yogurting ヨーグルティング

バイオ銘柄

2021年12月30日

割高赤字系バイオのリボミック(4591) 年末半額セール始まる

リボミックがS安ウリ気配
滲出型加齢黄斑変性に対するRBM−007フェーズ2試験の暫定報告を嫌気
2021年12月29日10時35分 Kabutan
リボミック<4591>がストップ安の511円水準でウリ気配となっている。28日の取引終了後、米国で進めているRBM−007の滲出型加齢黄斑変性に対する第2相臨床試験についてトップラインデータの暫定報告を実施。主要評価項目の解析の結果、RBM−007単独治療群とアイリーアとの併用治療群において、アイリーア単独治療群を上回る視力の改善効果が認められなかったとしたことが嫌気されている。なお、同件による22年3月期業績への影響はないとしている。

リボミック---ストップ安売り気配
RBM-007の第2相臨床試験で治療歴ある患者の視力改善効果認められず
2021年12月29日1:22 午後  ロイター
ストップ安売り気配。滲出型加齢黄斑変性の治療薬候補RBM-007の第2相臨床試験のトップラインデータで、治療歴のある患者を対象とする既存薬アイリーアとの併用治療群でアイリーア単独治療群を上回る視力の改善効果が認められなかったと発表している。一方、並行実施している未治療患者に対するRBM-007単独治療試験では、途中経過ながら視力と網膜組織構造の改善効果が認められたという。
リボミックも2日連続でストップ安だったので値幅制限が拡大されました
12/30の引け値が411円だったので、ストップ高は491円、ストップ安は91円
https://www.jpx.co.jp/news/1030/20211230-01.html
次回は400円下げてもちゃんと約定させてくれるとか東証は優しいですね
大納会の12/30に値幅制限拡大されて大発会から適用スタートとかもうアホかと。

ちなみに夜間PTSだと300〜320円あたりでようやく寄って値が付いてますね。
急騰売る前の株価が370円だったんで、300円近くまで下げたら寄るでしょう。
ただし800円とかで買ってる人は大発会で損切り確定するだけですけど
新年早々、あまりありがたくない取引になることは避けがたいでしょう・・・。
キャプチャ













個人的な見解をいうとマザーズ市場にはもう手を出すべきではないと思います。
なぜならマザーズには資金流入量が増えてないのに銘柄だけが増えてるからです
かつてはせいぜい100〜200銘柄しかなかったのにすでに400銘柄超えてますよね

そりゃ資金流入量が2倍に増えてるなら新規IPO増やしても問題はないでしょうけど
資金が増えてないのにこのまま銘柄数を増やせばデフレ状態になるだけ

東証も救いようのないバカなのでそのへんを全く考慮していません(´・ω・`)
2020年12月末のマザーズ銘柄数が346銘柄しかなかったのに
2021年12月末には424銘柄とたった1年で78銘柄も増えてますからね
2020年のIPOが新型コロナの影響で延期になって2021年にずれ込んだのだとしても
2021年のマザーズのIPO数はかなりの異常値といえるでしょう
https://www.jpx.co.jp/listing/co/index.html

ちなみに、2022年1月は新規IPOが1本もないようなので
11〜12月のIPO銘柄が見直しされて上がる可能性はけっこう高いと思いますし、
もちろん瞬発的に個人の資金が入ってきて人気銘柄が値を飛ばすことはあるでしょう。
しかし、マザーズの資金流入が増えずに銘柄だけ増やせば同じことの繰り返し
もはやマザーズ銘柄で短期的に儲けるという発想そのものがリスキーですよね。

ちなみになつさんは3〜4年ほど前からマザーズ銘柄に手を出すのを(ほぼ)止めました。
なぜなら東1で稼いでマザーズで吐き出して損する傾向が強かったからです
もちろん2020年以降の2年間でもメルカリ、ブシロード、トヨクモとか買ってるし
電解とかブシロードも毎日監視してる銘柄には入ってますけど
売買する銘柄を抑えて、売買頻度も購入額もかなり抑えて取引をしなくなりました
たったそれだけのことで投資結果が著しく向上して、利益額が伸びてるのも事実です。
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5759
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7803

リボミック(4591) 411円 −100円 (−19.57%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4591
https://finance.yahoo.co.jp/quote/4591.T/chart
時価総額:115億円

株価が900円の頃は時価総額230億円くらいあった計算ですけど、正直どうなのかと
まず決算が酷いとかそんなレベルじゃない。来季の売り上げ予測が8,000万円しかない。
売上高8,000万円で、赤字24億円のバイオ銘柄なんてなんで買うのかなというレベルでそ。
決算見ただけで反吐が出るようなクソバイオですよね(゚д゚)、ペッ
https://kabutan.jp/stock/finance?code=4591

2021年4〜6月の売上高が200万円、2021年7〜9月の売上高が300万円です(´・ω・`)
セブンイレブンの1店舗当たりの売上が1日あたり80万円とか言われてるのに
セブン1店舗の2日分とか4日分しか売り上げのないバイオ株の価値が200億円とかね。
冷静に考えたらまずこのてのバイオ銘柄に手を出すはん普段そのものが誤りですおね

株券印刷して株主から資金徴収しなかったら絶対潰れるレベルの銘柄ですよね、これ
今回の下げた理由は治験の失敗だったけど、それだけがリスクじゃないでしょ(´・ω・`)
株主を嵌めこむために定期的に買い煽りIRだして株価を釣り上げておいて
悪質なワラント大量発行したり、大規模株券印刷しないと倒産するレベルの会社です

この銘柄を高値で買ってもっとけば極めて高い確率で悪材料が出やすいわけで
こんな銘柄を買うという判断そのものが根本的に間違ってると思いますφ(.. )
リボミックの株買うのは投資じゃなくて、パチンコにお金投じるのと同じですよ

もう一度自分の投資判断を一から考え直すことをおすすめします
運が悪かったのではなく、土砂降り予報の日に傘を持ってなかっただけの話でしょ。


ss2286234570 at 17:25|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月20日

ミドリムシ銘柄に増資が炸裂!株主さん大喜び!

ユーグレナ<2931>(東マ)は本日18日、公募増資及び売出を発表した。一般公募による新株発行が500万株、オーバーアロットメントに係る第3者割当による増資が90万株の最大合計590万株(現在の発行済み株式総数に対する割合8.58%)となる。及び代表取締役社長出雲充氏の売出100万株を行う。公募増資によって調達した資金(手取り概算額上限見込み74億67百万円)は、先日発表した中期経営目標で「ユーグレナ食品国内市場を300億円規模に拡大」と「バイオジェット燃料生産の技術確立」を2018年までに達成する事を掲げており、公募増資による調達資金は藻類由来油脂開発・生産設備に関する設備投資資金、国内ヘルスケア事業の基盤拡大のため資金、藻類由来油脂開発・生産に関する研究開発資金などとして活用する予定。

ユーグレナ(2381)
平成25年9月期 決算短信 [日本基準]
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1106888
売上げ高 20億9100万円
営業利益   1億7600万円
経常利益   2億6400万円
当期利益   4億8200万円
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=2931.T
時価総額 977億円


ユーグレナ(2381)が浮かれた欲豚の株主さんに鉄槌を下してくれましたにょ(σ´∀`)σ
上場してからまだ11ヶ月しか経ってないのに、早くもお替り増資の催促です。
営業利益たったの1.7憶で時価総額が977億とか狂ったように割高の株ですおね
経常利益や当期利益はもう少し多いですが「負ののれん発生益」や「法人税の調整額」
なので、明確な利益といえるのは営業利益の1.7億円だけですおね(`・ω・´)

今回の増資の理由は以下のような内容です。
.罅璽哀譽平品国内市場を300億円規模に拡大するため
▲丱ぅジェット燃料生産の技術確立するため


11ヶ月前に上場して資金調達してるくせにさらに株主財布で資金調達ですか・・・
資本毀損の補填などではなく、新規投資への資金調達である点は少しマシですが、
あまりにも短期過ぎるし、お替り頻度の高さには警戒すべきでしょう
時価総額が大きいので、75億円の増資してもそれほど希薄化懸念はありませんが、
こんな短期間に株券印刷を繰り返して「株主財布路線」を露わにしたのは懸念すべきです。
簡単に言えば「これからもお金が必要になったら容赦なく増資します」っていってるようなもん。
さすがにこんな銘柄触りたくないなってのが本音です(゚д゚)、ペッ

ユーグレナの資料を読んで気になるのは「身の丈に合わない無茶な目標」ですおね
もちろん、自分で稼いだ資金を再投資するなら好きにすればいい話です
しかし、まともに利益も稼いでないのに株主の財布からお金を奪っておいて、
好き勝手に大型投資というのはあまりにも株主を馬鹿にした話でしょう(゚д゚)、ペッ
ヤンキーが「俺、夢を叶えたいんだ」って言って弱いやつからカツアゲしてるようにしか見えません。
もし投資が失敗して穴あけたら、それもまた株主の財布で補填されるんじゃないでそか?
株主側の立場で考えたら、何ひとつメリットのない投資だなと感じます

業績とか将来への投資とかそんな話はすべておいといて、
株主を容赦なく財布にしまくるという「経営姿勢」にものすごく嫌な印象を持つ銘柄です。
あまりにろくでもないので今後も絶対に触ることはないでしょう(゚Д゚)ゴルァ!!

バイオ企業のほるだーさんには「株主は財布」という言葉を贈りたいです(*´∀`*)ムフー

23979173
  株主をいつ財布にするか?

  今でしょ!



ss2286234570 at 01:24|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

バイオさんのえげつない増資が炸裂!株主さん大喜び!

東証ジャスダック上場のシンバイオ製薬(4582)は19日、公募増資などで最大29億220万7676円を調達すると発表した。調達した資金は抗がん剤の開発費などに充てる。公募で新株を672万200株を発行する。需要動向に応じてオーバーアロットメントで最大100万8000株の普通株を追加で売り出す。公募価格は11月27日〜12月2日に決める。発行済み株式数は10月31日時点に比べ、最大で33.5%増える見込み。

シンバイオ製薬(4582)
平成25年12月期  第3四半期決算短信〔日本基準〕
売上げ高 13億2300万円
営業損失 11億9200万円
経常損失 11億8700万円
当期損失 11億9000万円
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/profile/?code=4582.T
時価総額 107億8800万円
従業員75名 平均年収1,086万円


シンバイオ製薬(4582)が浮かれた欲豚の株主さんに鉄槌を下してくれましたにょ(σ´∀`)σ
さすがです。バイオ企業の王道を決して外さない王者の振る舞いといえるでしょう。
時価総額が107億円しかないのに、29億円という大幅希薄化懸念の大増資です
ただ「株主だった」というだけで、容赦なく財布にしてしまう様はまさに本物のバイオ王者です
株式の希薄化で株主さんのもってる株券の価値も強制ロスカットですがこれは仕方がない。
次回の増資に備えて、さらに買い増して、もっと有能な財布になることを頑張ってほしいものです

第3四半期における売上高が13.2億なので、通期では17億円くらいでしょうか?
全体の売上高を従業員75名で割ると、従業員1人あたりの売上高は2,352万円です
従業員の平均年収が1,086万円で、従業員1人あたりの売上高が2,352万円なんて
まさに素晴らしいという言葉しか見つかりません(*´∀`*)ムフー

人件費だけで売上高に対するすさまじいコスト比率のようですが、気にしなくていいでそう。
このコスト比率だと人件費以外の研究開発費や設備投資費に
まともにお金を投資してないんじゃないかと疑問を抱いたりもしますが、気にしなくて大丈夫
どうせお金がなくなれば株券をすればいいだけなので心配には及びません(・∀・)

日販80万円のセブンイレブンの年間売上高が約2億9200万円です。
もしバイトを含めて10名でまわしてるなら、1人あたりの売上高は2,920万円です。
ざっくり言えば、シンバイオの従業員1人あたりの売上高はセブン1店舗より少し低いくらいです。
セブンイレブン1店舗の価値もない株の時価が107億円なんてまさに究極のバブルです
しかも1円の利益も稼いでないのに高給を配るなんて、なんて優しい会社なんでしょうか(´∀`*)
まさにアベノミクスの申し子といえる究極のバイオ銘柄といえるでしょう

そんな素晴らしい業績なのに、年収がたった1,082万円なんて安すぎですにょ(σ´∀`)σ
むしろここは株主から奪ったお金をばら撒いて、臨時ボーナスを配ってはどうでしょうか?
株主さんにもきっと大喜びしてもらえるでしょう

上場してたった2年で上場時の調達資金を使い果たしつつ、恒例の「お替り」増資です。
赤字があまりに酷いので資本が毀損しまくってるように見えますが、ここは無視すべきでそ。
まるで毀損した資本の穴埋めのためだけの増資にしか感じないのですが、
ここは「抗がん剤の開発費のための資金調達」という非常に嘘くさい説明を信じるべきでしょう
バイオへの投資は「夢を買う」投資ですにょ(σ´∀`)σ
赤字の穴埋めのために増資しただけなんじゃないか?という現実論は無視するのがセオリーです。

資本なんて株主さんがいくらでも払い込んでくれるので気にする必要はありません(*´∀`*)ムフー
お金がなくなったらまた50億でも100億でも好きなだけ株券を印刷すればいいだけです。
まさにシンバイオ製薬はホワイト企業の頂点に立てる銘柄と言えるかもしれません
そんなホワイト企業の株をもってる株主さんもさぞ鼻が高いでしょう

業績面でもたった2年間の間に凄まじい勢いで改善しつつあるように見えるので期待大ですおね
もし今のような好業績が続けば、
いずれ増資した資本もあっという間に底を尽いて、2年後に増資を避けられないかもしれません。
株主さんたちはまた夢を買うチャンスがめぐってくるわけですから、大喜びですにょ(σ´∀`)σ


バイオ企業のほるだーさんには「株主は財布」という言葉を贈りたいです(*´∀`*)ムフー

ss2286234570 at 00:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年08月28日

クズのバイオ銘柄がまたエグイ増資を実施

OTS 、公募増資の発行価格を1株14万9856円に決定
2013年8月27日 ロイター
オンコセラピー・サイエンス は27日、公募増資の発行価格を1株14万9856円に決定したと発表した。27日終値を4%下回る水準。新株発行などで調達する約107億7200万円は研究開発資金に充当する。申込期間は8月28―29日。払込期日は9月3日。

バイオ株の中でも面汚しと罵られるオマンコセラピー(4564)が公募増資を実施しました
あれだけ株価が上がったバイオ銘柄ですがほとんどろくな決算は出ていません。
むしろその後出てきたのは時価総額を利用した悲惨な増資の嵐
またも個人投資家は騙されてバイオ銘柄のお財布にされたようですにょ(σ´∀`)σ

オマンコセラピー(4564)時価総額は8/27引け段階でたった340億円です。
この時価総額で107億円の公募増資とかかなりエグイ内容です。
株券希薄化のレベルもかなり高いようです。
おまけに決算もボロボロだったのでまさに踏んだり蹴ったりです。

オマンコセラピー(4564) 平成26年3月期第1四半期決算短信(4/1〜6/30)
http://www.oncotherapy.co.jp/news/20130802_03.pdf
売上げ高     2億1100万円
営業利益−10億6400万円
経常利益−10億6000万円
期間損益−10億5100万円


過去の決算を見てみると、大体いつも第1四半期〜第3四半期までが糞決算で
第4四半期になって急に黒字転換してるのでちょっと特殊なバイオ会計のようです。
研究開発費が先行して発生して、売上げと利益が期末に一気に発生するタイプ
第1四半期(2013/4〜2013/6)も悪いなりに想定の範囲内なんでしょうか?
決算そのものはそれほど心配しなくてよいのかもしれません(希望的観測)

おそらくもともと財務も良くないはずなので資金調達できりゃ少しはマシですが
やはり大手製薬会社の引き受けでもなんでもないただの公募増資ってのは痛いですおね
オンコセラピーの将来に期待して第三者割当増資を引き受けてくれそうな 
大手製薬会社とかそういう支援的な立場の企業がいなかった証拠みたいなもんです。
銀行からもあんまりお金借りれそうもないし、リスクは株主に押し付けて
財布にしてしまえという汚い下心がプンプンにおってくるような増資です

オンコセラピー(4564) 156,100円 −9,100 (−5.51%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=4564
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4564.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
底なしに下がる株価。降りそそぐ希薄化された株券 
上場してもう10年近くたつのにあいも変わらず不安定な業績と株券印刷活版術。
まさにクズ株の称号にふさわしい銘柄なのではないでしょうかφ(.. )
バイオを短期で抜くとか、バイオバブルに瞬間的に乗るとかまでは否定しませんが、
iPS細胞材料だとか、政策銘柄だとかありがたがってあほーるどしてる奴はアホでしょう。
残念ながらバイオ株は株主のことを便利な財布くらいにしか思ってないのが実情です


0509 あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

 『おれはiPS相場本命のバイオ株に投資していた
 
思ったらいつのまにか自分が財布にされていた・・』

 な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
 
おれも何をされたのかわからなかった…

 頭がどうにかなりそうだった…

株券印刷だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


ss2286234570 at 01:26|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月02日

iPS銘柄の超優良企業のリプロセル(4978)がIPO!

リプロセル(4978) 15,850円 −2,450 (−13.39%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=4978
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4978.Q&ct=z&t=3m&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v
久しぶりに大型新人が上場したようですにょ(σ´∀`)σ
時価総額はなんと1300億円瞬間的な時価総額が1500億円あったみたいですにょ(σ´∀`)σ
しかもPER20,000倍というすさまじい高さ!すばらしいです。
PERが何なのかよくわからないけど人気があるってことなのでたぶんすごいんでそう(*´∀`*)ムフー
PBR482倍ですが、瞬間的には500倍くらいあったようです
今、女子高生にも話題のiPS銘柄なのでPBR500倍は割安すぎです
きっと2億年後の成長性まですべて株価に織り込んでるってことなんでしょう(´∀`*)
しかも大株主はベンチャーキャピタルだらけであのSBIも出資しています
あの北尾さんのファンドも出資して売り逃げをもくろんでるんだからこれはすばらしいことです。

そして業績も絶好調のようです(*´∀`*)ムフー
今期の売上高は4億7711億円、営業損失は8,811万円、当期純損失は6,062万円
たった10人の従業員でこんなすばらしい業績をだせるなんて感動してしまいます
将来の業績予測も底堅くてすばらしい数字です。
毎年たった1億円しか研究開発費を投じる予定はないみたいですが
わずか3年後にはいきなり連結売上高が15億円、連結営業利益が3億円に膨れ上がるようです。
まさにマニア垂涎のお宝バイオ銘柄といえるのではないでそうか
こんなしょぼい研究開発費を投じただけでiPSの研究で大成功しちゃうなんて凄いことです

なつ総研ではこのリプロセルの10年後の時価総額を40〜80億円と見込んでいます。
場合によっては上場廃止、倒産の可能性もしっかりあることを想定したとしても
この時価総額は驚異的な高評価といえるかもしれません(*´∀`*)ムフー
株券印刷はいずれ間違いないくやると思うので株価の計算は少し難しいですが、
現在の株数で計算すれば1株あたりの予想株価は963〜481円です。
なんと−97%に株価が上がることを予測する筋もあるようですφ(.. )

中長期的には救いようのない糞株にしか感じられませんが、
主要なベンチャーキャピタルが売り抜けるまではなんとか株価対策を必至にやるでそう。
わけのわからないバイオ特許申請をしたとかそんなネタを散々ばら撒いてみたり。
現在は100株の最低購入代金が158万5000円なのでこれをさらに小さくして、
個人投資家さんにもっと買ってもらうために株式分割をやるかもしれないですおね
そして個人が殺到して購入したところでVCは売りまくって逃げる準備をするという算段です。

かつてSBI系のベンチャーキャピタルが出資していたIPOといえばKlab(3656)です
北尾系ファンドが高値で散々売りまくって逃げて大儲けした銘柄として有名です。
あれもファンドの投資資金回収のためだけを目的としたIPOとして有名ですにょ(σ´∀`)σ
その後、Klabは研究開発費や人件費が嵩んで一時は手元キャッシュが激減して、
1年以内に潰れちゃうんじゃないのかとか噂も出ていましたが
奇跡的に「ラブライブ」が大当たりして株価はここのところ暴騰しています

Klab(3656) 1428円 +300 (+26.60%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=3656
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3656.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
一時はやばいんじゃないかと噂されながらもラブライブ一発で復活した銘柄です
逆にいえば、これがなければ会社が残ってたかどうかも少し怪しいレベル(つд⊂)ゴシゴシ
北尾系のファンドには骨の髄までしゃぶられて捨てられた銘柄ともいえるでしょう
d5eddd44-s

ss2286234570 at 01:23|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加