yogurting ヨーグルティング

ビットコイン

2017年10月30日

2018年春にも、DMMグループも仮想通貨取引事業に参入

DMMグループのネクストカレンシー、仮想通貨取引事業に参入
2017年10月30日 09時00分
DMMグループのネクストカレンシーは2018年春、仮想通貨取引事業に参入する。同社は参入に向け、仮想通貨交換業の登録準備を進めるとともに、スマートフォンアプリなど独自のサービスを開発していく。DMMグループのネクストカレンシーは、2018年春、仮想通貨取引事業に参入すると発表し、日本仮想通貨事業者協会(JCBA)※の準会員になった。

DMM系の仮想通貨取引会社「ネクストカレンシー」が
2018年春にも取引サービスを開始予定と発表したようですにょ(σ´∀`)σ
GMOはすでにサービス開始してるし、SBIはもうすぐサービス開始のようですが
次参入する本命といえばDMMしかないでそうφ(.. )
しかしなぜかDMM系の仮想通貨会社なのに社名にDMMと入っていません
せっかくあれだけFX業界で成功してCMのおかげでDMMFXが有名になったのに
そのDMMという看板を利用しないというのはちょっと大失敗でそ
早めに社名変えてDMMカレンシーとかに変名した方がいいでしょう(`・ω・´) 

FXでアプリやツールの開発のノウハウをもってるところは有利だおね
だって通貨ペアが仮想通貨に変わるだけで実質的な中身はまったく同じだし
なにより既存のアプリやツールを改変するだけで低コストで開発できるからです
そして一番重要なのは豊富な資金力でしょうφ(.. )



現時点での国内仮想通貨取引の最大手はビットフライヤーだろうけど
会社の規模は小さいし何百億円と資金調達できるわけもないんで
最終的には仮想通貨もFXみたいにコモディティ化かして資金力勝負になるでそう
その中でもFXに強みがあって資金力のあるところだけが残るのは自明の理。
おそらくGMO、SBI、DMM、楽天あたりがシェアの上位を独占してしまって
マネパ系とかビットフライヤーみたいな独立系は衰退するでそね
結局のとこ金融業で顧客基盤をもってるとこが圧倒的に有利ですからね(´・ω・`)

2017年10月18日
GMOのビットコイン採掘 独自半導体に100億円投資

2017年10月11日
サイバーエージェントが仮想通貨取引事業に参入を発表

2017年09月09日
GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入

2017年05月10日
「仮想通貨FX」GMO子会社が参入 レバレッジ最大5倍


ss2286234570 at 12:24|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月20日

SBI、仮想通貨VBに出資を正式発表

SBI、仮想通貨VBに出資を正式発表
SBIホールディングス(8473)は18日、米国で仮想通貨の金融派生商品(デリバティブ)事業を展開するベンチャー企業、ビコーズ社に出資すると正式発表した。出資比率は40%で筆頭株主になる。出資額は非公表。ビコーズ社は仮想通貨のスポット取引所やビットコインの採掘(マイニング)事業、デリバティブ清算・決済組織の運営を含めた仮想通貨システムを米国市場で構築しているという。また、米国商品先物取引委員会(CFTC)によるデリバティブ取引所への公認取引所認可(DCM)の取得に向けての手続きも進めており、実現すれば米国で初めての個人向け仮想通貨デリバティブ取引所への適用となる見込みだ。
1019









SBI、仮想通貨プリペイドカードで新会社
2017/10/20 1:30 
SBIホールディングスは英ワイレックスと合弁で、仮想通貨のプリペイドカードを手掛ける新会社「SBI・ワイレックス・アジア」を設立する。日本を含むアジア地域で仮想通貨の決済サービスを提供する見通し。既存のクレジットカードのネットワークを活用し、手軽に仮想通貨で決済できるようにする。新会社はSBIが6割、英ワイレックスが4割出資し、月末にも設立する。ワイレックスは世界のVISAカードの加盟店で、ビットコインなどの仮想通貨をドルやユーロなどの法定通貨に交換して決済できるプリペイドカードを発行する。世界130カ国、90万人以上が利用している。

いま国内で一番ビットコインに投資してる会社といえばSBIでそ
ファンドを組成して投資してるし、国内ビットコイン業者にも投資してるし
SBI自身でも「SBIバーチャルカレンシーズ」って会社を設立しています。
(ただしサービス自体はまだ開始してないのでその点は遅れてるけど)
さらにビットコインのマイニング(採掘)事業にも投資すると発表していますφ(.. )
そして今回はアメリカの仮想通貨業者にも出資を決めたようです

このSBIのやり方ってベンチャーキャピタル会社がやってる手法そのままだおね
結局のところどの事業が本当に成功するのかなんてことは誰にもわかりません。
だから当たりそうな事業を探して片っぱしから投資しまくってるということ。
そして最終的にはトータルで利益が出たらそれでいいやという投資手法だおね
そういう意味ではソフトバンクなんかとまったく同じ手法でそφ(.. )
投資の方向性さえ正しければどれかが当たって大きく稼いでくれるからです

ただし下の記事の仮想通貨プリペイドカード会社はちょっとアレ・・・だおね
将来的にはもしかしたら当たる可能性もなくはないかもしれませんが
このやり方と、この方法で事業が拡大するとはあまり思えないお(´・ω・`)
とりあえず仮想通貨事業なら何でもいいからやっとけってことなんでそ


ss2286234570 at 05:25|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月18日

GMOのビットコイン採掘 独自半導体に100億円投資

GMOのビットコイン採掘 独自半導体で
2017/10/18 6:30 
仮想通貨ビットコインの世界では、インターネット上の通貨のやり取りの土台となるブロックチェーンに記帳する計算作業を担うと、コインを得られる。マイニング(採掘)と呼ぶこの作業は、膨大なコンピューター資源が必要だ。GMOインターネットは9月、マイナー(採掘者)になると宣言、まず100億円を投じるという。
熊谷社長によると、この半導体メーカーとは長期の取引になる。線幅がいまの半分の3.5ナノになると見込まれている5年後頃までは、常に最新の技術をマイニング用半導体に応用して製造してもらい、競争に挑む。
日本の企業でマイニングを事業として始める事例は同社が初めて。ただ、世界を見渡せば、民間企業のBTCチャイナなど中国の複数グループが強大なコンピューター資源を使い、中国勢だけで採掘能力の半分を持つと言われている市場で、勝算はあるのだろうか。
世界でビットコインを採掘しているコンピューター能力を合わせると、最近では1秒間に約800京回の計算能力になることがわかっている。GMOインターネットは50京回計算できる設備にする計画で、能力からみれば6%近くを占める。
このため、記帳の計算を一番速く終えられる力が少しはあると考えている。ビットコインは年間66万BTC生みだされる仕組みになっており、同社は6%にあたる金額を稼いでもおかしくないというわけだ。今の相場で約250億円になる。
少なくとも新開発の半導体そのものは中国勢よりも計算能力が高いとみている。
1019











GMOインターネット(9449)がビットコインの採掘に100億円投資するようです
ちなみに採掘(マイニング)と書いてありますが何かを掘ってるわけではありません。
膨大な計算をしてデータの記憶をしているだけですΣ(・ω・ノ)ノ
いくらビットコインの人気が過熱して可能性があるとはいえ
会社の規模としてはかなり思い切った金額の投資だおねφ(.. )
企業として成長するには思い切った投資をすることはさけて通れない道です
後はビットコインの市場拡大や価格がどうなるかで結果が大きく左右されそうだおね

期待出来そうな点
|羚餽馥發硫樵枋眠濟埔譴倭簡頂拭ビットコイン採掘にも規制強化の動きがある。
▲咼奪肇灰ぅ鵑硫然覆高いので少ないシェアを奪っただけで利益になりやすい。
ビットコインだけでなく仮想通貨そのものの将来的な可能性が高い。


はビットコインの採掘に参入するGMO、DMM、SBIなどの企業にとって
最も追い風になる可能性の高い好材料といえるでしょうΣ(・ω・ノ)ノ
マイニングの世界シェアの70%は中国国内企業がほぼ独占してるのが実情です
もしこれらの企業の活動が規制されたり禁止されたりするとビッグチャンスでそ

将来的なリスクになりやすい点
“焼蛎里粒発&投資競争になるので先行投資が常に生じ続ける。
▲咼奪肇灰ぅ鷁然覆低迷すると仮にシェアを奪えても利益率が低下する。
8緘参入企業間で猛烈な投資競争が発生してコストが高止まる懸念がある。


一番のリスクはでそね(´・ω・`)
東芝やシャープや日立が半導体事業で苦しんだのと同じようなもので
投資金額は100億円で終わりじゃなくて今後もずっと投資が必要になるからです
もし投資を怠ればシェアを失って利益を失って競争から脱落します
一般的には4〜6年に1回くらいの頻度で新規投資が必要になるでそうφ(.. )
つまりその期間内に前回の投資を回収し、かつ新規投資を迫られるってこと
もしビットコインの価格が大きく下落すると先行投資が回収できなくなるし
投資を渋ればシェアを失ってどんどん利益を失うって事になります。
もちろんビットコインの価格が高騰すれば少ないシェアで大きな利益を生むのも事実

一ついえることは市場の影響を受けやすいタイプの事業であるってこと。
良くも悪くも当たればでかいけど外すと痛い目に会いやすいってことだおね
体力勝負でもあるし、最終的には資金力勝負になる懸念が強いってこと(´・ω・`)
かなり博打要素の強い投資になりやすいといえるでしょう

GMOインターネット(9449) 1500円 −14円 (−0.92%)

https://kabutan.jp/stock/chart?code=9449
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9449.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2017年09月17日
新仮想通貨「Jコイン」 みずほ・ゆうちょ・地銀が連合

2017年09月16日
半導体からデータセンターまで、GMOがビットコイン採掘に100億円投資


ss2286234570 at 10:51|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月11日

サイバーエージェントが仮想通貨取引事業に参入を発表

仮想通貨取引事業子会社 株式会社サイバーエージェントビットコインの設立について
2017年10月02日
株式会社サイバーエージェントは、仮想通貨取引事業を行う新子会社として、株式会社サイバーエージェントビットコインを2017年10月2日に設立したことをお知らせいたします。
近年、ビットコインをはじめとする仮想通貨の利用者が急増し、2017年10月から仮想通貨取引所が登録制になるなど、その社会的関心は高まっております。このような現状を背景に、当社では新たに仮想通貨取引事業へ参入し、新会社の株式会社サイバーエージェントビットコインを通じて、仮想通貨交換業者への登録を進め、仮想通貨取引所の新規運営を来春(予定)に開始いたします。
1212







サイバーが4日続伸で底値圏離脱、仮想通貨取引事業の子会社設立
2017年10月03日
サイバーエージェント<4751>が4日続伸。25日移動平均線との下方カイ離をほぼ解消するなど底値圏からの切り返しが鮮明だ。
同社は2日、仮想通貨取引事業を行う新子会社として、サイバーエージェントビットコインを同日付で設立したことを発表した。ここ、ビットコインをはじめとする仮想通貨の利用者が急増するなか、10月から仮想通貨取引所が登録制になるなど、法制面からも整備が進んでいる。社会的にも関心が高まる仮想通貨取引分野への参入に伴い、同社の業容拡大への期待が買いを引き寄せている。


サイバーエージェントまでもがビットコイン会社設立を発表したようです
そのおかげでなのかは知らないけど4751の株価も上ってるようだにょ(σ´∀`)σ
ただ実際にプレスリリースの内容を読むとどうしようもないなって印象でした。
まず何よりも新しく設立する会社の資本金が1.5億円とあまりに過少すぎでそ
もし本気で仮想通貨取引大手を目指す気があるなら最低10億は出資しないとダメでそ

なんていうか世の中の風潮に軽く乗ってみようかなという程度でしかなく
あきらかにいつでも撤退できる程度の規模でお試し参入でしかないからです
SBI、DMM、楽天、GMOなど早々たるメンバーがいずれ参入してきそうなので
もし本気で考えてるなら10億円くらいは余裕で出資してスタートしないとダメでそ
はっきりいってしまうとまったく本気じゃないというか、やる気を感じないんだおね。

そしてなにより一番問題なのはサイバーはすでに金融部門を切り捨ててしまったこと
昔はサイバーエージェントFXというかなりの規模のFX会社をもってたのに
全部丸ごとヤフーに売却しちゃってるから今さら参入もなにもないでそ(´・ω・`)
サイバーエージェントは「グループの方針と乖離していて持ってても意味がない」
という理由でサイバーエージェントFXを完全売却したのに
いまさら仮想通貨が流行ってるからって捨てた事業に再参入とか方針がぶれすぎ
仮想通貨の会社を作るとか・作らないとかそういう話じゃなくて
そもそも方針がブレブレで方向性がズレまくってる部分が一番問題でそねφ(.. )
そういう方針が簡単にぶれちゃうのって企業としては最悪の悪手と思うんだお

実際すでに金融部門を全部売り払ってしまったサイバーエージェントとしては
またすべてのお客を一から集めないといけなくなるので時間とコストが掛かります
すでに金融事業に何百億円と出資して大きく育ててきたSBIや楽天に比べたら
たった1.5億円でそれらと競争して戦うのっていくらなんでも無駄でそ
本当にお金の無駄でしかないのでもうちょっと練り直すべきじゃないでそか
ぶっちゃけCAビットコインに新しい展開がまったく見えてこないお(´;ω;`)
このままビットコインにズルズル投資してしまうよりも
アベマTVとかにもっと集中して投資したほうが効率いいんじゃないでそか


ss2286234570 at 05:49|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月30日

仮想通貨、透明化へ一歩 金融庁が11社を取引所登録

仮想通貨、透明化へ一歩 金融庁が11社を取引所登録
2017/9/29 19:40 日本経済新聞 電子版
金融庁は29日、ビットコインなどの仮想通貨の取引所としてまず11社を登録したと発表した。すでに取引所を運営してきた業者のほか、証券系など異業種の参入も認めた。4月施行の改正資金決済法で取引所に登録制を導入したことを受けた措置だ。自己資本や経営管理体制など経営の透明化へ向けた最低限のルール整備がようやく緒に就いたが、課題も山積している。改正資金決済法で取引所は1千万円の最低資本金が義務付けられたほか顧客から預かった資金と仮想通貨を分別管理するといった条件を全て満たさないといけない。
定期的に金融庁の立ち入り検査を受け、運営状況に不備があれば業務改善命令の対象になる。ただ締め付けすぎると民主導の技術革新や市場の成長性を損なう恐れもあり、今回の登録要件も最低ラインの規制という位置づけだ。今回、登録を見送った業者でも「審査を進めていれば10月以降も取引所の運営は続けられる」(金融庁)。
一方で4月以降、登録条件をクリアできずに取引所を閉じた業者も12社に上った。手数料や取り扱う仮想通貨の種類、情報開示姿勢などを総合的に判断し、取引所を選別する動きが利用者間で加速するのは確実だ。
1002













仮想通貨の取引所がはやくも11社ほど登録開始されたようですにょ(σ´∀`)σ
今回登録が許可されたのはこちらの11社です。
でもSBIbitflyerGMO以外の3社はもうどうでもいいグループでそ
そのうちDMM楽天証券あたりも時間の問題で参入してくるだろうと予想してるお
おそらくこの5社が今後5年以内に激しいシェア争いを演じると予想してます
なぜなら仮想通貨取引や仮想通貨FXってFXの仕組みそのまんまだからです。

マネパはFXでも競争力ないしその他に比べるとかなり弱小な部類だし
カブドットコムはそもそも自前のFXやCFDの仕組みをもってないからアウト
競争に参加するもなにも仕組みもシステムももってないから参加以前の問題(´・ω・`)

今回の仮想通貨取引所としての登録条件として上げられている
資本条件や分別管理条件もほとんどというかすべて初期のFXの規制そのまんまφ(.. )
株みたいに持分や権利を売買してるわけでもないからFXやCFDとまったく同じ。
(正確にいうとCFDの1種がFXであり仮想通貨取引といえるでそう)
となれば、FX取引で実績ある上位会社がシェア争いするのは自明の理だおね

だって仕組みが同じだからFXのシステムそのまま持ち込んで開始できるし
配信するデータが為替から仮想通貨に変わるだけだからコストも浮くし
証券会社が仮想通貨やるよりFX会社から仮想通貨に行くほうがハードルが低いでそ
実際にGMOコインのスマホアプリなんてFXアプリの完全丸パクリ
なにが違うのかわからないくらいFXのアプリとそのまんまでした。
新規で1から開発しなくてもコピペでいけるなら参入しやすいのはあたり前の話でそね
1003









ビットコインやイーサリアムを扱う仮想通貨交換事業者登録企業が発表された
FX業界やネット証券は、どう変わる?
2017年09月30日05:03 

仮想通貨、運用しやすく SBIなど10社超が参入
2017/5/2 1:15 日本経済新聞 電子版
ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引事業にSBIホールディングスなど10社超が参入する。価格変動が大きいリスクはあるが、投資対象として一定の需要があると判断した。購入時の消費税が7月から不要になり、法改正で事業者の登録制が導入され取引の信頼性も向上する見通しだ。資産運用を通じて仮想通貨が普及すれば、買い物の決済や海外送金などに使う動きも徐々に広がりそうだ。
SBIは新会社「SBIバーチャル・カレンシーズ」を立ち上げ仮想通貨と日本円の取引を仲介する「取引所」になる。流通額が2番目に多い「イーサリアム」も取り扱う。GMOインターネットグループも新会社を設立し投資家の需要をみながら仮想通貨の種類を増やす。カブドットコム証券や外国為替証拠金取引(FX)が主力のマネーパートナーズグループも参入準備を進めている。
日本仮想通貨事業者協会によると現在、18社程度が登録準備中で、インターネット証券など10社超が新規参入する見通しだ。ビットフライヤー(東京・港)など既存事業者も登録を計画する。メガバンクなどは現時点で仮想通貨の取引事業には参入しない見込みだ。


ss2286234570 at 05:36|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月23日

攻める「資産防衛」最新版/〈ビットコイン〉で500万円が20倍に

攻める「資産防衛」最新版/〈ビットコイン〉で500万円が20倍に
2017-09-21 05:00 週刊文集デジタル
凄まじい上昇率で世界中の投資マネーをかき集めるビットコイン。
二〇一六年四月には一ビットコイン=約四万円だったが、約一年後の今年五月には二十一万円台に跳ね上がり、さらに九月二日には今年最高値の約五十六万千円まで爆騰。ところがその後の約二週間で約三十一万円まで暴落した。
0924

















てっきりネタかと思ってったらわりとマジっぽくて驚愕したニュース
今ごろになって資産防衛のためにビットコイン特集するとか深い闇を感じるおね
もしかしたらネタで書いてるだけの可能性もあるけど
投資なんてまったく詳しくない初心者だったら信じちゃう可能性あるでそ(´・ω・`)
週刊現代の読者だったら天井シグナルってわかってて読んでくれるけど
週刊文春の読者なんてもろ初心者っぽいから思いっきり騙されて被害者になりそう

さすがにこんな時期にビットコイン特集するって悪意を感じてしまうレベル。
週刊誌だからってやっていい事と悪いことがあるんじゃないでそか
しかも一緒にワイン投資まですすめてやがる(゚д゚)、ペッ
ワイン投資なんてついこないだ運用会社が倒産かなんかして被害者出したばかりだろに


ss2286234570 at 04:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月17日

新仮想通貨「Jコイン」 みずほ・ゆうちょ・地銀が連合

新仮想通貨「Jコイン」 みずほ・ゆうちょ・地銀が連合
個人同士や企業との決済、便利に

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO2123155017092017MM8000/
2017/9/17 日本経済新聞
個人がインターネットやお店などでの支払いに使える新しい仮想通貨の創設へ向けて、みずほフィナンシャルグループやゆうちょ銀行、数十の地銀が手を組む。円と等価交換できる仮想通貨「Jコイン(仮称)」を扱う新しい会社を設立。銀行の預金口座とつなぎ、仲間同士や企業との間で決済のお金を自由にやり取りできる。決済サービスでは中国のアリババ集団や米アップルが存在感を強めており、邦銀連合で規格をそろえて対抗する狙い。ほかのメガバンクも含む大型の連合に発展する可能性がある。
「まとめて店に払っておくので、人数割りして私のJコイン口座へ送金してね」。新しい仮想通貨が普及すると、店での割り勘についてこんな会話が交わされそうだ。
構想では利用者がスマートフォン(スマホ)の専用アプリケーションを通じて自分の銀行口座から円を引き出しJコインに換える。コンビニや外食チェーンなどではそのコインを支払いに使える。個人間の送金は手数料ゼロだ。
急速に広がるビットコインのような仮想通貨はその時々の需給で価値が上下するが、Jコインは常に円の価値と同じなので値段が乱高下しない。特徴の一つがネット上で個人や自営業者、企業などあらゆる主体の間でお金を常時やり取りできることだ。
※メールアドレスを登録すると記事全文が読めるようです。
0918














新仮想通貨「Jコイン」検討 国内の銀行連合で
みずほフィナンシャルグループは今月、ゆうちょ銀行や地方銀行約70行を集め、新たな仮想通貨についての勉強会を開きました。仮称「Jコイン」と呼ばれるこの仮想通貨は、ビットコインなどのように価格が変動せず、あらかじめ、銀行口座にある円をJコインに替えることで、スマートフォンを使ってお店で支払いをしたり、個人の間で代金の受け渡しをすることが可能になります。
0909



※動画あり







このニュースを見たときの絶望感といったら言葉になりませんね(´・ω・`)
なんていうかもう絶対に失敗するだろうなって言う確信しか感じません。
こんな発想しかもってない人間がメガバンクの中枢にいるということを
あらためて確認でき、そしてメガバンクに心底失望させられただけでした(゚д゚)、ペッ

メガバンクが主体になって技術力のない地銀連合集めて仮想通貨作るとか
気が狂ってるというか、救いようのないゴミが完成するとしか思えないんだおね
せめて技術力のあるベンチャー企業が銀行と組んで開発するってならいいけど
これどうせ開発は富士通や日立やIBMが受注して壮大なゴミが出来上がるだけでそ
どう考えてもお客の利便性を上げるとか金融の自由化のためじゃなくて
ただたんに「仮想通貨を作ってみたかった」ってだけの産物じゃないのかな
わざわざ仮想通貨を選んだ意味やメリットがまったく理解できないんだおね。
メガバンクの上のほうの人間が「仮想塚が人気らしいな!なんか開発しろ」って
命令したんで下のほうの人間がこねくり回して企画しただけにしか思えない
まさに地雷案件の臭いがプンプンするにょ(σ´∀`)σ

そもそも円と等価交換できる仮想通貨なんて存在価値あるんでしょうか
どう考えても現金のままでいいし仮想通貨に換金する意味がわからない(´・ω・`)
手数料払って円と等価交換の仮想通貨を購入して他人と割り勘したり
コンビニや外食チェーン店で使うだけなら現金でそのまま決済すればいいのでは
なんでこの程度のサービスのために仮想通貨である必要があるのか全く理解不能
そもそも現金で使える割り勘アプリなんて探せばいくらでもあるのに
あえて仮想通貨と交換してまで割り勘する意味も全く理解できないお(゚д゚)、ペッ

コンビニや外食チェーンの店頭で仮想通貨で決済するとなると
そのための決済機器やシステムを店舗側も導入しないといけないのでコストが掛かる。
その導入費用を店舗側に持たせようとしたら当然反発されてお終い。
Jコイン運用会社が負担すれば全国展開のためにとんでもない費用がかかる
こんな間抜けなことを本気で何百〜何千億円も掛けてやったら究極のキチガイ
電子マネーやデビットカードで補完できることを仮想通貨でやる意味も不明。
個人にとっても店舗側にとってもなんの得やメリットがあるのかさっぱり解らない

なにより地銀を何十行も参加するような参加する大規模にしてしまうと
参加する各銀行に配慮した改良や特別な仕様を増やさないといけなくなるので
開発費はドンドン膨らむし開発期間が延びるだけなので最悪の結果になるおね
開発に着手したけど完成できずに損失計上して終わりましたとか
あからさまに遅れて開発完了して時代遅れになってお終いとかありえそう

こんなあからさまなゴミに投資して損失発生させて配当減らされたら嫌すぎだお

ss2286234570 at 12:08|PermalinkComments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月16日

半導体からデータセンターまで、GMOがビットコイン採掘に100億円投資

半導体からデータセンターまで、GMOがビットコイン採掘に100億円投資
2017/09/14
GMOインターネットは2017年9月7日、仮想通貨ビットコインで新規のコインを得る「マイニング(採掘)」に使える半導体チップの製造と、マイニングで収益を上げるマイニングプールの運営に参入すると発表した。なぜGMOインターネットはマイニング事業への参入を決めたのか。同社が2017年9月13日に本社で開催した事業説明会から、同社の狙いを探る。GMOインターネットは現在、ビットコインが採用するハッシュアルゴリズム「SHA-256」のハッシュ値演算を並列実行できるマイニングチップを開発している。既に論理設計を終え、最先端の7nm製造プロセスで2018年4月に量産を始める計画だ。「7nmプロセスでは世界初の商用チップになる可能性がある」

「独自の半導体なしに参入はなかった」--激戦の仮想通貨マイニングに挑むGMOの勝算
2017年09月16日 12時00分
同社では、サーバ運用のナレッジを生かし、北欧に「マイニングセンター」を設立する計画。2018年上半期での稼働開始を予定しており、500PH/sの演算性能を見込む。また、再生可能エネルギーの余剰電力を使い、日本の3分の1という安価な電気代、気温が低いという北欧の地の利を生かした冷却システムに加え、既存製品の半分以下の電力で同等性能を実現する専用ASICにより低コスト運用を目指す。採掘したビットコインは、仮想通貨取引所を運営するGMOコインに供給するほか、同社のグループ会社が持つFX取引のビッグデータ解析などを生かし、マイニングしたコインの運用も手掛ける。
0919












9月に入ってからビットコイン界隈で一番話題性があるといえばこれでそう
個人的にてっきり近い打ち上げ花火みたいなネタかと思ってたけど
かなりプレスリリースも計画内容も煮詰めてあるガチ計画だったんですね
DMMの資料はかなりやっつけみたいだったんで同レベルの話かとおもてたら
GMOはすでにマイニングを行う土地の確保も北欧で目処が立っていて
マイニング(採掘)専用半導体チップの設計から製造の目処まで出来てたようですΣ(・ω・ノ)ノ
どうせ2年後に参入とかお茶濁して終わりのネタかと思ってたら本気のようでした

この手の事業は競争が激しいし将来的にどうなるか不透明な部分が多いです
ただ仮想通貨分野そのものはどこかが大きく当たりそうなのも事実です。
アメリカの伸びてる新興企業なんて5年経ったら別会社に変身してた
なんてことはよくあることで実際アマゾンもその中の1社だおねφ(.. )
日本の企業は利益を稼いでも内部留保を溜め込むだけで冒険をしなさすぎだお
まあそこは雇われの任期つきリーマン経営者だから仕方ない面もあるけど
きちんと計画や投資の成功率を算定してリスクを計ってから投資するなら
例え失敗したとしてもむしろドンドン投資する方が正しいとおもうにょ(σ´∀`)σ

国内においてビットコイン事業に一番大きく投資してる会社といえばGMOSBIです
両社ともbitFlyerに2年くらい前からベンチャーキャピタルとして投資してるし
その他の仮想通貨関連会社や事業にも投資をつぎ込んでるにょ(σ´∀`)σ
GMOはすでにビットコイン専用の取引会社も設立して開業しています
一方のSBIもビットコイン専用の取引所の開設準備をすすめてるようですφ(.. )
今夏にも国内でSBIバーチャルカレンシーという仮想通貨取引所を設立して
開業すると発表してましたが・・・いまのとこ続報はまだありません(´・ω・`)
設立準備にまだかなり手間取ってるみたいだお

ビットコイン販売所運営のbitFlyer、リクルートやGMO-VPから1億3000万円の資金調達

【bitFlyer】総額約30億円の資金調達を実施

2017年09月09日
GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入


ss2286234570 at 16:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月09日

GMOインターネットとDMMがビットコインマイニング事業に参入

GMO、34億円を投じてビットコインのマイニング事業参入、北欧に「次世代マイニングセンター」設置。2018年上期中に事業開始する予定
2017年9月8日 06:00
GMOインターネット株式会社は7日、仮想通貨のマイニング事業への参入を発表した。2018年上半期をめどに、北欧に「次世代マイニングセンター」を設置。その後、時期は未定だが、「クラウドマイニング事業」も展開する予定だ。クラウドマイニング事業では、個人・事業者が手軽にマイニングに参入できるサービスを提供。具体的には、次世代マイニングセンターの設備資金をユーザーから調達し、その収益を配分するもので、マイニングに成功して報酬のビットコインが得られた場合に参画ユーザーに分配する。また、マイニングされたビットコインをはじめとする仮想通貨を、グループ会社で仮想通貨交換業登録申請中であるGMOコイン株式会社に供給する予定だ。

GMOに続きDMMも仮想通貨マイニング事業に参入
「DMMマイニングファーム」を10月開始
2017年9月08日
昨日GMOが仮想通貨の採掘(マイニング)事業に参入すると発表し話題となったが、DMMもこのビジネスに取り組むようだ。DMMは9月7日、仮想通貨のマイニング事業「DMMマイニングファーム」の運営を10月より開始すると明らかにした。DMMは9月8日に仮想通貨事業部を発足。10月よりマイニングファームのトライアルを実施し、年内には「DMM POOL」を全世界に公開する予定だ。2018年度中にはトップ10に入る規模の、そして将来的には世界のトップ3に入る規模での運営を計画しているという。
0909







.

GMOがビットコインのマイニング事業に新規参入すると発表して話題になったのが一昨日。
そしてその翌日にはDMMも同じ事業に新規参入すると発表しました
この2社はFX事業でも世界シェア1位と2位の会社だおね
両社ともスプレッド競争でいつも火花を散らして争ってる企業グループですが
今度はビットコインのマイニング事業でも本格的に争うようですΣ(・ω・ノ)ノ
ここまで何でもかんでもぶつかり合って競合するのってかなり珍しいおね。
まるでSBIと楽天を彷彿させるような激しい戦いをいつも繰り広げています

さて、両社の発表した内容を読んでみましたがGMOのほうがかなり本格的な内容でした。
投資金額も明示してる手のもあるけど、どこの国で設立するだとかその詳細だけでなく
マイニングに関わる3つの事業を手がけるということが書いてありました

いずれは同規模の事業で争うことになるのかもしれないけど
どっちかと言えばDMMの方はお試し参入という程度にしか見えないし
GMOはガチ参入という規模感が最初からあるようなきがしますφ(.. )
(投資金額や事業内容もかなり細かく書いてあるしね)
ただ世界レベルで競争が非常に激しい事業であるだけに安易に考えるべきじゃないでそ
そもそもサーバー事業を営んでるGMOの方が有利であるのは事実だけど
投資金額が膨らめば損失金額も膨らみやすいとも言えるわけだし
電力を大量に使用する事業なんで金もかかるし、中国のライバルも強いですし。

ただ一ついえることはGMOにしろDMMにしろ投資に積極性があるのは評価できます
日本の企業って既存事業にはすごく真面目に投資するけど幅を広げる意識が弱い
アマゾンにしろGEにしろ10年経ったら10年前とは別会社に変身してるけど
激しい世の中の変化に対応するために変化を躊躇しない日本企業は非常に少ないおね
例えばトヨタだったら自動車製造と販売だけどそれ以外の可能性はほぼ0%
でももし自動車の自動運転が20年後に標準化されたらソフトを牛耳るGoogleの圧勝
世界中の自動車会社がただ箱を作るだけのGoogleの下請け会社に転落するわけです
今回のビットコインマイニング事業に関わらず
仮想通貨全般的にいえば将来の可能性はものすごく大きく期待値の多い産業です
その分野に先駆けて投資を惜しまないのは長い目で見れば間違ってはないでそ。
同様にRipple(リップル)に投資してるSBIも非常に良い判断だと考えます
どちらかというと国際送金としての価値があるRippleの方が実需がありそうですけど。

ss2286234570 at 04:25|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年08月23日

ビットコイン銘柄

REMIX---大幅続伸、18年3月期上期及び通期予想の上方修正を好感
REMIX<3825>は大幅続伸。18年3月期上期及び通期予想の上方修正を発表しており、ストレートに好感されている。上期営業損益は1.24億円の赤字から1.38億円の黒字、通期では1.52億円から6.28億円と大幅に引き上げた。仮想通貨「ビットコイン」などの取引所であるBITPointが収益化したことに加え、エネルギー関連事業における電力売買サービスの新規需要の拡大が背景に。本日は材料難のなか、ビットコイン関連に物色が見られている。


リミックスポイント(3825)1391円 −16円 (−1.14%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3825
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3825.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
今まではただの割高株だったリミックスポイント(通称リミポ)ですが
ここにきてビットコイン取引所の収益化に成功したことで黒字転換
通期業績予測を大きく上方修正したことが話題になりましたφ(.. )
ビットコイン市場がさらに加熱を見せてることで新規取引者も増えてるんで
よほどのことがなかったらこれからも高い成長力を維持しそうだおね

ただ時価総額が既に600億円を上回っている点を踏まえると
先行きの成長性をかなり先まで折り込みにきてるのも事実でそう(´・ω・`)
この膨大な時価総額がゴールに近いのか、それともまだスタートとなのか
このあたりの判断がどう出るかで未来の株価予測が大きく割れそうだおね
個人的な直感としては成長力がまだ高そうなので上げると思うお

ビットコイン販売所のビットフライヤー
https://bitflyer.jp/ja/bitcoindigitalcurrency
ここの会社もSBI、GMO、三菱・三井住友・みずほの銀行系ベンチャーキャピタル
その他保険会社や商社なんかもガンガン出資してる大手どころ
この会社もあと2年もしたら上場してるんじゃないでしょうか
いつビットコインバブルが崩れるのかっていう潜在的なリスクもあるんで
かなり前倒しにIPO狙ってきてもおかしくないでそうφ(.. )


ss2286234570 at 13:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加