yogurting ヨーグルティング

ノキア

2013年09月09日

マイクロソフトが巨人といわれたノキアを7000億円で買収

ノキアといえば、業界では言わずとしれた「巨人」である。日本でもかつて端末を発売していたし、現在でも新興国では相変わらずプレゼンスがある。しかし、スマートフォン時代が到来してから、端的にいって低迷の一途を辿っていた。両社は2011年に業務提携を結んだ(参考記事)。スマートフォンの端末開発に乗り遅れたノキアと、OSプラットフォーム競争で後塵を拝していたマイクロソフトが、タッグを組んだ格好だ。しかし、提携発表の当初から、両社は合併(というよりマイクロソフトがノキアを買収)するのではないか、と目されていた。
なにしろノキアは苦戦続きだし、マイクロソフトもモバイル分野では鳴かず飛ばず。両社が送り出したスマートフォン「LUMIA」シリーズは、それ自体は手にとって触るとなかなか魅力的な端末なのだが、ここまでは期待ほどの成果は得られていない。またノキアが徐々に資産整理やリストラを進めるなか、「そろそろ潮時か」とも目されていた。
0909







米マイクロソフト はフィンランドのノキア の携帯電話機事業を54億4000万ユーロ(約7130億円)で買収することに合意した。マイクロソフトはコンピューター販売の減少でソフトウエア需要が減退していることに対応し、ハードウエア分野への一層の事業拡大を進める。ノキアの株価は3日のヘルシンキ市場で一時48%高と急騰した。赤字の携帯電話機事業の売却により、採算性の高いネットワーク機器事業に集中できると受け止められた。ただ、両社の事業を合計してもスマホ市場でのシェアは4%足らずと、アップルやグーグルには遠く及ばない。
シドニーの通信コンサルタント、ポール・バディ氏は「問題は弱い企業2社が統合して競争力の高い新たな企業になるかどうかだが、それは疑わしい」と述べ、「ノキアとマイクロソフトは共にスマホ分野で好機を逃した。挽回するのは極めて困難だ」と指摘した。 
0910







最近はオリンピックやシリア紛争ネタで忘れ去られがちでしたが、
巨人といわれたノキアがついに自主的な事業再建を断念
マイクロソフト社に携帯電話事業を7000億円で売却してその庇護下での再建をめざすそうです
慢性的な資金難で苦しんでいたノキアにとってはまさに干天の慈雨といえるでしょうけれど、
これから携帯電話事業を立て直してアップルやGoogleとガチンコで戦わなければならなくなった
マイクロソフトの立場からいえば、どちらかといえば思いっきり悪材料の類でしょう(((( ;゚д゚)))

最近ではアップルやGoogleやサムスンだけでなく中国系のスマホ事業者が大きく伸びてます
機能的には劣る部分や性能面での遅れがあることは事実なのですが、
優秀なエンジニアやデザイナーをかき集めては格安のスマートフォンを開発しているようです。
知名度信頼性が劣ることから先進国ではまだまだ伸びが足りてないようですが、
後進国や新興国ではかなりのハイペースで売上げを伸ばしてシェアを奪っているようです
短期的にこれらの会社がマイクロソフトのライバルとして立ちはだかることはないにしても、
いずれこの手の会社が伸びてシェアを増やせば必然的に衝突するのは間違いないでしょう。

最近だと台湾系のスマホメーカーのHTCがおもいっきり中国系メーカーに喰われてますおね
(乃木坂46をつかったCMで見たことがあると思いますφ(.. ))
あれを見てると、マイクロソフトもいずれ大きな影響を喰らうんじゃないかと考えてます。
今はまだ技術的に勝っていたとしても、いずれ技術面デザイン面でも追いつかれるでしょう
そう考えると、マイクロソフト・ノキア連合の未来は非常に暗いでそう(´;ω;`)
今のノキアには、先行しているアップルやサムスンのように強いブランド力がないだけに、
価格競争に巻き込まれやすく、またコスト競争力はそれほど強くないという弱点があります。

後発メーカーである中国系のスマホ事業者からすれば
アップルやGoogleやサムスンや強力なライバルとしてなかなか抜けないかもしれませんが、
不調のノキア・マイクロソフト連合軍ならかっこうのターゲットでしかありません。
むしろ徹底的に切り崩されてシェアを奪う対象として狙われるだけなんじゃないでしょうか
たしかにマイクロソフトには豊富な資金力がありますが最近はかなり不調です
ウィンドウズ8も使い勝手の悪さで叩かれてるし、頼みの綱のタブレット「Surface」も不人気です
やたら派手にCMを日本でも打っていましたが、消費者の心にはまったく届かなかったようで、
アップルやサムスン、アマゾンのタブレットには完敗の傾向を見せています。
今のような状況ではかなり奇跡的な対抗策でもない限り、逆転は困難だと思います(´・ω・`)

マイクロソフトが過去賞賛に値する歴史的な企業であったのは事実です。
しかし逆にいえばそれは過去の栄光であって、将来を保証する価値ではないと思います。
明らかに企業としての勢いを失ってるし、スピード感もエネルギーもどんどん失っています
いずれどこかで世代交代が進んでそう遠くない将来に消えてしまう企業ではないでそうかφ(.. )

米Microsoftが9月2日(現地時間)、フィンランドNokiaの携帯端末事業を買収すると発表した。買収総額は54億4000万ユーロ(約72億ドル)に上る。両社は2年半前に提携して以来、Microsoftの携帯端末用OS「Windows Phone」を搭載したスマートフォンの開発・販売で協業してきたが、一層のテコ入れを図るためにMicrosoftがNokiaの関連事業を買収する格好となった。これによって、Microsoftはスマートフォン分野においてOSだけでなくデバイスそのものに本格参入する。同社にとっては、ゲーム機「Xbox」、タブレット端末「Surface」に続くデバイスへの本格的な取り組みとなる。今回の買収劇をめぐっては、スマートフォン分野に出遅れたMicrosoftが同分野で優位に立つGoogleやAppleを追撃するのが最大の狙いと見る向きが多い。さらにGoogleやAppleはタブレット端末市場でも優位に立っており、これまでPC市場で圧倒的な存在感を保持してきたMicrosoftとはいえ、これらデバイスのパラダイムシフトが起きつつある中で早急の対応が迫られている、との見方が少なくない。
0910


ss2286234570 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月04日

巨人ノキア、ついに携帯販売台数シェアで首位から陥落

ノキア、スマホ販売不振で業績悪化続く
2012/4/20 14:00 日本経済新聞
携帯電話機大手ノキアの第1四半期の売上高は前年同期比29%減の74億ユーロとなった。前の四半期(2011年第4四半期)と比べても26%減の落ち込みようだ。営業損益は14億ユーロの赤字(前年同期は4億3900万ユーロの黒字)。携帯電話事業の全部門で競争が激化したことと、米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズフォン」搭載機種が出だしでつまずいたことが響いた。
業績の悪化はデバイス事業の売上高が40%減少したためだ。ウィンドウズフォン販売が振るわなかったことに加え、低価格の従来型端末(フィーチャーフォン)の売り上げが予想を上回るペースで悪化したことで同事業の不振が深刻化した。

サムスンが携帯電話&スマートフォン出荷台数で1位…アップル、ノキアを抜く
2012年5月2日(水)15時57分 RBB TODAY
2012年の第1四半期(1〜3月)の世界のスマートフォン市場調査の結果を発表した。韓国のサムスンがスマートフォン出荷台数でアップルを抜き、携帯電話全体でもノキアを抜いて1位となった。
携帯電話全体では、世界の出荷台数は3億9840万台で、昨年同期の1.5%減となった。メーカー別シェアではサムスンが9380万台を出荷してシェア23.5%を獲得、1位となった。2位は8270万台を出荷したノキアでシェアは20.8%。携帯電話の出荷台数では2004年以来、常にノキアが首位を守ってきたが、ついにその座を明け渡すことになった。一方、携帯電話のトップの座から滑り落ちたノキアは独自開発のプラットホームSymbian OSからWindows Phoneへの切り替えに手間取っており、市場縮小に伴うフューチャーフォンの落ち込みと、開発終了によるSymbian OSの落ち込みのダブルパンチをWindows Phoneの販売でカバーすることができなかった。同社は現在、工場閉鎖など大幅なリストラを進めている。スマートフォン3位のRIMは独自のBlackBerryプラットフォームを採用し、かつては米市場でiPhoneと人気を二分する存在だったが、Androidの人気などに押され、シェアを落とし続けている。今年後半に発売されるBlackBerry 10搭載端末に復活をかける。
194674

※「Others」ってのは「その他」という意味です。
  特定のメーカー名ではありません。





新興市場でも威光失うノキア、新機種対応で出遅れ
2012年5月2日 10:37 ロイター
ノキアは14年にわたり世界最大の携帯電話会社だったが、今年の第1・四半期に販売台数でサムスンに追い抜かれ、利益の上がるスマートフォン(多機能携帯電話)部門では昨年既に、米アップルとサムスンに先を越されている。
キアから輝きを奪ったのはアップルの「iPhone(アイフォーン)」だが、ノキアは従来型携帯電話機の市場でも輝きを失いつつある。この分野は同社にとって頼みの収益源であるとともに、新興国市場で何年にもわたって力強い成長をもたらしてくれた期待の星だった。今年1─3月にノキアの従来型携帯電話機の売上高は前年同期比で16%減少し、過去5四半期のうち4四半期で減少している。その一方で、競合する中国の携帯電話・通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)や華為技術(ファーウェイ)が急速に売上高を伸ばしている。

ノキア格下げ、「投機的水準」の一歩手前に
ムーディーズは、ノキアの長期債務格付けを「Baa2(トリプルBに相当)」から「Baa3(トリプルBマイナスに相当)」に1段階引き下げ、見通しを「ネガティブ(弱含み)」とした。第1四半期(1〜3月期)の携帯電話事業の売り上げと収益に「深刻な落ち込み」が見られたためとしている。四半期ごとの収益の変動は珍しいことではないが、ムーディーズは「ノキアの携帯電話部門が直面する構造的難局を乗り切るのは難しい」と判断した。

ついにノキアが追い詰められているようです(´・ω・`)
独自開発OSの「Symbian OS」の開発がうまくいかなかったことで継続開発を断念
マイクロソフトのWindows Phoneに切り替えたもののそちらの売上げも低迷しています。
一番きついのは、圧倒的シェアを持っていた既存の携帯電話(フィーチャーフォン)までも
売上げが激減してほとんどなにも売るものがなくなってしまったことです。
新興国では新興国の市場に特化した新手の携帯開発会社に市場を食い荒らされ(´Д⊂)
スマートフォン市場ではアンドロイドとiPhoneに完敗という有り様

上に貼ってあるシェアの推移のデータを見るとわかりますが、
1年前23.8%あったスマートフォンのマーケットシェアが8.2%にまで急減しています
しかも足元の筋も回復してないようなのでこの先もさらに悪化する懸念があります。
時間の問題でスマートフォンの市場シェアは5%を切る可能性が高いでしょう(´;ω;`)
北米で大ヒットしたBlackBerryを開発したカナダ企業RIMのシェアも1年で半減してます。
確かに数年前はBlackBerryはアメリカでもビジネスマン人気で話題になってましたが
アップルのiPhoneの人気に火がつくと、話題からも消えてしまいましたもんね。。。

実は携帯電話はスマートフォンでは市場シェア(販売台数)は非常に意味が大きい
スマートフォンは購買力の高くない女性・若年層でも販売を争わなければなりません。
製造コストが下がれば店頭販売単価を下げれるのでさらに売れるようになりますが、
販売台数・シェアが落ちると製造ロット数が落ちるので製造コストは上昇しがちです
ただでさえ人気がなくて売れないのに店頭販売価格が上がればさらに売れ行きが落ちます
かと言って、コスト無視して販売価格を下げれば利益率が低下するだけです

今回のノキアにとって一番厳しいのは格下げでしょうφ(.. )
売上げが落ちるだけならなんとか対策をとって回復させる手段があるかもしれませんが、
研究開発費や製造で莫大な費用の掛かるこの手の商売では資金調達が命綱です
開発費や新作の研究費に事欠くようになれば売れるものを作ることすらできなくなります。
また世界規模でビジネスを行っているので運営コストや人件費だけでも莫大です
銀行からの融資も厳しいでしょうし、格下げで市場からの資金調達が厳しくなれば、
ノキアはもうそう長くは持たないのではないかと思いますにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 19:07|PermalinkComments(3)