yogurting ヨーグルティング

パウエル議長

2024年03月10日

FRB議長、利下げ「今年のある時点」 米議会で証言

FRB議長、利下げ「今年のある時点」 米議会で証言
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN068LX0W4A300C2000000/
2024年3月6日 22:30 日本経済新聞
米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は6日、米連邦議会下院の金融サービス委員会で証言した。冒頭で利下げ開始時期を「今年のある時点」と曖昧に表現し、市場の見通しをけん制するような発言は控えた。利下げが早すぎたり、過度な利下げ幅になったりしてインフレの高止まりを招くリスクに言及した。一方で、利下げが遅れたり、幅が小さすぎたりして「経済活動や雇用を不当に弱める可能性」にも触れ、両論併記とした。当面は経済データを見極める従来通りの姿勢を強調した。
金利先物市場は年初、FRBが3月に利下げを始めて年内に6回実施すると予想。米連邦公開市場委員会(FOMC)参加者が2023年12月に公表した経済予測では年3回が中心シナリオで開きがあった。食い違いは相次ぐ高官のけん制発言で徐々に縮まり、市場は「6月開始」「年4回程度」を軸としている。FRBのジェファーソン副議長やクリーブランド連銀のメスター総裁など一部の高官は利下げ開始を「年後半」とさらにけん制しているが、パウエル議長はこの流れに加わらなかった。
市場ではパウエル氏の冒頭証言が想定の範囲内と受け止められ、6日のダウ工業株30種平均は一時、前日比200膨蕎緇困垢訃賁未發△辰拭パウエル議長は7日には上院の銀行・住宅・都市問題委員会でも証言する。同委は1月30日、議長に対して早期の利下げ開始を求める書簡を提出した。高金利が住宅市況などを通じて低所得層などの生活を圧迫すると説明した。
0311











日銀総裁、2%物価目標「確度引き続き高まっている」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB077WY0X00C24A3000000/
2024年3月7日 17:41 日本経済新聞
日銀の植田和男総裁は7日の参院予算委員会で政府・日銀が掲げる2%の物価安定目標について「見通しが実現する確度は引き続き少しずつ高まっている」と述べた。賃金と物価の好循環を確認するために「現在進行している春季労使交渉の動向に注目している」と語った。
2%目標の達成が見通せる状況になれば「様々な大規模緩和策の修正を検討していく」と改めて表明した。その際に「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)の枠組みを撤廃するにせよ残すにせよ、長期国債の買い入れは続く」と強調し、政策修正が金利急騰などを招かないように配慮する考えを重ねて示した。


国内では早ければ来週3/19(火)にも日銀がマイナス金利撤廃の可能性が高まってます
一方のアメリカではインフレ対策で長期的に利上げし続けていた政策に変更があり、
こちらも早ければ年内6月にも利下げをすることをFRBパウエル議長が証言しましたφ(.. )

これまでパウエル議長は言質を取られそうな発言や証言は避けて一切避けてきましたが、
(年内に大統領選挙があるので政治家は利下げで国民にアピールしたいので)
アメリカの議会に呼びつけられて利下げ実施の証言をさせられた感じのようですね(´・ω・`)
従来、パウエル議長は明確な利下げ時期やその判断はずっと曖昧にしてきたのですが、
さすがに議会に呼びつけられて回答を求められたので苦し紛れに回答した感ですねΣ(゚д゚;)

とはいえ市場側ではパウエル議長が年内の利下げ開始を証言したことが織り込まれ、
また日本では3-4月にマイナス金利撤廃の可能性が急激に高まっていることもあり
日米の政策金利が一致してドル売り円買いを強力にサポートする流れになりましたφ(.. )

‘銀がマイナス金利撤退をすると円が買い戻されて米ドルが売られる
FRBが利下げに踏み切ると利回りが低下するので米ドルが売られて円が買われる


より正確にいえば、FRBが利下げすると米ドルが売られて他通貨が買われるのですが
日本から見た場合はドル売り円買いが2024年6月以降に強力に発生するということです
今回のように日米の政策金利が真反対に実行されてドル売り円買いが起きるのは珍しいのですが、中央銀行が実行するわけですから一気に流れが変わるでそ

これまでは円安がすすんで企業の業績が回復していたこともあって日経は上がってましたが
早ければ2024年3月の日銀の判断次第で日経上昇という部分が大きく転換しそうです
さらにFRBが年内に3〜4回も利下げすれば米ドルはどんどん一方的に売られていくわけで
年内には140円台割れとか来年2025年は130円台割れの可能性もでてきます(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

NASAだなんだと日本株を買ってた投資家たちは天井に取り残される可能性がありますね
永久に日経40,000円台の高値で残され島のコナソにならないよう気を付けた方がよいでそ。
https://mantan-web.jp/article/20200502dog00m200018000c.html
0312




 のこされ島のコナソ







基本的に海外の機関投資家は円安がすすむとドルベースの日経は上がらないので買いますが
円高になると日経が上がらなくてもドルベース換算の日経はどんどん上がっていくので
実際には日経は日本株が下がってるのに叩き売られるという事象が発生しやすいです

円高メリット(円安デメリット)関連が株式

金利上昇メリット銘柄

円安メリット(円高デメリット)銘柄

今回は日米同時に日銀とFRB(連邦準備理事会)が同時にドル売り円高を推奨していくので
かなり激しいドル安円高が起きる可能性があるのでそこが要注意でしょうφ(.. )

アメリカが利下げすると米国株のハイテク株や値嵩株はさらに一層上がっていくので
NASDAQ指数関連ものや仮想通貨なんかを長期的に買うのは正しい判断ですが(´・ω・`)
一方で円高になるので株が上がるけど為替で利幅が削られる展開になると見込まれます

アメリカのハイテク株や値嵩株が上がると日本のハイテク株が上がる可能性もありますが、
一方で円高が進むので本当に国内ハイテク株が連れ高するのかは正直不明ですΣ(゚д゚;)
もし買うのであれば利上げで上がりそうな銘柄や円高関連株を混ぜ込むべきでそう
一番まずいのは自動車などの輸出関連株を2025年に向かって買うことではないでしょか

円高になると輸入企業には追い風になるのでニトリパンパシフィック(ドンキ)神戸物産(業務スーパー)パルプ製紙、冷凍食品のニチレイとかでしょうか

前半部分はすでに書いてましたが、後半の株価や銘柄については書き足しました。

トヨタ自動車(7203) 3,498円 −112円 (−3.10%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7203
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7203.T/chart

ホンダ(7267) 1,725円 −40円 (−2.27%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7267
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7267.T/chart

スズキ(7269) 6,128円 −136円 (−2.17%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7269
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7269.T/chart

マツダ(7261) 1,579円 −70.5円 (−4.27%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7261
https://finance.yahoo.co.jp/quote/7261.T/chart

東京エレクトロン(8035) 37,150円 −1,210円 (−3.15%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8035
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8035.T/chart

アホバンテスト(6857) 6,599円 −331円 (−4.78%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6857
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6857.T/chart

ディスコ(6146) 49,650円 −2,270円 (−4.37%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6146
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6146.T/chart

2024年03月04日
3/4株式市況 〜18、19日にマイナス金利解除あるか?〜


ss2286234570 at 07:48|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年12月28日

12/28為替市況 〜ドル円、140円突入で高級ヒー〜

円、140円台に上昇 米利下げ期待で5カ月ぶり水準
2023年12月28日 16:36 日本経済新聞
28日の外国為替市場で円が対ドルで上昇し、一時1ドル=140円台後半を付けた。7月以来5カ月ぶりの円高・ドル安水準。米連邦準備理事会(FRB)の早期利下げ観測が強まり、幅広い通貨に対してドル売りが膨らんだ。
ドルは主要通貨に対して全面安の展開となっている。主要通貨に対するドルの強さを示す「ドル指数(実効為替レート)」は一時100台と5カ月ぶりの低水準をつけた。通貨の総合的な実力を示す「日経通貨インデックス」では11月末比の下落率がマイナス1.1%と、G10通貨と呼ばれる主要10通貨で最も下落している。市場ではFRBが来年の早い時期に利下げを開始するとの期待が強まっている。米金利先物の値動きから政策金利を予想する「フェドウオッチ」によると、2024年3月までに利下げする確率は8割を超えた。

政策正常化の判断、春闘で中小賃上げ出そろう前に可能−日銀総裁
2023年12月28日 2:40 ブルームバーグ
日本銀行の植田和男総裁は、イールドカーブコントロール(長短金利操作、YCC)を軸とした大規模な金融緩和からの正常化に向けた政策判断について、来年の春闘における中小企業の賃上げデータが完全に出そろう前に可能だとの見解を示した。植田総裁はNHKの26日のインタビューで、中小企業の賃金データが「全部そろうのはかなり遅くなる」と指摘。その上で、他の中小企業の指標で収益好調が示される、あるいは消費や投資が好調でそれが賃金・物価の好循環を生み出すと見込まれる場合、「ある程度、前もっての判断ができるかと思う」と述べた。大企業の集中回答日は3月中旬だが、中小企業の賃上げ動向が判明する時期はそれよりも遅れる。
日銀は今月の金融政策決定会合で大規模緩和の維持を決定。植田総裁は記者会見でマイナス金利の解除などを急がない姿勢を示した。今回のNHKのインタビューでは1月会合での政策変更には慎重な考えを繰り返す一方で、早期に政策正常化に踏み切る可能性もあることを示唆した。3月と4月に開催される会合に向けて、市場では正常化への思惑が強まりそうだ。




アメリカではFRBの利下げが予測が引き続き強いままであるというのもありますが、
ブルームバーグの記事にある通り、日銀植田総裁がNHKのインタビューの中において
中小企業の賃金データが完全に出そろう前でも金融政策の修正判断が可能であるというコメントをしたことでマイナス金利解除の確度が高まったと受け取られたようです
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-12-27/S6BBOET0G1KW00

ドル円チャート
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
1228












アメリカだけでなく欧州でも利下げ論が強くなってきてる形勢なので円高が強め
すでにアメリカではFRBが早ければ2024年3月にも利下げ開始して、2024年内に3〜4回くらい利下げ実施するんじゃないかという予測が高まってきてて、
欧州でもECBが2024年の早期に利下げを開始するんじゃないかとも噂されてますφ(.. )

その一方、日銀の植田総裁が1週間前よりさらに金利政策変更に積極的な姿勢を見せ
ある程度の賃上げデータが出そろってきたらマイナス金利解除に踏みきっちまうだろう
という予測が足元で高まってきており、これもまたドル売り円買いを後押ししています

2024年3月以降は、欧米が利下げ日本は利上げという真反対の金融政策に走るため
為替市場はこれまでの逆回転を起こしてより激しく動きやすくなるでそうΣ(・ω・ノ)ノ
前から書いてますが、年が明ければ日銀もFRBもあらためて2024年の金融政策の方針やスケジュールなどの説明を求められるので、説明の場が設けられます
その場でどこまで踏み込んで具体的な内容やスケジュールを語るかで結果も変わります

もしFRBパウエル議長が1月上旬〜中旬に積極的に金融政策の方針やスケジュールを語れば
かなり大きくドル円が動いてドル売り&円買いが加速していくでしょうφ(.. )
ということでドル円は1月末までに134〜142円の範囲で激しく動くと予想してます
3月に近づけばより正確な情報が出てくるので、より円高ドル安が進みやすいため
同様に、1月においても月初よりは月末の方がより円高ドル安に傾くと思います(´・ω・`)

2023年11月06日
2023〜2024年株式市況 〜米利下げ&円高ドル安〜その 

2023年11月07日
2023〜2024年株式市況 〜米利下げ&円高ドル安〜その


ss2286234570 at 17:26|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年12月19日

12/8誤報で6円の円高 ➡ 誤報と判明したので2円の円安へ 

日銀植田総裁、金融政策の正常化「もう少し状況みたい」
2023年12月19日 14:31 日本経済新聞
日銀は19日開いた金融政策決定会合で、大規模緩和策の維持を決めた。マイナス金利政策の解除も見送り、金融政策の先行き指針(フォワードガイダンス)も変えなかった。早期解除を警戒していた市場参加者は肩すかしにあった格好で、円安・株高が進んだ。植田和男総裁は記者会見でも、物価2%目標の持続的な実現を慎重に見極める姿勢を強調した。
植田総裁は解除の条件となる物価2%目標の達成について「確度は引き続き少しずつ高まってきている」と述べた。一方で、賃上げと物価上昇の好循環が実現していくかについて「なお見極めていく必要がある」と語った。
植田総裁は今月7日に国会で「年末から来年にかけて一段とチャレンジングになる」と語り、マイナス金利政策の早期解除観測を高めた経緯がある。植田総裁は発言について、今後の取り組み姿勢を問われたので「一段と気を引き締めて」という意味で発言したと述べた。
政策変更がサプライズになる可能性については、一般論として「必ずしも避けられない」と述べた。ただ、会合と会合の間で出てくる新しい情報を日銀がどのように扱うのかについては「丁寧にご説明している」と指摘。それを基に、日銀がどう判断するかを予想してもらうことは「ある程度できる」と語った。

賃金と物価の好循環、なお見極め必要=植田日銀総裁
2023年12月19日午後 5:03 ロイター
日銀の植田和男総裁は19日、金融政策決定会合後の記者会見で、賃金と物価の好循環が実現するか「なお見極めていく必要がある」と述べ、粘り強く金融緩和を継続していく考えを示した。「年末から来年にかけ一段とチャレンジングになる」という7日の総裁発言を受けて金融市場ではマイナス金利の早期解除観測が高まっていたが、「仕事の取り組み姿勢一般について問われ、答えた」と語った。


12/8のブログでも書いた通り植田日銀総裁の発言は明らかな誤報と判明しましたΣ(゚д゚;)
ちなみになつさんも念のためその日に国会での動画を見て確認してみましたが、
どう考えても金融政策の質疑応答でないことはすぐに気が付きましたφ(.. )
そもそも勝部議員の質問自体が金融政策の質問ですらないのは明らかだったからです

要は言葉尻だけ勝手に切り取って為替アルゴが暴走しただけ、ってことでしょ。

おそらく為替アルゴの設定上特定のキーワードに対して「売り」とか「買い」が最初から設定してあって、質疑の内容を勝手に意訳してアルゴが発動しただけかなと
そもそもテクニカル的にもトレンド転換して為替が円高に進み始めてた時期だったんで
アルゴ発動で売りに一気に傾いて軽いフラッシュクラッシュが発動したんじゃないかな

ドル円チャート
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
121212












テクニカル的には142〜143円台まで短期戻し、MAX144円台くらいと予想しましたが
今のところはおおよそ予想の範囲内での円安リバウンドで収まっていますφ(.. )
ただ思ってた以上に年内利上げ予測の警戒心が高かったことの反動があるので、
瞬間的には145円台半ばくらいまで円安にリバウンドする可能性は残している感じです
https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2023-12-15.html

そもそも植田日銀総裁は11月に「利上げするにしても賃金上昇率がまだ低いので現状ではハードルが高い」みたいなコメントしてたばかりなので、
そもそも年内12月末に利上げする可能性なんてほぼ0%だったと思うんですよね(´・ω・`)
でもなんでかわかんないけど年内利上げ(正確に言うとマイナス金利の撤廃ですが)に踏み切るんじゃないかって予測がやたら強くて過度に円が買われて
蓋開けたらなんも出てこなかったんで肩透かしくらって失望の円売りになりました

ほとんど根拠もなく年内の利上げを警戒したり、勝手に失望して円を売ってみたりと
直近のドル円の値動きはちょっと忙しないというか冷静な判断ができてない気がします

植田日銀総裁もマイナス金利の撤廃はしたんでしょうけど材料が不足気味だおね(´・ω・`)
賃金上昇率などのデータや材料がそろうまでは動きにくい状況が続きそうです。
現時点でいえば2024年3月に日銀がマイナス金利撤廃をするには時間が足りないので、
どんなに早くとも2024年5〜6月かそれ以降にずれ込みそうに感じています

2023年内はもう時間もないし、大きな経済指標や主要人物の発言機会もありません。
FRBのメンバーのハト派とタカ派が少し地ならしのために発言はしそうなので、
上下に1〜2円程度の幅で動く可能性は残ってますが、逆にいえばその程度でそう

年明け以降の日本では連休とかがあって1/8(月)までは市場も休みみたいなものですが
1/11(木)には米国のCPI発表があるのでこのへんが鬼門になりそうな予感ですΣ(゚д゚;)
https://www.gaikaex.com/gaikaex/mark/calendar/20240109
3333




前回、FRBのパウエル議長は2024年3月以降にも利下げを容認する姿勢を見せたので
年明け以降はちょっとした材料でも円高の後押しになりやすい点に注意でしょ
特に年初の1月上旬はなにかしらパウエルが発言する可能性があるだけに注目です。

現在のとこアメリカの利下げの開始が3月以降なのか6月以降なのかは不明なままですが、
時間がたてばたつほど利上げの確率は上がっていくのでそう遠くはないでしょう
利下げの開始のめどや時期についてパウエルが少しでも触れたら円高が加速するでそう。

ニトリ(9843) 18,300円 +150円 (+0.83%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9843
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9843.T/chart

ニチレイ(2871) 3,841円 −8円 (−0.23%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2871
https://finance.yahoo.co.jp/quote/2871.T/chart

神戸物産(3038) 4,160円 −4円 (−0.10%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3038
https://finance.yahoo.co.jp/quote/3038.T/chart

シャープ(6753) 1,017.5円 +20円 (+2.01%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6753

2024年以降はFRBが利下げするとなると2年くらい利下げが続いて円高になりそうです。
利下げのおかげでグロース株や仮想通貨はよくても、円高という向かい風で輸出系の大手企業は業績を落としそうなので日経全体的にもマイナス要素です
円高で上がりそうな銘柄をこまめに探していくのが常道ではないでしょうかφ(.. )

植田総裁発言で早期利上げ観測が浮上か
2023/12/07 NRI
12月7日の債券市場では、10年国債利回りが一時前日比+0.105%上昇と、昨年12月20日以来の大幅上昇を見せた。これを受けて、為替市場でも1ドル146円台前半まで一気に円高が進んだ。市場が大きく動いたきっかけの一つは、参議院財政金融委員会での植田総裁の発言だ。立憲民主党の勝部議員から、今後の取り組みについての所見を問われ、植田総裁は「チャレンジングな状況が続いている。年末から来年にかけて一段とチャレンジングな状況になるとも思っている」と発言したことだ。その後に「情報管理もしっかりと行う」と続けた。この一連の発言が、年末あるいは年初にも日本銀行がマイナス金利政策解除に動くのではないか、との観測を金融市場に広めることになった。
結論から言えば、この植田総裁の発言が早期のマイナス金利政策解除を示唆したもの、と読むのは無理があるのではないかと思う。
勝部議員の質問は、植田総裁の一般的な職務に関する今後の取り組み姿勢について問うたものであり、金融政策の姿勢を問うたものではなかった。そうした質問に対して、日本銀行の事務方が、植田総裁の想定問答に市場に政策変更の可能性を織り込ませる重要な一文を入れ込んだと考えるのは無理があるだろう。市場にメッセージを送るのであれば、金融政策に関する質疑のパートで行うはずだ。
植田総裁の発言は、総裁として、今までと同様にこれから来年にかけても様々なチャレンジングなことが起こると予想されることから、気を抜かずにしっかりと頑張る、といった意気込みを説明したものと読むのが自然だろう。

2023年12月08日
12/8為替市況 〜24時間でドル円が6円動く〜




ss2286234570 at 20:04|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年12月15日

FRB、3会合連続利上げ見送り 来年は利下げ3回分を予想

米FRB、3会合連続据え置き 来年の利下げ開始を示唆
2023年12月14日午前 10:07 ロイター
米連邦準備理事会(FRB)は12月12日─13に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を5.25─5.50%で据え置いた。据え置きは3会合連続。同時に発表した最新の金利・経済見通しで、過去約2年にわたって実施した歴史的な金融引き締めは終わりを告げ、来年には金利が低下し始める可能性が示された。パウエル議長は、利下げの時期が次の問題だと述べた。
FRBはFOMC声明で、インフレ率は依然として高止まりしているとしながらも「この1年で緩和した」と指摘。インフレ率を目標の2%に戻すために適切な「いかなる追加的な金融政策の引き締めの程度(the extent of any additional policy firming)」を決めるに当たっても、経済と金融の動向を考慮すると表明した。金利・経済見通しでは、19人の政策担当者のうち17人が2024年末には政策金利が現在よりも低下するとの予想を示した。

インフレとの戦い転機、米利上げ終結へ 利下げ時期議論
2023年12月14日 11:30 日本経済新聞
米欧のインフレとの戦いは転換点を迎えた。米連邦準備理事会(FRB)が2022年3月に始めた利上げは事実上終結し、最大の焦点は24年の利下げ時期に変わった。世界経済のリスクは新型コロナウイルス禍を契機とした高インフレから、これまでの利上げに伴う景気減速の度合いに重心を移しつつある。13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に記者会見したパウエル議長は追加利上げではなく、利下げの時期を議論したと明言した。利上げは23年7月の会合が最後だったとみる市場の確信を裏付けた。
1年4カ月の利上げ期間は01年以降で最短で、計5.25%の利上げ幅は1980年代以降で最大となる。物価を熱しも冷やしもしない金利水準は2%程度に下がっており、今回はその倍を超える水準まで金融引き締めを実行したことになる。
FOMC参加者は同日の経済見通しで24年に3回分の利下げを予想し、9月の前回見通しの2回から下げ幅を大きくした。消費者物価の前年同月比上昇率は40年半ぶりの記録を更新した22年6月の9.1%から23年11月は3.1%まで鈍化。インフレ抑制に自信を深めているためだ。
ただし米国の政策金利は22年ぶりの高さで強い引き締め水準にある。政策金利の誘導目標であるフェデラルファンド(FF)金利の上限は物価上昇率を11月時点で2.36ポイント上回っており、その差は2007年8月以来の大きさだ。利下げに転じてもすぐに金融緩和に移るわけではなく、引き締めの度合いが弱まる程度だ。
1214


















FRBの利下げ容認の記事を何個も書くと読み辛くなってしまうので1個にまとめました。
結論としては、これまで一貫して「FRBでは利下げの議論など1度もしていない
と強く否定していたパウエルFRB議長がハト派に寝返って利下げの検討開始を認めました。

これまでパウエル議長は利下げを一切容認しないと100%否定してきた人です(´・ω・`)
だからこそ年末〜年始にかけて、もしパウエル議長が利下げを容認するような姿勢を見せたり、利下げの検討を開始したと発言するようなことがあれば
激しいドル売りと円買いが起きるとこれまでブログで何回も何回も書いてきました

予想は見事に的中
あれほど烈火のごとく利上げを叫び、利下げ検討すら一切容認してこなかったパウエルが
いきなりハト派に寝返ってFRB内で利下げ検討をしてると認めてしまいましたΣ(・ω・ノ)ノ
しかも2024年内に利下げ3回というスケジュールの検討案まで出てることを認めました

ドル円チャート
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
1215











12/8のブログでドル円は足元で145〜146円まで一旦回復しそうだが天井はそのあたりで
もしパウエル議長が利下げを容認する発言をすれば激しい円高が起きると書きましたが、
このあたりの流れもすべて当たって、一時は140円割れ手前まで円高が進みました

一方、一旦は売り圧が減ったので来週12/18以降はしばらく円安に戻しそうです
うまく行けば142〜143円台まで円安に一度反発すると予測していますぬ(´・ω・`)
(144円台を回復する可能性はなくもないけど、もしあっても瞬間程度ってとこか)
もしこのまま140円台割れになるなら今週とっくに割ってると思うんですよね
今週まだ140円台割ってないってことはまだもう少し材料不足ってことじゃないでしょか

とはいえ年末のラストに日銀が何らかのコメントをして大晦日を迎える可能性はあります。
通常であれば年末12月下旬なんて為替はまったく動かなくなるのですが、
今回はFRBの理事やパウエル議長が追加的ななんらかの発言をする可能性が高いですし、
日銀植田総裁がいきなり利上げ発言をぶっこんでくる可能性が高い状況です
年末最終週の押し込みゴールがあるかもしれないので警戒は解くべきではないおね

年末〜年始だからと決して油断せず今回はに為替相場が大荒れしやすいと覚悟すべき。
年が明けてすぐにもまた誰かの発言で一波乱ありそうな気配が濃厚ですφ(.. )
(日米の中央銀行当局にて金融政策変更を控えてるので当然のことなんですが)

FRBが利下げを容認して間もない2024年の年明けは上旬から荒れそうな気配です。
まず為替市場が開いたばかりで流動性が低い時期にあたる1/4(木)深夜4時に
いきなり大きいのがあるんでまずこのあたりがすでに荒れそう(´・ω・`)
https://www.gaikaex.com/gaikaex/mark/calendar/20231230
1218



日本がようやく正月連休が終わった直後にも大きな経済指標が待ち構えています。
特に1月上旬は2024年以降の金融政策について、あらためて日米中央銀行の当局者が本年の政策について発言をすることが多いのでここもミソです
金融政策に変更がないならそもそもあらためて談話を発表する必要すらないのですが、
今回は金融政策の変更があるのんでコメントや発言が出てきやすいからです(´・ω・`)
https://www.gaikaex.com/gaikaex/mark/calendar/20231230
1217








ss2286234570 at 07:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年12月08日

12/8為替市況 〜24時間でドル円が6円動く〜

植田総裁発言で早期利上げ観測が浮上か
2023/12/07 NRI
12月7日の債券市場では、10年国債利回りが一時前日比+0.105%上昇と、昨年12月20日以来の大幅上昇を見せた。これを受けて、為替市場でも1ドル146円台前半まで一気に円高が進んだ。市場が大きく動いたきっかけの一つは、参議院財政金融委員会での植田総裁の発言だ。立憲民主党の勝部議員から、今後の取り組みについての所見を問われ、植田総裁は「チャレンジングな状況が続いている。年末から来年にかけて一段とチャレンジングな状況になるとも思っている」と発言したことだ。その後に「情報管理もしっかりと行う」と続けた。この一連の発言が、年末あるいは年初にも日本銀行がマイナス金利政策解除に動くのではないか、との観測を金融市場に広めることになった。
結論から言えば、この植田総裁の発言が早期のマイナス金利政策解除を示唆したもの、と読むのは無理があるのではないかと思う。
勝部議員の質問は、植田総裁の一般的な職務に関する今後の取り組み姿勢について問うたものであり、金融政策の姿勢を問うたものではなかった。そうした質問に対して、日本銀行の事務方が、植田総裁の想定問答に市場に政策変更の可能性を織り込ませる重要な一文を入れ込んだと考えるのは無理があるだろう。市場にメッセージを送るのであれば、金融政策に関する質疑のパートで行うはずだ。
植田総裁の発言は、総裁として、今までと同様にこれから来年にかけても様々なチャレンジングなことが起こると予想されることから、気を抜かずにしっかりと頑張る、といった意気込みを説明したものと読むのが自然だろう。

円一時1ドル=141円台 すぐ買い戻し、荒い値動き
2023年12月7日 16:33 日本経済新聞
7日午後のニューヨーク外国為替市場で対ドルの円相場が瞬間的に急騰し、一時1ドル=141円台後半を付けた。8月以来4カ月ぶりの円高・ドル安水準になった。その後はすぐ円安方向に戻し、7日夕時点では144円台で推移する。日銀の植田和男総裁の発言などを受けて政策修正を意識した円買い・ドル売りが膨らむなか、円は不安定な値動きをみせている。
円相場が141円台後半を付けたのは米東部時間の午後0時47分ごろだ。その直前は143円台で推移し、瞬間的に1円50銭ほど円高に振れた。東京市場の7日朝には147円台を付けており、1日で5円以上の円高が進む格好になった。
在ニューヨークの邦銀の市場運用担当者は「ドルを買い持ちしていた投資家で、1ドル=144円を損切りの目安にしていた人は多いとみられる。この水準を明確に割り込んだことで、投資家によるドルの投げ売りが出た」と話す。ここにプログラムを組んで高速・高頻度で売買する「アルゴリズム取引」のドル売りも加わり、円の一瞬の急騰につながったとみる。
ただドル売りの一巡後はすぐに買い戻しも入り、円相場は米東部時間7日夕に1ドル=144円台まで戻した。急速に円高・ドル安が進んだことへの警戒感もあり、「一定のドル買い需要はある」(同氏)という。
1212











<東証>トヨタが4%近く下落 円相場急伸、自動車は全面安
2023年12月8日 11:23 日本経済新聞
トヨタが続落し、前日比111円(3.97%)安の2683円50銭まで下落した。7日のニューヨーク外国為替市場で対ドルの円相場が急伸し、一時1ドル=141円台後半と8月上旬以来の円高・ドル安水準をつけた。トヨタの2024年3月期の想定為替レートは1ドル=141円で、円安に伴う収益上振れ期待の後退が売りを促している。マツダ(7261)SUBARU(7270)など、自動車株は総じて安い。

一番上の記事はなかなか興味深くて色々考えさせられる非常に良い記事でしたφ(.. )

今回日銀はマイナス金利撤廃にチャレンジするといったような趣旨では話してないけど
やや曲解されてマイナス金利撤廃や金融緩和中止をチャレンジすると意味に勝手に解釈されて為替が動いたという趣旨のようです(´・ω・`)
個人的にも今回の円高は発言内容が曲解されて仕掛けられたという印象を持ちました。

ただ11月からずっと言っているように、年末12月〜年始1月は日米の金融当局者に2024年以降の金融政策について多くの質問がぶつけられます。
当然ながら、植田日銀総裁は2024年3月以降に実行するんではないかと予想されているマイナス金利の撤廃について何らかのコメントを求められますし、
FRBのパウエル議長も2024年6月以降に実施するといわれている利下げについて、やるのかやらないのか、やるならいつやるのかのコメントを迫られます

それぞれ金融政策を決めるトップなんで必ずなんらかのコメントを迫られるのは仕方ないし
嘘をついてはいけないので正直に何らかの見込みや予定を話すことになるでしょう(´・ω・`)

特にパウエルFRB議長はこれまで一貫して「FRBの中で利下げについて議論したことは1回もない」と主張してきたので、その主張が方向転換されると予想してます
おそらく年末〜年始にパウエル議長が2024年以降の利下げ可能性について追認するような発言をして、これをきっかけにまた円高がおきやすいと考えています
(利下げ可能性を全否定してたパウエル議長が利下げを容認すると影響が大きいので)

FRBではタカ派とハト派が交互に様々な意見をわざと流して地ならしをするんですよね
特に従来の金融政策を大きく変えるときは必ず地ならしをしてから行います(´・ω・`)
今回についていえばタカ派のウォラー理事の利下げ容認の発言がまさに地ならしです。
本来は利上げを主張するタカ派のウォラー理事の発言は極めて重要なシグナルでそ
2024年以降にFRBが利下げを行うのは今のとこほぼ確実だということですφ(.. )
(よっぽど大きな政変や異常事態が起きたらもちろん変更される可能性はありますが)

おそらくパウエル議長が利下げを追認するような発言を年末〜年始に行って
これによってさらに円高が進み、なつ総研130円台もありえるとでは考えています

ドル円チャート
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0950
1210












ドル円のチャートを見ると明らかに24日線と75日線がデッドクロスしています
テクニカル的にも最悪なので、少しでも円高を容認する発言があれば大きく動きやすい。
運がよければ目先で146円回復はあるかもしれませんが、148〜149円以上に回復する可能性は極めて低く、ドル円ロングを抱えてる人は早めに逃げることを考えるべきでそ

目先では来週にも145〜146円まで戻す可能性が大きいと思っていますけどφ(.. )
テクニカル的には明らかに円高を示唆してるのでいずれさらに円高に動いていくでそ。
もし年末〜年始にパウエル議長が2024年6月にも利下げを検討するみたいな発言したら
あっという間に136〜139円まで円高に動く可能性が高いということですΣ(・ω・ノ)ノ

FRB、利上げ終了の公算 ウォラー理事は利下げ可能性示唆
2023年11月29日午前 1:30 ロイター
米連邦準備理事会(FRB)のウォラー理事は28日、インフレ率が低下し続ければ、数カ月先に政策金利を引き下げる可能性を示唆した。
ウォラー氏は「標準的なテイラールールに基づけば、あと数カ月─3カ月か4カ月か5カ月か分からないが─ディスインフレが続き、インフレ率が本当に低下方向に向かっていると確信が持てれば、景気回復などとは無関係に、インフレ率が低下したという理由のみで政策金利を引き下げ始めることができる」と述べた。また、インフレが一貫して低下するなら、金利の「非常に高い」水準への据え置きを主張する「理由はない」とした。

ニトリ(9843) 18,000円 −240円 (−1.32%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9843
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9843.T/chart
円高銘柄といえばニトリ、ですが指値を何回入れても今のところ約定できてません(´・ω・`)
円高関係なく日経爆下げした日もけっこう上がってたりと非常に強いですね

ニチレイ(2871) 3,502円 +203円 (+6.15%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=2871
https://finance.yahoo.co.jp/quote/2871.T/chart
円高の恩恵が強いニチレイとか神戸物産とかセリアとかの株価も爆上げしています
電力なんかも円高の恩恵が強いのでこのところ上げている銘柄が目立つようです。

神戸物産(3038) 4,108円 +47円 (+1.16%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3038
https://finance.yahoo.co.jp/quote/3038.T/chart





2023年11月18日
11/18為替市況 米10月CPI3.2%上昇、コアも伸び鈍化

2023年11月06日
2023〜2024年株式市況 〜米利下げ&円高ドル安〜その 


ss2286234570 at 16:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2023年05月20日

為替市況5/19 FRBパウエル議長あらためて利上げ停止を示唆

FRB議長が6月利上げ休止の明確なシグナル−「分析する余裕」
2023年5月20日 0:48 ブルームバーグ
パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は19日、6月の利上げ休止に傾いているとの明確なシグナルを送った。米金融当局者の一部は利上げ継続が望ましいとの考えを示唆しているが、パウエル氏は政策議論を自ら主導する姿勢を示した。
パウエル氏は「政策引き締めを長く続けてきた。いまや政策姿勢は景気抑制的で、これまでの引き締めによる遅延効果や、最近の銀行業界のストレスによる信用引き締まりの度合いを巡る不透明性に直面している」と指摘。「ここまで政策を進めてきたので、データや変わりつつある見通しを注視して慎重に分析する余裕がわれわれにはある」と述べた。
同議長の発言後、金融市場が織り込む6月の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ確率は13%前後に低下した。発言前は33%だった。
ただ、次回会合前に消費者物価指数(CPI)などの米経済指標が予想を上回った場合、議長が利上げを主導する可能性もあるとも分析した。

FRB議長、利上げ有無「決めてない」 市場との対話苦心
2023年5月20日 5:11 日本経済新聞
米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は19日、10会合連続で引き上げた政策金利を巡って「追加の引き締めが適切か何の決定も下していない」と語った。過去1年ほどで計5%の利上げを進めたことを踏まえ「(経済)データや見通しの進展を慎重に評価する余裕がある」とも述べた
米利上げ路線の行方は世界経済を左右するだけに注目度は高い。FRBは金融不安がくすぶることを踏まえ、6月の利上げ停止を視野に入れる。一方、インフレ圧力が強ければ追加利上げに動ける余地も残す。パウエル氏の発言からは物価抑制と金融安定の両立に向けて、市場との対話に苦心する様子がうかがえる。
キャプチャ

5月のGW前あたりからじわじわとまた米ドル円が円安に振れていたのはご存じの通りΣ(゚д゚;)
FRBのタカ派の高官がやたら「利上げ実行を叫んでいたのが印象的ですね
しかし蓋を開けてみると、パウエル議長は6月位以降の利上げには否定的な姿勢でした。

もちろん米CPIなどの経済指標が大きく変動してインフレの加速を示すようであれば
再度の利上げに踏み切るかの可能性は否定しなかったし、可能性は残したままですが、
2022年以降の過度の利上げが地銀を大きく揺らして銀行破綻まで引き起こしたせいもあり
米地銀の混乱を鎮める意味でも6〜7月の利上げ可能性はかなり低いといえるでしょう
というかよほどの材料が出ない限り利上げの可能性なんてもうない、って意味ですけど。

米ドル円 チャート
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
0520












下記の動画などではFRB高官がやたらと6月利上げを支持する発言を繰り返しましたが
米銀などの影響や、そもそもCPIなどのい値も少しずつ落ち着いてきてることから
6月にFRBが利上げに踏み切る可能性は非常に低下してるとはっきりしてきました
利上げ可能性が消えて、利下げの始まる時期が期待されるようになるわけですから
NASDAQ指数なんかは夏〜年末にかけてより買われやすくなると予想します(´∀`*)

NASDAQ 12,657$ −30.95 (−0.24%)
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart
昨年2022年11月から年末にかけて購入したNASDAQ連動型投信は引き続き順調です
まあ円安効果で利益が乗りやすかっただけじゃないかという面もありますφ(.. )
5月が最後の利上げ、6月からは利上げ停止、年末〜2024年年初から利上げ開始となればこれからより一層NASDAQ銘柄や指数が買われやすくなるでしょう
マイクロソフトのAIリリースで一時期売られていたAlphabet(Googleの持ち株会社)の株価も、あまり騒がれていませんが、結局は爆上げしています
おそらく利下げが開始される2024年に向けてはNASDAQが大きく上昇し、過去の高値も抜いて史上最高値を2024〜2025年に更新するのではないかと考えてます
まあそうは言っても2年くらいで利下げ終了しそうなんで2025年夏には売り時でそうけど

Amazon
https://finance.yahoo.co.jp/quote/AMZN/chart

Alphabet
https://finance.yahoo.co.jp/quote/GOOG/chart

Microsoft
https://finance.yahoo.co.jp/quote/MSFT/chart

5/19(金)については、正確にいうとすでにい5/20に入ってからの時間帯ですがφ(.. )
スコーンとドルが売られて円高ドル安に振れたところで為替が終わりました。

基本的に日経平均は円高に振れると売られる傾向が強く、また金曜の夜については
いつものように海外からの先物買いが入ってこず軟調な値動きでした(´・ω・`)
海外の機関投資家が日本株を買い始めてからすでに1カ月弱程度たっているし
なにより金曜日夜の先物買いの弱さを考えると、一旦は買いトレンド終了かもですね。
そもそも買われてもない銘柄が売られるかは不明ですが、日経225先物ハイテク・半導体系の値嵩株については、来週以降から目先天井で調整かもしれません(´・ω・`)

FRB、0.25%利上げ決定 打ち止めの可能性示唆
2023年5月4日 3:02 日本経済新聞
米連邦準備理事会(FRB)は3日開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%の利上げを決めた。相次ぐ米銀破綻で金融システム不安が高まっているが、インフレ抑制を優先する姿勢を改めて明確にした。会見では政策金利が「十分に引き締め的な水準」に達したのか質問が飛んだが、パウエル氏は「見極めているところだ」と明言を避けた。次回の6月会合での追加利上げも選択肢として残しておきたい心理をのぞかせた。
パウエル氏は会見でFRBは利上げを打ち止めにした後も早期の利下げ転換を避けて金融引き締めの状態を長く保つ考えを改めて強調した。23年後半の利下げを織り込む金融先物市場をけん制した。



ss2286234570 at 07:47|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年12月13日

米消費者物価指数(CPI)改善でダウ続伸、ドル円は134円台に急落⤵

米国株、ダウ続伸で始まる 市場予想下回るCPIを好感
2022年12月13日 23:48 日本経済新聞
13日の米株式相場でダウ工業株30種平均は大幅に続伸して始まり、午前9時40分現在は前日比533ドル63セント高の3万4538ドル67セントで推移している。13日朝発表の11月の米消費者物価指数(CPI)が前年同月比7.1%上昇と伸び率は前月の7.7%から大きく縮小し、市場予想(7.3%)も下回った。インフレ減速を背景に米連邦準備理事会(FRB)が想定より早く利上げを停止する可能性が意識され、幅広い銘柄が買われた。
米長期金利は一時3.42%と前日終値(3.61%)から大きく低下し、金融引き締めによる景気悪化が限られるとの見方が株式の買い安心感につながった。

米消費者物価、11月7.1%上昇 5カ月連続伸び鈍化
2022年12月13日 22:33 日本経済新聞
米労働省が13日発表した11月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比7.1%上昇した。伸びは5カ月連続で鈍化した。エネルギー価格を中心に高インフレには落ち着く兆しが出ている。賃金の伸びは高いままでインフレ圧力はなお根強く、米連邦準備理事会(FRB)は利上げの到達点を慎重に見極める。
上昇率は市場予想の7.3%を下回った。FRBの利上げペースが鈍化するとの観測からニューヨーク外国為替市場では円が一時1ドル=134円台と5日以来1週間ぶりの円高水準をつけた。物価公表前には137円台前半で推移しており、数分間で2円超の急騰となった。
エネルギーと食品を除いた物価の基調を示す上昇率は6.0%で、市場予想の6.1%を下回った。約40年ぶりの高水準だった9月の6.6%から2カ月連続で縮小した。
1214












ドル急落、米消費者物価指数前年比+7.1%に伸び鈍化
2022/12/13(火) 22:46 みんかぶ
11月米消費者物価指数は前年比+7.1%と市場予想+7.3%を下回った。前回10月の+7.7%から一段と伸びが鈍化している。この結果を受けて米債利回り急低下とともにドル売りが殺到している。ドル円は137円台割れから135円台前半へ下落。ユーロドルは1.05台半ばから1.06台半ばへと急伸。ポンドドルは1.23付近で神経質に振れたあと1.24台乗せまで急伸。

米ドル円
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
1214











前回12/9(金)に中途半端にインフレの再加速をにおわせるような材料が出てしまって
米ドル円が135円から137円台まで2.5円近く円安に戻したことが裏目に出ました
もし12/9に大きく円安にリバウンドしてなかったら素直に円高継続だったのに
137円50〜80銭近くまで円安に戻してしまったので、むしろハードルが低くなってしまい
今回12/13(火)の22:30の米消費者物価指数(CPI)がほんのちょっと鈍化すれば
ドル売り&円高と株高が確定してしまう流れがほぼ見えてきてしまいましたφ(.. )

現在のところは10日前にblogで書いた通りの展開になってきています(*´∀`*)ムフー
https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2022-12-04.html
ウクライナではすでに厳冬期に入ってロシアとの戦線が膠着状態になっています⛄
もちろん完全に凍結してしまえば泥濘したウクライナの沼地や川も凍結するので
もう少し戦車も動かしやすくなって戦闘も散発的に再開する可能性はありますが
もうすでにお互いに戦線が伸びて物資も補給も十分ではなくなってきてるので
春までは戦闘は沈静化して大きな軍の衝突はおさまると米情報部もいっていました

戦闘がおさまれば資源や小麦などの食料品などの輸出も再開しやすくなるわけで
2022年12月〜2022年3月までは穀物や資源価格のインフレは落ち行きやすくなります
むろんアメリカではまだ賃金の高騰が続いているのでインフレを刺激をするのですが
一方で住宅などの家賃の高騰は11月時点ですでに鈍化してるといっていました

今のところ、物事すべてがインフレ鈍化を示しているわけではないことは事実ですが
全体的にはおおよそすでにインフレの峠を越したような指数になってきています。
今後よほどのことがない限りは、インフレ低下で金利引き上げ幅も縮小してくでそう

NYダウ
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EDJI/chart

NASDAQ
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart

今後これから利上げ幅が縮小されて落ち着いていけば株高につながりますが
ただNYダウはすでに底値から+19%上げてるので色んな意味でやや織り込み済みです。
一方、利上げに弱いグロース株が多いナスダックはまだ安値をウロウロしてる最中なので
インフレの鈍化によって利上げ幅縮小の流れが強くなるほど上げやすいでそ(。・ω・)ノ゙
当然そうなることを予想してここまでNASDAQ連動型投信を買ってたわけです

3週間ほど前からず〜〜〜〜〜っとNASDAQ連動型投信を買い増ししてきたので
昨晩時点では少し含み損でしたが、これからは主力ポジションとして活躍しそうです
その他のグロース株系やハイテク株系の日本株もそろそろ本気だしてほしいですね。

今回の12月についていえば米消費者物価指数(CPI)の結果はあくまで前哨戦です
重要なのはあくまで12/15(木)04:00からの米FOMCになりますφ(.. )
1205





12月の金利発表自体は0.5%の上げで着陸するんでそう騒ぐほどではないですが、
その後から始まるパウエルFRB議長が記者会見でなにを語るかですよね。

おそらくその場で2023年以降のFRBの姿勢や利上げへの取り組みが明らかになり
場合によっては大きくドル円が動く可能性が考えられます(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
通常の場合は12月後半のクリスマス休暇に為替は動かないのが常識ですが
今回だけは、会見の内容によっては大きく為替が荒れる可能性が考えられます(´・ω・`)

ことと内容によっては新たなる数値や目標が示されて市場があらためて動揺し、
年末〜年始に130円割れまで動く可能性も捨てきれなくなると思いますφ(.. )

2022年12月04日
12/2株式市況 〜12月は米CPIとFOMCに注目!〜

2022年12月01日
12/1為替市況 靴磨きの少年登場からわずか1ヶ月ちょいで15円の円高


ss2286234570 at 23:38|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年12月04日

12/2株式市況 〜12月は米CPIとFOMCに注目!〜

米国株、ダウ反落し194ドル安 前日の大幅高受け利益確定売り ナスダックは続伸
2022年12月2日 6:20 日本経済新聞
1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに反落し、前日比194ドル76セント(0.6%)安の3万4395ドル01セントで終えた。前日に737ドル高と大幅に上昇し、2日に発表される11月の米雇用統計を控えて利益確定や持ち高調整の売りが優勢になった。前日夕の決算発表を受けて顧客情報管理のセールスフォースが大幅安となったことも、ダウ平均の重荷だった。
前日の講演で米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が12月にも利上げ幅を縮小すると示唆し、株買いが勢いづいた。だが、1日の市場では「まだ利上げ自体は続く見通しで景気や企業業績の悪化懸念がくすぶるなか、前日の株高は行き過ぎ」(ジョーンズ・トレーディングのマイケル・オルーク氏)との声が聞かれた。

株高「容認」したパウエル議長
2022年12月1日 8:03 日本経済新聞
30日の米株式市場で主要株価指数はそろって大幅高になった。市場参加者が最も注目していた米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の講演前後で、相場の流れは一変した。
パウエル氏の講演前は投資家の様子見姿勢が強く、ダウ工業株30種平均は前日比で200ドル以上下げる場面もあった。だが午後1時半に講演が始まると株価は上昇に転じ、質疑応答を経て、イベント終了後も買いの勢いが続いた。ダウ平均は737ドル(2.2%)高と高値引けになった。マイクロソフトやアップルの上昇が目立ち、ハイテク株中心のナスダック総合株価指数の上昇率は4%を超えた。
「利上げペースを緩やかにする時期は早ければ12月になるかもしれない」。パウエル議長は講演で、4回連続で0.75%としてきた利上げ幅を12月13〜14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では0.5%に縮める意向を強く示唆した。「最終的な政策金利の水準は9月時点の予測(2023年の中央値で4.6%)より幾分高くする必要がありそうだ」と利上げの継続姿勢も重ねて強調したが、おおむね想定内の発言にとどまった。
キャプチャ




NASDAQ
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EIXIC/chart

ダウ
https://us.kabutan.jp/indexes/%5EDJI/chart

経済カレンダー
https://www.gaikaex.com/gaikaex/mark/calendar/

12月上旬は大きな経済指標がないので先物も為替もボラが一旦落ち着きそうです。
ただし、12月3週目に大きな経済指標があるのでここが12月後半の動きを決定しそうです
12/13(火)に米消費者物価指数(CPI)が予定されているのでここがまず大きいφ(.. )

11月の米CPIは数値が落ち着いたので、その後一気に株価が上がって円高が起きました。
アメリカの今後の利上げ幅が縮小される可能性が高いと判断されてNASDAQが急騰
一方で、今後アメリカの利上げが減退してくとの予想で日米の金利差の拡大スピードが
大きく減退し、ゆくゆく2023年後半あたりからアメリカが利下げに転じるのではないか
という予測が強まったことでドル売り&円買いが一気に進みましたΣ(・ω・ノ)ノ

さらに12/14(水)にはFOMCが開催されて12月の利上げ幅が発表される予定ですφ(.. )
実際には日本時間の12/15(木)4時らしいですがこちらはおそらく利上げ幅0.5%でしょう
12月は米CPIとFOMCの開催時が非常に近いので異なった判断となる可能性は低いですが
12月の後半と2023年1月以降の株価を決定的に左右する可能性が高い重要イベントです
1205





12月のFOMCでは米CPIを確認した上で、2023年以降の利上げ幅について検討がなされ
何らかの数値や数値幅や先行きの見通しが発表される可能性が高いです(´・ω・`)
「2023年は0.25%の利上げを数回やるだろう」みたいな数値が発表されるようならば
2022年12月下旬〜2023年年初にさらにドル売り&円買いが加速する可能性が高いです

ちなみにウクライナとロシアでは戦線が膠着して2023年春までは軍に動きはないと
アメリカ情報部のトップが記者会見で発表していたのをついさっき📺で見ました。
冬の寒さが厳しく軍が活発的に動けないので、前線の整理と軍の再編成に費やされ
大きな軍の衝突が起きる可能性は非常に低下するだろうという内容でした。

軍の衝突がおさまれば資源価格や食料価格を高騰させる要因が一時的におさまるので
2022年12月〜2023年3月は資源や食料のインフレがすすむ可能性も下がるでそう
2023年春まではしばらくアメリカの利上げ幅も落ちつく可能性が高いと予想してます。

米ドル円
https://fx.minkabu.jp/pair/USDJPY
今週は為替はほとんど動かなくなると思いますが、来週からは荒れそうな気配ですΣ(・ω・ノ)ノ
米CPIの結果と2023年以降の利上げの見通し次第では、ドル売り&円買いが加速して
場合によっては2022年12月末までに130円台を割り込む可能性もあるでそう
キャプチャ










個人的な予想では2022年11月にNASDAQの底打ち気配を感じるようになったので
NASDAQ連動型の投信をずっと買い増ししてる最中です(´・ω・`)
アメリカ株の個別銘柄を狙うのは手間もかかるし予想通りになるかもわかりません
シンプルにNASDAQ系投信を下がった日に買い増しし続けているというだけですφ(.. )
12/12(月)以降は動きそうなので、今週末までに買い付けは終了させます

年末から2023年以降はグロース株が中心に上がっていくんじゃないかと見込んでますが
日本のグロース株はできれば2023年9月くらいまでに利確定出来たらなと考えてます。
アメリカは2024年から利上げから利下げに転じそうなので上げ幅残しそうなので
NASDAQ連動型投信は2〜3年くらい保有してアホールドするつもりです

ソフトバンク(9984) 6,055円 +8円 (+0.13%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9984
https://finance.yahoo.co.jp/quote/9984.T/chart
これからアメリカの利上げ幅が縮小されていけばNASDAQは回復傾向でしょう。
グロース株とかハイテク株を国内株でも握っておいてそのままアホールドするだけ
何となく2023年1〜3月に株価の回復期がきそうな予感があるので特になにもせず。

日本電産(6594) 8,606円 −157円 (−1.79%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6594
https://finance.yahoo.co.jp/quote/6594.T/chart
年足チャートでトレンドが回復しそうな感じがあるんでなにもせずにアホールド
平均買値が8,800円台なので今のところは含み損です(´;ω;`)

ss2286234570 at 06:54|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加