yogurting ヨーグルティング

ラオックス

2014年11月24日

ラオックス(8202)が好調な理由

年末を待たずして日本を訪れる外国人旅行者数が2013年の1036万人を上回った。11月19日に日本政府観光局(JNTO)が発表した10月の外国人旅行者数は127万人と単月で過去最高を記録。1月から10月の累計は1100万人で、このペースでいけば年間で1300万人前後まで増える見通しだ。
客数増加の背景には、円安による割安感の浸透や、10月から消費税免税制度が拡充されて食品や飲料、化粧品類などが対象になったことなど複数ある。10月までの累計1100万人のうち、国・地域別でもっとも多いのが台湾で238万人。次に韓国の224万人と中国の201万人となる。この中で中国の伸び率が前年比80%増と高い(台湾は約26%増、韓国が約7%増)。中国人をはじめとする観光客の増加を享受し、ラオックスは2014年12月期の業績見通しを8月と直近11月12日に2度上方修正した。国内免税店事業が好調で、前期から売上高は100億円以上増え、赤字から脱却して13.5億円の営業黒字を計上する見通しだ。

銀座の大通りに15分おきに到着する大型バス。そこから次々に降りてくる中国人が吸い込まれるように入っていくのは、真っ赤な看板の「ラオックス」だ。店の中を覗くと、高級時計やブランド鞄、化粧品や紙おむつ、炊飯器やカメラなど、日本メーカーの商品を中心に、3フロアに分けて並べられている。まさに総合免税店だ。ラオックスといえば、家電量販店という印象を持っている人はまだ多いのではないだろうか。実は2010年、訪日外国人のための”総合免税店”へと大きく方向転換。現在では銀座や秋葉原、お台場などに総合免税店15店を構える
1125










ラオックス(8202) 261円 +6円 (2.35%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=8202
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8202.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
今年後半の銘柄で一番失敗したなと思うのがこのラオックスです(´;ω;`)
材料としても話題性があり、業績面としても黒字転換という材料があって株価もうなぎ上り
110〜130円くらいのときに買おうかと迷いまくって見送ったことが大失敗となりました
悔やんでも悔やみきれない痛恨の失敗です(´・ω・`)
その頃はまだラオックスに関する詳細な情報とかがあまりなくて
「業績が好調で〜」という内容についても半信半疑だったんだおね
10月頃からあちこちで詳細な記事が出始めてあっという間に上がってしまいました
中国系資本の会社ではなく日本の会社ならもっと素直に買ってたんですけどね。
(マザーズの中国系資本の会社は救いようのないクソカブと詐欺だらけ)
色んな意味で失敗でもあり、反省材料となった銘柄でした


ss2286234570 at 22:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)