yogurting ヨーグルティング

不動産

2016年03月27日

AMBITIONの株券返して(´;ω;`)!!!!!!

不動産の管理や賃貸仲介などを手掛けるAMBITION(3300)が連日の上場来高値を更新となっている。買い気配でスタートし、午前9時12分に3500円で取引が成立。その後も買いの勢いが続き、10時9分には前日比700円ストップ高となる3905円まで上昇した。最近の上昇基調の流れを引き継いだことに加え、15日にネット決済サービスなどを展開しているクラウド ペイメント社に出資すると発表したことが材料視されたようだ。

2月4日に民泊事業への新規参入およびアドベンチャー<6030>との業務提携に向けた検討開始を発表し、大きな注目を集めました。民泊の特区となっている大田区で管理物件の9%を保有しており、すでに民泊の申請済みと、着実に準備を進めているようです。
2016年6月期上期業績は上方修正を発表し、中間決算は売上高が前年同期比44.2%増の45.3億円、営業利益が同18倍の0.75億円と大幅な増収増益で着地しました。プロパティマネジメント事業はサブリース管理戸数が当初予想より多く取得でき、インベスト事業においても販売用不動産の売却が当初予想よりも進んだことなどが要因です。

2月に株価暴落したときに購入しといた小型株、新興株の一つがここアンビション
理由はかなり単純、マイナス金利で不動産セクターへの恩恵が大きいと考えたから。
三菱地所と三井不動産みたいな大型株は地合いに釣られやすいけど
この手の新興株なら材料化されやすいφ(.. )
そう考えて新興の不動産セクターからえらんだのがイチゴHDアンビション
両方ともチャートが非常に良くて、業績も良くて、しかも材料が豊富(*´∀`*)ムフー
なによりインバウンド景気の流れにのって「民泊銘柄」筆頭だったからです 

さらにこのアンビションのいいところは時価総額が小さいくせに流動性が高かったこと。
今でこそ時価総額が50億円超えてるけど当時は30億円もありませんでした(´;ω;`)
にもかかわらずなぜか妙に流動性が高くて売買代金が相対的に高かったんだおね
(ちなみに最近人気のバイオ銘柄もなぜか流動性が常に高いという特徴があるお)

比較してみるとこの流動性の高さがわかります
時価総額6兆5,000億円のソフトバンクの平均的出来高が600万株くらいなので
売買代金になおすとせいぜい300〜400億円程度だおね
でも時価総額と比較してみると流動性は1%にも満たないってことですφ(.. )
アンビションは時価総額30億円だった頃から出来高が60,000株くらい普通にあって
売買代金が安定して1億円超えてたので流動性は3%以上
小型株だからといえばそれまでだけど非常に買いやすい銘柄だってことだおね

アンビション(3300) 3,295円 +20円 (+0.6%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=3300
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3300.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
でもアンビションには決定的に大きな大問題があります
それは何かというとぼくちんが売った後に死ぬほど爆上げしてしまったこと(´;ω;`)
1,820〜1,900円で買い増ししてって当初の予定通り2500円で売り切って
もうウハウハ気分で株価を眺めていたらMAX3900円まで上がってしまいました
最初から狙ったとおりの指値で売れたので完全に予定通りの成功なんだけど
売った値段から1.5倍も高い値段まで上がってんじゃねえぞ糞が、と(゚д゚)、ペッ
今の株価をみるだけで胸が絞めつけられるように辛いお(´;ω;`)
夜中に株券返してくれと何度泣きながら叫んだことか


0329




   アンビションの株券返して!!!
 




0329 




   アンビションの株券返して!!!





0329 




   アンビションの株券返して!!!





0329 




 いちごHDの株券返して!!! 


ss2286234570 at 04:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月01日

開業前から上場とかいってるソニー不動産

ヤフーとの資本・業務提携を発表したソニー不動産は、新しい不動産売買プラットフォームを武器に2、3年後に上場することも視野に入れている。金融事業とのシナジーが強みという。 ソニー不動産の西山和良社長は、21日のインタビューで、年内には売り手自身が値段を決めて掲載できる中古住宅のオンライン売買プラットフォームを展開すると話した。ヤフーから18億円の出資を受けて事業を拡大、首都圏で足場を固めてから2、3年後には全国展開も始めたいとした。業績見通しについては、上場するころには「ある程度の利益が出ていないといけない」と述べるにとどめた。 

ヤフージャパンとソニーの子会社であるソニー不動産は、中古住宅の流通事業で資本・業務提携した。2015年7月7日、発表した。ヤフーの不動産情報サイト「Yahoo!不動産」とソニー不動産の総合不動産サービスを連携して、国内の中古住宅の流通市場やリフォーム、リノベーション市場の活性化を目指す。
 「不動産流通革命プロジェクト」として、個人が自分の所有する不動産を売りに出せる「不動産売買プラットフォーム」を共同で開発。2015年中に公開する。住宅・不動産情報を提供するWEBサイトは少なくないが、個人間で不動産取引ができるサービスは「Yahoo!不動産」では初めて。まずは東京都心のマンションを対象に取り扱いを開始する。
0801












まだ開業してもない、サイトを本格稼動すらさせてないヤフー不動産ですが
なぜか2〜3年以内に上場したいとかかなり舐めた発言をしてるようですにょ(σ´∀`)σ
開業してる会社が言うならまだしも、サイトもない準備会社がこれをいうのはちょっと

たしかに日本政府が不動産取引の簡易化に意欲的なのは事実だおね。
これまであまりにも複雑だった取引や煩雑な書類作成業務を大きく削減して
規制緩和ネット取引に道すじをつけようとしてるのはまぎれもない事実φ(.. )
ただし、ソニー不動産が意図してるような個人間の中古マンションや不動産の売買を
ネット上だけで完結させるというビジネスは非常にハードルが高いと考えます
なぜなら不動産は物件によってすべて価値と価格が異なるからです。

お金のやり取りがインターネットと相性がいいのはお金も価値が一定だからでそ
A銀行から100万円を振り込んでもらおうが、B銀行から100万円振り込んでもらおうが
そこでやり取りされてる100万円という数字の羅列は同じ価値を有しています
現物のお札なんて必要なくても数字の交換だけで全取引は完結するおね

ネット取引になれてくるとそういった前提条件すら忘れがちになりますが
実はこの「定型化された」商品はすべて「同じ価値を有する」ってところがミソでそ。
定期預金、保険、株式についてもこれとまったく同じことがいえるおね
A生命の売ってるBという保険商品はすべてまったく同じ価値をもっています。
ネットで買おうが、Cさんという販売員から購入しようが商品ごとの価値は均一でそ。
株でも同じこと。野村證券の窓口でソニーの株を1000株買おうと
SBI証券からネット取引で買おうと、大和証券のコールセンターで買おうと価値は同じ。

ネット経由でサッカーや野球のチケットを購入しても同じ座席なら同じ価値です。
コンサートのチケットも「右前列」と指定されたチケットはほぼ同じ価値を有しています。
宝くじをネットで購入しても当たり外れの差はあっても一枚の価値は同じ。
馬券を窓口で買おうがネットで買おうが、これも一枚あたりの価値は違います。

ところが中古不動産はその「価値が均一」という条件をまず逸脱してるおね(((( ;゚д゚)))
同じ中野区にある同じような外観の中古住宅であっても価値はすべて異なります。
一方は駅から4分の立地で、もう一方は駅から20分の差があれば価値は違います。
さらにいえば、築年数が同じでもその使用度の差によって劣化具合は大きく異なります。
周囲に騒音の発生源や駅やスーパーなどとの距離によっても価値に差が生じるおね
そして一番怖いのは後から見つかった「瑕疵」をどう評価するからでそ(´・ω・`)

売り主も買い主も気がついてなかった瑕疵後で発覚したらどうすんのって話。
もしくは、売主が意図的隠してた瑕疵後から発覚したらどうすんのって部分です。
お金とか保険とか株券ではこういった瑕疵は存在しません。
お札が破れていたって株券の一部が欠けてたって、その価値は変動しません。
(取引の信用性を担保するために法律上その価値を保障してあるからです)
馬券や宝くじだってちょっとくらい折れてたって破けてたってお金に交換してもらえます。
仮にネットでスマートフォンやパソコンを購入したって
後から瑕疵が仮に見つかっても同じ商品と交換してくれたら購入者に不服はないでそう。

しかし不動産ではそういった「後で発覚した瑕疵」が致命的な場合があります。
軽い気持ちでネットで購入した横浜の中古マンション2800万円があったとします。
後になって実は水回りが最悪に壊れてて改修費用に200万円かかったとか、
シロアリに食われててすぐに家が傾いたとか、最初から家が傾いてたとか
細かいケースを考えるとキリがないくらい後からの瑕疵ってのはありえる話だおね。
たった30万円の手数料をケチって200万円修繕費が必要になったとしたら
目も当てられないような悲惨な結果を招くことになります
特に不動産の場合は購入価格が大きいのでこの部分は非常に怖いおね(((( ;゚д゚)))

また不動産では後で交換して保証ってことができません。
横浜で1500万円の中古住宅を購入したのに後で瑕疵が見つかったので
札幌にある同じタイプの1600万円の中古住宅と交換してくれたら納得ってワケにはいかんでそ
横浜に住んで都内で働いてる人にとって札幌の中古住宅なんて1円の価値もないからです。

売り主が大手の不動産会社だったら弁償を請求するか、場合によっては訴訟でしょう。
まあせめて店舗をもってるそれなりの不動産会社でも保証や弁償は求めれます。
しかし一番怖いケースは個人間で中古不動産を売買したケースだおね(´;ω;`)

々愼したはずの中古住宅が実は存在してなかった。
購入した中古住宅のスペックや写真がすべて偽装だった。
9愼した中古住宅が実は売り手のものではなく他人の所有物だった。
た綣りがメチャクチャでトイレの水もまともに流れない状況だった。
ナ杤を請求しようとしたら相手の携帯電話が解除されていた。
γ羝塗堝飴困鯒笋辰真擁が偽名で実は中国人の詐欺グループだった。
売り手に弁償を請求しようとしたら相手の連絡先が不明になっていた。


例を挙げるときりがないくらい100パターン以上あるおね
こういった様々なケースを考えるとちょっと危険でそ(´・ω・`)
特に怖いのが売り手の人物が不審者だったとか見をくらまして逃げたケースでそ
賠償請求や訴訟どころか、交渉する相手さえいないからです(((( ;゚д゚)))

そりゃあ、ソニー不動産が間に入って査定をしてちゃんと価値を補償してくれるだとか
ソニー保険が万が一の弁済金を払ってくれるってのなら話は別ですけどね
でもそこまでいったら、普通の不動産会社経由で買うのとなにが違うんだって話になるおね
リクルートの「SUUMO」や三井不動産が一緒に出資して保証体制が整ってたらいいですが
「売り手との過失や事件についてソニー不動産は一切責任を持ちません」って
書いてあったらこれはもう死亡フラグもいいところですにょ(σ´∀`)σ

ものすごく徹底的によくよく考えられた代理弁済制度身元保証がないと危険もいいところ。
だいたいヤフオクですらおかしな犯罪グループや中国人詐欺グループがいて
偽物やインチキ商品を売りつけてて跋扈してるのが現実でしょう。
そんな危険な会社相手に謎の人物と不動産取引するなんて自殺行為もいいところだおね

不動産のネット取引というものを否定するつもりはないけど
本当にしっかりした仕組みと取引先の身元保証制度がないと成立しないビジネスだおね


ss2286234570 at 06:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)