yogurting ヨーグルティング

ブシロード

2021年06月19日

ブシロード、第3四半期決算は売上高271億円、営業利益4億円

ブシロード、第3四半期決算は売上高271億円、営業利益4億円
緊急事態宣言でライブや興行が影響受けるも黒字確保 電子書籍やTCG部門が利益貢献
2021年06月14日 15時40分 ソーシャルゲームインフォ
ブシロード<7803>は、この日(6月14日)、2021年6月期の第3四半期累計(21年8月〜22年4月)の連結決算を発表し、売上高271億5400万円(前年同期7.7%増)、営業利益4億2300万円(同80.9%減)、経常利益5億2400万円(同76.2%減)、最終損失1億6100万円(前年同期は12億2900万円の利益計上)だった。
イベントや興行が新型コロナの緊急事態宣言の影響を受ける中、大幅な減益ながらも営業黒字を確保した。また最終損益については、投資有価証券評価損や、劇団飛行船などのれんの減損損失を計上したため。

ブシロード、2〜4月は過去最高の売上を記録、利益改善のカギはイベントの人数制限緩和に
2021年06月14日 17時36分 ソーシャルゲームインフォ
ブシロード<7803>は、この日(6月14日)、第3四半期(2021年2〜4月)の連結決算とともに決算説明資料を発表し、売上高91億2700万円(前年同期比17.1%増)、営業利益2億6400万円(前年同期は1900万円の損失計上)、経常利益3億6100万円(同5500万円の損失計上)、最終利益3000万円(同4800万円の損失計上)と増収・黒字転換となった。新型コロナの影響を受けながらも、四半期ベースでは過去最高の売上高を記録し、黒字転換も達成した。
売上が好調だったにもかかわらず、営業利益が低下したのは、主に原価率の上昇による収益性の悪化が原因だった。モバイルオンラインゲームの減収のほか、音楽ライブ・舞台の収容人数を制限して開催したため、収益性が低下したという。
特に後者については、直接売上に影響するだけでなく、ライブや舞台開催にかかる費用と感染対策費などが重しとなる。イベント関連は、収容人数の制限の緩和が今後の収益回復のカギになりそうだ。これはゲームやグッズ販売にもポジティブな影響を与える。
ライブIP事業は、5本のシングルCD、2本のアルバム、TVアニメ「アサルトリリィBOUQUET」の映像パッケージを発売した。ライブ・舞台については、「バンドリ!」の音楽ライブを横浜アリーナで2日間開催しましたが、収容人数を限定した形での開催となったため、売上高の大きな改善にはつながらなかった。
新日本プロレスは「NEW JAPAN CUP 2021」シリーズを含む48回の興行、スターダムでは「スターダム10周年記念〜ひな祭りALLSTAR DREAM CINDERELLA〜」を含む24回の興行を開催した。


ブシロードといえばスマホゲームやトレーディングカードが有名ですがφ(.. )
最近はアニメにあわせて声優の音楽ライブや舞台なんかで稼いでいます
またブシロードといえば新日本プロレスを傘下に持ってることでも有名ですおね。
(オカダカズチカとか声優の三森すずこさんと結婚したのは有名ですね)

ただし記事にあるように、音楽ライブや舞台やプロレスは人数制限がかかっているし
新型コロナ対策費のコストが上がっていることで収益性が悪化しています
この人数制限が緩和されることによって収容人数が増えればチケット収益アップ
また物販収益も回復してきそうなのでここが大きなポイントになるでしょう
結果的にいえばブシロードもアフターコロナ銘柄の一つってことですφ(.. )
横浜DeNAを買収してスポーツ事業で大きく稼いでいたDeNAと似たようなもんです。

武士ドーロ(7803) 3,000円 −95円 (−3.07%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7803
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7803.T/chart
足元では金曜にアフターコロナ銘柄全般が売り込まれたので下げてまいますが
チャート的には業績に比例して右肩上がりになってて悪くない感じですね(´∀`*)
目先では2,900円あたりまで売り込まれる可能性はありますがそこが底値圏でそう
このままワクチン接種が順調に進んで収容人数の規制が夏以降に解除されていけば
夏から初夏くらいには3,600〜4,000円くらいまでは上がっていきそうな印象ですね。

ドリコム、『ぼくとドラゴン』で新日本プロレスとのコラボキャンペーンを開催
ドリコム<3793>の子会社スタジオレックスは、6月18日、『ぼくとドラゴン』において、『新日本プロレス』とのコラボキャンペーンを実施することを発表した。
0620


ss2286234570 at 07:24|PermalinkComments(0)

2020年02月01日

サイバーエージェントのノア買収! 新日のブシロードと対決?

サイバーエージェント、プロレス「ノア」買収
2020/1/29 18:57 日本経済新聞
サイバーエージェントは29日、プロレス団体「プロレスリング・ノア」を運営するノア・グローバルエンタテインメント(東京・千代田)の全株式を取得し子会社化することで合意したと発表した。サイバーはインターネットテレビ「アベマTV」で格闘技の番組を配信している。ノアの試合も配信しコンテンツを強化する。
株式取得は2月1日を予定する。サイバーはプロレスの興行を手掛けるDDTプロレスリング(東京・新宿)を17年に子会社化し、DDTグループが開くプロレスの試合やオリジナル番組をアベマTVで放送している。今後はノアの試合も放送する。29日に記者会見に登壇したサイバーの藤田晋社長は「プロレスのコンテンツとしての魅力に期待している」と話した。





.
サイバーエージェントがプロレス団体「ノア」を買収したようです
けっこう前からアベマテレビで格闘技の番組多かったですから
なにかしらの格闘技団体を買収する可能性はあると思ってたけどノアですか
サイバーは2017年にDDTも買収してるのにノアも買収するってことですね。

現在、アベマテレビと組んでるテレ朝は土曜の深夜に新日の放送してるから
いまさらプロレス団体を買収するってのはあまり予想してなかったです
ただブシロードが買収して成功させた新日本プロレスという前例があったから
それを参考にして本格参戦を決めたのかもしれませんφ(.. )
楽天の成功を見てプロ野球ビジネスに参入を決めたDeNAみたいなものかも。

新日本プロレスといえば誰でも知ってる知名度の高いレスラーが多数いますね
一番有名なのがスーパースターの棚橋弘至内藤哲也オカダ・カズチカ
鉄の鎖を首にまいてるけどまさかの金属アレルギーの真壁刀義
今はアメリカに行ってしまったオカダのライバルでもあったケニー・オメガ
ケニー・オメガといえば小学生とのバトルを見た人も多いはず。

じゃあサイバーエージェントがブシロードのライバルになるか・・・
といったらまずありえないでしょうね。
だって両社はビジネスでガッツリ組んでる協力会社同士ですからΣ(・ω・ノ)ノ

山手線の車両にベタベタ気持ち悪い「BanG Dream!(バンドリ!)」の
広告を貼ってるのがブシロードですね
もとは月間ブシロードで連載していた漫画をアニメ・ライブ・音楽などに展開し
いわゆるメディアミックス戦略で大成功!したのがブシロードですが、
そのスマホゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」を開発して
大ヒットさせたのがサイバーエージェント子会社Craft Eggであるのは有名な話
さらに両社は「プリンセスコネクト!Re:Dive」のビジネスでも組んでる旧知の仲

サイバーエージェントとブシロードの関係はいわば巨人阪神みたいなもの。
一緒に戦うからこそ観客を呼び込むことで観客を増やしている間柄です。
ブシロードが所有する「新日本プロレス」とサイバーエージェントの「ノア」が
本当に客を奪い合うような対立関係になる可能性なんて0.1%もありえない話でそ
サイバーエージェントがノアを強いプロレス団体に育てることによって
新日とノアをぶつけて観客動員数を増やしていく間柄でしかないので
両社は明らかなビジネスパートナーでしかないわけですφ(.. )
むしろサイバーエージェントvsブシロードという構図自体がそもそもプロレスだおね。
 





サイバーエージェント(4751) 4,415円 +170円 (+4.00%)


ss2286234570 at 06:51|PermalinkComments(0)