yogurting ヨーグルティング

スマホ証券

2020年10月18日

米ネット証券ロビンフッドでハッキング被害 約2000件

米ネット証券ロビンフッドでハッキング被害 約2000件
2020/10/16 8:00 日本経済新聞
若者を中心に人気が高まっているスマホ専業の米ネット証券、ロビンフッド・ファイナンシャルがハッキング被害に遭ったことが分かった。米ブルームバーグ通信によると規模は2000件近くにのぼったという。新型コロナウイルス感染拡大による外出制限を受けて顧客数が爆発的に増え、体制強化に追われている。「7千ドル(約74万円)相当の株が勝手に売られ、お金が引き出されていた」。ある利用者はツイッターにこう書き込んだ。「問題を通知したがロビンフッドから反応がない」など、被害に遭った利用者によるSNS(交流サイト)への投稿が相次いだ。
ロビンフッドによると、被害に遭った利用者はアプリ外で個人情報を盗まれたことが原因だったという。同社は日本経済新聞の取材に「被害にあった利用者の口座を保護する努力をしている」とし、「利用者の口座のセキュリティーは最優先であり、真剣に受け止めている」と述べた。
1018









ロビンフッド、700億円を調達──株取引ブームで企業価値は1兆円超
2020年 9月 24日15:00 CoinDesk Japan
株取引アプリを手がける米ロビンフッド(Robinhood)が最新の資金調達ラウンド(Gラウンド)で6億6000万ドル(約700億円)を調達した。ロイターが24日、報じた。今回のラウンドでは、すでに4億6000万ドルの資金を調達していたが、D1キャピタルがさらに2億ドルの投資を申し出たという。これにより、ロビンフッドの企業評価額は117億ドル(約1兆2300億円)に達したと広報担当者はロイターに語った。
調達した資金は、現金管理と定期的な投資機能の拡充などに充てられる。また、ロビンフッドはUX(ユーザーエクスペリエンス)を改善するとも述べている。


米ロビンフッドは客が増えすぎてアクセス増えたからサーバ落ちまくりって
ってのはニュースで知ってたけど、さすがにこれはいかんでしょ(゚д゚)、ペッ
客が増えすぎてアクセス殺到したからサーバが重いってのならまだ容認できるけど
第三者に勝手にアクセスされて株売却されてさらに資金も勝手に出金されてるのに
問い合わせても放置されて無視されましたってちょっとシャレになってない

昔はもっとまともな証券会社なのかなって少し期待してたけど
客の注文をそのまま超高速取引業者(HFT)に流しして稼いでるって知ってからは
米ロビンフッドという会社になにかを期待する気持ちは一切なくなりました(´・ω・`)
ようはそれって客の注文を食い物にして稼いでますって言ってるだけですからね。

米ロビンフッド側の言い訳だとこの2000人は自社アプリ外で個人情報を盗まれて
そのせいで不正アクセスされたから自分たちに責任はないって言いたいんだろうけど
あまりにも被害者数が多すぎるし、今まで気がつかなかったのは完全に怠慢でしょ
2000人も被害者出したのに被害状況をまったく把握できてなっくて
おまけに自社が対応遅れたのは棚に上げて自己責任になすり付けるってどうなのよと
被害拡大を食い止める努力を放棄して今ごろになって言い訳されても呆れるわ

「セキュリティーは最優先事項」だって言い訳も被害者出してから言うことじゃないよね
今までは集客と利益のことばっか考えてセキュリティーを完全軽視してたからこそ
こんな大規模な不正アクセスと不正出金という犯罪を2000件も起こしちゃったわけで
事故起こした後でこんな言い訳がましい嘘っぱちの回答されても反吐が出るでそ
(そこは正直にセキュリティ強化なんて無視してましたって喋った方がまだマシ)
100%とは言わないけど現時点でいえば責任の70%以上はロビンフッド側にあるおね。
はっきり言ってもはやここまで酷いと金融機関ですらないと思います(゚д゚)、ペッ

日本のゆうちょ銀行と米ロビンフッドはもはや金融機関失格だと思うんだおね
損失補填したゆうちょ銀行はその点だけはまだ救いようあるわけですけどφ(.. )
こいつらは明らかに一番重要な金融機関としての意識が完全に欠如してると思う
やっぱり嘘をついて言い訳する自称金融機関ってさすがにもう終わってるわ。
他人(VC)の金で相撲とって遊んでる会社にしか見えないんですよね(゚д゚)、ペッ

米SECがロビンフッド調査、注文処理の開示巡り 米報道
2020/9/3 6:29 日本経済新聞
米ネット証券のロビンフッド・ファイナンシャルが顧客の注文を超高速取引業者(HFT)に回送している事実の開示を怠っていたとして、米証券取引委員会(SEC)の調査を受けていることが分かった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が2日、報じた。同紙によると、1000万ドル(約10億円)以上の罰金が科される可能性があるという。

2020年09月24日
SBI証券の自称被害者、ほぼ自業自得と判明したもよう

2020年09月16日
【悲報】SBI証券さん、顧客資産9,864万円が偽口座に流出!
https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2020-09-16.html

2020年09月04日
米SECがロビンフッド調査、注文処理の開示巡り 米報道

2019年11月19日
SBI証券「日経にインチキ暴露されたから急遽止めましたwww」


ss2286234570 at 08:15|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年10月09日

LINE証券「2022年までに営業収益100億円を目指す!」

31万口座突破のLINE証券 5大ネット証券の一角に食い込むか?
2020年09月30日 ITmedia
LINEが野村ホールディングス(HD)と組んで開始したLINE証券が好調だ。9月29日の会見で、サービス開始から1年で、口座開設数が累計31万口座に達したことを明かした。さらに2年後の2022年には、「100万口座、営業収益100億円を目指す」(LINE証券 Co-CEOの落合紀貴氏)と打ち上げた。
これが実現すると、5大ネット証券と呼ばれるSBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券の一角に食い込む規模感だ。auカブコム証券の口座数は8月時点で118万あまり、新規口座開設数は直近の半年で3万5000程度だ。松井証券は126万口座(6月末)、マネックス証券は188万口座(8月)となっている。
SBI証券(542万、4月)と楽天証券(440万口座、6月)は、口座数でも新規口座開設数でも頭ひとつ抜けているが、マネックス、松井、カブコムの新規口座開設数は年間で5万〜10万程度。開業からわずか1年で31万口座に至ったLINE証券には勢いがある。
単元未満株取引サービスだけでなく、11月には投資信託の取り扱いを開始。20年3月にはFX、5月には一般的な取引所取引と信用取引、6月には積み立て投資と、ラインアップを急速に拡充してきた。「投資未経験者や初心者が、経験を積みステップアップしてきたことで、次のステップに進みたいという要望を受けて選択肢を増やしている。フルラインアップを揃えてきた」(落合Co-CEO)

LINE証券、2022年に100万口座、営業収益100億円──野村との連携を深化
2020年9月29日15:08 CoinDesk Japan
LINEと野村ホールディングスが昨年に立ち上げたLINE証券は、口座開設数が31万を超え、2022年には100万口座を目指す計画を明らかにした。LINE証券は、20代から40代の働き世代をコアターゲットに据え、スマートフォン株取引事業を進めてきたが、今後は50代から60代も含めた長期投資を目的とするユーザーを広く取り込んでいく。
LINE証券は29日の会見で、現時点での預かり資産残高などの数字を開示しなかったが、営業収益を2022年には100億円まで伸ばしていくと述べた。




LINE証券 2019年第4四半期(2019/1〜2019/12)決算
https://vos.line-scdn.net/securities-frontend/common/static/pdf/Gozjks/LINESecurities_Gozjks_1912.pdf
営業収益−4,704万円万円
営業利益−39億6,209万円
経常利益−39億6,274万円
当期利益−39億6,656万円
0722













しかしLINE証券のCEOの落合氏って(脳みその中が)ものすごい人物ですねΣ(・ω・ノ)ノ
会社がこんなボロクソの状況でおまけにSBIに挟み撃ちされてるのに
(SBI証券とSBIネオモバイル証券に挟まれて身動きすらできない)
2022年には営業収益(=売上高)を100億円まで伸ばしていく予定だそうです
竹刀と剣道着着て戦車に真正面からケンカを売ってるようなもんですけど
ここまで現実を直視できないリーダーってのはむしろ尊敬すらしてしまいます

LINE証券には4つくらい非常に大きな問題があるんですよね
SBI証券とSBIネオモバイル証券に挟み撃ちにされて抜け出せる出口がない
株でもFXでも手数料値下げ競争圧力が強すぎて収益が上がる見込みがない
7弍沈鑪が悪すぎ。かつ、商品ラインナップ増やしすぎてコストアップしまくり

については言うまでもなく、会社の準備が遅れたことも痛いですよねφ(.. )
先にLINE証券を作ると発表したのに後から参入予定を発表したはずの
SBIネオモバイル証券が先行されてしまい後発の方が先に開業してしまいました。
おそらくLINEと野村證券が合弁でスマホ証券を作る話を耳にした北尾さんが
こっそり隠れて裏側でSBIネオモバイル証券の設立準備をしていたんでしょう

はある意味最も大きな敗因でしょう
これから株の手数料は無料化に向かうからその部門では稼げません(´・ω・`)
FXもスプレッド値下げ競争が激しすぎてまともに収益を生むことはまず無理
2年後の2022年に営業収益100億円稼ぐといってもそれを稼ぐ商品がありません。
今から1から何かを開発してその商品で稼ぐくらいしか選択肢はないでそ。

LINE証券は本来なら弱者の戦略を採るべき立場なんですよねφ(.. )
SBI証券とバッティングしないニッチな商品でシェアを伸ばして収益を稼ぐ戦略で。
でも実際にやってるのは商品数をやたら増やしすぎてSBIのマネにしかなってません。
投信や積み立て投信、iDeCoの取り扱いを開始したので
次はNISA口座、積み立てNISA、外国株式、IPOと商品を増やしてく計画のようだけど
株だけでも店頭型と東証の市場型を2こも並列してるからコストは膨れ上がりまくり
この先アホみたいに商品数を増やしまくったらコスト増で黒字化の可能性は0%でしょ

バブル期にトヨタを追い抜こうと販売チャンネルと車種と店舗数を2倍に増やして
コスト増で倒産寸前までいった中位自動車メーカーのマツダの戦略とよく似てます
(車種と販売チャンネルの削減、プラットフォーム共有化によるコスト削減で復活)
でも実際にLINE証券がやるべきは大手とのバッティングを避けたスズキの戦略でしょ

まあ何が言いたいかというとLINE証券は今まさに孫氏の兵法の真逆をやってるってこと。
本来なら徹底的に商品数を絞り込んで、稼げる商品の開発のみに資金を投じて
SBIや楽天とバッティングしない商品に特化した戦略をやるべきなんだおね。
そういう意味で、CEOの落合氏はそのへんの犬より頭が悪いと思います(´・ω・`)
申し訳ないけど予想する必要なんて一切なく廃業まっしぐらでしょう

ちなみになつさんは去年〜今年にLINEの知り合いを通じてLINE証券の
現役社員や元社員と直接会って食事したりという場が何回かありましたφ(.. )
はっきり言えば、現場の人間はすでに先がないことをちゃんと理解してるようですね
親会社が数百億の増資してくれるし、待遇もいいんで職場としてはGood!らしいけど
開業してまだ1年も経ってないのにやたら転職の話をしてたのが印象的でした

キャリア大手(PayPayやd払い、AUPay)との争いで資本を使い尽くしてしまい
VCから増資が断たれて身売りした「Origami」と同じコースをたどるでしょう
最終的にはジョインベスト証券と同じく野村のネット部門に吸収合併でしょう。

2020年07月23日
絶賛迷走中!LINE証券 なぜか株取引サービスを2本走らせちゃう

https://ss2286234570.livedoor.blog/archives/2020-07-23.html

2020年04月19日
ベンチャーキャピタルの死体置き場、スマホ証券の未来

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2020-04-19.html

2020年04月18日
LINE証券「200億円お代わり!」 ジョインベスト証券ロードを爆走中

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2020-04-18.html

2019年04月16日
SBIネオモバイル証券が4月10日に開業 〜仁義なき戦い2〜

2019年04月14日
SBIネオモバイル証券が4月10日に開業 〜仁義なき戦い1〜

2018年10月29日
【スマホ証券】第二次仁義なき戦い勃発 野村證券 vs SBI証券


ss2286234570 at 06:09|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年09月04日

米SECがロビンフッド調査、注文処理の開示巡り 米報道

米SECがロビンフッド調査、注文処理の開示巡り 米報道
2020/9/3 6:29 日本経済新聞
米ネット証券のロビンフッド・ファイナンシャルが顧客の注文を超高速取引業者(HFT)に回送している事実の開示を怠っていたとして、米証券取引委員会(SEC)の調査を受けていることが分かった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が2日、報じた。同紙によると、1000万ドル(約10億円)以上の罰金が科される可能性があるという。
2013年創設のロビンフッドは顧客の注文をHFTに回して受け取るリベートを主な収入源としている。だが、そのことを18年まで開示していなかった。同社はリベートを原資に売買手数料を無料としており、若年層を中心に個人投資家の取引が急増している。今年3月以降の上昇相場では同社を通じた売買がけん引役のひとつになったとされ、米株市場では「ロビンフッド現象」として注目が高まっている。
ロビンフッドは顧客が最良価格で取引できるような措置を導入していないとして、19年にFINRAに125万ドルの罰金を支払った。

フィンテック拡大のひずみ 米当局、ロビンフッド調査
2020/9/3 22:00 日本経済新聞
米国を代表するフィンテック企業、ロビンフッド・ファイナンシャルに対し、当局が監視の目を強めている。2日には米証券取引委員会(SEC)が調査に入ったと報じられた。開示や投資初心者の保護などで問題を指摘され、急成長のひずみが露呈している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは2日、SECがロビンフッドの過去の開示を調査中と報じた。同社の成長の起爆剤となってきた、株式など証券取引の手数料ゼロを可能にする仕組みにかかわる開示が適切ではなかったとみている。
同社は手数料を無料にする代わりに、別の収益源を持つ。顧客の注文をHFT(超高速取引業者)と呼ばれるブローカーに回送する見返りに、リベートを受け取る。これが、手数料ゼロの原資となっている。HFTは自らの売買と付け合わせるなどで、取引量を増やすメリットがある。ロビンフッドは2018年秋まで注文回送の事実を公表せず、信用取引からの収入と、預かり口座から得られる利ざやを主な収入源としていた。HFTからリベートを受け取る仕組みは合法で、他のネット証券も収益源の1つにしている。ただHFTが売買のなかで利ざやを稼ぎ、結果的に個人投資家は不利な価格で売買させられているとの指摘もあり、論争を呼んでいる分野だ。
ロビンフッドはリベート収入への依存度がチャールズ・シュワブなど他の大手より高いとされる。SECは重要な情報を伏せたまま、顧客獲得に動いたことを「詐欺」にあたるとみているようだ。ロビンフッドの業務姿勢が問われるのは、今回が初めてではない。19年12月には業界の自主規制機関、米金融取引業規制機構(FINRA)に罰金125万ドルを支払った。HFTに注文を回送した後に、個人にとって最良の価格で執行されているか十分に確認していなかったという。今年3月の相場乱高下でシステム障害が頻発し、損失を被った投資家が集団訴訟を起こしている。
0904










前にも書いたけど米ロビンフッドってとんでもないクズ会社なんだよね(´・ω・`)
でも以前は顧客の売買データ分析のために顧客のデータをHFT(超高速取引業者)
に売って利益を稼いでいたというニュースだったけど、それも正しくなくて
正確には客の注文をそのままHFT(超高速取引業者)に流して約定させていました

日本ではこんなヤバい行為は絶対に行われてないけどアメリカでは合法のようです。
ただしアメリカでも「最良価格で約定させる」というルールは当然あるようで
ロビンフッドはそのルールすら守ってなかったみたいですね(((( ;゚д゚)))
(HFTが最良価格と比較していくらで約定させたのかチェックしてなかった)

それってもはや株取引でも何でもない、株の店頭取引の呑み行為そのものですよね
店頭取引じゃなく市場取引とうたっていながら店頭取引やってましたなんてなったら
ロビンフッドはこの先ヤバいとかそんなレベルで済むとは思えません(´・ω・`)
もし日本でこんな違法取引やってたら即営業停止登録抹消コースでしょう

ロビンフッド側が客の約定が他市場と比較して最良価格かどうかを確認するのは
アメリカだけでなくもちろん日本のダークプールでも絶対条件となっていますφ(.. )
でもそれすらチェックしてなくて守ってなかったとなると
つまり、客はHFT(超高速取引業者)の言いなり価格で売買してたってことです。
HFT(超高速取引業者)が提示する常に不利な価格で高く株を売りつけられ
HFT(超高速取引業者)が提示する常に不利な安い価格で株を売ってたってこと

客の注文をHFT(超高速取引業者)に流して不利約定させて
そこでHFTが稼いだ鞘をキックバックでロビンフッドが受け取ってましたってこと
本当にこういった行為は事実としてあったら廃業コースもありえるでそ
まずその前に顧客から集団訴訟起こされて過去のすべての取引を遡って検証して
不利約定があったらその全額を顧客に返金するということにつながるだろけど

まだ事実認定されてないから判明してない部分もあるんで調査待ちですけど
本当にここまで黒い取引やってたんだったら振り込め詐欺と大差ないよね(((( ;゚д゚)))
ロビンフッドに口座作って入金して取引するという行為は
もはや半グレ集団が経営してる会社にお金と銀行手帳と印鑑預けてるようなもの
必ず資金抜かれて有り金すべて無くなるまで盗まれると思います(((( ;゚д゚)))
(ロビンフッドの経営陣はもとHFTを経営してたから背景もかなり怪しいのよね)

2018年09月28日
米ロビンフッド、取引手数料ゼロの裏側で顧客データ販売に懸念


ss2286234570 at 04:25|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年08月08日

スマホ証券のOne Tap BUY、20年3月期の最終損失は30億1181万円

ソフトバンクとみずほ証券、スマホ証券のOne Tap BUYを合弁会社化
2020年6月19日
ソフトバンクとみずほフィナンシャルグループは6月19日(金)付で「新たなライフスタイルに対応した次世代型金融事業における戦略的提携」を締結しており、協働プロジェクトの第1弾として2社によるOne Tap BUYの共同経営体制が発表されました。ソフトバンクとみずほ証券は、9月末をめどにOne Tap BUYが実施する第三者割当増資をそれぞれ引き受けるとしており、これによりOne Tap BUYはソフトバンクの子会社であるとともにみずほ証券の持分法適用会社となる予定です。

証券ベンチャー浮上せず 「基準クリア」1社だけ
2019/8/7 4:30 日本経済新聞
東証の売買高低迷を背景に、オンラインを含む主要証券会社の2019年4〜6月期決算は軒並み大幅減益・赤字になった。ロボアドバイザー、テーマ株投資など新たなアプローチで個人投資家の開拓を目指している証券ベンチャーも多額の赤字を出し、資本を食いつぶす状態が続いている。
ロボアドによる資産運用サービスを提供し、7月11日現在で預かり資産が1600億円、申込件数が23万口座に達したというウェルスナビでさえ、18年12月期決算は営業収益が前の期の4.3倍の8億8100万円と伸びたものの、最終損益は17億2200万円の赤字と前の期(7億7600万円の赤字)から悪化した。同じくロボアドのお金のデザインも19年3月期は20億7600万円の赤字(前の期は26億1100万円の赤字)だった。
このほか、スマホ専業証券のワンタップバイが15億9000万円の赤字(同15億8300万円の赤字)、テーマ株投資のフォリオが24億2700万円の赤字(同8億3400万円の赤字)、ロボアドに取り組み、野村アセットマネジメントの傘下に入ったエイト証券が7億1100万円の赤字(同5600万円の黒字)、手数料無料の株式売買サービスを提供するスマートプラス(18年11月期)が5億6700万円の赤字という具合だ。「おつりで投資」に取り組むトラノテック投信投資顧問は特別利益に4億円の受贈益を計上したが、300万円の赤字だった。
大手企業が設立した証券ベンチャーも創業期の赤字計上を余儀なくされている。KDDIグループと大和証券グループが共同出資して設立したauアセットマネジメントは4億6700万円の赤字、丸井グループが全額出資して設立したtsumiki証券は3億5300万円の赤字となった。





株式会社One Tap BUY (ワンタップバイ)
https://www.onetapbuy.co.jp/corporate/discloser/discloser.html

One Tap BUY 2019年3月期通期(2018/4〜2019/3)決算
https://www.onetapbuy.co.jp/pub-web/corporate/discloser/pdf/dis201903.pdf
営業収益   2億3,560万円
営業利益−15億7,426万円
経常利益−15億8,000万円
当期利益−15億9,044万円

One Tap BUY 2020年3月期通期(2019/4〜2020/3)決算
https://www.onetapbuy.co.jp/pub-web/corporate/discloser/pdf/dis202003.pdf
営業収益   2億8,553万円
営業利益−19億5,026万円
経常利益−19億4,692万円
当期利益−31億1,696万円

これまでの戦績
2016年3月期 −3億4,787万円
2017年3月期 −8億7,640万円
2018年3月期 −15億8,311万円
2019年3月期 −15億9,044万円
2020年3月期 −31億1,696万円
累計損益 −75億1,478万円

営業開始してからほぼ毎年のように株券印刷して増資しまくりのOne Tap BUYです
ベンチャー企業なのに従業員が増えるどころか2年前からリストラしてますね
47人いた少ない従業員が40人減らされておまけに赤字拡大というお粗末さ。
最早なんのために存在してるのかよくわからないスマホ証券といったところでそ。
これまでに出資してきたVCや事業会社は軒並み損失計上ってとこでしょうか

ベンチャー企業って1000社産まれて生き残れるのは30〜50社って言われてて
5年以内に倍々ゲームで売上高を3〜5倍ペースで増やせなかったら消えていきます
損失額がうんぬんより売上高が増えなさすぎなとこに問題があると思います(´・ω・`)
出資者にこれだけ損させた案件に懲りずにまだ出資するバカ会社がいるんでしょうか

そんな疑問に答えるように手を上げたのがみずほ証券ですね(*・ω・)ノ
2020年9月末をめどにOne Tap BUYが大きな株券印刷で第三者割当増資をして
みずほ銀行に49〜50%くらいの株を持たせようってことなんでしょうかφ(.. )
すでにかなりの損失額なんで1社で負担するより2社で負担する方が楽って考えなのか

あるいは主要株主であるソフトバンクからしたらすでにお荷物になってきたんで
上手くみずほ証券を騙して増資資金を引き出すことに成功したってとこでしょう
あるいは、ソフトバンクはこれから徐々に手を引いて売り逃げするのが目的で
最後は損切りしてみずほ証券に引き取らせようって腹なのかもしれませんね(´・ω・`)
2年後にSBI証券が株式手数料を無料化すると環境はさらに厳しさを増すでしょう
このまま成長曲線を描けないとなれば誰かに引き取らせて吸収合併ですかね

2020年04月19日
ベンチャーキャピタルの死体置き場、スマホ証券の未来

2019年07月25日
ワンタップバイ(OneTapBUY)の創業者社長が首 廃業まっしぐら

2018年08月22日
泥船「One Tap BUY」、ガチでヤバいことになってた

2016年07月23日
スマホ証券「One Tap BUY」は期待はずれもいいとこ


ss2286234570 at 08:06|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年08月06日

スマホ証券FOLIO、20年3月期の最終損失は23億6300万円

オンライン証券のFOLIO、20年3月期の最終損失は23億6300万円
2020年07月05日 19時49分 ソーシャルゲームインフォ
オンライン証券サービスのFOLIOの2020年3月期の決算は、最終損益が23億6300万円の赤字だった。6月30日付けの「官報」に掲載された「第5期決算公告」で判明した。
同社は、「VR」や「京都」などテーマをえらんで投資ができるオンライン証券サービス。「LINEスマート投資」や「おまかせ投資」「FOLIO ROBO PRO」も提供している。
0808




2019年3月期通期決算
営業収益 1,108万円
営業利益−24億3,436万円
経常利益−24億2,339万円
当期利益−24億2,724万円

2020年3月期通期決算
営業収益 4,851万円
営業利益 −22億7,052万円
経常利益 −22億2,689万円
当期利益 −23億6,334万円

創業2年で92億円の資金調達したことしか自慢話がないスマホ証券FOLIOさん
フィンテックバブルの絶頂期にアホのベンチャーキャピタルから金を引き出し
会社の仕事はそっちのけで国内外のベンチャーセミナーに足しげく参加しては
ドヤ顔で「ベンチャー成功の秘訣」とか語ってて恥かしくないんですかね(´・ω・`)

こんな大赤字なのに半蔵門駅の近くのビルに入居して
社内に15部署もあるというとんでもなくアホみたいな組織構成ですねΣ(゚д゚;)
もしかして従業員40〜50人どころじゃなく70〜90人くらいいるんですかね
組織的にも会社的にもあまりにもバカげた経営ゴッコにしか見えません。
出資したVCからしたら笑えないくらいの失敗例になりそうです(´;ω;`)

次世代金融を作るとかって人材募集してるみたいですけど
計算上では最短であと2年くらいで廃業まっしぐらじゃないんでしょうか
前から思ってたけどFOLIOの退職した社員のコメントってかなり辛辣だおね。
全部信じるわけじゃないけどかなり現実に近い指摘があるんじゃないでそうか

個人的にFOLIOについて気に食わないのが都合の悪い情報を隠すことです(゚д゚)、ペッ
会社のサイトを見ても過去1年分の決算情報しか乗せないし、他は削除済み
One Tap BUY (ワンタップバイ)ですら過去の決算情報すべて開示てるのにね。
経験上、都合の悪い決算情報は隠す会社なんて先がないと思いますけどね
https://www.onetapbuy.co.jp/corporate/discloser/discloser.html

https://gurafu.net/jpn/folio
1年目に1.68億損して、2年目に8.34億円損して、3年目に24.27億円の損失です。
4年目の昨年は23.63億円と業績悪化に歯止めがありません(((( ;゚д゚)))
累計でいえば4年間57億9200万円ほど溶かした計算になります
92億円の資本をすでに58億円近く失ってるので残った手元の資本は約34憶円かな
このままだと最短で1.5年で資本金が尽きる計算になってしまいますね
まあそれ以前にあと1年くらいで自己資本が20億円を割り込む可能性が高く
最短で2年以内に資本減りすぎて自己資本維持率的リアルに危険なレベルですね
昨年時点では残り3年の余命かなと書いてましたけどもっと切迫してますね

LINEはLINE証券みたいなカス会社に400億円も増資してくれたんで
アホのLINEフィナンシャルグループがFOLIOに20〜30億増資するかもしれないけど
でもそれって自動車事故で出血多量の病人に絆創膏はってるようなもんでしょう
運がよければAUフィナンシャルグループみたいなバカ会社が買い取ってくれるかもですが

現実問題として大手のカブドットコムですら赤字に転落しちゃってるわけだし
2〜3年後はSBI証券は株式手数料無料化につきすすめばさらに低価格化がすすみます。
手数料収入に依存してるネット証券は赤字転落・廃業がさらに増えてくるでそう
SBI証券や楽天証券みたいに株式手数料に依存しないビジネスモデルに対応してきてる
ネット証券は別として、他のネット証券やスマホ証券はさらに苦境に追いやられます

特にスマホ証券は株以外の商品をほとんど扱ってないので収益源が限定されてます。
そこを潰されたら生き残っていく手段ってのがほぼもうないんですよね(´・ω・`)

<スマホ証券が失敗する理由>
〇埔譴小さいのにすでに6社も乱立するから過当競争に陥っている
△呂辰り言って手数料でも利便性でも通常のネット証券より上回ってない
(手数料安いのがいいなら松井証券の約定代金50万円以下は手数料0円を使えば足りる)
3以外のサービスがないから口座にお金を入れておくと資金効率が非常に悪い
ぜ蠍技餠發僕祥気ない20〜30歳の若者をターゲットにしてしまっている
ゼ入や金融資産を持ってない若年層がそもそも株を買えるわけがない
SBI証券が2年後に手数料料無料化にするからもはや存在価値がない

2020年04月19日
ベンチャーキャピタルの死体置き場、スマホ証券の未来

2019年07月25日
ワンタップバイ(OneTapBUY)の創業者社長が首 廃業まっしぐら
http://ss2286234570.blog.jp/archives/2019-07-25.html

2019年09月23日
スマホ証券FOLIO、廃業までカウントダウン開始!

2018年10月29日
【スマホ証券】第二次仁義なき戦い勃発 野村證券 vs SBI証券

2017年10月21日
新ネット証券「FOLIO(フォリオ)」いきなりSBI証券に潰される


ss2286234570 at 04:46|PermalinkComments(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年07月24日

三井住友、SBIに騙されて大赤字のSBIネオモバイル証券の株買わされる

三井住友とSBI、速攻決着 「楽天証券買収」は不発
2020/4/28 23:00 日本経済新聞
三井住友フィナンシャルグループ(FG)SBIホールディングス(HD)が28日、包括提携すると正式発表した。スマートフォン金融や対面営業など互いの強みを生かすことで思惑が一致。手数料の無料化や顧客の高齢化など事業環境の激変に対応する。金融業界で「デジタル」と「リアル」の陣取り合戦が繰り広げられるなか、既存の大手が組んで対抗する。「近未来の金融地図を見通し、互いが果実を得られる戦略的な提携ができた」。28日、SBIHDの決算説明会で北尾吉孝社長は力を込めた。
実は三井住友FGにはほかにも候補がいた。昨年、秋から冬にかけ検討されたのが楽天証券の買収だ。中核子会社のSMBC日興証券は販売力で大手の一角を占めるがデジタル分野は手薄。野村HDがLINE(ライン)と協業し、大和証券は独自でネット分野を開拓する中で出遅れていた。親会社の楽天が期待した売却額は3千億〜4千億円。楽天市場を中心とする楽天経済圏からの切り離しという条件もつき、交渉は打ち切りになった。「ヤフー」のZホールディングスLINE陣営と組む案も浮上したが、「現実的なSBI」(関係者)に落ち着く。
包括提携に踏み出した両社の突破口はどこにあるのか。
一つはスマホ金融だ。SBIHDは傘下にスマホ専業のSBIネオモバイル証券(東京・港)を持ち、三井住友FGから2割の出資を受ける。買い物のポイントを投資資金に回せるサービスが売りで、デジタルに親しむ20〜30代の若年層が主要顧客。ネオモバイルで資産形成層を掘り起こし、保険や資産運用といった両社のサービスに呼び込む青写真を描く。
0723




SBIネオモバイル証券 2020年第4四半期(2020/1〜2020/3)決算
https://www.sbineomobile.co.jp/image/disclosed/190628_01_disclosed_info.pdf
営業収益 1億1,217万円
営業利益−44億1,216万円
経常利益−44億1,207万円
当期利益−44億1,512万円


記事をちゃんと読んでない人は三井住友FGがSBIに出資して傘下に置こうとしてる
とか、完全に間違ったトンチンカンな理解をしてしまいそうなので丁寧に書いてみます。
今回のこの三井住友とSBIの資本業務提携はSBIにしか利益がありませんΣ(・ω・ノ)ノ
なぜなら大赤字のSBIネオモバイル証券の株を買わせることに成功したからです

もし三井住友FGが出資したのが本体のSBIとか超有力子会社のSBI証券だったら
その株を20%も支配できたらそりゃ三井住友の圧勝と言ってもいいでしょう
でも記事読んだらわかる通り、三井住友が出資したのはSBIネオモバイル証券ですよね
むしろ大赤字のクソ株をよく喜んで買うなと呆れてしまうレベルでしょう

前も書いたけどSBIネオモバイル証券はLINE証券に対抗するためのただの鉄砲玉です
格安手数料というチャカとダイナマイトを抱えさせて邪魔なライバルにぶつけて
マイトで吹っ飛ばして一緒に地獄につれていく役割の会社です
もちろん目的は利益を稼ぐことではなくライバル会社を潰すことです(´・ω・`)
当然ながらSBIネオモバイル証券は赤字覚悟で特攻して自爆する役割の会社です
そんな会社に10〜20億も出資するとか三井住友はアホの子なのかな・・・

ただSBIにとっておそらく予想外だったのはSBIネオモバイル証券の赤字額です。
かなり大規模に商品ラインアップも増やしてるんで投資コストが膨れています
SBIネオモバイル証券はSBIHDの子会社のSBI証券の子会社なので
あまりSBIネオモバイル証券の赤字額が膨れるとSBI証券はさすがに困ります。
とはいえ、LINE証券を撤退に追い詰めるまで止めれないので持て余してもいる訳です。
そこでなにも知らないアホの三井住友FGを騙して出資させたわけだおねΣ(・ω・ノ)ノ

今回の出資で三井住友側はSBIネオモバイル証券の20%の株を所有するようですが
おそらくSBI側は自分たちの損失負担を軽くするためにもっと出資をさせたいはず
最高で持ち株比率49%まではなんの問題もなく三井住友側に出資させるでしょう。
もし年間40億円の損失がしばらく出たとしても被害額は半分の20億で済みますから。
スマホ金融事業に出資したいという三井住友側の焦りを上手く利用して
見事なまでにSBI側がハメこんで大赤字会社の片棒担ぎに利用された構図だおね

飛んで火にいる夏の虫ってのはまさに三井住友FGのこと言うんでしょうね(。・ω・)ノ゙
おまけにSBIと野村・LINEの仁義なき戦いに道ずれすることまで成功しました
なんちゅう頭のいい悪党なんだと少し感心しました(´・ω・`)


三井住友FG(8316)3,034円 −14円 (−0.46%)
https://kabutan.jp/stock/chart?code=8316
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8316.T&ct=z&t=6m&q=c&l=off&z=n&p=s,m25,m75,b&a=v,ss

2019年04月16日
SBIネオモバイル証券が4月10日に開業 〜仁義なき戦い2〜

2019年04月14日
SBIネオモバイル証券が4月10日に開業 〜仁義なき戦い1〜

2018年10月29日
【スマホ証券】第二次仁義なき戦い勃発 野村證券 vs SBI証券


ss2286234570 at 17:46|PermalinkComments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年07月23日

絶賛迷走中!LINE証券 なぜか株取引サービスを2本走らせちゃう

スマホ投資サービス「LINE証券」、新たに株式取引サービスを拡充
5/10より取引所取引(現物取引)をスタート!
2020.04.27
LINE証券は、スマホ投資サービス「LINE証券」において、第四弾サービスとして、新たに株式取引サービスの拡充をいたします。まずは、5月10日(日)18時より取引所取引(現物取引)をスタート*1いたしますので、お知らせいたします。サービス開始から約8ヶ月が経ち、当初のユーザーである“投資未経験者”や“投資初心者”は数々の株取引の経験を積み、“投資経験者”へとステップアップしてきました。そのなかで、「より多くの銘柄を取引したい」「次のステップへと進んでみたい」といったご要望も多くいただくようになったことを受け、「LINE証券」は新たに取引所取引を開始し、まずは5月10日(日)18時より現物取引をスタート*1いたします。なお、さらにサービスラインナップを充実させるべく、信用取引についても、取扱いに向けて準備を進めてまいります。

LINE証券が信用取引開始 制度信用のみ、手数料無料
2020年05月21日 ITmedia
LINE証券は5月21日、新たに信用取引の取り扱いを開始した。利用できるのは制度信用取引のみで、一般信用取引は提供しない。売買手数料は、約定代金に関わらず無料。信用買いの際の金利、信用売りの際の貸株料は、SBI証券、楽天証券に合わせ、それぞれ2.80%、1.15%とした。また、LINE証券の口座を開設していれば、メニューから追加の書類提出なしで申し込み可能と、口座開設を容易にした。



LINE証券が迷走してるのはなにも今に始まったことではありません(´・ω・`)
そもそも初心者向けの株サービスを始めると宣言しておきながら
2019年8月にリリースしたのはレバレッジ1倍の株CFD取引サービスでした
手数料を無料!とうたってるけど裏側でスプレッド抜くまくられるので
下手したら東証の価格より高い値段で買わされて安くしか売れないゴミ商品でした。
(しかもスプレッドは数値非開示でLINE証券側でいくらでも操作が可能)
しかもたった100銘柄しか扱ってないというとんでもないうんこみたいな商品

今までにない画期的なサービスを初心者に提供するとあれだけ宣言しときながら
初心者向けでもない、救いようのないゴミをリリースしてしまいましたΣ(゚д゚;)
よくこんなカス商品でLINEの7000万顧客層にふさわしい商品作ると言えるもんだなと
企画したやつもそれを承認した経営陣も救いようのない無能だなと思ったもんです
(はっきり言ってしまうけど、LINE証券の経営陣は異常なくらいに無能でそ

ようやく自分たちが作った画期的な金融商品がゴミだと気がついたのか
あわててごく普通の取引所取引の株サービスを2020年5月10日にリリースしました。
そして5月21日からごく普通の一般的な信用取引を始めていますφ(.. )

たしかに商品が改善されてまともになったのはたしかに良いことだけど
なんで最初にあんなゴミみたいなレバレッジ1倍の株CFDをリリースしたのって話
ゴミだってわかってたのになんでお客に提供するまでゴミだって気がつかないんだろ。
1年半前にLINE証券の社員って株のことなんも理解してないんだなって書きました。
この記事読んでショックを受けたわけだけど、やっぱりなと思ったんですよね

ネット証券がなぜ取引コスト(手数料)を安くできるかというと
注文の受注をしてるだけで値付けコストを負担してないからなんですよね(´・ω・`)
4500銘柄もある銘柄すべてを1社で価格形成させて約定させるコストも負ったら
どんな裕福な証券会社だってコストに耐え切れなくなってすぐに廃業してしまいます。
だからこそ東証の1か所で値付けと約定を一括で集中処理してコストを下げてる訳です
そのへんは東証と証券会社は持ちつ持たれつなんですよね。

でもLINE証券は従来の取引所取引を正面から真っ向否定してしまって
株CFDを自社で組成してその値付けと約定をLINE証券が負担するなんてやった訳です。
そんなことを1社でやったらランニングコストが膨大にかかってしまうので
ものすごい広いスプレッドでブッコ抜かないと絶対に儲からないわけです('A`)
もちろん4500銘柄も扱うとシャレにならないくらいのコストがかかってしまうので
結果的に流動性があって値付けがしやすい100銘柄が限界だったってことでそ

当然そんなものが低コストで取引できるわけでもなく初心者向きのわけがない。
商品開発するまでそんな当たり前のことにも気がついてないって激バカでそ
挙句の果てに1作目の株取引サービスが失敗作だとようやく気がついて
取引所取引のごく普通の株取引サービスをやろうとなったってことですよねφ(.. )
頭が悪いというか知識がないというかおそろしくズブのド素人集団ですよね

今後どうなるかというとレバ1倍の株CFDサービスはいずれ廃止にすると思います。
なぜなら株商品が2つもあって競合してるという意味不明な状態だからです
非効率なまま株商品のラインアップを2つ走らせるとコストが嵩んで大赤字なので
いずれ来年あたりに株CFDサービス廃止を迫られるでしょう(´・ω・`)

しかもLINE証券ってすでに従業員が100人近くいるんですよね
ネット証券の松井証券ですら従業員は100人程度しかいないのに( ・Д・)
設立したばっかりのスマホ証券の従業員が100人いるとか頭がおかしいでそ
こんなに多かったら低コストでサービスを提供なんてすでに無理ですおね
そんな大規模に会社作るのなら最初からスマホ証券じゃなくネット証券でよかったでそ。
https://vos.line-scdn.net/securities-frontend/common/static/pdf/Gozjks/LINESecurities_Gozjks_1912.pdf

LINE証券開示情報
https://terms2.line.me/LINESecurities_disclosure

LINE証券(LINEの金融部門全体)が失敗した理由
ヽ瑤里海箸魴弍朕悗盻抄醗も誰も理解できていないド素人集団
経営陣や重要なポストに金融や金融システムにくわしい人材がいない
やることなすことすべて適当で戦略性がまるでない
ざ睛算匆饉劼鯊進面同時展開したので、人材不足で戦力も分散させてしまった
イいなり多方面展開をやったので1社あたりの人材・物資不足で戦力が弱い
Ε┘殴張淵い里罵名なSBIの北尾さんを本気にさせて正面衝突してしまった


0824





 ※動画あり





以前と同じこと書くけどこの動画見たときは本気でショックだったおね(゚Д゚)ハァ?
たった100銘柄しかないあのゴミみたいな株CFD開発したLINE証券が
日本の金融を変えるだのなんだの気が狂ったようなことしゃべってんだもん
しかも商品設計も内容もワンタップバイのまんまコピペのパクリっていうね・・・。
いやいや、この株CFDなら大失敗ですぐに廃止するの最初からわかってるだろと。
いやむしろワンタップバイがすでに株CFDで失敗して大赤字計上してただろと。
でももしこれを本気でいってて株CFDの欠陥に気がついてないなら本気でヤヴァイ人材
(LINE本社から指示されて台本しゃべるだけの雇われ操り人形の社長と信じたい)

最もよくないのが一番重要なLINEフィナンシャルのトップの司令塔が無能っぽいこと。
インターネット金融のことまったく理解してないキャリアの人物が金融方面司令官です。
このままいくと予想するまでもなくLINEの金融部門全般が崩壊してくだけでそ
ただでさえ少ない戦力をさらに細分化して多方面作戦で同時に戦線をひらいていくとか。
まして敵対する相手が国内最強チートキャラの北尾さん。勝負とかレベルじゃない。
LINE証券がやってるのは金をドブに捨てながらの集団自殺でしかないおね。
LINEが野村證券と組んだらSBIに徹底的に潰されるって予想した通りになりましたね
あのSBIですら多方面作戦は絶対に避けて、証券➡銀行と手順をふんで手を広げました。
まして北尾さんよりはるかに劣った指揮官がSBI相手に多方面作戦なんてやれば全滅でそ

LINEの失敗の根本的な理由は野村證券を誘ってSBIを背後から奇襲を仕掛けたこと
日頃から野村證券と骨肉の争いをしてるSBIの心理を理解してなかったんでそね。
もしSBIと組んでスマホ証券を設立したなら何の問題もなく成功したはずです。

2019年08月21日
情弱専用スマホ証券「LINE証券」が8/20サービス開始 → オワコンへ

2019年07月14日
【悲報】LINE証券、たった100銘柄しか売買できないクソ仕様と判明!
2019年04月16日
SBIネオモバイル証券が4月10日に開業 〜仁義なき戦い2〜

2019年04月14日
SBIネオモバイル証券が4月10日に開業 〜仁義なき戦い1〜


ss2286234570 at 05:12|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年07月22日

LINE証券、2019年12月期は39億円の営業赤字

LINE証券、2019年12月期は39億円の営業赤字
2020年04月20日 ソーシャルゲームインフォ
LINE証券の2019年12月期(第2期)の決算は、純営業収益4700万円、営業損益39億6200万円の赤字、経常損益39億6200万円の赤字、最終損益39億6600万円の赤字だった。
0722














LINE証券、投資未経験者“大量囲い込み”戦略が孕む危険…仮想通過の二の舞懸念も
2019.09.18 06:00 Business Journal
LINEはフィンテック時代に向け、次々と新サービスを打ち出した。フィンテックはスマホのインフラやビッグデータ、人工知能(AI)などの最新技術を駆使した金融サービスだ。LINEはLINE証券のほかにも、アプリ上で損害保険に加入できるLINEほけん、みずほフィナンシャルグループと組んでネット銀行のLINE Bankを設立。金融の本丸の銀行業にも進出する。
LINEは目下、スマホ決済サービスのLINEペイに力を入れている。LINEの2019年1〜6月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が266億円の赤字(18年同期は29億円の黒字)だった。LINEペイで大規模なキャンペーンを行い、235億円を先行投資したのが原因だという。LINEは広告などをコア事業、決済事業などを戦略事業と位置付けている。現在までのところ、戦略事業が業績の足を引っ張っている。LINEペイ、LINE証券、LINEほけん、LINE Bankなど新しい金融サービスを次々と打ち出しているが、アイデア先行の域を出ていない。いつ収益を生むようになるのかは不透明だ。LINE証券は社運を賭けた大勝負である。



.
LINE証券が2019年8月に開業してからの2期目の決算を発表しましたφ(.. )
先行投資が嵩んでるから赤字なのは当然といえば当然のことですけど
資本の減少幅が半端じゃないなってのがパッと見た印象ですおね
2018年6月に設立LINE証券準備会社は2019年1月に200億円の出資を受けています
そう考えると開業前の1年目と開業して1年目だけで推定65億円の損失だから
尋常じゃないくらいのハイペースで手元資金を溶かしてるのがわかります
あわてて2019年4月に200億円追加増資した理由がよくわかります(´・ω・`)

かつてのジョインベスト証券が1年あたり70億円の損失を出し続けていて
3年目で約200億円の累積損失を出してたんで、その前例と比べても
いくらスマホ証券とはいえ単年で39億円の損失ってのはちょっと大きすぎでそ
赤字額よりもよくないのが開業して半年間の売上高が−4700万円ってところ
売上高がマイナスってことは株のスプレッド還元が原因かなって気がしますね。
8月〜12月の期間で5カ月あったわけだから1ヶ月あたり−940万円ですから
東証の20営業日で割ると1日あたりの売上高が−47万円というとんでもない会社
従業員は60〜100人位いそうだからちょっとおかしいどころじゃないでそ。

短期的に黒字化を狙うのではなく初心者向けに商品ラインアップを増やすとか
かなり悠長なこといってるけどそんなことしてたら経営陣の首が飛ぶだけでそ
少なくともSBI証券は全力で宿敵である野村証券が出資して設立した
LINE証券を全力で叩き潰しにきてるわけだからちょっと安易に考えすぎですよね。
さらに、3年以内にSBI証券が株式手数料を無料化してしまったら
LINE証券も同レベルの無料化を迫られるんで収益の見込みがほぼ立たないんだおね。

最近はLINE証券は必死になって投信とかFXとかに力を入れてるようだけど
資金力のない20〜30代のLINEの顧客層からお客を呼び込んだところで
株以外の商品でそこまで挽回できるほど収益上げるのはちょっと難易度高すぎでそ
とりあえず追加で200億円増資してるんで数年以内に廃業はないと思いますが
じゃあ開業して4年目に40〜50億だのと赤字を計上してるようだったら
3回目の200億円の増資を断られてそこでポシャってお終いかなと予想しています

ちなみに個人的にはLINE証券の未来はないと予想しています(´・ω・`)
なぜなら今後の外部要因はどうあれSBI証券がものすごく本気で潰しにきてるから。
LINE証券を退場させるために手数料無料化に踏み切ったと認めてますからね
これからさらにどんな手を使ってでも本気で潰しに来ると思うんだおね(((( ;゚д゚)))
しかも対抗するLINE証券の経営陣もLINEフィナンシャルグループの経営陣も
ものすごくアホっぽいんでどう考えても勝機がないと思うんですよね
https://toyokeizai.net/articles/-/329686?page=2
SBIホールディングスの北尾氏は1月末の決算説明会で「(手数料無料化の)意図は2つ。LINEが野村と組んで入ってきた。提携による新規参入を封じ込めなくてはいけない。入ってくることに魅力がない(ビジネスだ)と思わせないといけない。それから業界再編(もある)」と明かした。

LINE(3938) 5,530円 +20円 (+0.36%)
2020年04月19日
ベンチャーキャピタルの死体置き場、スマホ証券の未来

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2020-04-19.html

2020年04月18日
LINE証券「200億円お代わり!」 ジョインベスト証券ロードを爆走中

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2020-04-18.html

2019年08月22日
LINEフィナンシャル終了のお知らせ

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2019-08-22.html

2019年08月21日
情弱専用スマホ証券「LINE証券」が8/20サービス開始 → オワコンへ

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2019-08-21.html

2019年02月12日
LINEフィナンシャルに牟田口中将なみの名将が就任!

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2019-02-12.html

2018年11月29日
LINEの金融部門は戦線拡大しすぎのせいで失敗するでそ

http://ss2286234570.blog.jp/archives/2018-11-29.html


ss2286234570 at 06:19|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月25日

スマホ証券スマートプラス 廃業または撤退まで残り4年ほど?

Finatext、KDDIなどから総額60億円の第三者割当増資を実施
2018年07月31日
「金融をサービスとして再発明する」をミッションとする株式会社Finatextは30日、KDDI株式会社、株式会社ジャフコ、未来創生ファンドなどに対して総額60億円の第三者割当増資を実施したこと、およびKDDI株式会社との業務提携を締結したことを発表した。
0904










証券ビジネスをプラットフォーム化するFinatextがKDDIなどから60億円を調達
2018年7月30日 TechCrunch
金融サービス開発やビッグデータ解析、証券サービス提供を行うFinTechスタートアップのFinatextが7月30日、KDDIジャフコ、未来創生ファンドを引受先とした総額60億円の資金調達を実施したことが明らかになった。今回調達した資金はスマートプラスの財務基盤強化に充てられる。顧客のニーズに合わせたさまざまな証券サービスを提携パートナーと協力して提供し、5年以内に「ミレニアル世代向け証券会社No.1」となることを目指すという。Finatextは2013年12月創業。2017年5月にジャフコから14億2500万円の資金調達を実施している。




株式会社スマートプラス

業務及び財産の状況に関する説明書 【平成30年11月期】
https://smartplus-sec.com/assets/static/company/disclosure/report_3_201811.pdf
営業収益 0万円
営業利益 0万円
経常利益 −5億5800万円
当期利益 −5億6600万円

親会社のフィナテキストは年間で経常利益を2億円くらい稼げています
KDDIなどのベンチャーキャピタルから60億円の出資を受けて資金調達してますが
実質的に一番金を出してるのはKDDIなのでKDDIの子会社みたいなもの
証券事業以外だけならこのまま生き残っていけるかもしれませんが
問題は自社で負担できない程の大きな事業(証券事業)に手を出してしまったこと

一番の失敗はその60億円をそのまま証券子会社スマートプラスに出資してしまったこと
このまま証券事業が損失出して資金が焦げ付いて利益を出せないままになったら
ほかで稼いでも穴埋めできなくなるので次の出資を受けることができません。
最終的には証券事業から撤退して残りの事業に専念するハメになるでそうΣ(・ω・ノ)ノ
もっと稼げる事業から順番に参入していくべきでしたね(´・ω・`)
まずは初期投資が少なくてすむFXとか仮想通貨に参入し、そこで成功してから
資金面で十分に余裕ができてから証券事業に参入すべきだったってことです

初年度では損失額が5.6億円ほどと軽く済んでいますが
2年円からはさらに負担が増して15億〜数十億円赤字が増えていくでそう(´・ω・`)
いくら証券業以外で稼げても、証券事業で毎年15億円の損失を出してたら厳しい。
残りの余裕資金が60億円しかないってことは勝負可能なのは3年目までΣ(゚д゚;)
それまでに売上高(=営業収益)を20〜30億円くらいまで増やせるかがすべてですね
もしそれができなければ追加増資に応じてもらえなくなるのでジ・エンドでそ

スマートプラスに限らずスマホ証券の一番の失敗の理由は顧客層です
現在のネット証券のメイン顧客層は30半ば〜60代までの資産を持ってる層ですが
新しく参入してきたスマホ証券はターゲットにしている顧客層が若年層の
20才〜30代前半までの資産を持ってない年齢層なんだおねφ(.. )
いくら技術を磨いても、スマホの操作性やUI改善をしてみたところで
お金を持ってない人に株を売って儲けるというのは残念ながら不可能といえるでしょ

20代〜30代前半というのは平均貯蓄額はせいぜい20〜30万円しかありません
こんな少ない資産ではまともに株を売買することはできないのが実情です
もっと収入が多くて可処分所得があって最低でも投資可能額が200〜300万円
持ってる年齢層をターゲットにして顧客に取り込まないとまったくダメでそ

なにより投資可能額が20万しかないならわざわざスマートプラスを利用する意味もない。
岡三オンライン証券なら1日あたり約定代金20万円まで手数料が無料だし
松井証券も1日あたり約定代金10万円までは手数料が無料なんでそっちを使えばいいだけ
なんでわざわざスマホしか取り柄のないスマートプラスを使う意味があるだろうか

そもそも株取引ってスマホをポチポチ押してれば誰でも稼げる甘い世界ではありません
相当な経験や知識を持ってないとまず株式投資自体を行うことが難しいし
勝って稼ぐには財務やチャートの分析にかなりの時間を投資する必要がありますφ(.. )
仮想通貨やFXなら主要銘柄数がせいぜい2〜5くらいしか選択肢がないので
スマホさえあれば取引や分析もそれなりに足りるということはあるでしょうけど
4000銘柄以上の中から選択して分析しつつ、先物為替の値動きを常にチェックしながら
スマホだけで取引していくのは残念ながらデメリットしかありません(´・ω・`)

株で本気で稼いでいこうと思ったらどうしてもパソコンだけは不可欠でしょう。
しかし20才〜30代前半までの年齢層は可処分所得が少ないし金がないので
パソコンを維持していくことができないのでスマホしか持てない人が多い年齢です
パソコンも持てない、金も持ってない人に株を買わせるってのはその時点で無理でそ
まあ10万円でも株をやることはできても損失抱えて身動きでくなってそれでお終いです。

アメリカでもスマホ証券はあるけどあれは日本のものとは違いますφ(.. )
アメリカでは日本と違ってネット証券の手数料がものすごく高いんですよね
だからそこそこ資産を持ってる30〜60代の年齢層の投資家もスマホ証券に移りました。
しかし日本ではネット証券の手数料がアメリカと比べて圧倒的に安いんだおね
(手数料だけでなく金利も含めて取引全体のコストが安いって意味です)
これじゃ資産を持ってる30〜60代の投資家はわざわざスマホ証券に移らないでそ

残念だけどスマホ証券はビジネスモデルそのものが実質的に破綻してると思います
アメリカで流行ってるから日本でもスマホ証券作りましたみたいな甘さを感じます。
バカが出資してくれたから思いつきで登山しましたってレベルの戦略性しかない
SBI証券の決算資料やIR資料読むとかなり深い戦略性を感じるのに
スマホ証券はどれだけIR資料を読んでも戦略性を一切感じないんだわ(゚д゚)、ペッ

ぶっちゃけベンチャーキャピタルから集めた資本頼みで赤字でも営業してるだけで
追加の増資ができなくなったらあっという間に追い込まれて資金不足で退場です
追証も払えないような投資家がやっていけないのと同じように
自腹で追証も払えないスマホ証券が他人頼みでやってくなんて虫が甘すぎだおね。

※ちなみに日経新聞はフィナテキストに出資してるんで強烈にヨイショ記事を書く

2019年08月21日
情弱専用スマホ証券「LINE証券」が8/20サービス開始 → オワコンへ

2019年07月25日
ワンタップバイ(OneTapBUY)の創業者社長が首 廃業まっしぐら

2019年07月14日
【悲報】LINE証券、たった100銘柄しか売買できないクソ仕様と判明!

2018年11月29日
LINEの金融部門は戦線拡大しすぎのせいで失敗するでそ

2018年10月29日
【スマホ証券】第二次仁義なき戦い勃発 野村證券 vs SBI証券


ss2286234570 at 06:21|PermalinkComments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年09月23日

スマホ証券FOLIO、廃業までカウントダウン開始!

テーマを選んで投資する「FOLIO」が新たに18億円調達
テーマ投資型のプラットフォームを開発する「FOLIO」は本日、シリーズAラウンドで18億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はジャフコ、マネックスベンチャーズ、三井住友海上キャピタル、Rakuten FinTech Fundに加え、既存投資家のDCM Ventures、Draper Nexusが参加した。2015年12月に創業してからの累計調達額は21億円となった。

テーマ型投資のFOLIOが70億円の大型調達、LINEを使っての投資も可能に
2018年1月18日 TechCrunch
テーマ投資型の資産運用サービス「FOLIO」を提供するFOLIOは1月18日、LINE、米国のゴールドマン・サックス、電通ベンチャーズ、三井物産、SMBCベンチャーキャピタル、DCM Ventures、Draper Nexus Venturesを引受先とした第三者割当増資を実施した。調達金額は70億円。これにより、創業から約2年のFOLIOの累計調達金額は91億円となった。


株式会社FOLIO
https://corp.folio-sec.com/company/overview/


FOLIO 売上高と業績推移のグラフで財務諸表の内訳を比較分析 2019 フォリオ
テーマを決めて投資が出来るサービスを展開するFOLIO、2019年3月期までの通期本決算の、業績や財務を紹介します。LINE傘下のLINE Financialが出資。

2019年3月期通期決算
https://corp.folio-sec.com/assets/pdf/disclosure-201903.pdf
営業収益 1018万円
営業利益−24億3400万円
経常利益−24億2300万円
当期利益−24億2700万円

FOLIOは現在4年目の会社ですね。
最初はベンチャーキャピタルから4億出資してもらって会社を設立して
その後のフィンテックバブル最盛期にバカな投資家から18億と70憶をもらいました。
総額では92億円ものとんでもない多額な出資を受け取ってるわけです(*´∇`*)

しかし設立以降の業容はヤバいどころかシャレになっていません
おいおいマジかって突っ込んでしまうくらいのヤバい内容の決算ですね(((( ;゚д゚)))
開業して3年目ですがなんと2年目より3年目の方が売上高(=営業収益)が減ってます
あれだけ億単位のテレビCM広告を投下してこの売上高じゃシャレになりません。
開発含めて社員が40〜50人はいるはずなのに年間売上高が1000万円なんだこれ?
12ヶ月で割ると月間売上高がたった84万円しかないんだがΣ(゚д゚;)
正直言ってもはや会社としての体をなしてないといった方が正しいかもしれません
こんなカス会社92億円も出資したやつらは脳みそ腐ってるのだろうか
いくらフィンテックバブルの最盛期とはいえゴミカスに92億円暮れてやるって…

40人の社員が時給800円の吉野家で1日バイトしただけで40人×800円×8時間=25.6万円
その40人が1か月に20日間働けば512万円の売上高になるわけです。
年間に直したら、月間売上高512万円×12ヶ月=6,144万円の売上高になります
まじで吉野家すげえな!って感動しました
テーマ投資なんて商売するくらいなら吉野家でバイトした方が100倍マシでそ

https://gurafu.net/jpn/folio
1年目に1.68億損して、2年目に8.34憶円損して、3年目に24.27憶円も損してるので
累計でいえば3年間34億2900万円ほど溶かした計算になります
92憶円の資本をすでに34億以上失ってるので残った手元の資本は57.71憶円かな
今期以降において最低でも年間15億円の損失を出すと仮定して計算すると
(ワンタップバイも岡三オンライン証券も平均それくらいの損失出してたので)
残りあと3年でほぼ資本がなくなって自己資本維持率的危険なレベルになります
さすがにこんな業績だと追加出資を受けれる可能性は非常に低いので4年目はない。
となると今年を含めて残り3年でダメなら廃業撤退ってことになりそう(´・ω・`)
まあAUフィナンシャルグループみたいなバカ会社が買い取ってくれるかもしれないけど

ベンチャーキャピタルを納得させて追加出資を受けようと思うなら
1年目の今季だけで売上高を10〜20倍まで増やせないとまずダメでしょうね
そして2年目に売上高をさらに10倍以上に増やせないとまず納得してくれないでしょう。
あと2年で年間売上高20億円くらいは作らないと次の出資が受けれなくなるから
もう打つ手がなくなるので新規事業をやる時間的余裕すらなくなりますΣ(・ω・ノ)ノ

残念ながら日本ではテーマ投資というのはまず無理だと思います
なぜなら日本の株式市場ではブームの流行り廃りが非常に速いからです
通常なら半年でブームが終わるし、長くても1年持つことはありませんΣ(´д`;)
ご存じの通り、ブームが終わった銘柄群は1〜2年かけて地獄の底まで下がり続けます
そんなテーマ投資を何年も持ち続けて儲けるなんてそれこそ至難の業でしょう
テーマ投資を上手く乗りこなすのって相当な経験と判断がないとできません。
残念ながら普通の裁量取引と同じくらいに難しいので初心者には向いてません(´・ω・`)
日経ETFでも買ってた方がよっぽど傷が浅くてすむのでマシだと思います

FOLIOがもし今後生き残りたいと思うならさっさと株を捨てるしかないでしょう。
FX、CFD、仮想通貨あたりに全力で投資して1年以内にシステム構築して
残り2年間くらいで死ぬ気で売上高を伸ばすくらいしか選択肢がないでしょうね
買収って手もなくはないけど、残りの手元資金57億円で買収できそうな
FX会社や仮想通貨会社が残ってるとはとても思えないのでこっちは不可能でしょう

ちなみになつさんはOne Tap BUYFolioスマートプラス)らの
新興スマホ証券はあと4年ですべて撤退廃業になると予想していますφ(.. )
なぜなら平均年間15億の損失を出すとちょうど4年で資本が尽きる計算になるからです


2019年08月21日
情弱専用スマホ証券「LINE証券」が8/20サービス開始 → オワコンへ

2019年07月25日
ワンタップバイ(OneTapBUY)の創業者社長が首 廃業まっしぐら
http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/archives/2019-07-25.html

2019年07月14日
【悲報】LINE証券、たった100銘柄しか売買できないクソ仕様と判明!

2019年04月16日
SBIネオモバイル証券が4月10日に開業 〜仁義なき戦い2〜

2019年04月14日
SBIネオモバイル証券が4月10日に開業 〜仁義なき戦い1〜

2018年11月29日
LINEの金融部門は戦線拡大しすぎのせいで失敗するでそ

2018年10月29日
【スマホ証券】第二次仁義なき戦い勃発 野村證券 vs SBI証券


ss2286234570 at 03:22|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加