yogurting ヨーグルティング

スマートフォンアプリ

2015年06月06日

クリック証券、CFD取引専用iPhoneアプリ『iClickCFD』をリリース

GMOクリック証券株式会社は、2015年6月3日(水)より、CFD取引専用iPhoneアプリ『iClickCFD』の提供を開始いたしましたので、お知らせいたします。当社は、この度、先日リリースいたしましたCFD取引専用Androidアプリ『CFDroid』に続き、お客様からのご要望が多かったiPhone専用CFD取引アプリ『iClickCFD』の提供を開始いたしました。
0606













■iClickCFDの特長
1)直観的に操作できるCFD取引専用のiPhoneアプリ
ひとめでトレンドを把握できるウォッチリストをはじめ、直観的に心地よくお取引いただけます。ウォッチリストからトレード画面、注文一覧から注文変更など、関連ある操作が簡単に行えます。

2) ひとめでトレンドを把握できるウォッチリスト
ウォッチリストを活用すれば、気になる銘柄の変化をひとめで把握することができます。単なる値動きのある数値ではなくチャートとして表示できるためトレンドも同時につかめます。

3) 人気のスピード注文をはじめ、さまざまな注文方法もスムーズ
PCと同じ注文方法をiPhoneからも行えます。スピード注文もPCと同じ注文パネルの内容を再現。外出先など、どこにいてもいつもと同じ取引ができます。
0607




4月にCFDのAndroidアプリをリリースしたばかりのクリック証券ですが
今度はiPhone版でもスマートフォンアプリを出してきましたΣ(゚д゚;)
ふつう一番最初に出したスマホアプリってのは「取引できりゃいいや」程度の廉価品ですが
機能面をみるともう改良の余地がほとんどないところまでいきなり作りこまれてるおね
クリックだけで注文できるスピード注文やアプリからの振替入金機能とか
去年の12月にもいきなり中国や米国株を70銘柄ほど追加してアプリまで投入とか
そーとーなハイペースで先行投資してるのがわかります

しかし一方で、クリック証券は日経225先物(ミニ先物もふくむ)専用のスマホアプリは
これまでに一度もリリースしてないという不思議なことをやっています
本来なら開業当初からあつかってる日経225先物のアプリを出す方が先だおね。
今では国内のネット証券ではSBI証券楽天証券松井証券岡三オンライン証券
(マネックス、カブドットコムはよく知らない)
あたりは数年前から先物専用のスマートフォンアプリを出してきていますφ(.. )
なんでCFDのスマートフォンアプリはだすのに先物アプリはださないのかって話だおね。

その理由はたぶん市場シェアにあるんじゃないかと思うんだおね
CFD市場では2012年にはすでにクリック証券が市場シェア60%をもってます
その後さらにCFDから手を引いた証券会社が大量にいたので
今はそれがさらに寡占化されて80〜90%のシェアをもってる可能性が高いでそφ(.. )
ビジネスをやってる人ならわかると思うけど、このシェアって収益に密接に絡んでるんだおね。
参入業者が多くてシェア争いが非常に激しい業界では知名度の高い上位企業が有利です。
例えば、吉野家と松屋とすき屋が並んでる立地に、知名度の低いそば屋がやってきて
試しに牛丼屋をやってみてもまず99.9%の確率で商売は失敗するでそう
(ネット部門が苦手なジョインベスト証券がやったのがまさにこれでそう)
反対に、ライバルがどこにもいない立地に国内NO1シェアのそば屋やセブンイレブンが
やってきて出店すれば、その地域の需要を独占できるので成功しやすくなります

さらにいうと、シェアを独占してると競争原理が働かないんで値下げ競争にも無縁だおね
小型モーター製造で世界シェアが圧倒的の日本電産利益率がすごく高い
そんな大きな市場でなくても市場を独占しちゃうと大きな旨味があるってことでそ。
工作機械製造大手のファナックなんてシェアが高くて利益率高いし大儲けしてるおね

クリック証券のツールをみると明らかに二極化やってるのがわかります
(ライバルに価格コントロール、市場コントロールを握られてない市場では)
市場シェアが高いFXやCFDはPCツールやスマートフォンアプリを徹底的に作り込むけど
その他の市場シェアが低い株式や先物ではあまり先行投資をしていません。
株式だとまだ貸し株もないし信用取引の種類も多くなくて、むしろ最小限に抑えてるおね
利益もそれなりに稼いで資金もあるはずなのに戦線の拡大は明らかに抑えてます。
要は、大手のSBI証券や楽天証券と正面衝突することを意図的に避けてんだおね。
一方の岡三オンライン証券やジョインベスト証券は真正面から大手と衝突してます。
岡三オンライン証券は商品ラインナップは年々増えていく一方ですにょ(σ´∀`)σ
株式やFXだけでなく日経225先物や投資信託でもどんどんツールや機能を増やしてます
もちろんお客目線だけでいえばそれが決して悪いことではないんだけど
商品ラインナップを無闇に増やせば運用コストが増えて損益分岐点も跳ね上がります
しかもそれぞれの商品でのシェアが低いので厳しい値下げ競争に晒されています
強者と真正面から戦ってるわけですから累積損失100億円の原因はまさにこれでそう

同じ後発のネット証券ですが、クリック証券と岡三オンライン証券は
まったく異なった戦略でSBI証券や楽天証券と対峙してるってことでそうφ(.. )
クリック証券はアメリカとゲリラ戦やったベトナム。岡三オンラインは日本帝国軍でそ。


2015年04月25日
GMOクリック証券がCFD専用のアンドロイドアプリをリリース

2012年11月25日
クリック証券の店頭CFDシェアが60%を超える


ss2286234570 at 08:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年12月19日

日本のスマートフォンアプリの売上げが世界一に!

日本のスマートフォンアプリ売上高が米国を抜いて世界一に
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1312/12/news038.html
App Annie による最新のレポート「Japan Outspends US, Continues Meteoric Growth」により、10月、日本のスマートフォンアプリの月間売上高が米国を抜き、世界一になったことがわかった。10月の日本におけるアプリの月間売上高は3億5,000万ドル近くにものぼったという。
App Annie は、今回の調査結果を次のようにまとめている。
「2013年が、日本のスマートフォン普及率が米国に追いついた年だったとするならば、2014年は完全に追い抜く年となるだろう」レポートは今回の調査を受け、世界中のアプリ開発者による日本への投資が今後増加すると見込んでいる。だが一方、同レポートは米国のアプリ開発者に対して、安易にアプリの日本語化をすべきではないと警告する。日本で成功するには、日本の文化や習慣に対する理解が必要なだけでなく、テレビなどでの大規模な広告も要求されるため、海外からの参入は容易ではないとしている。
1219









Google Playで日本が北米を抜いて世界No.1の売上規模へ成長
まだヤフーニュースにも載ってなかった気がしますが、
このニュースって地味にけっこうすごいんじゃないかと思いますにょ(σ´∀`)σ
米国よりもはるかに人口が少なくスマートフォンの普及もそれほど早くもなかった日本が
スマートフォンアプリの売上げが世界一いってのは驚きです

詳細はリンク先の記事を読んでもらうしかないですが、
日本は2012〜2013年にかけての2年間足らずで
ものすごい速度でスマートフォンが普及し(一方でガラケーアプリが一気に駆逐され)
また、スマートフォンアプリの売上高が異常なペースで伸びていることがわかります
ここまでいくとある種の産業革命(少しいい過ぎ)といってもいいかもしれません。
ただ、この変化が企業の業績と株価に多大な影響を与えたのも事実でそうφ(.. )

このわずか2年間の間にも国内で大きな変化が起こり、企業に影響が出ましたΣ(゚д゚;)
「強いものが生き残るのではなく、生き残ったものが強いのだ」とよく言われますが、
まさしくその通りだなと思い知らされた2年間だったかもしれません
々馥盞搬喩稜筌轡ДNo1(シェア25%)だったNECがスマホ事業からまさかの撤退
▲ラケーに特化していたグリーとDeNAが坂から転げ落ちる
スマホアプリで当てたガンホーがまさかの時価総額1兆円を達成
ぅ好泪杙業に特化して投資を進めたサイバーエージェントが大成功、時価総額2700億円
ゥ好泪曠▲廛螢押璽爐廼盥曚魴,蠹てたコロプラの時価総額が3400億円を超える。

やはり一番の驚きはNTT一家とまで言われてたNECの凋落でそう
ここまで急激に低迷して落ちぶれるってのはなかなか予想できなかったと思います。
NECは従業員数が単独で23,000人、グループ全体で102,000人もいる大企業です。
しかし、現実にはまともに利益を稼ぐだけでも苦労してるようです(´・ω・`)
今期の通期の営業利益の目標額は1000億円と書いてあるのに
第2四半期(2013年4月〜2013年9月)までの半期の営業利益がたった4億円
http://jpn.nec.com/ir/pdf/library/131030/131030_01.pdf
まー、足元の業績は少し回復傾向ですが、10万人もいて利益がこれだけかよ。。と
むしろ高い人件費を払うのにいっぱいいっぱいで存在自体が生活保護の支給者的立場です。
下半期はもう少し稼げそうだけど、これだけ景気回復してるのにたったそれだけかと。
消費税アップでまた少し景気が後退したらまたボロボロになっちゃうんじゃないのかと

NEC(6701) 227円 +1 (+0.44%)
http://kabutan.jp/stock/chart?code=6701
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6701.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss
時価総額は5,912億円です
従業員が単独で23,000人、連結で102,000人いてこの評価ってのは恐ろしく低いです。
ほとんど利益に貢献できてない余剰人員がまだ相当残ってるんではないでそか
10年後に潰れてるとは思いませんが、末期のサンヨー電機みたいになって
規模も売上げも従業員も1/5とか1/10とかまで減ってそうな気がしなくもないです 
なにより既存事業バランスも不安定すぎて、おまけに新規事業も伸びてこない。
未来的な明るい見通しってのがまるで見えてきてないですおね(´・ω・`)

ss2286234570 at 07:25|PermalinkComments(0)

2010年09月18日

野村ジョイのiPhoneアプリ(FX専用)が9/17にリリース

野村證券、iPhoneアプリ「野村FX」の提供開始
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20100908-OYT8T00385.htm
野村證券は、9月17日よりスマートフォン向けサービスを拡充する。投資情報を無料で提供するスマートフォン専用サイトと iPhone 用アプリを導入し、インターネット取引専用サービス「野村ジョイ」の口座保有者向けに、iPhone 用 FX トレードアプリ「野村FX」を提供する。
スマートフォン専用サイトでは、マーケット概況、株価検索、ニュースやレポートの閲覧、銘柄登録できる「My 銘柄」などの投資情報や機能を同社の口座保有の有無にかかわらず、利用することができる。iPhoneアプリでも、スマートフォン専用サイトと同様の情報と機能を提供するほか、動画セミナーなども視聴できるようになる。

野村證券、iPhone向けFXアプリ提供開始に伴い「SPRINT Mobile」を採用
http://www.simplex-tech.co.jp/cgi-bin/release.cgi?tmpl=release&no=2&id=344&count=1
iPhone向け「SPRINT Mobile」を採用した野村證券は、同社のインターネット取引専用サービス「野村ジョイ」において、iPhone用FXトレードアプリ「野村FX」の提供を9月17日より開始しました。
野村證券は、同社の店頭FX、並びに2つの取引所FXビジネスにおけるシンプレクスのシステム開発実績に加えて、シンプレクスがサービス提供している人気iPhoneアプリ「Simplex FX」の実績を評価し、今回の採用に至りました。


例の野村證券が精神疾患のお客に投信の回転売買をさせて負けた判決のニュースの裏で
iPhoneの新アプリのリリースのお知らせが出てたようです
基本的なデザインはシンプレクステクノロジーの開発したiPhoneアプリそのまんま。
開発元はシンプレクスなので商品の質自体はそれなりだと思います
ただ注文画面の画面遷移がまだるっこしいですね(´Д⊂)
為替は通貨ペアも限定されてるシンプルな商品なんだからもっとシンプルな画面でいい
ゴテゴテ付けると重い画面遷移がめんどくさいだけなので
もっと無駄な画像や画面遷移を減らして発注までの過程を省略すべきですね


ss2286234570 at 11:05|PermalinkComments(1)