yogurting ヨーグルティング

仮想通貨

2019年07月20日

ビットポイント 秘密鍵が全流出してたことが判明、現物保証の方針

仮想通貨流出のビットポイントが緊急会見 被害は約5万人
ホットウォレットの秘密鍵が根こそぎ抜かれた?
2019年07月16日 18時25分 ねとらぼ
ビットポイントによると、ホットウォレットは各仮想通貨ごとにそれぞれの秘密鍵を使って管理しており、さらに複数の秘密鍵を使う「マルチシグ」方式を採用していましたが、暗号化していた秘密鍵が全て盗まれ、不正使用されたとみられています。具体的な原因は調査中としていますが、強固なセキュリティに守られていたはずのホットウォレットが丸裸にされてしまったことになります。サーバ構成などの詳細や、内部犯の可能性などは原因究明中だとして明らかにしませんでした。
ビットポイントに口座を開設している約11万人のうち、今回被害に遭ったのは約5万人。流出した顧客預かり分約20億6000万円は、顧客からの預かり資産の13%に当たります。
流出した顧客預かり分の仮想通貨は、追加調達するなどして全種・全量を確保済み。今後、顧客に対しては、サービス再開時期に合わせ、流出した仮想通貨を現物で補償する方針です。サービス停止中の値動きによる機会損失などの補償については「高度に法的な問題になるので、現時点ではコメントを差し控えたい」(朏仁雄COO)としています。


ビットポイントが仮想通貨の不正流出で謝罪--最終的な被害額は約30億円、約5万人に影響
2019年07月16日 16時51分 CNET Japan
流出の原因は調査中としつつも、ホットウォレットの秘密鍵を管理するウォレットサーバーが不正アクセスを受け、鍵を窃取された可能性が高いと説明。ホットウォレットの秘密鍵は、マルチシグで分散して保管されていた上、流出されたとしても使えないように暗号化処理を施していたというが、何らかの理由で暗号が解除されたとしている。さらに、ホットウォレットは仮想通貨ごとに設定されていたが、そのすべての秘密鍵が流出したという。
なお、同社によると、攻撃者とみられる人物から事前にアタックに関するメールを受信していたという。メールからのマルウェア感染は確認されておらず、同社ではメールが届いた時点で金融庁に報告していたという。



ビットポイントの仮想通貨流出の概要が明らかになってきましたφ(.. )
まさにザルとしか言いようのない事態。
仮想通貨が流出どころかホットウォレットの秘密暗号鍵まで全流出していたようです
しかもホットウォレットは仮想通貨ごとに設定されていたけどその秘密鍵も全流出
自宅に泥棒が入って全ての銀行カードと暗号と印鑑まで盗まれましたみたいな事件だおね
こんなマヌケなセキュリティーの金融機関なんて聞いたことがないおね(゚д゚)、ペッ

本来ならセキュリティーレベで保管しておけば流出事故なんてほぼ完全に防げたのに
わざわざ自慢のウォームウォレットから秘密鍵が全流出とかシャレになってない
むしろ盗まれなかったものがないってくらいに全てきれいに盗まれてしまったようです

0720








一番気になったのは仮想通貨の現物での保障という方針です(´・ω・`)
盗まれたのと同数の仮想通貨はすべて調達済みとありますが、保証時期は未定。
これから厳しい処分と検査が入るのでビットポイントの営業再開は未定ですΣ(・ω・ノ)ノ
半年ほどで営業再開が許されたら来年春には現物を売るチャンスは来そうだけど
もし処分が重くて来年の夏まで営業再開できなかったら1年間待つしかありません
1年後に仮想通貨の価格が上がってたらいいけど、下げてたらかなり悲惨ですよね

ぶっちゃけこういう補填は「盗まれた時点での時価」で現金で補填すべきでしょう。
いつ売却できるかもわからない現物返してもらっても苦痛なだけですから。
そういう意味ではビッチコインのネムの保証方針は正しかったなと思います
自社がいつ営業再開できるかもわからないのに、その間の仮想通貨の価格変動リスクを
丸ごとお客に押し付けて自分で何とかしろてのはあまりに無責任すぎじゃないでそか
もし自分なら二度とこんなセキュリティーがザルの取引所で取引したくないなぁ
被害者なのに仮想通貨取引所がやらかしたリスクを押し付けられなきゃいかんのかと。
客を舐めるにもほどがあるって思いますけどね(゚д゚)、ペッ

個人的には今回の補填方針にも金融庁が介入してくる可能性は高いと思います。
これまでのコインチェックなどと比べてもビットポイントの補填方針は大きく劣ります
そうなれば投資者保護に欠けると言うことで金融庁が反対する可能性は十分ありそう。
現物補填ならビットポイントは自前で保有してる現物を渡せばいいので被害が軽いけど
現金補填になるとガチで30億円の保証が生じるので損失は増大します

問題はこの先ビットポイントがどうなるかですよね。
こんないい加減でセキュリティーガバガバの取引所が無罪放免とはさすがに考えにくい
Zaifみたいにもっとまともなとこに売却しない限り営業再開許されないんじゃないでそか
ネット銀行はさすがにここまでリスクを負ってまで買収には参加できないでしょう。
ありえるなら仮想通貨取引所事業から事実上撤退してるSBIあたりかもしれませんφ(.. )
むしろ今から事業丸ごと引き受けれるならSBIはかなり有利ですよね
資金面での余裕がある楽天も考えられるし、カブコム買収したauフィナンシャルあたりも
(ただしauフィナンシャルは金融はずぶの素人だしセキュリティーも詳しくないから危険)

リミックスポイント(3825)  278円 −10円 (−3.47%)
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3825.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2019年07月15日
リミポ小田「我がホットウォレットの安全は世界一ィィィィーー!」

2019年07月13日
ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出 その2

2019年07月12日
ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出 その1

2018年11月14日
リミックスポイントが業績予測を白紙化!決算日に社長がトンズラ!

2018年09月21日
クズZaifさん、ハッキングされて67億円盗まれる! その2

2018年09月20日
クズZaifさん、ハッキングされて67億円盗まれる! その1

2018年02月20日
キチガイにも程がある社会人失格レベルの、Zaif(ザイフ)


ss2286234570 at 05:54|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月15日

リミポ小田「我がホットウォレットの安全は世界一ィィィィーー!」

協会、仮想通貨は「可能な限りコールドウォレットに」=関係筋
2019年7月12日 / 16:49 ロイター
仮想通貨取引所の自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会は12日、会員であるビットポイントジャパンで仮想通貨の不正流出事件が起きたことを受け、ホットウォレットで管理している仮想通貨を可能な限り、インターネット接続がない「コールドウォレット」に移すなど安全対策を取るよう各社に要請した。関係者が明らかにした。ビットポイントで流出した仮想通貨はホットウォレットで管理されていた。


金融庁メンツ丸つぶれ、ビットポイント仮想通貨流出の「間の悪さ」
2019年7月12日 日経ビジネス
流出した約35億円分の仮想通貨は、約25億円が顧客からの預かり分、約10億円がビットポイントジャパンの保有分。仮想通貨の保管方法にはオンライン上で保管する「ホットウォレット」、オフライン環境下で保管する「コールドウォレット」の2つがあるが、流出したのはいずれもホットウォレットで保管していた仮想通貨となる。
仮想通貨については国内仮想通貨交換業者が相次いで流出事故を起こしたことから、ルールの目的化や制度整備を目的に資金決済法と金融商品取引法の改正が5月31日に国会で成立。改正法には仮想通貨をコールドウォレット等で管理することの義務化が盛り込まれていた。改正法は2020年6月までに施行されることとなっており、その狭間を狙われた可能性が高い。京都大学公共政策大学院の岩下直行教授は今回の流出事故について、「改正法の施行前だが、ビットポイントがその精神を尊重して、顧客の資産保護のために同種同量の暗号資産をコールドウォレットに保有していたかどうかが今後の焦点になるだろう」と語った。


ビットポイントの仮想通貨「3度目の巨額流出」で業界に大逆風の懸念
https://diamond.jp/articles/-/208753
7/12(金) 19:00配信 ダイヤモンドオンライン
今回、被害に遭ったとされる約35億円の内訳は、顧客からの預かり資産が約25億円で、自社勘定で保有していた資産が約10億円。同社が扱っているビットコインをはじめ、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄にまで被害が及んでいる可能性があるという。
また、約35億円相当の仮想通貨は全額が「ホットウォレット」と呼ばれるオンライン上の保管場所にあった。同社は自社の保管場所を「ウォームウォレット」と呼び、オンラインにつなぎながらも秘密鍵が暗号化されているなど、セキュリティーレベルはホットウォレットより高いとうたっていた。


今回のビットポイントの35億円流出事件の要因は何かと考えるとφ(.. )
金融庁や仮想通貨協会が「仮想通貨はコールドウォレットで保管しろという
通達を何度も出して警告していたのに、それをすべて無視して対応しなかったこと。
理由は不明だけど、ビットポイントは当社のホットウォレットは暗号化が完璧だから
セキュリティーレベルは完璧で問題ないとわざわざ自社のサイトでも自慢していました
(小田氏は俺は仮想通貨について一番詳しい!日本一のプロだと自称していたアホです)
しかし、案の定これが破られてあっさり35億円盗まれてしまったということです。
つまりこれってただの事故じゃなくて100%重過失によって起きた事件なんだおねΣ(・ω・ノ)ノ

2020年6月から仮想通貨業者は仮想通貨をコールドウォレットで必ず保管して管理しろ
という法律まで成立されてるのに、その直前の現在でも無視していたってこと。
ハッキリ言って親会社のリミックスポイントも社長の小田玄紀もキチガイだと思います
けっこうあちこちに顔を出して「オレは日本で仮想通貨について一番詳しいんだとか
ドヤ顔して意識高い系をアピールするのが大好きなキチガイでしたからね(゚д゚)、ペッ
ものすごく人格に問題があると思いますφ(.. )

ちなみに2019年6月25日にリミックスポイントとビットポイントの社長を兼任してる
その直後に35億円分の仮想通貨流出事件まで起こしてんだからもはや処置なしでそ
100%間違いなく1か月以内に副会長を辞任して謝罪になるのは間違いありません。
ここまでくるとキチガイというよりほとんど志村けんのコントみたいですね

今回の事件は偶然たまたま起きた事故でも何でもないということ。
自意識加増なアホの経営者が法律に気を配ることもなく完全に無視したような行動をとり
金融庁や仮想通貨協会の再三の警告忠告無視しまくって起きた必然の事故ってこと。
昔発生した「DQNの川流れ」で有名なあの死亡事故と極めて似てるということです(゚д゚)、ペッ


結論からいえば、これから金融庁による厳しい検査と監視態勢が敷かれ
徹底的な調査と重い処分がビットポイントとリミックスポイントに出されるでしょう。
ただあまり長期間にわたって取引を停止してると投資者にも影響が出てしまうので
おそらく半年〜1年以内にあたる来年のころには取引再開になると思われますφ(.. )

ただし、ビットポイントの株をリミックスポイントが所有したままでのサービス再開は
絶対にありえないと思うので、金融庁の指示のもとに事業売却になると思います。
もう少しまともで、常識があって、人の忠告に耳を傾けるだけの節度を備えていて
金融庁に対してもそれなりに従順そうな金融機関に売却されると予想しいます
もしリミポがさらに反発して反対するような永久に事業再開は許されることもないでそう。
金融庁の業務改善命令を完ぺきに無視して対応すらしていなかった
今回のリミポと小田玄紀も金融業界から永久追放になるであろうことは間違いないでそ

他人の忠告をまったく聞かず暴走するキチガイはそれくらい危険だってことですφ(.. )
これだけの重過失でかつ当局や協会を無視し続けた罪は非常に重いでそ
川で泳いでるDQNはそのまま放置して死んでしまってもいいですが
トラブルを起こす金融業界のDQNはこれはもう追放する以外の処置はないでしょう

リミックスポイント(3825)  350円 −80円 (−18.60%)
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3825.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2018年11月14日
リミックスポイントが業績予測を白紙化!決算日に社長がトンズラ!

2018年09月23日
仮想通貨交換所ビットポイント、CMに本田圭佑氏を起用

2018年02月20日
キチガイにも程がある社会人失格レベルの、Zaif(ザイフ)


ss2286234570 at 05:49|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月13日

ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出 その2

ビットポイントの仮想通貨「3度目の巨額流出」で業界に大逆風の懸念
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190712-00208753-diamond-bus_all
https://diamond.jp/articles/-/208753
7/12(金) 19:00配信 ダイヤモンドオンライン

「正直、厳しいな」――。第一報を耳にした、ある仮想通貨(暗号資産)交換業者の幹部は顔をしかめた。
その一報とは、7月12日に仮想通貨交換業者のビットポイントジャパンが、ハッキングにより約35億円相当の仮想通貨が不正流出したと発表したもの。幹部が顔をしかめた理由は何か。それは、ビットポイントは経営管理態勢やシステムリスク管理態勢の不備を理由に金融庁から業務改善命令を受けており、その命令がわずか2週間前の6月28日に解除されたばかりだったからだ。
今回、被害に遭ったとされる約35億円の内訳は、顧客からの預かり資産が約25億円で、自社勘定で保有していた資産が約10億円。同社が扱っているビットコインをはじめ、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄にまで被害が及んでいる可能性があるという。
また、約35億円相当の仮想通貨は全額が「ホットウォレット」と呼ばれるオンライン上の保管場所にあった。同社は自社の保管場所を「ウォームウォレット」と呼び、オンラインにつなぎながらも秘密鍵が暗号化されているなど、セキュリティーレベルはホットウォレットより高いとうたっていた。
だが、その自慢のセキュリティー体制でも、今回の不正流出を防ぐことはできなかったわけだ。今や、ビットポイントは全ての交換所サービスの停止に追い込まれている。


親会社のリミックスポイントはそれなりの資産は持ってそうだし
過去に何度も悪質な転換社債だかなんだかを大量に発行してるので資金面は大丈夫そう。
ただし金融庁はこの小田とかいう経営者の更迭を要求するのはもう間違いないでそ
(業務改善命令受けたbitFlyerの経営者も金融庁の意向で更迭されてた)
資金面はなんとか補填可能な額だと思うけど、なによりも気にすべきなのはその後でそ。
金融庁がZaifによる取引所再開を絶対に許さなかった(結果的には身売りされた)のと
同じようにリミックスポイントを金融庁が許してくれるかどうかがかなり怪しいおね

リミックスポイント(3825)  350円 −80円 (−18.60%)
時価総額204億円


リミックスポイントは3月末時点で仮想通貨を105億円保有してるようで
そこから2倍に価格が上がってるので200億円分くらいは保有してそうですφ(.. )
現金預金65億円あるなら顧客預かり分の25億円の損失補填は十分可能でしょう。
ただし、業務改善命令直後にこんな甘い管理体制で盗まれたのは超マイナス査定だおね。
ビットポイントの取引再開のめどはかなり伸びやすくなるだろうし、
そもそも金融庁はリミックスポイント指導下での営業再開は許さない気がします(´・ω・`)
Zaifみたいに身売りするか、別資本が入って経営陣層とっかえしない限りは
金融庁はビットポイントの取引再開をおそらく許可しないと予測しています
(なぜなら資本を切り離さないとキチガイの小田氏がまたやらかすから)

頭がおかしいキチガイで海外ポルノサイトの運用を手掛けていたので有名な
ビットポイントの存続は許して取引再開のチャンスは与えるけど
リミックスポイント傘下のままでの取引再開は許さないんじゃないかなあ(´・ω・`)
もしビットポイントが身売りされる、または他の資本が入って経営陣層とっかえなら
親会社のリミックスポイントへの業績面での貢献は期待しにくいってことです。
取引再開までに今いるお客も愛想つかして逃げていくだろうし先は暗いおね
もしリミックスポイントが貸借銘柄ならビットポイントの切り離しもしくは
身売りの可能性を予測して売りから入るんですけどね(●´ω`●)


ss2286234570 at 06:25|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月12日

ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出 その1

ビットポイントから35億円相当の仮想通貨が流出
2019年07月12日 14時24分 ITmedia NEWS
仮想通貨交換業者のビットポイントジャパン(BPJ)は7月12日、約35億円相当の仮想通貨が流出したと明らかにした。BPJは同日午前、緊急メンテナンスのため全サービスを停止していた。流出したのは、BPJがホットウォレットで管理していた仮想通貨。流出の経緯や詳細は調査中だが、この手法で管理していたのはリップル・ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・ライトコインの5銘柄という。コールドウォレットで管理している仮想通貨と法定通貨の流出は確認されていない。
顧客からの預かり分は約25億円相当、BPJの保有分は約10億円相当。BPJは資産が流出した顧客に対し、補填などの対応を行う方針だ。
11日夜にBPJの仮想通貨取引システムで送金エラーが検出され、調査の結果、不正流出が判明した。当初はリップルの流出のみ確認していたが、12日未明にその他の銘柄の流出も発覚。対応策として、全サービスの停止に至ったとしている。
ビットポイントは2016年3月設立。17年9月に金融庁の審査を通過し、仮想通貨交換業者として登録された。18年8月には、サッカーの本田圭佑選手をイメージキャラクターに起用するなど話題を呼んだ。
 
仮想通貨取引のビットポイント、緊急メンテで全サービス停止 親会社の株価はストップ安
2019年07月12日 13時31分 ITmedia NEWS
電力小売などを手掛けるリミックスポイントの子会社で、仮想通貨交換業者のビットポイントジャパンは7月12日、緊急メンテナンスのため同日午前10時30分ころから全サービスを停止した。原因と終了時期は明かしていない。
当初の緊急メンテナンスは午前6時30分〜正午を予定しており、送受金サービスのみ停止するとしていたが、途中で急きょ予定を変更。仮想通貨取引、法定通貨の入出金、店舗決済など、あらゆるサービスを停止した。サービス停止を受け、リミックスポイントの株価(東証2部)が急落。午後0時57分には、値幅制限の下限(ストップ安)となる前日比80円安(−18.6%)の350円まで値を下げた。





7/11の夜に外部からの不正アクセスが発生してビットポイントが35億円盗まれた様子
昨年非常に厳しい業務改善命令を金融庁に喰らって、解除されたのが6月28日です。
つまり改善命令が解除されてたった2週間後に今度は仮想通貨を盗まれたわけです(´・ω・`)
ビットポイントとしてもその利用者にしても最低最悪のタイミングですね
知ってる人は知ってるはずですが、ビットポイントって呪われた会社なんですよね
煽りじゃなくて本当の本当に呪詛でもかけられたのかってくらいの呪われた会社です。
0711










まあ間の悪さというかタイミングの悪さとかすべてが最悪ですよね(´・ω・`)
盗まれた仮想通貨は補填してくれるかもしれないけどその時期が問題になります
業務改善命令の解除直後にやらかしてるんでさらに非常に厳しい処分が出るでしょう
どんなに早くても半年は取引は再開できないだろうし見込みもないでしょう。
その間、投資家が預けていた仮想通貨は売買もできないし引き出すこともできません
コインチェックの時みたいに長期の資産凍結は免れれないでそう(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
(現金の出金くらいは部分的に解除があるかもしれないけど)

厳しい処分が出れば半年〜1年以内くらいは売買停止になる可能性がありえるでしょう。
その間、仮想通貨の価格が上がってたらともかく下がってたら悲惨ですよね
もし補填されるならその価格は7/11の市場価格が反映されることになるでしょうけど
一方、補填の対象でもないのに長期売買禁止になっただけなら一番悲惨なパターンでそう
自分の資産価値が下がり続けるのに売買も何もできないまま拘束されるだけだからです。

ビットポイントは六本木に本社を移したあたりから呪いが強まってるんですよね。
これは煽りでもディスりでもなく事実としてそうなんですよφ(.. )
世界一になりたいというメッセージを込めた本田圭佑を起用したCMを作るも
業績の悪化だか、業務改善命令の影響だかであっというまにCMが削除されてしまい
あのCMがテレビで放映された期間はありえないほど短い期間でした

基本的にビットポイントも親会社のリミックスポイントも経営陣がバカなんですよね
金融庁から業務改善命令を受けたのが2018年7月23日なのに、その業務改善命令が出た
直後の2018年8月に本田圭佑を起用したCM作って放映開始したもんだから
金融庁を激怒させてすぐさまテレビCMの全面禁止に追い込まれてるんだおね
おそらくは親会社社長の小田ってのが独断暴走して周囲が制御できてない状況なんでそ。
去年の後半からビットポイントの取締役や社長がどんどん逃げ出してるの見ればわかる。
2019年5月の下方修正のお知らせの中に、当初派手なCM広告を計画していたものの
業務改善命令の影響でマーケティング自粛に追い込まれたって明記してありますからね
Zaifにしろビットポイントにしろ両社に共通してるのは金融庁に唾を吐きかけて
結果的により厳しい処分を受けて業績悪化を招いているという点です。
そしてガバナンスガバガバで経営者の独裁と暴走を止める機能がないってこと



業績面もボロボロで、リミックスポイントは昨年2018年5月に業績予測を発表してて
具体的には通期で売上高が333憶円で経常利益が106憶円、最終利益は68億円だったのに
第1四半期(2018年4〜6月)の進捗率が予測の10%にも満たないほどの数字でした。
これはもう大幅下方修正待ったなしだなとなつさんが予測したのが2018年の8/14です。
そして早くも2018年11月には大幅な下方修正とそして業績予測の白紙化という
荒業をやらかして株価が夜間PTSでも暴落、決算日に社長もトンズラして逃げだしました
それ以降も次々と取締役が辞任して逃げ出すというありさまでしたΣ(・ω・ノ)ノ
まるで沈む船からネズミが一目散に逃げだすかのような壮大な光景でした
結果的には下方修正どころか最終赤字に転落して終わったようです(´・ω・`)

ちなみに2019年6月25日にリミックスポイントとビットポイントの社長を兼任してる
経営者の小田氏が仮想通貨協会の副会長に就任したというお知らせがありますが、
その直後に35億円分の仮想通貨流出事件まで起こしてんだからもはや処置なしでそ
100%間違いなく1か月以内に副会長を辞任して降格になるのは間違いありません。
ここまでくると呪いというよりほとんど志村けんのコントみたいですね

Zaifにしてもビットポイントにしても共通してるのは金融機関としての経験の浅さです。
そして経営者の独断専行暴走が目立って取締役会がまともに機能していないこと
嫌気がさした取締役が次々と自任して逃げていく金融機関なんて怖すぎですよね。
ガバナンスガバガバの会社のシステムがかっちりしてるなんてありえない話で
当然両社ともセキュリティーガバガバで不正アクセスして仮想通貨盗み放題です
アホといわれたコインチェックですら盗まれたのはネムだけなのに
今回のように5通貨同時に盗まれるとかどんだけセキュリティーガバガバなのかと。
盗まれたという事実よりそのへんの甘い管理体制こそが危険すぎでしょう

2018年11月14日
リミックスポイントが業績予測を白紙化!決算日に社長がトンズラ!
2018年09月23日
仮想通貨交換所ビットポイント、CMに本田圭佑氏を起用

2018年09月21日
クズZaifさん、ハッキングされて67億円盗まれる! その2

2018年09月20日
クズZaifさん、ハッキングされて67億円盗まれる! その1

2018年02月20日
キチガイにも程がある社会人失格レベルの、Zaif(ザイフ)


ss2286234570 at 16:45|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月27日

なつさん、イーサリアム高値で売り抜け大成功!

ビットコイン、20分で1800ドル急落 システム障害発端か
2019/6/27 10:39 日本経済新聞
代表的な仮想通貨(暗号資産)であるビットコインが荒い値動きになっている。27日朝方に1万3700ドル近辺で推移していた、わずか20分で1万2000ドルを割り込む水準に急落。下落率は13%に達した。世界で事業展開する仮想通貨会社の米コインベースのシステム障害がきっかけとの見方がある。フェイスブックのデジタル通貨「リブラ」への期待を追い風に急ピッチで上昇してきたビットコインだが、高値警戒感が強まっている。

ビットコインの急騰続く あわや150万円へ
2019年06月27日17時41分 ITmedia ビジネスオンライン
ビットコインの急騰が続いている。10日前の6月17日に100万円を超えてからも勢いは止まらず、25日には150万円近くまで上昇した。現在は、130万円台で推移している。この1カ月で約40%近く価格が上がったことになる。
ksbit1







ビットコイン
https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY

 イーサリアム
https://cc.minkabu.jp/pair/ETH_JPY

はい。前回予想してた通りの値動きになったのでイーサリアムがすべて売れました
イーサリアムの週足チャートがきれいに上に抜けてトレンドが好転したので
16,000〜17,500円あたりでどんどん追加で買いまして買いまくり。
週足チャートの上値抵抗線のある4万円手前の37,000〜38,000円で売りさばけました。
まあ月足チャートで見ても上値抵抗線が4万円のとこにあるんで上値は重い
というか4万円のところにものすごくぶ厚い壁があるんでさすがに上値は厳しいでしょう

今回はイーサリアムを買値の価格帯も、売値の価格帯もきっちり当てましたが、
結論から言えばイーサリアムの代わりにライトコイン買ってたとしても
どっちみち似たような結果で十分稼ぐことはできたと思っていますφ(.. )
今回のイーサリアムへの投資は約買値から2.2倍で売りさばくことができました
自慢でいうわけじゃないけど今回の値動きの予想はほぼ完ぺきでした
なんせ買いの価格帯と売りの価格帯を3か月間に予想してきっちり当ててますから(´∀`*)

以前はbitFlyerで取引していましたが今はGMOコインで取引しています。
なぜならbitFlyerはめちゃくちゃサーバーが重くて画面に切り替えが遅くてむかつくから
(今はどうか知らないけど今年の初めの段階でもかなり酷かった)
GMOコインの一番いいとこアルトコインの取引所があることです。
他の仮想通貨取引業者だとあるとコインの取り扱いはあるけど全部販売所なんですよね。
見た瞬間に取引する気が失せるくらいガバガバのスプレッドなんでやる気起きない。
やっぱりアルトコインは株でいえば新興株みたいなもんだから
きっちり板表示されて値段が見えたほうが取引しやすいし価格が明瞭だと思う
bitFlyerもアルトコインの販売所はあるけどスプガバすぎてとんでもないカスでした(゚д゚)、ペッ

たぶんビットコインを売買するだけならどの業者を使っても大差はないと思います
ただイーサリアムとかライトコインみたいなアルトコインを売買したいなら
個人的にはGMOコインが今のところ一番いいかなって感じだおね(*´∀`*)ムフー

GMOコイン
アルトコイン銘柄追加のお知らせ 取引所でもアルトコイン取引が可能に
この度、GMOコインは、取引所(現物取引・レバレッジ取引)に、アルトコイン4銘柄を追加いたしましたので、お知らせいたします。
■追加されるアルトコイン4銘柄
– イーサリアム(ETH)
– ビットコインキャッシュ(BCH)
– ライトコイン(LTC)
– リップル(XRP)
アルトコイン4銘柄の追加により、ビットコイン(BTC)を含めた全5銘柄について、販売所、仮想通貨FXに加えて、取引所でもお取り引き頂けるようになり、お客様の取引スタイルや相場に合わせて自由にお取り引き頂くことが可能になりました。

リミックスポイント(2825) 479円 +5円 (+1.05%)

マネックス(8698) 377円 +6円 (+1.62%)

GMOフィナンシャルFD(7177) 641円 +5円 (+0.79%)

2019年04月02日
仮想通貨バブル再燃!なつさん54万円で利食いに成功する(*´∀`*)ムフー

2019年02月18日
仮想通貨に再投資!(*´∀`*)ムフー


ss2286234570 at 18:25|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月02日

モナコイン価格が2倍超に急騰 コインチェックが取り扱い開始

モナコイン価格、2倍超に急騰 コインチェックが取り扱い開始を表明
2019年05月31日 17時52分
仮想通貨取引所のコインチェックは5月31日、仮想通貨「Monacoin」(モナコイン)を新たに取り扱うと発表した。6月上旬から、コインチェックの取引所上で送金や受け取り、購入、売却が可能になるという。これを受け、すでにモナコインを取り扱っている仮想通貨取引所「bitFlyer」「Bitbank」「Zaif」では午後2時ごろからモナコインの取引価格が急騰した。それまで1MONA=117円〜119円台で推移していたが、2倍超の急騰を見せ、17時35分現在、bitFlyerでは260円、Bitbankでは270円、Zaifでは269円まで価格が上昇した。18年1月にコインチェックから580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した後、低迷を続けていた仮想通貨全体の価格も、今年5月中旬から回復基調を見せている。
仮想通貨の代表格であるビットコインは、40万円台の低迷から5月30日に一時100万円を超える回復を見せ(bitFlyerでの価格)、現在80〜90万円台で推移している。ここ数カ月の仮想通貨の回復基調は、米中貿易摩擦の政治的混乱から資産の退避先として仮想通貨が買われているという見方や、機関投資家が単なる投機先ではなく新たな資産クラスと見なし始めたなどの背景があると考えられている。
0602









Monacoinの取扱い開始に関するお知らせ
2019.5.31
コインチェック株式会社は、新たにMonacoin(MONA)の取扱いを開始することをお知らせいたします。Monacoinの取扱い開始は、2019年6月上旬を予定しており、これにより当社で取扱う仮想通貨は10種類となります。

一時は1000円とか1500円近くまで上がった(と記憶している)モナコインですが
最近は120〜130円1/10まで下落していたんですね
ビットコインが最高値200万円からMAX30万円台まで下げてたことがありますが
これよりもはるかに上回る下落率を記録し、なおかつ安値で放置されてたってことです
ちなみに株でもいえることですが、仕手株などでも同じような事象が起きます。
本命仕手株より関連仕手株の方が資金流入量が少ないし話題性が低いのでよく下げます
ビットコインもしょせんは同じ原理ですから資金流入量が少ない方がよく下げるってこと

そのモナコインですがマネックス傘下のコインチェックが新たに取り扱い開始したという
ニュースを受けていきなり2倍270円まで急騰したようです
コインチェックが取り扱いを開始することで新しい資金流入が期待できるようになるので
それが好感されて今回のような高騰につながったってことでしょう。
でもここで一番気になったのは仮想通貨におけるインサイダー取引についてです

株ならこれでもかってくらいに取引がチェックされてるし法令も準備されてるけど
仮想通貨においてはそもそもインサイダー取引規定なんて存在すらしてません(´・ω・`)
つまりもしコインチェックの関係者やその情報を入手した第三者がいたとして
まったく別の取引所でモナコインを先に購入しとけば濡れ手に粟で儲けれるってこと
世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスやコインチェックは規模も顧客も多いので
そこで新規に取り扱いが開始される仮想通貨は非常に大きな価格の影響を受けます

株と違って仮想通貨業界ではそもそもインサイダー取引という概念が存在しない
なにをやったらインサイダー取引に当たるかという規定やルールも存在しません
しかも、仮想通貨は株と違って世界中で同じ通貨を売買できてしまうので
それこそ国内ではなく海外の取引所でこっそり仕込んだらバレル可能性すらありません
ある意味においてインサイダー天国といわれてもおかしくないってのが現状でそう
安全性もそうだけど、まずはこういうルールも明確にしないと信用されないし
仮想通貨そのものへの信頼を失墜させる事件が起きるのも時間の問題でしょうΣ(゚д゚;)
業界全体が危機感をもって世界的に連携して法令で縛らないととても危険ですね
マネックスの関係者なんて徹底的にまず調べてみるべきでしょうφ(.. )


ss2286234570 at 06:08|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月27日

マネーフォワード、仮想通貨取引業参入を完全撤退

マネーフォワード、仮想通貨取引所の開設を断念
2019年04月15日 15時44分 ITmedia NEWS
家計簿アプリなどを提供するマネーフォワード(東京都港区)は4月15日、仮想通貨交換業への参入を延期すると発表した。当初は2018年内の取引所開設を目指していたが、仮想通貨マーケットの冷え込みなどを理由に、交換業者の登録手続きや、取引所のシステム開発を中止する。事業縮小の理由として(1)仮想通貨マーケットが急速に冷え込み、事業を続ければ損失を被る可能性が高まったこと、(2)他社で発生した仮想通貨の流出事件を受け、ユーザーの資産を保護するのに十分な体制を構築するコストが上昇していること――を挙げている。


マネフォ、仮想通貨事業の参入延期
2019/4/15 20:00 日本経済新聞
マネーフォワードは15日、仮想通貨交換業への参入を延期すると発表した。仮想通貨の相場が低迷するなか、体制整備の費用がかさむと判断した。交換業者の登録手続きやシステム開発も停止した。2018年12月〜19年2月期の連結決算で、同事業関連で6139万円の特別損失を計上した。同社は18年5月に仮想通貨交換業への参入を公表していた。ただ、その後に他の交換業者で仮想通貨の大規模な流出が起きたり、マネーロンダリング(資金洗浄)に関する国際的な規制論が高まったりして、利用者保護のコストが高まった。

仮想通貨 規制強化にカジ、証拠金取引に網・弁済原資も義務づけ
政府が15日に閣議決定した資金決済法などの改正案では、仮想通貨の交換業者や取引の規制強化策を盛った。相次ぐ流出事件を踏まえ顧客への弁済原資の確保を業者に義務づけるほか、過度な投機につながる証拠金取引に新たに網をかける。改正案の柱は仮想通貨の流出リスクへの対応だ。交換業者に対し、インターネット上で保管する顧客の仮想通貨に相当する弁済原資の確保を義務づける。

マネーフォワードが仮想通貨交換への参入を断念して撤退を決定したようですφ(.. )
まあこういう結果になることは完全に予想通りでしたね。100%撤退すると思ってたので
こうなることはとっくにわかってたはずなのに判断が遅すぎだおね。
仮想通貨の交換業者なんて流出事件起こしたら全額自己弁済が義務付けられてますからね
(つまり500億円流出したら、業者側が500億円自己資産で弁済するってこと)
マネーフォワードみたいな規模の会社がこんな高い条件飲めるわけがないですから

ついこないだリフト(Lyft)上場で数千億円稼いだ金満の楽天とかヤフーみたいに
潤沢な軍資金を持ってる大手企業なら全額弁済義務があっても余裕で参入できますが
直近の3か月で10億円の営業赤字出してるマネーフォワードには高すぎるハードル。
というか、そもそもマネーフォワードは200〜300億円なんて資金を持ってないので
万が一、仮想通貨交換業に参入して流出事故起こしたら即倒産するおね(((( ;゚д゚)))
むしろ撤退するのがあたり前の判断だし、強引に参入したらただのキチガイでそ

これに比べると1年前に即座に参入を中止したサイバーエージェントは優秀ですね
FXやってただけあって金融庁や金融行政のことをよく理解してるなと感じました。
おそらくマネーフォワードはとっくの昔に仮想通貨交換業への撤退を判断してたけど
あれだけ大見えを切ってたから撤退を発表するのを遅らせてただけだと思います

そもそも仮想通貨交換業への参加を延期したって説明そのものがぶっちゃけ大嘘でそ
参入への登録手続きを停止したってだけなら参入を延期したという表現は正しいけど
システムの開発を完全に停止して特別損失を会計上で計上したってことは
完全に参入を断念してシステム開発の除去損まで計上したってことでしょ(´・ω・`)
それって会社として延期じゃなくて開発と参入を完全終了させたって意味だおね
「事業整理損として約0.61億円の特別損失を計上」ってつまり完全撤って退意味だよね。
F1マシンを完全に廃棄した自動車会社がF1への参入を延期したっていってるようなもの。
どこをどう読んだら延期ってことになるのか小一時間問い詰めたい

前から知ってるけどマネーフォワードって飛ばしホラ吹きのニュースが多いです。
意識高い系の会社でできもしないことをなんでもかんでも口走る傾向がある会社です
ぶっちゃけ株価を上げるために「仮想通貨参入したるで〜ってホラ吹いただけで
最初から参入する気なんて一切なかったんだろうと確信していますφ(.. )
だいたい本格的な金融事業への参入を準備しててそれを完全に断念したのに
特損が6000万円しか出てないってことはなにも着手してなかったってことでしょ
もし本気で準備に着手してたら5~10億円特損出してるはずなんだおね(゚д゚)、ペッ
(つまりやると言ってただけで実際には何も着手してすらなかったってことです

コインチェックとZaif(ザイフ)があまりに派手な事件を起こしてしまったことで
当初は緩い規制で対応してた金融庁は180度姿勢を変えて規制強化に変わりました(´・ω・`)
その結果、マネーフォワードなんて参入の可能性はとっくに0.01%もなかったんだおね
なんでできもしないのにギリギリまで嘘ついてたのかむしろそこが謎でした。
日銀の天下り役人を幹部に招いてたんで対面的に撤退と言いにくかっただけだろうなと
現在、金融庁が主張している仮想通貨交換業への参入条件としては
ゞ睛撒ヾ悄紛箙圈証券・FXなど)の実績をすでに持ってる会社であること
∨[瓩箒睛珊埓を熟知していてかつ安全な金融システムを開発できること
8楜匯饂妻歔瓦鯊莪譴砲靴洞睛札轡好謄爐魃人僂任るノウハウを持っていること
ざ睛札轡好謄牾発に長けたエンジニアを自前で確保していること
ニが一流出事件起こしたら、即金で数百億円以上の弁済能力があること


コインチェックの流出事件を受けて金融庁は大幅に規制を強化しました(´・ω・`)
顧客の安全性を最優先にした規制をした結果、参入ハードルが高すぎなんだおね
すでに実質的には金融機関としての実績がない企業は一切参入できなくなってます。
コインチェックとかZaif(ザイフ)みたいな問題児があまりに多すぎたからでしょうね。
メガバンクとか金融関連事業もやってるKDDI、NTTドコモ、ソフトバンクならOKだけど
メルカリやマネーフォワードなんて最初から論外で参入可能性は0%だったってことだお
一応実績のあるマネパやヒロセ通商はOKでも実績がないとこはまず無理でしょう。
0618















マネーフォワード(3994) 4,545円 −5円 (−0.11%)
決算の営業赤字と仮想通貨交換業参入を断念したとの報道で株価は急落しましたが
前にも書いたけど会社としてはなつさん自身は評価しています
むしろ仮想通貨業に参入しないことで倒産リスクがなくなったんで好材料と考えるべき
むしろ死亡率94%のデスゲームに参入しないってのは最高の材料ですよね
あまり他社と競合しないサービスを手がけてるので会社としては有望だと思います。
下げたらいつも買ってるし、決算前には必ず売却してけっこう儲かってますしね

「傷が浅いうちに」 サイバーエージェントが参入断念、仮想通貨交換業の難しさ
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/26/news139.html
2018年04月26日 ITmedia NEWS
「リスクがどこまでか見えない。傷が浅いうちというか、ほとんど傷を追っていない状態で撤退するのが賢明だろう」――サイバーエージェントの藤田晋社長は4月26日、同社の決算説明会で、仮想通貨交換業への参入を断念することについて、そう話した。
「そもそも参入が遅い上、金融庁の審査が厳しくなっている」(藤田社長)。仮想通貨取引所は、改正資金決済法に基づき、金融庁の登録を受ける必要があるが、コインチェックの流出トラブル以降、より審査が厳格化したとみられ、登録申請を取り下げる企業も相次いでいる。藤田社長は「リスクを減らそうと、自社開発の体制を整えようとするほど、さらに参入が遅くなる」と話す。

2018年12月21日
仮想通貨、流出で弁済義務づけ 金融庁 証拠金取引も規制対象に

2018年06月16日
ヤフー、仮想通貨交換に参入へ 登録業者に資本参加

2018年06月06日
マネーフォワード、仮想通貨交換事業に参入

2018年05月26日
サイバーエージェントが仮想通貨業に参入断念
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2018-05-26.html 

ss2286234570 at 04:55|PermalinkComments(6)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月23日

ソフトバンクの孫さん、ビッコで145億ぶっこいてた(´・ω・`)

ソフトバンク孫氏 ビットコインで150億円損失
2019/4/23 22:30 日本経済新聞
ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長がインターネット上の仮想通貨ビットコインへの個人的な投資によって、1億3000万ドル(約145億円)あまりの損失を出したと報じた。孫氏は2017年に買収した資産運用会社フォートレス・インベストメント・グループのピーター・ブリガー共同会長の勧めで17年にビットコインに投資、相場が急落した18年に売却したという。ソフトバンクグループの広報は「コメントを差し控える」としている。
孫氏はSBGの創業者。米フォーブス誌の長者番付(2019)によると総資産額は2兆6670億円。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長に次いで日本で2番目の富豪になる。


ソフトバンクの孫さんがビットコインで145億円ほど損失を出したようですΣ(゚д゚;)
2017年の高値でビットコインを仕込んで2018年の安値で損切りしたようですね
でもよよくよく考えたら損失が145億円ってことは当初もっと投資してたわけで
もしかしたら250〜300億円くらいの規模でビットコインに投資してたのかもしれません。

たいして流動性もないようなあんな通貨をどうやって数百億円も購入したのか
個人的には実はこのあたりが一番疑問なんだおね
どこかから業者が仕入れてバルクでまとめて購入したのかもしれないけど
よくよく考えたらじゃあその数量をどこから仕入れてきたのか非常に謎です(´・ω・`)
もしかしたらマイニング業者経由でまとまった数量を仕入れたんでそか
ビットコインは株のような取引所取引が前提じゃない商品なんで
誰がどこで仕入れたのかとか、どこで誰に売ったのかという部分が完全に謎のまま。

そのあたりの取引の透明性のなさが仮想通貨の大きな問題点のような気がします。
たった1000人の人間が発行済みのビットコインの80%を所有してると言われてるけど、
それが事実なのか事実でないのかもわからないあたりが非常に気になるところ。


ss2286234570 at 22:31|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月02日

仮想通貨バブル再燃!なつさん54万円で利食いに成功する(*´∀`*)ムフー

ビットコイン、一時5000ドル迫る 約4カ月半ぶり
2019/4/2 19:35 日本経済新聞 電子版
仮想通貨ビットコインのドル建て価格が2日、急上昇し、昨年11月中旬以来、約4カ月半ぶりに5000ドル近くまで上昇した。一部の短期筋の買いを受け、下落を見込んで空売りしていた投資家の買い戻しが入った。情報サイトのコインデスクによると、ビットコイン価格はこの日の午後2時半ごろに4961ドルまで上昇した。午後1時半ごろまでは4100ドル台後半だったので、1時間で2割近く上昇した。
急騰のきっかけははっきりしないものの、通貨が不安定化している一部の新興国経由の買いが膨らんだとの見方が出ている。ここ数カ月の上値だった4200ドルを突破し、空売りしていた他の投資家の買い戻しを誘った結果、短時間で急騰したとの指摘もある。
その後は利益確定の売りが出た。午後9時時点では4800ドル程度で推移している。

ビットコインが突然の急騰−5000ドル突破
2019年4月2日 14:03 ブルームバーグ
仮想通貨ビットコインは2日に突然急騰し、昨年11月以来の高値に達した。3カ月にわたる市場の平穏が崩れた。ブルームバーグがまとめた価格によると、香港時間午後1時25分(日本時間同2時25分)現在は23%高の5078.52ドル。イーサ、リップル、ライトコインなど他の仮想通貨も急上昇している。
0403













前回2/18にビットコインへの投資を再開したなつさんですが
ビットコインがきっちり予測通りの54万円を達成して利食いすることに成功しました
日足チャートにそって着実に上がってたんでそのうち上がるだろうと見込んでましたが
最後の最後のたった1時間10万円も上がるとはさすがに予想してませんでしたけど。

ちなみに予想外だったのは上値と思ってた週足の上値抵抗線をあっさり抜いたことです
本来ならもっと細かく指値を訂正したりするのがあたり前なんですが
bitFlyerのサイトがやたら重くて指値変更とかするのがめんどくさかったんで
ログインすらせずにそのまま放置してなにもしなかったことが結果的に幸運でした
もしbitFlyerのサイトがもっと軽くて簡単に指値変更が手軽にできる状況だったら
おそらく週足の上値抵抗線に合わせて50〜51万円あたりに引き下げたと思うんですよね。

ただ個人的には売ってしまって失敗したかなとか考えています(´・ω・`)
週足でトレンドを上に抜いたので、年内さらに上げる可能性が高まったからです
ただし短期的には48万円まで急落する可能性も十分あり得るだろうし
逆に1〜2週間以内にさらに10万円上がる可能性もありえるので予想はかなり困難です

これは個人的な予想ですが、ビットコインはチャートにそって綺麗に動いているので
もし週足トレンドをきちんと維持して動いていればさらに年内上値を狙うでそうφ(.. )
もし週足トレンドを割れたらまったく違うことになる可能性が高いのも事実ですが、
年内に78〜82万円あたりを達成する動きになるんじゃないかと考えています

ちなみに最近5000円だったライトコインが週足チャートで上に抜けたせいで
綺麗にチャートにそって買い上げられてすでに8000円手前まで上がっています(*´∀`*)ムフー 
もちろん知ってたんですがライトコインのチャートの信ぴょう性を疑ってたんで
とりあえず監視だけして売買するのは中止して様子見しました。
(結論から言えばあの時買ってればすでに1.6倍になってるんですけどね・・・)

ちなみになつさんはイーサリアムの週足チャートが非常にきれいに動いてて
ちょうど今週足の上値を抜いたので買いはじめたところです(*´∀`*)ムフー 
ライトコインよりは信用できそうなんでまあいいかなって思ったので
14,000〜17,000円の範囲内でさらに押し目で買い集めようと考えています。
目標価格は目先で25,000〜30,000円で、うまく乗れば40,000円狙えそうかなとφ(.. )
月足チャートの上値抵抗線がちょうど4万円にあるからその前後かなあ。
年内に4万円くらい言ってくれたらいいなっていう予測ですにょ(σ´∀`)σ

リミックスポイント(2825) 386円 +80円 (26.1%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3825
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3825.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

マネックス(8698) 413円 +29円 (7.55%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8698
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8698.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

GMOフィナンシャルFD(7177) 670円 +17円 (2.60%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7177
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7177.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2019年02月18日
仮想通貨に再投資!(*´∀`*)ムフー


ss2286234570 at 21:09|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月09日

仮想通貨3社、相次ぎ証券参入 金商法対象の商品拡充

仮想通貨3社、相次ぎ証券参入 金商法対象の商品拡充
2019/3/6 11:20 日本経済新聞電子版
仮想通貨の交換会社が相次ぎ証券業に参入する。年内にも大手のQUOINE(東京・中央、コイン)が申請、リミックスポイントは業務を始める。交換業だけでなく仮想通貨技術を使った資金調達や金融商品への多角化をにらみ、仮想通貨の一部業務が従来の改正資金決済法から金融商品取引法の対象となる方向となっていることに対応する。
証券業務を始めるには金融庁に申請の上、登録が必要。コインは2019年中にも認可を申請する。20年の業務開始を目指す。新たに持ち株会社をつくり、傘下に証券子会社を入れる方法などを検討する。リミックスポイントは1月末に証券業を手がける子会社スマートフィナンシャルを設立した。年内にも認可を受け、業務を始める。同じく子会社で交換業のビットポイントジャパン(東京・港)と連携させる。ビットバンク(東京・品川)も証券業の登録を目指して準備を進めている。
新興企業などが資金調達の手段として使うICO(仮想通貨技術を使った資金調達=イニシャル・コイン・オファリング)は詐欺的な案件も多く、問題になっている。政府は仮想通貨の規制強化を検討しており、1月に始まった通常国会で関連法の改正をめざしている。ICOの一部や仮想通貨を使った金融派生商品(デリバティブ)については金商法で規制する方向だ。
ICOは利用が急減しているが、配当や分配金があり金融商品に近いSTO(セキュリティー・トークン・オファリング)は当局の規制対象になることで米国やシンガポールで普及し始めている。日本でも関連サービスを提供するには証券業登録が必要との見方が業界内で増えている。

仮想通貨交換業を営んでいる3社が証券業にも登録をすすめるようです
とはいえいわゆる証券事業を取り扱うために参入するというわけではなく
ICOSTOという資金調達をしたいがために参入するのが目的のようですねφ(.. )
ただ日本の金融庁だけでなくアメリカでもICOは全面中止の方向になってきています。
アメリカではICO強行したいかれた金融機関が強制的に返金命令受けてたしね
かといって証券業の登録したばかりのなんの実績もない証券会社が
いきなりリスクが高めのSTOやりますって言ったところでまず無理でしょうね

仮想通貨交換業の会社はあらかた営業停止とか改善命令の行政処分受けたばかり。
そんないい加減な会社が投資家側のリスクが高い商品扱いたいって申し出たところで
書類審査どころか受け取ってすらもらえずに突き返されてお終いだと思います(´・ω・`)
正直いうと仮想通貨交換事業の会社っていろんな意味でお客を舐めてると思う
いままでいい加減なことをやってきた会社がいきなりリスクの高い商品を扱いたいと
申請したらすぐに許認可が下りると思ってるところが頭おかしいでしょ

動画検索すると本田圭佑選手を起用したビットポイントのCM動画すべて削除されてます
率直にいってCM出演料を払う金がなくなったから契約解除しただけでは
その程度の会社が「返済なしで資金調達したいからSTOやりたい」って申請したとこで
頭おかしいっていうか、ガン切れされて書類突き返されてお終いだと思います。
なんていうかね自分たちのことしか考えてない行動が非常に目立つんですよね(゚д゚)、ペッ
お客のことなんてなんも考えずに自分たちの資金調達しか興味ないでしょ、これ

個人的にリミックスポイントに一番要求したいのは貸借銘柄にすることかなφ(.. )
下方修正やるって予想してガチで当たってましたからね
無理やり証券事業に参入してSTOとかやって資金調達狙ってるところ見ると
資金繰りに苦しんでるというか、明らかに資金に苦しんでる気がするんだおね
金に困ってるヤバい会社にICOやSTOの許認可したら詐欺事件待ったなしでそ(´・ω・`)



リミックスポイント(3825) 317円 −9円 (−2.76%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3825
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3825.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2018年11月14日
リミックスポイントが業績予測を白紙化!決算日に社長がトンズラ!

2018年09月23日
仮想通貨交換所ビットポイント、CMに本田圭佑氏を起用


ss2286234570 at 06:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加