yogurting ヨーグルティング

ソニー

2021年09月20日

新生銀行さん、ソニーにもセブンにもホワイトナイト拒否される

新生銀、支援企業探し難航 打診のソニーは否定的
2021/9/20 15:40 共同通信
新生銀行がSBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)に対抗するための支援企業探しが難航している。友好的な買い手である「ホワイトナイト(白馬の騎士)」になってもらうよう打診したソニーグループは支援に否定的。新生銀が抱える公的資金の返済負担に加え、新生銀の本業の収益が低調に推移しているためだ。
新生銀はソニーを含む複数の企業に支援を要請した。ソニー関係者は「SBIよりも高い額で新生銀を買う理由がない」と話す。銀行業への進出に関心を示すのではないかと観測が広がった独立系大手証券の幹部も「新生銀の買収にはメリットがない」と一線を画している。

SBIの新生銀行TOB、カギ握る金融庁の「議決権行使」
2021年9月18日 5:00 日本経済新聞
SBIホールディングスによる新生銀行へのTOB(株式公開買い付け)は、金融庁にも「株主」としての判断を迫る。新生銀がSBIの提案を拒めば、銀行界初の「敵対的TOB」に発展する。その場合、金融庁が議決権を行使する可能性が出てきた。新生銀行が買収防衛策を決議したこともあり、株主保護の観点で旗幟(きし)鮮明にする姿勢へ傾き始めている。
金融庁は免許を付与する新生銀行の監督官庁であるとともに、実質株主でもある。銀行法に基づく監督権は金融システムの安定を目指し、健全な経営を求める立場。一方、平成金融危機の時、早期健全化法と金融安定化法に基づき公的資金を注入している。今も約3500億円が未回収のまま。所有比率にして約20%に上り、SBIと並ぶ大株主だ。
ただ、実際に株式を保有するのは金融庁ではない。預金保険機構(略称、預保)と整理回収機構だ。預保理事長は19年まで金融庁企画市場局長を務めていた三井秀範氏。整理回収機構は預保の100%出資子会社だ。金融庁は預保と議決権行使の議論を始めた。
ただ、17日に新生銀行が買収防衛策を決議したことで、棄権することが許されない状況に追い込まれた。金融庁は株主保護の観点から、過去一貫して買収防衛策の導入に慎重で、時に否定する立場を演じてきたからだ。

SBI、新生銀行のTOB期間延長に反対 月内に表明
2021年9月18日 日本経済新聞
SBIが月内に表明する見通し。SBIは新生銀株を10月25日までに最大48%まで買い増し、同行の連結子会社化を目指している。TOB期間の延長要請や買収防衛策の導入は「経営陣の保身と時間稼ぎ」だとみている。
SBIが30日正午までに延長要請に応じない場合、新生銀は買収防衛策の手続きを進め、株主に対する新株予約権の割り当てを直ちに決める構えだ。買収防衛策は大量買い付け者以外の株主に新株を配布する仕組み。新株予約権を無償で割り当てる株主を確定する基準日は、TOBの終了日よりも早い10月13日に設定する。新生銀が11月にも開く臨時株主総会で買収防衛策を可決できれば発動し、SBIの保有比率は48%から下がる。

麻生金融相、SBIの新生銀TOB「コメントしない」
2021年9月10日 13:59 日本経済新聞
麻生金融相は公的資金の返済について「一義的には預金保険機構と整理回収機構で適切に判断されるべき」と述べたうえで、「税金として投入した以上、債権を保全する観点から対応する必要があることは確か」と語った。
00001


一時期、ニュースでホワイトナイトうんぬんの記事がいくつか出ていて
候補としてソニーやセブンの社名が出てましたけど、あっさり拒否されたようですφ(.. )
そりゃそうですよね。SBI以外の会社はわざわざ新生銀行なんて買う意味まったくない
ましてSBIより高い価格てTOBしても価値を向上できる施策がなんもないですから
むしろ新生銀行はSBIに高い価格で買い取ってもらえることに土下座して感謝しないと

現実問題としてホワイトナイトなんて100%出てくるわけがないですし
新生銀行がポイズンピルなんて計画しても株主総会で否決されてお終いでしょ
経営者一族が所有してる会社がポイズンピルで買収防ぐならわかるけど
新生銀行の株なんてまったくもってないただのリーマン経営者しかいない
新生銀行の経営陣がポイズンピルで買収防衛して阻止するとか頭がおかしいですから。
それって経営陣が追放されるのが嫌で拒否してるだけで株主になんのメリットもない
株券発行してさらに株券ジャブジャブで買収阻止なんて同意するバカはいません

新生銀行の株は預金保険機構と債権回収機構が所有してるわけですけど
実質的には株主権を判断して主張していくのは金融庁になりますからねφ(.. )
もしアホの新生銀行がポイズンピルなんて発動したら、20%の株を所有してる金融庁は
ただでさえ含み損抱えてるのにさらに税金で追加で新生銀行の株を買う必要があります。
それやったら株価も下がるしさらに3,500億円の回収が時期が遠のくだけでそ
新生銀行の計画するポイズンピルは新生銀行の価値を棄損するだけなので
なにをどう考えても金融庁が同意するなんてありえるわけがないんですよね(゚皿゚メ)

前の記事でも取り上げてるけど、麻生金融相ははっきりと発言していて
「税金を投入した以上、債権保全の観点から対応が必要〜」ってすでに言ってて
それって新生銀行がポイズンピルなんてやったら反対するしかないって意味なんだおね

すでにホワイトナイトの候補者からも損切りされて見捨てられたわけですが、
まあ新生銀行の経営陣が保身のためだけにポイズンピルをする可能性はあります。
(金融庁がポイズンピルをしないよう圧力かけて黙らせる可能性もありますが)
仮にやったころで20%の大株主である金融庁は賛成はしないでしょう(´・ω・`)
賛成しないというか、さらに税金をつぎ込んで国民の資産を棄損させるような
そんなバカげた提案に金融庁が乗ることは国民への裏切り背信になりますからね

結論としては、ポイズンピルをしなければそのままTOBされてSBIに買収されるだけ。
ポイズンピルをやったところで株主総会で否決されて経営陣総退陣に追い込まれて
SBIが買収して傘下におく結果になってお終いなので、結果は変わらないでしょう

新生銀行(8303) 1,896円 −9円 (−0.47%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8303
https://finance.yahoo.co.jp/quote/8303.T/chart

ss2286234570 at 17:49|PermalinkComments(0)

2021年02月04日

2/4 株式市況 勝負の春

ソニー株が2000年来高値、営業利益2期ぶり最高へ−アナリスト高評価
2021年2月4日 9:14 Bloomberg
ソニー株が20年超ぶりの高値。今期(2021年3月期)の営業利益が従来予想比34%増(前期比11%増)の9400億円になる見通しだと3日に発表した。上方修正するのは昨年10月に続き2度目で、19年3月期に計上した最高益を2年ぶりに更新する見込みとなった。
4日の日本株市場で、株価は一時前日比9.5%高の1万1650円と大幅に5日続伸。2000年9月以来の高値を付けた。上昇率は19年5月17日(11%)以来。
SMBC日興証券の桂竜輔アナリストはリポートで、第3四半期(10−12月)が売り上げ、利益とも市場予想や同証予想から大幅に上回れ、「ポジティブな印象」と指摘。通期の上方修正も着実に中期成長への戦略進展が見られ、高く評価するとし、投資判断「1(アウトパフォーム)」を継続した。
-1x-1









KADOKAWA、サイバーエージェントおよびソニーから100億円の資金を調達。
さらなるIP強化を推進
2021.02.04 20:03 ファミ通.com
KADOKAWAは、2021年2月4日開催の取締役会において、サイバーエージェントおよびソニーを割当予定先とする第三者割当による新株式の発行について決議。約100億円(調達額99億9999万9250円)を調達し、さらなるIPの強化を図ることを発表した
発行新株式数は、284万4950株となり、サイバーエージェント、ソニーそれぞれに142万2475株を割り当て。調達した資金は、50億円を新規IPの創出・開発・取得にあて、50億円が既存IP活用の最大化にあてられる(支出予定時期2021年3月〜2023年3月)。
サイバーエージェントとKADOKAWAは、両社の事業・ノウハウなどの強みを活かしつつ、 サイバーエージェントが有するスマートフォン向けゲームの開発・運用力とKADOKAWAのコンテンツ力を組み合わせ、 IPのグローバル・メディアミックスをより強力に推進すべく、 両社の事業面における提携関係の構築・強化に向けた協議を進める。

アメリカ市場の急落があったものの直後に切り替えしてきたおかげで
NYダウもあっさり反発した値動きになってきましたφ(.. )

NYダウ
https://kabutan.jp/stock/chart?code=0800

ダウよりも強かった日経は円安の効果もあったのかあっさり反転しましたにょ(σ´∀`)σ
まあ日経はまだ崩れそうな気配がなくもないので注意は必要ですけど
ダウが落ち着いてきたので日経もそのうち落ち着いてくるんじゃないのかなと
そもそも2月に深刻な下げがくるって経験上あまりありませんから。
(地震とか去年の新型コロナの拡大のような特殊事情を除いたらですが)

ちなみに手持ちの保有銘柄は高値を更新しまくりで大きく上げてたにょ(σ´∀`)σ
最近は日経が200〜300円下げてるのに手持ち株はなぜか上げてることが多いです。
日経下げてるってより、下げてる銘柄から上げてる銘柄に資金シフトが起きてる感じ。
ソニーのように業績がいい銘柄には強く買いが入ってきてるし、
半年先に増産で値崩れしそうな半導体銘柄は明らかに天井打ったような値動きです

旅行・レジャー銘柄セクターのエアトリオープンドアベルトラ旅工房とか
前回取り上げたセクターはどこもガンガンに上げまくりだおね
チャートがいい有望セクターとして前回書いたJフロント三越伊勢丹高島屋H2Oリテ
の百貨店銘柄なんてどの銘柄も上げまくりで資金が流入しているのがわかります。
百貨店は非常に有望なのでもちろん買おうかなって目星は付けてたんですが
とはいえ、あまり銘柄増やすより効率的に銘柄を絞った方がいいと判断したわけで、
今のとこはマツダエイチ・アイ・エス青山商事新日鉄に集約してます。
以前から書いてるこの4銘柄に資金をブッコんでその他を少しといったところ

日本航空(9201) 2,201円 +150円 (+7.28%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9201
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9201.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
ついに月足チャートでゴールデンクロスが入ってることを確認できました
ちょっとHISの指値が約定しすぎてポジが膨らんだので他の銘柄購入は消極的です。
とはいえ、ぶっちゃけJALのチャートも「気がついたら即買え」系の強いチャートだおね。
この形に入って上がらないというのはまずありえないだろうという強いチャートです。
もしHISをこれほど買い増してなかったら即日JALを買ってたと思います(´・ω・`)
現在は週足の上の雲に突っ込んでるのでそのまま即突き抜けるかは謎だけど
2,500円あたりまでは躊躇なくいくと思います。2,500〜3,000円はよくわからないけど。

一方のANAは月足チャートではゴールデンクロスを達成せずもたついている感じ
ただ週足で上の雲がある2,470〜2,500円くらいまでは目先の上昇余地があります。
ちょっと出遅れている分だけ来週から資金が入ってきそうな気がしますが

関東圏はまだ緊急事態宣言継続なんでJR東日本はまだ強くないですけど
JR東海JR西日本はメチャクチャ上がり始めてますよねΣ(・ω・ノ)ノ
JR東海は18,000円あたりまで、JR西日本は7,000円あたりまでは余裕で上げそう
JR東日本は7,200円超えると週足でけっこうぶ厚い雲に阻まれてますけど
予定通り3月に緊急事態宣言の解除または緩和という流れになっていくのであれば
3〜4月ころには8,500〜9,000円回復してる気がするんですよねφ(.. )
前も書いたけど外食・人材だけでなく航空・陸運は脱コロナ銘柄の筆頭銘柄ですしね。

ユナイテッドアローズ(7606) +254円 (+14.39%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7606
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7606.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
四半期決算が良かったことを好感して上げまくってるユナイテッドアローズ。
監視してた銘柄ですけど非常にきれいに月足でゴールデンクロス入ってますよね
チャートの形状はJALと完全に同じような典型的な綺麗な上昇チャートです
現在は週足の上の雲に突っ込みまくって突破するかどうかって段階ですね(´・ω・`)
すでにちょっと急騰しすぎ気配もあるんでそのまま行くかは謎ですけど
2,250〜2,300円あたりまでは普通に達成すると思われますφ(.. )
同じようなライトオンも月足でゴールデンクロスみたいな形になっています
ようは同セクターに強い買いがはっきりと入ってるってことです。

青木ホールディングス(8214) 611円 +39円 (6.82%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8214
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8214.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
青山商事を買ってるんだからそりゃ青木もはるやまも当然チェックしてるわけで
じゃあなんで青山商事にしたかというと週足の上の雲までスペースが大きくて
青山商事の方がより上昇余地が大きいだろうと判断したからですφ(.. )
青木も640円あたりまでは軽く上がりそうだけど、その雲を抜けるかは不透明でそ。
あそこをもし抜けるような動きをしたら月足で800円くらい行く可能性あるでそ
まーとりあえず「脱コロナ銘柄」を買いまくっとけばいいんじゃないかってこと。

キャリアリンク(6070) 3,095円 −15円 (−0.48%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6070
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6070.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
決算がキチガイみたいにいいのでアホみたいに上がりまくっているキャリアリンク
ずっと前から監視してて指値を出し続けてるんだけ約定しないんだこれが

ダイヤホールディングス(6699) 1,921円 +115円 (+6.37%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6699
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6699.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
2ちゃんで教えてもらってからずっと指値出してるけど買えない銘柄です(´・ω・`)
1/18と1/29だけは下げたんでそこが買うチャンスといえばそうだったんだけど
ちょうどその日は日経もダウも怪しくて買い指値出さなかった日なんだなこれが
超期待値のある監視銘柄筆頭に入ってるけどなんせ指値だよぜんぜん約定しない。
自分とは縁のなかった銘柄なんだと割り切ってすでに諦めています(´;ω;`)

鳥貴族(3193) 1,616円 +99円 (+6.53%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=3193
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3193.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
最近は外食系全般に強い買いが入ってることな投資家なら知ってるでしょう
以外と気がついてない人いますけど実は鳥貴族は月足でゴールデンクロスなのよね。
大した株数じゃないですが自分の判断が正しいかを試す意味でも試しに買っています
飲食・飲み屋系で月足で一番良いゴールデンクロスしそうな綺麗なチャートだったんで。
なんていうか自分の読みや判断が本当に正しいのかを確認するためにも買いました。
儲けるためっていうより何を根拠にして判断すればいいのかを実証したかったので。

串カツ田中は日足だとか上に抜けてるんでそういう意味では良いチャートなんだけど
月足だと1,880〜1,900円あたりに重い上値抵抗線がありますよねφ(.. )
日足はいいけど月足はよくない串カツ、日足はしょぼいけど月足がとびきり良い鳥貴族。
どっちを買うのが今の地合いで正しい判断なのかを確認したかったってことです
日足と月足どちらを優先すべきかって意味でJALとANAの値動きと同じなんですよね。
自分の考えでは月足チャートを絶対優先で銘柄選ぶのが正しだろうと考えてます

日本水産(1332) 493円 +41円 (+9.07%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=1332
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=1332.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
ファインケミカル銘柄で検索してたらたまたま見つけて監視してた銘柄です。
これもJALとかユナイテッドアローズと極めて近似したチャートですよね。
チャートだけでいえば垂涎の的というか絶対上がるって感じのいいチャートです
監視してただけで買ってはないですけどチャートがいいので登録しときました
決算は大してよくなかったんですけどチャートが良かったんで上がった感じだおね。

カドカワ(9468) 3,900円 +280円 (+7.73%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=9468
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9468.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=m25,m75,b,e25,e75&a=v
日足チャートがいい感じに切り上げてて決算期待もあってポジってるカドカワです。
カドカワは値動きが予測しやすくて極めてテクニカルな動きなのでよく売買してます。
決算も非常によかったんですがそれだけだと出尽くしで下げる懸念があったんですが、
業績予測の引き上げと増配ってネタもなかなかいい支援材料でしたが、
時価総額2,552億円のカドカワがサイバーエージェントとソニーに第三者割当で
100億円の増資を引き受けてもらって資金調達をするというビッグニュースがありました
借金返済のために増資したとかだったらボロ下げしてた可能性すらあるんだけど
決算ではなく間違いなく増資が材料視されて上がったのは間違いないでしょうφ(.. )
ちなみになつさんはカドカワをガンガンに買い増そうと考えています(*´∀`*)ムフー


※今回のブログ記事は後半部分を書き足しています


ss2286234570 at 18:54|PermalinkComments(0)

2019年03月21日

ゲーム市場に強敵グーグル参入でソニーや任天堂株下げ

強敵グーグル参入でソニーや任天堂株下げる、自社株買いも終了
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-20/PON2416S972901
2019年3月20日 9:23 ロイター
据え置き型ゲーム機を展開するソニー任天堂の株価が大幅安。米グーグルがゲーム市場に本格参入することが明らかになった。また、両社とも2月に発表した自社株買いが終了し、当面の需給好転に対する期待も後退しやすい。ソニー株は一時前日比4.5%安の4895円と続落し2月13日以来、1カ月ぶりの安値。任天堂株も4.6%安の3万50円まで売られた。
グーグルはサンフランシスコで開催中のゲーム開発者向けイベントで、新ゲーム事業「スタディア」を発表した。スタディアのストリーミング・プラットフォームでは、ユーザーは高価なゲーム機やパソコンを買わずにインターネット経由でゲームを楽しめ、ソニーと任天堂にとっても影響は避けられない。グーグルは利用料金を明らかにしていないが、新サービスは年内に開始する計画だ。
800x-1












2月に入ってから地合いが改善したことで株の値動きが予想しやすくなりました
最近は上がる銘柄も下げる銘柄もとても素直に動くので売買の判断が楽ですね。
基本的には上の雲を抜けて上昇トレンドに転換して25日移動平均線を上抜いた銘柄を
探してただ買えばいいのでチャート見るだけである程度予測ができますφ(.. )
逆に、雲に頭をぶつけて上がらない銘柄と25日移動平均線を下に抜けてる銘柄を
探してただ売っていけばいいだけなので非常にシンプルな売買ができるおね

ソニー(6758) 4,951円 −173円 (−3.38%)
たまたま今回は日経が上げてもまったく株価が上がらなくて下げトレンド示唆してました
5030〜5020円で買い指値だしてたら窓開けて急落したんでちょうど寄り値で約定しただけ。
週足でも月足チャートでも下値支持ラインがないので買うのは嫌な感じ
仮に戻しても上値余地は狭いんで5000〜5100円の戻り値で売り直すだけだおねφ(.. )

任天堂(7974) 30,480円 −1,010円 (−3.21%)
任天堂はむしろ下降から上昇に転換するタイミングで売られたので判断は微妙なところ。
32,000円のラインが少し重いけど地合いさえしっかりしてれば普通に再上昇試しそうです
25日移動平均線のラインを維持さえできたら復活の可能性は十分ありそう。
もし日足で上昇転換したら、上値は週足チャートで判断して36,000円あたりでそ

スクリーン(7735) 4,585円 +85円 (+1.8%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=7735
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=7735.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
75日移動平均線とその近辺の分厚い雲に押さえつけらてまったく上値を追わない銘柄です。
アメリカの半導体指数の変動でいきなり窓開けて上げたり、下げたりする動きが多い。
個別の材料というより半導体指数などの外部要因で動く銘柄と覚えておくべき
4850〜4920円に分厚い天井があるのでそう簡単には上に抜けそうにないですね。
4800円に近づいたらとりあえず売っとけみたいな感じで十分に鞘抜けるでしょう。
ただ東京エレクなんかはそろそろ上昇転換してるんでそこは注意すべきかもφ(.. )

パナソニック(6752) 950円 −12円 (−1.2%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=6752
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6752.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
去年から売り銘柄としてとても重宝してるのがパナソニックです(´∀`*)
ただ900円近くまで下げたらさすがに底近辺かもしれないので売りは回避かな。
昨年の安値の917円近辺より下値を期待はしない方がいいかもしれません

三井金属(5706) 2,880円 +113円 (+4.0%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=5706
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=5706.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
日足チャートで25日移動平均線を上回って、かつ雲を上に抜けた銘柄です
日足チャートだけでなく週足チャートでもかなり好転してることが確認できます
押し目で試し買いして、また下げたら押し目と判断して買おうかなと思っています。
週足の厚い雲が上の方にあるので上値は3200〜3400円くらいですかね。

三井住友FG(8316) 4042円 +14円 (+0.3%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8316
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8316.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
日足チャートで25日移動平均線を上に抜けて、かつ雲を上に突き抜けた銘柄です
利回りもいいんで中長期で取り組んでみようと買ってみました。
週足チャートの4300〜4400円に厚い雲があるのであのあたりを目標にホールです。
(しかし買ってみた直後に先物と円高でいきなり含み損になりそう

楽天(4755) 1,011円 +40円 (+4.1%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=4755
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4755.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
日足というよりも週足の上値抵抗線と雲をすべてぶち抜いてしまってる銘柄です
一時期の弱気はどこに行ってしまったのかというくらいに強い銘柄ですね。
携帯料金に絡んで楽天にとって非常に有利な材料が出てきたことも追い風でしょう

携帯料金分離規制、楽天は除外 脱・寡占へ「優遇」
2019/3/20 21:53 日本経済電子版
総務省は携帯電話の端末代と通信料の完全分離を義務づける規制について、シェアの小さい事業者を対象から除くことを検討する。大手には長期契約で端末を値引きするといった販売を禁じる一方、新規参入の楽天モバイルネットワークなどはある程度認める見通し。市場の寡占を防いで値下げ競争を促す狙いだが、大手と新規参入組で規制がわかれ、消費者の間で混乱を招く恐れもある。
総務省が完全分離を義務付けるのは、機種を頻繁に買い替えるような一部のユーザーに恩恵が偏る点が問題視されているためだ。通信の長期契約を前提に端末を値引きするといった販売手法が広がっている。総務省は今国会に電気通信事業法の改正案を提出。利用者に分かりやすい料金プランにしたい考えだ。
完全分離の導入をめざす一方、例外を設ける検討にも入った。具体的には、シェアが小さい事業者には厳格に完全分離を適用しない方向だ。こうした事業者にも分離の義務を課せば、体力のある大手との競争に勝てず大手による寡占が続く懸念があるためだ。例外が導入されれば楽天などシェアが低い新規参入業者は柔軟な販売手法をとれるようになる。例えば、端末の大幅な値引きと長期の通信契約を組み合わせるといった特典で大手に対抗できる。
0325


ss2286234570 at 07:11|PermalinkComments(0)

2015年07月29日

ソニーによるソニーFHD(8729)のTOBはありえるか? その2

無事に4000億円を超える資金調達にこぎ着けたが、復活への道は半ばだ。調達資金の大半は強みである画像センサーの増産投資に充てる。同センサーはスマートフォン(スマホ)や自動車向けの需要が拡大しており、作れば作るほど売れる状況だ。ただ裏を返せばセンサー以外の分野については投資を積極的に拡大する、つまり成長軌道に乗る兆しがまだ見えないとも言える。
最大の課題はスマホやカメラ、テレビといった従来型エレキ事業だ。前期までの大型リストラで固定費が減ったとは言え、需要や価格の変動も大きく収益環境が好転しているとは言いがたい。画像センサーやかつての「ウォークマン」のようなソニーならではの製品も育っていない現状では、期待よりも利益悪化のリスクが大きい。前期の無配転落の主要因となったスマホは投資拡大どころか、まだ人員やモデル削減などリストラの真っ最中という段階だ。
ソニーは18年3月期の連結営業利益目標で5000億円以上を掲げる。今期の3200億円という予想が実現したとしても残り2年で1800億円以上を積み増す必要がある。頼みの綱である画像センサーなどのデバイス事業の利益は18年3月期に最大で1800億円を見込む。今期見通しから約600億円の積み増しだ。デバイスの目標達成の確度が比較的高いとみても、残りの1200億円の増益分は従来型エレキ事業などの他事業で稼ぎ出す必要がある。
※メールアドレスを登録しておけば全文読めるようです
0729










「いくら何でも1300億円の研究開発費は多すぎる。2000億円近い設備投資額にも過大感がある。ましてや4400億円となると、ソニーの真意が読めない」
会社側は、その大半をイメージセンサーなど、デバイス分野につぎ込むと説明。1000億円超の最終赤字を計上し、構造改革に追われた前期から一転、成長事業で一気にアクセルを踏む方針だ。実際にイメージセンサーの需給は逼迫している。特にソニー製のセンサーは小型・高感度など技術面で評価が高く、ハイエンドのスマートフォン向けで独り勝ちの状態。「液晶パネルと比べ、技術進化の余地も大きい。現状3割のスマホ向けシェアは、増強後には約5割に伸びそうだ」と、バークレイズ証券の伊藤和典アナリストは見る。

そう考えると、ソニーFHD(8729)にTOBするってのも、ある意味ではまっとうな案だおね
ソニーの製造業部門が悪いって話をいうわけじゃないのだけど
製造ラインが立ち上がるまでの無駄な時間、海外のライバル企業の動向、商品の需要の先行き
そして業績を決定的に左右してしまう為替動向など不透明なことがやたら多いおね
今回は失敗が許されないぶんだけ、どうしても確実性が必要ってこと(´・ω・`)

それならより確実性の高い金融事業に投資するというのも悪くはないでそ
ソニーは現在、ソニーFHD(8729)の株を60%持っています。
上場させちゃったからある程度手放したという背景もあるんだろうけど
そもそも確実に売上げと利益を伸ばしてる会社の株を手放すのはソニーにとってでそ
「そろそろ成長性が低くなってる会社」を上場させて売り抜けるのは正しい判断ですが
むしろ今もどんどん伸びてる子会社なら内部に抱えておく方がお得だおね。

〇匆饉劼伸びれば伸びるだけその業績をフルで親会社の業績に反映できる
▲汽藏睚造澆稜枦金を子会社に課して好きなだけ現金を吸い上げれる


についてだと、時価総額1兆円でその内の60%をソニーがもってるので
ソニーFHDの経常利益900億円のうち残りの40%分の360億円
ソニー本体の業績に上乗せできるってことですにょ(σ´∀`)σ
工場建てる必要もないし、TOBして即日から業績に寄与するんで効果はテキメン

についてはソニーにとってかなり美味しいと思います(´∀`*)
100%子会社にして上場廃止にしてしまえば他の株主の干渉を一切受けません。
子会社が上場してる状況で、子会社から高額配当を巻き上げすぎると
他の株主から批判を浴びやすいし世間からも非難されるので難しいおね
でもTOBして非上場にしてしまえばカツアゲなんてし放題になりますにょ(σ´∀`)σ
TOBに5000億円つぎ込んでもすぐに配当で1000〜1500億円回収すればいいだけでそ
仮に子会社の役員が反対しても、役員報酬を増やせば文句いはいいません。
ついでにソニーFHDの幹部らをソニー本体の取締役に取り立てれば必ず服従するでそう。

変な話ですがソニーというのはすでに持ち株会社の集合体みたいな会社になってます
過去のようないわゆる製造業やエレクトロニクス事業って考え自体が古いのかもしれません。
変に「ソニーのDNA」とかって拘ることが正しいのかも怪しいなって思うおね
どうせ回収できるかわからない投資をくり返して手元資金を減らすくらいなら
確実に回収できそうな投資だけやる方が株主だって喜びますにょ(σ´∀`)σ


ss2286234570 at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年07月27日

ソニーによるソニーFHD(8729)のTOBはありえるか? その1

ソニー が26年ぶりの公募増資を含む4400億円規模の資金調達を発表後、金融子会社の株価が3日連騰となった。背景にあるのは、稼ぎ頭の金融事業が完全子会社化されるとの思惑だ。
ソニーは公募増資と新株予約権付社債(転換社債、CB)で集めた資金を画像センサー向け投資などに充てると発表した。それにもかかわらず市場では、財務基盤が強化されることで自動車保険などを扱うソニーフィナンシャルホールディングス を100%子会社化するのではとの見方が広まった。資金調達が報じられて以降、金融子会社の株価は2日までに11%上昇、7年ぶりの高値を付けた。
ソニーフィナンシャルはソニーが60%の株式を保有する連結子会社で、前期はソニーの事業部門の中で最も営業利益を稼いだ。完全子会社化で利益を100%親会社に取り込めば、同社が目標に掲げる株主資本利益率(ROE)10%達成に貢献できる上、苦戦するエレクトロニクス事業と一体化すれば税制上のメリットも期待できる、との指摘もある。 
0728









この画像はソニーの昨年度(2014/4/1〜2015/3/31)決算資料の1ページです
.押璽燹ネットワークサービス事業ってのはプレイステーションに関する事業のこと
▲ぅ瓠璽献鵐哀廛蹈瀬ツ&ソリューション事業はデジカメとビデオカメラ事業のこと
ホームエンタテイメント&サウンド事業はテレビ・オーディオ・ビデオ事業のこと
ぅ妊丱ぅ校業ってのが半導体やイメージセンサー事業のこと

たかが事業内容をここまでわかりにくいカタカナで書くって真性のアホですにょ(σ´∀`)σ
読み手にまったく説明しようという誠意の欠片も感じないゴミみたいな決算資料だおね。

まずソニーの事業部門別(セグメント別)の営業利益を見ていくと
安定的に営業利益を稼げてるのは映画音楽金融だけなんだおね
他の事業は良いときと悪いときの差が激しすぎて、安定感もないし足引っぱるケースも目立つ。
今は為替が円安にあるから円安効果で+2900億円もの増益効果があるみたいですが、
逆にいえば円高になるととんでもない額の損失が決算を襲うわけでそ(((( ;゚д゚)))
為替の寄与度を見ただけでもいかにメチャクチャな事業バランスかがよくわかります

ちなみに今回ソニーはい離札鵐機嫉業でかなり荒稼ぎしてるとかなんとか。
そこで調達した何千億円の資金をこのセンサー事業にぶち込むらしいです
とはいえ、いまから資金調達してから工場とライン増やすとけっこう時間喰うおねΣ(゚д゚;)
もちろん大当たりしたらいいですが・・・
今みたいに流行り廃りが早いこの世の中で今から増資して
2年後に生産ラインが本格的に立ち上がってきて大増産されるって
本当にそれで問題ないんだろうかってかなり不安を感じるところ
増資やって海外IRツアーに旅立って時間浪費しちゃってるのもかなり痛いと思う。
それなら銀行から即座に金借りて、即ライン増設&稼動を急ぐべきだったんじゃないでそか?

ソニーは今回、公募増資で4400億円の資金調達をしたようです
ものすごく客観的に考えてこの資金を製造業の部門に注ぎ込むのは猛烈なリスクだおね。
まず作った製品がしっかり売れて利益が出るという条件を達成しないといけないし
しかも為替が円高に動いて為替差損を出さないという前提条件もクリアしないといけません。
まして今から3000〜4000億円も投じて工場や生産設備に投資を開始したところで
実際に生産がはじまって市場に商品を卸すまでにものすごいタイムラグがあるでそ
商品が大量生産された頃には市場が壊滅してたとかいうオチがまってる余寒だおね。

もちろん成功する可能性がないわけじゃないけど
せっかく増資で調達した4400億円を丸ごと製造部門に投資したところで
これから先ずっと安定的に数百億円の営業利益をもたらすかって考えたらかなり怪しいおね
むしろ台湾あたりのオーナー系半導体会社が猛烈に技術力で追いついてきて
ソニーが大量生産はじめる前に市場を奪って独占してしまう。
そんな予感がしますにょ(σ´∀`)σ

なぜそう思うか?ソニーを見てると判断してから動くのが「遅い」と感じるからです


ss2286234570 at 05:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月23日

大学生「ソニーなんかダセーよな」

ソニーは19日、スマートフォンと連携し、文字や画像などの情報を視界に重ねて表示する眼鏡型ウエアラブル端末「スマートアイグラス」を開発し、ソフトウエア開発企業向けに開発キットの提供を開始した。歩行者向けナビゲーションなどアプリケーションの種類を充実させた上で市販化する。ソニーは17日にスマートフォンなどモバイル事業の不振で営業損失を計上し、2015年3月期は、最終損益が2300億円の赤字に拡大する業績の下方修正を発表したばかり。今回投入する機器について、ソニーは腕時計型端末などとともに「ポストスマホ」の筆頭として期待している。
ただ、パソコンやテレビに続き今回下方修正の要因となったスマホと、次々と主力事業の市場環境を見誤り、韓国や中国メーカーなどに後れを取ったソニーにとって、今度は失敗が許されない。他社をしのぐ商品力を持った製品を先行して市場投入できるか、注目される。
09230924








落ち目の会社として評価剥落の著しいソニーが
“ポストスマホ”筆頭商品として眼鏡型ウエアラブル端末「スマートアイグラス」を開発
アプリケーションの充実を図ってから市販化を計画しているようです。
ただ心配なのは見た目がものすごく「かっこ悪い」こと

昔は操作性がイマイチだとか商品性が良くなかったとしても
ソニーの商品でデザインがカッコいいから購入したという購買層がいたはずφ(.. )
しかし今では、そういう顧客層はアップルにいたとしてもソニーにはいない気がします
かつてソニーは「カッコいい」代名詞的な企業でした
大学生くらいの年代では必ず何かしらソニーの商品を身に付けているか
身近に試用する商品を誰でも持っていたはずです

ところが、いま現在ではプレステを除くとそういう商品はありません。
大学生はアップルのiPhoneを好んで買うのでソニーのスマホは買わないでそう(´・ω・`)
持ってたとしても数%いるかいないかってレベルかもしれません。
もしかしたら今の大学生は「誰もソニー商品をもってない可能性が高い」でそ
実験的な商品を試みても反応を図るのが難しくなってる現在において
この手のウエアラブル端末を新商品として発売するのはなかなか困難でそね
おそらく似たような商品をアップルGoogleアマゾンも同時期に発売して、
ソニーの商品だけまったく売れなかったという結果になる可能性が高い気がするおね

商品の評価が悪くて叩かれてるならまだマシだおねΣ(゚д゚;)
今のソニーは消費者から完全に「忘れ去られかけてる」存在かもしれません。
消費者が商品を選ぶ際に「そもそも選択肢に入ってない」ってことです。
これはBtoCのビジネスを行う企業にとって死刑宣告にも等しいことで
本来なら絶対にあってはならないことだおね
経営者が悪いだけなら更迭されて交代したら問題解決することもありますが、
今のソニーは組織の問題と消費者から見放された問題の二つがあります(((( ;゚д゚)))
ソニーの諸問題は1〜2年ですぐに解消するレベルではなくなってきてるおね

その昔、「セガなんてダセーよなというセリフのセガのセリフがありました。
http://www.youtube.com/watch?v=qRq9uuxeYZM
まさにあんな感じになったのがソニーなのかもしれません。
いっそのこと湯川専務の変わりにソニーの平井社長がCMに出たらどうでそか?
セガを「ソニー」にソニーを「アップル」に置き換えて
ドリームキャストを「スマートアイグラス」にしてリメイクすればCMが即完成ですにょ(σ´∀`)σ
でもソニーの「スマートアイグラス」はドリームキャストの1/10しか売れない気がします。
商品を「カッコいい」で売ってた企業が「かっこ悪い」になると致命的でそ
ソニーの商品を購入する動機がまったくなくなってしまいことを意味してしまいます(´;ω;`)
0919







アップルの新型アイフォーン、3日間で1000万台超販売
米アップルは22日、日米英などで19日に発売したスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の新型モデル「6」と「6プラス」の販売台数が3日間で計1000万台を超えたと発表した。昨年9月発売の「5s」と「5c」の900万台超を上回り、発売当初の3日間の実績としては過去最高となった。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は声明で、「期待を上回る販売の滑り出しとなり、この上なくうれしい」と述べた。もし供給が間に合えば、販売台数は上積みできたとも明らかにした。


ss2286234570 at 06:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年09月17日

ソニー好決算!株主さんたちが大喜びだと話題に(*´∀`*)ムフー

ソニー <6758> 。17日の取引終了後、今2015年3月期業績見通しの減額修正と無配転落を発表した。モバイル・コミュニケーション事業の営業権の減損処理のため1800億円の追加損失を計上。それに伴い、従来の1400億円の営業黒字予想から一転して400億円の赤字へ転落し、最終損益段階では損失幅が従来計画の500億円から2300億円へ拡大する見込みだ。配当については、これまで「未定」としていた。
もっとも、アナリストには「短期的にはネガティブであっても、先行きをみれば最終局面」という声もある。「ソニー経営陣の見通しの悪さがモバイル苦境を招いているが、4〜6月決算を見る限り、テレビとカメラが意外にも回復し始めている。モバイルがこの先の施策でボトムアウトできるなら、再浮上の可能性はある。映画と音楽というソニーのソフト事業は光り輝く宝石のような存在。ハードの影が遠のけば、ソフトの光が評価されるようになるはず」(楽天証券経済研究所の今中能夫アナリスト)。要は「産みの苦しみ」ということか。

平井社長は「中国系スマートフォンメーカーの躍進など競争環境が厳しく、普及モデルを中心に台数見通しを引き下げた」と説明する。Xiaomiなど、中国のAndroidスマートフォンメーカーの成長は著しい。米調査会社のStrategy Analyticsによると、Xiaomiは4〜6月期に1510万台を出荷し、Lenovoに次ぐ世界5位に浮上。Xiaomiの出荷台数は1年で3倍以上に急成長している。
新しい中期計画では、収益性を改善することで黒字を見込んでいるが、ソニーモバイルの営業権について「新計画による公正価値が買収当時の公正価値を大きく下回るため、減損が必要になった」(吉田憲一郎CFO)。子会社化時と比べ、円安傾向から1800億円に上っていた残りの営業権の一括処理を迫られ、巨額の赤字を計上する見通しになった。のれん代の減損処理のため現金支出は発生していないが、配当の見送りも決めた。
 
0519










ソニー(6758) 2123円 −39.5円 (−1.83%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6758
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6758.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

日本一の上場詐欺会社と名高いソニー(6758)がまたやらかしましたにょ(σ´∀`)σ
1200億円の赤字じゃ生ぬるいからもっとすごい悪決算と悪材料をだして
株主が泣いて謝るくらいの悪材料をだしてくれと期待してたら見事にやってくれました
ついにクズ企業クズ経営者部門、そしてクズ決算部門三冠王を決定しました(´∀`*)
心の底からおめでとうといいたいですね。

ソニー社長の平井社長といえばドル建てで180万ドルの報酬をもらってます。
日本円で換算すると約2億円ですにょ(σ´∀`)σ
黒字決算で絶好調の日立製作所の社長の報酬が1億7300万円だそうなので
1400億円の営業黒字から一転して400億円の赤字に転落した平井社長の報酬は
とんでもなく割安だといえるでそう
(1億6420万円相当のストックオプション【自社株購入権】20万株分も別途あります)

ソニーの歴代社長はあまりにも優秀な経営者がそろっています。
それらの功績に対して年収2億円ってのはあまりにも割安すぎでそ(´;ω;`)
せめて年収20億円くらいは気前よく払って欲しいもんですね
せっかくなので、1円で行使できるストックオプションを1000億円分ほど発行して
死ぬほど株券刷って株券を希薄化させれば株主さんたちも最高に嬉しいですおね
ついでに1兆円くらい公募増資して株券印刷すればさらに最高ですおね

ソニーは2年ほど前、エリクソンと作った合弁会社からスマホ事業を買い取ったと記憶してます。
たしか「スマホ事業で世界シェアを一気に伸ばし、大手の一角に食い込む」とか言ってました。
しかし現実的にはシェアもまったく取れず、スマホ事業は完璧に失敗しました
今期の4〜6月期にスマホ事業が27億円営業赤字だったとか書いてあるおね(((( ;゚д゚)))

ADRの株価を見てるとそんなに大きくさがってる感じではありません。
どんな悪材料もクソ決算もすべて織り込み済みの株価ならたいしたもんでそ
まあ赤字といってものれん代の償却なので現金支出があったわけではありません。
唯一その点だけはまだマシと言えるかもしれません(`・ω・´)


2014年06月28日
ソニーの社長が人間のクズすぎると話題に

2014年05月18日
エンドレスのリストラ企業と化したソニーの落日


ss2286234570 at 20:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年06月28日

ソニーの社長が人間のクズすぎると話題に

ソニーが26日発表した有価証券報告書によると、平井一夫社長の平成26年3月期の基本報酬は1億8400万円だった。報酬はドル建てで25年3月期と同額の約180万ドルだったが、円安が進んだことで、円換算で3100万円増えた。ソニーの26年3月期連結決算は1283億円の最終赤字で、公約していた電機部門の再建なども達成できなかった。このため、平井社長は基本報酬の10%をカットし、業績連動型報酬(賞与)も返上している。
ただ、同業他社の経営トップと比べると高額で、26年3月期に過去最高の営業利益を達成した日立製作所の中西宏明会長(1億7300万円)らを上回る。平井社長には1億6420万円相当のストックオプション(自社株購入権)20万株分も付与される。

役員報酬、最高はソニーの平井前社長27億円 18年3月期決算
役員報酬の最高額は、ソニーの平井一夫前社長(現会長)で27億1300万円(2017年3月期は9億1400万円)だった。企業情報の東京商工リサーチが、2018年3月期決算の「役員報酬 1億円以上開示企業」調査をまとめ、6月22日に発表した。
0519










最近は景気がよくなって不景気な話を聞かなくなった時代ですが、
ここにきて最高に不幸なお話を耳にできて最高ですにょ (σ´∀`)σ
ソニーという会社が究極の負け組み企業で、かつ、東証でも笑いものとして有名ですが
ついにクズ企業クズ経営者部門でも三冠王を決定したようです(´∀`*)

最近は日産のゴーン会長の報酬額が8億円だったとかニュースになってますが、
冷静に考えたら連結で1283億円の赤字度出した会社の経営者の報酬が
1.6億円もあるっていう方がよっぽどすごいでそ(*・ω・)ノ
まったく仕事しなくて大赤字でも1.6億円もらえるならこれほどの勝ち組はいません。
ある意味において人類で最高の勝ち組といえるかもしれませんね
当然最高の負け組みは「ソニーの株主」です。
ついでに1円で行使できるストックオプションを1000億円分ほど発行して
死ぬほど株券刷って株券を希薄化させて株主をもっと追い込めば最高に楽しいですね
1200億円ごときの赤字じゃ甘すぎです。ソニーの株主が泣きながら
「もう止めて下さい」と謝るくらいの悪材料をこれからも連発してほしいところ(*^・ェ・)ノ

しかし前から思うのですがソニーの経営陣と報酬委員会(または取締役会)ってのは
ミジンコ並みの脳みそしか持ってないのでしょうか?
こんな大赤字のクソ企業なのに報酬委員会の判断も徹底的に狂っています
「世界的企業なんだから世界レベルの報酬にすべきだとか意味不明なことを喚いて
こんな高い報酬をくれてやるとかちょっとどうしようもないなという印象です。
もしかしたらこのあたりの組織が根本的にかもしれないおね(´;ω;`)

ソニーの経営者が無能なのは今に始まった話ではありません。
出井というバカがアメリカ流の部門業績(縦割り)を導入したのがすべてのはじまりです。
あれでソニーの各部門が研究開発に大きく動きづらくなったとも言われています。
そして出井氏が指名したアメリコ人の経営者が輪をかけて無能でした。
何をやったというより「在籍中ほとんど何もしなかった」のが命取りでした(((( ;゚д゚)))
しかも長期政権で、おまけになぜか報酬委員会はものすごい報酬を与え続けました
そして三代目の平井社長がソニーにとどめを刺そうと虎視眈々と狙っています。
三代連続で無能経営者を指名するって、もしかしたら東証初かもしれません
ぜひ無能経営者連続記念としてソニーを表彰すべきだとおもいますにょ(σ´∀`)σ

表彰された記念として、株主総会では硬球を株主さんに5つずつ配って
壇上にいる経営陣に好きなだけぶつけていいというイベントを開催すべきです
ついでにお金を払えば好きなプロ野球選手を代理に立てることができるようにして
硬球をばっちり狙ってぶつけるというサービスもやればきっとソニーも儲かるはず
株主も溜飲を下げれてハッピー ソニーも儲かってハッピーという究極のサービスだお。
ついでにそのニュースが世界中に流れたらソニーの知名度も上がって最高でそ(´∀`*) 


ss2286234570 at 20:12|PermalinkComments(4)

2014年05月20日

「Kの法則」って本当なのか実証してみる その1

そのきっかけとなったドラッグ。ASKA容疑者が手を染めたきっかけは何だったのか。違法薬物に本格的にハマったのはここ10年とされる。その当時、チャゲアスは韓国公演を失敗した。2000年8月のことだ。
日本語CDが未解禁の時代の韓国。チケットは全く売れず、クールな振る舞いで知られるASKA容疑者さえも、「売れなくて焦ってる。今から手売りに行きたい」と現地で訴えるほどだった。2日間公演したが、日韓文化交流のために寄付金を出した上、ギャラはゼロ。結果的に、前所属事務所は負債を抱えて倒産。90年代にヒットを連発した2人が、一夜にして転落してしまったのだ。チャゲアスは所属事務所の倒産後、親会社のロックダムアーティスツに移籍した。だが、その後、チャゲアス、ソロを通じて、大きなヒット曲は生まれていない。

ソニーのテレビは消えてしまうのか。同社はパソコン事業の売却に続き、赤字が続くテレビ事業の分社化を決めた。電機業界では「韓国のサムスン電子と組んだのが転落の始まりだった」との声も聞かれる。
ソニーのテレビ事業はブラウン管時代に「トリニトロン」で世界を席巻した。しかし、成功体験が災いして液晶テレビ進出に出遅れ、2004年にサムスンと大型液晶パネル生産の合弁企業を設立する。当初はソニーのシェア拡大に寄与したが、合弁がサムスン主導で運営され、割高なパネル調達を余儀なくされた。テレビ事業は一度も赤字から脱却できず、12年に合弁を解消した。一方、この合弁を機に「ソニーの技術がサムスンに流出した」(国内家電業界関係者)とされる。サムスンはウォン安を武器に、日本製よりも低価格な大型液晶テレビを投入、世界の市場でシェアを奪っていった。「あの提携が日本のテレビ事業を破壊するきっかけの一つとなった」(同)との恨み節も聞かれる。
0519









 

「Kの法則」
そう、ネット上ではたびたび言及されている「かの国の法則」というものがあります
韓国と絡んだり、仲良くした人や企業はことごとく不幸な末路を迎えるという法則です。
この法則の怖いところは、冗談でもなんでもなく
本当に死人が出たり企業が倒産したりするという点にあります(((( ;゚д゚)))

「Kの法則」なんてただの妄想に過ぎないという人もいますが、
ここまで正確に発動するとただの噂話とは思えません。
現実にその悉くが不幸になっているからです
ソニーがサムスンと組んだ時も「法則が発動してソニーは倒産するかも」と噂されましたが
結論から言えば完璧なまでに法則が発動した典型例といえるでそうφ(.. )

過去の話だとつまらないのでこれから法則が発動しそうな企業を次は取り上げてみます
もし次の企業に大きな不幸が訪れるようなことがあれば、信じるに足りるかもしれません。


ss2286234570 at 20:25|PermalinkComments(2)

2014年05月18日

エンドレスのリストラ企業と化したソニーの落日

ソニーは5月14日、2014年3月期連結決算の最終損益が1283億円の赤字(前期は415億円の黒字)になると発表。大手電機各社が軒並み業績回復を遂げる中、「ソニーひとり負け」の様相を呈している。同日に開かれた決算発表会見の席上、4月に最高財務責任者(CFO)に就任したばかりの吉田憲一郎氏は、「経営目標を達成できず、株主や関係者のご期待にお応えできないことを申し訳なく思っている」と釈明。さらに今期(15年3月期)も500億円の最終赤字を見込んでいることを発表した
ソニーは会見で「今期は構造改革をやり切り、(赤字は)打ち止めにしたい」(吉田氏)と宣言し、エレクトロニクス事業の4期ぶりの黒字化や、この10年間で営業赤字の累計額が8000億円近くになったテレビ事業の「黒字転換を見込む」(十時裕樹業務執行役員)とした。だが、ソニーは14年3月期決算見通しを3度にわたり下方修正し、最終的に営業利益は期初予想の10分の1という異例の事態を呈したため、市場では「ソニーに対する不信が広がっている」(証券アナリスト)という。
0518








ソニーが、新規事業として不動産ビジネスに参入する。4月にソニー不動産を東京・中央区に設立しており、8月1日から営業を開始する予定。売買仲介、賃貸管理、プロパティマネジメント、コンサルティングなどの総合不動産サービスを提供し、3年後に株式公開、5年後に売上高500億円を目指す。
5月14日に発表した2013年度決算で最終損失1283億円を計上したソニーが、事業構造改革として取り組む新規事業第一弾に選んだのは、本業のエレクトロニクス関連ではなく不動産ビジネスだった。ちょうど国土交通省が不動産仲介のインターネット取引解禁に向けた検討会を立ち上げたタイミングで参入を表明。「顧客にとって使い勝手の良いITシステムやコールセンターを導入することで利便性の高い不動産サービスを提供していく」(ソニー広報)と、インターネット取引解禁を視野に入れて新たなビジネスモデルの構築を目指している。
不動産流通分野への異業種参入では、流通大手のイオンが2011年からイオンハウジングの名称で不動産仲介ビジネスをスタートしている。ソニーと同様にイオン銀行などで住宅ローンを取り扱っており、全国約130カ所のイオンモールに不動産店舗の出店を始めたところだ。
ソニーには、イオンのような強力な店舗網はなく、収益性の高い売買仲介でネット取引が普及するかどうかも未知数だ。「提供するサービスの詳細については検討中で、まだ話せない」(ソニー広報)としているが、わずか3年で上場可能な不動産会社をゼロから育てることは簡単ではない。

ソニーの迷走がとまらなくなってきてるようですにょ(σ´∀`)σ
既存ビジネスでは勝負に負けてばかりで最近は撤退リストラだけが紙面を飾っています
大手電機各社の中では圧倒的に負け組みのポジションだおね
得意のビジネスで稼ぐということができなくなってるのでなかなか厳しいんじゃないでそか。

ソニーといえば理系エンジニア出身者の役員数が激減してるのが目につきます
昔のソニーは理系役員がいっぱいいて、文系役員はそれほど幅を利かせてませんでした。
今のソニーは茶坊主と学歴がある文系出身役員ばかりだな〜という印象だおね
モノ作りをやってる企業がこんな役員構成を作ってしまったらお終いでそう。
戦略うんぬん以前に、人事面を含めた改革をしないと救いようがないと思います(゚д゚)、ペッ

確かに、過去のソニーは金融業に進出して生保や損保で大成功をおさめました
でもそれは当時のソニーにまだ資金的・時間的な余裕が十分あって
長期的スタンスで事業構築に取り組めたという面が非常に大きかったと考えてます。
今のように時間もお金もないソニーに、長期的スタンスで5〜10年計画
不動産事業に投資して大手に伸し上れるほどの余裕があるとはとても思えないんですおね
今の平井さんが辞めたら速攻で不動産事業なんて撤退になるんじゃないでそか
そんな状況と支援体制で新規事業立ち上げなんてどうかしてるとしか思えません(´;ω;`)
ぼくちんには失敗フラグが立ってる様にしか見えませんにょ(σ´∀`)σ


ソニー(6758) 1646円 −49円 (−2.89%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6758
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6758.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
リバウンドなしで2日連続の大幅下落となったソニーさんです(*´∀`*)ムフー
日足チャートでは1770円を割れこんだ時点で雲を下に突き抜けて下げトレンド確定です
おまけに週足チャートでも1600円を割りこむとこちらも雲を下に突き抜けます。
リバウンド期待で安易に買い向かうようなタイミングとは思えません(´・ω・`)
ま、1600円割れるまで急落したら一度は弱いリバウンドくらいありそうですが
わざわざそんなしょーもないタイミングで買いにいく意味があるとも思えませんφ(.. )
同じ資金で225先物でもやった方がよっぽど勝率も儲けも大きいでそ






ss2286234570 at 02:41|PermalinkComments(1)TrackBack(0)