yogurting ヨーグルティング

プーチン

2022年02月21日

バイデン大統領、ただの嘘つきオオカミ少年になってしまう・・・

米大統領「プーチン氏がウクライナ侵攻決断と確信」
2022年2月19日 7:18 日本経済新聞
バイデン米大統領は18日、ホワイトハウスで緊迫するウクライナ情勢について演説した。ロシアのプーチン大統領がウクライナへの侵攻を決めたかどうかを記者団に問われ「現時点で彼が決断したと確信している」と述べた。一方で「ロシアはまだ外交を選択できる。緊張緩和のため交渉のテーブルに戻るのは今からでも遅くない」とも呼びかけた。
演説では「ロシア軍が数日以内にウクライナを攻撃しようとしていると信じる理由がある。標的はウクライナの首都キエフだろう」と明言した。ウクライナ国境での軍増強に加え、ロシアが侵攻の口実にする偽装工作が増えている現状に触れ「米国と同盟国・有志国が何週間も前から警告してきたシナリオとも一致している」と指摘した。

バイデン大統領 ロシアの軍事侵攻「数日中に起こると思う」
2022年2月18日 5時09分  NHKニュース
アメリカのバイデン大統領は、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の可能性について、「私の感覚では今後数日中に起こると思う」と述べ、改めて強い警戒感を示しました。その一方で、バイデン大統領は、外交による事態の解決は可能だとして、緊張緩和に向けた努力を続ける考えを示しました。
軍事的な緊張が続くウクライナ情勢を巡って、アメリカのバイデン大統領は17日、ホワイトハウスで記者団からロシアによるウクライナへの軍事侵攻の可能性について問われ「とても高い。ロシアは部隊を撤収していないし、部隊を送り込んでいる。侵攻の口実にするための作戦を実行しているようにも見え、われわれが把握するあらゆる兆候は、ロシアが侵攻の準備が出来ているというものだ」と述べました。

米大統領「プーチン氏が侵攻を決断したと確信」 首都キエフも標的か
2022年2月19日 9時07分 朝日新聞
バイデン米大統領は18日、ウクライナ情勢について記者会見し、「現時点で、プーチン大統領が(軍事侵攻の)決断を下したと確信している。そう信じる理由がある」と述べた。侵攻は数日中にも計画されており、首都キエフも標的になるとの見方を示した。
プーチン氏が侵攻を決断したと判断した理由について、バイデン氏は情報機関によるインテリジェンス(機密情報)を挙げた。
キャプチャ



さて、バイデン大統領が数日以内にロシアがウクライナに攻め込むと断言してから
すでに3日経ちましたがまったく何も起きていません(´・ω・`)
そりゃ当たり前のことですよね。ロシアは最初から攻め込む気など全くないからです。
何日待っても、1ヶ月待ってもウクライナに本格侵攻なんてしないでしょうφ(.. )

なぜならロシアにとってウクライナに侵攻する意味もメリットも一切ないからです

駐欧州陸軍の本司令官もはっきり「ロシアは本格侵攻しないだろ」って言ってますよね。
ロシアは国境で軍を使って派手なデモンストレーションをやってるだけです。
ウクライナや欧州に圧力をかけて譲歩を引き出す目的のためにね

くり返し書きますが、ロシアの目的は侵攻でも首都制圧でも領土拡大でもありません
.ΕライナのNATO入りを阻止してウクライナを緩衝帯として是が非でも残したい
△Δつに侵攻して経済制裁喰らうようなバカな真似はしたくない
アメリカを交渉に引きずり出してNATOが進出しないという条約を交わしたい

ロシアはあくまで交渉と譲歩を引き出すために軍を動かしてるんであって
戦争をするために軍を動かしてるわけじゃないことにまず気がつくべきでそ
圧力を受けたウクライナがNATO加盟を断念したらそれで成功なわけですから。

ウクライナをNATOに加盟させない条約の締結、これがロシアの目的です。
そのための外交の一環であると考えたら答えは簡単に出るでしょう

そもそも国境付近でさんざん軍事演習なんてしたら戦力も装備も丸見えですよね
戦力を全面的に晒してから攻めるとか、そんなバカがどこにいるのかと(゚д゚)、ペッ
ここから攻めますよとこれほどはっきりウクライナ側にみせてしまったら
当然防御陣地を厚くされるので、攻めるロシア側の被害は格段に増えてしまいます
そんなマヌケな戦争を、プーチンでなくともどこのバカがやるのかと。
冷静に考えたらロシアがこのタイミングで侵攻など100%あるわけがないφ(.. )

そもそもロシアがウクライナ国境に集めてる軍は19〜20万でそ。
一方のウクライナ軍は装備が劣るとはいえ14万ほどいると言われています(´・ω・`)
こんな戦力差で、まして全世界に丸裸の状態で戦争するバカなんているのかと。
本気で侵攻するなら最低でも30万は軍を編成して準備しないとやらんでしょ。

ちなみにロシア軍はこういったバレバレの戦力丸見えの戦争はしたことがありません。
メディアやアメリカが騒ぐ前に、隠密裏に国境から離れたところに軍を集めて
(同じ場所に戦力を集めるとすぐばれるんで、複数のカ所に分散して集めて)
警戒される前に、戦車と攻撃ヘリで数日以内に制圧する戦争しかしてませんφ(.. )

これなら被害も少ないし、短期で制圧できるんであまり騒がれません
なによりプーチンって短期の電撃戦大好き男なんでそれ以外したことがありません。
国境に軍隊集めてデモンストレーションと示威行動してから戦争やるなんて
過去のロシア軍の行動パターンからしたらまず絶対にありえない話でそ

バイデン大統領はぜひともロシアに攻め込んで来てほしくて仕方がないんでそ。
そしたら堂々とロシアに経済制裁して締め上げることができますからφ(.. )
経済的な勝利を戦果にして不利な中間選挙の覆しができるかもしれませんからね
あとは東欧に戦車や軍備を売って儲かるというメリットもありますにょ(σ´∀`)σ

ポーランドに戦車250両売却 欧州安定へ結束強調―米長官
2022年02月19日06時01分 時事通信
オースティン米国防長官は18日、訪問先のポーランドの首都ワルシャワで記者会見し、同国にM1A2エイブラムス戦車250両を売却する方針を表明した。関連機器を含む売却総額は、約60億ドル(約6900億円)に上る見通し。

「ロシアはウクライナ海上物流の寸断狙う」 元米軍高官
米国の駐欧州陸軍の元司令官ベン・ホッジス氏
2022年2月13日 3:02 日本経済新聞
ウクライナ情勢が緊迫化するなか、米国の駐欧州陸軍司令官を務めたベン・ホッジス氏はロシアは大規模侵攻ではなく、限定的な軍事作戦で物流網を寸断してウクライナ経済に打撃を与える可能性が高いとの見解を示した。ホッジス氏の見方は以下の通り。「ロシアはウクライナ周辺で大蛇のように振る舞って圧力をかけ、ウクライナが驚いてロシアの要求に応じると期待している。西洋諸国が新たな攻撃を避けるために譲歩することを望む」
「ただ私は大規模な侵攻が起きるとは思わない。ロシアが望んでいないし、それを持続的に実行する戦力を整えていない」

2022年02月14日
ロシアは侵攻はしないけど「オデッサ作戦」くらいはやりそう

2022年02月12日
ウクライナにおけるロシアとアメリカの代理戦争


ss2286234570 at 06:34|PermalinkComments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年02月14日

ロシアは侵攻はしないけど「オデッサ作戦」くらいはやりそう

「ロシアはウクライナ海上物流の寸断狙う」 元米軍高官
米国の駐欧州陸軍の元司令官ベン・ホッジス氏
2022年2月13日 3:02 日本経済新聞
ウクライナ情勢が緊迫化するなか、米国の駐欧州陸軍司令官を務めたベン・ホッジス氏はロシアは大規模侵攻ではなく、限定的な軍事作戦で物流網を寸断してウクライナ経済に打撃を与える可能性が高いとの見解を示した。ホッジス氏の見方は以下の通り。「ロシアはウクライナ周辺で大蛇のように振る舞って圧力をかけ、ウクライナが驚いてロシアの要求に応じると期待している。西洋諸国が新たな攻撃を避けるために譲歩することを望む」
「ただ私は大規模な侵攻が起きるとは思わない。ロシアが望んでいないし、それを持続的に実行する戦力を整えていない」
「可能性が高いのは黒海やアゾフ海の海岸線に沿って攻撃を仕掛ける作戦だ。ロシアは複数の上陸作戦を実行する可能性がある。ウクライナを横断したり、中心部を攻略したりするよりも犠牲者をあまり多く出さず、はるかに持続可能性がある。私の見立てでは作戦失敗のリスクが低い」
「海岸線に攻撃を仕掛けて、ウクライナによる黒海やアゾフ海へのアクセスを遮断すればウクライナ経済に大打撃を与えられる。ウクライナ経済は農産品や鉄鉱石などの輸出に依存しているからだ。アゾフ海の港湾都市であるマリウポリやベルジャーンシク、黒海のオデッサに民間船がアクセスできなければウクライナ経済は崩壊する。それがロシアによる戦略的計画の一部だ」

米ロ首脳が電話協議 バイデン氏「侵攻なら厳しい代償」
2022年2月13日 3:15 日本経済新聞
ロシアのウシャコフ大統領補佐官によると、プーチン氏は12日の電話協議で、バイデン氏から改めて米国の考え方について説明を受けた。
ただ、ウシャコフ補佐官はバイデン氏の説明に関して「ロシアの主要な懸念を考慮していない」と指摘した。ロシアは合意案で、NATOの東方拡大などロシアが抱く3つの懸念を考慮し、ロシアの安全を保証するよう米国とNATOに求めている。
ウシャコフ氏はまた、ロシア軍がウクライナに侵攻する可能性が高いとする一部報道について「(米政府高官が)ロシアの意図について、なぜ明らかに誤った情報をメディアに伝えるのか分からない」と語った。米国による扇動が「ばかげたほどになっている」とも指摘した。


アメリカの高官や国務長官は「ロシアが2・3日以内に攻めてくる」と騒いでますけど
約束の2-3日が既にたったのにロシア軍はこれといって行動は起こしてません(´・ω・`)
というか、そもそもロシアは数日だろうが1週間だろうが本格侵攻はしないでしょう

現場にいた欧州陸軍の元司令官ははっきりと「ロシアは侵攻はしない」言ってますよね
なつさんも同意見で、ロシアは現状にいてはウクライナの首都侵攻なんて絶対しないでそ。
そんなことやってもロシアの目的はかなわないし、ただ経済制裁喰らうだけだからです。

またアメリカのアホの高官が「ウクライナが先に攻撃を仕掛けたと口実を作ってロシア軍が侵攻してくるだろう」と騒いでますけど、冷静に考えたらその可能性はないでしょφ(.. )
なぜならどっちが先に仕掛けようがロシアが本格侵攻したら経済制裁を喰らうからです
今起きてることは戦争ではなくあくまで「外交ゲーム」だと思うんですよね。
むろんゲームとは言え死人は出るだろし、本物の武器も使用されるでしょうけど
目的は両者がいかにして相手を譲歩させて有利な条件を引き出すかの争いですΣ(゚д゚;)

ぶっちゃけロシアの目的は侵攻でも首都制圧でも領土拡大でもありません
.ΕライナのNATO入りを阻止してウクライナを緩衝帯として是が非でも残したい
△Δつに侵攻して経済制裁喰らうようなバカな真似はしたくない
アメリカを交渉に引きずり出してNATOが進出しないという条約を交わしたい


ただし、逆にいえば経済制裁を喰らはないレベルのことなら何でもやるでそ
黒海やアゾフ海に軍艦を並べての海上封鎖やウクライナ軍艦の拿捕・人質確保
⇒70〜80%くらいの確率でいずれやるでしょう

ウクライナの手薄な国境から戦車で侵攻。数時間ほど派手な示威行動をして撤退
戦闘機による領空侵犯などの挑発行為
⇒70〜80%くらいの確率でいずれ行動に起こしそうです

戦車部隊を各地から同時侵攻させて、ウクライナの主要都市すべてを制圧
⇒0〜1%ですね。マスコミのカメラの前でやるバカはいません。

経済制裁を喰らわない程度の威圧行為や挑発行為ならいくらでもやるでしょう。
ウクライナの軍艦を拿捕・制圧して人質にとるくらいなら余裕でやるでしょう。
国境付近での軽度の小競り合いや遭遇戦なども普通に起きておかしくないでそ
⇒でもあるラインより先には行動はしないでしょう。

なぜなら目的はあくまで交渉してNATO進出停止の確約を得ることだからです

そもそも日本のマスコミのアナウンサーがヘラヘラ国境を撮影しまわったり
現地視察して楽しく記念撮影してるようなとこで戦争なんて起きないでしょ

実際に軍が本格的に動きそうなら厳戒態勢が敷かれて海外マスコミなんて入れません。
というか、規制が敷かれて撮影や行動がまず停止されるでしょ。

一番危ないのは現地でのマスコミの撮影が全面禁止されて情報が途絶えて
ウクライナとロシア国境の状況の情報が入らなくなったころです(((( ;゚д゚)))
現地情報が途絶え、なにも報道がなくなる事態になったら本気で心配すべきでそね
時間がたって、世界の目がウクライナからそれた時にドンパチならまだありえるでそう

日経平均 27,079円 −616円 (−2.23%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000
https://finance.yahoo.co.jp/quote/998407.O/chart



2022年02月12日
ウクライナにおけるロシアとアメリカの代理戦争


ss2286234570 at 20:41|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年02月12日

ウクライナにおけるロシアとアメリカの代理戦争

12日に米ロ首脳電話会談 ウクライナ情勢「米側要請」
2022年02月12日08時33分 時事ドットコム
ロシアのペスコフ大統領報道官は11日、緊迫するウクライナ情勢に絡み、プーチン大統領とバイデン米大統領の電話会談が12日に行われると明らかにした。ペスコフ氏の説明では「米側が要請した」という。ロシア通信などが伝えた。
ロシア軍は10万人規模の部隊を西部国境に集結させる中、ウクライナ北方のベラルーシでも3万人規模を投入して合同軍事演習を開始した。バイデン氏は11日、北大西洋条約機構(NATO)加盟国首脳とテレビ電話で連携を確認しており、プーチン氏との直接対話で制裁を警告するとともに、緊張回避を図りたい考えとみられる。 


実は個人的にはロシアがウクライナに攻め込むとはまったく1ミリも思ってません
なぜならロシアはウクライナに侵攻してもなに一つ目的を達成できないし
むしろ侵攻することによってその時点で敗北が決定して目的を何も達成できないから

今のロシアの目的って要は下記のどちらかでしょう
.ΕライナのNATO入りを阻止してウクライナを緩衝帯として是が非でも残したい
▲Εライナのに親ロシア政権を樹立してNATO入りを阻止して緩衝帯にしたい


△倭芦鵑泙任論功してたけどウクライナでクーデターが勃発したんで、結果的にウクライナはそれ以前よりもNATO側に立ってしまい戦略変更を余儀なくされました(´・ω・`)
歴史的にはこの時のクーデターをウクライナ騒乱とされています
意外と知られてませんけどウクライナの前大統領は民主的に選挙で選ばれたヤヌコーヴィッチでしたが、結果的には反政府側がクーデターを起こして新ロシア政権を倒しました
このクーデター時の動画はYouTubeでも当時は完全一般公開されてたけど、クーデター起こした反政府側が大量の重火器をもってて、その動画はなつさんも何度も見ました
(現在は暴力的として一般開示されてないか、ログインしたら見れるらしい)
軍でもない一般人がなんでこんなに重火器で武装してんのって思わせる動画でした。
そして当時から、米CIAが軍事資金を反政府側に渡して兵士を訓練してたとあったし、
一方でウクライナ政府側にもロシア国内で訓練されたクーデター鎮圧部隊がいたわけです

この時にウクライナのクーデターに関与したのが米民主党のオバマ大統領で
(オバマはノーベル平和賞貰ってるけど実際にはロシアとの代理戦争を起こした張本人)
さらに言うと現在進行形でロシアと揉めてるのが同じ米民主党のバイデンです(´・ω・`)
なぜなら当時のオバマ大統領の下で副大統領やってたのがバイデンだからです
客観的にいうと、アメリカにはウクライナをNATOに引き入れてロシアと紛争をしたい米民主党と、ロシアとはあまり紛争を起こして揉めたくない米共和党があるわけです

結論でいえば、アメリカとロシアどちらかが正しいとか言いたいわけじゃなくて
ウクライナで起きてることはすべてアメリカとロシアの代理戦争そのもので、
アメリカはロシアがウクライナに攻め込んで来てほしくて仕方がないわけですよね
そうすればロシアに悪人のレッテル貼って堂々と経済制裁を下して追いこめますから。
一方のロシアはウクライナに本当に攻め込んでも実際には統治できないし、国際的には自分たちが賊軍のレッテル貼られて経済制裁で苦しむだけでメリットは皆無です
というか、ロシアに侵攻させて叩きたいのがアメリカの戦略そのものでってこと

プーチンは最近でも南オセチアやクリミア半島に侵攻したけどこれはすべて電撃戦
アメリカが騒ぐ前に戦車とヘリで数日以内に制圧して即紛争を休止しました。
(クリミア半島は元ロシア領で住民の90%はロシア人なんだけど)
プーチンは戦争を本気でやる時は必ず電撃戦で勝ちきれるというタイミングでやります。
戦車で攻めるだけでなく、速やかに終結できると判断できる時だけ動いてるし、目的も明確で、目的を達成したらすぐに休止するを繰り返し行っていますφ(.. )

今回のウクライナではプーチンは国境の周辺に軍を増強はするけどまったく動きません。
なぜなら目的は戦争や紛争ではなくアメリカやNATOとの交渉だからです
交渉をした上でNATO拡大を防ぐ協定なりを締結できたらそれが勝利なんだおね
逆にいうと、アメリカの罠にかかって挑発に乗って軍を動かしたら即敗北なわけです。

軍を動かしてはいますけどロシアが今やってるのはやっぱり外交でしょう。
自分たちの目的を達成するために圧力をかけて交渉の場を用意させてるわけですし。
アメリカが何らかの形で譲歩して例えば「10年間はウクライナのNATO入りはない」
回答すればプーチンは妥協して調停を締結した上で軍を撤退させるでしょう

ちなみによく勘違いしがちだけどクリミア半島は一貫してずっとロシア領でしたが
ソ連が崩壊した時に、ゴルバチョフ書記長がなぜかクリミア半島を分割して
そもそもウクライナ領ではなかったのにロシアからウクライナに領土を割譲しました
このあたりがロシアとウクライナ間の衝突の背景にあるのも事実でしょうφ(.. )

下記の記事はなつさんの考えに非常に近いと思います。
ロシアにとってのウクライナ侵攻は敗北でしかないのでまずやらないでしょう
周辺地域を不安定にさせたり、動揺を誘う行為ならいくらでもやるでしょうけどね。






ss2286234570 at 09:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加