yogurting ヨーグルティング

三井住友銀行

2018年11月07日

【絶望】みずほ銀行完全終了のお知らせ!

三菱UFJ・三井住友銀、相互にATM無料化
2018/11/7 17:03 日本経済新聞 電子版
三菱UFJ銀行と三井住友銀行は2019年前半にもATMを相互開放する。預金者は両行のATMで平日の日中に現金を引き出す際の手数料が無料になる。当面は店舗外の計2300カ所程度を対象とし、将来はすべてのATMを開放することも検討する。ネットバンキングなどの進展でATMの稼働率が落ちるなか、預金者の利便性を維持・向上させるにはATMの相互開放が不可欠だと判断した。
相互開放の対象は駅前や商業施設など銀行店舗の外にある無人拠点に置いたATM。効果を検証し、将来的には全国に両行で約1万4000台あるすべての拠点のATMを相互開放することも検討する。みずほ銀行とイオン銀行は13年から相互開放しているが、メガ銀行同士では初めて。
両行は相互開放に伴い、計500〜600程度のATM拠点を廃止する方針。年間で数十億円程度の経費削減を見込んでいるようだ。硬貨や通帳を受け入れず、紙幣だけを扱う簡易型ATMを共同開発する検討も進めており、将来は共同運用も視野に入れる。
現在は他行の口座から現金を引き出すと平日日中(午前8時45分〜午後6時)で108円、早朝や夜間は216円の手数料がかかる。三菱UFJか三井住友に銀行口座があれば預金の引き出しで両行のATMを同じように使えるようになる。両行間の振込手数料の取り扱いは今後詰める。
インターネットバンキングの利用が広がり、現金を使わないキャッシュレス決済も進展するなかで、銀行ATMの利用はしだいに減少。低金利で銀行の収益性が悪化するなかで全国にATM網を張り巡らせる負担は重くなっている。そこで顧客の利便性に配慮し、相互開放で利用者が使えるATMを増やしつつ、両行で重複した地域のATM網を見直す。
3メガ銀の一角であるみずほ銀は新しい勘定系システムへの移行を進めているため、今回の相互開放に加わらない。ただ両行の関係者は「他行の受け入れを見据えた枠組みにしている」と説明しており、両行の取り組みを土台に参加する銀行を増やしたい考えだ。


三菱UFJと三井住友のATM、来年にも相互に利用可能
2018年11月7日19時58分 朝日新聞デジタル
三菱UFJ銀行と三井住友銀行は来年にも、現金自動出入機(ATM)を共通化し、預金者が相互に無料で現金を引き出せるようにする。まず駅前や商業施設の店舗外ATMを共通化し、将来は店舗内ATMにも広げる。メガバンク同士が相互のATMを無料で使えるようにするのは初。現在は他行扱いでかかる108円(平日日中)の手数料が無料になる。共通化後も、通帳の記入や硬貨の受け入れは相互利用はできない。振り込みはできるが、手数料については今後検討する。

まあ実際は半年くらい前から経済ニュースには本件に触れた内容があったんですが
ついに三菱UFJ銀行と三井住友銀行ATMの共有化をすることを発表しました
これによって三菱UFJ銀行と三井住友銀行に口座を持っている預金者は
相互のATMを無料で利用できるようになるので非常に便利になるってことですね
平日の昼間であればどちらの銀行のATMを利用しても手数料が無料になるようです。
ただ夜間のATM利用の場合は現状と同じでたぶんATM手数料はかかるんでしょう

今回のATMの共有は銀行にとっても預金者にとってもメリットがあります(´∀`*)
預金者は相互のATMを利用できるようになるので当然非常に便利です
でもそれ以上に大きなメリットを享受できるのは三菱UFJ銀行と三井住友銀行でそう
現在は一つの駅に3つのメガバンクのATMがすべて隣接してるようなケースが多いけど
ATM拠点をうまく統廃合することによってATMの維持コストを削減できますφ(.. )
場所代だけでなく、現金輸送コストや警備コストも大きく削減できます

現在はメガバンクがそれぞれ独自仕様でATMをデザイン設計して仕様を決めて
独自のATMを製造して各地に設置していますが、これは非常に無駄が多い方式です
ATMなんて共通仕様で大量ロット製造すれば開発製造コストも下げれるし
ついでにATM自体も機能を簡素化して同一のネットワークで管理運用すれば
ATMの管理・維持コストも削減できるので願ったりかなったりってことです(。・ω・)ノ゙

ただしみずほ銀行は勘定系システムの統合に忙しいのでのけ者にされますΣ(゚д゚;)
仮にみずほ銀行が参加できるとしても、最短でも3年以上遅れるでしょう。
その3年間はみずほ銀行の預金者だけ不利な扱いを受けるのでかなり最悪だおね

そんなみずほ銀行のユーザーに朗報が入りました
なんと今週末11/7〜11/9も丸2日以上みずほ銀行が全面利用停止になりますΣ(´д`;)

みずほ銀行、オンラインサービスの臨時休止について
みずほ銀行は、お客さまへのサービスや利便性の向上を一層進めていくこと等を目的として、順次新システムへ移行しております。移行日直前の作業期間中は、みずほ銀行のATMやEBサービス・みずほダイレクトなど、すべてのオンラインサービスを複数回にわたり臨時休止させていただきます。
1108






みずほ銀行がまた入出金も振替えもすべて停止になるようです
期間は11月10日(土)00:00〜11月12日(月)08:00までだそうですΣ(゚д゚;)
振替え処理の依頼ができなのはまだ多少がまんできるとしても
また今週も2日以上ずっと入金も出金も一切できないってのはカスすぎでそ(´・ω・`)
清々しいくらいの最高のクズ銀行の称号をみずほ銀行さんに与えますにょ(σ´∀`)σ

みずほ銀行は銀行振り込み24時間化にもまったく対応していません。
勘定系システム統合に忙しいのでそんなことに対応する時間も費用もないんでそ
ついでにATMの共有化にも参加見送りなので、このままだと3~4年間先までは
みずほ銀行のサービス改善はまったく期待ができないってことでそね
もはやみずほ銀行を利用するというメリットは一切ないと断言して言えますね

2018年10月18日
ローソン銀が10/15開業 全国1万3000カ所にATM

2018年05月25日
24時間365日決済に105行 全銀協加盟75%が新システム参加

2018年05月13日
新生銀、ATM有料に 10月にも一律108円


ss2286234570 at 21:09|PermalinkComments(0)

2016年10月09日

三井住友銀、スマホ決済でアジア開拓

スマホ決済、アジア開拓 送金や支払い依頼
2016/9/17 日本経済新聞 電子版
三井住友銀行はアジアで携帯電話を使ったモバイル金融事業を本格的に始める。まずインドネシアで出資先の地場銀行と送金などを簡単にできるスマートフォン(スマホ)向けアプリを共同開発した。ベトナムなど近隣諸国にも展開する。地元や欧米の銀行を交え、金融とIT(情報技術)を融合した「フィンテック」の活用をしてアジア市場を開拓する動きが激しくなっている。
インドネシアでは8月、40%出資する地場中堅の年金貯蓄銀行(BTPN)と開発したスマホのアプリ「ジーニアス」の提供を始めた。基本機能の一つが送金サービス。利用者がアプリで受け手の口座番号の入力など送金手続きをすると、お金が振り込まれる。口座番号が分からない場合でも受け手がウェブ上で口座を指定すれば入金できる。
アプリ経由で複数人に支払いを依頼することもできる。受け手がアプリ上で請求額の情報を送り、相手が承認すれば口座に入金される。飲食店での割り勘などの利用を想定している。アプリと連動したデビットカードを発行し、カードを紛失した際の使用停止や再開の手続きもスマホで可能にした。
同国でのモバイル送金サービスは昨年3月に始めていたが、送金額に上限を設けるなど主に低所得者が対象だった。今回は上限額をなくし、振込依頼などの機能も加え、中・高所得者への普及を目指す。日本人駐在員など現地に住む外国人にも売り込む。三井住友銀は年内に10万人、2020年に150万人の利用を見込んでいる。
アジア各国での広域展開も目指す。すでにジーニアスを開発した担当者が他国での展開に向けた市場調査を始めた。三井住友銀が出資・提携する銀行のあるベトナムやカンボジア、ミャンマーなどへの「輸出」を狙う。
アジアにおける銀行口座の保有率は、インドネシアで36%、ベトナムで31%にとどまる。100%近い日本と異なり、銀行と取引のない個人は多い。一方で携帯電話の普及率は高く、銀行が手軽なモバイル金融サービスの提供をきっかけに、新たな顧客の獲得をめざす動きが広がっている。
マレーシア金融大手のCIMBグループは子会社を通じてインドネシアのコンビニエンスストア大手と提携。携帯電話での支払いサービスを使いコンビニで買い物できるようにした。米シティバンクは支払いや送金などができるスマホアプリをアジア各国で展開する。
※メールアドレスを登録すれば全部読めるようです
1008














長くて読むのがめんどくさいけどなかなか面白い記事でした(*´∀`*)ムフー
日本に住んでると誰でも「銀行口座もってるのがあたりまえ」ってのが常識なんだけど
アジアではそもそも銀行口座なんてもってない人が大半ってことなんですねΣ(゚д゚;)

ちょっと前まで内戦やってたカンボジアは国内事情もあって仕方ないけど
東南アジアの中でもそれなりに長い間経済成長してきたはずの
マレーシアタイですらこの程度の数字ってのはかなり衝撃的だおねΣ(・ω・ノ)ノ
最近はSBIグループがアジア各国で銀行や証券会社の設立を急いでるようだけど
そもそも国民自体が銀行口座を持つ習慣をもってないってことになると話は別。
タイやマレーシアはともかく、高い経済成長が期待されてるはずの
ベトナムインドネシアの数字はおそろしく低いし、フィリピンもかなり低いってでそ
これじゃあ現地に進出してわざわざ銀行設立するのが正しいとはいいにくい

その一方で、東南アジアでも携帯電話(スマートフォン)の普及率抜群に高いようだお
なるほど銀行の普及率がこんなに低いのにスマホの普及率がこれほど高いなら
わざわざ東南アジアに出かけて現地で銀行設立する意味ってあんまりないおね
当然といってしまえば当然なんだけど三井住友銀の戦略はしごく的を得てる気がします

三井住友銀が開発したアプリ「ジーニアス」がアジア各国で成功できるかはわからないけど
もし日本企業がアジア各国に進出して本当に成功しようと考えたら
現地で何十社も銀行や証券会社をわざわざ設立するような手間をかけるよりも
アジア共通のアプリ一つで進出したほうがはるかに効率的で投資を一点に絞れます
おそらくライバルが多い分野だろうけどななかな面白そうな事業分野だおねφ(.. )


ss2286234570 at 04:58|PermalinkComments(2)

2015年07月17日

GMOが金融事業シフトに転換? 〜敵の父親は味方〜

GMOペイメントゲートウェイ(以下、GMO-PG)は、親会社であるGMOインターネットと三井住友フィナンシャルグループおよび三井住友銀行との資本業務提携、並びにGMOインターネットと三井住友銀行を引受先とした第三者割当増資を実施し、約80億円を調達すると6月9日に発表した。
GMO-PGは、GMOインターネットと三井住友銀行を引受先とした第三者割当増資を実施し、7,999,931,600円を資金調達する(それぞれ約40億円)。これにより、三井住友銀行は125万800株を取得し、3.36%の所有議決権を保有する。資本業務提携の理由に関しては、決済ビジネスの事業機会への取り組み、2020年を見据えたEC市場の拡大に伴う大規模な企業との取引拡大が不可避であること、また、早期入金サービスや「GMO後払い」による増加立替資金や運転資金、自己資本の増強の必要性があげられている。
さらに、調達資金の具体的な使途としては、2015年10月にクレジットカードなどの決済代行ビジネスを展開する合弁会社を設立するための出資資金の充当があげられている。新会社の詳細については検討中とのことだが、三井住友銀行が顧客紹介、GMO-PGが決済代行システムの提供をそれぞれ行うとのこと。
0718








決済代行業界の圧倒的な1を目指すGMO-PGが三井住友銀行等と資本業務提携
2020年に100億、2025年に250億の経常利益を想定
決済処理事業者のGMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、2015年6月9日、三井住友フィナンシャルグループ、三井住友銀行、GMOインターネットと資本業務提携すると発表した。GMO-PGでは、GMOインターネットおよび三井住友銀行から約80億円の出資を受けることで、決済領域において、日本をリードする経営基盤を構築。2015年10月には決済処理事業を提供するジョイントベンチャーを設立する予定だ。
0719













あおぞら銀行とGMOインターネットがネット銀行を作るというニュースとほぼ同時期に
その裏でもっと興味深いニュースがあったんだおねφ(.. )
住友銀行とGMOインターネットが第三者割当て増資を引き受けるという形で
GMOペイメントが合計80億円もの資金調達に成功したというもの
この程度の規模の会社が出資で80億円の現金を手に入れるってのはかなりすごいこと。
ましてその出資先が三井住友銀行だったので2倍驚きました(゚ロ゚;)エェッ!?

三井住友フィナンシャルグループといえば住友信託銀行がSBIと出資しあって
住信SBIネット銀行というネット銀行を設立してる銀行グループだおね。
いわば三井住友FGとSBIホールディングスは盟友関係ってこと
すでにSBIホールディングスとは証券・銀行・FXなどの分野において
すべて対立関係にある企業グループがGMOインターネットでそφ(.. )
その三井住友FGがグループ子会社の敵に出資したってことになるからです
住友信託銀行やSBIホールディングスからしたら寝耳に水もいいところでそ。
なんせGMOグループのクリック証券証券を潰すためだけに
FX専業子会社を設立して喧嘩ふっかけた北尾さんの率いる暴れん坊企業だおね。
まさか味方の親が敵のグループに資金とお客を提供して支援するなんて予想もできない。
味方と思っていた三井住友FGに裏切られて背後から銃弾が飛んできたってことでそ

GMOペイメントゲートウェイ(3769) 4,490円 +200円 (+4.66%)
http://kabutan.jp/stock/finance?code=3769&mode=k
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9508.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
GMOペイメントは2009年に株価が150円まで下げってる会社です(((( ;゚д゚)))
しかしその後は業績も一貫して順調に伸びて毎年二桁の成長を続けています
6年前は150円まで下がった株価がたった一日で200円上がってるって素直にすごいでそ。
時価総額は単純計算すると55億円から1667億円まで増えてるので29倍です
100万円購入してたら2900万円、1000万円購入してたら2億9000万円だお(つд⊂)ゴシゴシ
しかもバブル的に株価が急騰したガーラみたいな短期銘柄じゃなくて
実体としての成長と業績という裏づけがあるので非常に稀有な銘柄といえるでそう

ちなみにGMOペイメントの通期営業利益は2015年度で30億円ですが
2020年度には3倍の100億円、2025年度には8倍超の250億円を目指してるようですφ(.. )
そもそもネット販売してるネットショップが増えれば増えるほど市場が拡大するビジネスだし
それらのネットショップに資金繰り改善の資金提供、あるいは融資や貸付をしてるので
その原資となる(返済する必要のない)80億円の現金を手に入れたのは非常に大きいおね
貸倒れや返済不能というリスクがあるのは当然としても、かなり有望な銘柄かなと思います。
なんていうか潜在的な成長率がずば抜けてる会社だなって感じますにょ(σ´∀`)σ


2013年11月03日
SBIFXトレード VS クリック証券


ss2286234570 at 06:54|PermalinkComments(8)