訴、クレディSのAT1債巡り−個人投資家ら

2023年05月26日
個人向けのGMOクリック債1.23〜1.83%、ソフトバンク債2〜4%が発行へ

2023年05月16日
5/16株式市況 楽天グループ、最大3,000億円の増資発表

2023年01月28日
楽天グループ、個人向け債利率3.3%に決定


ss2286234570 at 08:48|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年03月29日

原油さらに上昇、岐阜暴威さんの含み損もさらに上昇↑

原油先物1ドル超上昇、月間では3カ月連続高
2024年3月29日午前 5:32 ロイター
米国時間の原油先物は1バレル=1ドル以上上昇した。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国でつくる「OPECプラス」の減産継続見通しやロシアのエネルギーインフラに対する攻撃などを背景に月間でも上昇した。
清算値は、北海ブレント先物5月限が1バレル=87.48ドルと10月27日以来の高値。中心限月の6月限は1.58ドル高の1バレル=87ドルだった。5月限は28日に期日を迎える。週間では北海ブレントが2.4%、WTIが約3.2%それぞれ上昇した。両先物とも3カ月連続で上昇した。
新年早々だったかな?ポンド円で大負けした岐阜暴威さんがここにきて危険ですね
煽りとか損なんじゃなく、テクニカル的に考えたら原油売りはかなり危険っぽい感じです。
これさっさと損切りして撤退しとかないとかなり危険な展開になりそうだお(´・ω・`)

そもそも日足でトレンドが転換してる原油先物を売ってること自体が微妙だったのに👹
ついに週足チャートにおいてすら上昇に転換してるんで、これ助かる気あんのかね?
ごく一般的にテクニカルで考えたら週足トレンド回復で76ドルより下まで下がる確率は
かなり低くなっててむしろ77〜78ドルなら押し目で買っとけラインが構築されてきてます

このまま行くとトレンドに沿って動けば90〜95ドルまで視野に入ってきそうなわけで
原油先物を買うならまだわかるけど、売りポジで挑むのは自殺行為じゃないでそか・・・
どういう戦略で、どういう読みでポジションを抱えてるのが理解できないですね。
このままいくと含み損が400万円に達する見込みで、その先の含み損500万超えたあたりで
泣きながら今回原油ポジションをロスカットする流れになるんじゃないのかとφ(.. )
煽りでも何でもなく、率直にいうとさっさと切った方がよそそうです。

しかし岐阜さんはTwitterでCFD口座に一切触れない宣言してしまっているので
すでにロスカット断固拒否の姿勢で4月相場に挑むことになるみたいです(´・ω・`)
誰に叩かれようが批判されようがここはさっさと逃げた方が賢明ではないでしょうか

WTI原油先物チャート
https://fu.minkabu.jp/chart/wti
0330














2024年03月23日
モスクワ銃乱射の死者133人に、容疑者11人拘束➡原油さらに上昇か?




ss2286234570 at 07:48|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年03月13日

ispaceが公募増資、最大200億円強 月面着陸の費用で

ispaceが公募増資、最大200億円強 月面着陸の費用で
2024年3月13日 18:09 日本経済新聞
月面輸送サービスのispace(アイスペース)は13日、海外での公募増資を発表した。最大で200億円強を見込む。米子会社の開発する月面着陸船が2026年、ロケットに搭載されて打ち上げられる。調達資金はロケットの打ち上げ費用や、着陸船に搭載する通信衛星の購入代金などに充てる。公募増資は普通株式1653万9700株を新たに発行する。12日の終値ベース(1067円)で費用の差し引きなどを考慮すると、アイスペースは調達額が145億円と見積もる。需要に応じた追加売り出しも含めれば新株発行は2059万1900株で、調達額が200億円強となる。発行価格は投資家の需要に応じて3月25~28日に決める。
アイスペースの米子会社が参画する民間チームは22年、提案した月面輸送サービスが米航空宇宙局(NASA)の企画に採択された。26年に最大300キログラムの輸送荷物を搭載できる着陸船を打ち上げる。今回の調達資金のうち115億円を充てる。アイスペースの24年3月期の連結売上高は前期比2.4倍の23億円、最終損益は33億円の赤字(前期は113億円の赤字)を見込む。今後打ち上げる着陸船の開発費などに伴う先行投資がかさんでいる。

ispaceの月着陸船、日米2拠点で開発 政府支援受け
2023年11月23日 2:00 日本経済新聞
ispace(アイスペース)は日本で100キログラム以上の貨物を月面輸送できる着陸船の開発に乗り出す。開発にかかる費用の一部は宇宙スタートアップを資金面で後押しする政府の新制度を活用する。すでに開発を進める米国とあわせて2拠点体制を整え、宇宙輸送サービスの確立を目指す。
アイスペースはスタートアップを支援する中小企業技術革新制度(日本版SBIR)にこのほど採択された。同制度では宇宙分野として「月面着陸船」「衛星」「ロケット」「宇宙ごみ」の4テーマが設けられ、このほど計16社が支援先に選ばれた。このうちアイスペースへの補助金は上限120億円で、現段階でもっとも大きい。同社の24年3月期の連結業績は最終損益が45億円の赤字(前期は113億円の赤字)の見通しだ。輸送事業の確立には20年代後半の新型着陸船の運用が不可欠で、それまでは資金の確保が課題になっている。
0314




発行済み株式数が約25%増えると考えたらかなりエゲツナイ増資ですね(´;ω;`)
0313
















ただし、ispaceは宇宙事業で成功させるための資金調達目的で上場させた銘柄なので
そのへんも上場前の目論見書にすべて丁寧に書いてあったので嘘はついていません。
つまりispace買って損しても100%買った側の株主の責任でしかないわけで(´・ω・`)
増資したispaceを株主が攻めたり批判するのは筋違い以外の何物でもでもないってこと

むしろ宇宙事業成功のために私財を投げ出しお布施をした尊い貴人マヌケ財布野郎
ですので投資家の鏡であり、一投資家として心の底から尊敬しています(*´∀`*)ムフー
おそらく今後も第二回目増資、第三回目増資とずっと続いていくだろうから
これからも私財をお布施しながら宇宙事業に貢献することを願って止みません
0316










ispaceは今後も頑張れば月にロケットを着地させて一定の成功を収めれるかもしれませんが
じゃあロケット事業で利益を稼いで黒字化していけるかと考えると疑問が残ります
政府系からお小遣いが100億円もらえたけどそれもいつまで続くか怪しい点があるし
長い目で考えたらロケット事業で黒字化狙いのは厳しいんで何か他で稼がないとでしょう。

2年に1回くらいのペースでロケット打ち上げて、その度に200億円増資繰り返してだと
株券ジャブジャブになって時価総額が減少すればいずれ増資すら厳しくなってくるでそう
長期的に考えたらバイオ界の怪物といわれるアンジェス化する可能性があります(´・ω・`)
(まあアンジェスは3/15の引け後に一発逆転みたいな材料出してましたが)
株価が材料で反発したら速攻で株券印刷爆弾💣落としてきそうですけどねw




ロケットの打ち上げタイミングだけ狙ってワンチャン狙いで投資するってのはありですが、
正直なところそれ以外の目的でispaceの株を買う意味ってよく分かりませんφ(.. )
それってパチンコの開店日に設定5狙いで朝から並んでるのと何ら変わりがないでしょう
引用元のサイト https://p-town.dmm.com/specials/1529
0416











QPS研究所(5595)  3,575円 −125円 (−3.38%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5595
https://finance.yahoo.co.jp/quote/5595.T/chart

ispace(9348) 935円 −57円 (−5.75%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9348
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9348.T/chart
時価総額:773億円
業績を見ると赤字額がかなりすごいし債務超過だしで業績的にはなかなか良い銘柄です。
しかも信用買い残が山のようにあって信用投資に向いてそうな激アツ銘柄ですおね
ispaceを信用で買う人は、きっと強盗放火殺人とか前世ですごい悪事を働いた罰かなんかで
その報いを受けるために信用で買わなきゃいけないとかそんな刑罰でも負ってるんでそ
https://kabutan.jp/stock/kabuka?code=9348&ashi=shin
shinyou









大株主情報を見るとこれまたベンチャーキャピタルだらけで焼畑農業政策まっしぐらです。
ロックアップが順次解除されたらまた雨のように爆弾が降りそそいできそう(*´∀`*)
大株主がVCだらけで信用買い残だらけで、かつ公募増資で今後も株券印刷だらけと
好材料が継ぎ目なく押し寄せてくる素晴らしい銘柄といえるでしょう(´・ω・`)
信用2階建てで勝負して人生をドブに捨てたいならまさしく最高の銘柄といえるでそ
https://kabutan.jp/stock/holder?code=9348

2023年10月11日
ispaceがS安ウリ気配、ロックアップ解除で株式需給の悪化を警戒

2023年04月29日
アースインフィニティ(7692)とispace(9348)のその後の株価は?

2023年04月27日
ispace(アイスペース)さん、着陸船も株主も激突して爆死!!


ss2286234570 at 23:14|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年02月16日

売り豚「楽天破綻するらしいな、よっしゃ売ったろ!」➡自分が破産へ

楽天グループが急反発、モバイル事業の赤字幅縮小と株主優待変更で関心集める
https://kabutan.jp/stock/news?code=4755&b=n202402150481
2024年02月15日10時40分 Kabutan
楽天グループ<4755>が急反発した。14日の取引終了後に発表した23年12月期の連結決算は、売上収益が前の期比7.8%増の2兆713億1500万円、営業損益は2128億5700万円の赤字(前の期は3716億1200万円の赤字)となった。営業赤字は4期連続。最終赤字は5期連続となった。一方、モバイル事業の売上収益は増加し、赤字幅は縮小。

楽天グループ---一時ストップ高、10-12月期は想定以上の修正改善に
2024年02月15日14時48分 Kabutan
楽天グループ<4755>は一時ストップ高。前日に23年12月期第4四半期の決算を発表、10-12月期Non-GAAP営業損益は36億円の赤字となっている。市場予想では200億円超の赤字見通しが多かったもよう。モバイルは想定通りの赤字計上だが、国内インターネットサービスやフィンテックの増益が想定以上だった。また、会社側では24年中のモバイル月次Non-GAAP EBITDAの黒字化、24年12月期通期での全社Non-GAAP営業利益黒字化を目標に掲げている。

楽天グループの株はとっくに底打ってるから売るのは危ないし、買うならチャンスだと
このブログでは世の中のニュース記事とは真反対のことをずっと書いてきたわけですが
案の定というか、当然の結果として楽天グループの株が急騰したようですねφ(.. )

チャートを真剣にみて確認してる人ならとっくに気が付いているでしょうけど(´・ω・`)
そもそも楽天Gの株は週足で見ても昨年12月末にはすでに上昇にトレンド転換してます
もちろんモバイル事業の結果次第によっては決算後に下げる可能性もあったのですが、
仮に空売りするののなら、楽天Gの赤字額が昨年比でさらに拡大するという確信があり、
なおかつ、モバイル事業の赤字が減少しないという確信がない限りは売ってはダメでそう

なんの確信もなく「ネットの記事やひろゆきが楽天は破綻するといってた」というだけで
楽天Gの株を新規売りで決算勝負かけるのは頭おかしいし、ただのバカでしょう(・∀・)
少なくとも最近の楽天Gの株価は悪材料にはあまり反応しなくなっており、好材料のみ反応してたので買うならともなく、売りで入るのはリスクが高くて見合っていません

サイバーエージェントの藤田社長が少し前にいいことを言っていましたφ(.. )
「楽天がモバイル事業に成功したら株価は上がる。失敗して撤退しても株価は上がる」
モバイル事業の結果がどうなるのかには関係なく株価はこれから回復していくだろうと
やっぱり自腹で公募増資に応じたサイバーだからこそよくわかってるなと思いましたね。

半年以上前にも同じこと書きましたが、
楽天グループは2024年に社債8000億円の償還期が来るということのようですが、
そもそも社債って8,000億円全額を年内に一括返済する必要なんてまったくないんだおね
それこそ40〜50%返済して、残りの半分以上はまた社債で借り換えたら済む話でしょ。
なんで全額を2024年内に返済しないといけないみたいなこと言ってるのか意味が不明です。
その他の問題点についてもほとんど解決し終わってるよね、というのが現在の状況でそ

<楽天グループのリスク>
…拘の赤字で会社の資本が欠損してきた。
➡ 2,500億円の増資を実施したことで資本面の問題は大きく解消した。
2024年だけで8,000億円もの社債償還期限がやって来る。
➡ 半分でも社債返済して残りは借り換えして時間かけて少しずつ返済すればいいだけ。
3敕轡哀襦璽廚侶荵擦任呂泙燭靴討3,394億円もの大赤字だった。
前年比では通期赤字額は減少してる。モバイル事業での投資額はすでに峠を越えた。
こ敕轡皀丱ぅ襪鰐い世棒峪で赤字を垂れ流している。
➡ 楽天モバイル事業の売上高は伸びており、赤字額も予想より縮小していた。


楽天グループ(4755) 792.5円 +13.8円 (+1.77%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4755.T/chart
0220










楽天みたいな経営者が過半数の株を所有してる会社はそう簡単に破綻とかはありません。
なぜなら経営者自身が多額の資産を保有しており、増資に応募する余裕があるからです
東芝みたいに第三者の口うるさいファンドが多数いたら調整が難しいのですが、
楽天グループは三木谷会長が最大大株主なので他の株主を黙らせることが可能です(´・ω・`)

大株主の創業者かつ経営者なので取締役会では歯が立つものなんて一人もいません。
経営者が自己資産を支払うことで公募増資に応じて出資する覚悟があるのであれば、
まだ何回でも増資が可能ですし、時価総額も大きいので数千億円もの増資も可能です

会社の株を1%も持ってないただのサラリーマン経営者ならこうはいきませんが、
膨大な資産を持ってる経営者がいる会社では資金調達力が決定的に違うというお話です。
しかも、取締役会で逆らえる専務とかもいないので、人員を20%いきなり削減するといった強引なコスト削減策だってやろうと思えば簡単にできてしまいます
(光通信なんかは不景気になると営業マンの首をあっという間にスパッと切ってます)
オーナー企業は良くも悪くも大株主が経営者なので経営判断がすごく早いですφ(.. )
理不尽なコスト削減策も躊躇なくできてしまうので生存力が異常に高いんですよね
(オーナー企業は見た目より生存力が非常に強いのでそう簡単には破綻しないんだおね)

2023年12月07日
楽天グループ、楽天銀行株を追加売却 約700億円

2023年09月13日
楽天モバイル、自社回線の利用者数500万人を回復

2023年08月10日
楽天グループ1,399億円の赤字 社債返還のために楽天カード上場も?
https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2023-08-10.html

2023年05月16日
5/16株式市況 楽天グループ、最大3,000億円の増資発表

2023年02月16日
楽天G、モバイル不振で営業赤字が前期比9割増の3639億円に


ss2286234570 at 16:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年01月22日

東証大引け 日経平均は33年11カ月ぶり3万6000円回復

東証大引け 日経平均は33年11カ月ぶり3万6000円回復 半導体に買い
2024年1月22日 15:34 日本経済新聞
22日の東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸し、終値は前週末比583円68銭(1.62%)高の3万6546円95銭だった。節目の3万6000円台を終値で回復し、1990年2月以来、約33年11カ月ぶりの高値を付けた。前週末の米ハイテク株高に加えて、日銀の金融政策決定会合の結果発表を明日に控えて政策が据え置かれるとの観測が海外短期筋の買いを誘った。
海外勢を中心とした日本株買いは途切れることなく、日経平均は3万6000円台を終始上回って推移した。大引け前には上げ幅を600円まで拡大した。足元では米国で半導体関連をはじめとするハイテク株高が勢いを増している。人工知能(AI)関連の半導体需要への期待も高まるなか、東京市場でも今週後半から本格化する2023年4〜12月期の決算発表前に半導体関連株を買う動きが強まった。レーザーテクが後場に上げ幅を拡大したほか、アドテスト東エレクも買われた。
23日まで開く日銀の金融政策決定会合では金融政策が据え置かれるとの見方が多い。「先進国の中でも緩和的な金融政策が続いている国という位置づけから海外マネーが集まっている」(国内証券の日本株担当者)との声があった。さらに景気停滞が長期化している中国から日本株への資金シフトを指摘する声も出ている。
0122


2024年は半導体の需要回復期待がどうのこうのという材料があるせいなのか、
日米ともに半導体セクターの上昇がまたも群を抜いて目立っているようです(´・ω・`)
去年2023年5月に日経が上がった時も、当初は先物と半導体ばかりが上がっていて
しばらく後になって6月末〜7月頃からその他の銘柄も上がってきたように記憶してます。

今年も1月から海外機関投資家を中心に先物や半導体銘柄に資金が入ってきてるので
1〜3月にかけてこれから徐々にその他の銘柄にも入ってきそうですねφ(.. )
当初は日経平均が突出して上げてましたが、先週の金曜あたりからTOPIXにもまんべんなく資金が入ってきて幅広い銘柄が上がるようになった気がします
12月末まで下げてた不人気のグロース株にも資金が徐々に入ってきてる感じです
直近では半導体だけじゃなくけっこう幅広く買いが入ってきたように感じます(´∀`*)
※ここから下は後で加筆したので株価については1/23の株価になります。

エムスリー(2413) 2,469円 +100円 (+4.22%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2413
https://finance.yahoo.co.jp/quote/2413.T/chart

マネーフォワード(3994) 5,474円 +176円 (+3.32%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3994
https://finance.yahoo.co.jp/quote/3994.T/chart

ソフトバンク(9984) 6,702円 −21円 (−0.31%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart

一方で個人投資家代表でもある岐阜暴威さんは年初から苦しい取引を続けてます
NASDAQ先物や日経225先物を徐々に損切りして入るもののずっと抱えたまま。
損切りをためらったことでポジションがかなり厳しいことになってますね(´・ω・`)
多くの個人投資家はここまで公にしないので気が付かれてないだけであって
実際には先物売って大火傷した人が他にもたくさんいるのではないでしょうか



ss2286234570 at 16:58|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2024年01月20日

【悲報】岐阜暴威さん、退路を断たれてロスカットの決意宣言

米国株15時、ダウ続伸し最高値圏 ハイテクや半導体株がけん引
2024年1月20日 5:08 日本経済新聞
19日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸し、15時現在は前日比404ドル81セント高の3万7873ドル42セントと、2日に付けた最高値(3万7715ドル)を上回って推移している。人工知能(AI)が企業収益を押し上げるとの期待からハイテク株や半導体関連株に連日で買いが入り、相場上昇をけん引している。米消費者の景況感の改善も、経済のソフトランディング(軟着陸)を見込んだ買いにつながった。ダウ平均の構成銘柄ではないが、エヌビディアやアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)、ブロードコムなど半導体株の上昇が目立つ。交流サイトのメタプラットフォームズがAI向け半導体を大量に調達すると伝わり、大手ハイテク企業による半導体需要は強いとの見方を誘った。サーバーなどのスーパー・マイクロ・コンピューターが18日夕に四半期の業績見通しを上方修正したことも追い風となっている。幅広いハイテク株が買われ、ダウ平均の構成銘柄では半導体のインテルやIT(情報技術)のIBM、顧客情報管理のセールスフォースが高い。前日にアナリストが投資判断を引き上げたスマートフォンのアップルにも買いが続いている。

一時は「もしかしたら助かるんじゃないか?」と淡い期待で損切りを躊躇した岐阜暴威さん
そんな期待も虚しく土曜日の朝になるとついに追い詰められてしまったようです(´・ω・`)
2024年1月から海外の機関投資家が猛烈に買ってるデータが明らかになった時点で、
岐阜さんも「海外機関投資家が本気で買ってきてるからヤバいかも」とコメントしてましたが、案の定、予想していた最悪の結果に追い詰められてきたようですφ(.. )

日経225先物
https://nikkei225jp.com/cme/
0120








過去にも海外の機関投資家が本気で買い上がってきた時は先物も現物も大きく上げており
わかりやすい例としては2023年5〜8月の日経平均が上昇した期間が上げられます
あの時も、先物と値がさ半導体主体で大きな買いが入ってくるようになってきて、それから4カ月近く大相場を演じることになったのは記憶に新しいでしょう。

岐阜暴威さんもそういった過去の傾向を十分に熟知していたはずなのですが(´・ω・`)
今回は奇跡が起きて助かるかもしれないとロスカットを躊躇ったせいで苦境に立ってます

一時は含み損が1/3とか半分以下まで減っていたので「助かるかなと思わせといて
結局はさらに高値を突き抜けて、さらなる高値での損切りを迫られていますね。
月曜日にポジションを切って気持ちが楽になって夜寝れるようになるのか
それとも再度の下げを期待して粘って最後の抵抗を続けるのか分かれ目になりそうです

ダウ30 37,863 +395.19 (+1.05%)
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EDJI/chart

NASDAQ 15,310 +225.31 (+1.70%)
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart

FRB理事のメンバーが「利下げ開始は3月以降にズレ込む可能性がある」と発言してから
為替ではドルが買われて、円が売られる流れに逆戻りしてきましたφ(.. )
正直この流れは予想外でしたが、ここにきて早期利下げの可能性が低下したにもかかわらず
なぜかダウやNASDAQやS&P500がさらに高値を付ける流れになってきましたΣ(・ω・ノ)ノ




ss2286234570 at 07:48|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加