yogurting ヨーグルティング

ワールドカップ

2022年11月25日

曲がり屋投資家が殺到! 日本がドイツに見事な逆転勝利!

「勝率0%」からドイツ撃破!W杯10戦目で初の逆転勝ち 森保ジャパン世界へ衝撃
[2022年11月24日0時6分]
W杯では先に失点して試合では、過去9戦7敗2引き分けで「勝率0%」。ましてや相手は優勝候補のドイツ。このままの流れが続くかと思われた後半に流れを一変させた。ハーフタイムに「、チャンスの時に決めきれるように準備して、選手に粘り強く戦ってほしいと思います」と語っていた森保監督。DF冨安を投入して3バックに変更し、次々に攻撃的な選手をピッチに送り出した。
後半30分にFW堂安のゴールで同点に追い付くと、後半38分には右サイドから切り込んだFW浅野が角度のないところから豪快にネットを揺らして、逆転に成功した。

森保監督 交代5人制うまく使った見事な采配29年前と変わらぬ「最適」考え結果から逆算
2022年11月24日19時20分 日刊スポーツ
あまりに見事な、見事すぎる采配だった。5人の交代枠をフル活用した後半の逆転劇。交代によってシステムを変え、最終的には広島監督時代にペトロビッチ氏から受け継いでJリーグを席巻した「3−4−2−1」でドイツを圧倒した。今大会からの「交代5人制」を、ここまで最もうまく使った采配だった。
今や情報戦は大会前の常識で、親善試合も丸裸にされる。監督采配の傾向も貴重なデータ。「動かない」あるいは「動きが遅い」とドイツのフリック監督が思っていたなら、後半開始早々の3バック変更や早いタイミングの攻撃選手投入に戸惑ったはず。ドイツが最初に選手交代したのは、日本が3人目を代えた10分後。完全に後手に回った。




Twitter界隈でも曲がり屋の岐阜暴威さんが全裸ライブと全裸スーパーカブ暴走を賭けて
ドイツの勝利を予想して見事に曲げて話題になっていたようですね(*´∀`*)ムフー

ちなみに市況1の曲がり屋もものの見事に曲げており話題になっていましたφ(.. )
事前予測をしてたので必ず曲げるだろうと思ってたら案の定、フクロウさんが曲げました。
その日に書いてた日経株価の予測も曲げてたので2重に曲げてたことになります(゚∀゚)アヒャヒャ

001



でもそれ以上に大きく曲げたのは「神よば」本名は神と呼ばれた男です。
最近は「よばちゅん」と名乗ってますけど曲がり方は究極で神のごとく曲げます
今回もドイツと日本とでは格が違うといい捨ててスレから消えていた
わずか20分間に日本が逆転してしまうという離れ業をやってのけて曲げました。
002


003


ちなみに「神よば」は日本に地震なんて来るわけないから大丈夫と宣言した
そのすぐ後に東北大地震が実際に起きてるので曲げ方がシャレになりません(((( ;゚д゚)))
本当に曲げるのでなつさんも本気で気にしてるくらいの神の曲げ師です



今回の日本代表のサッカーは堂安が試合後に語っていたその通りでしょうφ(.. )
前半は日本選手全体が「ドイツをリスペクトしすぎていた」のでよくなかった。
つまりナーバスになって警戒しすぎていたのでアグレッシブに挑めてなかったってこと。
日本としては3戦目にスペインがいるので1戦目で勝てなかったら実質敗退決定です
最初からドイツに勝つことを前提で戦略を立てていたのは明らかですおね。

初戦のドイツで負けたら予選突破は不可で敗退するのはほぼほぼわかっていたので
平均的に得点力のあるFWでなく、一発勝負で決定力のある浅野を選んだのもまさにそれ。
平均的なFWではなく不利な試合で一発でゴールを獲れる浅野を選んだんでしょう。
1点目を獲ってからも選手は引き分けをまったく考えずに2点目狙ってましたし。

前半でドイツが飛ばし過ぎていたのか後半から急にペースが落ちていました。
後半から森保監督が一気に選手交代して、前線からアグレッシブなハイプレスやったんで
ボールを支配して攻撃する頻度が増えてたんで「どうしたのかな?」と見てました。
てっきり「ドイツがあえて日本にボールを持たせて」そういう作戦なのかと思ってたけど
後で考えたら「単純にドイツのFWやMFがバテててボールを追えなかった」だけでした。
このあたりの選手交代で一気果敢に攻勢をかけた日本との大きな差になったようですね。


ss2286234570 at 09:54|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年07月02日

ベルギー国民、日本戦に楽勝ムード

日本の勝利「あり得ない」 ベルギー代表は過去最強
(2018/06/30 10:57)
サッカーワールドカップで、日本が次に対戦するベルギーでは日本に勝利するという強気の報道が目立っています。スポーツ紙の記者:「日本の勝利は残念ながらあり得ない。今のベルギーは『黄金の世代』と言われている」地元紙の見出しには、ブラジルと戦う前にベスト8をかけた試合が行われると紹介していて、すでに日本に勝つことを前提にしています。ただ、日本の素早い反撃、カウンター攻撃には注意が必要だという指摘も掲載しています。


ベルギー国民、日本戦に楽勝ムードと一抹の警戒心と
(2018/06/29 11:53)
決勝トーナメント進出を決めた日本の次の相手のベルギーでは早速、「日本に勝つ」と自信満々の声が上がっています。ベルギーはイングランドを1−0で破り、グループGを首位で通過しました。FIFAランキング3位の強豪とあって上位進出への期待が高く、ほとんどの人が日本に勝つと自信を見せています。ベルギー国民:「もちろんベルギーが勝つ。他のチームにないテクニックがあるから」「(Q.日本戦で心配は?)僕らはないけど、君たちは心配したほうがいい」


日本サッカー代表の西野監督の采配について「あーだ」「こーだ」
テレビやtwitterやブログなんかで文句言ったり評価したりしてる人が多いようですが
そもそも最初は「予選落ち間違いなし」とまでみんな呆れて応援もしてなかった訳で
(特にマスコミは監督交代激をかなりボロクソに批判してたんだから)
いまさらしゃしゃり出てきて文句つけるとか頭おかしいんじゃないんでそか

そんなに論評したり批判したりあるいは自分のサッカー論を展開したいなら
せめて3週間前にやりゃ良かっただけのことだおね(゚д゚)、ペッ
いまさら後出しで出てきて上から目線で論評するとかアホとしか言いようがないお

ここで今の日本代表チームの状況とその過去を振り返って考えてみると
今までのW杯では日本は予選突破にすべてを賭けてる状況でしたφ(.. )
逆にいえば、本戦に余力を残しながら戦うという高度な戦略はとれませんでした。
つまり本戦で戦い抜くだけの力も体力もないヘロヘロ状態だったってこと。
しかし今回は予選がもつれた幸運があったことで予選突破の確率が高くなり
結果的に、主力の6人の選手をポーランド戦で休養させる事ができました

言うまでもなくかなりのリスクがあった訳で実際かなり苦しみました(((( ;゚д゚)))
主力六人を休ませるという大博打を打っといて予選敗退ではシャレになりません。
博打を成功させるためにもしたたかに、そして本戦で戦って勝ち抜くためにも
苦しい判断としてポーランド戦での時間稼ぎに踏み切ったってこと。
ただし今回はすでに博打に大勝し、主力選手を休ませることに成功しました
実は現地点ですでに西野監督の采配と賭けは読み通りに当たったてことでそ。

対戦するベルギーは第2戦ですでに予選突破を決めていたので
第3戦のイングランド戦では主力をほぼ全員下げて休養させて本戦に備えました
もし日本が主力を休養させずにベルギーと対戦すれば極めて不利な状況になります
34〜36℃という猛暑の中の第3戦で主力選手をフル出場させていたら
例えポーランド戦には気持ちよく勝てたとしても本戦では無残な敗北だおね(´;ω;`)

ほとんどのファンやマスコミが予選突破のみに注目して祈っていたとき
西野監督はベスト16に残るために予選の突破を狙っていたのではなく
ベスト16で勝ちあがってベスト8に残るための戦略をしたたかに練ってたってこと。
もちろんそれは完璧ではないし、かなり博打的な作戦であったのも事実でそう。
準備に成功したからといって本戦で簡単に勝てるような相手でもありません
しかし今回は博打に勝ち、最高の準備をしたまま本戦で戦えるチャンスを得ました

ベルギーは強豪で今のところ簡単に勝てるわけもなく厳しいのは事実です(´・ω・`)
しかし少なくとも選手の温存と休養を取らせれたってのは好材料だおね。
そして日本にとってベルギーが非常に相性の良いチームであるのも好材料でそう
ここまで準備はそれなりによくできてるので、後はいかに戦うかでそう(`・ω・´) シャキーン
すごく重要なのは日本は対ベルギー戦でW杯ふくめてほとんど勝ってること。
南米の強豪チームやフランスだと厳しいけどベルギーなら普通に勝てる気がする

最後まで粘り強く組織的に戦ってベスト8に進んでほしいものです


ss2286234570 at 17:05|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加